« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012/01/27

イブラ、年間最優秀賞!

イタリアサッカー協会(AIC)主催の「グラン・ガーラ・デル・カルチョ・AIC」または「オスカル・デル・カルチョ」の受賞者一覧・・・

2011年のイタリアサッカーでの優秀選手を表彰する賞のようですね?
各界数百名からの投票によって決まるとか、なんとか・・・

スッキリとまとめたサイトなりファイルなりを見つけられてませんので、あちこちから拾ってつなぎ合わせてます。
セリエ音痴なもので名前の呼び方とか他チームの選手のこととか全然わかりません(汗)カヴァーニこんなにゴール決めてたっけ?コッパとかCLも込みなのだろうか?
甚だ自信がありません。誤りがありましたら即座に訂正しますのでご指摘ヨロシクお願いします(汗)

最優秀選手
ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)

最優秀監督
マッシミリアーノ・アッレグリ(ミラン)

最優秀外国人選手
ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)

最優秀セリエB選手
ステファン・エル・シャーラウィ(パドヴァ(当時))

最優秀GK
サミル・ハンダノヴィッチ(ウディネーゼ)

最優秀DF
チアゴ・シウヴァ(ミラン)

最優秀審判
ニコラ・リッツォーリ

功労賞
アレッサンドロ・デル・ピエロ(ユヴェントス)

批評家賞
ファビオ・カペッロ(イングランド代表監督)

最優秀クラブ
ウディネーゼ

得点王
エディソン・カヴァーニ(28ゴール)

ベストイレブン
GK
サミル・ハンダノヴィッチ(ウディネーゼ)
DF
クリスチャン・マッジオ(ナポリ)
チアゴ・シウヴァ(ミラン)
アンドレア・ラノッキア(インテル)/アレッサンドロ・ネスタ(ミラン)←同数得票
パブロ・アルメロ(ウディネーゼ)
MF
マレク・ハムシク(ナポリ)
クラウディオ・マルキージオ(ユヴェントス)/チアゴ・モッタ(インテル)←同数得票
ケヴィン=プリンス・ボアテンク(ミラン)
FW
アントニオ・ディ・ナターレ(ウディネーゼ)
エディソン・カヴァーニ(ナポリ)
ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)

120123_gala2

120123_ranocchia ラノッキアの足が長すぎる件

120123_ibra

120123_gattu
何やら寄付活動をしたらしく、ガットゥーゾも登場。スーツ姿がカッコよくて惚れるのですが、元から問題があった左眼ではなく今回右眼がイカンようになってるみたいで、切なくなりました。

120123_gattu2
それでも「チームメイトはみんな気を使ってくれてるんだ、イブラとシウヴァを除いてね。あの二人はいつも俺のことをからかうんだよ」と、明るくスピーチしたらしいガッツ。キュン…

で、どこにも出てないので詳しいことはまったくわからないのですが、このたび、「最優秀CM」かなんか、そういうお題目で、ファンボメルも出演した、あの「NIVEA FOR MEN Italy」のヒゲヒゲブラザースCMが表彰されたらしいです!

120123_shaarawy
出演者を代表してエル・シャーラウィがトロフィーを受け取ったもよう。右手に持ってるトロフィーに「NIVEA」の文字が見えます。(写真はポチすると大きくなります)

110929_niveaformen

やったね!\(^▽^)/

ということでミランはまもなく、コッパの準々決勝で、クローゼのいる、そして本田やオリッチへの興味が噂されている因縁の(?)ラツィオとの試合があるのですが…。

熱い意気込みを語るはずが、諸事情ありましてすっかり時間がなくなってしまいました(汗)。
ファンボメルが出場するかどーかいまひとつはっきりしませんが、誰が出ても、とにもかくにも勝ってくれ~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/25

18節:ボルシアMG対バイエルン

120120_mueller

ブンデスリーガの後期開幕戦でした。なのにまあ、なんてことでしょう。

12年1月20日 ブンデスリーガ 第18節
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ 3-1 バイエルン・ミュンヘン

トホホなkickerの採点も合わせてどぞ
120120_mgfcbfj
交代:アラバ(4)(57ティモシュク)、ラフィーニャ(66ボアテンク)、グスタヴォ(76ファン・ブイテン)
サブ:ブット、プラニッチ、オリッチ、ペーターゼン

得点:ロイス(11)ヘールマン(41ハンケ)、ヘールマン(71ロイス)、シュヴァインシュタイガー(76)
カード: アランゴ

MoM:ヘールマン
今節のベストイレブンにテア・シュテーゲン(2回目)、ダエムス(2回目)、ブロウヴェルス(2回目)、シュトランツル(2回目)、ヘールマン(2回目)、ロイス(7回目)
マンデスターゲス今節のMVPにヘールマン(初)

120120_mgfcbj
「ぐっじょぶ」なのかどーか、叱り飛ばしてるようにしか見えませんでしたけど(^_^;)、際どいところでクリアしてくれた味方を叱り飛ばす道理はないと思ったので…

いや~、グラッドバッハは素晴らしかったですねぇ。してやったり。
守備ガッチリ作戦もああも上手く決まると気持ちがいいもんです。

それに引きかえ我がバイエルンと来たら、まったくいいところがなく、完敗でしたね。
何かよかった探しでもしようかと思いながら見てましたが、なんにもなかった。
強いて言うなら、復帰のシュヴァインシュタイガーが怪我の影響もなく元気にプレーしていたこと、意地の一発を決めたこと、最後まで勝利への執念を感じさせるパフォーマンスだったことぐらいでしょうか。

120120_mg20

おもしろおかしく描いてしまいましたが、この時骨折したファンブイテンが、痛みをこらえながらヨロヨロと直後のセットプレーの守備に参加している姿にはリアルで泣きそうに(;_;)
それまではロイスに対して良い対応をしたりして、ダメダメバイエルンの中でも比較的マシだったので、改めて、ファンブイテンの離脱はバイエルンにとって痛手である、と思わされました。
無茶はいけませんが、でもなるべく早く治して帰って来て~(ToT)

120120_neuer3
ノイアーのあのミスをさておいも、守護神対決はファインセーブを連発したテア・シュテーゲンの圧勝。将来が楽しみったらありゃしない。

それにしても、失点シーンはどれもいただけませんでしたが、特に3失点目はよくなかったです。
ぶっちぎってきたロイスへのマークがユルユルなのもアレだし、なんだってヘールマンにあんなにかんたんに進入させる?カカシか!
オフサイドトラップかけたつもりだったんでしょうかね?あれはノイアーには気の毒でした。

そんなこんなでおまけ劇場
120120_dsc08340
そうはいかん・・・

120120_dsc08341
ウサミんセンサー。隣にきよぴー(通訳さん)もいますね

120120_dsc08342
出場するラフィーニャのシリをぽんぽんして励ますブットにキュン

120120_dsc08339
首筋どーした(汗)引っかかれたの?

バイエルンが負け、ドルトムントとシャルケがきっちり勝利したために、なんてこった上位3チーム(バイエルン、ドルトムント、シャルケ)がポイントで並んでしまいました(冷汗)。
そしてわずか1ポイント差でMGがぴったりと。

今でもワタシ個人はまだバイエルンが優勝すると思ってますが、しかし、試合前に比べて確信度合いがかなり揺らいでしまいました。
先行きがものすごく心配になる敗戦でした。
何か言い訳を探すとすれば、やはり、リベリがいたら、もう少し違ったのではないか、という…。

わーん!が、がんばろー!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012/01/24

19節:ノヴァーラ対ミラン

いやはや、スミマセン。諸事情ありまして、まだGAORA放送を見ていないのです m(__)m
家事の合間に、なとなくながら見してしまったので何が起こったのか大体わかったし、無理してまで見たい試合じゃねーし…と思うとますます気が乗らず。。。

と、ぐだぐだしているうちにムダに忙しくなってきてしまったのですが、見れるだろうか・・・
とりあえず、リアルタイムで見たファンボメルネタ、じゃないわ、ミラン行きますー

12年1月22日 セリエA 第19節 ノヴァーラ・カルチョ 0-3 ACミラン

120122_novaramilanfj
交代:エル・シャーラウィ(46アントニーニ)、メルケル(86ロビーニョ)、セードルフ(90アンブロジーニ)
サブ:ローマ、ボネーラ、メスバフ、インザーギ

得点:イブラヒモヴィッチ(57)、ロビーニョ(73)、イブラヒモヴィッチ(90)
カード: マスカーラペッシェマリアニーニウイカニアンブロジーニ

よっしゃ快勝~~\(^∀^)/

インテル戦の敗北も、数日前に同じ相手に苦戦しちゃったことも、これで吹っ切れたでしょうか?
いやいや、良かったですねぇ。
ものすごく圧倒していた、というほどではないかも知れませんが、みんなそれぞれきちんと約束事を守って自分たちの出来るプレーを心がけ、組織気な動きもよかったし、チームとしてよく連携がとれていたと思います。
ボールがやけに走ってて落ち着かなかったのは人工芝のせい?
なんで人工芝なんだ?ロシアとかじゃあるまいし。

続きを読む "19節:ノヴァーラ対ミラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/22

ファン・ブイテン、骨折

ド真夜中の試合を睡眠応援したところで、そんなに罰当たりなこととも思えませんが…。
もっとも、ひどく寝付きが悪かったので、結局試合が終わるくらいの時間までウダウダしていたのだから起きて見ればよかったんですけど、って今さらそれはいいか。

一夜明けて試合レポ等を見て愕然。
ノイアーがまたもMG相手にトンデモミスをやらかしたのを含め、惨憺たる内容で負けたらしいですね…。
ミスをした選手を責めたり戦犯扱いするのはワタシの好みではありません。ミスから失点しまったのなら、それを帳消しにできなかったチームにも責任があると思ってますので。敗戦はみんなの責任。
まいいや、見てないのでひとまずここまでにしますが、明日のGAORA放送あまり見たくないかも…

いや、なによりも愕然としたのは、ノイアーのミスや試合に負けたことではありません。
本題はここから。

120120_mg17

試合中にロイスと交錯したらしいファンブイテンです。映像を見ていないのでわかりませんけど、踏まれたとか乗られたとかしたのでしょうか?

120120_mg16

その瞬間にダメなのがわかったらしく、自分から要求して、76分にグスタヴォと交代退場しました。

試合後すぐに「左足中足骨の骨折の疑いがある。翌日ミュンヘンで検査をしてから詳しい診断を行う」とクラブが発表。

ミュンヘンに戻って来たファンブイテン。松葉杖が痛々しくて、写真見てると泣けてきます。
120121_4

X線検査の結果、予想取り中足骨の骨折が確認され、「 Klinikum rechts der Isar 」にてプロフェッサー・イムホフの下で手術を受けることになりました。
離脱期間がどれくらいになるのか手術が終わるまでは不明、とのことですが、8週間(又は2ヶ月)程度が見込まれているようです。

Bildは「8週間!」と断定した見出しを付けているのでつい釣られてしまいましたが、おそらく手術結果はまだ出てないんじゃないのかな、と思います。

Van Buyten wird operiert(バイエルン公式)
Mittelfußbruch! 8 Wochen Pause für van Buyten(Bild)

・・・・・・・・・。

お先真っ暗気分ですが、時間がかかる上にあとあとまで心配がつきまとう、膝や半月板や筋肉や筋繊維、等でなくて良かった、と思っています。
もちろん骨折とて甘く見てはいけませんが…。

せっかく今シーズンここまで良いパフォーマンスで高い評価を得て、レギュラーの座をつかんでいたというのに、この機会に居場所をなくしてしまいそうな気がする・・・。
契約延長も視野に入れていたと思います。ワタシとしても安心して少したかをくくっていた面もありますが、これで急にわからなくなりました…
何しろウリ会長が「膝に問題あるし(←今もって謎発言)おっさんだし、できれば新しいCBを」なんて言っていたことですし…

つい先日、噂のモナコ含め4つのクラブからオファーがあったと明かしたファンブイテン。だけどまずバイエルン残留を最優先に考えている、と、木曜日発売のこちらのkickerで語ったばかりでした。
120119_kicker_2 

誰よりも熱いバイエルン愛を持っているファンブイテンを切り捨てないでぇ~(涙)

まあ、ポジション競争はいつでも厳しいもの。
復帰しても奪い返せないならそれまでのことだってことよ。
…そうかも知れませんけど…
人のことは言えても、自分の好きな選手となると、そうドライに客観的に割り切れないのが、切ないファン心理というものよ。

ファンブイテンの離脱はバイエルン的にも厳しいことかも知れませんが、今はチームのことより本人のことが心配です・・・。

おまけ
120119_kicker2_2
左上。カーンがコラムを?(買わないと読めん…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/21

決戦は金曜日

(注※ドリカムネタではありません)

すみませんすみません、時間がなくなっちゃった。(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

というわけでぇー!
まったく実感ないまま、ほとんどプレビュー情報収集もできないまま、いよいよ間もなく、我がバイエルンとボルシア・メンヒェングラッドバッハとの試合をもちまして、ブンデスリーガ再開です!

