« 22節:フライブルク対バイエルン | トップページ | 今夜はバーゼル戦、と、ドイツ代表 »

2012/02/22

24節:チェゼーナ対ミラン

結局アーセナル戦で負ったセードルフの怪我は肉離れと判明し、1ヶ月の離脱と診断されました(T-T)
そしてせっかく復帰したボアテンクもこの試合の直前になって故障、当初は筋肉の張りがどうとか言ってたようですが、今現在も検査待ち状態です…ガクガク(((TдT)))
確かメクセスも試合前にどこか故障したような気がしますが。オボロ。ミランの怪我人情報は毎度のことなのでもうついて行けん!(ヤケ)

120219_dsc08429

ファンボメルのベンチ入りは事前に監督が示唆しておりました。ユヴェントス戦に向けての温存だと思ってましたが…

そんなこんなで、こういうスタメンになりました。

12年2月19日 セリエA 第24節 ACチェゼーナ 1-3 ACミラン

120219_cesenamilanfj
交代:ファン・ボメル(51アンブロジーニ)、エル・シャーラウィ(77ロビーニョ)、インザーギ(90+1マキシ・ロペス)
サブ:アメリア、ジェペス、アントニーニ、ザンブロッタ

得点:ムンタリ(29)、エマヌエルソン(31)、ロビーニョ(55)
カード: Benalouaneムトゥコルッチムンタリ

ミラニスタの皆さ~ん、エマエマしてますかー?

120219_urbybinhomuntari2
本日の主役トリオ!(ちなみにエマヌエルソンは左端です)

なんでムンタリさんがサッカーファンの間でおもしろネタキャラになってるのかワタシにはわからんのですが、とにもかくにも。
アフリカネイションズカップから帰って来てミランに合流してまだ数日しか経ってないと思いますが、初出場初スタメン!初イエローカード!初ゴール(しかも先制点)
というすさまじい溶け込みっぷりに驚愕でございます。
試合時間が経つにつれてだんだん存在感がボヤッとしてしまってましたが…(汗)

と、ムンタリにも驚かされましたが、なんと言ってもー!
エマヌエルソン&ロビーニョのそっくりさんコンビが大活躍!
ロビーニョは引き続き好調のようですし、特にエマヌエルソンが!
嬉しいミランでの初ゴール(意外)含め、トップ下としてノリノリのキレッキレで、ミランの攻撃を華やかに演出。ボアテンクの不在を忘れさせるほど。
ロビーニョとの相性がいいのかも知れませんよね。こう言ってはアレですが、2人とも、イブラがいないのでのびのびしてたような気さえしました(^_^;)
ただ、2人で楽しくやればやるほど、マキシ・ロペスが置き去りになってしまってるような気がしないでもないような感じがいかんとも。。。

いやぁしかしエマヌエルソンには感慨深いものがあります。
まだ試合ごとのムラがあるような気がしますが、だんだんそのムラも少なくなって、今やすっかり頼れる主力に成長した感がありますよ。
ファンボメルの前日ぐらいにミランに加入したのですが、言葉の壁もあり、なかなか出場機会に恵まれず、早くも昨夏には放出候補として名前が上がっていたぐらいでした。
しかしミランに負傷離脱者が続出する中でそのユーティリティ能力を買われ、穴埋め的に、左右のインサイドハーフ、左SB、そしてトップ下と、数々のポジションで出場を重ねるごとにどんどん成長、特にトップ下で飛躍をとげ、ついにこの試合で最高レベルのパフォーマンスを披露、文句なしのMoM級の大活躍でした。
ダメダメな日も沢山あったけど、アッレグリ監督が信頼して使い続けてくれたおかげで、ついにこの日、努力が結実しましたね!おめでとう!
まだ本決定ではありませんが、今月のオランダ代表の予備招集メンバーにも久々に選ばれました。しかし無事に招集されたとして、ファンマルヴァイク監督はエマヌエルソンをどこのポジションで使う気なんでしょうね?左SBのつもりだと思いますが、ミランではトップ下で活躍してるし。しかしオランイェではトップ下の人材は豊富だし。エマヌエルソンの今の好調はミランでこそ、という気もするし。

はっ(゚∀゚)

エマヌエルソンネタに時間をかけすぎた(汗)
とにかくミランは、CLでの素晴らしい勝利の感触を失うことなく、もちろんアーセナル戦よりは多少リラックスしていたとは思いますが、楽しくそつなく元気よく勝利したと思います。
ただ、アッレグリ監督が試合後に苦言を呈していたように、後半は少し気を抜いて、圧力をかけるのに力が入らなくなり相手に攻め込まれるシーンがムダに増え、失点してしまったのはいただけませんでしたが。

120219_2

ロビーニョによる3点目は、この日誕生日だったザンブロッタに捧げるバースデーゴールheart
みんなでとことこザンブロッタに向かって駆けっていくところかわいかった~(*´∀`*)チームの雰囲気の良さが伝わる、すごくいいシーンでした。

120219_dsc08431

そんなわけでファンボメルはベンチスタートだったのですが、早くも15分頃から長々とアップだけはしておりまして、はて?と思っていたら、アンブロジーニが打撲を負ったとかで、後半途中から出場となりました。
特筆すべきエピソードも特になく写真もなく画面に大写しになることもなかったのですが

