« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

2011/10/31

DFBポカールドロー

ニュルンベルク戦で怪我をしたらしいシュヴァインシュタイガーとファンブイテンです。

111029_1
「だいじょーぶ~?」とのぞき込んで心配しているダニエルにモエ…(独り言)

ファンブイテンは打撲だそうで、水曜日のCLに出場できると思う、と本人は申しているようですが…。
シュヴァインシュタイガーがちょっとよくわからないそうですね。昨日の時点では「むずかしい・・・」という話でしたが、ここにきて「思ったよりだいじょぶかも」という情報も出てきて、まだはっきりしない感じ。軽傷であることを祈ります。

ところで

111028_gq
むほほ!魅惑のロッベンダンス!♪

なんとなんと、
かつてカーンやシュヴァインシュタイガー、ポドルスキ、トーニなども受賞したことがある、イケメン雑誌「GQ」ドイツ版の「イケメン・オブ・ザ・イヤー・2011」をロッベンが受賞したみたいです!
ナントカ部門、とか、細かく分類されているはずですが、何部門ですかね?普通ならスポーツマン部門かなんかだと…。まさかハ○部門ではあるまい(こらっ)。
GQのサイトが見づらいのでようけ調べられません。カーンの時ほど情報収集に情熱を注げなくて申し訳ない…。
いや別に、このテの賞に「イケメン○ゲ部門」とかあってもいいんじゃないかと思いますが。
とにかく、おめでとう!(^∀^)

111028_robben
奥たん同伴。お腹もだいぶ大きくなっておりますheart01

すっかり前置きが長くなりました。
先ほど、DFBポカール3回戦の組み合わせ抽選会が行われたようですので、お知らせしようと思ったのでした。

---------
ブンデスリーガ対ブンデスリーガ
シュツットガルト × HSV
ホッフェンハイム × アウグスブルク
ヘルタ・ベルリン × カイザースラウテルン
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ × シャルケ

ブンデスリーガ対ツヴァイテ・ブンデスリーガ(2部)
フォルトゥナ・デュッセルドルフ × ボルシア・ドルトムント
ボーフム × バイエルン
ニュルンベルク × グロイター・フュルト

ブンデスリーガ対レギオナルリーガ(4部)
ホルスタイン・キール × マインツ

---------

我がバイエルンはボーフムと。
かつては小野、現在はチョン・テセや乾が所属している、というので、日本でも知名度が上がっておりますが…。
調べてみたら、現在リーグの12位とわ。あわわわ。なんでそんな下の方に…。バイエルンとしては油断は禁物ですが、なんとかイケそうな…。いや、必勝ですわね。でないとまずい。
ってゆーかぁ!順位表を見ていたら、カールスルーエが下から2番目の降格圏にいることに愕然と…(汗)

試合は12月21日と22日に行われます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/30

10節:ローマ対ミラン

スポンサーのAudi様から車を贈呈されたミラン御一行様です

111027_1
そろいのジャンバーが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

111027_3
デカっ。ファンボメルが選んだのはA8V8なんちゃらクアトロなんちゃら…(←知識ゼロ) 

11年10月29日 セリエA 第10節 ASローマ 2-3 ACミラン

111029romamilanfj
交代:エマヌエルソン(66ボアテンク)、カッサーノ(74ロビーニョ)、アンブロジーニ(90ノチェリーノ)
サブ:アメリア、ジェペス、ボネーラ、タイウォ

得点:イブラヒモヴィッチ(17)、ブルディッソ(28)、ネスタ(30)、イブラヒモヴィッチ(78)、ボージャン(88)
カード: ボアテンク(67)  ガゴピヤニッチファン・ボメルノチェリーノアクイラーニ

ズラタンドッピエッター!

111029_ibra6
カッコいい!(ゴールシーンではありません)

待機モードに入っているかに見せておいて、いざという時にはこともなげにサクッと決めちゃうんだから、しみじみすごいです。
3点目なんか、DFたちに囲まれてる状態で、体を殆ど動かさずに頭だけ振って決めちゃうんだから!(ネスタが思い切り体を投げ出して、ぐおりゃー!と決めたのとは対照的でした。もちろん、どっちもいいゴールでしたよ☆)
それだけアクイラーニのクロスが超ピンポイントだったとも言えますね(^^)
そういえばアクイラーニは1点目もアシストしてましたね。
そういえば本日のゴール、すべてヘディングでした。

ボアテンクのレッドカードは、交代退場する際に副審に何か言ったらしいのですが…。
今回の審判は偏った、ミランに対して厳しいジャッジが多かったので、どの程度の暴言か、どーせ大したことないんじゃないの?ふんっ。←エコヒイキ発言
それと同時ではありませんが、やはり審判に抗議したアッレグリ監督まで退場させられてましたし。
そんなアッレグリが珍しくエキサイトするほどへっぽこ審判団だったってことよ。ふんっ。

しかしボアテンクと、警告累積でノチェリーノが次節出場停止になってしまったのは困ったワ…(汗)
ボアテンクはハムストリングか何かを痛めたような仕草をしていましたが、大丈夫なのか心配です。続報が出てないようですが、出停中に治る程度だといいけど…

ということでぇー!これにてリーグ戦4連勝!順位表ばばーん!(またkicker)
111030_kicker2

2位!!!!!キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

・・・・・・・・・・・・・暫定だけどね!(爆)
ウディネーゼラツィオが都合良く両方とも取りこぼすとは思えませんがしかし、それでも首位との2ポイント差は変わりません!よっしゃっ!

・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

111029_dsc08063
「しっかりしろっ!」「しょぼーんsweat02」(うそ)

実を言うと、あんまりテンション上がらないんですよ。
ミランは勝って、いい位置に上がって来たというのに、なーんだか負け負け気分でいっぱいなのです。というのも

111029_dsc08065

ファンボメルのパフォーマンスがたいへん悪かったので…。勝利に全然貢献できませんでした。
抑えが全然効かず、かんたんにすっぽ抜かれるわ、派手にぶっ飛んでファウルをゲットしようとするもののむなしく流されたり、逆に荒くれファウルで自分がカードもらったり…。
いい時間帯やいいプレーも沢山あったのですが、それを上回るデキの悪さ…。ワタシ的にはイタ紙なら5か5.5、kickerなら4.5レベルでしたトホホ。

今回もミランの守備陣がダメダメで、ハラハラする試合展開になってしまい、特に終盤、アッビアーティがドタバタと大活躍しなければならなかったのは、もちろんファンボメルだけの責任ではありませんが…。(攻撃は素晴らしいのだが守りの軽い両サイドとか…中盤もDFも…)

ファンボメルはかつて「俺が最高のプレーをしたとしても、チームが負けてしまったら、それはクズみたいな夜ってことだ」と語っていましたが。
ワタシにとっては、それに加えて、チームが楽しく勝ったとしても、ファンボメルが貢献できなかったら、クズ…とまでは言いませんが、びみょうな夜、ということなのです。とほほ

どうも今シーズンはいまひとつパリッとしません。
今シーズン限りでPSVに里帰りするだろうと言われています。ワタシとて契約延長は期待しておりませんが、しかしこれでは「そんなこと言わないでミランに残ってよ~ん」という声は今後も上がりそうもないかなぁ…
まあ、怪我なくプレーできるだけでも、じゅうぶんハッピーなことではあります。いい時も悪い時も、心を込めて堪能させてもらってますよ(^-^)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/29

DFBポカール:バイエルン対インゴルシュタット

111026_berni

11年10月26日 DFBポカール 2回戦
バイエルン・ミュンヘン 6-0 インゴルシュタット04

kickerの採点も合わせてどぞ
111026fcbingolstadtfj
交代:オリッチ(62ミュラー)、宇佐美(73クロース)
サブ:ノイアー、ラーム、ファン・ブイテン、リベリー、ゴメス

得点:ミュラー(33ティモシュク)、アラバ(49グスタヴォ)、ペーターゼン(52コンテント)、ペーターゼン(71クロース)、マティップ(82オウンゴール)、宇佐美(90オリッチ)
カード:なし?

MoM:アラバ

ほらね、だからだいじょぶだって言ったジャーン?(^m^)
3日前にハノーファーに負けたことなんて、すっかり忘れちゃいましたことよ(←お調子者)。

111026_ard3

わかってる。みんな、やればデキる子たち!(^∀^)

ってか、単にチャンスがないんだこのヤロー、と言い返されそうですね(汗)。

超ローテーション!親善試合か?と思うようなすごいメンバーを組んだものですが、だからこそこの機会に日頃のうっぷんを晴らし、レギュラー目指して大アピールだ!と、気合いが入りまくっていたに違いありません。
相手が2部チーム、さらにこちらのホームであることもさいわいしたでしょう。
やりたい放題のゴール祭りでわっしょいしょい!

111026_usami
「エエ子エエ子~♪」「テヘッ」

大勝もさることながら
プラニッチがついにスタメンフル出場!とか
ペーターゼンがドッペル!とか
宇佐美バイエルン初ゴール!とか、うれしいこといっぱいの試合でしたが

ワタシ的うれしいツボはもうひとつ!

111026_butt

カピテン・ブット!shine

まぁ、必然的にそうなるメンツではありましたが。しかし、年齢的にも人柄的にも、もっと早くに機会があってもいいはずと思ってました。お遊び親善試合等でも一度も見たことがありません。ハァーうれしい。
祝!バイエルンキャプテンデビュ~~~!heart01そしてたぶん最後…(寂)
りりしいお姿に胸が躍ります。オリバー・カーン以来の、GKキャプテンでもあるのですよー!わーん!(T∀T)
なんでこんなに感激してるのか自分でもよくわかりませんが、とにかく、嬉しかったのです。

……。試合は見ておらず、ハイライトだけですので(ゴメン)、せめてゴールシーンを

1点目。
ラフィーニャティモシュク中央で粘ってから→右から出てきていたミュラーに→中央へカットインしてシュート!DFに当ててゴール!

2点目。
FKから→ミュラーが落として→グスタヴォアラバー!中央へ自らドリブルでねじり込んで決めた!

111026_alaba
かわいー(*^^*)

3点目。
グスタヴォコンテントペーターゼン
キレイにつないで、落ち着いてきちんと決めてましたね。なんてゆーか、FWらしい仕事でした。

4点目。
グスタヴォプラニッチ、ナイススルーパス!→クロース、DFたちを引き付けて、上がって来たプラニッチへ→プラニッチ、相手選手に寄せられながらも足元を抜いてペーターゼンへ!ゴール!ペーターゼン、ドッペルパック!

5点目。
?見えなかった…→大きいサイドチェンジのクロスを右サイドの宇佐美へ→宇佐美、華麗に相手選手をかわして→背後をオーバーラップしてきたラフィーニャへ!ナイス判断!→右サイドの角度が浅いところからラフィーニャシュート!→クリアしようとしたマティップの足に当たりコースが変わってIN!

6点目。
プラニッチ、またまたピッチを大きく横切るクロスを宇佐美に→オリッチへ→オリッチ、ヒールパス!オシャレ!→宇佐美自分でベスポジまで持って行って落ち着いてゴール!