ブンデスファンの皆さまにとっては、リーグ中断期間のこの1ヶ月、長かったでしょうか短かったでしょうか。
ワタシにとっては、…まあ、お察しの通り。イタリアサッカーがとっくに開幕しておったものですから、休んでる実感がなく、あっとゆー間でした。
サッカー見れなくて寂しぃ~!という気持ちもあまりなかったし(^_^;)

120117_bastian2 「さぶー」

えーとえーと、そんなわけでえーと、書くべきことがらもあまりないのですが、バイエルン的にはシュヴァインシュタイガーの復帰がかなり期待&注目されているようですね。

そんなシュヴァインシュタイガーのコメントから、嬉しくて感涙しそうになった一節
「ピッチではたくさんコミュケーションをとらなくてはいけないんだ。マルク(ファンボメル)はいつもそれをとても良くやっていた。僕は彼から多くのことを学んで、そして引き継いでいる」(EUROSPORT
。゜゜(´□`。)°゜。
昨シーズンは「ミニシェフ」だとか「リーダーモドキ」とか言われてたけど、もうそんなこと言う人はいない。ドイツマスコミにも堂々と「ボスが帰って来た」と書かれています。

…正直、不在の間に必要以上に過大評価されているんじゃないかという感じはあります。
あまり過剰に期待しすぎない方がいいとは思いますが、でもこのシーズン後半戦は、シュヴァインシュタイガーに、より集中して注目して行きたいと個人的に思っています。
もちろん、バイエルンがマイスターになることをみじんも疑ってません。ひたすら楽しみですo(^-^)o

と、言いつつ、明日は用事があるのでもう寝るのです。こんなに遅くなってしまった時点ですでにアレですが、しかし寝るのですゴメンナサイ~(汗)
後で録画したのを見ます…ってフジさんで放送ナシかーい!後期開幕戦なのにー!sweat01

ご存じ、シーズン開幕戦ではこのグラッドバッハに負けてしまったバイエルンですが、そのおかげで今のように強くなったと言えるかも知れません。
今度はもう同じ失敗はしないぜ!ウチを蹴って(誘ってたかどーかは知らんが)ドルトムントに移籍するロイスに目にもの言わせるためにも今夜は必ず勝ーつ!

では、おやすみなさい~(-∀-)Zzz ←え~

PS・リベリは前節レッドカードを食らったので出停です(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コッパ・イタリア:ミラン対ノヴァーラ

120118_merker
やっほぅ!お帰り!

120118_merker3
エッフェンベルクみたい…(汗)

なんとびっくり、出戻ったその日にいきなりスタメン出場!
(どんだけ切羽詰まってるんだミラン…(^_^;))

12年1月18日 コッパ・イタリア 1/8決勝(第5回戦)
ACミラン 2-1 ノヴァーラ・カルチョ

アメーリア - メクセス、ネスタ、ボネーラ、アントニーニ - ノチェリーノ、アンブロジーニ[C]、エマヌエルソン - メルケル - エル・シャーラウィ、インザーギ

交代:パト(58インザーギ)、ロビーニョ(82エマヌエルソン)、アバーテ(90+7アントニーニ)
サブ:ローマ、タイウォ、クリスタンテ、イブラヒモヴィッチ

得点:エル・シャーラウィ(24)、ラドヴァノヴィッチ(88)、パト(100)
カード: ロビーニョメルケルルビノラドヴァノヴィッチモルガネッラサンチャゴ・ガルシア

見てないですゴメン。だって日本時間午前5時のキックオフで、TV放送もないし…。ファンボメルが欠場(出場停止)だからあまり必死になって動画探すこともなく(こらっ)。
ついさっき、やっとハイライト見た次第です。

VIP席でボアテンクといっしょに、メルケルを、じゃないわ、試合を見守っていたに違いないファンボメルの写真がどこかにないものかと探しましたが、見あたらないですわねぇ。

代わりに、昨日、高級腕時計展示会(?)での「ジャガー・ルクルト」のコーナーを訪問したファンボメルのイケメンフォトでもどぞ
120119
イケメンになりきれない、キマジメなポーズがかわゆい

120119_2
セレブなニカニカスマイル

(゚∀゚)はっ

脱線してしもうた。ええと。
コッパのレギュレーションがどんなものなのかわかりませんが、何故かいきなり「1/8(はちぶんのいち)決勝」から出場しております。シードされてるんでしょうか?
フォーメーションのデータもろくに出てなくて。よくわからないので図にできませんでしたがこんな感じ↑で合ってますかね?

ハイライトを見た感じだと、特に前半はシャラウィ・ショーだったみたい。

120118_shaarawy

ひとりでドリブルで持って行って、アウトに逃げるようなコースのビューティーミドルを決めました。
他にも惜しいチャンスをいくつも演出したみたいですし、メンバー入りすら難しい今の状況を脱却すべく、監督に熱く訴えるハイパフォーマンスだったようです。その甲斐あって、か、どうか、120分フル出場!やったぜ!

しかしいかんせん、90分間で決めたゴールがそのエル・シャーラウィの1点だけというのはいかがなものですか。パトロビーニョも外しまくってたみたいだし…
インテル戦でも攻撃力の乏しさが指摘され、まぁあれはインテルが上手かったからという言い訳も立ちますが、昇格チームのノヴァーラ相手にまで、延長戦までもつれこむような苦戦をしている場合ではないのでは(汗)

なんで同点に追いつかれちゃったのかと思っていたら、FKがうまい具合に、なんでそーなる~?(^∀^;)ってな感じにスルスルと壁を抜けちゃってましたね。とほほ。

120118_pato

しかし100分にようようパトが決めました。
ロビーニョの華麗なふんわりナイスクロスに対して絶妙に合わせ、出てきたGKをトラップでかわしてから無人のゴールに押し込んで勝ち越し!この時副審の方を見てオフサイドでないのを確認する余裕すら☆お見事!やるときゃやるね!(^∀^)

120115_pippo (←別の試合の写真)

気になるのはインザーギ
せっかくのスタメン出場でおおいに意気が上がっていたことでしょうが、パトと途中交代。
退場する際、ベンチを一瞥もせずまっすぐロッカーに消え、不満そうな態度をあらわにしていたそうです。
パフォーマンスのほどはハイライトではよくわかりませんので、交代が妥当なものかどうかワタシにはわかりませんが、やはり監督との確執が…、とか、いろいろ勘ぐってしまいます(汗)。

ちなみにノヴァーラは森本がスタメンだったようですが、出たか出ないかという点以外、ほとんど話題に上ってませんね。ハイライト映像でも確認できませんでしたし…
ニホンメディアの扱い等を見てると、長友と比べてどーにも人気ないですな。

まあそんなわけで、びみょうな勝利だったのか、インテル戦の敗戦を払拭できる希望に満ちた勝利だったのか、どうなのかわかりませんが、なんとか無事に準々決勝進出
次の試合は早くも26日、相手はクローゼがいる、開幕戦でぎゃふんと言わせられた因縁の相手ラツィオであります!(汗)
むむむー!これは勝ちたい!今度はこっちがぎゃふんと言わせてやるんだもんねー!
(ちなみに1月26日と言えば、忘れもしない、去年も同じ日にコッパの準々決勝の試合があり、ファンボメルが移籍翌日にいきなり出場したのでした。)

がっっ!

120118_pato2

試合の帰り、こないだカッサーノももらっていた「金のバク賞」を受賞したパトであります(^□^)(年に一度の賞じゃなかったのね)
この時はまだゴキゲンだったようですが・・・。

ゴールを決めた後、「シリに違和感」というので、交代枠が残っていないにもかかわらず退場してしまったので、状態が心配されてました。
その後の検査でなんと、左大腿二頭筋の損傷!全治3~4週間!

また。。。。。。。。。。。。。。。。○| ̄|_

満身創痍のパト、約2年で12回の負傷離脱…欠場40試合以上(SOCCERKING)

残留を決めた途端にこれだ。どーなつてる…。
我らの名医ドクター・ミュルの下で診断を受けるらしい、という情報も出ましたが、ウラが取れてませんので、定かではありません。
しかしそれが本当なら、Dr.ミュルは慎重派なので(※ワタシの勝手イメージ)、当初の見立てより長くかかるかも知れないなぁ、とか思ってます。

しっかりちゃんと治してもらいたいものですが、しかしこうも怪我が多いと、コンスタントな起用が計算できませんよね。さいわいまだ時間がありますので、いそぎ誰かビッグなFWをお買い上げした方がいいのではないか…。とか…。
エル・シャーラウィがこの試合で活躍したのはポジティブなポイントですし、インザーギにもチャンスがあってしかるべきだとは思いますが。。。んーむむー
ともかく、怪我は嫌なものです。もうこれ以上は本当にゴメンです。みんなどうか無事で…(>人<)

補強と言えば、レッチェからMesbahを獲得しました。メスバー?メスバフ?
左SBということで、代わりにタイウォを放出することになったようです。
まだミランからは公式発表がありませんが、QPRに今シーズンまでのレンタルで出されるみたい。(エマヌエルソンが「さよならタイウォ、イギリスでの成功を祈るよ…」というしょんぼりツイートをフライング投稿してた(^_^;))
個人的にタイウォには期待していたので、もっと長い目でチャンスをあげて欲しかった気がしますが、イタリアの水が合ってなかったのかも知れませんよね・・・
Mesbahがノチェリーノのように、即戦力になるといいな~

ミランの次の試合は22日のセリエA、またノヴァーラです。ノヴァーラ2連戦。今度は快勝してね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/19

怒りのイエローカード(追記あり)

なんとゆーか・・・

120117_breno3

彫りたてほやほやのタトゥーを見せるブレーノです。痛そう・・・

じゃない。そーじゃない。

120117_breno

それは17日火曜日、午前のトレーニングの最中に体調不良を訴え、午後のトレーニングを病欠したらしいブレーノであります。
バイエルンのメディア担当ヘールヴィック「彼はインフルエンザです。検査したところ血中濃度が高い数値を示したので、自宅に帰しました」
しかしブレーノはその日の夕方、シュライスハイマー通りにある行きつけのタトゥーサロン「スカイウォーカー・タトゥー・スタジオ」に、上の写真の新しいタトゥーを彫りに行きました、と。
ちなみに火曜日と言えば、バイエルンがブレーノのtwitter問題に対する声明を発表し、ルンメニゲが「ひよこ色(淡い黄色)のカード」を提示した日であります。

・・・・・・。何やってんのさアンタ!

ずる休みなのかどーかとか、ではなくて体調が良くなったからタトゥーを彫りに行ったのかとか、その行為自体がクラブの規律に触れるものなのか、もうそんなことはどっちでもよいのです。
常識の問題でしょー。なんでわざわざ論争のネタになるような余計な行動を取る?思慮が足りないとしか言いようがない。
これじゃただのお騒がせ男じゃん。

そんなブレーノに同情して、がむばって夜明け近くまで(←それはアンタの勝手やがな)記事を書いた自分がバカみたい。恥ずかしい。くだんないことに時間を使ってしもうた。削除したい気持ちでいっぱいです。
クラブがどんな対応をしようとも、ひよこ色なんて生温い、コリアンダーからイエローカードをビシッと提示しちゃる(←効力ないよ)。

もう知らん。勝手にせえ。
いや、どんなにバカでも、かわいいウチの子なので、いじめたり見捨てたりはしませんが、勝手な想像をふくらませて過剰に同情したり擁護するのはもうヤメます。
ブレーノへの応援はあくまでサッカー上だけのことにして、一線を引いたところから淡々と見守ることにします。

参照リンク
Breno: Neues Tattoo trotz Krankmeldung!(tz) 
Breno nachts beim Tätowierer(Bild)

【言い過ぎちゃったので追記】

すみません、言い過ぎちゃったので追記します。
バイエルンはブレーノに対して検査をして、インフルエンザである、という診断を下しているのです。
よってブレーノは「ずる休み」ではないのでしょう。

記事のキモは、「インフルエンザにも関わらず家で療養せずにタトゥーを彫りに行った」ということにあるのでした。
ただ、この行為自体、自己管理が甘く、プロ選手としての自覚が欠けていると思います。
そんな健康状態でタトゥーを彫るなんて、感染症は大丈夫なのか、ということをネタ元のドイツメディアも気にしています。
しかも、twitter問題でクラブから注意を受けたその当日でもあることを考えれば、なおさら。

ずる休みではないのだから、ワタシもこんなに激怒するほどのことはなく「バカだねもぅ~」ぐらいで済ませても良かったかも知れません。
感情的な物言いに不快な思いをなさった方もいらっさるかも知れません、申し訳ありませんでした。

んが、がっかりしたのは本当ですし、今後ブレーノに関しては少し心理的距離を置いて応援するつもりだ、ということには変わりありません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ひよこ色のカード

いきなり余談ですが

120118_uefa
はいはい。ばるさ、ばるさ、ばーるさ、っと。

UEFA.comユーザーの投票で選ばれる2011ベストイレブンです。
FIFAのベストイレブン(バルサ6名、レアル3名、マンU2名)よりはまだマシですが、ここでもスペイン天国。つまらんのう。
ファンボメルとシュヴァインシュタイガーが同じポジションで同時にノミネートされた頃がなつかしい…
そんな中食い込んだのは我らのロッベン!チアゴ・シウバ!やったね!ベイルもでかした!
ロッベンは同ポジションにノミネートされたゲッツェを抑えてのランク入りです☆ふふん(^ー^)
(いやまあ、ワタシとて正直、ロッベンでいいのかい?と、思わなくもないですが(汗)。)

