« 本日のアドヴェント2011・12/13 | トップページ | 15節:ボローニャ対ミラン »

2011/12/13

16節:バイエルン対シュツットガルト

どっひゃー!めんどくさくて管理画面とかほったらかしておったのですが、いつの間にやらこのblogもサーバー容量が70%に届こうかという勢いでございます。わずか2年半で…ううむ。くだらないことをダラダラとよくまあ。継続は力なりと申しますが、なんか力になっているのだろうか。実感まるでナシ…

さて

11年12月11日 ブンデスリーガ 第16節
バイエルン・ミュンヘン 2-1 シュツットガルト

(ファンブイテン以外)ちーと甘いんではないのかと思うkickerの採点も合わせてどぞ
111211fcbvfbfj
交代:アラバ(79リベリー)、グスタヴォ(79ミュラー)、ボアテンク(85ロッベン)
サブ:ブット、コンテント、プラニッチ、オリッチ

得点:ゲントナー(6ハルニク)、ゴメス(13ラフィーニャ)、ゴメス(57ラーム)
カード: モリナーロ(29)  ゲントナーボカニーダーマイヤーミュラーバトシュトゥバーラフィーニャゴメス

MoM:ゴメス
今節のベストイレブンにクロース(2回目)、ゴメス(5回目)

111212_fcb
「素晴らしき日曜日」

ってか…。
まあ。ねえ。

111211_riberygomez_2
「どやーーーーー!!!」

うん。いいシーンだ。

111211_rafinha
「ぶーん♪」

よしよし。よくわかんないけどカワイイ。

ゴメスドッペル!

そしてバイエルン、秋の王者ヘルプストマイスターほぼ確定!よっしゃー!└(`・∀・´)

・・・・・・。
・・・・・・。

勝ったからいっかー、で済ませていいものかどうか…。
いや、ゴールシーンは素晴らしかったです。ゴメスは心配されていたのが嘘みたいに、良いゴールを決めましたね。
これでシャルケのフンテラールを抜いて、得点王単独トップです☆
オランダ代表であるフンテラールと争ってるという事実がワタシをさらに嬉しくさせますが、それはさておいて。

10人相手に辛勝してるばーいじゃないでしょー(-_-メ)
こういう言い方はいやらしいですが、せっかく早い時間に数的有利になったんだから、もっと畳みかけないとー!ドカンドカンと3~4点ぐらい取れたはず。
まあ確かに相手守備がドン引き気味ではありましたし、荒くれファウルをいとわずにゴリゴリ削って来るのでちょっと恐かった面もありますが…

こういう時にタフに状況を打開してくれるはずのリベリが不調だったですかねぇ。というか、全員いまいち動きが重く、集中も欠いている感じ。
かなりの人数が直前までインフルエンザを患っていると公式にありましたが、完治してないのかな?と思いました。
でも出場した以上は言い訳はナシよ。バリバリやってくれなくちゃー。

特に2点目を取ってからが酷かったのですが、ありゃ一体何ですか。
ダラダラでもオロオロでもまったりでもなく、省エネモードにも見えないし。
フジさんの解説の清○さんが「守るのか攻めるのか何をしたいのか彼らもわかっていない」「全員が歩いてるみたい」と、○水さんの解説は常にネガチブでしかも半笑いなので聞いてて萎えるのですが、しかし、言い得て妙だと思いました。

意思の感じられないボール回しを続けるうちになんとなく試合が終わってなんとなく勝ったわけですが、いや~なんでしょう、勝ったから腹は立ちませんが、変なもの見ちゃったなぁ、という、奇妙な気分になりました。
そのつもりで見るせいか、試合終了後のバイエルンの表情もなーんかいまいち、「喜んでいいのかしら僕たち」的な…

111211_harnik

こんなんで負けたシュツットガルトはたまったもんじゃないらしく、モリナーロに2回イエローを出させたロッベンに八つ当たり。

111211_robben
「よっ、海豹屋!」

じゃかあしい!誰が役者だ!
ダイブじゃないもーん、れっきとしたファウルだもーん。
誘われたのはアナタたち。ファウルされたら転びますよ、もちろん。カードを出すのは審判。
むしろアタシゃ、ロッベンがゴリゴリ削られまくってるのを見て「キャー危ない!(゚д゚;|||)アリエンたんがEUROに出られなくなったら許さんぞ!」と蒼ざめたぐらいです。
そんなに大騒ぎするほど酷い演技でもないと思いますが、まあ、こういうのが嫌いな方もいらっさるでしょう。それはそれ。個人の感想なので…

それにしてもロッベンは前節リベリ等にチクチク言われたりしたせいか、今回は慣れない気を使ってるのがアリアリでしたね。
5分頃、GKと1対1の絶好のチャンスに、自分でシュートを打たずわざわざゴメスのために絶妙ラストパスを送ったのにゴメスが華麗にムダにしてくれちゃった時は
「おのれマリオ、ロッベンがせっかくーーーーーーーーー!!」
とコブシ握っちゃいましたけど。

もっと仲間に気を使え、とは言いましたけど、やっぱりロッベンはエゴむき出しのプレーが似合うなあ。無理しないで自分で決めれる時は自分で決めちゃっていいよ、もう。変な気づかいはらしくない。
あっでも、もうちょっと守備はしてね(^_^;)

まいいや、ロッベンに対して心配し過ぎないようにしますね。
いやぶっちゃけ、そんなに心配してないんですが、あまりムキになってロッベンをかばってウザがられるのはちょっと本意ではないので…。ファンボメルなら望むところですが…(こらっ)
もちろん、今後も、バイエルンとオランダ代表の重要な選手として、ファンボメルの友達として、これまで通りかわいがって行く所存ではあります。

そんなこんなで、あまり勝った気がしないヘンテコな勝利でしたけど。
今季もあと2試合(ブンデス1試合&ポカール1試合)。もっとシャキッとしてちょーだいね!

衝撃のおまけ。
111211_lahm3
ラーム、太った??(汗)アゴのラインが…。(ポチすると大きくなります)

|

« 本日のアドヴェント2011・12/13 | トップページ | 15節:ボローニャ対ミラン »

コメント

悪い流れなだけに冬休みが近くて良かった(∋_∈)

ゴメスの先制点はマリオゴメスじゃないと決められないゴールでしたね!
そして五分のシュートミスもマリオゴメスじゃないと外せないシュートでしたね(笑)

投稿: TK | 2011/12/14 12:45

> TKさん
あっははははは(爆笑)ナイスですgood
そーだ確かに、マリゴメでないと外せませんわね(笑)
よくも悪くもマリゴメショーだったのかもsmile
どうもモヤッとしっぱなしですので、あと2試合はだましだましながらでも何とか勝って、冬休み中にリフレッシュした方がいいかも知れませんね。

投稿: コリアンダー | 2011/12/14 22:17

次はポルディとの再会ですね\(^^)/

親友シュバイニーが間に合うといいのですが

投稿: TK | 2011/12/15 12:58

> TKさん
ポルディ絶好調ですから油断できませんね!レンジングも楽しみです♪
シュバが間に合うかどうか注目ですね!までも、無理はさせないでしょうね。出たとしても交代出場かな。

投稿: コリアンダー | 2011/12/15 18:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/43357779

この記事へのトラックバック一覧です: 16節:バイエルン対シュツットガルト:

« 本日のアドヴェント2011・12/13 | トップページ | 15節:ボローニャ対ミラン »