« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

2011/08/31

4節:カイザースラウテルン対バイエルン

110829_fcb さすが似てる…

試合の翌日、ミュラーの古巣・兼・兄弟ジモンが所属する、TSVペールとのイベントマッチが行われました。
宇佐美が3ゴール挙げたとかで、ニホンのスポーツ紙が「親善試合で猛アピール!」などと能天気にポジティブに書き立ててるようですが、このようなイベントで、そんなアピールになったかどうか(^_^;)までも、こんな試合でも決められないようでは論外なので、良かったです。

気楽に楽しみましょーよ
110828_alaba

110828re

110828_mueller GK?

イベントだ、と先ほどから申しておりますが、しかし、バイエルンはちゃんとスター選手を出場させ、がっつりちゃっかり22得点(!)奪取、さらに、この試合の収益はペールの新しい体育館の建設費用に使われる、と。
世界に名だたるメガクラブでありながら、選手の古巣クラブのために、こういうささやかなイベントにも快く応じる、バイエルンのそういう家族的な温かさは、ワタシが最も好む点のひとつであります。
だから、まあ、なんですか。宇佐美が晴れてバイエルンに完全移籍となった暁には、そのうち日本に来て、ガンバ大阪と親善試合をすると思いますですよ。東日本大震災支援チャリティーマッチの約束は忘れてないはず。と、言いたかったのです。

前置きが長くなった。

11年8月27日 ブンデスリーガ 第4節
カイザースラウテルン 0-3 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110827_kaisersfcbfj
交代:グスタヴォ(83アラバ)、ペーターゼン(85ゴメス)、クロース(88シュヴァインシュタイガー)
サブ:ブット、ラフィーニャ、コンテント、プラニッチ

得点:ゴメス(37PK)、ゴメス(55PK)、ゴメス(69ミュラー)
カード: イビシェヴィッチ(90)  ペトショスロドネイフォルトウニスアラバ

MoM:ゴメス
今節のMVPにファンブイテンミュラーリベリゴメスが選出
マンデスターゲス今節のMVPにゴメス選出!

むっひょーー!!!!!
110829_kicker
(ポチすると実物大になります)
なんとなんと~!2節続いてのベストイレブン~~!!嬉しいよぅ~~!(T∀T)
いい仕事してたもんね。得点はなかったけれど、守備が光ってました。今節こそ、本業の守備できちんとと評価されたのは間違いないでしょう。実に嬉しい。DF冥利に尽きるってなもんです(^ー^)。

110827_kaisersfcbj

ええと。らくがきに時間をかけすぎてしまい(大したことないのに)、文章メンドくさくなったので省略。(え~)
ともかく、ちんたら流してる時間が大部分だったにも関わらず、ツボを得た試合運びで終わってみれば3得点で快勝したところがさすがだな、と。
そして今節も無失点。公式戦7試合(だっけ)終えて失点わずかですわよ!
同じDFのローテーションでも、ファンハールだと迷走トンデモ采配ですが、ハインケスだとちゃんと計算した上だと思うのは何故だ(^_^;)昨シーズンとは違いますよね。

みごとハットトリック!(うち2点はPKですが←しっ)kickerのMoMとMVPまで受賞したゴメスでありますが、ワタシ的MoMは断然ミュラーshineなのです。堂々の2アシスト(?)!
ゴメスもわかってると思う
110827_gomez
「コイツのおかげで~す♪」

ミュラーキレキレ、ラームノリノリ、リベリバリバリ、と、みんなが本分を尽くして、比較的思い通りの試合だったと思いますが、アラバだけが残念でした。
試合勘少し鈍っちゃいましたかね…。ロッベンの復帰が読めない以上、これは困ったよ。

あと、このような省エネサッカーが当たり前になってしまって、CLで通用するのか?いざ強豪相手になった時に、ちゃんとフルスロットルモードにスイッチできるのかな~?という一抹の不安も。

110825_fcb
こうして見ると改めて、すごいグループだな、と…(汗)。
ヴィジャレアルはバルサに完敗したようですが。マンCはもの凄かったですからね。ジェコがなんと4得点!
そのマンCがなんとこの夏、とゆうか先週(!?)、ファンボメルの獲得を目指したとか(即座にミラン側がお断り)、ハーグリーブス加入か?とか言われてます。
ハーグリーブスとCLで対戦することになるんでしょうか。ちょっぴり切ないけれど、彼が元気にプレーできたら、それでいいかな、という気もします。まだ決まってませんけど。

おまけ
110827_usami
出場メンバー外ではありましたが、遠征には連れて行ったもらった宇佐美。試合中はベンチにも座ってました。
出番がないから焦ったり苛立ったりしてるんじゃないとかとか、なんで使ってくれないのとか、宇佐美及びガンバファンの皆さんは思ってるかも知れませんが、ワタシはだいじょぶだと思いますけどねぇ。本人はわりとリラックスして、チャレンジを楽しんでると思いますよ。なんとなく。
懸念しているのは、やはり試合勘です。ネルリンガーがやけに気に入ってくれてるらしく、ずっとトップチームに置かれてます。それも良いのですが、たまにはリザーブチームで実戦積ませたらどうでしょうか、と思うのです。言葉の壁があるから難しいかな…

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/08/30

代表ウィーク!

更新が遅くなりました。
とても「見た」とは言えないレベルですが、今回はいろんな試合をつまみ見ながら見、楽しんでいたもので、そちらに時間を取られ…(^^ゞ
とはいえ、録画したシュツットガルト×ヘルタをまだ見れてないのですが…。オットル、クラフトの雄姿はもちろんですが、レルがkickerのベスト11になりましたね。どんな活躍だったのか、ながら見しながら(こらっ)楽しみたいと思います。

代表ウィークです。代表ネタをざっくり

110829_dfb 渦中の人

EORO2012で着用するドイツ代表のホームユニのデザインが公式リリースされたようです。
以前リークされた通りですね…。
まあ、こうして実際に着ているのを見ると、思ったほど悪くはない。
何度も言いますが、現在のユニフォームが出色のかっこ良さなので、これと比べるとどれもダメダメに見えますよ。

11_06_03_fsc1 (再掲)

アウェーはまだ発表されてませんが、緑色だよ!ということなので、たぶんコレ(↑)になるのでしょう。む~…
廃番になる前に、現行の超カッコいいshine黒のアウェーユニ買っちゃう~?でも白いホームも持ってるのに、ちょっともったいないかなぁ。もっぱら飾るだけだし…
記事はこちら
記事によると、ラームの他、シュバ、ノイアー、ミュラー、ポドルスキ、シュールレ、がプロモーションフォトに参加した(する?)ようで、どんな感じか楽しみですね!o(^-^)o

さてそんなドイツ代表ですが

110827_gomez2
「ダーッ!」

とかなんとか言ってる間にどこか痛めたのか、我らのゴメスが、太ももの筋肉が張っているとかなんとかで、代表戦を辞退しました○| ̄|_
GAORAでラウテルン戦を見ましたが、フトモモを激しく蹴飛ばされてるシーンがありました。もしかしてその時に痛めたのでしょうか?
ゴメスの代わりに、カカウが追加招集されたようです。

そして、さらに、ロイスも離脱したようです(こちら)。
なにやら、古傷、というか、以前から懸念されている問題があるようで…。代表キャンセルは実に4回目だそうです。確かまだ実戦デビューはしていないことだし、チーム的にはさほど痛手ではない気もしますが、個人的に見たかった選手なので、とても残念です・・・(T-T)
こちらは追加招集の情報はまだ出てません。

----------
いっぽうオランダ代表

110829_pieters

ブラジルでオネェちゃんとチューしたり(←根に持ってる)、「移籍してぇー!」と、所属クラブに対して敬意を欠く発言をしていたので、こちとらすっかりハートブレイク、行きたいんならとっとと行っちゃえよ、ふーんだっheart03とふてくされておったピーテルスであります。
憎いヤツよと思っても、つい条件反射でキャプらずにはいられないこのイケメンをどうしてくれよう。(知らんよ)
じゃなくて、そのイケメンピーテルス、移籍を熱望していたニューカッスルとの交渉が破談に終わったらしく、PSVに残留が決まったようです。そうなったからにはちゃんとクラブのために尽くしてちょうだいよ~。でも「あと1年だけプレーしてやるぜ」(そんな上から目線かどうかはわかりませんが)と言うところが実に憎らしい…heart03(PSVとの契約は2014年まで←オボロ)

ナイジェル・デヨンクファンデルファールトが故障により辞退です。
先日のプレミアリーグで対戦した両所属チーム、デヨンクの方は最初からメンバー外だったようですが、ラフィはスタメン、しかし途中でハムストリングを痛めて交代退場しておりました(T-T)
主力級のCH二人が離脱、(&ファンボメルも多分出場しないであろう←コリアンダーの個人的予想)ということで、スハールスが追加招集されました。
てっきりヤンセンかなーと思ってたのですが、ファンマルヴァイク監督によれば「オランイェのメディカルがアヤックスと話し合ったところ、テオは膝に問題があるのでプレーはさせられないということだった」そうです。

ピンキー・マラガさっそく負け○| ̄|_
110828_malaga

デミチェリスとマタイセンはCBコンビとしてうまくやっていけてるのかな…。あんまりイメージわかないんだけど。まあ、ただ、ドイツ語でコミュニケーションは取れるから、ディスカッション等は問題なさそう。
HSVの若返り政策のあおりをくって放出されたマタイセン、がむばっておくれよぅ。もちろんミーチョも。

110828_ruud
別にワタシは興味ないけど、もしかしたら好きな人がいらっさるかも知れないので(?)、ファンニステルのサービスショット。

いろいろあって(汗)、アーセナルの新キャプテンになったファンペルシーは、マンチェスターUとの試合で115年ぶりとかいう、とんでもない目に。かける言葉も…○| ̄|_
うっぷんは代表で晴らしてくれ!としか…(涙)


他の選手ばかりで、なんで肝心のモジャモジャキャプテンが登場しないのか?
……。何にも情報が上がってないんですよぅー!写真も動画も記事も、なーんにも!(T△T)
一夜明けたら、スミッコでもいいから、どこかに写ってる写真がアプされますよーに…。もっとも、出場は期待してませんけど…。

----------
ベルギー代表

ファンブイテンはアキレス腱が痛いらしく、少なくとも2日のアゼルバイジャン戦は欠場です。
○| ̄|_
どこで痛めたのかははっきりしません。ラウテルン戦で「ん?」と思うシーンはありましたが、90分プレーしましたし、翌日のイベント試合にも出場したみたいですし。

ちなみにフェルメーレンも先日のプレミアリーグで痛めたらしく、こちらも欠場が決まりました。

キャプテンと副キャプテン、しかもCBの二人が欠場ということになりました…。
ファンブイテンはせっかくバイエルンでの評価が上がっているところだったのですが、怪我ないのが何よりですから…。クラブでのプレーに影響が出ませんように…。

【一夜明けて追記】
110828_wijnaldum
かわいい。

オランダ代表公式facebookとか、こちらのページに、ファンサービスをするオランイェたちの動画と写真がアプされてました。

110829_bommel
シアワセ…lovely

この日はもともと大したトレーニングはしていないようですが、ファンボメルはウォーキングかなんかしただけらしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/28

速報:Kラウテルン対バイエルン

試合が終わったので、何の気なしにNHK-BSのプレミアリーグ中継にチャンネルを合わせたら、半泣きしながら祈るようにピッチを見つめる観客の表情が次々と映し出され、実況も「プレミアリーグに貢献してきたドログバです…」と、とっても縁起の悪い雰囲気のアナウンス、続いて横たわったまま動かないドログバの姿。
そりゃもうものすごく心配してドキドキガクガク(((TДT;)))、その後酸素吸引器を付けられ担架に乗せられ退場したドログバがどうなったのか、まだ続報が入ってないのですが、すっかり動揺してしまいました。大事ないといいのですが……(汗)

というわけで少々遅いですが

カイザースラウテルン 0-3 バイエルン

110827_kicker
ばばばーーん!この順位表が目に入らぬか!

首位shine

うひょーむひょー!(゚∀゚) なんてステキなこの場所…本来バイエルンがいるべき場所…ウットリ

いやっ、いやいや、まだシーズン始まったばかりですし、ブレーメン(!)に勝ち点では全然並ばれちゃってるし、明日の試合次第では全然抜かれちゃう可能性もあるので、暫定も暫定なのですが、ちょっとだけ夢を見させてねconfident

110827_bayern
イイ感じ~♪

なんとなんと!ゴメスのハットトリックですよー!\(^∀^)/
……うち2点はPKだけどね!(爆)

ええーと、試合はネット環境がいつにも増して全然ダメダメで、何が起こっていたのか殆ど把握できてません。
ただ、バイエルンが余裕持ってユルっと試合を回している印象でした。
まあ、よかろう。
ダニエルまたまたスタメンフル出場だし!(^▽^) たぶん守備面でも、そつなくこなしてたと思います☆無失点だし!

ティモシュクが試合終了間際に激しく削られ、相手選手にレッドカードが出たと聞きましたが…(汗)

細かい話は例によってGAORAを見てからね。
続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/27

ドイツ代表招集メンバー

先日もちょこっと紹介しましたが、ラームがこのたび発売になる自著の中で、元監督たちに対して批判的なことを書いたと言うので、レーヴ・ドイツ代表監督はじめ協会の偉い人から、このたび事情聴取(??)する予定である、とか、ラームが謝罪声明を発表したりとか、けっこうな騒ぎにはなっておるようです。
ただ、ドイツ代表もバイエルンも、ラームをキャプテンから下ろしたりすることは今のところは考えていないようです。

とにかくいろんな人たちから叱られたり非難されたり困惑されたり(当たり前だがホメてる人は殆どいない)、同情はしませんが、さすがにちょっと、大丈夫かな、と心配になってはおりました。

Bildで本文を抜粋した企画が連載されてますが、あと、こちらにも抜粋記事が出ておりまして、カーンやバラックのことも書いてあるのがわかりました…。
長いので日本語に直接自動翻訳したものをざっと見しただけで、内容は殆ど把握できてませんが、あまりいいこと言ってない雰囲気なのは伝わります…。
もっとも、こういう抜粋は、わざとイジワルくそういう箇所だけを取り上げてるのかも知れませんが、それならそれでなおのこと、どんどん暗い気持ちになってしまったのでした。

しかし当の本人はこっちの心配をよそに

110826_merkur
「いやっこれは批判じゃなくて"分析"だよ!修正したいところなんか全然ナイよー。だって無害だから。抜粋したとこだけ読んじゃイヤんなんだぜ。それと、僕はゲイじゃないよ!」

……元気いっぱい(?)でした。(merkurインタビュー

まあ、打たれ強い子でホッとしましたが、こうなってくると、一連の騒動がプロモーション活動に見えてきて、振り回された自分も宣伝活動に加担していたのかしらん、と、急にアホらしくなってしまいました。
ということで具体的な動きがあるまでこの話はいったんおしまいです。

前置きが長くなりましたが、そんなラームが主将を務めるドイツ代表の、9月2日EURO予選オーストリア戦、6日親善試合ポーランド戦に向けての招集メンバーが発表になりました。背番号も合わせてどぞ。

----------
GK
1 マヌエル・ノイアー (バイエルン)
12 ティム・ヴィーゼ (ブレーメン)
22 ロン=ロベルト・ツィーラー (ハノーファー)

DF
14 ホルガー・バトシュトゥバー (バイエルン)
20 ジェローム・ボアテンク (バイエルン)
3 ベネディクト・ヘーヴェデス (シャルケ)
5 マッツ・フンメルス (ドルトムント)
16 フィリップ・ラーム (バイエルン)
17 ペア・メルテザッカー (ブレーメン)
2 マルセル・シュメルツァー (ドルトムント)
15 クリスティアン・トレッシュ (ヴォルフスブルク)

MF
4 スヴェン・ベンダー (ドルトムント)
19 マリオ・ゲッツェ (ドルトムント)
18 トニ・クロース (バイエルン)
13 トーマス・ミュラー (バイエルン)
8 メスート・エズィル (レアル・マドリー)
10 ルーカス・ポドルスキ (ケルン)
21 マルコ・ロイス (ボルシアMG)
6 ジモン・ロルフェス (レヴァークーゼン)
9 アンドレ・シュールレ (レヴァークーゼン)
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)

FW
23 マリオ・ゴメス (バイエルン)
11 ミロスラフ・クローゼ (ラツィオ)

----------

アドラーの長期離脱により(:_;)、第3GKにハノーファーのツィーラーが期待の初招集です(^∀^)
メルテザッカーが久しぶりに復帰。故障中らしいケディラは落選です。

オーストリア戦に勝てば、ドイツ代表はEURO本大会に出場が決まるそうです。やったー!
勝ちましょう。アラバにはスマンが、勝ってざくっと決めましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EURO予選に向けてのオランダ代表招集メンバー

というわけで
予定通り、24日に発表されたFIFAランキングにて、ついに!史上初!

