UEFAチャンピオンズリーグ08/09

2009/11/28

CL:バイエルン対マッカビ・ハイファ(後)

「ドバイ・ショック」だそうですが、バイエルンの冬のドバイ・キャンプはどーなるのかな?ということにしか思いが至らないノー知性派コリアンダーです。

さて

いやはや、一日は短いですな。はかどらないったらありゃしないですよ、いろいろ(^^ゞ
またまたすっかり遅くなってしまってスミマセン、もはやついてこれないかも知れませんので、無理しないでなんとな~く見てください。

11月25日 バイエルン 1-0 マッカビ・ハイファ

091125_fcbmaccabij

日が経つにつれどんどん印象が変わってくると、なんだかすごくいい試合だったような錯覚に陥ってしまいますね…。
昨日のlogでマリゴメをほめちぎったわけですが、もちろん勝ったことを知った上で安心して見ていたせいもあります。
これがLIVEでハラハラしながらとか、結局またスコアレスだった、なんてゆう事態になっていたり、あるいはボルドーがユーヴェに負けていたら、「いくらいっしょけんめいやっても勝てなきゃ意味ないんじゃい、FWたるものやっぱりゴール決めてナンボでしょーがっ」と文句たらたらだったことでしょう。

唐突に本日の良平さん
「こんないいCBに(チームを)出て行かれたら大変なことになりますよ」

091125_daniel2 ←こんないいCB

はふ~~ん…heart04いやぁ今回もファンブイテンはそつのない仕事っぷりでしたね~(^^)
こんな状態のバイエルンでも、ヘンテコなサッカーをさせられてる日でも、ファンブイテンは比較的安定していて、ビシッと守ってくれてます。まあ、たまにへなちょこな時もありますけどね…
デミケリスもまずまずでした。だんだん勘が戻って来たのかも知れません。でも監督的にはホントはセンターにはバトシュトゥバーを使いたいんだろうなぁとか余計な勘繰りをしながら見てしまいましたとさ(悪)

ヘンテコと言えば、今回シュヴァインシュタイガーはボランチだったようです。
???
なんじゃそりゃ、という疑問の声にもめげず、シュバ本人は頑張ってました。試合ごとに右へ左へ中央へ、オフェンシブにディフェンシブに、あちこち振り回されておりますが、どこをやってもいまひとつで、本当に得意なポジションはどこなんだか本人もわからなくなっちゃってるんじゃないかと思ったり(泣)
しかし文句も言わず、使われるうちが花だということを知っているのでしょう、ひたすらに頑張ってる姿はモエ、じゃないわ、立派です。
091125_basti
こういうところを描いたつもり(トップ画像)

シュバらしいなつかしい形の、ドリブルで中央へ切れ込んでからのいいシュートを打ったりしていたんだけどな~…。ああゆうのこそ決まって欲しいんだぜ・・・

ヘンテコと言えば、1点取った後に交代でオットルを入れたのはいいのですが、ボランチではなくてそのまま右SH的な位置で攻撃的な仕事をさせていたのはヘンテコ采配でした…。ミュラーが、下がったプラニッチの代わりに左に行っていたような。
オットルが時々いいシュートを打てるのは知っていますが、でもそれならシュバや、なんだったらファンボメルの方が…ゴニョ
でもオットルもヘンテコ采配にめげず頑張ってましたけど。

一人づつあれこれ話してるときりがない(^∀^;)
全体的には、そんなに悪くなかったんだろうと思います。攻めの姿勢が明確で、特に前半はアグレッシブにガンガン行ってました。
チームプレーに徹するのである、というようなことを試合前にラームや監督が言っていたようですが、その言葉の通り、FWゴメスやオリッチにオマカセして終わり、ではなくて、ラームプラニッチが両サイドから、時々はシュヴァインシュタイガーもからんで、バリエーションあるぶ厚い攻撃ができていたのではないでしょうか。

ただ、ねぇ・・・・・・。
いやぁ~~マッカビはイイですね。あまり中盤はコンパクトではなく、だからこそバイエルンもパスをよく通せたのでしょうが、その代わりにゴール付近での守備の強烈なこと!
いざとなると2人3人わらわら囲い込み、あるいは鋭い先読み能力でパスカット、体を投げ出してスライディングクリア、ゴメスもオリッチも何度イライラさせられていたことか。

