« 21節:バイエルン対ラウテルン | トップページ | 今夜はフライブルク戦 »

2012/02/17

CL:ミラン対アーセナル

120214_ball2
CL決勝の公式球「フィナーレ・ミュンヘン」が発表になりました。

120214_ball1
アリアンツ・アレーナ(CLの時は「フースバル・アレーナ・ミュンヘン」と言うんだっけ)の外壁がデザインされていますね。
決勝戦用のボールとはいうものの、今シーズンは決勝R1回戦から使用することにしたようです。

さて

12年2月15日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝ラウンド1回戦 1st leg
ACミラン 4-0 アーセナル

120215_milanarsenalfj
交代:エマヌエルソン(12セードルフ)、アンブロジーニ(70ボアテンク)、パト(84ロビーニョ)
サブ:アメリア、ネスタ、ボネーラ、エル・シャーラウィ

得点:ボアテンク(15ノチェリーノ)、ロビーニョ(38イブラヒモヴィッチ)、ロビーニョ(49イブラヒモヴィッチ)、イブラヒモヴィッチ(79PK)
カード: アントニーニメクセスアンブロジーニソングジュルー

MoM(UEFA):イブラヒモヴィッチ

やったーーー!!予想外の快勝!(≧▽≦)/

うれしい!痛快!まさかここまでやってくれるとは!
試合後にアッレグリ監督が「今シーズンの我々のベストゲーム」とコメントしたらしいですが、その通りだと思います。
最近のへっぽこダメダメミランが嘘のような、完成された素晴らしい試合でした。

120215_binho_2

ロビーニョよくやった!大事な試合でなんとドッピエッタ!おめでとう!
イブラのスーパーアシストのおかげもありますが、決めるべき時にビシッときちんと決められたことが大切!特に2点目は素晴らしかった。やればデキるコ!
ゴールだけでなく、つなぎの仕事も、イブラやボアテンクとの連携プレーも冴え渡ってましたね。

120215_boabinho 華麗なるステップ☆

ダメダメ選手筆頭だったロビーニョがMoM級の大活躍で勝利に大貢献したことがとても嬉しいです。えらいえらい。ほめてあげるよ。

120215_boa2

見た?

見た?

見た?

爆裂スーパーボアボアゴーーール!!!

復帰戦でまさかのスタメン!フィジカルが心配されましたが全く問題なし!さっそく本領発揮、華やかなゴール祭りの始まりを告げる迫力満点のゴールで、チームに勇気と自信を与えました。

120215_melissa
「ステキよハニ~heart

120215_25
からんでくるファンボメルの腕をひっぺがそうとしてる風だったのは何故だ…(汗)

先制点だけでなく、離脱のブランクをまったく感じさせないいつものハードワークでもってミランの攻撃陣をブイブイ牽引!
イブラもロビーニョもやりやすそう。ボアテンクの復帰が大勝祭りの原因のひとつと言ってもいいかも知れません。

とまあ、ロビーニョが~ボアテンクが~と言いますが、この日のミランの良さは、連動性と言うんでしょうか、組織的な動きと言うか、全員の戦術理解&実践力の高さと言うか、本当に、誰かが突出して素晴らしいとか誰かに期待とか依存とか、ではなく、チームとしてのパフォーマンスがとても素晴らしかったです。

120215_14
立て膝もキレイにそろってるぜ!

なにしろ、イブラが孤立してない!
いつもは仕方なく一歩下がってボールをもらいに行ってる感じでしたが、今回はチームプレーの一環として、なんてゆうの、能動的にハードワークをしているように見えました。
そして、空いたスペースにきちんと誰かが走り込んで行くので、チャンスに絡めそうな選手が沢山、イブラだけに無理からほりこみクロスを送る必要がない!キレイにショートパスをつないでもよし、ピッチを左右に大きく使って揺さぶってもよし、思い切ってミドルをぶち込むもよし!
そのためにはつまらないミスをしないことが大事なんだろうと思いますが、みんな集中してたので、その点も良かったです。いや~、実に楽しい(^∀^)