さて

いやはや、ミラノ方面の動きがいろいろと派手だったもので、すっかりバイエルンの情報収集をサボっておりました。

ミラノダービーと同じ日に行われた、ロトヴァイス・エアフルトとのテストマッチも、最後の20分ぐらいちょこっと見たのですが、動画がカクカクで何がなんだかさぱーり。ハイライトすら見てないという有様。
でも一応、シュヴァインシュタガーがPKを決めたところと、ボールボーイがバイエルン選手からユニフォームやらサインやら集めまくってるところ(自由だな~(^^;))は見ました。

120115_mueller_2

いちおうデータだけ書き出しておきますか

12年1月15日 練習試合 ロト・ヴァイス・エアフルト 0-4 バイエルン・ミュンヘン

ノイアー - ボアテンク、ファン・ブイテン、バトシュトゥバー、ラーム[C] - ティモシュク、シュヴァインシュタイガー - ロッベン、ミュラー、クロース - ゴメス

交代:アラバ(46ティモシュク)、グスタヴォ(62ファン・ブイテン)、ラフィーニャ(62バトシュトゥバー)、リベリー(62クロース)、プラニッチ(76ラーム)、宇佐美(76ロッベン)、オリッチ(76ミュラー)、ペーターゼン(76ゴメス)
サブ:ブット

得点:クロース(12)、ロッベン(38)、ミュラー(60)、シュヴァインシュタイガー(90PK)

つらつら書きながら、クロースが左SHなの?と驚きましたが、そういえばリベリは後期開幕戦のボルシアMG戦は出停なのでした。それを見越してのテストだったのでしょうね。

何はともあれ、これにて冬休み中の練習試合をすべて勝利で終えたバイエルンです。
ユルい相手ばかりだったので、あまり手離しで喜んでいられない感じではありますが。
ブンデス他チームはオランダなど、もうちょっと骨のある相手と対戦したようなので、それに比べていささか心もとないことです。までも、ブレイク中にあまり気合いの入った試合をして不要なエネルギーを消耗しない方がいい、という考え方もできますよ。

そしてこの試合、トレーニング中に左足の親指を骨折して全治4週間と診断されたコンテント(泣)と、前日にII部チームの親善試合に出場したらしいブレーノが参加していなかったのですが・・・

日本のサッカーニュースサイトでも沢山取り上げられたので皆さまご存じでしょうが、この、II部チームでプレーしたことに対してブレーノが、twitterにて「バイエルンは混乱してる」「俺は不当な扱いを受けている」とつぶやいてクラブ批判をしたというので、ちょっとした問題になりました。(ワタシはフォローしていないので気付きませんでした)

ブレーノは以前にも「ブラジルに帰ることになるだろう」とかなんとかつぶやいたことがあり、時々こういう、言わなくてもいいことを言ってしまう傾向がある気がします。
それにしても今回は、放火事件以来散々世話になっているバイエルンに対してこんな恩知らずなことを言うなんて、と、解せないものがありますが、まだ心が傷んでる故なのかも知れないね、と思ったりもします。

バイエルン側もそう思っているのかいないのか、クラブ批判という、選手としてやってはいけないことを犯したにも関わらず、本人がチームに謝罪&くだんのtweetを削除したこともあり、罰金等の具体的処分は下さず、今後も彼をサポートし続けることにしたようです。
ただルンメニゲは「彼には淡い黄色のカードを提示する」と、イエローカードすれすれのところだったと語りました(バイエルン公式)。

バイエルンの毎度の家族的な温かさにはしみじみ感じ入るものがあります。
までも、ワタシ的には、クラブ側も選手のtwitterやfacebookやら、SNS活動をもうちょっと把握した方がいいんでないの、とも思います。

アノ事件に関してワタクシがクチを閉ざしてきた理由。
17歳で超新星と謳われ、将来を嘱望されてバイエルンにやって来たのに、ここまで落ちてしまったブレーノ。
バイエルンにさえ来なかったら、他のクラブに行っていたら、もっと出場機会があり、もっと成長して、今頃はもっと幸せなサッカー人生を歩んでいたんじゃないのか、バイエルンに来たのは彼にとって間違いだったんじゃないのか、と、悶々していたからなのです。そういうことを言うのが嫌だったのです。

バイエルンに来て長いけれど、実は若干22歳。
まだまだ挽回する時間も機会も、これから沢山あるはず。自らつぶしちゃいけないよ…。
同じCBのポジションを争うファンブイテンのファンとしては複雑ではありますが、でもいい意味で競争相手になればいい。
だけどブレーノとの契約は今シーズンいっぱいらしいのですよね…。どうなるんでしょう。
バイエルンとしては延長する理由があまりない気がしますが、かと言って見捨てるのもなんだかなあ、というところでしょうか。。。

120117_breno2
大丈夫そうなんだけどなあ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/18

メルケル、ミラン復帰!

インテル戦のファンボメル…

120115_dsc08315

!!!!!!heart01heart04(鼻血→)`;:゙;`;・(゚∀゚ )ブハッ!

ちょちょちょちょっと何をしてるのアナタ!セクスィ将軍のいきなりの腰骨大サービスぅ~!
もももももももう少しで放送事故になることろじゃないの!キャードキドキ!

何を今さらあわてふためいているのかと言いますと、最初録画したものを見た時は、モヤッと標準画質+睡眠不足で寝ボケていたのとで、こんな素晴らし際どいことになっていたとは全然気付かなかったのですよ。
昨日「ACミランチャンネル」@TwellV様のデジタル高画質で見直して、びっくりした次第であります。おかげさまでエエものを。ありがたや(^人^)←拝むな


のっけから下品なことで大変失礼いたしました(^_^;)。おわびに上品なイケメンスーツでスタジアム入りするファンボメルをどぞ

120115
ピント違。しかもうつむいてるし。

じゃなくて。
中盤に故障者続出のミラン、サイドハーフをどうするのか、と言ったところでしたが、なんとー!

Merkermilan

ジェノアと共同保有で修行に出しているメルケルが復帰することになりました!わずか半年での出戻りです!
……と言っても今シーズンいっぱいまでのレンタルだけどね!(←多分)アクイラーニやフラミニが怪我から復帰したらまた修行に出されるかも知れません。

わあわあわあ!でもうれすぃよう!
ボアテンクファンボメルとドイツ語仲間として仲良くしていたらしいメルケル。
ことあるごとに「ボアテンクやファンボメルのようなスーパーな選手といっしょにプレーできてハッピーだったよ」とか「二人とは今でもよく話をしているんだ」等等、仲良しっぷりをアピールしてくれました。
若手選手の面倒をみるのが好きなファンボメルが、かわいがっていたであろうことは容易に想像つきますね(^ー^)

ジェノアに出される時も文句も言わず、それどころか「ジェノヴァは美しくていい街だ。クラブもファンも素晴らしい。ここで頑張って強くなって必ずミランに帰る」と、前向きな意気込みを語っているのを見て、エエ子やな~と頼もしく思っていたところであります。

ミランでのプレーは数試合しか見てませんが、左SHを担当していたと思います。中盤ならどこでもOKのようですが。守備はちょっとホニャララだし、まだまだ荒削りな感じはしましたが、可能性はじゅうぶんあると思いました。
ジェノアに行ってからは特にcheckはしておりませんでしたが、コンスタントに出場して、かなり活躍していたようです。
少し成長して戻ってきたメルケルが、ミランのこの危機的状況を救ってくれるのか、ファンボメル兄貴とどんなカラミを見せてくれるのか、実に実に楽しみです(^∀^)

Photo
こーゆーの希望。

…。いつの間にか腕に派手なクリカラモンモンを彫っちゃったり、ホテルの廊下とおぼしきところでカラーゼとバイクでかっ飛ばしてる(??)写真をfacebookにアプしたりして、ガラが悪くなってるんじゃないかと少し心配ですが、しかし、今回ミランに移籍するにあたって、世話になったジェノアに対する感謝と、ミランから必要とされて光栄だ、アッレグリ監督に恩返ししたい、的な丁寧な挨拶文をわざわざドイツ語とイタリア語でblogに載せたりしてるので、エエ子なのは間違いないはず…。
ちなみに背番号は37番だそうで。以前の52番より少し小さくなりました。だから何、ということもないでしょうけど。

今後ボアテンク-ファンボメル-メルケル、という、完全ワシ得・華麗なるドイツ語マスターズラインが見れるかも知れん!いやーん楽しみ!と、超ワクテカしていたら・・・

ボアテンクが左大腿部屈筋損傷、4週間離脱

・・・・・・・・・・・・・・・。
何それ○| ̄|_ ダメジャン(T∀T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/17

18節:ミラン対インテル

12年1月15日 セリエA 第18節 ACミラン 0-1 インテル・ナツィオナーレ・ミラノ

120115milaninterfj
交代:ロビーニョ(66ザンブロッタ)、セードルフ(80ノチェリーノ)、エル・シャーラウィ(83パト)
サブ:アメーリア、メクセス、ボネーラ、アンブロジーニ

得点:ミリート(54)
カード: ボアテンクネスタエル・シャーラウィチアゴ・モッタ

負けたー。ナガトモにおじぎパフォされたー(>_<)日本メディア大喜び。くそぅー

さすがダービー、素晴らしい白熱した試合だった…と思いたい。
いやしかしただ、インテル強かったですねぇ。
ワタシはホラ、味方しか見えない視野狭小ファン(それどころかミランに関してはファンボメルしか見てないので味方のことすらようわからん体たらく(^□^;))なもので、具体的にインテルの誰がどう、というのはよくわからないのですが、まずはチーム全体の気合いと集中力。やはりシリに火が付いてる側の方が必死になりますわ。

そして何より守備陣がほんと素晴らしかったです。サネッティ、ルシオ、サムエル、もちろん長友も。
イブラヒモヴィッチやパト、ノチェリーノ、ボアテンクにろくな仕事をさせませんでした。

120115_abatenagatomo2
コサックダンスで鍛えた強靭な下半身(うそ)

ただ前半は比較的ミラン優勢。イブラ様のこんな変態シュートもあったし!
120115_ibra2

わかりにくいので角度を変えて後ろから

120115_ibra
サムエル重そう。。。(爆笑)
もぅこんなのイブラにしか出来ません(笑)

ミランとて集中してたし、クオリティあるハイパフォーマンス。どっちに転んでもおかしくない五分五分の展開だったと思いますが、アバーテのたったひとつのミスから失点してしまいました。

120115_abate

試合後にションボリと「ファンに謝るよ・・・」と語ったらしいアバーテを責めることなどできようか。
まだまだ時間にも余裕があったのに、ゴールを奪えなかった方にも問題があるのだよ。

あーもー悔しい!
何が悔しいって、インテルに負けたことよりも。
ユヴェントスが引き分けたので、勝ったら単独首位に躍り出るせっかくのチャンスを生かせなかったことなのよー!
おかげで単独首位どころか2位に落ちてしまい、上位争いをますます混沌とさせることに~(-_-;)

までも、ユーヴェとの差が1ポイントで済んだのはさいわいだったかも知れません。
試合内容も良かったと思うし、あのインテルにダービーで、最少失点で敗れたのだから、残念だけど、まあ、あまり悔しくはないかな…と、思ってました。

ファンボメルのこんな姿を見るまでは。

120115_rebommelj

試合が終わった後、いつも通り審判に握手を求め、そして少しうつむいて「なんで負けてしまったのか」と、悶々と反省しているそぶり。出来ることならもう一度やり直したい、と、ピッチに未練を残しているようにも見えました。
そしていつも通りに最後まで居残り、いつも通りにひとりでサポの元に挨拶に行ったファンボメル。そんな彼を誰かが迎えに行ってるのがしみじみと嬉しかったのですが、カメラにちゃんと写らないので、結局誰なのかわかりませんでした。なんとなくアメーリアじゃないのかと思ってるんですが、どうなのかな…。

情報の横流しになってしまうので詳しくは書けませんが、Gazzettaの評価では(点数自体はどってことありませんが)ミランでのベストプレーヤーに挙げられたファンボメルであります。
(そういえばユヴェントス戦でもベストプレーヤーだったっけ。もちろん悪い気はしませんが、どうせなら負け試合じゃなくて勝った試合で選ばれたいですわ・・・)

こんなに頑張ったのに

120115_5

120115_18

120115_16_2
顔はヒドいがお腹はステキ

120115_dsc08312
「エヘッ("▽")」
クロスバー直撃のスーパーミドル!アシストくれたパトグラッチェ!
アンタ前のダービーでも同じように、クロスバー直撃してたわよね…。なんで決まらんのじゃー?!
いやもう、まさに、これが決まってたら、というシーンでした。この日のミランで最も可能性のあるシュートだったかも知れません。それなのにあっさりスルーしやがる「す○○と」って一体…

120115_dsc08314
ダミ声で怒鳴り散らす。こんな声で叫んでるんだ~
余談ですが、このあたりのパッツィーニとのつつき合いは面白かったです(^ー^)

120115_9_2
こんなシーンあったかね。バイエルンサポにはなつかしい、元キャプテンと元副キャプテン。

もちろんただ暴れてたわけじゃありません。時にはホットにアグレッシブに時にはクールに狡猾に、インテルの攻撃の芽を摘むべく、ピッチの上下で、ミランの誰よりもハードワークしていたファンボメル。
ワタシはそのパフォーマンスについ満足してしまったのですが、そうだよね、負けたらなんの意味もない。
むしろ、奮闘したからこそ、報われて欲しかった。。。

オランダメディアに語ったファンボメルのコメント(ざっくり作文)
「俺たちはインテルからのカウンターで負けてしまった。それがイタリアサッカーのクオリティなんだ。俺たちはインテルに11ポイントの差をつけるには本当に運がなかった」
「シーズンスタートはひどかったが、(今は)首位ユヴェントスに1ポイント差だ」
「(エマヌルソンは)いい仕事をしていた、トレーニングの間もね。なかなかスタメンになれなかったけど(←?)、彼にとって初めての外国なんだからかんたんなことじゃないよ」

うむ、エマヌエルソンはよくやっていたと思います。セードルフ投入後は左SBもこなして、ポリデントじゃないわ(寒)ポリバレントなところも見せました。徐々にゆっくりと進歩してきている感じはありますが、ただやはりその位置はボアテンクの方が…(汗)

とにもかくにも、本当に、つくづく、残念でした。
までも、しょうがない。気を取り直して、次行ってみよー。
栄冠のためには、しょんぼりしているヒマはないんだぜ。

おまけ
120115_dsc08313
ミラニスタ集団の中にインテリスタ。にこにこと楽しそうですが、彼は何故無事なのだろう…?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/01/15

ひらがなで「ミラン ミラン」

(※唄部分大幅修正しました。)

今夜はミラノデルビー!!!!!