う~~ん、どのゴールもイイ形ですねぇ~。
というわけでバイエルン、気持よく勝利し、順調にポカール3回戦に進出です☆

インゴルシュタットと言えば元バイエルンのゲルリッツとの再会で、FCB.tvにもインタビュー動画が上がっていたようですが(まだ見てない)、試合にもフル出場していたようなのに、よほどみどころがなかったのか(泣)まったく映りませんでしたね。。。トホホ
あと、バイエルンのアマチュア選手だったクナスミュルナーも出ていたようですが…。顔もようけ思い出せんぐらいでして(汗)

まあ、そんなわけで宇佐美やペーターゼン等は、出場して結果も出して嬉しかったらしいのですが・・・

111026_olic
オリッチは途中出場だったことにがっかりしていたみたいですね。
そして、今シーズン干されっぱなしのプラニッチも、やっとやっと初スタメン、ハイライトを見る限りはイイ感じだったのですが、こちらも「どーせまたすぐ出番なくなるし。クラブで全然プレーできないから代表での居場所もなくなっちまった、でも俺はEUROに出たいんだ」と、厳しい状況に悩んでる様子・・・(tz
二人とも「状況が変わらないなら移籍してやるっ」と主張しているようですが、プラニッチはともかくオリッチはアナタそんな、怪我から復帰したばかりなんだから、まあまあ落ち着きなはれ、と思っちょります。
まぁ、バイエルンで出場機会を持つのが本人たちの一番の希望だとは思います。
控えメンバーの調子が良いのはうれしいことではありますが、監督としてはコントロールが難しいところですね。

宇佐美はそれだけ、競争の厳しいチームにいるのである。
奢らずくさらず、謙虚に精進あるのみなのだぞ。がむばれ。

それはそれとして
111026_fcbtv2
髪型・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というわけで、すっかり長くなってしまいましたけど(汗)。
ポカール3回戦に進むのは次の16チームに決まりました。

アウグスブルク、ボーフム、ボルシアMG、フォルトゥナ・デュッセルドルフ、HSV、グロイター・フュルト、ホッフェンハイム(ケルンとのブンデス対決に勝利)、ドルトムント、ホルスタイン・キール、ヘルタ・ベルリン、マインツ(ハノーファーとのブンデス対決に勝利)、シャルケ、ニュルンベルク、バイエルン、シュツットガルト、カイザースラウテルン

3回戦の組み合わせ抽選は30日に行われるそうです!ここまで来ると、ブンデスリーガのチームと当たる可能性がぐっと高まって来ましたね…。

おまけ
111026_3
本日のファンブイテン、と、その仲間

111026_breno
ブレーノだ

111026_ard
ロッベンだ。寒そう

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/27

9節:ミラン対パルマ

キタキタキター!!!

111026_kicker_3
なんでkickerやねん(^∀^;)。だってイタリアサッカーサイトの順位表見づらいの…(汗)

5位浮上!首位と2ポイント差!だっしゃぁー!

というわけで
111026_dsc08055

本日のボメウィンクはあんまりカッコよくなかったので、じゃなくて。
やっとこお休みをもらえたので、サックリ行きますよ~。

11年10月26日 セリエA 第9節 ACミラン 4-1 パルマFC

111026milanparmafj
交代:エマヌエルソン(72アクイラーニ)、ロビーニョ(74イブラヒモヴィッチ)、メクセス(78アバーテ)
サブ:ローマ、ザンブロッタ、ジェペス、ファン・ボメル、エル・シャーラウィ

得点:ノチェリーノ(30)、ノチェリーノ(32)、イブラヒモヴィッチ(73)、ジョビンコ(78)、ノチェリーノ(90)
カード: ノチェリーノボアテンク

111026_reibraj
ボールを失ったら即座にスタンバイモードに入るズラタンであります。

というわけでアレですわ。
なんとなんと!先日のボアテンクに続き、本日はノチェリーノトリプレッター!

111026_noce
ボアテンクと謎のパフォーマンスで遊ぶ・・・

ハットトリックは初めてらしいですね。記念のボールを嬉しそうに受け取る笑顔がかわいらしかったです。おめでとう!

カウントしてないからわかりませんが、もしかしたら目下ミランでの得点王だったり?イブラやカッサーノを差し置いて(^m^)
(追記:調べました。差し置いてはいませんが、得点王タイです。セリエAとCLを合わせて、イブラ、カッサーノ、ボアテンクと並んで4ゴールです。)
おそらくそっち方面はあまり期待されてなかったんじゃないかと思いますが(笑)、恐るべき得点力!
ミドルよし!ヘディングよし!いいところにうまく抜け出す感覚も素晴らしいです。

ワタシ的にはカッサーノのアシスト能力の巧さもオモシロ、いや、すごいなーと思いましたよ。特に、ボールをキープして間合いを見計らってから、飛び出してきたノチェリーノにピンポイントで渡した4点目の神アシストはシビれましたshine
ただ、いざ自分で決める段階になると肝心のところで球離れが悪く、何度も絶好のチャンスをフイにしておりましたが。
どっちにしても、見てるとホントに面白いです。

イブラヒモヴィッチにむっちゃ怒られた時のむくれた表情も実に味わい深い
111026_dsc08062
「なによぅ~、そんな怒んなくたっていいじゃないのsweat02

追記:アバーテがどんどん進化してます。
他をあまり知りませんので、世界レベル、かどうか、わかりませんが、そっちに向かって行ってる気さえ…。これからが楽しみで、目が離せませんよ~☆

まあ、試合は、ミランらしい、もったりねっちりがっつりサッカーで勝ちました。安心、とまでは言いませんが、だいぶ余裕を持って見れましたよ。
多彩な攻撃展開が光った楽しい試合だったのですが、反面、守備がまだまだ落ち着かないのが気になりました。水際で食い止めていたとはいえ、あまりカウンター食らったりシュート打たせてちゃダメよ・・・
ムダに1失点してしまいましたけど。無失点で終われる試合だったと思うので、ちょっと残念です。

までも、基本的には良い内容だったと思うので、反省点はちょっとずつでも修正して行って、勝ちぐせをつけて行かなくちゃね。

ベンチのファンボメル
111026_dsc08056
モグモグ食って

111026_dsc08057
グビグビ飲んで

111026_dsc08059
「こらこらっ、カメラの前ではあまり自由にやりすぎないように」「あい~」(うそ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/26

8節:レッチェ対ミラン

スミマセン、遅くなりました。もう興奮も冷めちゃいましたかね(^_^;)

111023_dsc08043
標準画質でしか録画できないのがもったいない…。いや何、デジタル画質だと、汗でお肌にぺったり張りつくスケスケ白ユニの具合がですな(略)heart04

11年10月23日 セリエA 第8節 USレッチェ 3-4 ACミラン

111023leccemilanfj
交代:ボアテンク(46ロビーニョ)、アクイラーニ(46アンブロジーニ)、エル・シャーラウィ(89カッサーノ)
サブ:ローマ、ボネーラ、タイウォ、エマヌエルソン

得点:ジャコマッツィ(4)、オッド(30PK)、グロスミュラー(37)、ボアテンク(49)、ボアテンク(55)、ボアテンク(63)、ジェペス(83)
カード: オッドCorviaEspositoBenassi

ミラニスタの皆さ~ん、ボアボアしてますかー?\(^∀^)/

111023_kevin 「ボぁーー!」

いやはやいやはや。
前半のうちに3点取られた暁には目の前が真っ暗になりましたよ。

ひどい、ひどすぎる。
いくら10年間(だっけ)向こうのホームで勝てていない相手だからって…。
前節パレルモ戦で苦手意識を克服し、BATE戦でさらに自信を付け、各方面から「いよいよミランが復活へ歩き始めた」と評されていたのに…。

何その及び腰!どこの弱小チームですか。
ってか動け。走れよ。何を突っ立ったままパスを回そうとしてるんだ。んなもんつながるわけがないでしょーがー。

みんなダメダメでしたが、特に、復帰のアンブロジーニキャプテンが、あまりにボロボロで見るにしのびなかったんですが、どうしたんでしょう。
久しぶりの実戦ですし、試合勘が狂っていたのかも知れません。
とゆうか、右の中盤はどうなんだろうなぁ。本当はファンボメルの位置でプレーする人なのでは、という気も。

まあ、それで。
「ダメじゃん、どーしたの」と思う間もないあまりに早い時間に、FKからサックリ失点。
えぇーちょっとぅー何さっ、落ち着いて取り戻しなよ早う早う、とあたふたしている間に、またセットプレーからアッビアーティがボールを落とし、それを追っかける選手にすがりついて倒してしまってPK献上。
キッカーはPKキッカーとして名高い(笑)、ミランからレンタル中のオッド
イヤ~んオッドさん、ここはちょっと空気読んで…

111023_oddo

……もちろんそんなわけはなかった○| ̄|_

さらに、中村直志顔の元シャルケ・グロスミュラーが追い打ちをかける見事な、そして悪夢の3失点目。今見ても勝利ダンスがムカつく~(T△T) 先制点につながるFKを蹴ったのもグロスミュラーでしたし、大活躍でしたよねだはは。

ダメだこりゃ。どのクチでスクデット連覇とか・・・

111023_dsc08045
それでもいっしょけんめい頑張ってたのよ~(;_;)

がっ!がががっ!

試合後のイブラヒモヴィッチのコメントによると、こんな状況でも、唯一あきらめていなかったのは他ならぬアッレグリ監督だったらしい。
ハーフタイムにロッカールームで選手を励まし、さらに素早く采配を振るい、どん詰まっていたロビーニョアンブロジーニを下げ、アクイラーニボアテンクを投入!
試合前日の会見で監督は、二人はフィジカルに問題があるようなことを言っていたようですが…。予定通りの交代だったのか、どうか、とにかくこれがものすごい効果を!

いきなりファーストプレーでボアテンクが豪快シュートでチームを勇気づけ、あとはご存じ。

111023_dsc08047
ケヴィン!

111023_dsc08049
プリンス!

111023_dsc08050

ボアテンクーーーーーー!!!

あれよあれよ!14分間で怒涛のハットトリック!!!
一気に同点!こんなことがあるのか!凄すぎる!ヤバいー!カッコいいー!しかもどれもみごとな豪快痛快ゴール!
1点目はアクイラーニのアシストではなかったか。交代策がズバリ当たったと言えますね。

こうなると俄然猛然勇気凛凛、いけいけどんどん、ミランはグイグイとレッチェを圧倒していきます。
しかし正直、勝ち点1では物足りない…。いや3点ビハインドを追いついただけでもじゅうぶん素晴らしいが、これだけ圧倒しているのなら、もう1点・・・

と。マリオーーーーーー!!!

111023_yepes
ゴメスじゃないよ、ジェペスだよ。

111023_5

やったやったやったーーー!!信じられん!なんと、3点もの差をひっくり返して、奇跡の逆転勝利!!!