091125_gomez なんだか楽しそう

そして攻撃に転じるときもなかなか素早く、最後の詰めが甘いので助かりましたが、攻めても守ってもアグレッシブで、力が劣ってても気にしない、ここがアウェーでも気にしない、CL敗退が決まってても気にしない、俺たちの仕事はサッカーだ、やっちゃうもんね行っちゃうもんね、というひたむきさが、第三者には爽快で気持ちよく、バイエルン的には・・・・・・

ヤバいから!(゚□゚;)

LIVEで見ていたらむがむが言ってたかも知れません。
スコアレスのまま後半に入り、バイエルンは疲れたのでしょうか、パワーや迫力や集中力といったものが薄くなり、マッカビに押し込まれる展開が増えます。ひぃ~(汗)

しかし苦しい中なんとかオリッチが値千金のゴールを決め(ひつこいようですがゴメスにドキドキスルーパスを出したのはファンボメル…)、これを守り切り、バイエルン、実に1ヵ月ぶりの勝利!
そして!ご存知、もう一方の試合でボルドーユーヴェを下したため、バイエルンにグループリーグ突破の望みがつながりました。
いよいよ、次節の最終節で、ユヴェントスと直接対決です!!いやぁよかった…(T∀T)

試合的にはつっこみどころは多いと思います。
ゴメスが復調の兆しを見せているのはポジティブですが、試合内容はそんなに素晴らしかったわけでもありません。また辛勝かよ、しかもあんなに攻めてたった1ゴールて、とも言えます。
選手たちにもれなく自信がつくような、これでいよいよ連勝街道へ~!と意気上がるほどの内容でもなかったかも知れません。
しかし、苦しんだからこそ、この勝利には価値がありました。みんな頑張ったねー、と言ってあげよう今回ぐらい。結局、勝てばいいという、甘やかしダメサポなんですゲヘヘ(^□^)

何が嬉しいって、勝ち抜けるにしても敗退するにしても、やっぱり、自分たちで決着をつけられる機会が与えられたことです。勝った方が勝つ!スポーツはそうでなくっちゃ。

決戦は12月8日。アウェーです。正直、厳しいと思います。監督は「50:50」と言ったようですが、ワタシ的には2割ぐらいだと思ってます。
もちろん勝って欲しいです、ヘンテコサッカーでもよくわかんない采配でも、グダグダな内容でもなんでもいいです。ダメダメバイエルンが決勝Tに行くなんて!と世界からバッシングされてもいい!だってファンなんだもん!
でも。無理強いはしません。ダメならダメで、それが自分達の実力なんだと泣きながらあきらめる所存です。
ただ、せっかくチャンスをもらえたのだから、ムダにして欲しくはないです。やれることを全てやって、持っているものを全て絞り出してくれい!そうすれば、・・・・・・う~んう~ん。
なるようになる!!←あまり締まらないシメであった
 
091125_daniel

091125_lahm
案外知られてませんが、オリッチのゴールの際に監督とタッチしていたラーム(シュバも)
(ドリンク飲みに来ただけだったりして・・・)

---------
091125_toniribery

・・・・・・・・・。
トーニと監督とのドロドロについては、もう何が本当で何が嘘なのかわからなくなって来ましたので、コトが収まるところに収まるまではスルーしとう存じます。
ただ。もし全て本当なら。
使い捨てもいいところだよ!あんまりだ!→バイエルン
でもアンタが去年もうちょい活躍していたら、こんなことにはならなかったんやでぇ~→トーニ

おまけ(おまけ扱いかい!)
091127_tz_2
かわいい。

学生カーンtzのインタビュー。なんだかバイエルンのマネージャーになるのにまんざらでもなさそうな感じに読めるんですけど・・・!?ドキドキ!ま、まさかこのあとの総会でサプライズが…?(゚∀゚)←ひつこい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/05/29

ローマの平日とシャンハイ・ヌーン

(注※映画ネタではありません)

090528_sportbild
勝手にせい。

それはさておき

5月27日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝
バルセロナ 2-0 マンチェスター・ユナイテッド

090527_barca

おめでとう~~~~~~\(^∀^)/

まあ、血沸き肉躍る大熱戦!ではなく、基本的に重苦しい感じではありましたが、しかしざっくばらんな印象としては、バルサが華麗にマンUを圧倒☆しての、完勝!だったと思います。マンUまったくいいところありませんでしたね。
先制点が決まるまではマンUペースでしたが、10分ぐらいでしたかね、エトオのゴールが決まった途端、残りの80分間ずーっとバルサが最後まで集中を切らすことなく、試合を支配し続けたのだから、本当に、1st legも2ndもない一発勝負の世界では1ゴールの力がモノを言うのかな~と思った次第であります。