いかにセリエ音痴、ゆるゆる似非ミラニスタの自分と言えど、さすがに緊張しております。
今やすっかりインテルも復調してきたし、可能性はまったくの五分五分、むしろミラン若干不利なのではないかと。。。

そんなミラノダービーを目前に控えたおととい13日、ミランから大きな公式声明が一気に発表されました。

パトが残留表明。テベス獲得交渉中断。

120112_pato

移籍するなんてこれっぽっちも思ってなかったので、突然発表された「残留宣言」に、「そ、そんな際どいことになっていたのか!」と、後から驚いた次第です。

ミランが発表したのはパトの件だけで、テベスのことは他のマスコミが報道したものですが、パトの移籍とテベスの獲得はセットで同時進行していたことは間違いないようです。

このへんの経過はそりゃもう沢山ニュースになってますので、ミラニスタの方はとっくにcheck済みでしょうし、そうでない方は興味がないでしょうから略。

ミランのお買物(&お借入)のやり方は何か独特のものを感じますのでニワカドシロートには意見しがたいものがありますがしかし、CLに出れないテベスをそんなに頑張って買い取ろうとする理由がようわからん。
(いやファンボメルだってCL出れないのにお買い上げいただきましたが、あれは頑張ってないから(爆)。それに去年はCLよりスクデットの方が最優先事項であったと小耳にはさんでおります)

パトの件は落着したようですが、テベスの交渉は月末まではまだ続くんじゃないのかな、と思っています。

アクイラーニ1ヶ月離脱

(((゚Д゚;))) なんということだ・・・
うっかり忘れてましたが、聞くところによると完全買取の条件まであと数試合なのだそうですね。予定通りに復帰して条件を満たして、晴れてミランの一員となって欲しいものです。がむばれー

そしてぇー!
ガットゥーゾ、眼の視神経異常再発、再離脱、復帰時期未定

120114_gatt

号泣。

直訳して「筋無力症」という単語が出たので何がどうしたどこの筋肉が、と思ったら…(泣)
復帰がもうすぐだと浮かれていましたが、やはり急ぎ過ぎたのか、無理をしてしまったのか…。
だからミランのメディカルはっ!と思いましたが、発表では、先日インフルエンザで高熱が出て、その影響で再発したのだ、と報告されています。

ガットゥーゾ:「4カ月の治療は間違っていた」(Goal.com)

…とにかく本人の強いメンタルを信じます……。
ファンボメルと共にいるアタシは期間限定なので、いつまでも待つことができないのだよ。
ガットゥーゾが復帰する頃にはもう「お帰り」と言える立場にはないのかも知れないと思うと……。

そんなわけで、アクイラーニとガットゥーゾをしばらく欠くことになってしまったミランですが、右のインサイドハーフはどうしたものでしょうか。フラミニの復帰予定もとんと聞こえないし。
誰か半年だけ借りて来た方がいいんじゃないのかな?とか思いますが、アクイラーニが予定通り戻って来るなら、それまではアンブロジーニとボアテンクとノチェリーノとセードルフを左右でローテーションしてなんとか乗り切れないこともないでしょうか。プリマヴェーラのかわい子ちゃんを昇格させるとか、む~ん。

カッサーノ、トレーニング復帰

120114_cassano

ネガチブなニュースの後にポジティブなニュースが出ましたが。
順調に回復、チームトレーニングに復帰間近と。昨日のサンシーロで行われた特別トレーニングにも参加したらしいです。
しかしガットゥーゾのニュースの直後だったので、なんか彼も「無理して予定を前倒ししてるんじゃないのか」という気持ちが・・・

そして翌日

アッレグリ監督、2014年まで契約延長

あれ、まだだったっけ。
いやいや、でも、良かったです。ワタシにとっては名将の一人。女癖はイマイチのようですが(こらっ)気にしてないも~ん。
ファンボメルを信頼してクオリティを引き出してくれてほんとに嬉しいです。これからもヨロシク(^▽^)

そんなこんなで

長友の出場がほぼ確定ということで日本国内的にはインテル寄りの雰囲気っぽいですが、知らんもんね。がっつり抑えちゃるー!おじぎパフォはさせないんだぜ。
スナイデルも怪我から復帰予定ということで、困ったワ(汗)来週からでいーのに…なんて(^_^;) こちらはベンチスタートの予想ですが、さてどうなりますか。

ミランとしては、前回のミラノダービーが、ここで負けたら並ばれるっ(汗)!というぎりぎりの状況だったのに比べて、今回はまだ勝ち点差に余裕がある(現時点で8pt)ので、気持ち的には比較的楽と言えば楽ですが、それはあくまでインテルと比べた時の話。
首位とはいえユヴェントスとポイントで並んでるので、一試合も負けられないことには変わりがありません。

必勝!

さて

そんなダービーに向けて士気を高めるべく、ミランの公式応援ソング「MILAN MILAN」を久々にひらがなってみましたよ。
スポーツバー等での観戦のお供に、よろしければお役立てください。…ってこのblogでは需要はなさそうですが(^_^;)

ただちょっと気になる点が。
ようつべで検索したところ、この公式ソング、「新バージョン」なるものもあるらしいのですよね。歌詞や曲の流れがちょっと違うのです。
今現在使われてるのがその新バージョンなのかどうかわかりませんので、とりあえず今回は、サビに「ミラン!」という合いの手が入る、おなじみバージョンから書き出してみました。
今はバージョンが違うよ、ということであればご指摘くださいませ。
【追記】
ミラノダービーの試合前、スタジアムに流れていたのは、従来バージョンでした。よって現在も公式に使われているのはこちらだと思って良いようです。

ゆっくりした曲なので歌いやすいです。
もちろんこのひらがなをそのまま読んでも本場のイタリア語の発音とは若干ズレておりますので、そこはイタリア人になったつもりで各自アレンジしていただければ。
()カッコでくくられてる部分は殆ど聞こえないので無視してもよいと思いますが、気持ちだけ発声してるつもりでひとつ。

後日「ひらがなシリーズ」として別にアプするつもりです。
では、いってみよー

続きを読む "ひらがなで「ミラン ミラン」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリ・ヘーネスの還暦ぱーちー

120113_uli6012
♪タッタタララタッタラ~♪(←ヒッチコック劇場)

じゃなくて。

120113_uli6010

120113_uli607

120113_uli6018

13日、5日に60歳になった我らのウリ・ヘーネスの誕生日記念ぱーちーが盛大に行われたようです。

120113_uli60
招待客実に475名!
バイエルンの関係者や選手たちはもちろん。

120113_3
カーン夫妻も♪

120113_6
エッフェンベルクの奥さんが乗り込んできた。いつも豪快で面白い人ですね~

120113_5
「いやはや」それを見つめるバラック

120113_uli606
最近ひとりでこの手の場に登場している気がするのですが、奥さんと別れたんですっけ?別居中?(大きなお世話)
つい最近、カーンとラームから立て続けに「DFBと仲直りしたら?」と言われたようですが…
(たぶん→)例のもめごとの当事者の一人であるDFBのニールスバッハさんもぱーちーには来ていたようですが、特になにごともなかったみたい。

120113_uli605
ユプさんのコート

120113_uli604
リザラズいつもカッコいーlovely

120113_fcbtv2
わー、なんかしゃべってるところ見るの久しぶりかもheart(FCB.tvより)

120113_mueller
ミュラーの奥たんのお腹がふくらんで見えるのだけど…。ずいぶん前にもラームのカノジョがそんな風に見えたことがあったけど、その後別れちゃったから、たぶん今回もデザインの具合と思われる・・・。オメデタだったらBildが黙ってないと思うし。

120113_uli602
ルンメニゲが「ウリはTegernseeのファーザー・テレサであり、ゼーベナー・シュトラーゼのネルソン・マンデラであり、すべてのマネージャーの母である」とかなんとか演説したようですが、いまいち意味わからん。どんだけ慈愛に満ちあふれておるのか?

120114_bild
ということでBild作(笑)

でも「君は私たちのクラブの魂だ」という一節は感動的ですねぇ。
アタシゃようけ読まんですがそんなルンメニゲのスピーチのダイジェストはこちら。Bild記事はこちら

120113_uli609
席次表らしい

ミュージシャンやらパフォーマンスやらトークイベントやら、華やかな内容だったようですが
120113_fcbtv3

120113_fcbtv4
何故か「ヘイ・ジュード」で踊る

120113_uli6019_2
ルンメニゲもマフラー振り回してノリノリです。

と。どうしても個人的趣味により、主役よりお客さんの方をcheckしてしまいがちですが、ともあれ、おめでとう!

10_mia_san_uli

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/13

ワールドクラス!マリオゴメス!

発売日を気にしているサッカー紙(かみ)媒体は「footbollista」のみで、他のサッカー雑誌はなかなかcheckしないものですから全然気付いてなかったのですが、今週発売のこちらの「週刊サッカーダイジェスト」に宇佐美のインタビューが載ってました。

120110_sd

ロッベリのことを「アイツら」とか言ってるところに「こらこら」と思いましたが、アグレッシブな内容で興味深かったです。
まぁワタシとしては、ラームホメホメとか、ペーターゼンと仲良しとか、リベリにかわいがってもらってるとか、チームメイトの話が好物なんでございますが。
本人が自分のblogに書いていたこととかぶってますが、ロッベンが2時間も前から入念にウォームアップをして、トレーニング終了後も最後まで残って調整している、と、いう話には改めて感激しましたよ。
大きな怪我を何度も経験しているからこそ、人一倍フィジカルに気を配ってるのかも知れませんよね。あまりそういう、こつこつやってる姿はイメージにないので、なんかじ~んときます。がんばれロッベン~(ToT)/~

120106_robben
シーズン後半こそ、ワールドクラスの活躍を!そしてEUROでも…

さてさて

すっかり遅くなってたまってしまいましたが、kickerのシーズン上半期・ポジション別ランキングの話ですよ。

攻撃的MF部門
120108_kicker_2

やたー(≧▽≦)クロースキタ―――!もちろんねー♪
ラウールが2位!そして日本のサッカーサイトにも取り上げられたからご存じでしょうが、香川が5位につけてます。
…って人数少なすぎ!(^_^;)
人数が少ないわけをkickerが書いてますがドイツ語ようけ読まんです~(逃)

原文コピペ御容赦

Warum zehn Klubs in der Rangliste fehlen: Während es in Gladbach, Hanno­ver und beim HSV diese Position nicht gibt, fehlte bei sieben Klubs Qualität: So agierte in Leverkusen Michael Ballack (35) selten spiel­bestimmend, setzte Tamas Hajnal (30) in Stuttgart nicht mehr so viele Akzente, auch Kölns Mato Jajalo (23) fiel nach gutem Start ab. Da­niel Baier (27) spielte in Augsburg engagiert, aber wenig effektiv. Deu­tete in Nürnberg der anfangs ver­letzte Daniel Didavi (21) Qualität nur an, flogen in Wolfsburg die Kandidaten aus Magaths System­ und Personalkarussell, Leihgabe Aliaksandr Hleb (30) wurde nie richtig fit. Spezielles in Freiburg: Cedrick Makiadi (27) überzeugte selten. Anton Putsila (24) und der lang verletzte Jan Rosenthal (25) mussten auf den Flügeln ran.

続きましてFW部門
120110_kicker

おぉおー!シュヴァインシュタイガーに続き、ゴメス「ワールドクラス!」ー!☆やったぜー!
しかも2期連続!凄い!去年は固め打ちの印象が強かったですが(今も?(^_^;))、2年連続得点王ともなれば、こんなに素晴らしいことはないですね。。。ウットリ
オリッチのことは心から愛してますし、ペーターゼンにもすごく期待してるのですが、しかしやはりこうなると、ゴメスがエースという事実は動かしがたいものがありますよ。。。

2位がピサロ!そして3位にフンテラール!4位にポドルスキ!わくわくしますねぇ♪
そしてさりげなく下の方にもゲレェーロやシュラウドラッフの名前があり、元バイエルン選手が沢山でうれしいことです。

シュラウドラッフと言えば、ずいぶん前の話ですが、まだロイスがバイエルンに行くの行かないのと言われていた頃、MGのマネージャーかなんかが「バイエルンはいつも才能ある若手をムダにする。ポドルスキやシュラウドラッフがいい例だ」とかなんとか言ってたのを受けて「僕はバイエルンに行ったことを後悔してない。いい経験ができたと思ってる」的なことをコメントしたのを見て、感激したものです(T∀T)なんてエエ子や…。だからこそペーターゼンには頑張ってほしいと思うのであるよ…

閑話休題

というわけで、これで全ポジションのランキングが出そろいました。
ヘルプストマイスターなのだから当然かも知れませんが、バイエルンのレギュラーメンバーはほぼ全員ランク入りしており、攻撃的SH以外の全ポジションで1位を獲得しております!しかもあまり出ない「ワールドクラス!」でシュヴァインシュタイガーとゴメス!
このランキングをアプするのがこんなに楽しかったことは久しぶりの気もしますよ。
ゼヒゼヒ後期もこの調子で、そしてSH部門ではロッベリのワンツーフィニッシュと行きたいもんだぜ!

