« 「アリエンを見捨ててはいけない」 | トップページ | ミアサンミア、君のはどこにあるんだろう »

2012/03/08

CL:アーセナル対ミラン

(※最後のファンボメルのコメントを大幅追記修正しました)

エモーショナルな試合だったので、モタモタ書いていたら遅くなりました。

12年3月6日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝ラウンド1回戦 2nd leg
アーセナル 3-0 ACミラン

(2試合合計ゴール数3-4ミランの準々決勝進出決定)

120306_arsenalmilanfj
交代:アクイラーニ(70エル・シャーラウィ)、ボネーラ(90メスバー)
サブ:アメーリア、ローマ、ジェペス、ザンブロッタ、ガンツ

得点:コシエルニー(7チェンバレン)、ロシツキー(26)、ファン・ペルシー(43PK)
カード: サニャギブスソングファン・ボメルイブラヒモヴィッチノチェリーノ

MoM(UEFA):ロシツキー

120306_51
チュウheart(゚з゚)(違)
♪I will give you all my love~♪

120306_7
やったー♪

120306_25
やったーよ♪おーおぉお♪(あんしんパパ)

…って、

120306_21_2 
ずってんころりん。

120306_persi
血も凍る恐怖の3失点目!

コロす気か!!!!!(冷汗)

ななななな何を何を際どい試合してくれちゃうんだアンタたち!
アタシゃ試合中に何回もう死んだかと!マジで寿命が縮んだよ!
スリリングすぎる展開に、リアルタイムで見ながら本当にガタガタ(((゚д゚;)))しておりました。

何をどう書いたらいいのかさっぱりまとまらないので、ファンボメルの活躍を中心に順を追って長々と・・・。誰得(^□^;)

スタメンはまあいいとして、

120306_dsc08477
なんだこのふざけたサブメンは(爆)
W杯じゃあるまいし、GK2人て!
フィールドプレーヤーのバックアッパーも薄々で心もとないことよ。ガンツはBリストのかわい子ちゃんですよ?なんかOB様の息子だということ以外、顔も知らんぐらい。
アントニーニはこないだのセリエで負った怪我がおもわしくなかったのかしら、と思いますが、なんでアンブロジーニが招集メンバーにも入ってないのぉ~(汗)ファンボメル90分フル稼働決定、うっかり怪我もできやしない(いや、もちろんそれに越したことはないのですが)。
1st legで4-0で勝ったもんだから、口では「もちろん油断してはいない。我々はデポルティボ*のことを思い出さなければ」とかなんとか言っておきながら、実は調子こいて相手をナメてんのとちゃうやろねぇ?
(*…03/04シーズン、1st legで4-1で勝利したミランだったが、2nd legでデポルディボ・ラ・コルーニャに0-4で悪夢の逆転敗退)
…いやすいません、監督の談話によるとほんとに怪我だったみたいです(^^;ゞ
とにかく、長期離脱中だったアクイラーニと、アントニーニと同じく怪我が心配されたエマヌエルソンが無事に出場出来て良かったです。

120306_11_2
かつてはイケメン軍団だったミランも、今やすっかりオラオラ系ファイター軍団になったものよのぅ…。

1st legのスコアなんて関係ない、アウェーゴールを先取して、がっつり勝ちに行くぜ~!
…で

120306_32

いきなりイエローカードorz
確か試合開始5分ぐらいのことだったと思います。退場が心配なのでこの後のプレーにも影響が出るのもアレですし、何より、これで、警告累積により次の試合出場停止になってしまいますた(汗)。

アーセナルはけしてあきらめていなかった。5点差以上での勝利というほぼインポッシブルなミッションにも関わらず、前節の大敗の反省を生かして、今回はしっかりと、システマティックにかつアグレッシブに、貪欲に勝利を目指してブイブイ押し込んできます。
ファンボメルも試合通じて厳しくチェックされ、なかなか前向きの(攻撃にかかわる)プレーをさせてもらえてない印象でした。
そんなアーセナルの予想以上のハイパフォーマンスに、ミランたじたじ!押されっぱなしでどうしても流れを引き寄せることができません。

120306_30

そこのモジャモジャ将軍!なんでそこにいるのアンタ!(メクセスの後ろ)
何をサラッとマークを外してゴール前にフリーで飛び込まれてキレーにヘディング決められてるのさーー!!!!!