120219_dsc08432
ファウルでちょっとごたごたしている間に、文句を言う相手選手をなだめすかしてる

大きな身振り手振りと大きな声でチームを締めて鼓舞してましたよー!(^∀^)ステキ
相変わらず堅実なプレーも良かったです。「磁石のようにボールを足元に吸い付けていた」と表現しているメディアもありましたが、言いえて妙、そんな感じでした。
とにかくファンボメルが入ると、いい意味でゲームが落ち着きます。

120219_dsc08433

クリーンシートで終われなかったのは残念だけど、まずまず完勝で、ファンボメルも貢献できたと思うし、満足満足。
イブラ抜きでもきちんと勝てたことは、とても重要なことだと思います。

120219_dsc08434

……。
アッレグリにも言い分はあったようですし、それもわかりますが、300試合出場記録のためにしょうがなく使うんなら、もっと早い時間からにして欲しかった。ロスタイムからて!
そして何故かそんなインザーギになかなかパスを出さないミランたち…。ボールを求め声を出すインザーギ。しかしラストプレーは、インザーギではなく彼の手前にいたエル・シャーラウィがCKからのシュートをミス…。
ワタシはピッポファンではありませんが、さすがに今回は心が痛みました。
ミランはインザーギの「たとえ出場できなくてもミランのために尽くしたい」というクラブ愛にどう応えるつもりなのか…。これが答えだなんて悲しすぎる。
戦術的にもはやインザーギが選択肢の最下位なのは理解できる。彼が悪いのではなく、もっと優先すべき選手がいるのもわかる。わかるけど。
…まあ、ワタシごときよそもんが熱弁をふるうことではないわ。←急にやめるな
とにかく、インザーギには、最後まで華々しく、沢山の人々から限りない尊敬と賞賛を浴びながら、惜しまれつつ行くのが似合います。同情や憐れみではなく。

いかん、ちょっとしんみりしちゃいましたけど。
そんなこんなでそつなく気持ちよく勝ったミラン、勇気凛凛エナジーチャージ!
サンシーロで待ってるぜユーヴェ!
プレシーズンマッチ、リーグ戦、コッパ、と、まったく勝ててない(確か2分け1敗)のですが、今度こそ今度こそー!勝って追い抜いて首位奪還だ!くわ~~~っっ

[追記訂正]調べ直しました。1勝3敗です。ひどい記憶違い(>_<)
TIMトロフィー負け、ベルルスコーニ杯勝ち、セリエA6節負け、コッパ・イタリア準決勝1st負け。

|

« 22節:フライブルク対バイエルン | トップページ | 今夜はバーゼル戦、と、ドイツ代表 »

コメント

だんご三兄弟が大活躍でしたね!いやっほ~!
やっぱりイブラがいないと伸び伸び出来…ごほごほっ。

ところでcalcio2002を読んだのですが、ガリ禿のお買いものコーナーは結構面白かったです。
選手を「バーゲン品」なんて失礼な!と思いましたが読んでみると、なるほどふむふむ。
ミランがいよいよビンボーになってからの方が移籍が当たったとか。
「年齢」と「性格」は拘らない、スカウトのお勧めは信用しない。B級品を磨き上げてA級品にする等など、勉強になるなあ←何の?
くすぶっている選手を再生する事では凄腕ミラン。

あれだけブーイングされたムンタリさんも活躍した事ですし、リーグもCLも期待しちゃいますね。頑張れ!訳ありミラン!

投稿: ボバン | 2012/02/23 11:11

> ボバンさん
みたらしだんご三兄弟ですね?♪醤油塗られてだんご、だんご♪やっほぅ!
イブラの処分はどうなったでしょうね…。いなくても気持ち良く勝てたとはいえ、いた方が頼もしいことには変わりないので…。ここまで来てアナウンスがないということは、ユーヴェ戦出停で変わりないということなのかしら(汗)
calcio2002はミラン特集でしたね☆買うには買ったのですが、ボメに関する記述が殆どないことにションボリ(´・ω・`)して、ボア&イブラインタだけ読んで放置中でした(こらこら)が、ガリ爺の賢いお買物術とかあったのですね!ワタシも勉強させていただきます。性格にはこだわらない…だからテヴェスだったのか…
ワケあり共を更生させることに関して定評があるミランですが、もとからこんな感じなのでしょうか?アッレグリ監督になってから?クラブ全体での家族的なサポートを受けて、愛情を知らずに育った不良少年たちも改心し、ついに本当の自分を取り戻すんですねぇ…お前たちはくさったミカンなんかじゃないんだー!
なんか話がずれてしまいましたけど(汗)
サッカー面に関してはボメもアッレグリに再生された一人かも知れません。ま、監督の要求に応じられるだけの高いクオリティがあってこそですけどね!えっへん
ムンタリさんが一発屋で終わらないかどうか若干危惧しておりますので、今後落ち着いて様子を見ていこうと思ってます。まぁ怪我さえしなければだいじょうぶかな~?←ここ大事
いよいよあさってはユヴェントス戦ですね(汗)このポジティブな流れに乗って今度こそしっかりがっつり勝ちたいです、ってかスクデットのためには勝たねばならんガクガクブルブル(((TдT;)))ここはわけありおっさん集団だからこその不屈の雑草魂(??)と固い結束力でもって、リーグもヨーロッパも勝ち抜くんだぜー!

投稿: コリアンダー | 2012/02/23 16:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/44207353

この記事へのトラックバック一覧です: 24節:チェゼーナ対ミラン:

« 22節:フライブルク対バイエルン | トップページ | 今夜はバーゼル戦、と、ドイツ代表 »