111023_milan
わ~い。今シーズン初の、飛び出せ青春。超ユルかったですけど。ファンボメル間に合ってないし(^_^;)

首位との差は4ポイントで、前節と縮まってはいませんが、順位は7位まで上げました♪
…びみょうなところですが、ユヴェントスとは2ポイント差まで迫ったし、ひとつひとつコツコツ上げて行くしかないですわなぁ。王者がちょっと情けないこと言ってますが、トホホ。

111023_3

そのためにはもう、前半のような試合は二度とするな!
かんたんに2点も3点も取られてる場合じゃないんだよ。こんな奇跡はもう二度と起きないものと思って、危機感を持って以後の試合も臨むように。
素晴らしい勝利をあげても続けることができず、どこに勝てるのかどこに負けるのかさっぱりわからない、ギャンブルみたいなシーズンはもうイヤなんだぜ・・・。
頼むよ!がんばろー!

111023_silence

試合前に、当日、事故で亡くなった、イタリアのモトGPレーサー・シモンチェッリ選手に対して黙祷が捧げられました。
恥ずかしながらワタシは知らないのですが、かなり有名な方らしく、サッカー界のみならず各界からあちこちでお悔やみの声が上がっているようです。
シモンチェッリは熱心なミラニスタでもあったようですので、この日、ミランの選手は全員腕に喪章を着けてプレーしておりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/24

10節:ハノーファー対バイエルン

スミマセン、写真やイラスト(描きたいネタがねぇーよ)等がまだなのですが、文章だけ見切り投稿させていただきます。後で追加するかも知れません。※追加しました。

さて
いやはや、ゆうべはアレですわ、いろんなことがありました。
兄はハットトリックの大活躍で奇跡の大逆転勝利の立役者となり、いっぽう弟はしょもない一発退場でトホホ敗戦の立役者となった、ボアボア・デーだったなぁとか、
ファウルで被先制点のきっかけとなったFKを与えてしまったカピターノと、ファウルで無失点記録をストップさせたPKを与えてしまったカピテンと、どうもキャプテントホホデーだったなぁとか。

いい話と悪い話、どっちを先に聞きたいですか?
まっ、さっさと忘れてしまいたい話を先にさせていただきますわ。

11年10月23日 ブンデスリーガ 第10節
ハノーファー96 2-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
111023hannoverfcbfj_2
交代:アラバ(68ラフィーニャ)、オリッチ(84ゴメス)、ペーターゼン(87バトシュトゥバー)
サブ:ブット、コンテント、プラニッチ、ティモシュク

得点:アブデラウエ(23PK)、パンダー(50ラウシュ)、アラバ(83ラーム)
カード: ボアテンク(28)  チェルンドロ(63)  シュルツピントシュミーデバッハツィーラーリベリー

MoM:ツィーラー
今節のベストイレブンにツィーラー(初)、パンダー(2回目)選出
今節のMVPにツィーラー(初)選出

111023_boaj

ということで、ご存じ。先日のCLで途絶えたとはいえ、まだかろうじてブンデスリーガでの無失点記録は継続中だった我がバイエルンですが、ラームがファウルを犯して与えてしまったPKという、思わぬ形でストップすることとなりました。

ブンデスリーガの連続無失点記録は771分でした。
鋭意挑戦中だったヒルデブラント(当時シュツットガルト)のブンデス記録884分に中途半端に届かないところで終了~。結局歴代何位なのかな?←調べてない
までも、前にも言ったかも知れませんが、ヒルデブラントのはシーズンをまたいでの記録。
夏休みも冬休みもはさまずに継続し続けたという意味では、今回のは、とても意義のある偉大な記録だとワタシは思っています。いや、負け惜しみじゃなくて。

だから何もがっかりすることはない!
ノイアー、DFたち、だけじゃなく、チーム全員の守備意識の賜物。
おめでとう!\(^∀^)/よくがんばった!偉いぞみんな!

・・・・・・でも

何も負けるこたぁないでショ(-△-;)

無失点記録が途絶えた、ということがモエ~な彼らにはそんなに大きくのしかかってしまったのでしょうか、すっかり動揺したままボアテンクの退場劇、記録上はパンダーのゴールになってますがオウンゴール気味の追加失点へとなだれこんでしまいました。

打たれ弱いことですが、まあでも、試合が進むにつれじょじょに落ち着いてメンタルを取り戻して、最後の方はいっしょけんめい猛攻を仕掛けていました。
ただ、バイエルンよりも必死だったに違いないハノーファーの守りを崩すまでには至りませんでした。
リベリが今回も抑えられてしまったので風穴を開けにくかったですかね。
そんな中アラバがみごとなゴールを決めてくれたり、シュヴァインシュタイガーのシュートがポストに弾かれたりしましたが、ここまででした。無念。

[追記]もしかしてそーかな?と思っていたのですが、やはり、アラバにとってはバイエルン初ゴールみたいだったですよ!おめでとー!(^∀^)(確認したわけではないのですが、本人がそうつぶやいていたので…)どーせなら、勝ち試合で決めたかったよね…

まあ、しょうがないか。こんな日もあります。
と、いちおうまだ単独首位を保ってるのでお気楽なことを言う(^_^;)。
CLでのあのドローをきっかけに崩れて行かなければいいけれど、という懸念はなきにしもあらずですが、終盤のバイエルンを見る限りは、少なくともメンタル的にはだいじょうぶそうに見えました。この後に引きずることはないだろう、と楽観していますよ。
あとは、なんてゆうんでしょう、気持ちをプレーに、結果に、うまくつなげられるようにしたいものです。

それにしてもハノーファーのGK・ツィーラーは落ち着いてて安定したパフォーマンスで素晴らしかったですね。
だてにドイツ代表に選ばれたわけじゃない、というのを実感しました。

111023_zieler 

ハインケス監督の采配がちょっと遅かったような。人数が少なかったのでタイミングが難しかったのでしょうか。オリッチペーターゼンの投入はもう少し早くても…と思いました。

あたふたしているバイエルンのザルどもを見ていて、ファンブイテンが少し恋しくなりましたよ。おっさんベテランの貫録でもって、ゴラー!しっかりせい!と、引き締めていたかも知れません。もっとも、いっしょになって「イヤ~んsweat01」とバタバタしていた可能性もありますが(^_^;)
そんなファンブイテンは今回は風邪(インフルエンザ?)で欠場でしたが…。先ほど出たニュースだと、悪化したのか、どうか、気管支炎らしい、と…。水曜日のポカールはどうなるでしょうか(汗)

おまけ劇場
111023_dsc08031
ピントが削られた!というので、治療をするハノーファーのメディカルたち。その周りで騒然と…

111023_dsc08032 (←見づらい)
思い切りはじき飛ばされてしまいました

111023_dsc08033
「ひで~sweat02

しかしすかさず治療に戻るドクター魂!が、がむばれ!
ドクターのでんぐり返りがあまりに鮮やかで面白すぎるので、何度もこのシーンをリプレーしてはゲラゲラとウケまくっております(←酷)。
よく見えないながら、どうもボアテンクに突き飛ばされてシュルツがよろめいた際に押し出してしまってるように見えました(^_^;)
ちなみに、そんなボアテンク2試合の出停になったそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/22

CL:ミラン対BATEボリゾフ

それはそれとして、こちらの動画はもうご覧になりましたか?

またヒゲヒゲネタです(^∀^;)
撮影舞台裏映像ですが、いつもの曲に乗せて、ちょっとオシャレな雰囲気です。
ファンボメルもアバーテもみんなとても楽しそうで、ほのぼのした気持になり、癒されます。一体何十回再生したやら。
みんなが向こうに走って行くラストシーンでは、何故だかちょっとしんみりと…

そんなミランの

11年10月19日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグH
ACミラン 2-0 BATEボリゾフ

111019milanbatefj
交代:ロビーニョ(62カッサーノ)、エマヌエルソン(78ボアテンク)、メクセス(84ネスタ)
サブ:アメリア、ザンブロッタ、ジェペス、アントニーニ

得点:イブラヒモヴィッチ(33)、ボアテンク(78)
カード: ノチェリーノボルダチェフシミッチ

MoM(UEFA):ボアテンク

ボメウィンクで始まり
111019_dsc08024

ボメウィンクで終わった試合でした
111019_dsc08028
正直、苦笑いだよねぇ~。しかしファンボメルはウィンクがさりげなくてカッコいいよな~lovely

ファンボメルとファンボメルファン(ややこし)が苦笑いするしかない理由は、もちろんコチラ・・・

111019_rebommelj

リプレー映像にて、事の次第を知った時は、心臓がひっくり返りそうになりましたよぅ~(冷汗)。

何をぼんやりしていたのか、アッビアーティからのバックパスを、ダルッとはたいて直接敵に渡してしまい、絶体絶命の大ピンチ!!
しかしアッビアーティ、1対1からのシュートを神セーブ!!
いつもはふてぶてしいファンボメルも、思わずアッビアーティに寄りかかり感謝と陳謝。

111019_bate16
「いいってことよ」と言ったに違いないアッビアーティ、拳銃のタトゥーとか入れてコワモテだけど、きっとイイ人だ(T-T)

そしてファンボメルのどんくさミスから1分経たないうちに、我らのズラタンが爆裂豪快ゴール!

111019_ibra どや!このバネ!

111019_bate5
あのファンボメルでさえ思わずしなだれかかる頼もしさ…

ズラタンはキレキレだしカッサーノもボアテンクもノリノリだし、みんな個々に見てるととても面白いのですが、チーム全体のパフォーマンスを見た時に、な~んでかもうひと味ふた味足りない気がする…。なんでだろう~。
BATEが予想外に果敢に挑戦してきたから、プランをうまく立て直せなかったのかなー?

ってゆうか、ファンボメルのデキが、あのミスだけでなく、ゲームを通して良くなかったせいなのかも。正直、ワタシ的裏MoM、ミランでのへっぽこプレーヤーでした(-_-;)
何度も言いますが、開幕戦で途中出場して以来、いや開幕前の代表戦から数えても、ほぼ週2日コースで出ずっぱりの大奮闘をしている34歳。
アンブロジーニやセードルフが怪我からなかなか復帰しないので、ターンオーバーしようにも、難しい事情があるようです。
ワタシとしては毎試合見れて嬉しい限りですが、やはり本人の疲労が心配です…。

まいいか、とにかく、勝ちました。
これで2勝1分勝ち点7、堂々、バルセロナと勝ち点で並んでおります。理由はわかりませんが順位表ではミランが1位みたいですしshine

111019_boa3
イブラと共に、痛快なゴールを決めたボアテンク。自分を批判していたマスコミに向けてのどやパフォだったらしいですが、批判されてること自体を知らなかったのよん。
もっとミランやイタリアメディアの情報も追わないとイカンのでしょうが、むずかしい…(汗)

この試合でついにメクセスがミランデビューです。
111019_mexes_2
なんの根拠もなくSBだと思い込んでましたがCBなの?ネスタ-Tシウバコンビが鉄板なので競争は厳しそうですが、よろしく頼みまっせ~

111019_boa2_2
ノチェリーノは何をしようとしているのか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CL:ナポリ対バイエルン

そう言えば!
うかうかと書き忘れてましたけど、前節のヘルタ戦、オリッチが復帰したのでした!
おめでとぅーおめでとぅー!(^∀^)プレー上の見どころは特になかったけど、帰って来たことが最大の見どころよ!