○| ̄|_

ファンボメルのミスにより鮮やかに失点…。
いっいやっ、でもでもっ、たったの1点よ、まだ3点ものリードがあるんだから、だいじょぶだいじょぶ、よゆーよゆー…

120306_emamesbah

だから落ち着けって!!!!!!(汗)

先制点を取ったことにより勇気凛凛やる気まんまんアーセナルイレブンと、そんなホームチームの奇跡を信じるサポーターの大声援に、ミランはさらに浮足立ってしまい、パスミスとかク▽クロスとか、細かいミスと雑なプレーを連発、そのたびにピンチを招いておりましたが、特に左SBのメスバーが。
今回CLデビューと相成ったわけですが、この冬にレッチェからミランに加入したばかりでまだまだお試し期間中、リーグ戦での出番もままならない状態でいきなりこのビッグマッチでのスタメン起用…。(まぁ、決勝Rはどこもビッグマッチだから、比較的勝ちが見込めそうなこの試合で起用したんでしょうけど…)
CLの雰囲気に完全に呑まれ、あたふたポーッとなってしまって、そしてそこをアーセナルは弱点と見て抜け目なく突きまくるわけで。
メスバーのキャラクターとかどんなんか全然知りませんが、「やややややヤバいしぼぼぼ僕どどどうしよう(涙目)」ってな心の声が聞こえてきそうで「もう代えてやれよ!ザンブロカモーン!」とヤジ飛ばしてました。や、ザンブロッタも怪しいかも知れませんが、少なくともメスバーよりは経験がある!とか…。

ミランがバタバタとあわてふためく中冷静なファンボメルはさすがで、いっしょけんめい味方を落ち着かせようとするのですが、これがなかなか難しく…。
アーセナルの厳しいプレッシャーが、ミランに落ち着くスキを与えません。

そうこうする間に2失点目(゚□゚;)ギャー!
チアゴ・シウバのクリアボールが目の前にいたロシツキーへのプレゼントパス!

……。
直接の原因はチアゴ・シウバのミスではありますが、きっかけはやはりメスバーの左サイドからでした。
ドリブルで切れ込んできたウォルコットに対応するメスバーのことが心配なファンボメルが釣り出され、持ち場を離れてしまい、ロシツキーをフリーにしてしまったものです。
もっとも、おそらくこの時のファンボメルの行動は間違っておらず、フリーになったロシツキーにはエマヌエルソンがケアするべきでした。ドシロート目にもわかります。

26分で早々と2失点。
これはもしかするともしかするよ(((゚д゚;)))、と、ワタシの頭の中では「デポルフラグ」がモヤヤンと見えてきました…

120306_mesbah

かわいそうなメスバー。今度はPA内でチェンバレンを倒してしまい、PK献上……。
キッカーはファンペルシー
ファンボメルがボールを置く位置にいちゃもんを付け、心理的に揺さぶろうとしますが効果なく、さくっと決めてついに3失点目(((T□T)))
ミランはいよいよあと1点で追いつかれるというところまで追い詰められます。

120306_robin2

前半終了間際のワタシの観戦メモには
「1点だ!1点でいい!」という悲痛な叫びが記されています。
たった1点、アウェーゴールを奪いさえすれば、状況は華麗にひっくり返り、がぜんミランに有利になるのです。
しかし直後、千載一遇のチャンスをエル・シャーラウィが空しく外した時は、これはもう、サッカーの神様がアーセナルに味方しているに違いない、と思い、「デポルフラグ」がくっきりと脳内に浮かび上がったのでした…。