090527_messi
びっくりしすぎ。
ファンデルサールはスキなのでチクッと心が痛みますが…

090527_messi2
「脱げちゃった~♪」

なんだか世の中はメッシメッシ言ってますが、もちろん2点目のゴールでの抜け出しは素晴らしかったし、完璧なヘディングも超カッコよかったけど、ワタシ的にはやっぱりイニエスタシャビのスペイン代表コンビすごー!うまー!(゜∀゜)でした。
(ファンボメルがレギュラー張れないワケだトホホ(;_;))(ドイツが勝てないワケだトホホ(;_;))

090528_xavi
職人的な仕事っぷりがステキです。でも敵に回したら、でらニクい選手でもある。

今回初めて見て、ほほぅ~、と納得したのが
Dsc06104
急いでトロフィーにチーム名を刻印中~

表彰式はさすがイタリア(?)、華やかでしたね。ワタシ的には派手派手なのは別にイヤじゃないです(^ー^)最後は思い切り盛り上がってイイじゃない?でも準優勝の表彰式はなくてもいんじゃね?と毎回思ふ。

以上。

せっかくの決勝なのにサッパリしててスミマセン。試合自体は地味な、というか、バルサが華麗にゲームを作っているわりにはゴールがなかなか入らないので気散らしまくりだったので、あんまり言うことがないざます…(^^ゞ

以下、雑ネタ劇場

----------
中国入りしたドイツ代表

これがうわさの
090527_dfbtv1
レーザービームで体温計測中…
ちょっとドキドキしているに違いないアルネとヒンケルの姿が見えます

090527_dfbtv2
シュバのグラサンのセンスが最悪だ(汗)

090527_heidemann
客寄せパンダ(?)的に同行している、北京オリンピック女子フェンシング・金メダリストのハイデマンさん。何故かいっしょにトレーニング。中国のちびっことサッカーもしてましたね。

090527_heidemann2
視線に気を使ってる風なラームがオモロい

090528_heidemann
あぐらかいてビシッと「ほらそこ、鼻ほじらないの!」

090527_loew
「(見つかっちゃった…)」

090527_gomez_2
「チラリサービスしておわびしなさい」「いーですけど、その発想ちょっとセクハラですよ」(うそ)

昨日はゴメス、今日はラームノイアーが記者会見に臨んだもよう

090528_lahmneuer
「徳中友好!」(?)

こちらはDFBですが、これとは別に、DFLの会見にはシュヴァインシュタイガーヒツルスペルガーが登場
(ところでDFLってなんだ?ドイツサッカーリーグ連盟とでも言うのかな?)
090528_schweinihitzlsperger2
「ブンデスリーガはCCTVで見てね!」
このシャツを見た感じでは、2012年まで放送権を獲得した、ということなんでしょうか………。

・・・・・・・・・。

それでいいのか!?ニッポン!!!

ところでシュヴァインシュタイガーですが、トレーニングを休んだらしい?とか…。
あとはアルネとヴェスターマンが怪しい?とかなんとか・・

で!ででで!

ハイデマンさんもかわいくてステキですが、もう一人の客寄せゴリラ、じゃないわ、カーンはどうしてるんですか。いっしょにトレーニングしなよぅ~。シャルケを断ったカーンとバイエルンを断ったノイアーでキャッチボールしながら、因縁の火花バチバチ散らしたらいいと思ふ。冗談はともかく、オリーが来たらシュバも喜ぶのにな~。

----------
ラームのインタビューがAZに出てました。
「だから僕はバイエルンに残った!」
とかいうタイトルですが、そんなに核心を突いたことは言ってないみたいです(^_^;)
あと何年ぐらいバイエルンにいるのかとかいうことはてけとーに流して答えてないのですが、

でも、来シーズンは確実にバイエルンにいるのですね?
「そうだよ!」

だそうです。

あと、個人的にムフフだったところは
ファンハール新監督について、チームメイトから聞いてたことはあった?という問いに
「もちろんだよ!特にマルクからね♪(以下略)」