それはそれとして
こちらのCMはもうご覧になりましたか?

111015_fcb
埋め込み禁止らしいのでキャプチャ画像で。リンクはコチラ
とぼけた味の演技をするみんながかわいくてお気に入りなのです。

さて

大変長らくお休み頂戴いたしましてありがとうございました。m(__)m
この間コリアンダーのアホは一体何をしていたのかと言うと。
もともと、だいぶ前からネット環境が怪しい感じだったのですが、「お休み」宣言をする頃には本格的に不安定になっておりました。
それでもまだなんとかならないものかと悪あがきをして、ワケのわからんソフトをインストールしたりガチャガチャと設定をいじり倒したら、いよいよPC本体が挙動不審になってきたので、いわゆる「リカバリー」(ハードディスク内の全てのファイルを削除して、買った時の状態に戻すこと)を敢行したり、

世界遺産を観光したりしておりました。

Redsc07985

Redsc07968

これは別の場所だけど↓紅葉が始まってるところがあってキレイだったのです。
Redsc08006

じゃなくて。
集中してやれば数日で終わる、慣れた方なら半日コースだとは思いますが、何せひどいぐうたら気質なものですから、バックアップ→リカバリー→復旧、のプロセスすべてがモタモタぐだぐだ。
実を申せば復旧作業も未だ途中だったりするのですが、blogを更新するのに必要な環境はなんとか整いました(と思う)ので、ひとまず復帰、とこれこういうわけです。


休み中、いい機会なので、リアル生活に支障をきたすほどのめり込み過ぎたblogの取り組み方も見直そう、と、悶々と考えていたのですが、思い切りの悪い性格なので、なかなか結論が出ず…。
読みづらいばかりでへたくそな文章をもっと削りたいな?とか、試合レポはいっそイラストだけの文章ナシにするか、いやそれもつまらんし…とか。
まいいや。とりあえず見切り発車なのです。

というわけで、PCは直ってもblogはしばらく不安定な更新状況が続くかも知れませんがご容赦くださいませ。

とにかく、行ってみよー

11年10月18日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグA
SSCナポリ 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
111018napolifcbfj
交代:アラバ(90リベリー)、グスタヴォ(90+4ゴメス)
サブ:ブット、ラフィーニャ、コンテント、プラニッチ、オリッチ

得点:クロース(2ボアテンク)、バトシュトゥバー(39オウンゴール)
カード: カンナヴァーロマッジョズニガラベッシバトシュトゥバーシュヴァインシュタイガーリベリーミュラークロース

MoM(UEFA):マッジョ (kicker):デ・サンクティス

111018_bastianhamsikj
さいわいにもハンド取られませんでしたけど、気持ちはまんまんでしたよね(^_^;)

いや、この試合最大のトピックはそこじゃない。ご存じ、

111018_9

無失点記録がついに終了!1,148分、だそうです。
まあ、記録はいつかはストップする時が来るのです。それが味方のオウンゴールならいいじゃないの、とか、呑気に考えています。相手選手に決められたゴールじゃないんだから・・・。
とはいえ、この記録に貢献し、ともに作り上げてきた自覚があったであろう(※便宜上「ノイアーの」とか「カーンの」とは言いますが、個人的には無失点記録はGKだけの記録ではないと思っています)バトシュトゥバーだけに、とても悔しそうでしたね。
まぁ、まだブンデスリーガ記録は途切れてないんだぜ!ってことでひとつ。

クロースの鮮やかなゴールが決まった時は、マンC戦に続いて楽勝完勝ペースと思われ、実際、不運な形で失点するまでは、バイエルンが圧倒していた試合だったのですが…。

試合前にマッツァーリ・ナポリ監督が「ウチの強みはカウンターだけじゃないんだぜ」とかコメントしていたような気がしますが、しかし皮肉にも、がっちり守ってカウンター狙いのサッカーにシフトチェンジしてから(わかんないけどワタシにはそう見えた)、ナポリの良さが出て、バイエルンを苦しめていたように見えました。

なんだかんだ言ってそんなナポリに追加点を与えず(しかも後半はナポリのシュートゼロ!!!)、ドローに持ち込んで勝ち点1をゲットでき、グループ首位を守ったのだから、バイエルン公式が言うように、最低限のノルマはクリアしたと思うのですよ?
前半はナポリが、後半はバイエルンが、お互い、負けなくてよかったね、やあやあ、という…。
もっと地団駄踏んで悔しがるべきなんでしょうが、なんてゆーか、妙に納得してます。
まぁ、ぶっちゃけると、ミランがボロボロに負けた、ホームでのナポリ相手にあまり簡単に勝ってもらったら、かなり複雑な気持ちになるところでしたので…(^^ゞ←つまらんことをぶっちゃけるな

そういえばゴメスがせっかくのPKを、GKデ・サンクティスにセーブされて惜しかったですけど。
相手選手のハンドによるPKでしたが、気の毒な判定でしたので、決まらなくてよかったかも…と。
あれが決まってバイエルンが勝ってたら、もしかしたら口の悪い一部のカルチョティフォージたちに、一昨シーズンのフィオレンティーナ戦を持ち出され「バイエルンはいつも疑惑の判定で勝ち上がってやがる」と揶揄されかねませんでしたから…。
(しかしその時、疑惑のオフサイドでゴールを決めたクローゼが、今やセリエAの人気者なんだから、縁とは不思議なものです…)

あと、審判がバイエルンにちょっと厳しい気がしました。

おっと(゚∀゚)
文章削る、と言っておいて長くなっちゃいましたね。

以後はおまけネタです
111017_hamsik
オシャレメガネのハムシク

111018_dsc08023
マウスピースもカラーコーディネイト?

パンツウォッチング
111018_dsc08020
男はやっぱり白パンツ!?

111018_dsc08022
リベリは今日もセンスのアレなハデハデパンツ

111018_3
ファンブイテンは良かったです(^^) すっかりスタメンに定着し、プレーも安心して見てられるようになり、しみじみ嬉しいですconfident
CB補強のつもりで買ったボアテンクが右SBに回るほど。そのボアテンクもSBで実にエエ仕事してますしね!

----------
そうそう、そう言えば。関係ない余談。
いつの間にかク○ログ、じゃないわ、ココログさんでメンテが行われたらしく、スマホからアクセスしても、blogの画像がキレイに表示されるようになりました。ひとつよしなに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/19

blog休止中の試合データ

どうもどうも、お久しぶりです。コリアンダーです。
長々とお休みいただいて恐縮です(^^ゞ
おかげさまをもちまして、ネットはなんとか出来るようにはなりました。
ですがまだblogへの完全復帰までには至らず、もう少しだけお時間ちょうだいいたしとうございます。ご迷惑おかけします。申し訳ありませぬ m(__)m

とりいそぎ、あんまりためこんでもアレなので、休止中に行われた試合のデータ等だけアプしておきます。
(※超かんたん感想追記しました。)

----------
ドイツ代表

11年10月7日 EURO2012予選 グループA トルコ 1-3 ドイツ

kickerの採点も合わせてどぞ
111007turkeygermanyfj
交代:シュールレ(62ポドルスキ)、ヘーヴェデス(74ボアテンク)、ロイス(90ゲッツェ)
サブ:ヴィーゼ、フンメルス、ロルフェス、カカウ

得点:ゴメス(35ミュラー)、ミュラー(66ゲッツェ)、ハカン・バルタ(79ギョクハン・ギョヌル)、シュヴァインシュタイガー(86PK)
カード: ハミト・アルティントップバトシュトゥバー

MoM(kicker):シュヴァインシュタイガー

結局未だハイライトすら見れていない…(汗)
シュヴァインシュタイガーが神採点でMoMて、どんだけ活躍したの~♪
[追記]見た気がする…。確かPK以外の2点はノイアーのレーザービームが起点だったんではなかったか。そのうち直接相手ゴールに入ることがあるかもね~?なんて(^m^)

111007_ard

 
11年10月11日 同じく、 ドイツ 3-1 ベルギー

kickerの採点も合わせてどぞ。「4-1-4-1」だそうで…
111011_gerbelfj 
交代:ロイス(71ミュラー)、カカウ(77ゴメス)、ギュンドガン(84ラーム)
サブ:ツィーラー、アオゴ、トレッシュ、ロルフェス

得点:エズィル(30ケディラ)、シュールレ(33ゴメス)、ゴメス(48エズィル)、フェライニ(86メルテンス)
カード: ケディラヴィツェル

MoM(kicker):エズィル

111011_1
ファンブイテンは警告累積で出場停止。

この日の試合結果を受け、ベルギーのEURO予選敗退が決まりました。プレーオフに進んだのはトルコ。
ベルギーがいっしょけんめいがんばってるのは伝わったのですが、力の差はどうしようもなかった感じです・・・。
いっぽうドイツはEURO予選を全勝で終えることに成功しました。

---------- 
オランダ代表

11年10月7日 EURO2012予選 グループE オランダ 1-0 モルドバ

111007netherlandmoldova
交代:エリア(78ファン・デル・ファールト)
サブ:クルル、ブーラルーズ、ブラーフハイト、ナイジェル・デ・ヨンク、ルーク・デ・ヨンク、ヴァイナルドゥム

得点:フンテラール(40)
カード: ストロートマン

111007_2

オランダのEURO予選・グループ首位通過が決まりました。

 
11年10月11日 同じく、 スウェーデン 3-2 オランダ

111007netherlandmoldova_2
交代:エリア(73カイト)、ルーク・デ・ヨンク(81ストロートマン)
サブ:クルル、ブーラールーズ、ブラーフハイト、ナイジェル・デ・ヨンク、スハールス

得点:シェルストレム(14)、フンテラール(23)、カイト(50)、ラーション(52PK)、トイヴォネン(53)
カード: ファン・デル・ファールト

111011_10

W杯決勝以来、無敗を誇っていたオランダでしたが、ついに負けてしまい、EURO予選全勝ならず。
勝ったスウェーデンは勝ち点24、各グループ2位チームの中での最高成績、ということで本大会出場が決まりました。
ファンボメルのチームメイトであるイブラヒモヴィッチは警告累積により欠場でした。

111011_sweden

----------
バイエルン

11年10月15日 ブンデスリーガ 第9節
バイエルン・ミュンヘン 4-0 ヘルタ・ベルリン

kickerの採点も合わせてどぞ
111015fcbherthafj
交代:アラバ(73ミュラー)、オリッチ(75ゴメス)、コンテント(78ラーム)
サブ:ブット、ラフィーニャ、プラニッチ、ペーターゼン

得点:ゴメス(5リベリー)、リベリー(7ボアテンク)、シュヴァインシュタイガー(13リベリー)、ゴメス(69PK)
カード: ラファエル

MoM:リベリー
今節のベストイレブンにボアテンク(2回目)、シュヴァインシュタイガー(初)、リベリー(5回目)、ゴメス(3回目)が選出
マンデスターゲス・今節のMVPにリベリ(初)が選出