悪夢のような前半がやっと終わりました。もうあと1~2点取られても全くおかしくありませんでした。
45分が2時間ぐらいに感じられ、ものすごく疲れました。グッタリ…

ハーフタイムにアッレグリ監督は、「自分たちはまだ0-0だと思い込め」と言ったそうです。
交代必須と思われたメスバーが後半も続投と知った時は目まいがしましたが、信頼してたんですかねぇ…。

ハーフタイムでのロッカールームでの監督の言ったことやチームメイトとのやり取りに、さほど劇的な効果があったようにはワタシの目には見えませんでしたが、ただ、前半に比べて心理的にだいぶ落ち着きを取り戻した感じはありました。
メスバーも。ほっ…
更にアーセナルが少し疲れ始めたことで、後半はミランにもチャンスが増えて来ました。
しかし肝心のところで精密さが足りず、ふかしたり合わなかったりクリアとかセーブされたり。

とはいうものの、ミランにとってはけして素晴らしいパフォーマンスとは言えませんで、特に守備への切り替えが遅く、まだまだ気持ちが折れていないアーセナルの攻撃に対しあたふたと手を焼く構図にはあまり変わりなく。
お互い攻守がめまぐるしく入れ替わりボールがピッチの上下を激しく行き交う、一寸先はどっちに転がる!これぞまさに死闘激闘!
…第三者には楽しいだろうけど、両チームのファン含む当事者にとってはたまったもんじゃありません…(T-T)特にミランサイドにとっては…

120306_abbi3

59分頃のあわや4失点目!というこのシーンには、終わった!と思いました。
しかーし!守護神アッビアーティ様降臨!!!!!!
ジェルビーニョファンペルシーのシュートを2連続神セーブ!!!

ガクガクガクガク…(((TдT)))
だからアンタらっ、ワタシたちをコロす気か!

120306_20

1失点目に手痛いミスをしてしまったファンボメルでしたが、その後はスーパーパフォーマンスでした。
厳しくマークされ出来ることが制限された中でも落ち着いて精一杯、体を張り、正確なプレーで、中盤の制圧に努め、チームを仕切っていました。
ミランでのMoMは数々のファインセーブでピンチから救ったアッビアーティで間違いないのですが、某紙の採点ではそのアッビアーティと並ぶ「7」だし、あちこちからかなりの高評価を得ているみたいです。誇らしいねぇ(^ー^)

さて試合は、その後もめくるめく戦慄のせめぎ合いが続いたのですが…。
70分にアクイラーニが入ってからは、ミランの攻撃にリズムが生まれ、効果的な攻撃が出来るようになり、終盤にかけて猛攻をたたみかけられるようになります。
……。いやぁ正直、アクイラーニはまだ使わなくていいよ、と思ってたのです。守備軽いし、長い間戦線を離脱してからの復帰で、試合勘が心配だし…、と。しかしそんなドシロートの思惑はまったくの的外れでした(^_^;)ゴメンネアクイちゃん。

しかしイブラヒモヴィッチのシュートやノチェリーノの最大絶好のチャンスもどうしても入らず、時間が経つにつれ「あと1点」の持つ意味がますます重くなって行きます。
もういいから終われ!!ロスタイム3分もいらんねん!(←妥当だよ)

そしてぇー!
アーセナルのチャンス、ファンペルシーの抜け出しがオフサイドの判定になったところで、ようやく、長い長い90分が終わりました。
際どいピンチのシーンで終わったことが、この試合を象徴しているような気がします。最後までワタシの脳内の「デポルフラグ」はチラチラしっ放しでした。

ムチャムチャな試合でしたが、負けましたが、ぎりぎりのところでミラン、準々決勝進出決定!5年ぶりのベスト8(意外)!
ぐはぁああああああよがったああああああ(T△T) 疲労困憊。

120306_44
ファンペルシーはジェントルマンだなぁ。
なんとなく、キレやすい兄ちゃんかと思ってましたけど、もともとこうだったのか、キャプテンになったことで成長したんですかね。