110824_fifa2
ばばーーん!!!このランキングが目に入らぬかー!控えおろう!

オランダ代表が1位に!!!\(^∀^)/

ぐわっはははは~いやー嬉しい。何がうれしいって、スペインより上にいるのが嬉しい。
ポイント見るとギリな感じですので、まあ、1ヶ月天下(?)に終わるかも知れませんが、この記憶を大事にしようではないか・・・

110824_fifacom
それを伝えるFIFA.comのトップ画像も超ステキ☆この写真大好きheart

ファンマルヴァイクのコメント(OnsOranje
FIFA.comのインタビュー ←オススメ

そんなオランダ代表ですが、このほど、EURO2012予選9月2日サンマリノ戦、6日フィンランド戦に向けての招集メンバーが発表になりました。
いつもはちゃんとカタカナで入力し直すのですが、申し訳ありませんちょっとくたぶれたので、今回はオランダサイトからのコピペで失礼します。 m(__)m

----------

Doel: Tim Krul (Newcastle United), Maarten Stekelenburg (AS Roma), Michel Vorm (Swansea City)

Verdediging: Khalid Boulahrouz (VfB Stuttgart), Edson Braafheid (1899 Hoffenheim), Jeffrey Bruma (Hamburger SV), John Heitinga (Everton), Joris Mathijsen (Málaga), Erik Pieters (PSV), Gregory van der Wiel (Ajax).

Middenveld Mark van Bommel (AC Milan), Nigel de Jong (Manchester City), Hedwiges Maduro (Valencia), Wesley Sneijder (Internazionale), Kevin Strootman (PSV), Rafael van der Vaart (Tottenham Hotspur), Georginio Wijnaldum (PSV).

Aanval: Eljero Elia (Hamburger SV), Klaas-Jan Huntelaar (Schalke 04), Luuk de Jong (FC Twente), Dirk Kuijt (Liverpool), Robin van Persie (Arsenal), Jermaine Lens (PSV).

----------
(コピペは楽だな…←悪魔のささやき)
予備セレクションの段階では招集がなかったPSVのレンスが呼ばれ、一方でアフェライ(バルセロナ)、ロッベン(バイエルン)、スハールス(スポルティング)、ヤンセン(アヤックス)、フラール(フェイエノールト)が落選となりました。

ロッベンは復帰のメドがはっきりしないまま、明日のラウテルン戦の欠場が早々に決まったようです・・・

で。で。で。
お気づきとは思いますが。
ファンボメルが呼ばれてます。

いや、怪我中だし、てっきりダメだと思っていたので、嬉しいと言えば嬉しいのですが…。
ファンマルヴァイクはファンボメルの故障が大事ないことを信じて呼んでくれたんですかね?
でもミランの発表通りだと、MRI検査を受けるのと代表戦の試合は日程的にちょっとむずかしいので、2日はダメでも6日の試合ならなんとか、と思ったのか…。
ファンボメル側から今後辞退があるかもわかりませんし…。

フィジカル的に怪しいファンボメルが呼ばれてヤンセンがまたも落選したということで、何かうがった見方をするメディアもあるかも知れませんね・・・。

ミランサイドからはファンボメル情報は一切入って来てません(涙)
せめてトレーニングフォトのスミッコにでも写ってないかと毎回目を凝らすのですが、影も形もないので、別メニューで細々やってるのであろうと思ってるのですが…どうなのでしょうか。

110826_aqui
アクイラーニさっそく。昨日(25日)メディカルチェックして今日(26日)サインしてすぐさま合流。

セリエAはストライキにより、明日明後日行われるはずだった開幕節が延期になりました。
交渉はまだ続くのでしょうからいつ開幕するのかは決まってませんが、来週はA代表ウィークですし、再来週(9/10、11)にずれ込むかも知れません。
……。その頃までにファンボメルの怪我も治ってコンディションが整えば、開幕戦に間に合うし、取り残されなくて済むので、ワタシとしては全然OKなのです、ってヨコシマなことを思ってみたり(^^ゞ。…ダメ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/26

CLグループリーグ組み合わせ

110825_uefa1
世界中からつっこみを受けた(司会者からも「ナイススタイル」とつっこまれていた(笑))プジョルのラフすぎるスタイル。夏はまだまだ終わらないゼ。

110825_uefa5
ブライトナーや

110825_uefa4
マテウスも参加

110825_uefa6
どこへ持って行くんですか

ということでぇー!

UEFAチャンピオンズリーグ・グループリーグ組み合わせ抽選会がありました。

----------
グループA
バイエルン、ビジャレアル、マンチェスターC、ナポリ

グループB
インテル、CSKAモスクワ、リール、トラブゾンスポル(トルコ)

グループC
マンチェスターU、ベンフィカ、バーゼル、オツェッルル・ガラーティ(ルーマニア)

グループD
レアル・マドリー、リヨン、アヤックス、ディナモ・ザグレブ

グループE
チェルシー、ヴァレンシア、レヴァークーゼン、ゲンク

グループF
アーセナル、マルセイユ、オリンピアコス、ドルトムント

グループG
ポルト、シャフタール、ゼニト、ハポエル(イスラエル)

グループH
バルセロナ、ミラン、BATEボリゾフ(ベラルーシ)、ヴィクトリア・プルツェニ(チェコ)

----------

グループA ○| ̄|_

なんてこった我がバイエルンが死のグループに入るとは(汗)
いやっ、いやいやっ、や、やれるぜやりましょう!なんでナポリがポット4なんだと恨みたくもなりますが、負けないもんね!敵が強いほどやりがいがあるんだぜ…新生バイエルンの実力を試されてるんだ、面白いじゃねーか…ガクガク

そしてミランは・・・・・・。
バルサと当たるということが先にわかって目の前真っ暗になりましたが、他の2チームが、なんとか、油断しさえしなければ(これ大事)なんとかなりそうな感じではあるので、まあまあということでしょうか。
誰ですか、2位通過ならイケるとか言ってるのは?アタシだよ。
バルセロナに勝って1位通過する気まんまんですが何か?(((((TДT)))))←ビビってんじゃねぇーか
メッシなんかシャビなんかセスクなんか、俺たちのファンボメルとガッツーゾで潰して、じゃないわ、抑えてやるんだからね!
選手たちが必要以上にリスペクトしちゃって、やる前から気持ちで負けなけりゃいいのだが。うむ。
だからファンボメル怪我治して戻ってきて……
あと、バルサ、というかペップに恨みつらみがあるであろうイブラの発奮も期待したい。ひと泡吹かせてやろうじゃねーか。

あと、リヨンがまたまたレアルと!腐れ縁は続く!とか、
インテル対CSKAアーセナル対ドルトムント、「日本人対決」が2組も~(←棒読み)とか。
それにしてもドルトムントはちょっと大変そう。昨シーズンのELは少々ふがいなかったので、今シーズンは結果を出してほしいところ。なんだったらブンデスよりCL優先でよろしく!(←ヨコシマ丸出し)
レヴァークーゼンも久々のCLですが、なんとか頑張れ…。特にバラックはチェルシーとの古巣対決、かつ10年前の悔しい決勝を知ってるわけですし、モチベーションを燃やして臨んでくれるでしょう。まだ枯れてないと信じてるぞー

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/08/25

CL:チューリッヒ対バイエルン

110825_fcbshop

バイエルンファンショップではいよいよオクトーバーフェストグッズの発売が始まったもよう。
革パンツもチェックのシャツもあるのに、何故女性用ドレス(ディルンドル)はないのだ…。

Der feine Unterschied Der feine Unterschied

著者:Philipp Lahm
販売元:Kunstmann Antje Gmbh
Amazon.co.jpで詳細を確認する

日本のアマゾンでも予約受付中! 

自伝の中で、クリンスマンやファンハールのことをずけずけ言ったり(Goal.com日本語)、何やらかつてのドイツ代表の裏話もしている、というので、フェラー・元ドイツ代表監督等から苦言をちょうだいしているらしいラームであります。まあ、ねえ。いやはや。

そんなこんなで

11年8月23日 UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフ 2nd leg
FCチューリッヒ 0-1 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
110823_zurichfcbfj
交代:ペーターゼン(3)(46ゴメス)、ティモシュク(3)(64クロース)、アラバ(3)(72ミュラー)
サブ:ブット、コンテント、ラフィーニャ、ロッベン

得点:ゴメス(7ミュラー)
カード: ブッフ

110824_fcb
裸祭りでお手を拝借

よっしゃっ!CL本戦出場決定!\(^∀^)/

いやぁ~ホッとしましたねぇ、バイエルンサポの皆さん。
だいじょうぶだろうと思ってましたけど、やはり決まるまでは安心できません。
プレーオフからの出場なんてホント、冗談じゃないですよ。ストレートINが最低義務であるはずの我がバイエルンが、こんな早い段階からプレッシャーと過密スケジュールに追われることになるとは。
これで何かを成し遂げたと思ってはいけない。やっと本来の場所に、スタートラインに立てたに過ぎないのです。

110823_zurichfcbj

・・・・・・・。
スミマセン、試合内容あんまり覚えてないんです~(汗)
リアルタイムの寝ボケアタマに加えて楽しく飲酒しておったものですから、しかもあまり盛り上がらない展開だったもので、ついうつらうつらと(-∀-)Zzz

キレイにつないで流れの中からゴメスが良いゴールを決め、アグリゲートスコアを3-0とした上にアウェーゴールも1点ゲットして俄然有利に立ち安心モード。
以下の長い長い時間帯を、(いつも通り)攻め切れないんだけど失点もしない、という、いいんだか悪いんだかようわからん、だけど多分これは余裕の試合運びということなのでしょう、とにかく、そつなくまとめ上げたバイエルンであります。

前半にゴメスがモモウラ(?)を痛めて退場したのはちょっとした誤算だったかも知れません。リアルタイムではハムストリングをやってしまったかと思って、オリッチに続いてゴメスもか!とおおいにガクブル((((゚д゚;))))してしまいましたが、大事なかったようで、心底ほっとしました。
しょっぱいスコアになってしまいましたが、ゴメスがもうしばらく出ていたらもう少し点が入ってたかもわかりませんね。
ペーターゼンがCLデビューとなりましたが、まだちょっと周りとあんまりなじんでない感じ…。プレシーズンマッチでは絶好調だったのですが、やっぱり本番は違いますねぇ。

ローテーション作戦はうまく行ったと思います。
ボアテンクを右SBに持って来てラフィーニャを休ませる采配はちょっとしたサプライズでしたが、大きな問題はなかったと思います。
今後もこうやってうまく回して行ければよいですね。
今回もファンブイテンはまあまあまずまずの仕事をしていたと思いますし。ほっ…

あと、引き続きリベリがキレキレなのが嬉しかったです(^∀^)

快勝祭りだったHSV戦ほど内容が良かったわけではなく、特にスペクタクルも見られませんでしたが、結果が全ての試合で結果を出したのでOKです。
勝つべき試合でちゃんと勝てるのはいいことですよ。

110823_robben

しかしその一方でまたも…
この日は欠場(でもベンチには入った)、試合直後は「だいじょぶだったんだけど念のため」と言われていたロッベンでしたが、ここにきて「やっぱりダメ」と…。
恥骨炎のため離脱だそうです。治療期間はまだ未定と…
恥骨炎て確か昨シーズンもバトシュトゥバーが、期間を明らかにされないままなんとなくズルズルと1~2ヶ月ぐらい離脱していたような気がしますが…(汗)

○| ̄|_

だからアンタはなんでそう・・・
今度こそ、今度こそ、と何度期待して、そのたびにどこそこが痛いとかなんとかもう…
復帰を願う気持ちは変わりませんが、励ます言葉は尽きてしもうた。。。
とにかく早く戻ってこい!

ということで商品名も堂々と
110825_fcbshop2
「チャンピオンズリーグ・トリコ」!

おまけ
110823_dsc07850
雨だ。ベンチで傘を

110823_dsc07857
ティモシュクの中途半端な脱ぎっぷり。水着か!