外国クラブ所属のドイツ人選手部門もあります
120111_kicker

この部門には順位は付きませんが、我らのクローゼがケディラ、エズィルを抑え「インターナショナル・クラス」で実質的に1位です!文句なし!
ただクローゼは、シーズン前半は素晴らしい活躍なのに後半がアレだったとか、なかなかシーズン通してうまく活躍しない気がするので、だいじょぶかなぁという懸念も…。リーグでのゴールも現在8ゴールで止まっちゃってるし(汗)
ラツィオそのものにはあんまり頑張ってもらわなくてもいいのですが(←こらっ)、でもクローゼには活躍して欲しいし…ジレンマ~
そして、メルテザッカーの名前がここにあることが不思議な感じがします…。ブレーメンの試合見てると、まだなんとなく探しちゃうし。

おまけ。そんなkickerも注目しているらしいミラノダービー
120112_kicker_2
モヤッとしててわかりませんが、右側の写真は絶対ファンボメルだと思う・・・

110402_23

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/11

ニューデリーでナマステ

Da ist das Ding !!!

ゆうべGAORA様で放送された「ブンデスリーガ・クラシックス」、00/01シーズン最終節の「HSV対バイエルン」を見たのです。
最終節のロスタイムまさに最後のワンプレーで、マイスターがひっくり返ったという伝説のアレです。

0105019_dsc08306

劇的な結果がわかっていたので、そんなにハラハラドキドキはしませんでしたが、しかし、感激のあまり泣きながら腰を抜かして立ち上がれないでいるカーンや、もみくちゃになって喜び壊れているバイエルンの姿は胸を打つものがありましたよ。

感動した!

010519_dsc08307
緊張のあまりいっぱいいっぱいのブラッツォにキュンheart

しかし…。
同時刻で行われていた、マイスターを争っていたシャルケの試合経過によって、この試合の緊迫感とか盛り上がり方が左右されたと思われるので、事前にシャルケ側のタイムラインを予習してから見た方が、このドラマをより堪能出来たんだろうと思います。
とはいえ、それはGAORAがやることで、実況中に上手くアナウンスすることなんじゃないのかなーという気はしますよ…(^_^;)

ちゃんと調べてないから正確なところはわかりませんが、30代のおっさんたちが何人も出場していたバイエルン。きっと当時は、30過ぎたら無条件に単年契約しかオファーしませんよ、なんて冷たいことは言わなかったんだろな…。なのにプレーはおっさんくさくなくて(むしろヤンチャ系?)、ゴール決められて万事休したかに見えた後でも、最後までうつむかずアグレッシブに暴れるカーンやクフォーの姿に、今のモエモエこざっぱりバイエルンにはないものを感じて、ちょっと思うところはありました。

試合自体は、マイスターがかかった緊張なのかHSVの気合いが上回ってたのかこのシーズン大体こんな感じだったのか、バイエルンの出来はイマイチでしたけどね(^_^;)
フィジカルコンタクトがやたら激しい感じがしたのは時代なのでしょうか。

それはそれとして、ちょっとアナタ見てくださいなこのイケメン!
010519dsc08301
どこのヒュー・ジャックマンですか。いやいや、マジで、熱心なHSVサポの俳優さんかなんかが観戦に来てるのかなと思ったら

010519_dsc08305
ブット!!!!!!うっわー、なんて超イケメン!!lovely

HSVと言えばバルバレス兄貴もまだ(比較的)フサフサでモミアゲがオシャレで、なかなかカッコよかったですよ。

そんなこんなで
バイエルン愛をがっつり注入したところで、現在のバイエルンのインド代表との親善試合を見たのです。

12年1月10日 アウディ・フットボール・サミット(親善試合)
インド代表 0-4 バイエルン・ミュンヘン

ノイアー - ラフィーニャ(61プラニッチ)、ボアテンク(46ブレーノ)、バトシュトゥバー(46グスタヴォ)、ラーム[C](61コンテント) - ティモシュク(46アラバ)、シュヴァインシュタイガー - ロッベン(61宇佐美)、ミュラー(46オリッチ)、クロース(46リベリー) - ゴメス(61ペーターゼン)

サブ:ブット、ファン・ブイテン

ゴール:ゴメス(14)、ミュラー(29)、ミュラー(37)、シュヴァインシュタイガー(43)

120110_goalcom (Goal.comより)

120110_trikot
いいな~名前入りのユニ。

ということで、インド代表の主将だった選手の代表引退記念試合でもあったようです。
試合前にラームとユニ交換、ハーフタイムにはセレモニー、80分ぐらいにスタンディングオベーションを受け両チームの選手と挨拶しながら交代退場して行きました。もちろんバイエルンの選手ひとりひとりも、きちんとリスペクトを持って送り出してましたよ。

120110_basti

120110_breno
この写真の対角線の長さを求めよ、と言われ体を使って測るブレーノ(うそ)

試合はまぁ、後半組しっかりせい、ってな感じでしたかね。
ゴメスのゴールは相手DFのオウンゴールかと思いましたが、後から見たらゴメスの方が一瞬先に触ってましたね。
前半は手を抜きつつも格の違いを見せつけ、シュヴァインシュタイガーがみごとなミドルも決めたりして、サクサクと4得点。

でも
120110_neuer

あ~ノイアーそれはダメっ(汗)、前に出たらきちんと処理しないと!
ノイアーは世界最高のGKですが、時々こういうどんくさプレーをするので、そこがちょっと気になっております。

後半に入ってからはこれという見どころもなく、もともと出場・交代選手をちゃんと把握してなかったのと、モヤモヤ画面だったこともあり誰がどこでどうしてるのかもよくわからないし、目を開けたまま寝ていたら終わった、という感じでしたゴメン(^_^;)←こら

シュヴァインシュタイガーが90分フル出場したのは良かったですね!
ファンブイテンが欠場だったのは気になりますが、バイエルン公式レポによると「ふくらはぎに軽い痛み」と…。なんだなんだ。膝じゃなかったのか。でも軽症ならそれにこしたことはありませんεー(´。`)

120110_rafinha
ラフィーニャ(笑)

120110_robben2
気持ちはありがたいがそうはいかん

アウディ主催の試合ということで、試合当日か前日か、写真しか見てないので詳細は不明ですが、イベントに参加したらしいミュラー、ゴメス、バトシュトゥバー。

120110_gmb

120110_badgomez

120110_muellergomez
♪なんてったってア~イドル♪

試合が終わったらそそくさとインドを引き上げたらしいバイエルン御一行様は、(日本時間の)今朝にはもうドイツに到着したようです。
そしてバイエルンの冬のトレーニングキャンプも終了です。
今後はミュンヘンで、シーズン後半戦に向けて最終調整ということになります。
改めて、お疲れさまでした!(^∀^)/

おまけ
120110_mueller2
キラーン(☆∀☆)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

FIFAバロンドール2011

バロンドールとか最優秀選手賞とかいう類のものは、自分の好きな選手やチームにはいつも縁がないので(今回イブラヒモヴィッチに投票したプスカシュ賞は最終ノミネートから外れたことは前もってわかってたし)、あまり興味がないのですが、今回ばかりは、われわれ日本人には特別なものになりましたね。

120109_sawamessi

澤選手、佐々木監督、

おめでとうございます!!!

ちなみに日本サッカー協会が「フェアプレー賞」も受賞したので、なんと日本は3部門も受賞したのです!素晴らしい!

いやぁ感無量ですね。
ニワカたけだけしいワタシですが、澤選手や女子日本代表がどんなに苦労しながら道を開いてここまで登り詰めたのか、情報や知識としては全然知りませんけど、なんとなく感じてはいます。
その後ニュース番組等で、もちろんこれで終わりにしてはいけない、ここからが新たなスタートなのだ、ということを澤も佐々木監督もわかってるらしいところが、また良いなぁと思いました。
澤の名前が呼ばれた瞬間、ブラジルの女王マルタが固まってたのが印象的でした。残念ながらドイツは分解してしまった印象ですし、女子サッカー界の勢力図が変わったのかな~とか、ニワカ無知のくせにボンヤリ考えてしまいましたよ。
ロンドンオリンピックでのなでしこの活躍が楽しみですね!

それはさておき
候補者の紹介映像だけで、発表を待たずとも誰が受賞するのかバレバレの件。もれなく真ん中のヒト。

監督賞(女子)
120110_dsc08294

監督賞(男子)
120110_dsc08297

プスカシュ(年間ベストゴール)賞
120110_dsc08298

選手賞(女子)
120110_dsc08299

選手賞(男子)
120110_dsc08300

今年は例年にも増してサプライズのない年だったとは言え、もうちょっと演出を工夫してわくわくさせた方がいいと思うのよFIFA。

そーいえば、FIFAが単独で表彰していた頃に存在していた、ヤシン賞(最優秀GK賞)って、なくなっちゃったの?

----------
誰が受賞するのかということには、前述した通り興味がありませんが、キャプテンや監督が誰に投票したのかはとっても興味があるんでございますよ。
(これは男子だけの話ね。ゴメンナサイ。)
どの国のキャプテンかというのは言うまでもないですわね(^m^)ウフフ
指定された候補者(選手賞23名・監督賞10名)から、それぞれ1位から3位まで投票します。
そして1位は5ポイント、2位は3ポイント、3位は1ポイントずつ割り当てられ、ポイントの最も多かった選手が最優秀選手賞を受賞するわけですね。

Photo

というわけで、オランダ代表キャプテン・マルク・ファンボメルの投票結果はこのように。

選手賞:1位スナイデル、2位メッシ、3位ロナウド
監督賞:1位タバレス、2位グアルディオラ、3位ファーガソン

(タバレスはウルグアイの監督)
まーたスナイデルに入れてるよ!(≧▽≦)
去年はそれで無効になってしまいましたが、今年度から同国人への投票が可能になりました。

ファンボメルのコメント(ざっくりてきとう作文)
「今年から同じ国の仲間に投票できることになったんだ。去年はできなかったけど。去年ヴェスレイは俺から投票された。彼は2010年、インテルとオランイェで最高の年を送った」
・・・・・・去年無効になった分を今やり直しかーい!(^□^;)オモロいなーもう、情に厚いっつーかなんつーか、キライじゃないぜそういうところ。
「本当の去年のベストを選ぶなら、メッシだろうね。彼は普通に、むこう6年間は賞賛を勝ち取り続けるだろう」
だったら素直にメッシを1位にしたらいいじゃん、と思うので、コメントの意味がいまいちよくわかんないのですが、つまり、いわゆる7月~6月の「シーズン単位」ではなく、純粋に「2011年」のことを考えたらメッシだ、と言いたいのかな?と勝手解釈。言葉の壁はぶ厚いですわ。

----------

その他の気になる投票結果はこんな感じ

ベルト・ファンマルヴァイク・オランダ代表監督
選手賞:1位メッシ、2位スナイデル、3位エズィル
監督賞:1位タバレス、2位グアルディオラ、3位ファーガソン

こっちもスナイデル(笑)(義理だけど)親子そろってホントにもぅ…(^_^;)3位にドイツのエズィルです!
そういえば去年は3位にシュヴァインシュタイガーに投票してくれたファンボメルですが、今年は入れなかったのね(´・ω・`)

フィリップ・ラーム・ドイツ代表キャプテン
選手賞:1位メッシ、2位シャヴィ、3位ロナウド
監督賞:1位ファーガソン、2位グアルディオラ、3位ヴィラス・ボアス

ふつー…。監督賞にチェルシーのヴィラス・ボアスに投票してるのがちょっと面白い。

ヨアヒム・レーヴ・ドイツ代表監督
選手賞:1位シャヴィ、2位メッシ、3位イニエスタ
監督賞:1位グアルディアオラ、2位デル・ボスケ、3位モウリーニョ

バルサモエ~・スペインモエ~?