手に汗握る白熱の好ゲームと言われるのでしょう。世の中的には、ミランをもう少しのところまで追い詰めたアーセナルのひたむきさに、よくやった、感動した、との声が多いようです。
いやワタシも同感です。素晴らしかった。だからこそ恐かった。
エース・ファンペルシーはもちろんですが、とにかくロシツキがキレッキレ☆でしたね。チェンバレンもなんかイヤだったなぁ(汗)
元ブンデスリーガーでもあるロシツキの復活は嬉しく思いますが、この試合に関してはなんとも複雑な気持ちにさせられましたわ…。

120306_3

アーセナルはフィジカルコンタクトがキツかったですね。削り削られ。
ガリボリやり合ってるのを見て、プレミアってやっぱりこんななのか、ロッベンなんか絶対ムリだわ、と思っちゃいました(^_^;)
ファンボメルも珍しく加減を誤ってウォルコットを痛めさせてしまったようですが、大丈夫ですかね。特に大きな発表は出てないので大事なかったと思いたいですが…

まあそれにしても、強いんだか弱いんだかわからんミラン。
無事に勝ち抜けたことで、素晴らしい試合だったように錯覚してしまいましたが、よくよく考えたら、0-3というけっこうなスコアで負けてるのですよね。
こんな風にガクブルしながらやっと勝ち抜けるはずじゃなかった…。これじゃ次の相手がどこになるかわかりませんが、相当厳しいんじゃないだろか(汗)

までも、前半の壊滅ぶりから、後半はよくぞ立て直したと思います。このメンタルコントロールも強者の証、なんでしょうか?
それにっ!失点はホラ、味方のミスとPKだしっ、流れから直接決められたわけじゃないしっ、…ってミスが一番ダメなんじゃん、という話ですよね(^∀^;) 笑い事じゃないか。

とにかく、おめでとう!
お疲れ様!さぞヘトヘトになったでしょうねぇ。試合直後のミランの選手たち、なんだかみんな表情固かったですし。ガッリアーニも「死んだかとオモタ」と、アッレグリも「私を痩せさせたいのか」とか言ってたみたいですし。
スカスカに抜けたかも知れない魂をもう一回注入し直して、体力を回復させて、週末のリーグ戦に臨んでちょうだいね~。(何せ昨日の試合でユヴェントスが痛恨のドロー、ついに単独首位になったんだから…ふっふふふ。今度こそ・・・)

120306_nos
後ろ頭がボサボサ~heart(´∀`)

試合後にオランダメディアとイタリアメディアにコメントしたみたいですが、拾うだけ拾って殆ど読めてません(^_^;) まずい試合だったけどなんとか勝ち上がったことを嬉しく思う、ホッとした、アーセナルに4点目や5点目が取られるんじゃないかと心配だった、というようなことを言ってたみたい?あと、自分のミスについても何か語ったようですが、文字になってないのでちょっとわかりませんでした。

そんなファンボメルですが、ロンドンからミラノに戻り、他の選手は翌日オフで自宅に帰る中、ひとりミラネッロに宿泊したそうです。
試合中にぶつけた足首と膝の状態を調べるため、だそうです。体張って奮闘してましたからね…。その後情報が出てないのですが、大事なかったんでしょうか…。

「ミラネッロには全員それぞれの部屋があって、いつでも眠ることが出来るんだ。俺のはシングルベッドと小さい部屋だ。ここでもっと長くプレーすると大きい部屋をゲットできるよ」
「イタリアのクラブハウス(or寮)はみんなホテルみたいだ。PSVにもあったよ。小さな部屋で2段ベッドだった。20人もが横になるのは、夜のお仕事だね(?)」最後のボメジョークらしき言葉がわからん…(こちらより)

ようよう朝の6時にベッドに横になったそうです。お疲れさま。いい夢見れたかなheart

|

« 「アリエンを見捨ててはいけない」 | トップページ | ミアサンミア、君のはどこにあるんだろう »