110823_hitzjupp
その筋の人たちには(どの筋だ)テンション上がる2ショット

110823_dsc07858
マニャンお久しぶり

----------
というわけで、無事に本戦出場を果たしたバイエルンは組み合わせ抽選のポット1に入りました。
他、みんなが心配していたアーセナルもウディネーゼに逆転勝利、出場を決めています。(そしてトゥエンテは敗退…orz)
この結果アーセナルもポット1、ミランがポット2に…。
実に納得行きませんが、決まりなのでしょうがない。なんてこったグループリーグでバイエルンとミランが当たる可能性もあるのです。
絶対ヤダー!こんなところで当たりたくない!バイエルンとミランが対戦するのは決勝の舞台で、と決めているのです(←アンタが決めたって)。
抽選は本日夜!どうなりますか。ドキドキ…

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011/08/24

3節:バイエルン対HSV

すみません、緊急トップ画像を描いていたら遅くなりました。
いや何、見ての通り描画そのものは大した手間じゃなかったのですが、ペンタブがひどく調子が悪くて、何度も何度もPCを再起動したりシャットダウンしたりしていたので、そちらにすっかり時間をとられてしまいまして…恐れ入ります。

ざっくばらんでゴメンなさいね。オリッチ早期回復祈願!
110823_olicj

…。
もうトップ画像とかプロフィール画像とかに願いを込めたりするのはやめたのですが、今度はさすがにワタシもちょっとカタチにしたくなりましたよ。

というわけで、ご存知、楽しい楽しい快勝劇の裏で、オリッチが臀部を損傷(筋線維の一部断裂?)。我らのドクター・ミュルが「過去35年でこんな診断を下したのは初めてだ」と呆然とさせた怪我を負い、6~8週間の離脱、と診断されました。
半月板損傷という重傷から厳しいリハビリを経て、長い長い離脱からようやく復帰、今シーズンこそはと熱い意気込みをもって臨んだオリッチだったのに…また…(号泣)。

110822_fcb
切ない。

昨日のGAORA放送が始まる前にはもうこの怪我のことは発表があったわけで、放送を見るにあたって、ダニエルモエー!バイエルン快勝わっしょい!と、うかれていいものかどうか、少し複雑な気持ちになったのでした。

オリッチの捨て身のヘディングゴールは、すでに楽勝モードに入っていたバイエルンのダメのダメを押す5点目でした。試合の情勢にはまったく影響しない得点でした。
そしてそのゴールの際に負傷してしまったのです。
しかしだけどけれど。
なんてムダなバカなことをしたもんだと誰も言わない。言うわけがない。
ストライカーにとって、決めなければ良いゴールなんて、ムダなゴールなんてひとつもないのです。

無念そうなコメントをしているオリッチですが、ゴールそのものは後悔してはいないでしょう。と思いたい。
ならば、せっかく彼が体を張ってゴールを決めてくれたのだから、この祭りを堪能しようではないか、と、やや苦しい言い訳っぽい気もしないではないですが、とにかく、楽しむべき点は楽しんで見させていただきました。

11年8月20日 ブンデスリーガ 第3節
バイエルン・ミュンヘン 5-0 ハンブルガーSV

kickerの採点も合わせてどぞ
110820_fcbhsvfj
交代:アラバ(66ロッベン)、オリッチ(71リベリー)、ペーターゼン(76ゴメス)
サブ:ブット、ボアテンク、グスタヴォ、クロース

得点:ファンブイテン(13ロッベン)、リベリー(17ミュラー)、ロッベン(34)、ゴメス(56ミュラー)、オリッチ(80バトシュトゥバー)
カード: ティモシュクラフィーニャアオゴヴェスターマンマンシエンヤンゼン

MoM:ロッベン
今節のベストイレブンにファンブイテンミュラーロッベンが選出

というわけでぇー!

110820_dsc07847
オリッチの姿に心痛めつつも、このずらり並んだゴールゲッターの名前。もうまさにワシ得♪

そして!みごとベストイレブン!
110822_kicker
キャー!見て見てー!(≧∀≦)(画像はポチすると大きくなります)

110820_hsv6
ドヤ顔もステキ…heart(しかもしっかりラフィーニャの背中に手を回してるしheart

110820_hsv15
背中もステキ…heart

110820_hsv2_3 
お尻もステキ…heart

110820_dsc07845
ノイアーとheart

はっΣ(゚∀゚)
…スミマセン、あんまり嬉しくてつい♪

もちろん!バイエルンを快勝ムードに乗せた素晴らしい先制点をファンブイテンが決めたのはとてもとても嬉しかったのですが、守備面でも評価されたのはもっと嬉しいです。ベストイレブンはゴールを決めたから、だけではないと思いますですよ。
(HSVに俊足ドリブルによる鋭いカウンター攻撃に脅かされるシーンが少なかったので、足の遅さが目立たなかっただけとか言ってはいけない)

そしてワタシ的には、ロッベリがキレキレで、二人でゴールを決めてくれたのも嬉しいのです。
110820_robbery_2

いろいろ批判があるのは承知してますが、ベタだと言われても自己チューと言われても、やっぱりロッベリ好きなんだよな~。
ロッベンのゴールなんかもう、あんな芸術的なゴール、彼にしか決められないよ~☆ああゆうのがあるから、期待せずにはいられないのです。
リベリは以前に比べたらだいぶ利他的になってきたと思うし。

110820_dsc07843
「ぎゃっはー!」とたぶん奥たんに向かって吠えていた声をマイクが拾っておったぞ。

110820_gomez

みんながゴールを待ち望んでいたゴメス、オリッチは言わずもがな。
ゴメスよかったねぇ…(ノ∀-。)
と思いつつも、これで波に乗れるかというと、それはちょっと…。
よくぞ決めましたが、ナニゲにオフサイドでしたし、他にも相変わらずネタか?とつっこみたくなる外しっぷりで…。だはは(^_^;)
ただミュラーとのコンビプレーは息合ってて良かったです。それにしてもまた変な髪型…

オリッチは前置きで述べましたので略。オリッチらしい、泥臭い、胸躍る低空ヘッドでした・・・。

まあ、とにかく、ゴール決めた選手だけでなく、全員素晴らしかったです。言うことなし。
とにかくチームとしての組織的な動き、連携がキレイにまとまってました。約束事が徹底されてるように見えました。サボってる選手は誰一人おらず、前半で3得点して勝ちが半分見えてましたが、後半に入っても気を抜かなかったのがとても良いです。
やることなすことハマるので選手たちも気分よさそうでしたし、見てる方も楽しくて、あっという間でしたよ。こんな試合何年ぶりか、というぐらい、いいゲームでした(^ー^)。

こんなにハッピーなのはもちろんファンブイテンが出場していたからなのは言うまでもないですが(^^ゞ、今回そのファンブイテンと共にティモシュクもスタメンで、これまたグスタヴォに負けじといい仕事してましたね。攻撃参加も良かったです。すごい弾丸ミドル打ってましたし。
今後二人はこのようにローテーション起用されるのでしょうか。少し残念ですが、その結果選手の負担が軽減され、常にフレッシュな選手が起用できていい結果を出れば、悪くはないかも知れませんね…。
どっちがレギュラーでどっちがサブとか、そういう境界をとっぱらう活躍をして欲しいものです。

そういえば、この試合でついにペーターゼンが1部リーグデビューしましたね!おめでとう!

110820_dsc07842
宇佐美。サインしてます。ちゃんとファンに覚えてもらってますよー

そんなこんなで

110822_ribery

間もなくCLプレーオフ・2nd legでございます。…が。
残念なニュース。ロッベン欠場です○| ̄|_

110823_bastirobben

やはり背中の痛みが完全には引いてないようです。「あと2~3週間はかかるかも、でも心配することはない。悪くなってはいないから」とかなんとか(違うかも)。
リベリ片翼だけでなんとかなるでしょうか…。
大勝した試合の後は気が抜けてダサい負けをしてしまうことは過去によくありました…が…。
いやいや、今シーズンの彼らは違うはず!きっちりしっかり集中して、ドローでもいいんだから~、つまらない試合でもいいから勝ち抜けておくれ!オリッチのためにも!頼む!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/08/23

ベルルスコーニ杯:ミラン対ユヴェントス

のっけからネタバレ。

110821_milan

優勝おめでと~う\(^∀^)/

……。
はい。見てません。イタリアの試合はなんでいつもいつもド真夜中にやるんでしょーね。ぶつくさ。(おかげでブンデスとかぶらなくて助かってる面もあるのだが…)

がんばって動画とか探す気がしないのにゃ。
なにしろアナタ、ファンボメルは欠場ですし(泣)。
それに、ミランチャンネル@Twellv様で放送があるので、せっかくTVで見れるのだから、モヤモヤネット画面で先に見ちゃうのもつまらんし。

とはいえ、放送が27日(土)と、だいぶ先の上にセリエA開幕日なものですから(もちろんブンデスリーガもあるし!)、見てから感想書いてる余裕はなさそう…

なのでデータだけ記録しておきます。例によってカードはわかりません(え~)

11年8月21日 ルイジ・ベルルスコーニ・トロフィー ACミラン 2-1 ユヴェントス

4-3-2-1
アッビアーティ - アバーテ、ネスタ、ボネーラ、タイウォ - ガットゥーゾ、アンブロジーニ、セードルフ - K・P・ボアテンク、エマヌエルソン - カッサーノ

交代:ロドリゴ・エリィ(13ネスタ)、K・ボアテング(20ガットゥーゾ)、フラミニ(30K・P・ボアテンク)、アントニーニ(40セードルフ)、ザンブロッタ(46タイウォ)
サブ:アメリア、ガンツ

得点:K・P・ボアテンク(9)、セードルフ(23)、ヴチニッチ(57)

110821_boaseedorf

ボアテンクのスーパーダイレクトボレーと、セードルフのビューティーFKが決まったらしいということと、ミランは前半はモヤッとしていたけれど後半に入ってシャキッと覚醒したらしい、ということだけは知りました。[7/27追記:TV放送見ました。ミランに関してはむしろ逆でした。]

しかし試合に勝った喜びよりも、この試合で怪我人が続出したという情報が気分を曇らせます。
見ていないので、交代した中で誰が負傷退場なのかはっきりしません。ボアテンクとタイウォは確実なのですが、他は頭を怪我したらしいネスタか、フラミニかガットゥーゾか…。

ファンボメルはこの試合の欠場が前もって発表されておりました。
14日に行われた親善試合・マルメ戦にてふくらはぎを打撲し、この試合前日の朝に軽い痛みがあったので、今回はリスクを避けるため出場を見送った、とアッレグリ監督が語ったようですが…

マルメ戦に痛めたって!でもその後のトレーニングには普通に参加し、TIM杯でもプレーしてたじゃないのさっ。
無理をさせたor無理をしたんじゃ。。。。。。。。。。。。○| ̄|_

というわけで試合に出場はしませんでしたが、試合前のスーパーカップのお披露目セレモニーには参加したようです。

110821_2
愛があればわかる。左から2番目です。

・・・・・この日のファンボメル情報は今のところこれだけです。つまらん。

気になる怪我情報ですが、ミラン公式(英語)によれば。
タイウォは左足首の損傷で重傷。30日の離脱。(T-T)
イブラヒモヴィッチ(マルメ戦で足首負傷)は回復に向けて鋭意努力中。木曜日か金曜日に、土曜日の開幕戦カリアリ戦への出場可否が判明(ぎりぎりすぐる…汗)。
フラミニはもう少し検査が必要。
K・P・ボアテンクは左ふくらはぎを打撲。数日以内にしっかりした検査の予定。

そしてファンボメル
「打撲」の文字が消え、「ふくらはぎの筋肉に不快感。もう一度MRI検査を受けるまで10日を要する見込み」

・・・・・・・・・・・・・。MRI!10日!開幕戦間に合わんじゃないか…。(((T□T)))ガクガク

【追記】
日本語ニュース出ました(Goal.com)。
後から痛みがぶり返すような打撲ってどんなんだったのか。マルメ戦見ればよかったかしら・・・。そして同じふくらはぎの打撲なのにケヴィンプリンスとの差も気になります。…トシのせい?(^_^;)

【さらに追記】
おまけネタを忘れてた。
110821_abate
芸術的連想↓

11_08_23

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/22

オリバー・カーンの新番組

さて

11 手つきにモエ

カーンのラムシュバ批判発言に端を発した「キャプテンとは何ぞや」議論は、いろいろな方向に話が広がっているようであります。

よくわからないのは。
カーン発言に怒ったウリが、CLチューリッヒ戦の際に、俺が直々にラムシュバにハッパをかけてやった、とでも言ったんでしょうか?
後からルンメニゲが「いやウチのロッカールームの構造はこれこれこうなっているので、そんな事実はありません」と言い、HSV戦の前にはハインケスも「試合中のロッカールームは我々チームのための場所なので、会長は立ち入りご遠慮いただきとうございます」とかなんとか言ったとか。。。
それがなんじゃい、当たり前の話では?と、思うのですが、わざわざ記事になるということは、ワタシが読み切らない、何か深刻な背景が潜んでいるのでしょうか…?(汗)

いろんな人がいろんな意見をしゃべってますが、雑誌や新聞のインタビューや、TVでの試合中継の際に聞かれて答える、というタイミングのようです。
カーン賛同派・反対派・中立派、カーンは関係なくラムシュバ支持表明派(反対してる人はあまり見かけない)、など、いろいろです。とても追い切らん。

まあそれで、ニュースを細々と追っててワタシなりにボンヤリ感じたのは。
実はドイツのサッカー関係者やファンは、キャプテンシーについて語るのけっこう好きなんじゃないのかな?とか。
サッカーを語るネタについてはいろいろなジャンルがあると思いますが、その中で「キャプテン問題」というのも、メジャーなテーマとして好まれているのかも知れない、と感じたのであります。なんとなく。

それにしても
議論のキモは、いわゆる「昔ながらの」絶対的な存在感・強力なリーダーシップを持つ精神的支柱タイプのキャプテンは現在のサッカーチームに必要かどうか?という話だと思うのですが、そのプロトタイプとして挙げられているのはマテウス、ブライトナー、エッフェンベルク、カーン等で、バラックや、そしてファンボメルがスルーされているのはちょっと寂しいのです。(退団直後はみんなあんなにホメてくれたくせに…)
アウディ・カップでお別れをしたのをひとつの区切りとして、バイエルンのみならずドイツメディアからも、ファンボメルがキャプテンだったことは忘れ去られていくのかも知れません…

それはそれとして
何故このタイミングで発表なのだ。

どうやら、オリバー・カーンが、中国で好評だったアノ伝説のTV番組「ゲバゲバ60分」じゃないわ、「I never give up!」的な番組をいよいよ、満を持して(?)ドイツで放送するそうです。(Bild

参考動画(番組OP)

あ~ははは、今見ても笑えますねぇ(T∀T)
じゃなくて。
厳しいオーディションを勝ち抜いた10人のシロートGKさんたちが毎週様々な硬軟織り交ぜたチャレンジを潜り抜け、最終的に勝ち抜けた一人が優勝、というキャスティングショーでした。

やり方がどう変わるのかわかりませんが、この番組をベースにした内容になるらしく、優勝者にはどどーんと!ブンデスリーガのチームと契約!だそうです。
放送局はsat.1。放送開始は2012年5月の予定。
ついにカーンがメーンの番組が本国ドイツで!これは楽しみ!おめでとう!(^∀^)

・・・・・・。
む~ん。中国での話を聞いた時はテンション上がったし、ホイッスルを首から下げチャレンジャーたちに「カモカモカモーン!」と熱血指導している姿には心躍ったものでした…が。
あれから気持ちが変わって、今は、なんかチガウ…と違和感を感じています。
ワタシが見たいのはTVの企画ではなく、本物の(?)指導者になったカーンの姿なのであります。
さもなくば、敏腕マネージャーとしてバイエルンで仕事をしているところ・・・。そのために大学で経営学を勉強してるんじゃなかったのか~い?

どんだけ待たせる!?!

と、ちょっと恨めしい気持にもなるのです。
ドイツのエンタメ事情は知りませんが、sat.1と契約するということは、ZDFでのサッカー解説の仕事は終了ということになっちゃうの?(もともと2012年迄ではあるが)とか。
どーせ番組はニホンからじゃ見れないんでしょー、とか。←結局はそれが言いたい

な~んだかな~。
とぶつぶつ文句言いつつも、いざとなったらそんなタレント・カーンが見たくて、でも見れなくて、キュンキュンむがむがするんでしょう…。とほほ。(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/21

速報:バイエルン対HSV

やったやったやったーーーーーあ!\(^∀^)/

110820_jupp クールビズ

バイエルン 5-0 HSV

さあさあ行きますよー!バイエルンサポの皆さ~ん、

110820_hsv1

ダニダニしてますかー?

