« 26節:パレルモ対ミラン | トップページ | 「アリエンを見捨ててはいけない」 »

2012/03/05

24節:レヴァークーゼン対バイエルン

前節のシャルケ戦は優勝へのターニングポイントではなかったようです…

GAORA放送を見ながら書いてます。
見ながら、と言っても結局視線はPCモニターに行くので、実質的にTVは殆ど見ないことになるのですが、今回はもう、それでいいかなーと。
とてもじゃないですけど正視できません。
「どんなダメ試合でも、愛するキミたちの姿を最後まで見届けるわ!キュン」ってヲトメな気分でもないし~。
今さら、試合内容をどうのこうのするようなものでもありませんし。
バイエルンが実質的にマイスター争いから脱落した、その結果が全てです。

12年3月3日 ブンデスリーガ 第24節
バイヤー・レヴァークーゼン 2-0 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
120303_bayerfcbfj
交代:リベリー(61ゴメス)、オリッチ(74クロース)、ペーターゼン(82ミュラー)
サブ:ブット、コンテント、ティモシュク、プラニッチ

得点:キースリンク(79デルディヨク)、ベララビ(90カストロ)
カード: トプラクライナルツボアテンクグスタヴォラフィーニャ

MoM:キースリンク
今節のベストイレブンにレノ(4回目)、トプラク(初)、シュヴァーブ(初)、カストロ(2回目)、デルディヨク(2回目)、キースリンク(2回目)

120303_leno

「え~でも、アタシの○○ちゃんはがんばったもんウルウル」という意見は聞く耳もちません(きつぱり)。
ワタシに言わせればゴメスからノイアーまで全員ダメダメ、採点5です。さすがに6とは言わんけど。もちろん、ベンチにいた選手(宇佐美含)もね(←ちょい八つ当たり)。

120303_muellerboa
試合中みっともないケンカをして、さぞバイエルンのチーム状況が悪いんだろな、ということを世界に晒した二人は言うまでもない。(止めに入ったのがラフィーニャというところにツボったのはワタシだけだろう…)

まあ実際、前節のリベリみたいに、突出したパフォーマンスの選手がいたわけでもなし。全員が平均以下のパフォーマンスだったから、必然的に負けたのかも知れません。
こういう時に「頑張った」「運がなかった」「いい時間帯もあった」「相手の出来が良かった」という言葉はほんとに虚しいばかりです。

誰も責める気はないし、誰もかばうつもりもない。
でも。今回の監督の采配は謎でしたね~。
ゴメスを下げて入れたのがリベリ。なんとミュラーのワントップ。なんだそりゃ。やってやれないことはないだろうけど、勝つためのベストの采配とは思えませんでした。
リベリを使うなら最初からにすればいいのに。
120303_dsc08476
無理だったんじゃないのかなぁ。フトモモのテーピングが痛々しいよ。

結局その後オリッチペーターゼンと普通にFWを投入するんだから、彼らをゴメスと交代でよかったんじゃ…
ロッベンを左に使ったのは、先日大活躍した代表戦と同じポジションだということでまあ、理解できなくもないですが、立ち位置さえ同じにすればいいってもんでもないんだよねぇ~。バイエルンにはフンテラールもカイトもスナイデルもいないんだから。(ファンボメルもね。)

まあ、それも後から言うことです。上手く行ってたら名采配ということになったでしょうし。
敗因探しをして、次はこうしたらいいんじゃないかという意見もないですわ~。
120305_kicker
「負けるはずがない」と言ったボルシアMGがニュルンベルクに負けましたので、2位はキープですが。
残り10試合で首位との勝ち点差7、次からは何をモチベーションに応援したらいいのかわからんもん。
せいぜい、もうこれ以上負けませんように、せめてCLストレートINの3位以内は死守しましょうね~、ゴメスがまたもぐりかけてるトンネルから無事に出て来れますように、っていうところですかな。天下のバイエルン様が情けないことです。

