« アウディカップ:バイエルン対バルセロナ | トップページ | 2014W杯予選グループ組み合わせ決定 »

2011/07/30

Servus, FC Bayern. Danke, Van Bommel.

どもども。すっかり遅くなりました。今もって気持ちの整理がつかないのですが…。

アウディカップの翌日、アディダス本社を訪問したらしいACミラン御一行様です。

110728_3

軽いトレーニングとファンサービス、ファンイベント的なものも行ったもよう。
110728_2

110728_milan2

そしてミランはそのまま2日間のオフだそうです。エマヌエルソンのtwitterには「アムステルダムに向かうなう!カノジョと子供に会うのが楽しみだ~♪」等とありましたが(単身赴任だったの?)、このように国に帰る選手などもいるのでしょうね?ファンボメルはどうしたか…。

さて

退団以降初めてミュンヘンに帰って来たファンボメルの話です。

110726_45

・・・・・・・。

正直な感想を言ってもいいでしょうか。
「これで"さよならですよ"って言われてもねぇ?」という、ものすごく中途半端な気持ちになりました。

いや。不満を言ってはいけないのは十二分に承知しております。
ハーグリーブス、ルシオ、デミチェリスなど、ファンボメルよりずっと長い間バイエルンに貢献してきた選手でも、辞め方が悪いとこういう場は設けてもらえないことも見て来ました。
それに比べたら異例の厚遇だということもわかっています。バイエルンにも、(それをLIVEで放送してくれたJスポ様も)心からありがたく思っています。
何も派手な演出で泣かせて欲しかったわけじゃありません。ファンボメルの涙を見たかったわけでもありません。引退じゃあるまいし。

でもやっぱり、なんてゆうか…。
本人が何度も「ファンにお別れを言いたい」と言っていたのに、何故その時間をくれなかった?何を言ってるのかわからなくてもいい、ワタシはファンボメル自身の言葉が聞きたかった。
デカデカフォトパネルも、キャプテンだった時のマイスターの写真じゃないし。
バイエルン公式のプレビュー&レビュー記事も淡泊だし、前述したように、失点してガックリきているファンボメルをトップ画像に持ってくるという…。(うがち過ぎ?)

…まあ、こんなもんですかね。
ファンボメルもワタシも、「お別れを言うのだ!」と、ちょっと気合が入り過ぎていたのかも知れません(苦笑)。
とにかくこれでもう、「バイエルンのファンボメル」とは正式にさよならなのです。
今はただ、「割れんばかりの拍手と歓声」とかいうバイエルン公式の記事を信じることにします…。(TVではそのへんがいまいちよくわからなかったので)
そう、大事なのはフロントじゃなくて、ミュンヘンのファンの気持ちなのだから。
そしてファンボメルが、元チームメイトやスタッフたちと温かい交流ができて、「帰って来てよかった」と思ったかどうか。
本人が満足したならそれでいい。ワタシが言うことはありません。

【追記】ようつべで、スタジアムのお客さんが撮影したセレモニーの動画を見ました。ファンボメルは満場の拍手と歓声に囲まれてました。嬉しかったです。機嫌直りました。

文句終わり。以下、楽しい、ファンボメルinドイツネタです。

110725_bild

ファンボメルをもっとも歓迎してくれたのは、もしかしたら大会スポンサーのAudiだったかも知れませんね、なんて。
飛行機から降りるや否や、一人だけ出迎えを受け車に乗せられて車中インタビュー。こんな特別待遇してもらえるのは最初で最後かも(笑)。ちなみにミランの他のメンバーは普通にチームバスでホテルに向かったみたいです。
上の画像のキャプチャ元であるBildではドイツ語で、Jスポ様で流れていた映像では英語でしゃべってましたが、二ヶ国語で同じ話をしたのでしょうか。毎度のインテリジェンスに恐れ入ります&ご苦労様です m(__)m
内容はよくわかりませんが、戻って来れて嬉しい、バイエルンにはいい思い出が沢山あるよ、ということを語ったようです(多分)。

向かった先は、インゴルシュタットでの「Audi Star Talk」の会場と思われます。マリオ・バスラーと共に、トークショーに出演。
110725_audi_star_talk64

110725_audi_star_talk1
個人的な好みの話なのでどーーでもいいことですが、このたびのファンボメルは、髪の長さといいモミアゲといい、非常にワタシ好みです。胸キュンキュンlovely
いずれちゃんとした動画が出るだろうと楽しみにしておりますが、ここでのトーク内容についてはまた後日。とりあえず「バスティ(=シュヴァインシュタイガー)が俺の思うバイエルンのキャプテンだ」と発言したらしいです(汗)。