110820_hsv3
うわ~(*´∀`*)

110820_hsv7
うわわ~(*´∀`*)

先制点はファンブイテン!そして!

110820_ribery2
リベリ!

110820_robben_3 
ロッベン!

110820
ゴメス!

110820_olic_2 
オリッチ!

110820_hsv11
「ヨシヨシ~heart

やっぱダニエルが出てるとオイラのテンションも段違いですわ…とほほ。

決めて欲しい人たちが決めてくれて、楽しく快勝です。しかも無失点!
ゴールを決めた選手名が並んでるのを見てると、シアワセな気持ちになりました(´∀`)

今シーズンベストゲーム決定!←気が早い

ネットが安定しなくて、リベリのゴールとかどんなんだったか全然わからないぐらいなので、試合レポ等はGAORA放送を見てからにします。ムチャクチャ楽しみ~!☆

110820_uli

続く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/20

TIM杯のファンボメル

と、その前に。何はなくともぉー!

110818_schlaudraff_2

やったぜシュラウドラッフ!\(^▽^)/

なんと!ELプレーオフにて、あのセヴィージャにドペルパックで勝利!!
誰もが「どーせチンチンにやられてはかなく散るに違いない・・・」とあきらめていたものを!素晴らしい!アウェーゴールを1点取られてしまったようですが、できれば2nd legでもなんとかっ…!
そういえばセヴィージャにはトゥロコフスキが所属しているのでした。映像等は見ていないのでどんな感じだったのかわかりませんが、フル出場していたようですよ。

しかしその一方でシャルケは・・・(-_-;)
なんちゅうことない相手と思われたHJKヘルシンキに0-2で敗れるという波乱。
せっかく直近のブンデスでフンテラールがハットトリック(&kicker誌のマンデスターゲス今節のMVP)の活躍だったというのに!
ラウールがこのノルウェー(←素で間違えた(汗))フィンランド遠征に帯同しなかったと聞きましたが…クラブ事情はどうなっているのでしょうか。心配です。

と同日に行われた、あまり世界から注目を浴びない、ユル~いお祭り試合に参加したファンボメルACミラン御一行様です。

11年8月18日 Trofeo TIM

TIMカップとか、TIMトロフィーとか言われてますが、どう呼んだらいいのかわかりません。
ともかく、このTIM杯は、ミラン・ユヴェントス・インテルが参加して1試合45分ずつ、総当たりで戦うミニトーナメントであるようです。
45分試合して引き分けの場合はPK戦。勝ち負けPK戦それぞれで勝ち点を計算し、もっとも勝ち点が多かったチームが優勝ということになるらしいのですが。

第1試合はインテル×ユヴェントス1-1でドローだったためPK戦で決着。トータルスコア7-6インテル勝利。

それにしても、話題沸騰中のユーヴェのこのピンクユニ!
110818_pink
だは~(T□T) こうやって正面向いて並ばれると迫力満点です。これは泣ける。敵とは言え笑えない。ヒドすぎる。選手がかわいそう。ピンク色もそうですが、このイミフな星印…ナイわ~~

そして第2試合は
ミラン 1-2 ユヴェントス

110818_nestapirlo
涙の別れをしたピルロとの再会…。ネスタはピルロと大親友らしいですが、後ろのお兄さんのヘンテコなかぶりものを見てると涙が乾くのであるよ。

ローマ - デ・シグリオ、ネスタ、エリィ、タイウォ - ガットゥーゾ[C]、ファンボメル、アントニーニ - ケヴィン=プリンス・ボアテンク - カッサーノ、コーミ
交代:ガンツ(33コーミ)

得点:カッサーノ(13)、ヴィダル(21)、マトリ(47)
カード:なし

「エリィ」はロドリゲスだったかロドリゴだったか…。忘れた(こらー)。何しろ、アマチュアからの知らない若者がいっぱいで。そしてみんないちいちカワイイから(←聞いてない)覚えられないの…。

負けましたし、最終ラインがユルユルでしたが、そんなわけでメンツもメンツですし、こんなもんかも知れません。
ワタシにとっては何より大事なファンボメルの出来がまずまずだったので、まあ、OKです。

とにかくこの試合はヴィダルでした。1アシスト1ゴールの大活躍。
自身のゴールとなったFKは実に美しかったです。ぎゃふん。
ユヴェントスに加入して間もないからアッピールしたかったのでしょうか、アグレッシブにとにかく張り切ってました。

110818_2

ファンボメルも、カッサーノのゴールのきっかけ(アシストのアシストになった絶妙スルーパス)になりましたし、自分でもミドルを2回ほど打ってました(決まって欲しかった…)し、守備も良く、見せ場は多かったのですが…。
負け越しゴールにファンボメルの責任はありません。ヴィダルにキレイなクロスを上げさせたタイウォと、マトリを完全フリーにしてしまったネスタと誰だ、デ・シグリオですかねぇ?マークが甘かったと思います。
ロスタイムの失点でした。もう少しで試合が終わる、しっかり守り切りたかったであろうに、ファンボメルはかなり悔しそうでした(:_;)キュン。

あーあと、カッサーノも良くやってましたね。会場になったバーリは彼の古巣ですし、イブラ・パト・ロビーニョが不在の中、たったひとりのAチームFWとして、頑張ってたと思います。

第3試合は
ミラン 0-1 インテル

アメリア - アバーテ、ボネーラ、オッド、ザンブロッタ - アンブロジーニ[C]、ファンボメル、エマヌエルソン - フォッサーティ - キングスレー・ボアテンク、カッサーノ

交代:フラミニ(20ファンボメル)、ガンツ(25カッサーノ)、Sampirisi(33フォッサーティ)
得点:ミリート(28)
カード: ボネーラ ←まだ誰かいたような気がしますが記録が残ってないのと覚えてないので不明(ヒドい)

110818 キャプってみた

インテルはルシオが出てました。ファンボメルと1回マッチアップした気がしますが…。
バイエルン時代からさほど仲良しにも見えなかった二人なので(いちおう主将と副主将だったのだが)、特にこの試合でも、元チームメイトという空気は感じられませんでしたねぇ(寂)。

申し訳ない、この試合はミランもインテルもユル~ッとしてましたし、ワタシもファンボメルが下がってからは全然焦点が合わなくて、しかも知らんコばっかりで判別不能だし、で、殆どアタマに残ってません。
ただ、プリマヴェーラ所属の若者たちが、(こんなユルい試合でも)がんばるんだぜ、と張り切ってアピっていたように見えました。
見どころは、先日のマルメ戦でも活躍したキングスレー・ボアテンクの素晴らしいヘディング(GKの神セーブに阻まれる)、GKを追い回して挙句押し倒すカッサーノ、そして

110818_seijder_4 アヒャヒャヒャヒャ(゚∀゚;)

ななな、何をするんだスナイデル~~!!(汗)
ミランのかわい子ちゃんのお尻が丸出し!

…思えばバイエルンファンには記憶に新しい、ゴメスのパンツをずり下ろしたのはミランのネスタでした。
何ですか、もしかしてイタリアではよくあることなんですかね?!?

まあ、そんな感じで。
110818_inter_2

全敗のミランは最下位、実質2勝のインテルがみごと優勝、とあいなりましたとさ。
めでたしめでたし……

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/19

CL:バイエルン対チューリッヒ

11_08_18_kicker

カーンによるカピテン批判は、ウリとネルリンガー「くだらねーblogで何言ってやがるっ」「無礼なヤツめ!」ベッケンバウアー「カーンの言うことは理解できるのである」エッフェ「タイミングがわりーよな」等等、注目の矛先はどうもカーンそのものに向いてきた様子です。
しかし当のカーンはガンとして主張を曲げずラムシュバを再批判したらしいですぜ、とか、まだまだ話は収まりそうもありませんトホホ(´。`;)
笑い事じゃないのかも知れませんけど、必要な時が来たらカーンもウリもシレッと笑って握手するのであろうと思ってるので、あんまり心配してないんですけどね・・・

それはそれとして、

(※↓日付に年も入れてみた)
11年8月17日 UEFAチャンピオンズリーグ プレーオフ 1st leg
バイエルン・ミュンヘン 2-0 FCチューリッヒ

待てど暮らせどkickerの採点が出ませんので(CLは採点しないんでしたっけ?)、Bildの採点を合わせてどぞ
110817_fcbzurichfj
交代:ミュラー(3)(57クロース)
サブ:ブット、コンテント、ファンブイテン、ティモシュク、アラバ、オリッチ

得点:シュヴァインシュタイガー(8ロッベン)、ロッベン(72ゴメス)
カード: ベーダ(90+1)  ゴメス

110817_rafinhaj
ラフィーニャ(なのよ)の腕にタトゥー入れるの忘れた。何が彫ってあるのかよく知らんし・・・
オリッチ(なのよ)全然似てねーなー(汗)

豪華すぎるベンチ
110817_dsc07839
25、26、27(並びは違うが)。バイエルンアマチュア育ちの若者トリオ。

110817_dsc07840
見てると切ないイケメントリオ

110817_dsc07841
オリッチ出番なかったなぁ…。でもロッベンがゴール決めて真っ先に喜んでる姿にほっこりしました。

そして、残念ながら、というか、やはりそうなったか、という。宇佐美はベンチ外でした。ペーターゼンプラニッチも。
ペーターゼンなぁ…。2部の得点王だったのだけど、そんな扱いでいいのかね。良平さんは「宇佐美、ペーターゼン、アラバは将来性を見越しての選手なので、今は出番がなくても気にすることはない」と言っていましたが、しかし…。シュラウドラッフの後頭部がチラチラ脳裏をかすめるよ~

さてさて試合ですが。
「快勝」「ロッベンの活躍で」等等の表現はちょっとこそばいですね(^_^;)まあ確かにデータだけなら、1アシスト1ゴールなので、ロッベンの活躍と言えなくもないですが…。

観客からブーイングが出ていたことでもわかるように、お世辞にも、胸のすくような気持ちいい勝利とは言えませんでしたね。
ほぼ圧倒していながら攻撃に迫力がなく、というかもう、最後の詰めが。
ゴメスはどこまでネタを提供してくれちゃうのか、てゆうかワザとやってるんじゃないかというぐらいの、あまりにも見事な外しっぷりで、勝ったから笑えますが負けてたら卒倒するところでした。
特に51分の、素晴らしい宇宙開発ロケットシュートには、観戦メモに「びっくりしますわー」と書いてしまいました(苦笑)。
リベリもスーパーシュートをポストに当ててくれちゃうし(涙)。まあこれはちょっと不運だった。

シュヴァインシュタイガーがヘディングで鮮やかに決めた時は、楽しいゴール祭りを期待したのですが、ロッベンによる2点目までが長い長い。
まあ、ゴメスは1トップということでどうしても相手守備のターゲットになるわけで、思うような姿勢でシュートが打てないから、という言い訳も立ちますがね。しかし~

ロッベン
前半は何故かゲームに入れてもらえずにボールにもろくに触れず悲しかったのですが、後半はだいぶ参加できてましたね。
でもやはり調子がいまひとつなのか、ドリブルにもキレがなく、囲まれた時に突破するだけのパワーもなく…。無意識のうちに怪我をするのを恐れているのでしょうか。
それでも、フリーで好きなコースにシュートを打てるというワンチャンスを、がっつりしかしさりげなく、美麗シュートでモノにしたところは本当にさすがでした。
ゴール決めた後、スタンドの一点を見つめてドヤ顔してましたけど、誰がいたのでしょう。投げきっすもしてたみたいだから奥さんかな?

ラーム
今日はやけにモリモリ攻撃参加してましたけど。ラムラムドリブルからラムラムシュート、リベリとのワンツー、等、こういうの久しぶりに見た気がしますよ(^ー^)。
しかし2点目が入った後は攻撃参加を遠慮しておりましたので、試合の流れに合わせているのかな、なるほど、と思って見てました。

グスタヴォが引き続き、とっても良いです。任せて安心(^ー^)。

守備面は全体的に向上してますが、セットプレーの守りはダメダメですね。失点しなくてよかったけれど、運が良かっただけかも知んない。

トップ下を誰にするのか安定しない。クロースミュラーも、う~ん。

そんなこんなですが、かと言って文句付けるほどマズかったわけでもなく。
アウェーゴールを与えることなく勝利できたのでミッションは無事にクリアしたということで、まあ、よかろう。ってなもんです。
試合ごとにじょじょに良くなっていってる感じはありますし。たぶんね・・・

写真がほとんどないので読みづらいですね。どーせダニエルが写ってないと思うと探す気が起きないの…(苦笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/08/18

間もなくチューリッヒ戦

この夏は更新ペースが大幅に落ちているコリアンダーです、こんばんわ。

110816_lahm2

がっつりカメラ目線でやる気まんまんのラーム主将であります。

カーンVSラームシュバ、ということでマスコミが面白おかしくあおり立てておるようですが、詳しい内容はスルー。目くじら立てて騒ぐほどのことはないです。
とりあえず、ことの発端となったカーンのコラムのリンク先を貼っておきます。こちら
それに対するシュヴァインシュタイガーの反論(Bild
ラームはふふんと笑う(Bild
「主将もいろいろよ」と、それぞれの立場を慮ってこそあたりさわりのないハインケス、リーダーシップとは何ぞや、と語る著名人たち(何故かシャルケの新キャプテン・ヘーヴェデスのコメントも…)(Bild

カーンの主張の好き嫌いはともかくとして、いかんせんタイミングが悪い。表現もちょっとキツい。
何もこの、大事な大事なCLプレーオフ前日に、バイエルンを批判するような内容の話をしなくても…(-_-;)。
ちなみにカーンはこのEUROSPORTのサイトで毎週(火曜日?)コラムを担当することになったようなので、カーンファンはよろしければcheckを。先週はノイアーとウルトラスについての話で、ノイアーがむばれ的な内容だったので、今回こっちを持ってくればよかったのに。

そんなこんなで、兄貴と慕っていた(?)カーンに批判されてショボン(´・ω・`)となってるかも知れないシュヴァインシュタイガーのために、「俺にとってのバイエルンのキャプテンはバスティだぜ」等語ったファンボメルの「Audi Star Talk」についてまとめようと思っていたのですが…。ことの他手こずりまして(^_^;)それで更新が遅れました。
結局間に合いませんでしたのでまた後日。

そんな話はどーでもいいんじゃい。
というわけでぇー!いよいよ間もなくUEFAチャンピオンズリーグ、の、プレーオフであります。

110816 お約束ショット

なんでバイエルンともあろうものがこんなステージから…orz
と嘆いても今さら仕方がないのです。
がっつりきっちり勝ち上がって本戦に出場しなくては!義務よ!せっかく決勝がミュンヘンなんだからー!