危なげなく横綱サッカーで完勝。ヘルタがダメすぎたかも…
特にリベリのスーパーパフォーマンスが光った試合でした。元バイエルンのレル、オットル、クラフトにとっては凱旋試合とはならず。
ちなみに3人のkickerの採点はレル「6」、オットル「5」、クラフト「4.5」でした(泣)
これにてバイエルンの連続無失点記録は12試合、1108分。
オリバー・カーンの1101分を抜いて、クラブ史上最高記録だそうです(^∀^)

----------
ミラン

11年10月15日 セリエA 第7節 ACミラン 3-0 USチッタ・ディ・パレルモ

111015milanpalermofj
交代:ボネーラ(34チアゴ・シウバ)、エマヌエルソン(66ロビーニョ)、エル・シャーラウィ(79カッサーノ)
サブ:アメリア、ヴァローティ、タイウォ、Carmona

得点:ノチェリーノ(40)、ロビーニョ(55)、カッサーノ(63)
カード: ネスタロビーニョバレット

111015_4

先制点を取るまではやはり心配でしたが、以後は良い時のミランの試合だったと思います。
イブラヒモヴィッチが躍動、確か2アシストの大活躍でしたが、個人的にはロビーニョがトップ下でいい仕事をしていたのも良かったかな~と思います。
ノチェリーノは左のほうが良い感じ。ムラが気になるアクイラーニも、今回はいい日でした。
チアゴ・シウバが負傷退場したために急遽出場したボネーラ、ユヴェントス戦でのミスが心に痛いところでしたが、安定したプレーで無失点に貢献しました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/10/10

お知らせ

どもども、管理人コリアンダーです。

話せば長いことながら、数日~1週間程度?ちょっと先が読めませんが、blogの更新を休止いたします。

と言ってもプライベートで何かがあったわけではないのでご心配なくcoldsweats01
単にPCおよびネット環境の問題ですが、いかんせん知識がないもので、事態が落ち着くまでどれくらいかかるかわからんのよ…

ワタシとしてもつまりませんので、なるはやで復帰したいと思います。

ご迷惑おかけしますが、よろしくお願いします m(__)m

戻って来たらまた遊んでくださいねー!

111007_1

111007_1_2

|

2011/10/08

速報:代表戦

みんな勝ったー!\(T∀T)/ハッピー

トルコ 1-3 ドイツ

ベルギー 4-1 カザフスタン

オランダ 1-0 モルドバ

111007_huntelaarkuyt

…で、ワタシが見てたのは結局オランダ戦でした(^_^;)ゴメンナサイ。
だってー、フジさんで生中継、デジタル高画質、(ワタシにとっては)1年ぶりにTVで見るオランイェボメルなんだもん~heart

ネットで見た方が、ファンボメル主将の試合後インタビューとかあったかも知れませんが後の祭り。。。

いや~、モルドバに辛勝しているばーいじゃないとは思いましたが。
でもファンボメルは良かったですよー!攻撃への展開とか視野の広いステキクロスとか確かな技術のスルーパスとか、左のCKは全部蹴ってましたし。
ミランでは見れない魅惑のプレーの数々に胸ドキでした…

ともあれ、これにてオランダ、堂々のグループ首位通過です!\(^∀^)/
おめでとう!オランイェ!おめでとう!ファンボメル!

----------

そしてドイツはトルコに勝ち、ベルギーもカザフスタンに勝ったので、この結果。ベルギーがトルコを抜いてグループ2位に浮上しました!ダニエル!ダニエル!o(^-^)o
でもたった1ポイント差…。そして最終戦の相手はドイツ…

ど、ど、どうすりゃいいのだ…。ドイツは空気読んでよ、って無理だよなぁ(汗)
実力で勝つしかない!でもドイツが負けるのもちょっと…。困ったワ…

| | コメント (9) | トラックバック (0)

それぞれの代表戦

まずはバイエルンネタです。

・ 収監されてから約2週間、6日、ブレーノが釈放されました。保釈金は50万ユーロとか言われていますが、推定です。
FCバイエルンとしては故障している彼の膝の状態をcheckしてすぐさまリハビリ&できるだけ早くチーム練習に復帰させたい意向であるようです。おそらく本日(7日)にもバイエルンの練習場に姿を見せた…はず

・ オランダ代表を離脱したロッベン。ルンメニゲは「KNVBの決断は立派である、フッフッ」とご満悦のようですが、そりゃそーでしょうよー(-_-)

101017_nos 苦い思い出もわわ~ん・・・(←ヤメレ)

ロッベンは木曜日にミュンヘンに戻ってまいりましたが、そのまま検査→鼠頸部を手術、とあいなったようです。(バイエルン公式(日本語)
公式はいつも楽観的な数字を出すもので、10日間の安静の後にトレーニングに復帰の見込みとレポしています。
肝心なのは試合に復帰するのはいつなのか、ということですが、ドイツメディアによっては2週間~3、4週間、とバラバラです。
むぅ…。なんだかもっと長引くんじゃないかという予感もしますが、ともかく、元気に戻って来てくれればそれでいいさ…。

さて

111006_miro
ラツィオで絶賛大活躍中のクローゼですが、やっぱりドイツチームにいるところを見るとホッとするワ…

そんなドイツ代表は間もなく飛んでイスタンブールにて、トルコとEURO予選を戦います。
・・・・・。
申し訳ない、首位通過を決めてしまったドイツにとっては消化試合ですし、あんまり気合いが入らないので、殆ど情報を拾ってません(^^ゞ
シュヴァインシュタイガーがFacebookに、散髪するバトシュトゥバーの写真をアプしているのが面白かったとか、トルコ系のエズィルにとってはむずかしい状況かもね、というぐらいで・・・

111006_loew

そのエズィルはアキレス腱に炎症、クローゼも打撲を負っているとかで、出場が微妙のようです。
ゴメスも内転筋の具合が心配されましたが、どうやら大丈夫のようで、試合には出場するようです。バイエルンファンとしては、あんまり無理させないで欲しい気もしますが…(汗)

ドイツのことより、ベルギーのために、勝って欲しいと思ってしまうこのヨコシママインド。ゴメンね…

111006_nos

でもまずは、自分たちの出来ることを。カザフスタン相手に取りこぼすことなかれ!

さてオランダ代表です。
すでにスタメンは出てますが、ファンボメルの相方をどうするのか、ナイジェル・デ・ヨンクかストロートマンか、ということがひとつの焦点でもあったようですが、最近のパフォーマンスで評価が上がっているストロートマンに決まったようです。

111006_bou
ブラルーズファンに捧げる男の1枚

わあ~、何を見ようか!どれを見てても他の試合が気になるし!迷うなぁ~!

でも!気持ちは同じ!みんな勝ってね!いざ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/07

オランイェのファンボメル

さてさて
代表ウィークですよ。
オランダ代表に合流したファンボメルの話です。

10月3日(月)

111003_2
カイトやブラールーズに、何やらオデコをまくられてとっても楽しそう…\(^∀^)参加希望!

この日はまだ試合に出る気でいたであろうので、ゴキゲンのロッベンでありますが
111003_nos
↑後ろを横切るマタイセンのお相手は誰じゃろな。奥さんじゃないとヤバいよね。

[追記]
GKのステケレンブルフは早々に離脱。セリエAの試合で脳震盪を起こして以来、実戦復帰もままならない状態ですので、大事をとったのかも知れません。(なら何故呼んだかな?というギモンも…)追加招集はなし。

10月4日(火)

111004_1

膝を負傷!(汗)

111004_nos1
トレーニングでスライディングをした際、膝で芝生を掘ってしまいました。

111004_nos
「あ~ぁ、くそっ」

111004_nos3
いまいましげな様子でピッチを後にする・・・

ADにこの時の状況についてファンボメルのかんたんコメントが出てました。
このコメントは後から見つけたもので、今でこそ、膝の痛みはこの時のプレーが原因で、大したことなかったらしい、ということがわかっておりますが、リアルタイムでは、オランダ代表公式Twitterやら公式サイトのレポに
「ファンボメルは膝に違和感を感じてトレーニングを途中で切り上げた」とか、
「膝をさすりながらロッカールームの方を見た」とか、
漠然とした、そしてどうとでもとれる書き方をしていたものですから、
「すわ!古傷再発か!(((゚□゚;)))」「そ、そういえば、あれはちょうど1年前、しかも同じ、モルドバ戦とスウェーデン戦のセットだった…」と、そりゃもうどんだけ心配したか(T△T)。

ちなみに、いや、ちなむような話ではないのですが、同じトレーニングにて、マドゥーロがルーク・デヨンクと交錯して足首を負傷、代表離脱となりました。
マドゥーロは、故障のため辞退したハイティンハの代わりにCB起用する予定だったらしいですが。DHかと思ってましたけど、CBも出来るんですかね?
離脱したマドゥーロの代わりにファンマルヴァイク監督はフラールを追加招集。

この日もロッベンは別メニューでかんたんウォームアップをしただけで、すぐに引き上げてしまったようです。

10月5日(水)

111005_knvb

KNVBから、オランダ代表戦100試合以上出場した選手?に対して勲章が贈られたそうです。
UEFAが先月から同じような賞を授与しておりますが、それとは別みたい。
勲章を授かったのはフリットコクーファンブロンクホルストデブールファンデルサールの5名。どれもオランダ代表の偉大なレジェンドたち。おめでとうございます!(^∀^)

そしてー!
朗報キタ―――(゚∀゚)――!

111005_nos3

ファンボメルの膝はOK! モルドバ戦に起用可能!
と、発表しているらしいファンマルヴァイクの会見の様子と、なんだかケラケラと楽しそうなファンボメルのインタビュー動画はこちら
何を言ってるのかわかったらもっと楽しいんでしょうが…
どんだけホッとしたことか~~~(T∀T)

[追記]ファンボメルのインタビューだけ新たにアプされてました。こちら。何事もなかったようで本人も喜んでいるようです。

と同時に、ロッベンモルドバ戦の欠場が発表されました。この時はまだ、チームには残って11日のスウェーデン戦に望みを、という話をしたらしいですが、結局数時間後に、代表離脱が発表されたようです。
鼠頸部がどうの、とも言われてますが、新たに故障したのか、罹患中の恥骨炎の問題なのかちょっとはっきりわかりません。申し訳ない。

そしてファンボメル、「PSVでキャリアを終えるつもり」と改めて明言(元ネタのサイト)(動画)(Goal.com日本語版)。
(動画では6分半にも渡って力説してるのですが、テキスト記事にはあまり詳しく上がってませんね…。オランダメディアにもゴルコムと同じぐらいしか出てません)

111005_3 ニカニカモード
無精ヒゲの具合がとっても好み~~heart

10月6日(木)

111006_persie

というわけで、モルドバ戦に対するVI紙の予想スタメンはこちら。
111006_vi
数字の意味ははっきりわかりませんが、想像するに、代表出場キャリアとゴール数だと思います。少ないと思っていたファンボメルもナニゲに70試合も出てるのですね・・・。
記事は拾ってないのですが、ブラルーズがトレーニング中に足首を痛めている風な写真を見ました。ので、CBはHSVのブルマが先発するであろう、ということのようです。

