« ブレーノの自宅が全焼 | トップページ | 4節:ミラン対ウディネーゼ »

2011/09/21

6節:シャルケ対バイエルン

(ドイツで)一夜明けて、ネルリンガーSDがブレーノを見舞ったそうです。
「彼はショックを受けていました。しかし順調です。彼に何事もなかったことを嬉しく思います」
とコメント。順調とか何事もなかったいうのは、身体的な話と思われます。

そういう事情ですので、ちょっとテンション抑えめにいきますね。どのみち、(話せば長いことながら)録画映像が残ってないのであまり詳しく思い出せないし…。

その前にこちらを

110919_fotoshooting1
試合の翌日、毎年恒例、スポンサーであるPaulanerの広告の撮影が行われました。

110918_jupp キメ

110919_petersen キメ

110919_usamineuer
「なんだこりゃ、サスペンダーの使い方がわかんねーのか?」「テヘッ」

110919_fotoshooting3
別パターンの広告はこの7人。監督は?
それにしてもボアテンク…。ワタシ的「ワースト革パンドレッサー2011」であります。似合わん…。起用するのであれば、せめてヒゲとメガネをなんとかさせて欲しかった…。

110919_fotoshooting4
宇佐美、未成年ですがしっかりビールを手に持って乾杯です。いいのか?まぁ、たしかドイツの法律ではOKだと思いますが…

キャプってみた
110919_kickertv
リベリといっしょで極上スマイルのダニエル(右隅)

110919_kickertv2
ベルニィをナデナデするオリッチ

そんな楽しいバイエルンの楽しい勝利です。

11年9月18日 ブンデスリーガ 第6節 シャルケ04 0-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
ノイアー(3) - ラフィーニャ(3.5)、ボアテンク(3.5)、バトシュトゥバー(2)、ラーム(2)[C] - グスタヴォ(3)、シュヴァインシュタイガー(2) - ミュラー(2.5)、クロース(2)、リベリー(1.5) - ペーターゼン(3)

交代:ティモシュク(2.5)(43グスタヴォ)、アラバ(71ペーターゼン)、コンテント(90+1クロース)
サブ:ブット、ファンブイテン、プラニッチ、宇佐美

得点:ペーターゼン(21リベリー)、ミュラー(75リベリー)
カード: クルーゲバトシュトゥバー

MoM:リベリー
今節のベストイレブンにラームバトシュトゥバーリベリが選出

ノイアーに対するブーイングは想像以上に酷いものでした。
画面に映っていたゴール裏のサポは鬼の形相で中指を立て拳を振り上げ、怒号を浴びせていました。
110918_judas
こんなの全然かわいい方。
Bildにアプされていた、ノイアーの首つり人形には背筋が凍りました。ここまで来るとさすがにクレイジーだと思います。「さすがシャルカー、熱いねぇ」とも思えませんし、理解も共感もできません。
ノイアーとて、世界最高峰のGKではありますが、それ以前に25歳のいち青年、心ない中傷に傷つく心を持っているんだということを少しは考えて欲しいと思いますが、いわゆるナントカの壁というヤツで、言ってもムダでしょうから、本人たちが飽きるのを待つしかないんでしょう。

しかしそんなノイアーは(少なくとも見た目は)落ち着いて、そつのないパフォーマンスでしたね。安心しました。

110918_neuer
似てる…

110918_neuer2
こうしてシャルケの面々の中で溶け込んでるのを見てると違和感ないんですが…(汗)
後ろのマスコット君(名前知らん)もよくわからなくなって小首をかしげているように見えるよー

110918_petersen
カッコいい写真

ゴメスの代理としてワントップを務めたペーターゼンが先制点を決め、なんとか仕事を果たしたのでホッとしました。
まぁ、正直言えば、「えぇーっ?sweat01それを外すか!」と脱力したシーンもありましたが、チェルシーのトーレスに比べたら大したこと、じゃなくて、まあ、許容範囲かな、と。
フジさんの実況の青嶋アナが「マリオゴメスだったらぁ~(汗)」とか言っていた気がしますが、むしろゴメスっぽいジャン(苦笑)、と思ったワタシであります。
まだまだ発展途上。長い目で見守ってやっておくれ。と、何故かペーターゼンには甘い自分。なんでだ?別に特別大好きモエー、というわけではないのですが…
でも、甘やかすつもりはないので、あまりにいつまでも結果が出ないようであれば、その時は厳しく叱咤激励する所存です。(でもイラネとか、どこかへ売っちまえ、代わりに誰それを、とは絶対に言わない)

まあ、それもこれも、勝ったから言える話ではあります。
試合そのものは、特に前半は白熱した、わくわくする好ゲームだったと思います。
攻守の入れ替わりが激しく、ボールもひどく落ち着かない状況の中でも、なんでゆうんでしょう、きちんとボールを足元に収めてゲームを優勢に進めたバイエルンはさすが上手い、レベルの高さを感じました。(もちろんサポのエコヒイキですが何か?(・∀・))

だんだん時間が経つにつれてシャルケの方に疲れと焦りが出てきた頃からは楽勝ペースだったような。
ミュラーのゴールは、パパドプーロスのクリアが目の前にこぼれて来たのを押し込んだという、少しラッキーなものではありましたが、おかげでぐっと気持ちに余裕ができ、今節も無事に無失点でゲーム完成!