さいわいにもロッベンが復帰です。ホームですし、守備も昨シーズンに比べてだいぶ安定してますから、敵にアウェーゴールを渡すことなく無失点勝利しましょう。

というわけですが、申し訳ない今晩も睡眠応援です。
でもきっとたぶんおそらく(汗)大丈夫!どうかヨロシク!いざ!必勝!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/16

2節:ヴォルフスブルク対バイエルン

前節の話ですが
110807_dsc07837
「ファンクラブ„Oliver Kahn“は僕たちの新しいナンバー1、マヌエル・ノイアーを受け入れます」
ノイアーが一部のウルトラスに憎まれているのは、かつてバイエルンに勝った時に、カーンの勝利パフォーマンスを真似したからだ、という説がありますが。そんなオリバー・カーンの名前を使ったファンクラブからの受け入れ宣言なのだと思うと感慨深いものが…confident

さて
ゆうべはミランの親善試合があったようなのですが、見ていないのでスルーします。
イブラヒモヴィッチの古巣・マルメとの試合なのですが…。向こうはともかくミランの方があまりモチベーションが上がらない感じだったようですし。
いちおう勝ちましたよ。またPKで(苦笑)。

ということで、遅くなりました。
8月13日 ブンデスリーガ第2節 ヴォルフスブルク 0-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110813_wolfsburgfcbfj
交代:宇佐美(69ミュラー)、オリッチ(86クロース)、ファンブイテン(90+2宇佐美)
サブ:ブット、プラニッチ、ティモシュク、アラバ

得点:グスタヴォ(90+1リベリ)
カード: クロースラームラフィーニャ

MoM:シュヴァインシュタイガー

110813_wolfsburgfcbj
(宇佐美の手が左右逆だった。まいいか)

まあ、互角、と言うより、どっちもどっち、でしたねぇ(苦笑)。
お互いに、ボールを前に運ぶ動きはそう悪くないのだけど、最後の最後で決め手がなく、ゴールの気配がないという・・・。
とはいえ、ホームですし、組織だった守備がしっかりしていたヴォルフスブルクの方がやや優勢だったかなという感じはします。昨シーズンのカオスからも立ち直ってましたし(汗)

それにしても、あんなにタレントがそろってるというのに、バイエルンの攻撃のつまらなさはどうしたことか。
リベリになんとかしてもらいたいんなら、もっとリベリのことを理解してもっと感じておくれな。抽象的な表現でわかりにくいのですが、うまく具体的に書き切らん(^^ゞ
いいパス送ったりあるいは独力で突破しようとしたり、いろいろ工夫をこらしてメリハリつけようとしてるのに、とことん報われないリベリがちょっと気の毒に見えたぞ。(←ロッベリびいき)

スコアレスドローが妥当な内容だったかも知れませんが、バイエルンは誤審に助けられ、そしてロスタイムにグスタヴォが奇跡のゴールを決め、なんとか勝ちを拾いました。
いやはや。ホッとした。よくぞ勝てたもんだ。

110813_gustavo
大変なことに(汗)
マガトの目の前でこんなことしちゃって!これで新たな恨みが根付いちゃったに違いないよどうするよ~(汗)次が恐いよ~(汗)

選手別雑感
ゴメス
今日もカカシのように…。チャンスのシーンではのほほんオフサイド。はやくオリッチに代わってくれ、と脳内でぼやいてました。

ミュラー
いまだ低空飛行中。ポジション入れ替えた方がいいのでは?SHはあまり向いてない気が。彼のピークがあのW杯じゃなければよいがと思っている今日この頃。

クロース
ダイブでイエロー。妥当なジャッジでした。痛がりすぎ。演技かリアルか知らんが、ちょっとしつこかったよ(^_^;)
クロースは期待しているので、ちょっとぐらいデキが悪くてもあまり気にしないのだ(エコヒイキ)。

グスタヴォ
110813_gustavorafinha_2
もちろん、今日のヒーロー。意外な人物がバイエルンの今季初ゴールを決めたものだと驚きましたが。DHとしての仕事ぶりも安定してて良いです!

ラーム
110813_lahm
だから「ばんじゃい」しちゃダメだって!そのコドモみたいな腕がオイラのモエツボに直撃するんだから!
まだまだチームから信用を得ているとは言えない宇佐美に、二度ばかりクロスを送っていました。ラームなりの気遣いなのかな、と思いました。

バトシュトゥバー
せっかく苦労して得点した直後に宇佐美のミスからピンチを迎えてしまい、「チームメイトに激怒された~(汗)」的なコメントを見かけましたが、バトシュトゥバーはいつもああなのです。

オリッチ
110813_olic_2 
ピカピカのイビチャスマイルを傷心のきゅん子さんにプリーズ(たぶんもう持ってらっさる)
ブンデス復帰おめでとーう!待ってたよーー!
しかもプレー時間数分できっちり仕事を!グスタヴォの決勝ゴールはオリッチのプレーがきっかけでした!

宇佐美
ということで、すでにいろんなところで言われてますが、ついにブンデスリーガデビューを果たしました\(^∀^)/おめでとー!
……。
ええと、前節の折、「宇佐美使えばよかったのに~」と適当なことを言ったことをハインケス監督にオワビします m(__)m ←聞こえてないよ
申し訳ない、やっぱり早すぎました(汗)。
1回惜しいシュートチャンスがありましたけど。いい位置にいた宇佐美にいいクロスをラームがくれました。あれが決まってたら評価は180°違ったものになっていたでしょう。
その他はもう鳴かず飛ばずというか、ゲームに全く入れず、ぶっちゃけ、ダメダメでしたね。
途中出場したものがもう一度交代退場させられたというので、そしてそのタイミングがミスをした直後だったので「お仕置きか?!(゚□゚;|||)」と、だいぶ話題になっているようですが。
個人的にはそうではないと思います。ファンブイテンが支度をしていたのはおそらく宇佐美がミスをする前からでしょうし。
ただ、交代出場した選手が、怪我でもないのにまた交代退場するのは異例のことですので、やはり宇佐美に対してハインケスに思うところがあったのは間違いないでしょう。
しばらくは宇佐美よりはアラバを優先させた方が良いだろう、という気はします。
でももちろん、この試合だけで判断はしないよ。多分ユプさんも。まだまだこれからチャンスはあるぞ、頑張れ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/08/13

今夜はヴォルフスブルク戦

私事で恐縮ですがこの後出かけるので(試合までには帰って来る予定)、blogを更新している時間はあまりないのですが、どうしても言っておきたいことが・・・

そんなわけで8月10日は国際Aマッチデーだったわけですが、バイエルン選手たちにとって必ずしもいいことばかりではなかったようで…。

ボアテンクは怒っていたらしい(tz)。
ベンチスタートとなったボアテンクですが、何やら不満だったご様子。
なんでだ?ブンデスの試合で怪我したから気使ってくれたんじゃないのけ?
まあ、今後代表では、バトシュトゥバーとポジションを争うことになるでしょうから、バイエルンファンとしては複雑なところであります。

プラニッチが代表から追放された(tz)。
親善試合アイルランド戦にて出場のなかったプラニッチ。監督に対して批判コメントをしたり、コーチとの握手を拒否した、というので、規律上の理由であるようです。
ビリッチ監督「懲罰ではないが、最終決定だ。我々は彼をもはやチーム構想には入れない。彼の5年間の働きに感謝し、今後の幸運を祈る。」怒ってはいないが「代表チームには明らかなルールというものがある」

【追記】Goal.com(日本語)にも出ました。

「我々は彼のジェスチャーには、不満でいっぱいだ」とのコメントをドイツ『sueddeutsche.de』が伝えている。

「これまで5年間の従事と協力に感謝し、彼のキャリアの幸運を願う。これは保留事項ではなく、最終決断だ」

「不快な言葉のやり取りがあった訳ではない。だが代表チームには、はっきりとしたルールが存在する」

……。残念です(涙)。
思うようにプレーができなかったり出場機会がなかったりするのは、選手なら誰でもフラストレーションがたまるものです。当然でしょう。
だけど試合は11人で行うものだから、プレーできる選手とできない選手がいるのもこれまた仕方のないことで。
その際に、指導者、選手、組織、それぞれどのように対応するか。
常に課題となる難しくて複雑な問題ですよね・・・

そんなわけでなんとなく、がむばれプラニッチ、自分に負けるな、と応援モード中ではありますが…。
正直バイエルンでも立場が厳しいので…(涙)。前節はオリッチと共に魔さかのメンバー落ち、今節はどうなるのか…。ううううううむむむむむ。

ロッベンが背中(腰?)と内転筋を痛めたとかで本日の試合の欠場が決まりました(T△T)
代表戦出てないのになんで痛めるのさ、今度は代表チームのせいじゃないもんねっ!(汗)
どうしてアンタはいつもいつもそう。。。。。。。。。。。。。。
もはや同情の声も聞かれず、かくいう自分も「また…」と半分慣れてしまっているのが悲しい。

ということで、すわ!宇佐美チャーンス!長谷部と日本人対決!♪
とさっそく盛り上がってる一部のニホンメディアもあるようですが…。

…まあ、どういう切り口で楽しむかはそれぞれなのでしょう。日本人選手しか興味がないというブンデスウォッチャーも、もしかしたらいるかも知れません(考えにくいが…)。ならば、苦笑いする立場も認めておくれなし。
いやいやもちろん、宇佐美が出場した暁にはかなり楽しみですし、テンション上げて応援しますが、ぶっちゃけ、少なくともスタメンは、右SHにはミュラーが入ると思いますですよ…。
右からミュラー、クロース、リベリというワタシ的予想。
ただ交代采配によって、クロースかリベリが下がってミュラーがポジションを変え、空いた右SHに宇佐美が入ることはじゅうぶん考えられます。
まあ見てみようじゃないか。

で!でで!

110806_brazzo
に、似てる…このぺろんちょとかこの目つきとか…ゴクリ

はっ(゚∀゚)
ブラッツォを仮想ファンボメルみたいに見るのヤメレ自分。
そんなわけで、ドイツに帰って来たサリハミジッチ、ついに「かつての恋人」バイエルンと対戦ということで、ドイツメディアのあちこちにフィーチャーされ、インタビューも続々です。
今でも変わることのないバイエルン愛を語り、引退後はミュンヘンに住むであろう、バイエルンでの仕事も考えられる、俺は半分はミュンヘン人だ、とかもう、嬉しくて涙がちょちょぎれそうなコメントを(*´∀`*)。
読み切れにゃ~い(汗)、と思ってたら、バイエルン公式に、他に語っているのとほぼ同じ内容が日本語で出ました。うれしい!ありがたい!

4年前の退団のショックを今までなんとなく引きずったままでいましたが、おかげで、もうすっかり吹っ切れましたよ。

対戦するのはちょっとつらいけど、クリーンでいい試合になることを期待しましょう。
もちろん、勝つのはバイエルンだけどね!ゴメン、そこはやっぱり譲れない。できればブラッツォに敗戦の責任がない勝ち方でひとつ…(なんだそれ)。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ファンボメルの豪邸・ファンボメルの部屋

Elftalfoto_881504q

なんと!

ご存知、8月10日には世界各国で代表戦が行われたわけですが、その中で、世界王者スペインイタリアに敗れるという試合がありました。
そしてその結果!いよいよ!
今月末に発表されるFIFAランキングにて、ついにオランダがスペインを抜いて1位に浮上することが明らかになりましたー!(゚∀゚)

どどどどどどうしよう、そんな名誉まるで実感ないのですが、ドキドキします。
都合の悪い時はそんなもんアテになるかい、と言い、都合のいい時だけ「FIFAランク○位だぞよ」とおおいにエバり活用する、それがFIFAランキング。
毎月更新されるので、9月に行われるEURO予選の結果いかんではまた抜かれ返される可能性もあるようですが、ともかくほんの一時でも、オランダが世界で一番強い国になるのです。たぶん初めてのことだと…。

そんな世界ランク1位・オランダのキャプテンであるファンボメルでありますが。

イングランドとの試合が中止になった後、ようやくイタリア時間本日(12日)午後、(カッサーノと共に)チームの誰よりも遅くミランに合流したようです。
同じくイングランドでの試合が中止となったナイジェリア代表タイウォは、1日早く登場してトレーニングをして「感心なヤツよ(^ー^)」とミラン公式にホメられて(?)いるというのに、この違いはなんですか。
試合が中止になったのでミラノに直帰かと思いましたが、国でのんびり休んでたかも知れないねぇ…。さすがにバカンスに行くヒマはなかったでしょうが。

というわけで、ファンボメル地元ネタです。
アウディカップ、ポカール、スーペルコッパ、ブンデス開幕、代表戦、と、忙しくしていたおかげで、すっかりネタが古くなってしまいました。

悪い話といい話がありますが、まずは良くない話から。

----------
たいしてむずかしい文章ではないのですが、なにしろ面白くない話なので全然頭が働かず、今もって詳しいことはわかってないのです。
あんまり紹介したくもないのですが、愛する人の何もかもを知っておきたいと思うこのヲトメ心理(キモ)。ざっくりと。

少し前に、ファンマルヴァイクの、ファンボメルが自分の家の近くに家を買った、孫のためなら監督辞めてもいいムヒョヒョ、というジジバカコメントを紹介しましたが。
こちらの記事によれば。
メーレッセンに推定100万ユーロにてお買い上げしたそうです。日本の基準で考えると、安!と思いますが、向こうの相場はわからん。

が。
どうも、もともとあったらしい風情ある屋敷を壊してモダンなデザインの豪邸に建て替えるというファンボメル家の建築計画に、周辺住民が失望・反対しているらしい、と書いてあるようです。
屋敷の元の持ち主のがっかりコメントとか、ファンボメル家の豪邸はこんな風になるらしい、とか細かく書いてありますが、前述したように気が乗らないのでスルー(こらっ)。
とにかく、でっかいプールがあるらしいということだけはわかりました。
プールねえ…。まあ、セレブのステータスではありますが、コドモもいずれ反抗期になるんだがな、とちょっと意地悪く思ったりして。

む~ん…。
プール付き豪邸、はともかく、ご近所さんとモメてまで計画を押し進めるファンボメルの姿というものはどうにも想像しがたいので、あまり信じたくないのですが…。
でも、引退後に備えて着々と準備を進めているのね、と思うと、ちょっとしんみりする話でもあります。
だいぶ前の記事なので、その後どうなったのか気になります。菓子折持って挨拶回りとかした方がいいんだろうか…

---------

気を取り直して今度は楽しい話。

110714_previewa2postermuseumfortuna

以前、フォルトゥナ・シタルトのスタジアムにある「フォルトゥナ・シタルト・ミュージアム」にオープンするらしいという「マルク・ファンボメルの部屋」とは何ぞや?という話をしました。

予定通り7月24日にオープンしたようです。
結局のところこれも詳しくはわかってないのですが、どうも、どうやら、ボメラーの聖地となるべき常設コーナーではなく、クラブの「オープン・デー」に合わせての一日限りのオープンだったみたいです。(「みたい」って(^_^;))
そもそも「ミュージアム」というものすら、普段からあるものなのか、どうか…(汗)