華やかな攻撃面に対して守備面は、ワタシの目にはまだちょっと、Tシウバにオマカセ状態が残ってるのかなぁという感じもしましたが、際どいところでアッビアーティが神セーブをしてくれたおかげもあり、アウェーゴールを一つも許さなかったので良しとします。これが一番大事なことだから。
危ないところでファンペルシーを数回フリーにしてしまったのは反省ね。

点差に余裕があったので監督の采配にも余裕がありましたね。アンブロジーニを入れて今季初(たぶん)4-4-1でがっちり守備固めフォメを敷いたのには「ほう」と思いましたし、故障明けのボアテンクを休ませたり、パトをならし出場させたり(そして選手たちも気を使って、そんなパトにラストパスを送る余裕)。

あと、試合が比較的クリーンだったのも、見てて気持ちよかったです。イブラがちょっともめそうになってましたけど、突っかけられても冷静にいなしてましたよね。
試合後のアンリとのユニ交換は、リスペクトが感じられていいシーンでした。

120215_ibrahenry
「つかみやすい後頭部してんな~」

怪我人が出なければいいな、と強く願ってましたが、セードルフが筋肉のトラブルを起こしたらしく、早い時間から退場してしまいました。(だけどエマヌエルソンが入ったおかげで、ミランがあのようにスピーディーで華麗なサッカーが出来たんではないかと思ったりして…お許しを)

120215_26

でも誰であっても怪我は嫌です。続報は出てませんので軽傷かも知れませんが、とにかく早く良くなってね・・・

試合とは関係ありませんが、うれしかったこと。
ベンチに来ているガットゥーゾが、メガネなしで、眼の感じもだいぶスッキリしてるように見えました。順調に回復に向かっているのかな、という希望がconfident

120215_dsc08424

本日のファンボメル
120215_19
むひょひょ。いいぞアントニーニ!

今日も審判と遊ぶ(違)
120215_dsc08425
アーセナルのカウンター!急いで戻れ!

120215_dsc08426
「ちょっジャマ!!」

120215_32

評価は高いようですのであえてワタシの口から言うことはないのですが、何故かロシツキを苦手にしてるっぽかったのと、1対1になった時にかんたんにすり抜けられてしまうシーンが散見されたので、守備面ではもうひとつかな?と思ってました。
までも、そんなシーンはそう沢山ではなく基本安定してましたし、前を向いた状態で掃除をしたり敵のコースをふさいだり、効果的なクロスを送ったり、ゲームの起点となる仕事はとても良かったと思います。

120215_nos1

試合後のリアクション。てきとう作文。
NOSにて
「かんたんそうに見えるけれど、俺はそうは感じていない。取るべき時間にゴールを取れたのはラッキーだったんだ」
「まだ(先のことは)けっしてわからない。俺はミラン対デポルティボ・ラ・コルーニャの試合を覚えているよ」
ファンペルシとのユニ交換のためにロッカールームに行ったらしい?「ロビンとユニ交換することになっていたんだ。彼はレプリカユニも2枚持って来てくれたよ。俺の息子たちのためにね。息子たちはファンペルシーのファンなんだ。とても嬉しいよ」
動画はこちら

続きまして、日本では動画が見れない(ちっ)SPORT1にて
「俺たちはとてもコンパクトに、殆ど距離を開けずにプレーした。(相手の)DFの後ろにたくさんのスペースがあったのが俺たちにとってはありがたかった」
セードルフの怪我について「ハムストリングの断裂ではなくて、けいれんだと思う」

elfvoetbalに独占コメント
「今日の試合を見れば、沢山の人々が、俺たちが優勝候補だと言ってるのを聞くことになるだろう。だけど(俺たちが優勝候補なのは)今日だけの話じゃないんだ」
「このようなレベルで毎回試合をするべきなんだ。決勝に行くための必要条件だが、それはまだ先のことだ。決勝の話はできないよ。」
「たくさんの怪我人や出場停止があることで、俺たちにとって厳しい時期となっている。だけど今日はいい結果を得た。俺たちはよく統制のとれたプレーをし、しかるべき時間にゴールした。去年も忙しい時期に怪我人がいて、たくさんのポイントを落としてしまった。今年また同じことが起こっている」
「俺たちは急いでリーグポイントをゲットしなければいけない。さいわいなことに、今日ユヴェントスはドローだった(注:ユヴェントス0-0パルマ)。今俺たちは同等だ。10日後にホームで彼らと対戦する。俺たちにとってとても重要(な試合)だ」