・・・・・・。ラームとファンボメルが仲直り、って別に仲が悪いとは思ってませんでしたが、シーズン初期のキャプテン問題とかで、二人の間はどうなのかなぁ、と個人的に少し心配だったのですが、今回ラームの口から「マルク」の名前が出たのが、ちょっとうれしいのであります(^ー^)最終節でも、ファンボメルのゴールが決まった時に、祝福に駆け寄ってくれてたし。

それにしても、ウリもちょっと前にどこかで「マルクからファンハールを勧められた」と言ってた気がしますよ。いや別にファンボメルの意見が決定打となるほどの影響力があったとは思いませんが、しかしそんな方々(ほうぼう)に新監督の素晴らしさを伝道しちゃって、もしももしも万が一、うっかりファンハールがコケちゃったりしたらアンタ、心中は避けられませんぞ、大丈夫か(゜□゜;)

----------
そんなこと言っている間に。
カーンはこっちの方に出ていたようです
090528_olli
「押忍!」衝撃!学ランカーン…
じゃなくてぇええ。
中国服ですかそうですかニーハオですか、シャンハイナイトですか。
レセプションパーチー的なものが行われたもよう。なんか中国モエ~的なウキウキコメントもしたようですが、明日あたりもっとじゃんじゃん上がるでしょうよ(ヤケ)。
・・・・・・・・・heart03

これでいいのか!?ニッポン!!!

プレミアモエ~ばっかり言ってると、中国にどんどん置いて行かれちゃうんだからねメイヨー。
がんばれ!フジさん!GAORAさん!(切実)

----------
おまけのモエモエ劇場

33節のハイライトをようやく、ちょこっとだけ見たのであります(遅!)

ヘルタ対シャルケ。ゴールに失敗したパンテリッチ
Dsc06102
「何だよもぅ~~!ちゃんと入ってくれよ!!」と、ボールにひとしきり文句を言った後で

Dsc06096
「もぅ~、コイツめ~、チュッheart」ツンデレなのだ。

Dsc06097_2
「ほらよ」

Dsc06098
ノイアー「ボクも♪」チュッheart
・・・・・・・・???・・・・・・・・・heart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/05/08

CL準決勝 2nd legちょっこり

[ネタバレ注dangerUEFA杯の結果をちょこっと追記+大幅修正アリ]

やれやれ、やっと見終わりました。もう、ぎゃふん。としか言いようのない気分ですのでサックリちょっこり。

5月5日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
アーセナル 1-3 マンチェスター・ユナイテッド

(2試合合計ゴール数1-4マンUが決勝進出)

090505_cesc

え~~~~~~~(゜△゜) アーセナルどうしたぁ~

いやあ~~もう、ただただ、マンUがどんだけ強いかということを見せつけられただけの試合でした。
試合開始11分でとっとと2点決められ、試合も決まっちまいました。
しかし、パク・チソンのゴールも見事でしたし、Cロナウドの無回転FKはやっぱり……
すげぇええ!!!
としか言いようがないですわ、まいったまいった。
アーセナルはこれで、4点以上取らなければならない状態になってしまったわけで、事実上勝ち抜けは不可能でしたが・・・・・・。
それでも、チャンピオンズリーグは何が起こるかわからないんだぜ?!
と、へなちょこバイエルンサポなんぞに言われたくはないでしょうが…。ダメモトでも、当たって砕けろ的ながむしゃらさでも、なんでもいいですが、勝利への執念を感じさせて欲しかったですよー。
アーセナルにそんな泥臭さを求めるのは酷でしたかねぇ……。
CLではなく、まるでいつものリーグ戦を戦っているかのような。もちろん、ダメダメではなかったのですが、なんか、そつなくまとめようとしてるというか。これがリヴァプールだったらちょっとは違ったのかなぁ、とか思っちゃったワタシを許しておくんなまし。プレミア音痴のたわごとです。

ざんねんむねん。
別にワタクシ、特別マンUやCロナウドギライというわけではないのですが、やっぱり、予定通り強いマンUが勝ち抜けるのはつまんねーのでもう見るのヤメようかな~、とか思ったのですが、モエモエheartラファエルと美選手shineベルバトフが出てきちゃったので思わず最後まで見ちゃったじゃないですか(^_^;)アデバイヨールとラファエルのマッチアップのシーンで、たまんねぇなこりゃ!むひょひょ!とか、完全にいがんだネタ目線で見てしまいました。トホホ

・・・・・・・まあ、しょうがないですかねぇ。
バルセロナに手も足も出ずズタズタに負けたバイエルンのサポとして、何も出来なかった今回のアーセナルの姿は身につまされるものがありますので、あまり悪く言うことは出来ませんよ(T-T)
来季はアルシャヴィンも加えて、パワーアップして戻って来い!ガナーズさん!