その「オープン・デー」というのも、説明なく当たり前に使われてる言葉なのではっきりしませんが、記事や写真から想像するに、リーグが開幕するにあたって、日頃の応援に感謝して、クラブとサポーターが交流するイベントであるもよう。
そういえばこの日、新しいクラブ応援ソングが発売になるので、ファンボメルのサイン入りCDをオークションにかけるとか、なんとかいう記事が出てたのを思い出しました。

「マルク・ファンボメルの部屋」はこんな感じ

110724_opendag4
フォルトゥナからミランまで、ファンボメルが実際に着用したユニフォームや、写真パネルなどが展示してあるコーナーだったようです。
「部屋」と聞いてなんとなく、ファンボメルの少年時代の部屋を再現したものだと勝手に思い込んでましたよアタシゃ(^^ゞ

110724_opendag2

110724_opendag3
雨にもかかわらず、入場には行列が出来たみたいですよ!嬉しいことですね。
品物はファンボメルのお父様からの提供だそうです。
部屋にはもう一人、やはり伝説らしい選手(GK?)のユニフォーム等も展示してあったようです。

今でもファンボメルはシタルトの人々にとって語り継がれる英雄で、愛されていることがわかる、ほっこりするエピソードでした(^ー^)。
記事はこちらから。(フォルトゥナ・シタルト公式)(De Limburger Dagblad ←動画付き)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/11

親善試合:ドイツ対ブラジル

110810_mannschaft2

8月10日 国際親善試合 ドイツ 3-2 ブラジル

kickerの採点も合わせてどぞ
110810_gerbrafj
交代:クローゼ(2.5)(46ゴメス)、シュールレ(2)(46ポドルスキ)、ロルフェス(85シュヴァインシュタイガー)、ボアテンク(88フンメルス)、カカウ(88ゲッツェ)
サブ:ヴィーゼ、ヘーヴェデス、アオゴ、S・ベンダー、ロイス、ギュンドガン

得点:シュヴァインシュタイガー(61PK)、ゲッツェ(67クロース)、ロビーニョ(71PK)、シュールレ(80シュヴァインシュタイガー)、ネイマール(90+2フレッジ)
カード: ガンソ

MoM:ゲッツェ

110810_neymar
サッシの溝とかキーボードのホコリ取りに使えそうなネイマールのアタマ(こらっ)

110810_ard

というわけで、ドイツ代表サポの皆さ~ん、

ミロミロしてますかー!?(^∀^)

110810_goetze

いやぁゲッツェはもちろん素晴らしかったです!期待を大きく上回る大活躍でした。

110810_schuerrle

シュールレも良いパフォーマンスでしたね!

でも!ワタシ的MoMはやっぱりクローゼで決まりなのです。

110810_klose

予告通りバイエルン選手を大量起用したドイツ代表。
しかしそのおかげで?まるでバイエルンを見ているかのような。確実な技術で華麗に丁寧にパスをつないで前線までボールを運ぶのですが、最後の最後で詰まってしまい、気がつけばまともなシュートもろくに打ててないという、こないだのブンデスの記事と同じことをまた書くはめに。
あのブラジルを敵陣に押し込んでるところはすごいと言えばすごいのかも知れませんが、しかし、ステキパス交換の模範演技見せられても、講習会じゃねんだよ、試合なんだよ、と脳内でぶつくさ言ってる間に前半終了。

レーヴ監督がこの試合勝ちにこだわったのか、あるいは予定通りだったのかはわかりませんが、前半もっともドン詰まっていた2選手であるゴメスポドルスキを交代させた采配は良かったです。これがズバリ当たりました。

クローゼが中心になって攻撃を牽引。高い位置からの守備、連携プレーでボールをつないだり、自らの動きでスペースを開けたり、ゲッツェ、シュールレ、クロースなどが動きやすいように大貢献してました。
素晴らしい!頼もしい!これぞベテランの仕事!
この試合、まだまだ代表経験の浅いゲッツェシュールレがいきいきと躍動できたのはクローゼのおかげと言っても過言ではないでしょう。
軽やかに走り回るクローゼを見ながら、バイエルンは彼の使い方を間違っていたんじゃないかと思いました。

ブラジルは後半に入って思い切って前に向かうことにしたのでしょうか。
前半はコチコチでしたが、だいぶ動きがよくなって、おかげでダイナミックで面白い試合になりました。
まあそれでも、さすがブラジル、という雰囲気には程遠かったですけどね…。

そんな中、クロースが倒されゲットしたPKをシュヴァインシュタイガーが決めたドイツ、気持ちに余裕ができ、さらに雰囲気がよくなります。
ゲッツェのゴール、シュールレのゴール、どちらも流れの中から生まれた美しく素晴らしいものでした。一見の価値あり。

試合終了間際に失点してしまいましたが、あれはネイマールをほめるべきでしょう。
ドイツの守備がひどかったとは思いません。まあ、そもそもああゆう選手にシュートを打たせちゃダメなのよ、ということかも知れませんが。
ゲーム通しての守備面はまずまずだったと思いますが、相手のカウンターへの対応が遅れがちなのは相変わらずなので、公式戦に向けてなんとかしないとね…。

雑感
フンメルス
大変よかったと思います。守備はもちろん、攻撃面での展開も。場数を踏んで、ようよう、A代表レベルになってきたかな。

クロース
時々うかつなパスミスをするものだから「調子が悪そう」とか言われてましたけど、そんなことはないだろうと思いました。まあただ、失点に直結しそうなミスが目立ってたので、気になるところではあります。

シュヴァインシュタイガー
110810_bastian
このお兄さん然としたたたずまい(^ー^)ファンボメルを意識してるとは思いませんが、自分はあまり攻撃にしゃしゃり出ずに相方クロースを立てている感じで、ちょっとファンボメルっぽいプレーに見えました。好みが分かれそう。
シュールレのゴールのアシストとなった粘りは素晴らしかったです!

・ 今後アンタッチャブルではなくなりそうな人たち
それがゴメスと言われても、やっぱり棒立ちは困る。
ミュラーはずっと低空飛行気味な気がします。悪くもないけど特別良くもない。
ポドルスキはトンネルに入っちゃいましたね。プレーする上で何か迷いや悩みがあるのでしょうか。新しい世代との融合がうまく行ってない感じ。

110809_poldigoetze
「俺の女になれheart」(うそ)

そんなこんなですが、とにかく気持ちいい勝利でした。ブラジルが絶不調ということを差し置いても、やっぱり気分いいです。なんでも、ドイツがブラジルに勝つのは18年ぶりのことだそうで。やったぜ!

グスタヴォもセレソンデビューを果たしましたよ☆記念出場ぽかったので、殆ど何もできなかった感じですが(^_^;)
110810_dsc07830

ブラックなおまけ
110810_fan
「バラック、君は俺たちのカピターノのままだぜ」

110810_lahm
それを見つめるラーム「・・・・・・」
(うそ)(うそ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

間もなくブラジル戦

オランダ戦は中止になったことだしドイツ戦はTV放送あるから安心して録画して、今日は早く寝るぞ!と思っていたのにぃ~。ワタシを寝かせないつもりか!?

11_08_10_ktalogneuer1

11_08_10_ktalogneuer2

(゚∀゚;)

バイエルンの新しい夏カタログ、少し前に出てましたが、このたびついにonline版がアプされ、ネットで見られるようになりました。(写真はtzから)
最近じゃすっかりバスローブが罰ゲームじゃなくなり、セクスィアイテムとして扱われるようになったようですが…。
しかしワタシ個人はノイアーにはセクスィ担当は期待してないんだなー。

11_08_10_ktalog

ざっくり流し見ましたが、今回はここ数年で一番気抜いてるんじゃないかと思うぐらい、グレードダウンしてる印象です。まあ、素朴なところもどことなくなつかしく、味があるとも言えますし別にイヤじゃないんですが。

11_08_10_katalog
このページはすごく好きだけど

11_08_10_ktalogusami1
宇佐美もがむばってます!でもこれだけ。
(パジャマじゃなくてヨカッタ。ちなみにバジャマの刑(←失礼だぞ)はグスタヴォでした。)

う~ん。この脱力具合、どうしてなんでしょう?キャプチャしてネタにしたいページがない…。
ダニエルが一箇所、びみょうにモエ~なページがありましたが・・・。
まあ、オリッチセクスィ祭りの去年やイケメン祭りの一昨年が力入りすぎていたのかも。

まだonline shopの画像をキャプチャする方が楽しそうだ。ちょこっと。

11_08_03_katalog
革パン模様海パンはアラバ担当(ちなみにカタログ実物ではミュラー)。

11_08_03_katalog3
タケノコ堀りの達人(※twitterと同じボケ御容赦)

じゃなくて。ブラジル戦に向けたドイツ代表頑張れ、と書くはずだったのですが。

110809_bastian2 ウィンクheart

なーんでか、記者会見に誰が出たとか、DFB.deのインタビューに誰が、とか、あまり情報追う気力がなくなって幾星霜。
どーせ何をしゃべってるのかわからない動画を見たところで、動いてるところを見てるだけで声を聞くだけでシアワセ(*´∀`*)と思える選手が今のドイツ代表にはいまいち…。
シュバは大好きなんだけど・・・フンメルスはイケメンなんだけど・・・

でも、プレカンには出ませんでしたが、クローゼがDFB.tvのインタビューに登場、久しぶりに姿を見れたのはうれしかったです。やっぱりミロがいるとなんか気持ちが落ち着くのよ…。

レーヴ監督はゲッツェ及び「バイエルンブロック」を起用する予定、と発言したようですが、「ブロック」に含まれてるのは誰ですか。Jボアテンクはコンディションが心配だから無理させなそう。他の7選手全員でしょうか?
それもいいんだけど…自分的にはゴメスよりむしろクローゼが見たいです。今となっては「海外組」、そのつもりでcheckしないと、プレーしてる姿が貴重なものになってしまいました。

前日にメルセデスとの契約延長と共に、工場見学もしたらしいドイツ代表御一行様

110809_boa_2

110809_poldi
がむばれポルディ!キャプテンマークを取り戻せ!

110809_mannschaft
タダでは終わらないらしい。(たぶん)従業員の皆様にファンサービス

そんな感じで。
ブラジルはルシオは参加してるのでしょうか?切なくも会いたいですね。
あと何やら、コパ・アメリカにて、驚異的な運動量のなさがネタになっていたガンソも、どれくらいネタのか(^m^)←失礼。
チアゴ・シウバ&パト&ロビーニョのミラントリオは、代表戦でそんなに活躍しなくてもいいです(汗)。怪我でもされたらかなわん(汗)
そういえば、グスタヴォがついに初招集だそうですね!これは楽しみです。

そんなこんなしている間にスタメン出ました。
ノイアー - トレッシュ、フンメルス、バトシュトゥバー、ラーム - シュヴァインシュタイガー、クロース - ミュラー、ゲッツェ、ポドルスキ - ゴメス。
バイエルン選手をガッツリ使いますねえ(汗)ともあれ、飛ぶ鳥を落とす勢いのゲッツェに期待です。ロイスも見たいなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/09

イングランド対オランダ戦は中止

とりいそぎ。

すでにご存じの方も多いでしょうが、このたび、ロンドンを中心にイギリス各地で暴動が起こっている事態を受け、明日予定されていた、イングランド対オランダの試合は中止になりました。

非常事態ですし、チームや観客の安全が確保できない以上妥当な措置でしょう。納得はしてますが…

本音を言うと、やっぱり残念(>_<)

110808_oranje_2

やっとTVで代表のファンボメルが見れると思ったのに~、って、自分の勝手な都合を言ってはいけないのでしょうが…。トホホ。

今回の決定を受けての、KNVBのえらい人とファンマルヴァイク監督とファンボメル主将のコメント

何を言ってるのかはわかりませんが神妙な面持ち。

ホテルを引き上げるファンボメル
110809_2

なんというか、変わらぬファッションセンスにほっとしたりして…(どこ見てる)。
このままミラノに帰るのかな…。

せめて(?)10年前の同じ対戦カードで、ファンボメルが素晴らしいミラクルゴールを決めた動画でも、よろしければごらんください。

しかし…。
すでにイングランドでは2つほど大きな試合が中止になったそうですし、今週末に迫っていたプレミアリーグの開幕も延期になるのではないかと言われてるようです。
イングランドの人々がフットボールを楽しめる日が早く戻りますよーに…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/08

1節:バイエルン対ボルシアMG

110807_fan_2

8月5日に開幕したブンデスリーガ。岡崎の素晴らしいゴールが決まったり、ドルトムントは今シーズンも強そうだ(汗)とか、レヴァークーゼンが相当ひどい内容で負けたらしいとかさっそく話題が豊富なようですが、その開幕節のトリは我がバイエルン対ボルシアMGとの伝統の一戦でありました。

110807_neuer
試合前にノイアーの10/11年間最優秀選手賞の表彰がありました。

8月7日 ブンデスリーガ 第1節
バイエルン・ミュンヘン 0-1 ボルシア・メンヒェングラッドバッハ

kickerの採点も合わせてどぞ
110807_fcbbmgfj
交代:リベリー(3.5)(60クロース)、ペーターゼン(76ボアテンク)
サブ:ブット、ファンブイテン、ティモシュク、アラバ、宇佐美

得点:デ・カマルゴ(62ブロウヴェルス)
カード: デ・カマルゴ

MoM:テルステーゲン
今節のベストイレブンにテルステーゲンブロウヴェルス選出

110807_dante もこもこ(ダンテのアタマ)

負けかよ!

開幕戦で負けるのは実に10年ぶりのことだそうです。

立ち上がりから意気揚々、ブイブイかっ飛ばすバイエルン、小気味よくパスをつないで攻め込みますが、ドン引き大作戦で守備を固めるボルシアMG相手に、気が付けばたいしたシュートを打たせてもらえない有様でした。

報われない空しさを感じつつも、パフォーマンス自体はそう悪くはないように見受けられましたし、なんとかゲームは支配していましたが…。
なんちゅうことのない相手のダルいロングキックに対し、ノイアーボアテンクの連携ミスからだっさい失点をしてしまい、そこから後がもう大変。

大パニック。組織も連携も完全崩壊。
すっかり頭に血が上ってしまって、どうしようどうしよう僕たち、とっとりあえず攻めろ攻めろ、なんでもいいから誰でもいいから放り込め~わたわたバタバタsweat01sweat01
と、ムチャクチャでデタラメな猛攻を繰り広げ、見ちゃあいらんなかったです。
それでもまぐれで一発ぐらい入らないかな、と思いましたが、テルステーゲンのファインセーブに阻まれたり決まったかと思われたミュラーのシュートはオフサイドだったり。

いやはや、しょっぱなからヒドい試合で負けてくれちゃったもんですわ。

110807_terstegen
どや!

