« 12節:フィオレンティーナ対ミラン | トップページ | 短信:バイエルン対ヴィジャレアル »

2011/11/23

13節:バイエルン対ドルトムント

あっとゆう間に今晩はCLですね。いやはや、忙しい。みなさんもう仮眠中ですわね。

バイエルンの話ではありませんが、
この日行われるはずだったケルン×マインツ戦、試合を担当するラファティ主審が試合当日に自殺未遂、代わりの審判が見つからず、やむなく中止になった、という、ショッキングな出来事がありました。
ラファティ主審は一命をとりとめ、退院したそうで、本当によかったです。(すぐに精神面での治療のため入院し直したそうですが…)
どこに問題があったのか、心の病かプライベートか審判業務の厳しさかと、さっそくドイツマスコミが根掘り葉掘りやっております。どうかそっとしといてあげて…。

さて
重たい話の後にガラリと雰囲気が変わって申し訳ないですが、言わせてチョーダイー!

111119_brazzo4

サリハミジッチ、

ドペルパックおめでとう~~!!!heart01heart04

もちろんヴォルフスブルク移籍後初ゴール!

111119_brazzo
ごきげん♪

今節のベストイレブンにも選ばれちゃったー!♪♪(ポチすると大きくなります)
111121_kicker

そんな13節のバイエルンの試合です。首位決戦、でございましたが結果はご存じの通り…

111119_neuerre

11年11月19日 ブンデスリーガ 第13節
バイエルン・ミュンヘン 0-1 ボルシア・ドルトムント

kickerの採点も合わせてどぞ
111119fcbbvbfj
交代:オリッチ(72ミュラー)、アラバ(72ロッベン)、ペーターゼン(79ラフィーニャ)
サブ:ブット、コンテント、ファン・ブイテン、プラニッチ

得点:ゲッツェ(65香川)
カード: グスタヴォケール

MoM:フンメルス
今節のベストイレブン:↑上記画像を参照のこと(サボり)

111119_leitnerj
モエ~ライトナーをいじめちゃダメよ(^_^;)

負けた負けた~。残念無念。

111119_dsc08138
試合前は謎のポーズで余裕をかましていたミュラーであったのだが。

…と言いつつ何故かあまり負けた気がせず、心穏やかでいられるのはひとえに、まだ首位をキープしているから、に他ならないのですが…。
もっと、むきーっ!ぐやじい~~!とむがむがしないと、バイエルンサポ失格ですかね?(苦笑)
いや、もちろん、先にも申しました通り、勝ちたかったです。勝つ気まんまんでした。
リーグ王者にぎゃふんと言わて昨シーズンのお返しをしたかったし、さらに、勝ち点差を広げて首位の座を安全にしておきたかった。
だからその点では悔しいのですが、しかし。

ワタシが一番怒りを感じるのは、ひどい試合内容でなすすべないまま完敗すること。もしくは、驕りが過ぎるあまり、ぐだぐだしている間に罰を食らって負けること。

それに比べたら今回は、互角に渡り合っていたと思うし、バイエルンの選手は途中出場の選手含め、誰一人サボっていなかった。

111119_petersen

ディフェンディングチャンピオンをリスペクトして、手を抜かず気を抜かず、最後の瞬間まで勝利への執念を見せていた。
メンタル的にもサッカー的にも、やるべきことはきちんとやっていた、と思います。
ほんのちょっと、あの一瞬だけ、ささいな失敗があっただけのことよ。
まあでも、やっぱりゲッツェすごいね。。。

ただ、試合全体の流れを考えた時に、バイエルンがやや優勢だったと思うので、やはり勝つべき試合だった、もしくは、ドローが妥当だったかも知れません。

111119_boa_2
フィギュアシーズンたけなわ!グランプリファイナル向けてリフトの練習(うそ)

シュヴァインシュタイガーティモシュク不在ということで、守備面が気になるところでしたが、結局試合中はロッベリなどの攻撃の方にばかり目が行ってしまい、あまりよくわからんかった(^^ゞ
激しくボールが行き交い、ピンチが多数だったことを思えば、やはりバイエルンの守備はもうひとつだったのでしょうか?それとも、さすがドルトムント、と言うべきだったのか…。
ただ、個人的に、攻撃的なクロースと守備的なグスタヴォとのWボランチの役割分担は、悪くなかったんじゃないかと思いますが。
しかし、4バックのうち3人が荒くれやすくキレやすいラフィーニャ・ボアテンク・バトシュトゥバーなのは、ちょっとどうかという気がしないでもなく…(^_^;) プレーに大きな問題があるわけではないのですが、バトシュトゥバーやボアテンクはどうでもいいところで無駄にキレたりするので、できれば直した方がいいと思うね。