 
5月6日 同じく、チェルシー 1-1 バルセロナ
(2試合合計ゴール数1-1、アウェーゴール数によりバルセロナが決勝進出)

090506_iniesta

ぎゃふん。

ぎゃふんですよもう、だから言ってるじゃないですか、チャンピオンズリーグには何が起こるか最後までわからないって。
いや~、途中であきらめそうになったけど、情報遮断して見て良かった~(^∀^)

いろいろネタは仕込みつつ見ていたのですが、例えば、マルーダの髪型が
090506_malouda
てっぺんのちょんちょこりんはなんじゃいな。見るたびに(^m^)かわいー、となってしまってどうにも緊迫感がそがれていけねぇや、

連想
09_05_07_2
(「ムーミン」公式サイト様より無断拝借…(汗)

連想
Img10502606385

とか、そんなくだらないことを考えつつ試合を追っていたのですが・・・・・・。
全部ぶっ飛んじまいました(^_^;)

試合は完全にチェルシーのモノだったと思います。エッシェンの素晴らしいゴールで奪った得点を大事に大事に守り抜き、いや、本当はもっと得点したかったんでしょうが、ちょっと前線が決定力不足でしたか?よくわかんないけど(←てけとー)
バルサは中盤まではボールをよく回し、メッシシャビイニエスタ等がそりゃもう、おぉ!さすが!な個人技を見せたりしていたのですが、結局どんだけつないでもフィニッシュまで持って行かないことにはゴールにはならないのね、ということで。。。

しかもバルサは、ミスジャッジだと思いますが、66分にアビダル一発レッドとなり、一人少ない状態になってしまったというのに。

いっや~、マンUと並び世界一のクラブと称されるバルサ相手にここまでスコアレスを保っているチェルシー、さすがだ!く~っ悔しい、そのバルサにボロボロに負けた我々バイエルンがいかにへなちょこだったと思い知らされ、いやでも、ものは試しに、現在のバイエルンがバルサとやったら、勝てはしなかったかも知れないけど、もうちょっと意地を見せられたかも知らん(T△T)なんて、本筋とは関係ないタラレバを思ったりしていたのですが。。。

一発食らったらアウェーゴール差でバルサ勝ち抜け、という際どいスコアのままチェルシーは本当に奮闘してるよな~、ボジングワおつ!
しかし10人になっても、ドン引きカウンター大作戦に陥ることなく、攻撃的姿勢を崩さなかったバルサは立派であった。
でも決勝はチェルシー対マンUになっちゃうのかぁ、去年と同じでなんだかなぁ・・・・・・って、

ええええええええええ!!?!!(゜o゜)

ロスタイム4分のうち、90+3分ですよアナタ!
まさかまさか!
イニエスタが決めた~~~~~~~~!!!!!

無念!ここまでがっつり守り切ったチェルシーでありましたが、このたった一発に沈んだ~~~~~~~~~っっっっっsweat01sweat01

しかも――――――――!!!

なんとなんと、この試合、実況の倉敷さんが何度もおっしゃってましたが、バルセロナの枠内シュートは、たったこれ1つ!!!!!たった1つのシュートがゴールになってしまうという、効率がいいとかそんな言葉じゃ淡白すぎる、どんだけバルセロナが苦労していたか、どんだけチェルシーが守ったか、嗚呼それなのにそれなのに、いやはやいやはや、
だからサッカーは面白い。だからチャンピオンズリーグは最後までわからない!