そりゃあテルステーゲンが楽しみだとは言いましたが…。ノイアーとの競演は望むところでしたが…。そんなテルステーゲンでもどうにもできなかった素晴らしいゴールで勝つのが希望だったのです。とほほー
(ちなみにkicker採点で神採点shineが付いてました)

戦術的な問題点も多々ありましょうが、それはワタシの不得手な話なのでさておいて(←え~)、とにかく試合の流れをコントロールできるベテランの存在が必要だと思いました。
前半のかっ飛ばしサッカーが90分もたないことはわかっているのだから、空しくなる前に疲れる前にあえてテンポを落として休む時間を作りメリハリをつけるとか、パニックに陥ったチームを落ち着かせて組織の崩壊を防ぐとか。
見ながらつい、いなくなった選手ばかりが脳裏にチラチラよぎりましたよ。ファンなんとかとかク□ーゼとか、ちょっと役割は違うけど熱いプレーで鼓舞してくれそうなハ≡トとか。

そう思うと、オリッチがベンチ外だったのはつくづく残念です。てゆうか謎だ。
もっともオリッチはそんな落ち着いたタイプではありませんが、流れを変えることはできたかも。ブンデス初登場のペーターゼンでは荷が重い…(汗)

あとロッベンも、ちょっとどむならなくなってたから、思い切って替えるのもアリだったんじゃないですかねぇ。
宇佐美を出して、相手選手に「やっべー知らんヤツ来ちゃったsweat02」という動揺を誘ってそのスキを突く、というのも面白かったかも。成功は保証できませんが(^_^;)

110807_gustavo_2

失点につながったあのアホアホプレーだけでもって、ノイアーと共に今節のへっぽこ選手に挙げられそうですが、ボアテンクはとてもよかったと思います。途中で怪我をしてしまいましたが、少し心配です。捻挫だろうと言われてますが、さて。
あとグスタヴォも。ようやく持ってる能力を発揮できそうな雰囲気です。ヴィダルなんか必要なかったじゃんねぇ、と言われるように頑張ってほしいものです。

110807_schweinsteiger_3

その一方でシュヴァインシュタイガーは……(汗)
なんだかんだ言ってもうベテランなんだし、ファンボメルの期待に沿えるようにがむばっておくれ(汗)←プレッシャー

おまけ
110807_sky
「で、ゲッツェはいくらかね?あとテルステーゲンもすぐに買いなさい」「……」 (うそ)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/08/07

スーペルコッパ:ミラン対インテル

ざっくり。

8月6日 イタリア・スーペルコッパ ACミラン 2-1 インテルナツィオナーレ

110806_milaninterfj
交代:パト(62ロビーニョ)、アンブロジーニ(75ガットゥーゾ)、エマヌエルソン(82ボアテンク)
サブ:アメリア、ボネーラ、ジェペス、カッサーノ

ゴール:スナイデル(22)、イブラヒモヴィッチ(58)、ボアテンク(69)
カード: ガットゥーゾアンブロジーニザンブロッタチアゴ・モッタ

110806_22

110806_20
またまたナイスポジショニング。

勝った勝ったー\(^∀^)/
ファンボメルもワタシも初めてのイタリア・スーパーカップ。
なんでこんな中途半端な時期にやるかなあ、と、応援態度がむずかしい試合ではありますが、やはりダービーともなると、知らず知らずのうちに力が入っちゃいましたよ。

前半はミランもファンボメルも、目も覆わんばかりに超ヒドいパフォーマンスでしたが、後半は別チームに生まれ変わって、スーパーな試合運びをしていましたね。
この変貌ぶりはどうしたことか、一体ロッカールームで何があったのか知りたいものです。
イブラヒモヴィッチのパフォーマンス次第でこうも変わるもんなのか。本気出したイブラはホントに凄くて惚れますlovelyが、これでは今シーズンも「イブラ依存」になるんでないかという一抹の不安も。それならそれで、どうかシーズン通してムラのないパフォーマンスをお願いします。m(__)m

110806_boa
ボアテンクのキレのあるカンフー(?)パフォ!
面白過ぎるぞカッコいいぞアンタ。好きになっちゃうかも。いやゴールも泥臭くてよかったよ~。

味方のファウルを指さし確認するのは何故だろう
110806_dsc07806
ボアテンク

110806_dsc07808
アバーテ

110806_dsc07804
イイ感じ

ファンボメルの出来は平々凡々やや悪し、という印象でした。チームの調子とシンクロして後半は良くなりましたが。
試合開始早々の1分30秒あたりでハードなタックルをしたり(当事者と無理やり握手をしようとして嫌がられてた(^m^))、スナイデルをまた削ってまたイラッとさせたり、自分でつっかけておきながらえげつない演技で向こうにファウルを出させたりとか、見せ場はそれなりにありましたが、ワタシ的ツボはこちら

110806_dsc07817
T・シウバの急所がT・モッタに急襲された!

普段モメごとにはあまり関わらないファンボメルも思わず大興奮!
110806_26

110806_dsc07809
「おい!今のはヒデーだろ!」

110806_dsc07810
この二人に噛みつかれては…。「(ヤバいヤバいマジこわいsweat02)」←審判心の声(うそ?)

110806_dsc07811_2
「待てコラ!逃げるなよ!」

110806_dsc07812
「見ろ!こんなに腫れ上がってるじゃねーか!ウチの弟分のナニが使い物にならなくなったらどーオトシマエをつけてくれるんだ!」(うそ)

その後くだんのシーンのリプレー映像が流れていたのですが…。

110806_dsc07815
リプレー終わってもまだやってた(T∀T)

そんな中どさくさにまぎれるセードルフ
110806_dsc07816

110806_dsc07818
想像するに、MVPかなんか受賞したみたい。

110806_dsc07819
あんりまー。
というわけで、突然映像が途切れてしまって、肝心の授賞式の様子は見れなかったのですハハ( ̄▽ ̄)中途半端~

110806_birdnest
「倍耐力」と書いて「ピレリ」と読むのだと言われてもピンと来ませんわねぇ。
満員の鳥の巣スタジアムはものすごく大きくて迫力あり、素晴らしい雰囲気でした。

サッカー的つっこみどころは満載ですが、とりいそぎこれまで。
インテルの新しいシステムがどうとかいう話は全然わかんないも~ん(汗)
勝ったミランにも課題が残った気がします。お互い、いまいちだったかなぁ、という内容だったのではないでしょうか。

チームは深夜までどんちゃん騒ぎ、か、アダルティーなディナーかよくわかりませんが、とにかく祝勝会をして、一夜明け先ほどミラノに向けて長い長いフライトに旅立ちました。
中国メディアを通してそこそこ情報も入って来たし(イタリアだけならこうはいかなかったのではないかと)、ワタシ的にはなかなか楽しかった今回の中国遠征でありました。
まあ、選手の疲労は心配ですが。ともあれ、シーズン初のタイトル。おめでとう、お疲れさまでした~(^^)/

おまけ
110806_41

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/06

間もなくブンデスリーガ開幕!なのですが

1311177929_original
なんだこりゃ(笑)

スミマセン、バタバタと忙しくしておりますものですから、更新がむずかしい状況です。
明日はスーペルコッパもあるし。時差が1時間しかない中国でやるから、ガッツリ見なくちゃだし。

110804_5
宇佐美代われ(ヘタに言語が通じるからちょっと言いにくいなぁ…(^_^;))

110804_robbery
ここに来て、ロッベリが開幕戦イケるかもよ?という明るいニュースが入ってきましたが、情報戦の可能性もありますので慎重に…。たぶんどちらもスタメンではないでしょう。

個人的にはボルシアMGのGK、ミニ・カーンとかミニ・ティターンとか言われている、テルステーゲンが楽しみです。
何もかもすぐにキレイサッパリと忘れる自分が言うのも心苦しい話ですが、覚えてらっさいますでしょうか。2年前のU-17でドイツが優勝した時のGKで、「カーンみたーい♪」と言っていた彼が、今や期待のニューホープとしてブンデスのクラブで堂々と正GKとなっているのです。

110804_robben_2
後ろ姿のおっさんが一瞬ファンハールかと思ってドキッとした、というか違和感なかった。

いやいや、バイエルンの試合は7日深夜ですのでお間違えなく(^_^;)
と、早すぎるプレビュー記事を書いております。実際どうなるかわからないので…
こうして例年以上に実感がないまま、ブンデスリーガの開幕戦を迎えそうです。だはは。
HDDにはまだ昨シーズンの試合がDVDに焼くつもりで放置されたままだというのに。てゆーか夏休みの宿題にするつもりだったクペの試合がまだ○| ̄|_
嗚呼~そうだ、エールディヴィジも開幕じゃんネェ(汗)こ、今年も結果checkだけに終わりそうよ。がむばれPSV!←取って付けた

と、とにかく、開幕戦はドルトムント対HSVです。雰囲気だけ味わいたいので最初の方だけ見るつもりですが、後はもういいかなと(こら~)。

こんなことでだいじょぶか今シーズン。ハッハッハ、ダルすぎる。ダメダメだぁ(苦笑)
まあ、ワタシはダメダメでも、バイエルンはビシッとしてくれるはずだ。うむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/05

イングランド戦に向けてのオランダ代表招集メンバー(正)

「正」ってなんだよ自分…(苦笑)

いや、申し訳ありません。先日blogにアプしました、
8月10日・親善試合イングランド戦(ウェンブリー)に向けてのオランダ代表招集メンバー
ですが、あれはいつも通りに、予備発表だったようです。うっかりしていたわい…トホホ。

というわけで本日、招集メンバー23名が正式決定したようです。
なんといってもワタシ的一番大きな変更点はステケレンブルフの所属クラブ…(T-T)
プレシーズンマッチで怪我をしたアフェライは外れました。無念。
そしてヤンセン親分も落選してしまいました。
一方で、予備発表の段階では名前のなかったワイナルドゥムが新たに呼ばれました。
ファンボメルやスナイデルからは特に辞退の申し出等はなかったようで、今度こそニホンのTVに登場出場が期待できそうです。明日の試合で怪我しないでね!二人とも!

というわけでちょっとしつこいですが、本決定後の訂正版を新たに。

----------
GK
ティム・クルル (ニューカッスル)
マールテン・ステケレンブルフ (アヤックス)(ローマ)
ミヘル・フォルム (ユトレヒト)

DF
カリド・ブーラルーズ (シュツットガルト)
エドソン・ブラーフハイト (ホッフェンハイム)
ジェフリー・ブルマ (HSV)
ヨーン・ハイティンハ (エヴァートン)
ヘドヴィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア) ←登録ポジションが変わったみたい
ヨリス・マタイセン (マラガ)
エリク・ピーテルス (PSV)
ロン・フラール (フェイエノールト)
グレゴリー・ファンデルヴィール (アヤックス)

MF
イブラヒム・アフェライ (バルセロナ)
マルク・ファンボメル (ミラン)
テオ・ヤンセン (アヤックス)
ナイジェル・デヨンク (マンチェスターC)
ヘドヴィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア)
スタイン・スハールス (スポルティング)
ヴェスレイ・スナイデル(インテル)
ケヴィン・ストロートマン (PSV)
ラファエル・ファンデルファールト (トッテナム)
ジョルジニオ・ワイナルドゥム (PSV) ←NEW!

FW
エリエロ・エリア (HSV)
クラース=ヤン・フンテラール (シャルケ)
ルーク・デヨンク (トゥエンテ)
ディルク・カイト (リヴァプール)
ロビン・ファンペルシー (アーセナル)
アリエン・ロッベン (バイエルン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報!CLプレーオフドロー

つい先ほど終わったばかりです。UEFA.comよりキャプチャ(サボり)

110805_uefa

リーグポイント別なのでしょうか?こんな2段階でグループ分けされているのですね。強いところと当たる仕組みになってるのか…。
まさかアーセナルがこんなところにいるとは知らなんだよ(汗)

というわけで我がバイエルンはスイスのチューリッヒと!

よかった~εー(´。`)ホッ というのが正直な感想です。
いやもちろん、油断は絶対厳禁ですのでしっかり相手をリスペクトしてかからねばなりませんが、トゥエンテ、ルビン、ウディネーゼは絶対避けたかったので(避けたいところばっかり)。

ちなみに「OB」と表記してあるオーデンセには、元バイエルンのGKであるヴェッセルスが在籍しています。

よっしゃ勝つぞー!勝って本戦出場だー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北京のファンボメル・その2

ドイツサッカー欧州サッカーファンであり、Jオンチ日本代表オンチのこんなワタシでさえショックを受けましたので、テンションはかなり低いです。

ですがあんまりサボってるとネタはどんどんたまる一方ですし、ブンデスリーガも開幕するしなので、こんな時ですが、ファンボメルネタなのです。

なのでうひょむひょコメントは控えて、写真だけべたべた貼るのです。
どのみち、写真以外の情報は殆どゲットしてないので…

110803_19 何があった

8月3日、午前のトレーニングを終えたあと、アンブロジーニ、アントニーニ、ボネーラ、エマヌエルソン、ヴァローティ、ガッリアーニ副会長と共に、北京アディダスでファンイベント。

110803_11

よく見てください。ファンがドイツ語で「Wir Lieben Dich heart(ワタシたちはアナタをあいしてる)」と…。
これの意味するところは何なのか、もちろんワタシの幸せな誤解である可能性も高いですが、でも嬉しかったのです。

110803_12
みんなに見つめられている・・・

110803_10_2
サイン

110803_6
うさんくさげな視線を送っているのは目下ワタシのミランでのモエータレント・ヴァローティであります。17歳ですよーニキビありますよー(^m^)

110803_3_2 heart

110803_anton
前日のトレーニング中にカッサーノと衝突し、アゴを3針縫ったらしいアントニーニ。絆創膏が妙にモエ、じゃないわ、お大事に…

このイベントでファンボメルは「中国の滞在を楽しんでる、ここのスタッフは完璧だ」的な模範コメントをしたようですが、中国語はわからん(こちら)。イタリアメディアにも出てないし。
動画とかアプされているのかも知れませんが、まだ探してないです・・・
【追記】とりあえずGazzettaで見つけました。たぶん英語で話してると思うのに、イタ語の吹き替えがかぶさってて何言ってるのか全然わかりません(涙)

このイベントでの充実のフォトギャラリーはこちら。ファンボメルたっぷりですのでオススメよ。

帰って来たらトレーニング。昼寝する時間もありゃしない。ご苦労様です。
110803_20_2

110803_9_2
(イベント行く前の写真かも)

110803_8
暑い暑い。こまめに水分補給はしているみたいです。わかりにくいですがナニゲにおへそサービス(ポチすると原寸大になります)

8月4日、今度はドルチェ&ガッバーナのブティックでセレブなパーチー(昼間っから)
110804_2 ガッツheart01

110804_6
またサイン。上品な手つきが良いですね~

このドルガバ北京でのイベントの様子は全然情報をゲットできてないので、何が起こったのかさっぱりわかってません。ざんねん…

帰って来たらトレーニング
110804_1_2
今日は(ファンボメルが写ってるのが)これ1枚だけ…。前日の充実ぶりとはうって変わって実に物足りん。

そんな感じ。
他にも、監督&ネスタ&パトの記者会見・インテルと合同で迎賓館(←直訳)でのチャリティー(←直訳)ディナー・ザンブロッタとアッビアーティのイベント出演とかあったらしいのですがスルー。だってファンボメル参加してないも~ん(こらーっ)

いちおう写真だけでも貼っとくか
110804_zambabbi2_2

110804_abbi_2
お疲れ?