コメント

いやあ、もうほんま心臓に悪いゲームでしたねえ。
気楽~に梅酒でも飲んで観戦しようと思っていたら、なんてこったい!
序盤からアーセナルの気迫に押されまくってましたね。
久しぶりにベンゲルの魔法の杖を見たような気がします。
ガチでミランを叩き潰しにきていたし、エミレーツの魔物も恐かったっす。

ああ…でもこの試合でドМの快楽に目覚めてしまいましたよ。
ミランのマフラーを巻きつつ、ガナの健気さにオロオロしつつ、ミランの不甲斐なさにイライラ。
サッカー見ていて胃が痛くなったのは初めてです。
アッレグリはドSだと私の中で公式認定しました。
GK3人って…(-"-)社員旅行かいな?

正直ボメやんがいなかったら、敗退していたでしょう。
ありがたや~。ありがたや~。
敗退したガナの為にも大耳獲って欲しいわ。いやほんま。

投稿: ボメル | 2012/03/09 01:29

↑ひや~!
上の書き込みボメルって…(@_@)
完全寝ぼけてますねえ、ボバンです。
関係ないけど、今月の我が家のミランカレンダーはボメルさんです。男前です。

投稿: ボバン | 2012/03/09 11:33

> ボバンさん
一瞬、ワシに向かってボメルを名乗るとは何奴、と思いましたが、文面ですぐわかりましたよー。ボメの素晴らしいプレーに感激してワザとシャレてらっさるのかと思ってました(≧▽≦)
えぇー今月のカレンダーは男前ボメなのですか!むひょ!今からでも間に合いますかねー?

いっやー、凄かったですねぇ…。今も思い出してはぞっとします。ワタシも、イブラが早々にアウェーゴールの1発を決めたら安心して寝ようと思ってたのに、とても寝られる状態ではありませんでした。試合が終わってすぐ横になったのですがアタマがすっかり興奮し切ってたのでなかなか寝付けず…。体に悪いですねぇ。
ワタシも前半終了時には「こうなったらとことん最後まで見届けてやるわ!」と、Mに開き直りました。でも願わくばこんなのはもう当分いいですぅ~(T-T)
ちなみに、後半には脳内で「逆リバポフラグ」も立ててみたんですが(6分間で3得点)、すぐに倒れちゃいました。だはは。
社員旅行(爆笑)そっそーだったのか!アメリアもローマもいい思い出できたかしらん、って、えぇ~(^□^;)
いやほんと、アレグリはドSですねぇ。極限状態でどこまで出来るか試していたのでしょうか。そう言われてみれば、スーツの下のあの黒いテラテラしたインナーも怪しい…。実はボンテージな衣装だったり…
ボメはそんなドSな試合に体を投げ出してむっちゃ奮闘してましたね・・・。どっちかってゆーとヤツもSの方だと思うんですが、よく頑張りました…。
ミランはガナの分まで勝ち進まないとイカンですね。次の試合でだらしなく敗退したら、申し訳が立たんですわ。たとえ相手がバルサだろうと負けんぞ!(`・ω・´)キリッ (でもバイエルンだけは当たりたくない…ぼそ)

投稿: コリアンダー | 2012/03/09 15:31

ミランカレンダー(卓上)まだ売れ残っているみたいですよ。
http://item.rakuten.co.jp/mundial/10002532/
あっ!半額セールになっている(-"-)
メール便もイケますし、よろしかったらどうぞ。

投稿: ボバン | 2012/03/09 23:57

> ボバンさん
わー、わざわざありがとうございます!クールなデザインでイイですね。半額だし(爆)。ボメあと半月だし(爆)。ではポチッと☆

投稿: コリアンダー | 2012/03/10 00:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/44407870

この記事へのトラックバック一覧です: CL:アーセナル対ミラン:

« 「アリエンを見捨ててはいけない」 | トップページ | ミアサンミア、君のはどこにあるんだろう »