« バイエルンのシーズンオープン・ファン感謝イベント | トップページ | お帰り!ブラッツォ! »

2011/07/05

カーンが日本に来る!?…かも知れない

バイエルン御一行様は予定通りトレンティーノで合宿なう。

110703_neuersattelmeier_2
ジャグリング?

110703_trentino_2
バックショットで存在感を示すダニエルであります

110703_trentino2_3
疲れたら太陽の下で昼寝(うそ)

110703_trentino3
夜はクルージングと…

110703_trentino4_3
地元のファンと交流イベント…
このへんは去年と全くおんなじだし…

110704_lahm
かわいい。ラームのギャハハ笑い。

比べてみましょう
110701_1
かわいくはないけど、これはこれで愛らしいカーンのバカ笑い。ヴルフ・ドイツ大統領に招かれて、ベルビュー宮殿で何やらセレブなパーチーがあったらしいです。

と、バイエルンのチーム状況はどんどん続報が入ってきてますが…
いや、ゴメン、それどころじゃないのであります!

110704

先日ちょこっとお伝えしました、「オリバー・カーン財団」がついに設立とあいなったようでございます。

オリバー・カーン公式サイトより
財団の概要や活動内容などを、PDFファイルにて具体的に詳しく紹介しているようであります。図を駆使してわかりやすくしてはいるようですが、ワタシにはすぐには読めません…

というわけで、あんまりよくわからないのですが、
何やら、最近精力的に行っている、ティーンエイジャー向けの支援活動(たぶん…)「Du packst es !」をベースにしたプロジェクトを更に本格的に拡大するようす。

Du packst es!
日本のAmazonでも買えますぜ。…読めないので未だ未購入(こらっ)

具体的に何をどうするのか(講演とかイベント?)、何が目的なのか(青少年のモチベーションアップ?)、財団という形をとる意義は、ということが気になっているのですが…。
財団(基金)というと、なんらかの事情により困難な状況に陥っている人々を対象に、金銭面を筆頭にさまざまな形で援助をする、というイメージであります…
それっぽい単語は断片的に目につきますが、誤訳を恐れてスルー。

110704_focus_2

しかぁーし!
なんだかわからないと言いつつこの話を紹介するそのわけは!
この財団との提携(?)・協力先として「ローランド・ベルガー財団」と、既にカーンが大使として活動している「ゼップ・ヘルベルガー財団」が挙げられているのですが、もうひとつ!

110704_oliverkahnde_3

「ドイツ大使館 東京」!!!

日本での活動を計画中!?
日本の若者は福島の原発事故によって精神的にダメージを負ったであろうから、今こそこのプロジェクトをやる意義があるのだ?!?
と、書いてありますか?(←誰に聞いてるんだ)

……日本来る?いつ来る?どこ来る?オトナだけは参加不可?事前情報はどこでゲットできる?(((゚∀゚;)))ドキドキ!

と、ニュースを知った時は異常に興奮してしまい、おかげで今朝は変な時間に目が覚めてしまって、ひどい睡眠不足で体調がヘンテコなことになってしまっておりますが(知らんよ)。
でも一夜明けて冷静に思い直せば、こんなファン根性で盛り上がるのは、本来の目的とは外れたことで、失礼なことなのかも知れませんよね…。反省。

財団設立は前から準備してきたこととは思いますが、このたびの震災を受けて、新たに支援先として日本を盛り込むことにしてくれたのでしょうか。
(しかしドイツ目線だと「地震・津波」ではなくまず「原発事故」というところが、らしいというかなんと言うか…)
クラブチームやあるいは選手・元選手たち個人が、プロジェクトを立ち上げたり支援活動している話を見聞きするにつれ、カーンはどう思っているのかな…と、コメントなどを発していないことに対して少し寂しく思っていたのです。
しかしこのたび、カーンもちゃんと考えてくれていることがわかって嬉しく思いましたconfident

何をしてくれるんでしょうね?今までの流れだと多分講演が中心なんだろうと思いますが…。
ニホンのティーンエイジャー、特にローティーンの少年少女たちに「オリバー・カーン」のネームバリューは通用するのかどうか心配だったりして(^_^;)
それよりいっそサッカークリニックの方が盛り上がるんじゃないのかな~とか、まだ決まってもいないのに勝手なことを言ってみたりします。…でも想像するのが楽しい。
う~ん、やっぱりできればオトナも参加したいねぇー。はじっこで見てるだけでいいんだけど…←本音

「よくわからない」とか疑問形の文章を連発して心苦しいです。日本に関係ある話ですし、もっとちゃんと、財団の概要込みで、日本語ニュースで出ないものですかね。
それでもって、プロジェクトの一環として↑「君本」の翻訳本も出してくれるとありがたい。ついでに大人向けの↓「俺本」の翻訳本も…
と、すぐ調子に乗る。言うだけタダだからいーじゃん(^∀^;)

Ich. Erfolg kommt von innen
これも日本のAmazonで買えますぜ…

|

« バイエルンのシーズンオープン・ファン感謝イベント | トップページ | お帰り!ブラッツォ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/40679054

この記事へのトラックバック一覧です: カーンが日本に来る!?…かも知れない:

« バイエルンのシーズンオープン・ファン感謝イベント | トップページ | お帰り!ブラッツォ! »