« 今夜はオーストリア戦 | トップページ | EURO予選:ドイツ対オーストリア »

2011/09/03

「俺たちはまだ何も勝ち取ってはいない」

(※追記訂正入れました)

110901 heart01heart04

それにしても隣のお兄さんがあのイケメン・ピーテルスとは信じがたいのだが…

当初の予定だった、10日後にMRIを撮るという話はどうなったのか、この後の試合でスタメン予想されているファンボメルです。
今回あまりトレーニング動画や写真が上がってなくて(ワタシが探せてないだけかも)、チームとトレーニングをしている姿をとんと見かけてないので

110830 こういうのとか

110830_2 こういうのとか

110830_4
こういう、別メニューで調整しているところだけ。

そんなファンボメルですが、先日ちょこっと紹介しました通り、なんとこの夏、あのマンチェスター・シティが獲得を目指した、ということが明らかになりました。日本語ニュースにも出ましたからご存知の方も多いと思います。
Goal.com「シティがファン・ボメルを狙っていた」
こちらにはダルマメタボ代理人のコメントしか出てませんが、元ネタ(VI)の方にはファンボメルのコメントも出てます。FIFA.comにも記事が出てましたよ。英語なので読みやすいです。

「シティは昨シーズンの冬に、俺を獲得しようとしたクラブのひとつだ。彼らからの興味はどこからともなくやって来たというわけでもなかった。だがACミランの立場は非常に明確だった。そして俺は(ミランと)いっしょにやって行けてるんだ」
「俺はここでサッカー選手としてとてもいい感じだし、信頼もされている。家族もここを家のように感じている」

そういえば冬にマンCの名前は上がってましたね。
しかしファンボメルはミランを選んだ。
どーだ!
ファンボメルはお金でチームを選ぶような選手じゃないんだぞー!
ヤツはいつだって、サッカーのことを第一に考えて行動するのだ!
と、ミュンヘン方向(ってかカールさん)に向かって叫びたいねアタシゃ。
いや、あのマンCだから、ミランより高額なオファーを出したに違いないと勝手に決め付けて言ってますが…(^^ゞ だってミランはそんなに金無いはず(略)

でもそのマンCが、この夏も欲しがってくれたことはありがたいことですよね。ヤヤ・トゥーレが一時的に離脱するから、というのは、俺のファンボメル様に対してちょっと失礼な気もしないでもないですが(^_^;)。しかしミランは「ファンボメルは売らん」と断ってくれた。ファンボメルを必要としてくれてるからこそ、と思いたい。これも嬉しいことです。

その後ADの方にも少し話をしています。本紙の方はもっと詳しいのでしょうが…

「(マンCからの)興味は光栄なことだった。34歳の俺がレベルを維持できているということを示しているね。だがミランは即座に(移籍は)禁止だ、と言ったんだ」

ちなみにこのADには、セリエAの優勝争いはミラン、インテルの他にラツィオ、ナポリ、ユーヴェが候補だろう、という話等もしているようです。
1節はストライキで延期になったセリエAですが、2節は無事に開催されそうな流れです。ということは…開幕戦はいきなりクローゼとの対戦に…(汗)そしてすぐ数日後にCLバルサ戦と…(((゚Д゚;;)))

そして試合当日の本日、Telegraafにも、ファンボメルのコメントが出てました。こちらはオランダ代表キャプテンとして。
オランダがFIFAランキングの1位になったことを受けて、「世界最高のキャプテンとして初めて出場するファンボメル・・・」という書き方に、じーんと来ます。しかもその舞台は心の故郷、PSVのホームであるアイントホーフェンなのだから、是が非にでも出場したいに違いないよ…。

その世界最高のチームであるオランダ代表の主将ファンボメルですが、
「とても特別で素晴らしいことだ。だがランキングのトップにいるからって、まだ何も勝ち取ってはいない」
と、ここで満足してはいけない、と、ファンボメルらしいハングリーな思いを表明しているようです。カッコいーなー(^ー^)
「このこと(ランキング1位)は、たとえ偉大な賞賛がなくても、俺たちがチームとして、長い期間においてハイレベルなアスリートであることを示している」
「いち選手同様、チームが、1年間だけうまくやって行くことは、時に簡単なこともある。だが何年にも渡って維持したいと思ったら、確かなメンタリティを保持しなければならない」

他にもEURO本戦に向けたアグレッシブな思いを語ってますが時間切れなので断念(こらっ)。
俺たちが外国の強豪リーグに沢山在籍していることが重要だ、とか、みんながEURO2012大会に出たいと思っている、代表チームから落選したい選手なんかいない、みんなヨーロッパチャンピオンになれると思っているからだ、最高の状態でフィットしている選手が使われる、ポジションも守るために誰もがハードワークをする、だからこそトレーニングのレベルが上がるし、チームのコンディションがさらに良くなるんだ、とかなんとか言ってるようです。

さてそんなオランダ代表ですが、間もなくEURO予選・サンマリノ戦です。
相手が相手なので、勝ちは当たり前、と誰もが予測しているわけですが…。こうなると内容も求められます。快勝をお客さんは期待しています。

ファンボメルはスタメンで出るにしても、結局ふくらはぎの様子はどうなのでしょう。
もう痛みは全然ないのかね。いずれにしても、試合に出ること自体がかなり久しぶりですし、無理はしないかも知れません。前半だけで交代かも…。
この夏PSVに入団したストロートマンとWボランチでコンビを組むことが予想されてます。
ストロートマンは今PSVで、ファンボメルがかつて付けていた6番を背負っています。何かこう、感慨深いものがありますよ…。たしかコンビを組むのは初めてだと思いますが、イイ感じで機能するといいなー。

そして1トップはフンテラールファンペルシはなんと右SHを担当するであろうことも事前に明らかになりました。

諸事情によりLIVE観戦は出来ませんが(´・ω・`)、がんばってね!楽しく勝ってね!

|

« 今夜はオーストリア戦 | トップページ | EURO予選:ドイツ対オーストリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/41475868

この記事へのトラックバック一覧です: 「俺たちはまだ何も勝ち取ってはいない」:

« 今夜はオーストリア戦 | トップページ | EURO予選:ドイツ対オーストリア »