あと、Goal.com(独)に、sat.1でのコメント、という記事がありましたが、これまた日本では動画が見れないので(ちっっっ)確認とれません。ちょっとくたぶれたのでおおいにはしょって、面白かった一文だけ
「みんないつも、俺たちのことをおっさん集団だって言うけれど、ここでは、年食ってるからとは言わないんだ。俺たちは、良いか悪いか、それだけだ」

ラコルーニャにひっくり返された、という話、そんな試合もあったような気がするな~と思って少し調べましたら、03/04シーズンの準々決勝でした。
1st legにてミランがホームで4-1で楽しく勝ったのに、2nd legは0-4で魔さかの大敗、敗退となったのでした。大いに話題になったのをボンヤリ覚えています。

楽しく勝った試合だからこそ、気を引き締め直すコメントをするところがファンボメルらしい。
世の中ではすっかり「ミラン準々決勝進出ほぼ決定」「イタリアカルチョの復権」と盛り上がってるようですが、何度も言わすな、俺たちはまだ何も勝ち取ってないんだぜ!勝って兜の緒を(略)それにブンデスファンとしては、イタリアがあんまり強くなってまたドイツを追い越すようだと…あわわ。
 
ともあれ、素晴らしい勝利でした。まずはそのことにおめでとう!\(^∀^)/
そして、もっともっと素晴らしい勝利が、この後に続きますよーに。

|

« 21節:バイエルン対ラウテルン | トップページ | 今夜はフライブルク戦 »

コメント

いやあ、愉快愉快!
今までのよぼよぼ試合(失礼)は何だったんだろうってぐらい、快勝でしたね。
守ってよし、潰してよし、攻めてよし、ミランってこんなに凄いチームやったんやあ!シランカッタワ。
ロビーニョ、スランプ抜け出せたのでしょうか?フツーの選手なんて揶揄されてましたけど。
でもロビーニョのドヤ顔は、憎たらしいですよね。
グナーの皆さまもさぞかしイラっとした事でしょう。

ボメやんもバッタバッタとカワイコちゃんを潰していましたね。
セーさんが「ガナは若いモンばっかりでアカン、親爺パワーが足りへん」とおっしゃっておられましたが、ボメやんの事?と思ってました。

ズラタンも思う存分大暴れ出来て、楽しそうで何よりでした。
ホンマあわよくば大耳!獲って欲しいです。

投稿: ぼばん | 2012/02/18 16:49

> ぼばんさん
愉快痛快爽快!
昨シーズンの一番いい時のミランみたいでしたね。
ほんと、本気出して集中したらこんなに強いんですね…(*´∀`*)ウットリ 普段からやればいーのに…ゲホゴホ
ロビーニョのドヤ顔は口をばかーんと開けて、なんとも不思議な感じでした。グーナーの皆さまはきっとあのダンスにイラッとしたものと思われます。これがスランプ脱出のきっかけになればうれしいです。BOAやパトが復帰したことで、ロビーニョの競争心に火がついたのかも?とか。
ボメ、中盤をビシビシ締めてましたね!下がってしまったセーさんの分まで(?)親爺力を見せつけてましたよね(・∀・)ニヤニヤ
ズラタンもキレキレで良かったですねー!ロビーニョに献身的なアシストをしてるのを見て、そんなズラにごほうびゴールを…と思っていたので決めて嬉しかったです(PKだけどね!)。
まだ半分なので油断大敵ですが、2nd legも勝利して勝ち抜けられたらその時は、イングランドチームに勝った!と、もっとハジけて喜ぶつもりです。またこんな試合が出来たら、いろいろ期待に胸がふくらんじゃいますね~♪

投稿: コリアンダー | 2012/02/19 01:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/44149889

この記事へのトラックバック一覧です: CL:ミラン対アーセナル:

« 21節:バイエルン対ラウテルン | トップページ | 今夜はフライブルク戦 »