そして運命のバイエルン

110726_abbi

Jスポの放送では映ってませんでしたが、出番を待つ間、廊下でバイエルンの選手たちと交流を温めていたようであります。
ミュラーやシュヴァインシュタイガー等と談笑してましたよ。同国人であるロッベンとエマヌエルソンが話してるところも見ました。かみしめていたのでキャプチャしそこない、この際どうでもいいアッビアーティの着替え画像しかありませんが(^_^;)

試合は…。
そんなわけで直前にびみょうな気持ちにさせられたおかげで、この後の試合、やはり「なんだよバイエルン、こうなったらミラン(=ボメル)がんばれモード」に若干比重が移ってしまったのはいかんともゴメンナサイ。
同点のままPK戦で決着が付いたことは、そんな複雑な思いを抱えていたワタシにとってはちょうどよかったのかも知れません。

しょっくだったシーン
110726_dsc07778
セットプレーの際、ファンボメルを肩でこづくファンブイテン

110726_dsc07779
競り合って思い切りファンボメルの顔面を押しのけるファンブイテン。笑うところだったらしいですがワタシには全然オモロないわい~(T△T)

110726_dsc07780
しかし「プギャーやられたぁ~」と、派手にひっくり返るファンボメルにニヤリ。この後クロースが起こしてあげてるのもツボでした。

110726_dsc07781_2
「相変わらずだなあのヤロー」

110726_dsc07782
「フランク出てないんだからカラむなよ…」(うそ?)

110726_41
あくまでそっと…

当然かつての仲間とマッチアップするシーンも多々あったわけですが、なんだかやりにくそうでしたね。親善試合だから、というのはもちろんでしょうが、アグレッシブ分が超薄く、あと一歩食い足りない、ダルい守備でした。
ガチの試合だったらこうはいかんでしょう。なにせミラノダービーで代表仲間のスナイデルを怒らせたぐらいですから。バイエルンの選手に対してもガリボリ削って、敵を増やしてますます嫌われてしまいそうだ・・・。やっぱりCLとか代表戦で対戦して欲しくないかも…。

110726dsc07783

そのへんクロースとは分かり合ってる感じが伝わって来ましたね。二人とも楽しそうでした。このシーンが見れただけでも良かったです。
クロースがレヴァークーゼンにレンタルに出されていた時期は真剣試合でやり合うこともありましたが、試合が終わったらあとくされなく仲良くしてましたし。
この日バイエルンの唯一の得点はクロースの素晴らしいゴールでした。失点はもちろん悔しいでしょうが、決めたのが彼なら、ファンボメルも本望だったに違いないよ。

試合はご存知、PK戦で負けてしまいました。PKの間のファンボメルの様子はカメラに映らなかったのでどんな表情だったかはわかりません。PKを蹴らなかったのは、単に苦手なのかも知れませんが、バイエルン相手にゴールを決めるのが嫌だったのかも。

この試合、ミランがダメダメで圧倒されっぱなしだったのは実にくやしいです。
前述したように準備期間の違いがあるので仕方ありませんが、せめてファンボメルはバイエルンに対してもうちょっといいところを見せて欲しかったです。CLでのバルサ戦といい、どうしてこの人は古巣相手に上手く恩返しができないんでしょうかトホホ。
これじゃー、さんざん「ミランのサッカーは素晴らしい」「その中心にはファンボメルが」と力説して来たワタシがなんだかうそつきみたいじゃんネェ(汗)。
まあ、あと1ヵ月かけて、ヨーロッパで成功するためのチーム作りをしっかりして行って欲しいと思います。

110726_zdf
試合後インタビュー。純粋に試合の反省をしている様子。
「ここでみんなと再会して嬉しいよ。残念ながら負けてしまったけど。俺たちが先週とてもハードなトレーニングをしたことは、今日見た通りだ。いつものようなイキの良さが足りなかった」(fromバイエルン公式

翌日の3位決定戦は欠場でした。
110727_dsc07786

110727_dsc07788

普段はベンチに座っているところがカメラに映ることは滅多にありませんが、こうして何回も抜かれるのはやはり今回の注目人物だったということなのでしょう。貴重な機会なので堪能せねば。

110727_dsc07795
 
!!!!!!heart04heart01

この一瞬だけバルサのスタッフのおじさんと魂を入れ替えたい!!!←真剣

そしてその直後
110727_dsc07797
「むっひょー!イビ!バルサのユニが似合ってるなー!」という声がリアルに聞こえて来そうでした。

110727_dsc07798
(手前のおっさんがどいてくれないからこうして何枚も撮る羽目に)
二人ともものすごく嬉しそうでしたよ。PSVのキャプテンからバルセロナへ、と、ファンボメルと同じルートをたどっているアフェライであります。レギュラーになれないところも同…ゲホゴホッ(略)
どうせならバイエルンに電撃移籍するところも同じでもエエんやで、とも思いますが明らかにそのポジションは人員過剰…。