がむばれ!もしかしてモルドバに勝ったら首位通過決定でしょうか?(←未確認)もちろん勝って気持ちよく決めよう!そしてその瞬間はもちろん、我らのキャプテンはその場にいて欲しいんだぜ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/05

オクトーバーフェストのバイエルン御一行様

どもども、すっかりぐだぐだと(略)

ミュンヘンのオクトーバーフェストは3日に、今年も大盛況のうちに終了しました(はず)。
今年のオクトーバーフェスト公式サイトは、会場に設けられたいくつかの定点カメラからの画像を数分おきに、リアルタイムにアプしてくれるコーナーがあり、現地の空気が感じられて興味深かったです。じっと見てるときりがないのでやめときましたけど(笑)。
混雑具合なんかをcheckするのに使うのでしょうか?いいなぁドイツの人・・・

さて

111002_octoberfest1
ドイツ代表テーブル

そんなこんなで、ホッフェンハイム戦の翌日の2日に予定通り、毎年恒例・オクトーバーフェストに参加したバイエルン御一行様です。
宇佐美効果で、ニホンメディアにも多々アプされてますし、同じような写真ばかり出回ってるし、皆さまにとってはもう今更なネタでしょうが、気にせずに行くのです。

111002_bastian
シュバとサラ。
カノジョは現役モデルだけあって、さすが毎年同じ服は着ませんね。今年はこんな感じ。
シュバのグラサンは…まあ、いいでしょ。

111002_neuer
ノイアーのカノジョ、このたび初めて見ましたが、ムチャクチャかわいいですね!heart
背後から凝視している(?)ファンブイテンカノジョ&コドモが面白い。

111002_lahm
ラームは今年も、2年前「農家のおにいさんみたいだ」と突っ込みを入れた、アノ帽子着用です!物持ちがいいのは良いことです。後ろのハートマークがいいニュアンスになっているので、これを生かした構図で撮られた写真が多かったみたい。

111002_alaba_2
重量感あるザッテルマイアーのカノジョと、ガラの悪い学生風のアラバとコンテント。まぶしいから眉間にシワがよってるだけなのだけど…

111002_gustavo
ブラジリアンズ・・・
グスタヴォのグラサン・・・

111002_usami
宇佐美さん!シャツの裾はきちんと!高校の制服じゃないんだよ!
ディルンドル姿の奥さんは予想通りカワイイですが…。2人のこの大きさの違いは…
もともと奥さんちっこいみたいですし、カメラのレンズの具合もあると思いますが、それにしても。ホビット族みたいなことになってますよ。
(そういえばアノ映画で、ホビット族の小ささを表現するのに特撮は使わず、遠近法で工夫した、という話を聞きましたが←この際関係ない)

111002_riberyuli_2
「じゅてーむheart」何やってんのリベリ。違うでしょ

これこれ。
111002_1
うひょひょひょひょひょ~~!ダニエルカッコええ~!heart01

111002_2
あうあうあうheart04(´Д`)
ルーアンちゃんかわゆす~~!!!パパなダニエルが男前すぎる~~!キュンキュン!

111002_5
むひょひょひょー!(´∀`)
カノジョさすが、身ごもってるせいもありますが、貫禄バリバリですな。

111002_robbenf
いい笑顔だ。ほっとする・・・
こっちの奥たんもご懐妊中のはずですが、ファンブイテンのカノジョに比べてまだスッキリしてますね。日にちの差かな?
ちなみに奥たんの向こう側には宇佐美の通訳さんと宇佐美夫婦が座っていたようです。そういえば宇佐美はやはり飲んでなかったぽいですね。テーブルの上がはっきり映ってるところを見てないのでよくわかりませんが。

111002_butt
お手手をぎゅっheart

クロースと、オリッチ・プラニッチ・ティモシュクの姿が見えないのが気になりますが…。
クロースはどうやらインフルエンザで欠席だったみたいですね。かわいそ…。他の3人はわかりません(汗)。そう言えばティモシュクは2年前にも参加してなかったんですっけ?なんでだ?ビールよりもワイン党だからとか…?(まさか)

シメはこの2人
111002_ulijupp
往年の漫才コンビみたい…。「ウリ&ユップ」
(後ろのおねえさんもナニゲに気になるし)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

8節:ホッフェンハイム対バイエルン

111003_kicker
特に意味はないけど、なんかカッコいいので。昨日(3日)発売のkickerにシュヴァインシュタイガーのインタビュー!

どうもどうも、ぐだぐだしてしまい、大変遅くなってしまって申し訳ありません。

11年10月1日 ブンデスリーガ 第8節
1899ホッフェンハイム 0-0 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
111001_hoffenheimfcbfj
交代:ロッベン(5)(46リベリー)、アラバ(3)(58ゴメス)、グスタヴォ(75ファン・ブイテン)
サブ:ブット、コンテント、ペーターゼン、宇佐美
(※kickerに宇佐美の名前はありませんでしたが、バイエルン公式に書かれていたのでこちらにも書いておきます)

カード: ムソナティモシュクシュヴァインシュタイガーラームクロース

MoM:コンパー
今節のベストイレブンにコンパー選出

試合は・・・

111001_dsc07956

こんな感じでした。以上。

だって~、書くことないっすー。
とにかく、なんとなーく寝ボケた試合運びに終始したバイエルンでした。
それでも負けない。無失点記録は更新中、ということで、まあ、よかろう。ということみたいです。まあねえ。確かに、あまり先行きが心配になるようなひどい試合、というほどではなかったと思いますし。

心配なのは彼
111001_robben

今回もベンチスタートだったロッベン
CLマンC戦では驚きの時間稼ぎ交代出場。試合後、不満げな態度をしていた、というので、「そうよね、ロッベンいない方がバイエルン調子いいしね、ハインケスはロッベンの扱いに困ってるに違いないよー」と、ドイツマスコミがイジワルな視線を送っていたところでした。
ご存知、後半からリベリーと交代。リベリーがふくらはぎの筋肉に違和感が、ということでしたが…。
つまりリベリが故障しなかったら使われなかったかも知れないのねー?(-_-)
試合でもパッとしないパフォーマンスでした。憮然とした表情でロッカーに引き上げ、試合後インタビューも拒否した、というので、またまたBild等が「ほーらほら、怒ってるぅ~♪ヒドいプレーだったくせに~」と、さらにイジワルな記事を書くので「くそぅー(泣)」と思っておりました。ちゃんと使われなかったことよりも、イジワル書かれるのがくやしくて・・・。
そしたら後日談として、「ロッベンはまだ恥骨炎の状態が思わしくなく、最初から使わないことは本人とあらかじめ合意済だった」というハインケス監督のコメントが紹介されておりました。
まあそれならそれで、それを信じるとしても、すると今度は、するってえと何かい、あれは怪我人から怪我人への交代だったってワケ?という新たなモヤモヤが~

ロッベンは実際に状態が良くないようで、オランダ代表でも、合流はしましたが、ちゃんとしたトレーニングができてないようです。本人のイライラしたコメントが出てました(Goal.com日本語版)。ツラいのぅ・・・。
得体の知れない痛みとか不快感に耐えるだけでも心がすり切れるに違いないのに、この上批判までされては。。。どうなるのでしょう・・・

そして、リベリーも結局、このたびのフランス代表入りを辞退したそうです・・・

無失点記録の話。
111001_neuer

というわけでバイエルンはこれにてなんとなんと!11試合連続無失点!
時間にして公式戦1,018分を記録しました!凄い!
バイエルン公式によると、あのオリバー・カーンの持つ1,011分を上回り、クラブ記録を更新したそうです。
これに関してルンメニゲが何やら冗談言ったらしいですがよう訳さん(Bild)。
更にブンデスリーガ記録としては658分。最長記録はティモ・ヒルデブラントの882分。
で、まあ、無失点記録と言うのはどうもGKの記録ということになるそうで、今回も「ノイアーの」記録ということになってますが、ちょっと違和感ありますわねぇ(^_^;)
何しろ、これまでノイアーが仕事をするシーンが殆どなかったわけで、この記録は本人の言うとおり、出場選手全員の高い守備意識とハードワークの賜物ですから。

とはいえ、この日はピンチに次ぐピンチでノイアー大活躍。
900分台だったのを1,000分台に乗せたのはまぎれもなくノイアーの功績でしたので、おめでとう!\(^∀^)/と言うのはヤブサカではありませんことよ。
カーンの記録は確か、移籍したばかりの高原のブンデス初ゴールに止められたアレですよね?ウィンターブレークを挟んでの記録だったはずです。そしてヒルデブラントのは、シーズンをまたいでの記録。
しかし今回のノイアーのは、休みをはさまずに続いているわけで、まさに「連続記録」と呼ぶにふさわしいな、と思うのです。鼻が高い。えっへん(^ー^)
でも、できれば、GKだけじゃなく、頑張った守備陣にももうちょっと注目してあげてね~。皆が口をそろえて言うように、器用なボアテンクのハイパフォーマンスのおかげも大きいですが、ファンブイテンが調子いいのも無視できないと思うのよ~

そんなファンブイテンのこの試合最大の(??)見どころはこちら
111001_dsc07948
ユニを引っ張って

111001_dsc07949
押し倒して

111001_dsc07951
すっとぼけて

111001_dsc07952
(ティモシュクの陰で見えない)
文句言う相手選手に向かって「うっせーバ~カ」と仕上げの一言。
悪いやっちゃのう~(^皿^) でもそんなアナタもスキなのよんheart

そんなファンブイテン、打撲を受けたというので、途中交代しました。だいじょぶだったのでしょうか。無事にベルギー代表と合流できたかな・・・

さてホッフェンハイムと言えば元バイエルンのブラーフハイトですが
111001_dsc07953
ティモシュクとひなたぼっこ(うそ)

111001_dsc07955
ファンブイテンとフェアプレー

冗談はさておき、活躍してましたね。kickerの採点でも「2.5」となかなか良い点数でした。
ホッフェンハイムではコンスタントに出場しているようですし、いったんは外れてしまったオランダ代表にも呼ばれるようになったし、移籍は成功だったかも知れませんね。

と。
この後に続けて楽しいビール祭りの画像を貼る予定だったのですが、ナニゲに長くなってしまったので分けます。

おまけ
111001_dsc07947
まさかの通訳さん大写し!(笑)
話してる相手はペーターゼンかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/10/04

6節:ユヴェントス対ミラン

ヒゲヒゲブラザースはまだ終わりじゃないよー!別パターンのCMがアプされてました♪

アバーテの演技力にモエーです♪
と、この一連のNIVEAのCM動画にキャッキャo(^∀^)oと喜んでいるのはどうもワシだけのようなのですが…。まいいや。

そんなアバーテは案の定、水曜日のCLプルゼニ戦の試合前に痛めていたという内転筋が悪化したのか、欠場してしまいました。
いつの間にか替えの利かない存在になっていたので、非常に困ったぞ、と思っていたら、やっぱりこんなことに。。。。。。別にアバーテのせいじゃないけどさ~

11年10月2日 セリエA 第6節 ユヴェントス・トリノ 2-0 ACミラン

111002juventusmilanfj
交代:エマヌエルソン(61カッサーノ)、アントニーニ(71ネスタ)、アンブロジーニ(83ノチェリーノ)
サブ:アメリア、デ・シリオ、アクイラーニ、インザーギ