それにしても。何がどうしてこうなった?
もちろんシュヴァインシュタイガーの離脱が大きいんでしょうが、認めるのはなんか悔しいのよ。

もちろん数字上の可能性が残ってる間は何もあきらめる必要はないでしょうが、もうマイスターはあまり期待しない方が良さそうです。ドルトムントがコケてくれるのを待ちながら目の前の試合を精一杯やるだけ。
ポカールとCLに照準を合わせよー!マイスターを逃してもCL獲れれば…ってぶっちゃけこの状態ではバーゼルに勝てるかどうか怪しいよ!(汗)

一夜明けて自転車トレーニング
120304_bayern

渦中の2人
120304_mueller_2 120304_boa

チームが本当に空中分解してるのか、雰囲気悪いのかどうか。現地でこの目で見れば少しはわかることなのかも知れませんが、そうもいかないから悶々するわけです。
それにしてもミュラーは、バトシュトゥバーとの怒鳴り合いといい、よくトラブってますが、ムカつく物言いをされたりした時に、流すことができずに正面から受けて立っちゃうんだろうなあ、と想像します。特に試合中はみんな頭に血が上ってる状態だろうし。

トレーニングの前か後か、プロモーション活動のようなことも行ったようなのですが(tzより)
120304_tz2

120304_tz_2
司会者の後ろに!heart

おまけ
120303_dsc08474
おいこら。
しかしアドラーのアイコンを見ながら「GKはレノです」とサラッと言うオーマエさん(@GAORA)さすがです。

|

« 26節:パレルモ対ミラン | トップページ | 「アリエンを見捨ててはいけない」 »

コメント

仕事中に読むんじゃなかった(笑)書かずにはいられない。

最近の不信感は、ハイケンスじゃなくてネルリンガーなんですよねぇ~個人的には(^^ゞ

レバク戦も前半に点を獲れていたはずで、あそこで獲りきれないのが今年のバイエルンというか後期の低迷している最大の原因。それが単にBastiの不在だけじゃないように思ったり・・・。
戦犯は自分の中ではGomezです(--;

今シーズンの後期は、Van Gaal時代のダメっぷりとはまた違うダメっぷりで見ていて悲しいし、王者としてのプライドのかけらも感じない後期orz

明るい兆しとしては、未だに放火犯だろ?!の疑いが巻き起こるアラバちゃんが意外に将来性ありそうだ!ということ。
ラフィーニャが良い感じでフィットしてきたこと。仲裁したのが狂犬ラフィーニャだったのには自分も笑いましたが(笑)
Robbenクラスは時間が解決すると思うので、相当短気?!Mullerが、Kroosの様に大人しくなるように、誰か教育しないと駄目かもですねw

いずれにせよ、今シーズンは終わりました!!\(^O^)/
来年も頑張って応援しましょう!!!

投稿: Ribery | 2012/03/06 10:24

何がどうして喧嘩になったんでしょうね。だいたいポジション隣同士でケンカってのは怒るもんですが…。個人的にはミュラーより、ボアちゃんが誰とでも喧嘩する孤立気味のキャラクターだったのに、悪い意味でびっくりですよ。ラフィーにゃんこよりコミュニケーション力が低いってのは本当にびっくりだし、それをおぎなって余りあるほどの才能ってのも見てないような気がする~。
ボアちゃんが来たらもうダニエルいらんっつーた人にそこんとこじっくり正したいぜ…(小声)。<ボアちゃんにはダニエル好きも降参するようなプレーを期待していたから余計にさ~