・・・・・・・。

というわけで!
終わってみれば、全世界の希望通り、UEFAチャンピオンズリーグ08/09シーズンの決勝は、バルセロナ対マンU、ということにあいなりました!
カード的には、結局こーなったか、という感じで、あんまりオモロないですが、マンUはともかく、バルサは苦心の末での決勝進出となりますから、まぁいいか…。
ここまで来たら、どうせならバルサに勝って欲しいですよ!いや、ただ単に、ついにCL史上初(←ですっけ?)の2連覇をマンUに実現されるのはつまらん、という、ただそれなんですけど(^_^;)
なんだかんだいちゃもん付けつつも、楽しみです!(^∀^)

【なんだか、誤審祭りだったらしい、チェルシー×バルサの主審に関して、暴言だの脅迫だの、きなくさい騒動が持ち上がってきたようであります。
なんだかめんどくさくなってしまったので、ここに書いていた、審判やドログバに関する文章を削除させていただきました。
あんなに盛り上がった自分がなんかアホみたいに思えてきて、すっかり冷や水浴びせられた気分です。blogもすっかり見苦しくなっちゃって、つまらんのぅ( ̄△ ̄)】

  
[追記]
090507_bremen2
おめでとう!ブレーメン!
注目のUEFA杯準決勝・北ドイツダービーは、2-3でブレーメンがHSVに勝利!
2試合合計ゴールは3-3ながら、アウェーゴール数でブレーメンの決勝進出決定!
ブレーメンらしい華やかな攻撃が炸裂した試合だったんでしょうかね(^^)

090507_bremen3
途中で負傷退場したらしいメルテザッカーをわっしょいして喜ぶみんなにじ~ん(;∀;)
「俺にも参加させろ~」と後ろから駆けってくるヴィーゼもカワイイ(^ー^)
いいチームじゃないですか、ブレーメン。なんで出て行こうと思うかねジエゴよ…

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/04/18

CL:バイエルン対バルセロナ

もう間もなくブンデスリーガで、チーム全員そちらの方に集中している(はず)というのに、遅くなってしまって申し訳ありません(^_^;)

当方当時体調が絶不調につき、転げ回りながら見ていたのであまり試合に集中できず&飲酒de徹夜観戦(←同情の余地ナシ)だったものですから記憶が殆ど残ってませんで、視点がだいぶえーかげんでたいしたことは書いてませんが、ツラい方はスルーしてくださいね。

4月14日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 2nd leg
バイエルン・ミュンヘン 1-1 バルセロナ

(2試合合計ゴール数1-5バルセロナが準決勝進出…わかっとるわ!トホホ)

kickerの採点も合わせてどぞ
090414fcbfcbfj
交代:ボロウスキ(78ゼ・ロベルト)、アルティントップ(78ソサ)
サブ:レンジング、ブレーノ、ファンブイテン、バトシュトゥバー

得点:リベリ(47)、ケイタ(73)
カード: ルシオデミケリスボロウスキレルダニエル・アウベスプジョル

090414_toni3
サービスショットのつもり

試合前にやる気ゼロなカントクのコメントがマスコミにクローゼアップされ、どーなるんかいなバイエルン、と思われましたが、メンバーを見てさらにカントクのやる気のなさを感じてしまい、始まる前から脱力してしまいました。
なんとなれば、ポドルスキ…は故障なのでもともと出場が微妙だと言われてましたが、なんでシュバまでいねぇ~!?(`Д´)
ワタシのレロレロメモには「おいおいシュバもポもいないのかよ」と書きなぐっております。

もうゲームを捨てちまったのかいそーなのかい。
それに引きかえバルサは、彼らにとってはもはやへなちょこバイエルンなんぞ敵ではないはずでしたが、それでも、聞けば数年前に5点ものアドバンテージをひっくり返された記憶があるそうで、それも踏まえて、今度は油断はしないようにと、ほぼベストメンバーでスタメンをそろえてきて下さいました。リスペクトダンケ。

後日、シュヴァインシュタイガーは直前になって痛めたから、というのを聞きましたが、その時はまったくそんな情報がなかったので、またアホ采配が炸裂したのかと思っておりましたよ(^_^;)
その事情は汲みますが、それでも、仲良しコンビの姿が、ピッチのみならずベンチですら見ることがなかったのは痛恨の極みであります(泣)せめて客席にでもいてくれたら良かったのですが、映らなかったところを見ると、来てなかったんでしょうか(泣)バイエルンの最後のヨーロッパ戦を見届けてはくれなかったのかい。
ポドルスキにとっては不本意な形で、しばらくはCLの舞台から去ることになるので、ツラくて見てられなかったのかな。。。(T-T)

と、センチメンタルモードに入ってしまいましたが、実はこの裏で二人でゲームとかしてた、とかだったらウケる(^□^)

しょもない前置きが長くなった。

続きを読む "CL:バイエルン対バルセロナ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)