得点:マルキージオ(87)、マルキージオ(90+3)
カード: ボアテンク(89)  ピルロネスタ

111002_dsc07942

111002_dsc07943
キレそうなノチェリーノに落ち着くよう言い聞かせているファンボメル(わかんないけど)。

はいはい、負け負け~\(:∀;)/

いやーぁユヴェントスは強いですねぇ。新スタジアムもいいカンジです!
多彩な攻撃と集中した守備、何より、生まれ変わって再出発のシーズンに賭ける意気込みが感じられます。

そんなユヴェントスにミランは圧倒されっ放し。ズルズル自陣に押し込められ(ドン引き作戦ではない)、勝つための効果的な策を見出せず、イブラヒモヴィッチもカッサーノも前線で孤立。終始及び腰で、ただ負けないように必死に耐え続けるだけになってしまいました。

それでもなんとかかんとか、スコアレスドローには持ち込めそうな雰囲気だったのですが、それまで堅実な仕事ぶりで貢献していたネスタが負傷退場してから守備が不安定になり、ついにほんの一瞬のホコロビから決壊、87分という最悪の時間に失点してしまいました。
それだけでもじゅうぶん万事休した雰囲気でしたが、さらにアッビアーティの(また)ポロリトンネルで追加失点してしまうというダメを自ら押してしまい、完敗です。

111002_abbi
「やっぱりオレにはヒゲが必要だ~○| ̄|_」(うそ)(←つまんないし)
それまで神セーブを連発してたのに・・・。まぁ、アンタのポロリトンネルがなくても負けてたとは思うがね。

本日のがっかりプレーヤー
111002_boa_2 

満を持しての復帰戦でしたが、あいにく、期待外れのパフォーマンスでした。
ハードワークして守備と攻撃をつなぎ、チームにダイナミズムをもたらすのがアンタの役目。全然出来てなかったです。
まあ、まだ試合勘が戻ってなかったのでしょう。
だとしても、退場になったあのファウルは最悪だった。イライラがたまっていたのでしょう、キエッリーニの顔面に、確認もせずに思い切り手を出した。記録上は黄赤ということになってますが、一発退場モンですよね。
キエッリーニは包帯でぐるぐる巻きにされてましたが、大事なさそうなので何よりでした。
[追記:先ほど放送されたTwellvの「ミランチャンネル」では、「ボアテンクはボールを取ろうとしてたんですよねぇ~」と言ってました。ミラン寄りの放送なのでアレですが、まあ、そういう見方もできなくもなく。それにしたって手を伸ばすことはなかろう]

本日のファンボメル
111002_3

そんなわけで、ボアテンクやカッサーノ等がまったくと言っていいほど守備をしないものだから、負担が重く、今回は掃除するだけで手いっぱいでした。
ただ、掃除屋としてはよくやっていたと思います。Gazzetta紙の採点にて、ダメダメミランの中で比較的マシだった、というレベルだと思いますが、いちおう、ベストプレーヤーの評価だったらしいのが、少し救われる思いです。
ネスタと共に、ファンボメルがいなかったら、もっと守備は壊滅的なことになって、さらに酷い負け方をしていたかも知れません。

そんなネスタは負傷退場したベンチで
111002_dsc07944
デルモポーズで「私は美しい。」オーラ放射中

・・・・・・・。

111002_2

別にピルロと比較するような状況ではありませんでしたが…。役割が違う2人、それぞれの仕事を忠実にこなしていたと思います。華麗な飛び道具を持ち、攻撃への貢献度が高いピルロの方が目立ってたのは仕方がないですね。何しろチーム全体のパフォーマンスが全然違いましたしorz

あーもー、でも、悔すぃー。
開幕以来、3週連続(各国代表選手は4週連続)で週2日ペースでの試合を、ろくなローテーションも出来ないまま同じメンバーで臨んでいたミランと、ヨーロッパカップ戦への出場がないため日程に余裕があったユヴェントスでは、まず体力面で差があったかも知れません。
でも、むずかしいミッションでも、勝たなければいけなかった試合でした。
今回は内容はどうでもいいからとにかく勝て、と思っていたのに~。あまりに強く念じすぎると、自分が疲れるばっかりで、結果がろくなことにならないパターンでした。ぐったり

この結果で、ミランは首位ウディネーゼと6ポイント差、順位は…知らん。
モリモトの所属する昇格チーム、ノヴァーラより下だということは確かだ。ばたん(倒)
5試合消化して6ポイント差。どう考える?
今はまだ挽回できる差ですが、ただ、これ以上広げてはいけない、ぎりぎりのところかも知れません。
早くも危機的状況なのか~(汗)

【追記】
111002_conte
でも、選手ひとりひとりとこんな風に熱く喜んでるコンテ監督の姿は憎めないのぅ…。
元レヴァークーゼンのヴィダルはフル出場で活躍、元HSVのエリアはベンチ入りしたものの出番はありませんでした(全然映らなかったので忘れてた…)。トーニは、試合前にtwitterで出場したいとつぶやいたらしいとかなんとかいう情報を見ましたが、結局メンバー外でした。

以下ドシロートの勝手意見です。生温くスルー推奨。

続きを読む "6節:ユヴェントス対ミラン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/03

間もなくユヴェントス戦

111002_mueller

バイエルン御一行様の楽しい楽しいオクトーバーフェスト画像はまた改めて・・・

いよいよこの後、ユヴェントス対ミランの試合があります。
ACミランのピンポイントcheckなものですからセリエAのリーグ全体の勝敗表とか全然気にしてなかったのですが、モタついてる間にミランはずいぶん下の方にいたのですね。

111002_tim
(ちっちゃくてわかんねぇーよ。←ポチすると大きくなります)

今日勝ったとしても、まだまだ首位には遠いのですよね。
裏を返せば、もしも負けて更に差が広がってしまうようだと、今後に向けて、かなり厳しいことになってしまいます。

今晩の相手は好調のユヴェントス。
ピルロのいるユヴェントス。
シーズン序盤の大一番です!
緊張のあまりガクブルですよ。なんでこんなに心配なチームになっちゃったんだ…

111001_gazzetta

昨日(1日)発売の↑こちらのGazzettaに、ファンボメルのインタビューだか記事だかはっきりわかりませんが、とにかく、コメントが掲載されたようです。
ネット版には記事自体はいつもアプされないので(ネチネチ)、ハイライト記事からざっくり要約

「ピルロは偉大な選手だ。彼のような選手がいなくなって寂しく思うのは当然のことだよ。バイエルンが俺のことを惜しんでいたようにね(笑)(←空しぃ…)。彼がユヴェントスですでに上手くやれていることは不思議じゃない。だけど今は彼は対戦相手なんだ。俺たちは明日の試合に勝つことだけを求めている。」
「バイエルンとCLで対戦したら?いいね。ヨーロッパで勝つのはとても難しいことだ。むしろスクデットの方が易しく見えるよ」
「サッカーキャリアが終わった後は監督になりたいんだ。テストがあと2つ残ってるからユースチームで始めることになるだろう。まだ、いつキャリアを終えるのが選手生命にとってベストなのかわかっていない。PSVでキャリアを終えたいと思っている。でも今はここで1年間の契約があるし、それをとても喜んでいる。ミランは俺に期待していいと思う(?)。」

他、セードルフやスナイデルのことをホメホメだったらしいですが割愛。以上Goal.comイタリア版から。

と同時に、こちらにも、インタビュー記事が出てました。Gazzettaの追従記事か、独自でインタビューをとったのかわかりませんが…。
ちょっと内容を紹介する時間がないのですが(こらっ)、なかなか興味深いです。

まずは、約束の時間に数分遅刻したファンボメル、子供を学校に送り届けてきたら渋滞に巻き込まれてしまいました、申し訳ない、と謝罪した、とジェントルマンなエピソードにてつかみはOK。そして

ピルロについては、彼は10年間もここにいたし、素晴らしい選手であり素晴らしい人間だからみんなに愛されてるのはよくわかる。でも俺たちはピルロと対戦するんじゃない、ユーヴェと戦うんだ。ピルロ以外にも警戒しなければならない選手たちはいるよ、と。

で、カッコいいなぁ、と思ったので是非紹介したかったのが、
何故こんなに早くイタリアになじめたのですか?という質問に
「まず第一に、俺の国がオランダであることで説明できるかも知れないね。オランダ人は500年もの間、船に乗って世界中を航海することに慣れているんだ」

うひゃー!どうですこの知的センスあるコメント!惚れるー!lovely
そして第2に、ミランのスタッフや選手たちがみんながよくしてくれたからだよ、とチームへの感謝のコメントが続きます。

あとは、バイエルンの好調について、グスタヴォは俺の代わりとかじゃないだろう、とかなんとか言ってるみたいですが、よくわからん。
ワタシ的には、今のバイエルンでは、ファンボメルの後継者はシュヴァインシュタイガーだと思っていますが。もっともドイツやバイエルンではもう誰も、そういう話の流れでは、ファンボメルの名前を出す人はいないけどね…(´・ω・`)

ともかく。
ファンボメルはピルロの代わりではないのですが、でも、ワタシにとって、ピルロは越えたい壁のひとつです。
勝敗表の順位はさておいても、ピルロとピルロのいるユーヴェには勝ちたいのです。勝って恩返ししたい。

がむばれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/10/02

ヒゲヒゲマルク

愛すべき我らのモジャモジャ将軍、マルク・ファンボメルですが、モジャモジャ、どころじゃない、ヒゲがモッサモサなことになってます!

110929_nivea
「えへっ♪」

わ~~んかーいい!かーいいよボメ!かわいすぎて超絶ローリングモエモエ!!!heart01heart04

これは何かと言うと、ミランのスポンサー様である「NIVEA FOR MEN イタリア」のプロモーション動画にファンボメルが出演しているのです。
ファンボメルの他にもアッビアーティ、アバーテ、エル・シャーラウィが出演。

謎のヒゲヒゲ・ブラザース(←ワタシが勝手に命名)のミラネッロでのひとこまを切り取った、おかしくもほのぼのしたプロモ動画の数々を一挙大公開!
ミラニスタもそうでない人も、ボメラーもそうでない人もゼヒご覧あれ!