でも今季終○○…とは、言わないようにしております。そこは意地で。サポとして。でも入力まではしました(笑)。

投稿: しし丸 | 2012/03/06 11:31

> Riberyさん
お仕事お疲れ様でした~(^^)/
ハインケスは最近珍采配をすることがありますが、基本的には信頼してるんですよ。チーム内の雰囲気もすごく良さそうに見えたのに…。いざ調子が悪くなってしまった時の切り替え方があまり上手くないんでしょうかねえ。
ファンハールの時みたいに、不振をトンデモ監督のせいに出来ないところがつらいところでもありますね。
そーなんですよ。ネルリンガーどうよ?というのは就任した頃からワタシもずっと思ってました…(-△-)
…って、あわわ(汗)
アラバは放火関係ないですよー!爽やか君ですよー!容疑者はブレーノですからー!(汗)(汗)
ラフィーにゃのフィットぶりはワタシもほほ笑ましく思ってます。来る前は悪童のイメージが先行して好かんかったのですが、今やすっかり気になる存在です(笑)
言ってもミュラーはまだまだ若いですし、これからインタナショナルなステージでどんどん場数を踏んで、少しずつ落ち着いて欲しいですね。味方はまだしも、敵チームの選手からの挑発に乗らないように…。いや、それはむしろBOAの方かも。
まぁ、シーズンが続く限りは試合は見ますし応援は続けますが、何を期待してがむばれ言ったらいいものかのぅ。あと2ヶ月間ずっと親善試合気分なのもつまらんし。奇跡の大逆転を細々と夢見つつ、でも過剰に期待せず、…む~ん。

投稿: コリアンダー | 2012/03/06 19:15

> しし丸さん
ワタシもわかんないんですけど。ミュラーの守備への戻りが遅いんだかなんだったかについて、BOAが「オマエまだ寝てんだろ!」と言ったみたい?とかなんとかいう記事を見かけました。不確か情報ですが…
同感です。バトはおもに味方と審判にキーキー言ってますが、BOAは敵味方関係なくケンカふりまくりですよね(-_-;)しかも手が出るから始末が悪い。兄貴よりガラ悪いっす(ピッチの中では)。昔からこんなコだったんですかね…?
プレーもねぇ。ワタシも加入当初はかなり期待してたんですけど、…う~ん?むしろバトの方がめきめき成長しているような気が。
偉い!☆奇跡の逆転優勝の可能性がなくなるまでは、やけくそパワーで応援してください!…ワタシはユルッと見守らせていただきますわ(←だけどホントにいざとなると「だから言ったジャンー?」と真っ先にしゃしゃり出るタイプ)。

投稿: コリアンダー | 2012/03/06 22:24

おっと放火犯はブレーノだった、、、失礼orz
いあいあ放火してないかwww

そうBAYERNは1位以外は、2位もビリも一緒なので、サポとしては、残り試合はDFBをポカった!じゃなくて、POKALでボルシアMGそしてドルを倒して欲しい!そこしか着目点がないのが寂しい(T-T)

このままだとコンテントとかも来年出ていきそうな気がするし、Robbenは嘘かほんとかPremier復帰を切望していると今日ニュースがあったり(怪我がちなので、余計に怪我すると思うがww)、王者だけど過度な期待は禁物なのかも。
BUNDESLIGAはここ数年あきらかにネームバリューより、チーム力が大事で、まぁそれもいいんですけど、やっぱり黒字経営それでもやっぱりBAYERNは王者であって欲しい!と、一人葛藤が起きています(笑)

投稿: Ribery | 2012/03/06 23:17

> Riberyさん
ブレーノについては今は「容疑者」という位置づけだと思います。放火してるかしてないかはこれから裁判で明らかになるのでしょう。ってゆーかもう既に、ドイツでは放火犯扱いみたいですけどね…
ロッベンに関しては、別記事にも書きましたので略。でも、プレミアに行くと余計怪我するんじゃないかというのは賛成です。イメージで。
ってかバイエルン以外でロッベンのフィジカル管理を出来るところはないと思いますので、実に悩ましいところです。
コンテントもアレかも知れませんし、ペーターゼンも名前が挙がってますね。そしてこのままだとティモシュクがそろそろぶつくさ言いそうな気配…(汗)。「出場機会」「移籍願望」という単語にアレルギー反応が出そうな今日この頃です(苦笑)。
DFBでポカッとやってくれたら多少の溜飲は下がりますが…。ドルを倒すなんて夢物語に思えてきました(情けない)。まぁ、まずは週末のブンデスとその後のCLの具合を見て考えましょうか。
…あれ?CLはいいんですか?(笑)

投稿: コリアンダー | 2012/03/07 04:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/44366484

この記事へのトラックバック一覧です: 24節:レヴァークーゼン対バイエルン:

« 26節:パレルモ対ミラン | トップページ | 「アリエンを見捨ててはいけない」 »