長谷部誠・日本代表キャプテン
選手賞:1位メッシ、2位ダニ・アウヴェス、3位シャヴィ
監督賞:1位グアルディオラ、2位ヴィラス・ボアス、3位クロップ

さらにバルサモエ~!ダニ・アウヴェスて!渋い!クロップに投票してるところが、ブンデスリーガーらしいですね。

アルベルト・ザッケローニ・日本代表監督
選手賞:1位イニエスタ、2位ロナウド、3位メッシ
監督賞:1位グアルディオラ、2位タバレス、3位ヴィラス・ボアス

メッシよりロナウドを上に入れてるところに、へぇえ、と思います。

せっかくなので
ハミト・アルティントップ・トルコ代表キャプテン
選手賞:1位ロナウド、2位メッシ、3位エズィル
監督賞:1位モウリーニョ、2位クロップ、3位ヴィラス・ボアス

真面目か!(^□^) チーム優先!偉いなあ。

チアゴ・シウバ・ブラジル代表キャプテン
選手賞:1位ロナウド、2位メッシ、3位ネイマール

いや、投票の中味はさておき、キャプテンはルシオじゃないんだー?ということにちょっと驚きを…。
あと、ベルギー代表のキャプテンがコンパニーでもフェルメーレンでもなく、シモンスだったのも意外でした。

話題沸騰
ズラタン・イブラヒモヴィッチ・スウェーデン代表キャプテン
選手賞:1位メッシ、2位ルーニー、3位イニエスタ
監督賞:1位グアルディオラ、2位モウリーニョ、3位ヴィラス・ボアス

あんなに悪口言ってたくせにペップが1位て!(驚)そして選手たちを「いい子ちゃん集団」とヤユしていたバルサから2人も…。プロフェッショナルなのかなんなのか…。器のデカさもやっぱり規格外、ということなのかな?(^∀^;)

----------
さて選手賞には我らのシュヴァインシュタイガーエズィル等もノミネートされておりました。
その候補者23名の順位も発表になりましたが、全員はめんどくさいので個人的に気になる選手だけ。

11位メスート・エズィル
12位ヴェスレイ・スナイデル
13位トーマス・ミュラー
15位バスティアン・シュヴァインシュタイガー

パーセンテージは低すぎてどうでもいいので略。
むーん。ドイツ代表が3人もノミネートされたことは喜ばしいことですが、シュヴァインシュタイガーはまだまだ過小評価されてる気もしますね。来年はもっと上に行くような予感がしますし、ラームも加わることになるでしょう。クロースも入ると嬉しいですね。
オランダ代表は…EUROで好成績を残せば誰か一人ぐらいは…とほほ。ファンペルシーとか…。

監督賞では10人の候補者のうち、レーヴが6位、クロップが9位でした。
いやぁもぅ、アタシゃこの中にファンマルヴァイク(曲がりなりにも世界ランク2位の国なのに!)とアッレグリがノミネートすらされてないことに不満がいっぱいですよ~~。
御義父様はともかく、アッレグリは今シーズンもミランが優勝したら、きっと名前ぐらいはっ!

ワタシの気になる人の話だけしました。他のデータが気になる方はここで確認してね!(PDFファイル)
得票結果 (←宮間惜しかったのね) 
選手賞 
監督賞

おまけ
120110_dsc08309
あーあー、もう。今見てるんだから速報出さなくてもわかってるちゅーねん…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/10

ドーハ合宿終了

管理人がモタモタしている間にドーハを引き上げ、明日(10日)の試合のため、とっくにインド入りしたバイエルン御一行様です。

120109_neuer

120109_lahm
「ニャはははは~」楽しそう。

結局ろくにネタも上げないまま終わっちゃいました~。申し訳ない~(^^ゞ
もはやこのblogからバイエルン情報を得ようと思ってる方もあまりいらっさらないとは思いますが、スミマセン、今後はこんな感じになると思います。
ダル~くユル~くモタモタと、さらにいーかげんに(←ダメだ)、自分の書きたいネタを中心にして行きたいと思ってますので、時には「何を今さら」とか、1週間前の試合フォメとかアプするかも知れませんのが、ひとつご容赦を。。。
いーかげんリアルライフを取り戻さなければならないので、ネット活動にあまり時間を割けないんですわ。と言いつつこれまでのところ去年とあまり変わってないんですが…(苦笑)

どうでしょうユプさん。
120106_jupp
「セーフ!」ありがとうございます。

120108_fcb
何やら円盤らしきものを投げつけられても動じないレポーター魂

120108_tymo2_2
もしや犯人はコイツか?(わかんないけど)

いやぁー、FCB.tvもねぇ。見てるヒマがなかなかないのと、せっかく見ても重いわ紙芝居だわ途中で音が切れるわ、で、試合のハイライトはワケわかんないし、すっかり面倒になってしまって、密着レポやインタビュー動画はスルーしてしまいました(汗)。
我が家のネット環境を整えれば多少は改善されるんだろうと思いますが、なかなかね…

とりあえず
合宿中に行われた練習試合の結果をまとめてドン

12年1月7日 アル・アハリ・カイロ 1-2 バイエルン・ミュンヘン

ノイアー - ボアテンク、ファン・ブイテン、バトシュトゥバー、ラーム[C] - ティモシュク、シュヴァインシュタイガー - ロッベン、ミュラー、クロース - ゴメス

交代:オリッチ(11ゴメス)、グスタヴォ(66ティモシュク)、アラバ(70シュヴァインシュタイガー)、ラフィーニャ(72ボアテンク)、プラニッチ(80クロース)
サブ:ブット、宇佐美、カン、ペーターゼン

得点:オリッチ(31)、Barakat(49)、オリッチ(90+4)
カード: AshourSolimanティモシュク

120107_olic
にょっひょっひょheartエエ体してまんな~

ご存じ、オリッチのロスタイム弾でなんとか勝ったらしいバイエルンです。
写真とか見てると、ちゃんとしたスタジアムでお客さんを入れて、本格的な試合だったようですね。厳しいスコアだったのもある程度仕方ないのかな?

120107_fcbtv1
そのオリッチはゴメスが足首を痛めた、というので急遽出場になったらしいですが。
結局ドペルパックで勝利に大貢献、しかもシュヴァインシュタイガーが下がってからはキャプテンも務めたようで、終わってみればオリッチのための試合だったのかも知れませんね。

120108_fcbtv6
「もう1年バイエルンに残ることは想像できますか?」「なんで1年だけなんだ?」(Bild
(このキャプチャ場面で言ってるかどうかはわかりませんが・・・)
この前の練習試合では5得点だったし、このドーハキャンプでは怒涛の大活躍だったオリッチですので、ここに来て「アピール大成功!契約延長か~?」なんて書かれてるみたいですね。そりゃもちろん延長して残って欲しいけど……。キュン

120107_fcbtv3

120107_3 heart04

この日の試合にも普通に出ていたようだし、まったく何も考えてなかったのですが、ウリが「CBが欲しい。ファン・ボイテンは34歳のおっさんだし、膝に問題がある」と言ったそうで、びっくりガクブル(((TдT;)))しておりますよ。
しょっちゅうあそこが痛いここが痛いと訴えるファンブイテンではありますが、最近は調子良さそうだし、膝が悪いという話は聞いたことがなかったので寝耳に水でした。
ワタシの情報収集漏れかも知れませんが、実際のところどうなんでしょう…心配…。
本人や監督やメディカルスタッフのコメントならまだしも、なんでウリが?というのもあるし…。

12年1月8日 ASPIRE アカデミーU-19 0-5 バイエルン・ミュンヘン

30分ハーフの変則的な試合だったようです。プレシーズンに行われたLigaTotal!Cup的な…?

ブット - ラフィーニャ、ブレーノ、グスタヴォ、コンテント - アラバ、プラニッチ - 宇佐美、リベリー[C] - ペーターゼン、ゴメス

交代:カン(43ゴメス)
得点:宇佐美(38)、宇佐美(41)、宇佐美(43)、宇佐美(48)、宇佐美(57)

ドーハ合宿のシメはまさかのウザミ祭り~~!(゚∀゚)ムッヒョー!

残念ながらそんなわけで動画がアレだったのでせっかくのウザミ祭りも殆ど何がどーなったのかわかってないのですが、2点目は角度のないところから決めたいいゴールでしたよ。

120108_usami3
むっちゃかわいがられてますがな。そういえばリベリに日本ミヤゲにコドモのオモチャを頼まれたんですっけ。
リベリにかわいがられてるということはもれなくファンブイテンとも仲良くしてるということだ…(決めつけ)。blogで裏話期待してますぜ…(←なんのプレッシャー?)

こんなミニゲームでゴール決めたってなんの価値が、とか言ってはいけない。
こんな試合でもどんな試合でも、アピールできるチャンスにきちんと結果を出すこと。
そうそうたるメンバーで、リベリがいいシュートを外したりしてた中、ただひとり、しかも5得点も決めたということが重要なのであるよ!

120108_fcbtv2 ←超もやもや

そしてなんと、この試合、リベリがカピテン!!

カンもやっと出場。Canはカンなのかシャンなのか、ツァンとか表記しているところも見かけたけど…。
120108_can
Yes, you can ! って、当時はずいぶん言われたんだろうな…

120108_riberycontento
「うりうり」「イヤ~んkissmark

と、超ざっくばらんで申し訳ないことこの上ないですが、バイエルンのドーハ合宿は「怪我なし、トラブルなし、内紛なし」天気もホテルも最高、の大成功に終わったようです。
みんな、お疲れさま~!

おぅ∑(゚∀゚)
kickerのポジション別ランキングの話もしようと思ったのだけど、ボリューム的にアレなので別ネタにします。

とりあえず、今号のkickerはなかなか見どころありそうですよ!
120109_kicker
バトシュトゥバーどーん!

120109_kicker2
ノイアーのインタビューもあるよ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/09

17節:アタランタ対ミラン

かみしめ中…(*´∀`*)

120108_dsc08289
「Thomas, Ruben en Renée !」

12年1月8日 セリエA 第17節
アタランタ・ベルガマスカ・カルチョ 0-2 ACミラン

120108_atalantamilanfj
交代:ロビーニョ(68パト)
サブ:アメリア、アントニーニ、デ・シリオ、ネスタ、インザーギ、エル・シャーラウィ

カード: カルモナマンフレディーニチガリーニデニスボアテンクボネーラ
得点:イブラヒモヴィッチ(22PK)、ボアテンク(82)

いつまでも噛みしめていたいけれど、あまりぐずぐずと時間をかけるわけにもいかないので超かんたんで申し訳ないです。

ちょっと苦戦してしまいましたかね。これという決定的なシュートはなかなか打てないし、アグレッシブなカウンターにかかなり手こずったし。
個人的なドシロート目線ですが、ボアテンクのインサイドハーフはちょっとむずかしかったんじゃないですかね。
ノチェリーノ右、エマヌエルソン左、ボアテンク中央の方が無理のない並びだったんじゃないのかなーとか思いますが、までも、ゲーム中に流動的にポジションチェンジしてましたし、最初の立ち位置とかはあまり関係なかったかな。みんなしっかり頑張ってたし、よく乗り切ったと言えましょう。

とにかくー!

120108_1

もうファンボメルがホント素晴らしくて大奮闘で、1つか2つドキッとするミスがありましたが、他はほぼパーフェクトのパフォーマンス。
両脇の2人との距離がすこし間延び気味だったせいか、奮闘せざるを得ない事情もあったかも知れませんが、しかしおかげで目立ってました(いい意味で)。
やることなすこといちいちカッコよくて、見てて胸がキュンキュンしましたよぅheartファンボメルのプレー見てこんなにときめいたのはいつ以来だ?ってなぐらいに。いやほんと。
試合終了後の充実した表情と、久々に出た子供たちへのウィンクがすべてを物語ってますよ。
シアワセな試合でしたconfident

しかしこんなにかっ飛ばして、来週のミラノダービー、大丈夫かな?という懸念もなきにしもあらず(^_^;)何しろおっさんですから…。
いやいや、デルビーは特別!モチベーションを燃やして、集中してまた輝くパフォーマンスを見せてくれることを期待してるよ、ボメ!

120108_dsc08293

[追記]ゴルコムの採点見たらファンボメルがエラい辛(から)いので、自信をなくしかけましたが、どーせワタシはボメバカドシロートなので気にしないもーん。ワシとそして本人が満足したんなら、それでいいのだー!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012/01/08

今夜はアタランタ戦

MilanChannelのインタビューに答えるファンボメル

風が吹いてて寒そう…

ざっくり
「ドバイでいい準備ができた。俺たちはハードなトレーニングをした。今(ミラノに)戻って来て、タフな相手への対策を始める。アタランタには注意しなければならない。(ミラノ)ダービーの前に、年の初めに3ポイントを勝ち取ることは重要になる。俺たちがどんな風にシーズンをスタートしたかは皆が知っている。だがクリスマス前に取り戻すことが出来た。今は俺たちはリードしている、そしてポイントを落とすことわけにはいかない。テヴェス?彼は素晴らしい選手だよね。でもそれは監督やクラブとやり取りすることだよ。俺たちはプレーして勝つことを考えている、それからどうなるか見てみよう」

ざっくりしすぎだなぁ。他にももちょっと語ってるのですが背景がよくわからんので略。ようは、あまりあたりさわりのない意気込みを語っているということです。ネタ元はこちら
それにしてもファンボメルまでテヴェスのことを聞かれてますが、ミラン公式が自ら名前を出すということは、もうクラブあげて迎える気まんまんですな。
とはいえ、盛り上がるフロントとは別に、選手監督といった現場の方はわりと淡々としてるような印象を受けますよ・・・

YouTubeにはアプされていない別バージョンはこちら英語吹替え版)。

そんなミランですが、いよいよ今晩のリーグ再開戦・アタランタ戦を前に故障者が続出!ミランが野戦病院状態なのはデフォだと思ってますので、ファンボメルさえ無事なら(←これ大事)、よほど数ヶ月もかかるような重傷でない限りあまり驚かなくなってしまいましたが、しかし今回はそのファンボメルのいる中盤がどえらいことに。

ドバイにいる間から膝が不調と言われていたセードルフですが、なんとそのままあったかいドバイに居残って調整中なのだそうです。
アンブロジーニは警告累積で出停、ガットゥーゾはまだリスクがあるのか今回招集外、そしてこの上アクイラーニまでもが、練習中に足首をぐねったかどうにかしてしまったらしく…わあ(((゚□゚;)))

アッレグリ監督のコメント
「我々の中盤にはボアテンク、ノチェリーノ、ファンボメル、エマヌエルソンしかいない」

トホホホー。まあ、ボアテンクのコンディションが良ければなんとかなるんじゃないかなぁという気もします。エマヌエルソンが左SHでスタメンでしょうか?