すべてはここから始まった…?
先週のチェゼーナ戦の前にプロモーション活動。いきなり謎のヒゲ集団がピッチに出てきてトレーニングを始めたので、「なんじゃこりゃ?」と爆笑を誘いました。

この時は気付かなかったのですが、どうもCM出演の4人以外はエキストラさんたちのようです。セードルフなんか本人ぽいけど、小さくてよくわからん。
「NIVEAFORMEN Italyのフェイスブックを見てね!」というオチがつきます。で、アクセスすると、動画がアプされておりました、というわけ。

ヒゲヒゲ・ブラザース登場編「謎のヒゲ」

続きまして「謎は深まる・・・」

ようよう4人の正体が明らかになります。

そんな彼らのワークアウト

屋内トレーニング

くつろぎのひととき

そして番外編・舞台裏映像。付けヒゲを装着しているところ。みんなマジメな顔をしているのがおかしい。

いよいよ最終回(?)。CM本編。
どうも、ヒゲを乾かすのが面倒だとか、扱いがいろいろと問題になってきたらしく、「どうしたものか…」と悩んでいるらしいヒゲヒゲブラザースであります。

以上の動画はfacebookにもアプされてますが、You TubeでのNIVEA FOR MEN ITALYのチャンネルページでも、まとめて見れます。

この一週間にわたって、ほぼ毎日続々とアプされるのが楽しくて、ヒゲヒゲファンボメルがかわいくて、ヒーヒーモエ転がって楽しませていただきました。

しかし、この最後のCMはイタリアのお茶の間に普通に流れるんでしょうか?
とすれば、ファンボメルがついに、写真やネットだけじゃなく、TVCMに出演!ということで、これはすばらしく画期的なことなのでは~!?!(゚∀゚) うれすぃー!
(昨シーズンのネスタ・セードルフ・アメリア・監督に比べて地味な人選だとか言ってはいけません)

願わくば続編を~!ヒゲヒゲブラザースもかわゆいし、別パターンで、セクスィームード満点の制汗剤なんかもイイワねheartぐほっ(想像して鼻血)
そして写真媒体では、ヒゲを剃ってすっきりした4人、でもいいし、ヒゲヒゲのままでもいいですけど、広告をゼヒ、ボリスタの裏表紙に・・・(←ドイツ版NIVEA FOR MENのレーヴ監督が出てたことがあったので)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:ホッフェンハイム対バイエルン

全然速報じゃなくなったけど。

ホッフェンハイム 0-0 バイエルン

111001

な~んだか。

例によって、マトモに見れてないので(ネット観戦はしんどい…)、例によって、細かいこと言うのはGAORA放送を見てからにしますが…。

バイエルン御一行様は明日(2日)、毎年恒例、オクトーバーフェストに参上するそうです。
未成年・宇佐美が日本とドイツの法律のどちらを順守するのかご注目、飲むのか飲まないのか、じゃなくて。
去年はあまりのダメダメっぷりに、「そんな気分じゃない」と参加を中止したので、今年は2年ぶりに、気分良くパァーッとプハーッとやる目論見だったようです…。
しかもなんですか、勝ってオクトーバーフェストに乗り込むのは4年ぶりだそうで・・・

そんなわけだから、明日のオクトーバーフェストのことで頭がいっぱいで気もそぞろだったとか、あの素晴らしいマンC戦で精根使い果たしてしまった、というわけではあるまいね?いやあり得る、というカンジの試合でした。
結局目論見は外れ、またも勝ちはおあずけ。まあ、オクトーバーフェストには行くでしょうが。

えーと、この間、人事面についてドロドロしたことを長い時間かけて書いていたので遅くなったわけですが、一夜明けて酔いが覚めたら自分がイヤになって削除すること請け合いなので、今のうちにやめときます。

いちおう、無失点&無敗記録は続いてます。ついに1,000分越え!
でも連勝記録は止まった!
ハハハ…どう考える?皆さまの都合のいい方で…( ̄▽ ̄)

気は乗らないけど続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/10/01

EURO予選に向けてのドイツ代表&ベルギー代表メンバー

EURO2012予選・10月7日トルコ戦(イスタンブール)、11日ベルギー戦(デュッセルドルフ)に向けてのドイツ代表招集メンバーです

何故か今回は背番号が出てません。
----------

GK
マヌエル・ノイアー (バイエルン)
ティム・ヴィーゼ (ブレーメン)
ロン=ロベルト・ツィーラー (ハノーファー)

DF
デニス・アオゴ (HSV)
ジェローム・ボアテンク (バイエルン)
ホルガー・バトシュトゥバー (バイエルン)
ベネディクト・ヘーヴェデス (シャルケ)
マッツ・フンメルス (ドルトムント)
フィリップ・ラーム (バイエルン)
ペア・メルテザッカー (アーセナル)
クリスティアン・トレッシュ (ヴォルフスブルク)

MF
マリオ・ゲッツェ (ドルトムント)
サミ・ケディラ (レアル・マドリー)
トニ・クロース (バイエルン)
トーマス・ミュラー (バイエルン)
ルーカス・ポドルスキ (ケルン)
メスート・エズィル (レアル・マドリー)
マルコ・ロイス (ボルシアMG)
ジモン・ロルフェス (レヴァークーゼン)
アンドレ・シュールレ (レヴァークーゼン)
バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)

FW
マリオ・ゴメス (バイエルン)
ミロスラフ・クローゼ (ラツィオ)
カカウ (シュツットガルト)

----------

もちろん!
我がバイエルンからは堂々8名選出!
前回辞退&離脱していたケディラ、ゴメス、ロイスが復帰したぐらいで、今回は特にサプライズはありません。

ところで
11日のベルギー戦はドイツホームなので、フジさんでLIVE中継あります!やったー!ダニエル!ダニエル!o(^∀^)o←そっちか

というわけで今回は特別に、ベルギー代表のメンバーもアプしてみます。
7日カザフスタン戦(ブリュッセル)、11日ドイツ戦(デュッセルドルフ)です。

----------
GK
ティボー・クルトア (アトレティコ)
シモン・ミニョレ (サンダーランド)
Olivier Renard (メヘレン)

DF
トビー・アルデルヴェイレルト (アヤックス)
ローラン・シマン (スタンダール)
ヴィンセント・コンパニー (マンチェスターC)
ニコラ・ロンバーツ (ゼニト)
セバスティアン・ポコニョリ (スタンダール)
ダニエル・ファン・ブイテン (バイエルン)
ヤン・フェルトンゲン (アヤックス)

MF
スティーブン・デフォール (ポルト)
マルアヌ・フェライニ (エヴァートン)
エデン・アザール (リール)
ダヴィド・ウベール (ゲンク)
ドリース・メルテンス (PSV)
バディス・オジジャ (ブルージュ)
ティミー・シモンス (ニュルンベルク)
アクセル・ヴィツェル (ベンフィカ)

FW
イゴール・デ・カマルゴ (ボルシアMG)
ムサ・デンベレ (フルアム)
ロメル・ルカク (チェルシー)
マルヴィン・オグンジミ (ゲンク)
ビョルン・フレミンクス (ブルージュ)
イェレ・フォッセン (ゲンク)

----------

大変気になってはいるのですが、ドイツ、オランダに加えてベルギー代表まで追っかけていてはさすがに身が持たないので、普段は泣く泣く、勝敗checkぐらいしかできておりません。
そんなわけで知らん名前ばっかり。じぇんじぇん読めないので、UEFAの日本語サイトを参考にカタカナに起こしてみましたが、読み方が違う選手もたくさんいそう…(汗)
ファンブイテン以外の目下のワタシの注目はもちろんPSVのメルテンスです。今夏加入した新戦力ですが、左SHや3トップの一角として大活躍、ほぼ毎試合ペースでゴールもばんばん量産中、PSVの好調に貢献しております(はず…。実はPSVの試合も殆ど勝敗checkのみなので(^^ゞ←雑)。

トルコとの厳しい2位争い。2ポイントの後れをとっておりますので正直難しいだろうとは思ってますが、数字に可能性がある以上は、あきらめないでプレーオフへの望みをつないで欲しいのよ…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

EURO予選に向けてのオランダ代表メンバー

EURO2012予選・10月7日モルドバ戦(ロッテルダム)、11日スウェーデン戦(ソルナ)に向けてのオランダ代表招集メンバーです。

----------
GK
ティム・クルル (ニューカッスル)
マールテン・ステケレンブルフ (ローマ)
ミヘル・フォルム (スウォンジー)

DF
カリド・ブーラルーズ (シュッツットガルト)
エドソン・ブラーフハイト (ホッフェンハイム)
ジェフリー・ブルマ (HSV)
ヨリス・マタイセン (マラガ)
エリク・ピーテルス (PSV)
グレゴリー・ファン・デル・ヴィール (アヤックス)

MF
マルク・ファン・ボメル (ミラン)
ナイジェル・デ・ヨンク (マンチェスターC)
ヘドヴィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア)
スタイン・スハールス (スポルティング)
ケヴィン・ストロートマン (PSV)
ラファエル・ファン・デル・ファールト (トッテナム)
ジョルジニオ・ヴァイナルドゥム (PSV)

FW
エリエロ・エリア (ユヴェントス)
クラース=ヤン・フンテラール (シャルケ)
ルーク・デ・ヨンク (トゥエンテ)
ディルク・カイト (リヴァプール)
ロビン・ファン・ペルシー (アーセナル)
アリエン・ロッベン (バイエルン)
イェレマイン・レンス (PSV)

----------

先日お伝えしました通り、重傷を負った(号泣)アフェライ(バルセロナ)は招集外です。
さらにスナイデル(インテル)も故障のため辞退。何やら内転筋の筋線維が断裂、と読めますが…(汗)それってあまりただごとでない気がするのですが、インテル関係のニュースを見ても「スナイデル故障により欠場」程度で、あまりメディアに騒がれてませんよね…。断裂じゃなくて損傷なのかな…?
ハイティンハ(エヴァートン)は膝がなんとやら、とか…。CBはブーラルーズが務めることになるのでしょう。ブーラルーズと言えば、ゆうべのブンデスリーガでゴールを決めたらしいですね。やったね(^^)v

他、バベル(ホッフェンハイム)、ヤンセン(アヤックス)、フラール(フェイエノールト)が、予備招集から落選です。
バベルの久しぶりのラインナップは話題になりましたが、結局落選で残念。
もはやヤンセンとフラールは、このぎりぎりラインの常連になってしまってます。おかげでフラールは未だに顔を覚えられん…。
あまりよく知らないのですが、ヤンセンはここのところパフォーマンスがよくないようで、批判されたりしてるのですか?本来の役割と違う仕事をさせられてるのかな?う~ん…

それにしても、欧州各国のいろんなクラブからバラエティーに富んだ選手がラインナップされるのが、オランダ代表の魅力のひとつではありますが、そんな中、ここのところPSVの選手が占める割合が大きくなってますね(^ー^)(夏の移籍の結果ではありますが)
なんとチーム最多の4人です!素晴らしい☆(レギュラークラスはピーテルスだけだが←そゆこと言わない)

そしてロッベン~~!今度こそ今度こそ合流してくれよぅ~!

----------
おまけのオランイェ・ファンボメルネタ

オランダの「ディスニー・チャンネル」にて、毎週日曜日に放送中の子供向けオランダ代表応援番組(?)「JongeLeeuwen」。
たぶん9/18放送分ではないのかなと思いますが、ちびっこレポーターの代表選手へのインタビューコーナーに、ファンボメルが登場!

↓こちらは番組未収録分ぽい。「これまでの中でベストの監督は?」と聞かれてるようですが、具体的人名を挙げずに何やらいっしょけんめい説明しているようです。

こんな番組があることを今回初めて知ったのですが、どうやらこの9/11から、「シーズン2」が始まったみたいです。
ようつべで検索もできますし、番組HPからも「シーズン1」の映像が見ることができます。
ハァそれにしても、オランダのコドモたちがうらやましいぜ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »