« 6節:シャルケ対バイエルン | トップページ | 今夜はレヴァークーゼン戦&今夜はチェゼーナ戦 »

2011/09/23

4節:ミラン対ウディネーゼ

11年9月21日 セリエA 第4節 ACミラン 1-1 ウディネーゼ・カルチョ

アッビアーティ - アバーテ、ネスタ、チアゴ・シウバ、ザンブロッタ - ノチェリーノ、ファン・ボメル、セードルフ[C] - アクイラーニ - パト、カッサーノ

交代:エル・シャーラウィ(21パト)、エマヌエルソン(69アクイラーニ)、インザーギ(85ザンブロッタ)
サブ:アメリア、ジェペス、タイウォ、ヴァローティ

得点:ディ・ナターレ(29)、エル・シャーラウィ(64)
カード: ザンブロッタノチェリーノアバーテドミッツィ

勝てまへんな~。

110921_4

失点はアッビアーティのポロリを押し込まれたものでした。(とはいえ、ディ・ナターレをフリーで飛び込ませるまま放置していたファンボメルにも責任がないとも言えませんが…それを言うのはちょっと酷ですね)
そんなミスからの失点はなかったことにしたいので、是が非にも勝ちたかったのですが、どうしても点が入らず、非常にフラストレーションのたまる試合でした(>_<)

パトが途中で、ハムストリングを痛め交代退場してしまったことが、ミランの攻撃が薄っぺらくなってしまって、ゴールが遠かった一因かも知れません。
……。
まあ、ようけ怪我するお人よのう(-_-;)
ワタシがミランの応援を始めて半シーズン+α、の中で、パトはどうも、2~3試合出場してはどっか痛めて4~5試合欠場、と、ロッベリと張るぐらい(張らんでよろし)のスペランカー体質だという印象ですよ…。
しかし、慣れた足取りでさっさとベンチに引き上げどっかと座って「僕もうダメだもんね」と言わんばかりの態度や、試合中なのに客席のロビーニョ一家と楽しそうに談笑していたのはやっぱりいただけません。申し訳ないのですがイラッとしてしまい、心配するより先に「なんなん?」と、うんざりしてしまったというのが正直なところです。

結局その後ミランから公式発表がありまして、パトは案の定ハムを痛めて4週間の離脱だそうです。困ったねぇ。困ったけどしょうがない。早くイブラヒモヴィッチ帰って来てー!ボアテンクも!

までも、代わりに出場した期待の新戦力エル・シャーラウィがミランを連敗から救うゴールを決めて、ポジティブな見せ場を作ったのはとても良かったです(^^)。

110921_9 闘魂注入!

ファンボメル兄貴がガツッと熱く祝福しているシーンは男らしくてシビれましたねぇlovely
それまではなかなか攻撃組織の中にうまく入れていない印象で、そんなシャーラウィをカッサーノが気遣ってせっせとお膳立てしている風なのが面白かったです。
そして、おそらく世界中のミラニスタが待ち望んでいたインザーギ投入後も、その大大先輩であり「サッカー界の宝物(byすかぱ解説倉敷さん)」にチャンスを譲ろうとはせず、自分で強引にシュートを打ったり横取りしたりのKYっぷり(^_^;)。
いや、そのふてぶてしさ、嫌いじゃないゼ。
インザーギも若いライバルに(自分の年齢の半分以下!)、モチベーションを燃やして張り切ってくれるでしょう。

話は元に戻りますが、そんなわけで、攻撃はぺらぺらのスカスカのワンパターンでしたね。
主にセードルフが中心になって気の利いたパスやクロスを配給し、カッサーノ個人技で打開ヨロシク、時々ザンブロッタアバーテノチェリーノが上がって。
で、誰がシュートするの、どうぞどうぞ、いえあなたがどうぞ、でもコース開いてないし、どうしよっかなえーっと、とモタモタやってる間にGKにセーブされたり相手のDFにからめとられたり(そしてカウンターを食らうというおまけ付き)、の繰り返し。

そんなじじくさいサッカーしてて、どのクチでCL制覇とか(略)

バイエルンが優勝するからいいんだもん、とは思わないのです。
それはそれ、これはこれ。
むしろCL決勝で、バイエルンとミラン(ファンボメル)とどっち応援したらいいのか、ワタシを本気で困らせて欲しいのですよ。まったくもう。

とはいうものの、試合内容もファンボメルのパフォーマンスも、けして悪くはなかったのですよ。
(怪我人事情も大きいとは思いますが)左SB以外、前節ナポリ戦と同じメンバーで臨んだので心配でしたが、完璧に立て直してきましたね。
いつも通り、ミランらしい、組織的な守備ブロックをきっちりがっちり。
さらに、あのカッサーノまでもが引き続き守備を!(゚∀゚)
ファンボメルに「下がって守れ!」と指示されて、「おぅ、めんどくせーな」(?)と、相手選手を突き飛ばしてファウルくらったりしてますが…(^_^;)まあ、守備をやろうというその意識がまずは大事なのです。

そして、それまでのミランがどうだったのかよく知らないので比べられないのですが、うかつにあきらめたりしないのは好感です。
今節はホームですし、ウディネーゼが慎重に引き気味だったというのもありますが、ミランの終盤の攻勢は、どうしても勝つんだ!という気持ちが感じられました。
ファンボメルもリスクを冒して前目に出ていたし。
・・・・・・まあ、本気出すのが遅いんだよ、という気もしないでもないですが。

ともかく、あまり悲観する試合内容ではなかった、ということです。
ただ、結果がねぇ…(汗)
ミランは負けにくいチームであるとは思いますが、昨シーズン以上の結果を求めるのであれば、勝てるチームでないと、意味がないのです。
嗚呼~勝ちたい。勝利が恋しい。

おまけ
110921_gattu
痛々しい…(涙)

パトよりもイブラよりもボアテンクよりも、ワタシが一番心配しているのはガットゥーゾです。
ミラン公式により、「第6神経の麻痺」が伝えられています。
イタリア語や英語では記事になったりしてますが、けっこう重大な事態なのに、どうして日本語のサッカーサイトで取り上げられないのか不満です。

第6神経について(こちら「神経痛の大辞典!」から引用)

外転神経(外転神経は眼を動かす6つの筋肉のうちの眼を外側に動かす外側直筋を支配する運動神経です。)

あと、ちょっと古いリンクになりますが、こちらから。医学サイトらしく、用語が難しくてようわかりませんが、症状としては、両眼複視(両目で見た時に物が二重に見える、片目だとOK)、眼球が外側に動かない(つまり寄り目)、等があるそうです。
原因は様々であるらしく特定するのは難しそうですが(てゆーか読んでるとどんどん恐くなる(((TдT))))、上の写真を見る限り少なくとも右目は外側に動いてるみたいだし、ともかく、最後の一文

多くの患者で,基礎疾患が治療されれば第6脳神経麻痺が寛解する。特発性麻痺は通常2カ月以内に軽快する。

に、望みを託したいです。

|

« 6節:シャルケ対バイエルン | トップページ | 今夜はレヴァークーゼン戦&今夜はチェゼーナ戦 »

コメント

「こわれそ~な~も~のばかり~、あ~あつめて~しま~う~よ~♪が~らすの~ミラン~♪」
いやもう、洒落にならない程の怪我人っすね。
「ミランラボは何しとんのじゃあ!!」とイタリア方面に向けて叫んでも虚しいばかり…。

おっしゃるようにガッツさんの目の具合は一番心配ですよね。
もうね。あれっすね。ミランはお祓いをするべきですね。
シャ==!!ぱっぱっ!(塩)
ボメやんがご無事なのが不幸中の幸い。

こんなボロ屋台でも、頑張れ!!ミラン!
「ミーラコーロ!!」と欧州サッカー界を驚愕させるような快進撃を期待しまっす。サッカーの神さま~!

投稿: ボバン | 2011/09/23 21:12

とにかく怪我が多い‥
これだけはどうしようもない…のか?
パトに関しては「またか」て感じです。ロッベンといいやはりエースは頑丈でないと。怪我をしない!というのも立派な要素ですから。