当初ノイアーに対して威勢よく中指を立てていたシャルカーのおっさんが、完敗にシーンと押し黙ってしまっていたのが印象的でした。(同一人物だったかどうか定かではありませんが…)

というわけで、ナニゲに首位に並ばれていたブレーメンが引き分け、バイエルンが勝利したため、これで単独首位になりました。しかも他の公式戦も合わせて堂々8連勝、さらに無失点も更新中!よしっ!

おまけ
110918_tymo
大サービス☆

余談
う~ん。やっっぱり写真の質も良くないですね。当面、写真の添付も最低限に控えます。

|

« ブレーノの自宅が全焼 | トップページ | 4節:ミラン対ウディネーゼ »

コメント

毎日楽しみに読んでいます。
ペーターゼンは得点はしましたが、連携はイマイチですね。チームで浮いてるというか遠慮しているというか。ミュラーのようなふてぶてしさや貫禄がほしいところです。化ければ大きな戦力になると思うので気長に見守ろうと思います。僕も結構好きなんですよね。なんせミロの後釜ですから。
それにしても怪我人が増えてきましたね。ラーム、シュバ、リベリら主力に怪我がないことを願います

投稿: ミロ | 2011/09/21 03:16

また完封ですね。決定機すらなかったような(フンテラールのシュートミスくらいか)
ボアテングは体張って採点以上に良い印象でした。

怖いのは怪我だけと言えちゃうような順調さですから。ようやくの中一週間はデカイですね。今週の他リーグはミッドウィークでリーグとカップ戦こなしてますから。
まあさらに薬屋、シティと難関続きますが乗り切って欲しいです。特にシティ戦には「ブンデス、メガクラブの意地」と勝手ながらテーマを設けて熱くなっております。
ロッベン頼むよ!

投稿: アナベベ | 2011/09/21 10:35

こんにちは(>Σ<)
シャルケのガツガツぶつかってくる感じに怪我しそうでヒヤヒヤしながら見てました!
もっと点差開いても良い感じの試合でしたねup
ちょっとトニクロがシュート打とうと貪欲になった結果球離れが少し悪くなったような気もしましたが心配しすぎですかね(笑)
ウッチーが看板どかしてまでスローインしたのにたいして飛ばない反面
シャルケの左サイドバックの彼のスローインの飛距離のすごさ(笑)

マルフォイは柳沢みたいなシュートもあったけどでもなんかちゃんとラストパス来る場所にいる嗅覚に可能性を感じます★

バルサミラン見た直後にバイヤン戦見ただけに打倒バルサのためもっと強くなってもらわねばと感じました★

投稿: TK | 2011/09/21 13:09

> ミロさん
いろいろとトラブルもありまして、blogが日に日にグレードダウン、テンションダウンしていってる感があり、ご迷惑おかけしております m(__)m 早めにスッキリ解決させたいものですが…。
そうですね、ペーターゼンはガツガツしたところがあるともっといいですね。てかミュラーの肝がデカすぎる気もしないでもなくcoldsweats01
まだまだゴメスの器ではありませんが、上手さはあると思うので慣れてくればイイ感じに成長してくれるものと期待です。
そんなペーターゼンに周りがいっしょけんめいゴール決めさせようとお膳立てしようとしてるのがほほ笑ましくもあり。なんというか、今シーズンのバイエルンはそんな余裕があるんだなぁとか妙に感慨深いですconfident
リベリは今のところ大丈夫ですが、やはりハラハラしますよね(汗)彼が離脱したら恐いです。ラームやシュバも同様に困りますが、彼らは絶対に怪我しないものと決め付けてかかってる自分がいます(苦笑)

投稿: コリアンダー | 2011/09/21 16:05

> アナベベさん
シャルケサポたちも、最初のうちはノイアーがボールを触るたびにブーブーピーピー言ってましたが、だんだんノイアーの出番が少なくなるにしたがって、ブーイングするタイミングを逸してる感じでしたね。良いことです。
うまく行きすぎて逆に、この完封記録も途切れる時が来るのがちょっぴり恐いです。って、なんてぜーたくな!coldsweats01昨シーズンを考えると夢のようです…
ハードな日程に備えて今週はみっちり英気を養って、怪我人はコンディションを整えてきてもらいましょう。
マンC戦にロッベン間に合うといいですね。「メガクラブの意地」を新参者に見せつけなくては!

投稿: コリアンダー | 2011/09/21 16:17

> TKさん
パパドプーロスを「クラッシャー」なんて紹介してましたけど、そんなアダナは恐すぎます(汗)。グスタヴォは打撲で済んだみたいですし、大きな怪我人が出なくて良かったですね。
もう2点ぐらい入ってしかるべきでしたけど、まあ、ワタシ的にはじゅうぶんな結果と内容です。
トニクロはだいじょぶだと思いますよー?
わはははは、確かにウッチーのロングスローは大したことなかったですね。ただ守備では、あのリベリに当たり負けてなくてなかなか良かったですね。イケメンのくせに…smile
人の良さそうなマルフォイ(笑)ですが、ポテンシャルはのぞかせてますね。
守備力が上がったバイエルンですが、バルサ相手に勝利するにはまだまだ精進する必要があるかも知れませんね?う~んでも(絶好調の)ロッベリーと神出鬼没のミュラーでもって、逆にこっちからガンガン行けば勝機はあるかも?☆←当分先だと思っててきとう大風呂敷

投稿: コリアンダー | 2011/09/21 16:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/41866696

この記事へのトラックバック一覧です: 6節:シャルケ対バイエルン:

« ブレーノの自宅が全焼 | トップページ | 4節:ミラン対ウディネーゼ »