セリエA自体はゆうべ再開し、ラツィオがなんとシエナに不覚をとった一方でインテルが(スナイデルを欠きながらも)パルマに5得点で快勝、じわじわと上がって、首位ミラン(&ユヴェントス)と5ゲーム差まで詰め寄ってきております…あわわわわ(汗)
ユヴェントスは今晩はレッチェとですが、取りこぼすとは思えないし。

がががががんがれ!ファンボメル!がんがれミラン!しっかり守るのよー!アバーテが未だ復帰していない最終ラインもかなり心配なの…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドクラス!シュヴァインシュタイガー!!

早くも今年も1週間経ちましたが、生活が去年と全然変わってなーい(゚∀゚;)
このままではまずい、今ならまだ間に合うぞ。←何がよ

それはともかく。

kickerの11/12上半期ランキング・守備的MF部門がついにサイトにもアプされましたよー!ばばーーん!!!

120107_kicker

キタキタキタ―――(゚∀゚)―――!!!

ワールドクラス!シュヴァインシュタイガーーー!!

いやぁ実に嬉しい、感無量でございます(T∀T)
この気持ちを本人に表現してもらいました

120107_bastian2
沸きあがる情熱と感動!

120107_bastian
「ちょっとちゃんと見てよ、この迫真の演技」「あ~はいはい、上手い上手い」(うそ)

いやはや。
サッカーファンになってはや10年目、しかし未だにサッカー眼が未だに超ドシロートなもので、シュヴァインシュタイガーがそんなに素晴らしかったかどうか、実はあんまり実感がないのです(^□^;)どうもリベリに目を奪われがちなもので。。。
もったいないことをしてしまった感じがありますので、シーズン後半戦はもうちょっとシュバにも注目していきたいなぁと思います。

2位3位にベンダー兄弟が仲良くランクインしているのもなかなかにツボではあります。
同じユニフォームを着られたら多分ワタクシは見分けがつけられません。アルティントップ兄弟はわりと自信あるんですけど。←どうでもいい

そして我がバイエルンからはグスタヴォティモシュクがランクイン!(^-^)
グスタヴォの方が評価は上なのですね。ふむふむなるほど。

ティモシュクは最近ワタシの中ではゆるキャラ的存在・兼・バイエルンのつぶやき係になりつつあります。
今回の合宿中も「テニス観戦なう」とか「ディナーなう」とかいう、表には出ないライブ感ある貴重な情報を写真付きでtwitterやfacebbokにちょいちょいアプしてくれるので非常にありがたいのです。
…?あっ、いや、もちろん、サッカー面でも頼りにしてますよ!(^∀^;)

それはそれとして、シャルケのホルトビーはこのポジションですっけ?もっと攻撃的な選手かと…。

テニスと言えば
昨日(6日)もみんなでテニス観戦に行ったみたいですね。フェデラーが怪我で欠場したのでナダルの試合を見に来たぜ、と、バトシュトゥバーがfacebookに書いてましたよ。

120106_2_2
ゲームばっかりしてないで試合を見なさい。(知らんけど)

さてもうすぐこの後、バイエルンは2回目の練習試合、アル・アハリ・カイロ(?読めん)との試合でFCB.tvにてせっかくのLIVE中継ですが、もはや意識がモーローとしてきたのでアタシゃ寝ます…。明日ダンナ休みじゃないし…。どうせFCB.tvの生中継なんて毎回見れたもんじゃないし…

Goal.comに動画付きで出ていたゼ・ロベルト
120107_goalcom
ドイツ語でしゃべっていたようなので、ドイツ版のゴルコムに行けば、もしかしたら字幕吹き替えなしバージョンが見れるかも知れません(未確認)。

そのゼ・ロベルトが5日に、そして6日は同じくドーハで合宿をしているシャルケからバウムヨハン・ドレーアーGKコーチ・アイヒコルンコーチがバイエルンを訪ねて来てくれたそうなのですが…。そういうのは公式に写真とか動画付きでアプされないのかな~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012/01/07

シュバ復帰!

120105_bastian7

1月5日 テストマッチ アル・サイリヤ 0-13 バイエルン・ミュンヘン

前半
ノイアー - ボアテンク、ファン・ブイテン、バトシュトゥバー、ラーム - ティモシュク、シュヴァインシュタイガー - ロッベン、クロース、ミュラー - ゴメス

後半
ブット - ラフィーニャ、ブレーノ、グスタヴォ、コンテント - アラバ、プラニッチ - 宇佐美、オリッチ、リベリー - ペーターゼン

得点:ロッベン(36)、ゴメス(37)、ミュラー(45)、オリッチ(50)、ペーターゼン(52)、オリッチ(62)、リベリー(73)、オリッチ(74)、リベリー(77)、コンテント(78)、オリッチ(82)、オリッチ(84)、ペーターゼン(85)

あれ~、カンは出なかったのか~。

13得点!オリッチ5点!リベリードッペル!ペーターゼンドッペル!
こうなるとテストマッチと言うよりは、試合形式のトレーニングですな(^_^;)
バイエルン公式(日本語)によると、カタール2部リーグに所属するアル・サイリヤの監督はドイツ人なのだそうで…へぇえ~。

120105_spiele

試合は見てないし、FCB.tvのハイライトも紙芝居だったのでどんな内容だったかあんまりわかりませんけど…。
オリッチの何点目かを宇佐美がアシストしていたのは見ましたよ。あとドリブルでずりずりカットインしながらゴール前まで持って行くのだけど後ろにパスを出したので「あらら」と思ったところとか。

前半と後半の得点の差が大きいのがちょっと気になりますね。オリッチが爆発したらしいのは嬉しいけど、前半組はいわゆるレギュラーチームなのだから、もうちょっとしっかりしんとイカンよ。後半組にはリベリがいたとは言え…。それともリベリがそれだけ凄いということなのか???

120105_gomez

おぉおー!これは見事な!(゚∀゚)shine
ワタシは(もちろん)ファンブイテンのボデーがもっとも美しいと思ってますが、これはヤバいね!揺れるね!lovely(←アホか)

120105_bastian

この試合はシュヴァインシュタイガーの復帰戦でもあったわけですが、この日の各種会見にて「ファンブイテンとぶつからない限り、肩はもう全然大丈夫」という、ユーモアあふるるコメントが公式他にも出てましたね。ウフフ(^m^)

120103_breno

そしてブレーノも。アマチュアチームの試合に出ていたことはありましたが、プロの試合としては復帰戦になりました。
トレーニングフォトや動画などを見ても笑顔でイイ感じに見えますよ。本人も心身ともにポジティブな感触があるようで、「クラブが望んでくれるならバイエルンに留まりたい」と語ったようです。

120105_robbery

契約延長と言えばロッベンが希望を表明したらしいのですが、今すぐに話がまとまることがないことは本人もわかってて、その時を待つようです。
そんなコメントが出るということはクラブやチームメイトともうまく行っているということなのでしょうね。もちろんメディカルも(これ大事)。

すっかり遅くなってしまいましたが、kickerのポジション別ランキング・11/12シーズン上半期のSB部門とSH部門が発表になりました。公式にも記事になってましたし、とっくのとうなのですが。ばばーん!

120104_kicker (←ポチすると大きくなります)

ラームキタ―――!(≧▽≦)
ついに1位に返り咲き!いや、実にまっとうな評価だと思います。左に戻ってからは持ち前の攻撃力にますます磨きがかかりましたよね。リベリとの相乗効果もあると思います。

120105_robbenlahm
たくらみ顔。

そしてラフィーニャも堂々4位にランクイン!これはちょっと予想外、ホメすぎじゃー?とか思いますが嬉しいことです。この調子でがむばって欲しいなあ(^ー^)(ラフィーニャびいき)

120106_rafinharobben
連携を深めるにはコミュニケーションが大事よ

なんだかロッベンとのカラミフォトが多いな。深い理由はないのですが・・・

そしてSH部門
120105_kicker (ポチすると大きくなります)

リベリ残念!ロイスが1位!
アタシ的には、首位バイエルンの上半期のMVPはリベリだと思ってるので、ちょっぴり不満ですが、までも、異存はないです。MGの試合を見ているわけではないのであまり意見は言えませんが、ロイスはやっぱりすごいと思うし魅力的です。

120104_sportbild

レアルやバイエルンが狙っていたと噂されていたそんなロイスでしたが、シーズン後にドルトムントに移籍する!というビッグニュースが出ましたね!
SportBild作のコラはなんかびみょ~ですが(原寸大でダウンロードサービス!プリントアウトして楽しんでね♪言われても、食指が動かん…)、違和感ナッシングですね。いいと思いますよ。金のこととかポジション争いの話とか、よその事情は知らん。ただ、クロッポとあれだけラブラブだったジダンが、ロイスの移籍金捻出のために売りに出されるかも知れないという噂には、ひとつの愛の終わり、じゃないわ、なんか、ついにその時が来たか…と、しんみり思うところがありますよ。

閑話休題。

ミュラーも4位です!やったね!
う~ん。今シーズンはいまいちかなあ、こんなもんじゃない、ホントはもっとデキるコだ、と思ってるもんですから、ここであんまり評価し過ぎないで欲しいという気持ちもあり…。

出場時間が少なすぎるロッベンは名前もありませんが、「ベストジョーカー賞」かなんかだったはずですよ。たぶん…(未確認)←雑

までも、ここまで、バイエルンの選手が軒並み高評価を受けているのを見ると、首位にいるということはそういうことなのだなあ、と嬉しくありがたく実感しております。
実はシュヴァインシュタイガーがDH部門で、今回のランキングのこれまでどの部門でも出なかった「ワールドクラス!」で堂々1位だった、ということがわかっているのですが、kickerのサイトにはまだ出てないのです。でもここまでの流れだと、ティモシュクもいい順位にいそうですね。楽しみ(^-^)

全っ然関係ないおまけ御免
120105_tevez
いよいよ大詰め~。代理人(たぶん)のまぶしすぎる笑顔がグルメリポーターっぽい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/06

ハッピバースデー・ディア・プレジデント

噂の動画がようつべに出ましたよー

「♪はっぴバーすで~ディーあぷれじで~~んト♪」

1月5日は我らのウリ・ヘーネス会長の60歳の誕生日。
「Happy Birthday」を唄ってお祝いするバイエルン一同。
心がこもっててとても良いと思うのですが、いかんせん、ダラダラモサモサした歌い方のせいで、ズッコケおもしろ動画になってしまっております。

120105_fcbtv1
お目目パッチリのアラバがあまりにもかわゆくて辛抱たまらんのでキャプってみた(*´∀`*)

まぁそれにしても、監督ではなく、ネルリンガーがど真ん中で挨拶してるのがなんつーか…いえ、なんでもありません。
ティモシュクの毎度お約束のポジション取りはさすがです(^m^)

120105_fcbtv5
リベリノリノリ

120105_fcbtv6
シュバもノリノリ

しまった。この後に続けて他の話もしようと思ったのだけど、下書き保存するつもりが間違って反映されてしまった。まいっか。とりあえず。せっかくなのでもうちょっと続けます。

ドイツ中のメディアにウリの誕生日を記念して独占インタビューとか名言集とか写真集とか各界著名人などからのお祝いコメント集とか波乱万丈の半生を振り返り特集とか、沢山の企画がアプされておりますが、とても追い切れません。嗚呼言葉の壁がつくづく恨めしい・・・

自分が理解できるのは日本語だけ、ということで、バイエルン公式(日本語版)にアプされていたロングインタビューを読みました。とても興味深い内容でした。
飛行機事故で生き残った、という壮絶な体験をしていたのですね。バイエルンファンとしてあまりに今更ですが、今回初めて知って背筋が凍った次第です。

820220_uli_2

そんな恐ろしい悲しい経験や、数々の修羅場をくぐり抜け、バイエルンをメガクラブに育て上げた我らの敏腕マネージャー。
会長に就任して現場の第一線からは退いてしまいましたが、もったいなく寂しいなーと今でも思います。そんなウリももう還暦なのですね・・・

Hoeness_31

だが赤いチャンチャンコはまだまだ似合わないね。
ウリが似合うのはやっぱり赤いヤッケと赤いマフラー、そして赤いチームがもたらす栄光と名声。

Hoeness_22_2 

Hoeness_46_2

わっ(汗)。つい最近の写真なのに、ひどく昔のことのように感じてしまうのである。ワタシの中の切り離し作業は順調だ…(独り言)

120102_kicker
そんなウリが先日発売のkickerにて、将来バイエルンの幹部として、OBたちを招き入れたいというようなコメントをしたらしく、例えば、と言った中にカーン、エッフェンベルク、ショル、ブット、サニョル、イェレミース、等に交じって、ファンボメルの名前も挙げてくれたようです。実現の可能性は低いと思いますが、その気持ちが嬉しい~confident
ファンボメルがバイエルンの監督になるのはいつになるのか、そんな日が来るかどうかわかりませんが、ウリかルンメニゲがクラブにいる間でないと難しいかもね。
その日のためにも、とにかくメタボと健康管理に気を付けて、バイエルンでいつまでもバリバリやっていておくれ~