この後の様子はわかりませんが、バルサのスペイン代表選手とは挨拶できたのか気になります。あのW杯決勝以来、仲が悪くなったんじゃないかと心配しておるもので・・・

そうなのです。ミランがバルセロナとも対戦してくれたら、ファンボメルにとってはダブルで古巣との再会になるはずだったのでした。
それを思えば、この大会はファンボメルにとっては嬉しいものだったかも知れませんよね。おかげさまでこのようにずいぶんカメラに映ってフィーチャーしてくれてましたし、ワタシも、つまらん文句を言わず楽しむべきものでした。

表彰式でアンブロジーニにトロフィーが渡される際、レーマンさんがミランに対して「ダンケACミラン、ダンケ、マルク・ファンボメル」と言ってくれましたよ…じーん(;_;)。バイエルンからの最後の挨拶だったのかも知れませんね。

110727_1

あれあれ、でもくやしそう?(感激の涙をガマンしてるところかも?(^m^))
まあ、ミランにとっては全然良くない結果に終わってしまいました。
バイエルンとはさよならをしたファンボメル、これからはよりいっそう、ミランの選手として心を尽くして、勝利のために貢献して行くだけです。

再びミュンヘンに戻ってくることがあるのかどうかわかりませんが(ビール飲みに来~い)、その時は、お客さんでありなつかしい友人であり、あるいは対戦相手かも知れません。
もう「私のキャプテン」ではありません。
でも!
ワタシは待ってるよ。監督orコーチになったアンタが、バイエルンの一員として戻って来る日のことを。(そしてできれば、そこにはカーンもいて欲しい…。)
その時はクラブとミュンヘンのファンは「お帰り」と温かく迎えて欲しいのです。
だからこれは、悲しいお別れじゃなく、「とりあえずのさよなら」なのだと信じてる。

さよなら、ありがとう、マルク。ありがとう、FCバイエルン。

|

« アウディカップ:バイエルン対バルセロナ | トップページ | 2014W杯予選グループ組み合わせ決定 »

コメント

こんにちは。
ミュンヘンでのボメ、記事ありがとうございます。
>ミランがダメダメ・・・まあまあコリアンダーさん、ここでミランが勝ってたら、あまりに出来すぎなボメストーリーになっちゃってお腹いっぱい(?)でしたよ。あのCLバルサ戦とは状況は全く違いますし。でも今度対戦する時はCLなのかな、とふと思ったりします。古巣対決、という時にバイエルン、バルサ、というのもすごいですよね。恩返しはまだ済んでないと思ってたりしてsweat01
もうドイツはシーズンインですね。ミランもスーぺルコッパがありますし、Aマッチもあるし・・・試合が増えて来ました。ワタシの出来る範囲で、ボメ中心に応援して行きたいと思っています。では又です。

投稿: 梢 | 2011/07/31 16:03

> 梢さん
いやはや、せっかくのボメネタなのに、感じワルイ出だしになってしまったのに読んでくださってありがとうございます&申し訳ない。
いや~、負けたことはまあ、いいんですよ。バイエルン×バルサになるのは予想通りでした。ただもうちょっとだけ…。翌日はある程度修正されたことを思うと、なおさら。少なくともボメだけでも、「さすが」と思わせる見せ場が欲しかったです。
真剣試合でバイエルンやドイツ代表と対戦するのはやっぱりイヤん、と考えるようになったわけですが、CLの、もちろん決勝なら、嬉しいことではないですが誇らしいですよね(^ー^)。そしてどうせ対戦するならその場がいいです。決勝T1回戦とかそんな中途半端なところはイヤです。
PSV→バルサ→バイエルン→ミラン、と常にその国のトップのチームを渡り歩き、ナニゲに豪華なキャリアを積んでいるボメであります(ズラタンには叶いませんけど(^m^))。改めて考えると凄いですよね。
始まりましたねー。今シーズンはもうちょっと観戦スタイルを考え直さないと、と思っていたのに特にノープランのままあっとゆう間にここまで来てしまいました。どうなっちゃうんでしょうか自分(知らんよ)。とにかくバイエルンもミランも絶対優勝!ボメは怪我なくフルシーズンで!

投稿: コリアンダー | 2011/07/31 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/41009313

この記事へのトラックバック一覧です: Servus, FC Bayern. Danke, Van Bommel.:

« アウディカップ:バイエルン対バルセロナ | トップページ | 2014W杯予選グループ組み合わせ決定 »