そしてブレーノに関して、妙な続報が入ってきました…‥

投稿: アナベベ | 2011/09/23 21:43

> ボバンさん
♪泣かなーいでー、泣かなーいでー、さよならはまちがいだーよ♪←うろ覚え
いやもう、おかしいでしょ、こんなの!(怒)かんたんに数週間~数カ月規模の重傷を負いすぎる。
メディカルもアレですし、フィジカルスタッフもアレなんじゃないですかね。もっと壊れにくい体づくりを作ることも考えて欲しいです。
今は大きな怪我をしていませんが、ファンボメルのことがものすごく心配です。
力強いお祓い恐れ入ります!ではワタシもぱっぱっぱっー!(塩)
ガッツの眼が心配です。治療は進んでいるのでしょうか…。スッキリ治るものなのか…。ミランのメディコは信用なら…い、いえ、ヨロシクお願います(涙)
こういう時だからこそ「俺たちがやらねばー!」と一致団結してパワーアップしないもんですかね。イブラやボメのような、勝者のメンタリティを持ってる助っ人が引っ張って欲しいものですが…。

投稿: コリアンダー | 2011/09/24 01:58

> アナベベさん
いや、内心では、どうしようもないことはないと思っています。トレーニング等で、かんたんに壊れない体力づくり、試合の際にも加減を心得た、無用な接触をしないで済むプレーができるよう指導するとか、負傷を未然に防ぐためにクラブができることはあるはずなのです。ガッツの眼は仕方ないですけど。
パトが怪我をしすぎる、というので、ついに緊急会議が開かれたらしいです。これを機会に、しっかり話し合って、見直して欲しいと思いますよ、いろいろ。

ブレーノ…。
穏やかじゃないニュースがいろいろ出てますね。バイエルン公式からも声明が出る事態に(汗)。
どれが事実でどれがマスコミの憶測なのか、注意深く見守って行きたいと思っています。

投稿: コリアンダー | 2011/09/24 02:10

ミランのみならず、欧州の様々なチームで主力選手らの離脱が多いですよね。
そのお陰なのか、はたまた監督のせいなのか、新戦力組とまだ噛み合わないのか、
それこそ今の実力なだけなのか、開幕戦の延期でケチがついたのか、どこぞのエロ
ジジィの不徳の致すところなのか(関係ありません)、
特にセリエAでは三試合を終えた時点で、それはもう大変面白い展開になっちゃって
ます。が、ミラニスタ、インテリスタ、ロマニスタ、ラツィアーレにとっては 

Σ( ̄ロ ̄lll) と …ヽ(゚◇゚ )ノ… と (ノ`⊿´)ノ:・'.::・┻┻:・'.::・ と ・゚・(ノД`;)・゚・ だよ!!

……と、後ろの背後霊(誰かの生霊?)がおっしゃってました。

まだ始まったばかりなので今から騒いでも仕方ないですけど、今度の5~7節あたりが
時期的にも対戦チーム的にも、手近なターニングポイントになるのかな、と思ってます。
インテル対ナポリ、ユーベ対ミラン、ラツィオ対ローマ‥。そして、CL・ELやEURO予選
との絡みとか。
それにイブラヒモビッチや、ブンデスでもロッベンなどお馴染みの面々が、次節で復帰
の可能性がありと報じられてましたし。

投稿: 黒白 | 2011/09/24 07:48

> 黒白さん
わー、ちゃぶ台ひっくり返しちゃった(汗)→ロマニスタのみなさん
あれあれ、ラツィアーレさんたちは・゚・(ノД`;)・゚・ なんですか?良く知らないのですがラツィオは確かクローゼの逆転ゴールで勝ったと小耳にはさみましたが…
まあ、確かに、波乱がいっぱいの面白いシーズンスタートにはなりましたですねぇ。ミランだけは波乱と関係ないところにいて欲しいのに(´・ω・`)
ストライキのせいで予定が狂った、なんて話も出てますね…。
そうですね、おっしゃる通りだと思います。ここらへんを確実に抑えられないようだとちょっと…
てかそうなのです、CLを挟んでユーヴェ戦なのですよ。またも緊張を伴う相手と…(((゚Д゚;)))ガクガクブルブル
ピルロ絶賛記事を見ると、それに引き替えウチの愛すべきモジャモジャ将軍は…申し訳ない…と凹みます。
イブラは今晩の試合ではまだ無理のようですが、ミッドウィークのCLで復帰しそうです。復調を期待しましょう。

投稿: コリアンダー | 2011/09/24 15:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/41923276

この記事へのトラックバック一覧です: 4節:ミラン対ウディネーゼ:

« 6節:シャルケ対バイエルン | トップページ | 今夜はレヴァークーゼン戦&今夜はチェゼーナ戦 »