と、結局はファンボメルネタに落ち着いてしまったような気がしますが、そんなわけで誕生日おめでとうなのでした。

Hoeness_23

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ミラノに帰るまでが遠足です

今まで貼れなかった写真を追加で少々

120102_gattuambro
アラブ美女、じゃないわ、エミレーツのキャンギャル(?)にも動じないカピターノ・コンビ。アンブロジーニの表情が緊張ガチガチなのですがどうしたのだろうか。

120103_boa2
女をはべらすとはこういう状態を言う。これがケヴィンの噂の新恋人らしい。

カノジョとぐでぐでしていたので浜辺でお仕置きラニング(うそ)
120103_boa

結局ファンボメルはこの浜辺トレーニングには参加しなかったんでしょうかね。まったく姿を見ませんでした。

120103
現地メディアのインタビューに答えたというが…。もちろん内容は把握しておりません(T-T)

120104_allegri
裸足の季節。

あと、パトが療養所に病気と闘うコドモたちを慰問に行ったとかいう話もありましたが。
そんなこんなで
ミランのドバイ合宿の最終日はなにかと話題の、そして因縁深いPSG相手の親善試合!
しかしそれにしても、今PSGが話題になってるのを見るにつけ、クペがもう1年でも残ってくれたら…とか、つい余計なことを思ってしまいますよ。どうしているのやら・・・

12年1月4日 親善試合(エミレーツ・チャレンジ)
ACミラン 1-0 パリ・サンジェルマン

120104_psg1

ボアテンクアバーテセードルフはフィジカルに問題があるらしく、欠場があらかじめ伝えられていました。

前半
アメーリア - デ・シリオ、メクセス、チアゴ・シウバ[C]、タイウォ - アクイラーニ、ファン・ボメル、ノチェリーノ - ロビーニョ - パト、イブラヒモヴィッチ

後半
アッビアーティ - ザンブロッタ、ボネーラ、ネスタ、アントニーニ - ガットゥーゾ、アンブロジーニ[C]、ヴァローティ(75カルモナ) - エマヌエルソン - エル・シャーラウィ、インザーギ

2012年初ゴールはパト

120104_psg4

イブラのスーパーアシストのおかげ☆でしたね。
DFを引き付けておいてここぞという横パス!ぶっちゃけ、パトは入れるだけ~。
いや~イイですねぇ(^ー^)、年が明けてもイブラの献身的プレーは健在、本人も絶好調ですぜ!

120104_ibra
よそ見してる間にこんなカンフーキックパスを披露したらしいし。

120104_noce2
前半のハイライトはノチェリーノのオーバーヘッド!クロスバーに弾かれ残念!

ファンボメルも元気に削り削られ
120104_psg7

120104_psg5_2

まあ、パフォーマンスとしてはまずまずでした。
相手にミドルを打たせてしまうシーン等では「止まるなっ」「見てるなっ」とヤジを飛ばしたくなりましたが、その一方で視野の広いクロスや堅実な守備、どっしりとした存在感で組織の中心としての暗躍など、まあ、ファンのひいき目もありますが、なかなか良かった面もありましたので、トータルで「まずまず」かな~?と。

後半のハイライトは何と言ってもー!

120104_gattu_3

ガットゥーゾ戦線復帰 (T∀T)(感涙)

特別素晴らしいパフォーマンスというほどでもなく、こちらも「まあまあ」でしたが、とにかくガッツが走ってボールをさばいて声を出しているところを見てるだけで感無量でございました・・・。「もう気持ち悪くないのかい、ピッポが4人に見えたりしてないかい」とハラハラしてしまったり…。だいじょうぶだから出てるんだってわかってても、やっぱりね(^_^;)
次の試合で本格復帰出来るんでしょうかね?ファンボメルといっしょにピッチに立ってるところが見たいよーわくわく!

そして、出場機会の少なさから去就が取り沙汰されているインザーギエル・シャーラウィアッレグリにアピールすべく、素晴らしいパフォーマンスを見せたのも嬉しかったですね!
二人ともGKにセーブされたりDFにブロックされたりしてしまいましたが、惜しいシュートが何度も!エル・シャーラウィはなんと言っても60分頃の反転ボレー!(≧▽≦)
インザーギは45分間プレーしてましたが、こんなに長い時間プレーするのは久しぶり…というか、もしかしたらワタシがミランの応援してから最長かも。それもどうなのよ・・・、という・・・。38歳未だプレーへの情熱は衰えず。なんとかならんもんでしょうか。難しい問題ですよね…

あと、ネスタも怪我離脱からの復帰戦となりました。
そしてアッビアーティネネのシュートを2連続神セーブとか、PSGのシュートが2連続ポストを叩いたとか、失点したと思ったらファウルかオフサイドで取り消されてホッとしたとか、ナニゲに後半の方が見どころは多かったかも知れません。
(まぁワタシとしては、ファンボメルが出てないのと眠いのとモヤモヤ画質のせいで選手の見分けがむずかしいのとで、かなり集中を切らしてましたが…)

120104_ancepippo

ニワカ似非ミラニスタである自分はファンボメル同様、アンチェロッティレオナルドに対して思うところは全然ないので、そこらへんは真性ミラニスタの皆様におまかせします。

そんなこんなで、終わってみれば試合開始早々のパトのゴールのみでしたが、ミランが無事に優勝!ネットが止まっちゃったので見れなかったのですが、表彰式も行われたようです。勝ち負けは二の次のテストマッチとは言え、やっぱり勝った方が気分いい!

120104_ambro
もうちょいニコヤカにしなよ

120104_milan2
ということでニコニコ。

・・・・・・・。
いや何。そんなに沢山ではないながらこのセレモニーの写真を見ていると、ファンボメルの姿がないのですよ。ボアテンクも。セードルフやアバーテはいるのに。
なっ、何故?!特に深い理由はないのかも知れませんが、気になるぅ~(汗)

と、なんとなくモヤッとした謎をはらみつつ、ミランの1週間のドバイキャンプは終了しました。
翌日、つまり今日(5日)、御一行様はミラノにお帰りです。おうちに着くまでが遠足ですよ、と書いてシメようと思ってたのですが、こうしてダラダラ書いているうちに、とっくのとうに全員無事にご帰国なさいましたようです(^_^;)。めでたしめでたし。

お疲れ様!いいトレーニングができたものと思います。
シーズン後半戦に向けて頑張りましょー!まずは8日のアタランタ戦、そしてその次はいよいよ、ミラノダービーだー!気を引き締めて行こー!

111231_8
ファンボメルのあまりのカッコよさに思わず滝のようなヨダレを垂れ流すパトであった(大うそ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

ドーハに新たな愛が咲く

120103_fcbtv1

FCB.tvレポーター・シュテッフェさんとインチキブロガー・コリアンダーがお送りするFCバイエルンのドーハ便りで~す。

ほとんど何の情報もありませんで、拾った写真に茶々入れてるだけですが、ものすごい縦長なのでたたみます。

続きを読む "ドーハに新たな愛が咲く"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012/01/03

ACミランからBuon anno

111230_milan2

水着のオネェさんたちに鼻の下を伸ばしてるところを世界中のマスコミに取り上げられた、ちょっとこっぱずかしいミラン御一行様です(^_^;)もちろんBildにも出てますよ。

というわけで

120101_1
わ~~いheart04heart01やったぜアバーテ!

ドバイのファンボメルとミランネタですよ。

120102_chefmichele_persechinioscar_
ミランが誇るシェフたちが腕をふるったであろう御馳走を食べつつ、楽しい年越しぱーちーが行われたはずなのですが、じぇんじぇん写真とかが上がってなーい!

111231_milan2
ピアノを囲んで楽しそうだけど・・・

つぶやき係(??)エマヌエルソンが、ドバイの、ホラあの超有名なアレ、なんとかタワーの豪華年越し花火の動画をtwitterにアプしてくれてたけど…。

100104
これ。

これは2年前、バイエルンがドバイ合宿をしていた時に拾った写真です。エマヌエルソンがアプしたのもまったく同じような眺めでしたけど、もしや2年前のバイエルンと同じホテルに泊まってるのでしょうか?(未確認)

ミランとなるとどうにも情弱でイカン。
マスコミにアプされるニュースやコメント類もパトとテベスの話ばっかり~(-_-)
パトが冬に出て行くはずのないことはわかり切ったことなのにー、とか思ってるんだけど。
パトが年末に、監督と上手く行ってないんじゃないかと思わせるコメントをしたり、移籍先と噂されるPSGにアンチェロッティ監督が就任したり、条件がそろいすぎとはいえ。。。
そもそも本人が余計なことをぼやくからマスコミに格好のネタを提供することに、ぶつくさ。

111231_2
ファンボメルと仲良くしてるから許す。

120104

でその因縁のPSGと明日試合があるわけです。今回のパト騒動も試合の注目度を上げるために情報操作してる可能性もなきにしもあらずですが(注※勝手な妄想です)そういうヲトナの事情はわかんにゃ~い。

PSGはバイエルンと同じドーハで合宿中らしいのですよね。
トレーニングをするのもナントカセンターというバイエルンと同じ場所みたいで、ピッチが7面あるうちバイエルンが2面もぶんどったために、やはりドーハで合宿をしているらしいシャルケが使う分がなくなった、とかなんとか、Bildがちょっとてきとうぽいことを書いてましたよ。

話がズレた。

120102_2_2

そんなわけでPSG戦への意気込み等を語った昨日の記者会見には監督、エル・シャーラウィ、セードルフといっしょにファンボメルも出席したようなのですが・・・

120102_precan
切られてるし!(涙)

120102_precan2
いないし!(爆)

公式によるファンボメルのコメント
「PSGについて話すのは易しいことじゃない。いい試合になると思う。カルロ・アンチェロッティについてコメントはできないよ。彼は俺の監督じゃなかったから」

短いし!シャーラウィのコメントはもう少し詳しく取り上げているところもあるのに、セードルフとファンボメルのコメントは超さっぱりで、ホントにこれしか話さなかったのかよっぽどつまらんことしか言わなかったのか…。

120102_3
ボヤッとしてるし!

動画も上がってないし(今のところ)、実に物足りん!

でもこんなナイスフォトもありましたよ
120102_4
なんとゆうオモロい顔(笑)一体何があるのか気になりますな。

で夜は楽しそうなクルーズディナーが行われたらしいのですが、そっちの情報もあんまり…

120102_shaarawy_2
「かんぱ~い☆」…って、わー、モエモエ若手選手は全然わからーん(汗)

120102_patobinho
南の島とかの観光地でうっかりこんな写真を撮るとボラれるので気を付けましょう。

120102_pippo
またそろいの謎のジャンパー着用のようだ

ふわー。
情報の少なさに不満を抱きつつ、訂正事項をひとつ。
PSGとの試合が行われるのはドーハのアル・アハリスタジアムではなく、ドバイRashid Stadiumであるようです。失礼いたしました m(__)m
ということはミランがドーハに出向くのではなくPSGがこちらに来てくれるということ?
ドーハでファンボメルがバイエルン御一行様とニアミスするかも?と、ちょっと期待してたのにん(^_^;)

[追記]
クルーズディナーの写真アプされました
120102
アラブ美女をはべらせてる・・・heart03

| | コメント (2) | トラックバック (0)

あけましておめでとうございます

皆さまゴキゲンいかがでしょうか、コリアンダーです。

どうもどうも、あけましておめでとうございます。今年もヨロシクお願いします。いい年になりますように。

いやはや。毎年恒例のお伊勢さん参り&ダンナの実家に正月の挨拶に行って参りましたですよ。
行きはよいよい帰りはヤバい、で、渋滞に巻き込まれてしまって、いつもなら1時間半のところを5時間かけて本日帰ってまいりました。くたぶれた~(^△^;)

ということでサックリと。

バイエルン御一行様は予定通り、本日(2日)カタールはドーハのキャンプに向かいましたよ~

120102_1
お約束の2ショットheart
そういえばリベリはこの冬休み中におフランスに奥さんとバーをオープンしたとかなんとかいう話が出てましたね(公式)(Bild)。バーだけど信仰上の理由からアルコールはナシのようです。でも水タバコをたしなむことはできるらしいですぜ。

120102_2
あら?

120102_jupp
ユプさんがおジィちゃんだなぁと実感する瞬間。ゲルラントが呼んでるのはkickerですね。

120102_brenocontento_3
ブレーノも笑顔で参加

120102_brenocontento2
何やってるの?

120102_muellerrobben_2
タブレットで遊んでいるらしいロッベンとミュラー

ティモシュク、グスタヴォ、宇佐美は直接現地に合流するようです。
そしてこのドーハキャンプには、II部からついに(?)満を持して(?)期待の有望株あのエムレ・カンが参加するみたいです!(こちら
アラバやコンテントのように、今回のキャンプでポテンシャルを見出されてプロデビューして、来年や再来年あたりブレイクするかもね~?楽しみですね(^▽^)

ドーハと日本との時差はマイナス6時間のようです。
もうみんなホテルに着いたり軽めの調整をしているかも知れませんけど、まだ詳細が上がってませんね。続きは明日以降のお楽しみ、ってことで~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »