« 親善試合:ドイツ対フランス | トップページ | 速報:レヴァークーゼン対バイエルン »

2012/03/03

「後半はW杯の時と同等だった」

ロビーニョがtwitterでアプした写真にモエ転がっているコリアンダーです。

120302_robinhot

今晩のパレルモ戦、いちおうメンバーには入っておりますが、代表戦でフル出場だったファンボメルには休養が与えられるようです。

他にも、昨日のこちらのGazzettaに、ファンボメルのインタビューが掲載されたらしいので
120302_gazzetta
読めるものなら読みたいのですが、むずかしいかも…。そもそも有料だし…

ユヴェントス戦でのムンタリの幻のゴールについて「あんなのは俺のサッカー人生の中で見たことない」とか
試合後コンテに「自分たちだって(疑惑のオフサイドで)ゴールを取り消されたんだから文句言うな」と言われて「ムンタリのゴールが認められてたら、2-1で俺たちが勝っていた。いや、前半で2-0になっていたら、マトリのゴールを入れても俺たちは3-1、あるいは4-1とか5-1になっていたはずだ」とか
「あのユヴェントス戦で起こったことが俺たちをメンタル的に強くした」とか、なんとか
語ったようですが。。。

そういうことなので、代表戦の話は今さらでしょうが、まぁ、自分用に。
イングランド戦後のファンボメルインタビューの超ざっくり超てけとー作文です。試合レポに貼るつもりでしたが、長くなったので分けることにしました。

120229_onsoranje4

「特殊な夜だった。前半はゆっくりしてて、チェスみたいな試合だったね。必ずしも悪いもんじゃないが、ああゆうのは見てていつも楽しくはない、というのは理解できるよ」
「(前半は)コンパクトにプレーしたかったんだ。ドイツ戦では前に行き過ぎてやられてしまったからね。だけど今夜は(あの時よりは)良かったよ。俺たちはゲームを動かし、支配していた。それは長い時間ではなかったが、段階的に続いた」
「後半はW杯と同じレベルだった。EURO予選と同等だったとも言える。俺たちはすぐに中盤を修正することが出来た」
「フンテラールは(ロッベンの)ゴールにとってとても重要だった。彼がアリエンのシュートコースを開けたアクションはとても素晴らしかった」
「今夜はアリエンが鍵だったね。彼のために嬉しく思う。今クラブで厳しい時を過ごしているからね。彼ら(イングランド)の右SBが良くなかったので、その恩恵を受けた」
「クラースのヘディングゴールはファンタスティックだった。不幸なことに頭を打って倒れてしまった。彼は鼻を痛めた、良くなさそうだね」
N・デヨンクについて「監督の選択だ。ナイジェルは、ストロートマンやファンデルファールトが俺の横にいる時に比べて、いくらか守備的なんだ。(以下自信ないので略)」
「俺たちがまずいやり方で2失点してしまったことを忘れてはならない」

あと、この時かどうかはわかりませんが
「この勝利はとても重要だ。2-2のままだったらアウェーゴールを2つゲットした、というだけだった。落ち込んでいたことだろう。俺たちは今いい感触を持っているよ」

120229_9

|

« 親善試合:ドイツ対フランス | トップページ | 速報:レヴァークーゼン対バイエルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/44346331

この記事へのトラックバック一覧です: 「後半はW杯の時と同等だった」:

« 親善試合:ドイツ対フランス | トップページ | 速報:レヴァークーゼン対バイエルン »