111119_robben2
ロッベンカムバーック!!全身真っ赤っか!(スパイクが惜しい)
てっきり途中出場だと思ってたらまさかのスタメン!(゚∀゚)
……。
まっったくいいところがなかったけれど、長期離脱後の復帰戦だと思えば、こんなもんでしょう。相手のマークも厳しかったですし。
好調時のロッベンなら多少厳しいプレスをかけられても強引にねじりこんだりするので、これから場数を踏んで勘を取り戻して欲しいです。不満はありませんよ。
までも、前半のうちからちょっとダメ感は出てたので、もう少し、あと10分ぐらい早く代えてもいいのかなーという気もしました。

111119_wv2
ヴァイデンフェラーも当たってたしねえ。

お互いピンチもチャンスもあり、両GKのファインセーブ祭りもあり、見どころの多い、頂上決戦にふさわしい、面白い楽しい試合だったと思います。
負けたからと言ってさっさと忘れたいようなひどい試合ではないし、この先に不安が残るような内容でもありませんでした。
守備と攻撃両面で、もうほんのちょっとだけ、精密さと集中力があったらな、という感じでした。
とにかく、バイエルンはまだ首位ですから。これ大事。自信持って行きましょう!

胸がキュン(見づらい)
111119_dsc08135
あわやというピンチに、ピッチの外から味方に檄を飛ばすファンブイテン

別の意味でキュン
111119_dsc08136
失点に呆然と立ちすくむアラバ

というわけでぇー!

111121_2_2
(透かしがジャマすぎる!←勝手なことを)
「いい夫婦の日」でしたheart、じゃなくて。

今晩はCL・ヴィジャレアル戦でございます。

111121_robben

ドルトムント戦で冴えないパフォーマンスに終わったロッベンですが、ハインケス監督は早々と先発を予告しました。
まあ、相手はグループリーグ敗退が決定している最下位ヴィジャレアル。ロッベンの試合勘を取り戻させるにはちょうどいいかも知れません。
いや、もちろん。侮っているわけではありませんが、しかし今シーズンのヴィジャレアルはチーム状況があまりよろしくないらしいですね?それに加えて今日も欠場者が多いようす。ここはきっちりグループリーグ突破を決めちゃいましょう!
引き分け以上で決まるはずですが、もちろん、それは最低義務です。

目指すはガッツリ勝利で首位確定!決めてやる今夜!

|

« 12節:フィオレンティーナ対ミラン | トップページ | 短信:バイエルン対ヴィジャレアル »

コメント

私もバトゥストゥーバの短気さにはいつもヒヤヒヤしてます。
この前の試合も審判に最後までなんか言ってましたよね。熱い血というよりも単なる文句言いにしか見えない時もあります。「余計なことでカード貰うことになるからだまんなさいっ!」とテレビに向かっていう私に家人が「聞こえてないよ」と言われてしまうほど(汗)。彼が不満そうな顔をして口を開く画面が映るとついつい後ろから頭をはたきたくなりますが、彼、案外背が高いんだそうですね。

投稿: 東風 | 2011/11/23 10:33

> 東風さん
バトシュトゥバーの場合は単なる文句に間違いない(^_^;)
いや、仮に内容のあるちゃんとした苦情だとしても、あのキンキン声でまくしたてられたらそれだけで審判の心証は悪くなると思います…。
ワタシは彼がキレるたびに「カルシウムを摂りなさいよ」と思ってしまいます。
誰か落ち着かせられる人いないんでしょうかね。
試合後に審判に詰め寄るシーンでは、ラムたんもなんだか止めにくそうでしたし・・・。

投稿: コリアンダー | 2011/11/23 12:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/43093763

この記事へのトラックバック一覧です: 13節:バイエルン対ドルトムント:

« 12節:フィオレンティーナ対ミラン | トップページ | 短信:バイエルン対ヴィジャレアル »