記事見つけた。せっかくなので。二人の楽しいトークの内容はこちら(中国サイト)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブラジル戦に向けてのドイツ代表招集メンバー

8月10日・親善試合ブラジル戦に向けてのドイツ代表招集メンバーが発表になりました。

バラックの代表引退記念試合にするとかしないとかでモメてしまった因縁の(言うな)
…ゴホゴホ、と、とにかく、背番号も合わせてどぞ

----------

GK
1 マヌエル・ノイアー (バイエルン)
12 ティム・ヴィーゼ (ブレーメン)

DF
4 デニス・アオゴ (HSV)
14 ホルガー・バトシュトゥバー (バイエルン)
20 ジェローム・ボアテンク (バイエルン)
2 ベネディクト・ヘーヴェデス (シャルケ)
5 マッツ・フンメルス (ドルトムント)
16 フィリップ・ラーム (バイエルン)
15 クリスティアン・トレッシュ (ヴォルフスブルク)

MF
21 スヴェン・ベンダー (ドルトムント)
19 カカウ (シュツットガルト)
8 マリオ・ゲッツェ (ドルトムント)
6 イルカイ・ギュンドガン (ドルトムント)
18 トニ・クロース (バイエルン)
13 トーマス・ミュラー (バイエルン)
10 ルーカス・ポドルスキ (ケルン)
17 マルコ・ロイス (ボルシアMG)
3 ジモン・ロルフェス (レヴァークーゼン)
9 アンドレ・シュールレ (レヴァークーゼン)
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)

FW
23 マリオ・ゴメス (バイエルン)
11 ミロスラフ・クローゼ (ラツィオ)

----------

油断するとクローゼを「バイエルン」と書きそうに…。そして太字にしてしまいそうに…。

それはともかく、こうして書き出してみると、この夏ドイツ代表選手もいろいろと移籍の動きがあったなあ、と改めて思います。
その中の一人、このたびニュルンベルクからドルトムントに移籍した期待のギュンドガンがドイツ代表に初招集です!
トルコ代表も選択することもできたようですが、ドイツを選んでくれたようですね。もっとも親善試合なので、ほんとの本気の公式戦ではどうなるかわかりませんが…、あれ、でも親善試合でも、出場してしまうとダメなんですっけ?忘れた。まいいや。

あと、カカウが久しぶりに復帰です。何故にMF登録なのだ。

ってアルネはー?!Σ(゚□゚;)

何日に試合があるのか知らないのですが(こらっ)(だって興味ないモン)直近にプレシーズンマッチ@中国があるらしいレアル・マドリーのエズィルケディラはハードスケジュールを考慮して招集は見送られたようです。

どでもいいけど、背番号はまだ23番以内に収めなくちゃいけないんですかね。
固定している数人のおなじみ選手を除いて、コロコロ変わるのでわかりづらいったら…。

この試合もTV放送あります!フジNEXTさんでLIVE中継!\(^o^)/
……オランダ戦と時間かぶってるけどね!コリアンダーはどっちを優先するんだ?とか聞いちゃダメですよ(汗)ワタシも迷ってるんだから(汗)←迷ってるのかい

そうそう、そう言えば。
U-21も前日にEURO予選があるらしいのですが、我らのコンテントが初招集です!(^^)
イタリア代表を選択するかも?なんて言われてましたけどドイツ代表を(さっきと同じなので略)までも、A代表ではどうなるか(さっきと同じなので略)
ちなみに、シャルケのドラクスラーも初招集。ホルトビーもこちらに呼ばれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/03

北京のファンボメル

あななつかし、カーンがかつて中国で絶賛活動していた時に少しお世話になった、sohu.comさんによる「スーペル・コッパ」特設ページのバナーです。

110802_sohu_2
「意大利・超級杯」…なるほど。(たぶん「級」の字はちょっと違うと思う)
他に中国のサイト知らんので(情弱)、たまたまここが特集組んでてヨカッタ…
[追記]ここのサイトにも特設ページがありました。

いやはや。
バイエルンの試合記事をアプした後に続けてこの記事をいっしょけんめい書いていたのですが「あともう少し!」というところで突如ネットが落ち、書いたものがまるっと消えてしまったので、そのままフテ寝してしまいました。すっかり遅くなってしまい恐縮です。

気を取り直して・・・

というわけで、8月6日インテルとのスーパーカップに向け、早くも8月1日に、北京に向けて旅立ったミラン御一行様です。
ミラノのマルペンザ空港→フランクフルトで乗り換えて→北京へ。

110801_2
この便で行くよ~ん♪(緑のポッチが点灯してる)と、ミラン公式が紹介してくれましたが、ルフトハンザなんですね~。スポンサー様のエミレーツじゃないのかい。

110801_t_2
飛行機の時間待ちのファンボメル。ヘンな顔。でもスキheart04(戯言)

約11時間のフライトののち、翌2日、北京に到着したミラン御一行様であります。

110802_nesta_2
熱烈歓迎。どえらいことに(汗)

110802_8_2
「誰だか知んねーけどミランの選手らしいからサインもらっとけ」じゃないことを願う。

110802_3_2
ねぇえ…

110802_pippos
ピッポ大人気!(残念ながらミラノに留守番…)

その後ホテル「インターコンチネンタル」に到着したミラン御一行様
110802_zra2
ここでもファンがお出迎え。なんでもネスタギャル、じゃないわ、ネスタが女子に大人気だったそうですが…

そしてお昼寝タイムの後、「オリンピック・スポーツ・センター」にて、ウォームアップやらトレーニングをしたもよう。

110802_yepes
「ひねりの角度はこんな感じっすか」「イイね―、色っぽいよマリオ(←たぶん)」(うそ)

ちなみに対戦相手のインテルもミランから2時間ほど後に北京入り、たぶん似たようなスケジュールでこちらもトレーニング

110802_sanetti
いーけないんだーkissmark

110802_sneider
スナイデルってこんなにいっぱいタトゥー彫ってたっけ

そのインテルの公開練習の最中に、ファンの中に何故かミランユニを着たおっさんが登場したために騒然となり、おっさんがインテリスタにカラまれユニを脱がされ殴られた、というトラブルも発生したようですが…。

110802_urby
こっちに行っとけばよかったのにね。(非公開だったらしいけど)

----------
そんなこんなしているうちに一夜明け、本日の午前中もトレーニングがあったもよう。
今日はお客さんを入れたようです。
110803_milan2

110803_2_2
ノースリーブ最高☆北京は暑くて湿気が高いらしいので、くれぐれも健康管理には気を付けてね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポカール:ブラウンシュヴァイク対バイエルン

バイエルンともファンボメルとも、ワタシのプライベートとも全く関係ないことなのですが、心配なことがありますものですから、どうにもノリが悪いです。テンション低めで失礼します。

110801_sarah_2
カレシがブラウンシュヴァイクに遠征中、何故かバイエルンの練習場で犬と戯れるシュバのカノジョであります。

さて

110801_braunschweig

8月1日 DFBポカール 1回戦
アイントラハト・ブラウンシュヴァイク 0-3 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
110801_braunschweigfcbfj
交代:ティモシュク(81アラバ)、プラニッチ(88クロース)、ファンブイテン(90+1ボアテンク)
サブ:ブット、コンテント、ペーターセン、オリッチ

得点:ゴメス(9PK)、シュヴァインシュタイガー(39PK)、ミュラー(83)
カード: プフィツナーボアテンク

宇佐美はベンチ外だったらしい。ざんねん…。まだまだ、チャンスはこれからよ!

というわけで、果報は寝て待て、ではないですが、睡眠応援の甲斐あって(??)大番狂わせはなく無事に勝利したバイエルンであります。ほっ

そういうわけで試合は見ていないのですが、実際はどうだったのでしょうね。
Bildにはムラのない、よさげな採点が並んでますが…。

110801_fcbtv1

聞くところによるとブラウンシュヴァイクが、バイエルン相手のたいていのチームがやるように、ドン引き大作戦を敷いたもようで、それをなかなかうまく崩せなかったらしいのですが。
見方を変えれば、公式コメントのように、ゲームを掌握し、相手に攻め込ませるスキを与えなかった、ということかも知れません。おかげでノイアーはヒマだったという…。
その割には1回フリーでヘディングされてるシーンがあったような気がしますが、あれ1回きりだったのかな?
 
110801_kroos

攻撃的中盤のフレッシュ3人組がまずまずの働きであったのかな。
ロッベリー不在を埋められたでしょうか。
その中で今回の主役はミュラー!3得点すべてにからんでいました。

110801_mueller4
「あ~れ~」倒されてPK。→ゴメスが決めて先制!

110801_mueller2
「あ~れ~」倒されてPK。→シュヴァインシュタイガーが決めて2点目!
&バースデーゴール!フェイントを入れてタイミングをずらし、ニクい小技を効かせてましたよ(^m^)

110801_mueller3
3点目は自分で!半オーバーヘッド?とでも言うべきアクロバチックなゴールでした。

110801_jupp じっ

110801_boateng
ボアテンクの評価は高かったもよう。

110801_boateng3
オレンジ色の靴紐がメディアにつっこまれてましたけど、なんかマズいのかな?

そのおかげでファンブイテンがベンチスタートとなり、どうでもいい時間つぶし出場かなんかだったようですが…。
今シーズンはもう、ダニエルに限らず、なんでスタメンで使ってくれないの、とか、そういうことをあまり言いたくないので、そこらへん不満が出ないように、うまいこと回してくれないものかしら…(ため息)。

110801_fcbtv2

まあ、何はなくとも、勝ったことが大事!
なんだかんだ言って効率の良い勝ち方だと評価しているところもあるようですし。
よくできました!ってことでいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/02

間もなくポカール1回戦

DFBポカールが始まってます。
いやはや、いきなり大波乱ですよアナタ!

110729_magath
鬼軍曹~~(T△T)

110729_brazzo
せっかくブラッツォが決めたのにぃ~(T△T)

ヴォルスブルクがいきなり!(対RBライプツィヒ)

110730_fritz
ブレーメンが!(対ハイデンハイム)

110730_leverkusen
レヴァークーゼンが!(対ディナモ・ドレスデン)

他にもフライブルクがウンターハヒングに、と、ブンデスチームが続々と1回戦で敗れてしまいました(汗)(汗)
どの試合も見てないのでなんとも評しがたいですが、レヴァークーゼンは…。
いくら相手が、1回戦で当たるにはちょっとキツい2部のチームとはいえ、3点差をひっくり返されるのはナイわ~~○| ̄|_

しかし翌日(31日)の試合では、そういう波乱はなく、延長戦で辛勝したチームはあれど、ブンデスチームは順当に勝利…って

110731_huntelaar

順当すぎる。なんとシャルケ11-1の祭りスコアで爆勝(←この言葉使うの久しぶり)です(対テニンゲン)。チャリティーマッチか!なんで1失点しちゃったかね(^_^;)
すっかり「いらん子」扱いされている感のあるフンテラールが、チーム最多の4得点を決めたのが嬉しいです。面目躍如となったかな。
ハイライト見ましたがホルトビーが良かったですねヤバいですね。
ラウールも2点決めてましたが、GKの頭上を浮かせた技ありゴール決めてましたよ。

そしてヘルタはぁーー!!

110801_zdf2

オットルが決めましたよーーー!!!\(T∀T)/ 感激!
味方のシュートを相手GKがはじいたものを飛び込んでぶち込んだ、オットルにしては泥臭系ゴールでした。カッコいい~☆
クラフトがメンバー外だったのでどうしたのかと思ったら、前日トレーニング中に怪我をしてしまったようで…。あまり軽そうでない雰囲気ですが、よくわかりません。

そんな悲喜こもごものポカール1回戦ですが、今晩この後ただひとつだけ行われる試合に登場するのはご存知我がバイエルン(対ブラウンシュヴァイク)。

・・・・・・・。
リベリロッベンの欠場は決定しましたけど(涙)
もうどうなるんですか一体。リベリがブンデスリーガの開幕戦にダメそうなのはわかりますが、ロッベンは未だに「毎日様子を見なければならぬ」とか、「開幕戦に間に合うかも知れないとも言えないとは限らないんじゃないでしょうか」とかなんとか、相変わらずはっきりしない…

そんなバイエルンのトピックスです。

Bildのインタビューに宇佐美が初登場!(写真は撮ってないみたい)
いっしょけんめいドイツ語を勉強中だそうで、「シーズンの最後にはチームメイトといっしょに、優勝セレモニーで"南の星"をドイツ語で歌いたい」と壮大な目標を語ったそうです(^∀^)。楽しみですね~
いやスミマセン、マジメな話もしてますが基本的に、聞いてる音楽とか、平日に4000人もファンが見学に来るなんてびっくり、とか、比較的ソフトな内容のようですよ。
(宇佐美は日本語で話したのだろうに、記事がドイツ語であるがためにちゃんと理解できないもどかしさ。。。)

・ ノイアーが10/11シーズンのドイツ年間最優秀選手賞を受賞!!

110731_neuer

やっったぜ!おめでとう!
GKが受賞するのはなんとあのカーン以来(00年&01年)だそうです。ドキドキ…
いやはや、ちょっと意外かも知れませんね。シャルケの昨シーズンの順位を思えば…。
ドイツのサッカージャーナリストたちが投票で決めるようなのですが、優勝チームのサヒン142票、得点王ゴメス190票を抑え、210票での受賞です!

バスティアン・シュヴァインシュタイガー、誕生日おめでとう!\(^▽^)/

……8月1日でした。
スミマセン、いや、日付が変わる前にサクッとアプするはずだったのですが、地震が起きたり、ミラン方面から情報が入ったり、「す○○と」にイライラしたりしてたので、すっかり遅くなりまして(言い訳上等)。

いやぁーでもドイツ時間だとまだまだ「今日」なので、ぜひバースデーゴール決めて欲しいねぇ!もちろん勝利に貢献するゴールを!
とかワタシがしょうもない期待するとたいがい外れるのですが…。いやっヤツは持ってるんだ!きっとやってくれるはず!

・ さてそんなバイエルンのスタメン予想ですが。

CBは何やらハインケス監督が「ボアテンクがDFリーダーだ」と言ったとか言わないとか、詳細は不明ですが、とにかく高く評価しているようです。
……だっ、だからって、ファンブイテンが即ベンチ行きってわけじゃないんだからねっっ(T-T)くう~っ

予想スタメンはBildとkickerしか見てませんが、CBがファンブイテンかボアテンクか、シュバの相方のCHがティモシュクかグスタヴォか、という違いはあれど、あとは殆ど同じです。
ロッベリの抜けた注目の中盤がアラバ&ミュラー&クロースと予想されているのも同じです。…スミマセン、宇佐美には申し訳ないですが、ちょっと期待しちゃいます(゚∀゚) 並びは読めませんね~。ミュラーとクロースは、サイドもセンターもできますし…。

って、いやいや、親善試合じゃないのであった。
真剣勝負の公式戦、負けたら終わりのトーナメント!
ヴォルフスブルクやレヴァークーゼンを他人事と思ってはいけない!

勝ってね!

……え~と、ワタシは睡眠応援です。ゴメンナサイ。でも信じてる~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »