« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

2011/07/31

2014W杯予選グループ組み合わせ決定

110730_ronald

まだ2012EURO予選の最中だというのに、気の早いことですが。
2014年W杯への大陸別予選グループ分け抽選会が行われました。

ヨーロッパ予選の抽選結果は以下のように

----------
グループA
クロアチア・セルビア・ベルギー・スコットランド・マケドニア・ウェールズ

グループB
イタリア・デンマーク・チェコ・ブルガリア・アルメニア・マルタ

グループC
ドイツ・スウェーデン・アイルランド・オーストリア・フェロー諸島・カザフスタン

グループD
オランダ・トルコ・ハンガリー・ルーマニア・エストニア・アンドラ

グループE
ノルウェー・スロヴェニア・スイス・アルバニア・キプロス・アイスランド

グループF
ポルトガル・ロシア・イスラエル・北アイルランド・アゼルバイジャン・ルクセンブルク

グループG
ギリシャ・スロヴァキア・ボスニア=ヘルツェゴヴィナ・リトアニア・ラトヴィア・リヒテンシュタイン

グループH
イングランド・モンテネグロ・ウクライナ・ポーランド・モルドヴァ・サンマリノ

グループI
スペイン・フランス・ベラルーシ・グルジア・フィンランド

----------
ポット2となったフランスと当たるのはどこかというのが注目でしたが、なんとスペインでした。フランスの試練は続きそうですね…(汗)

ポイントの低いベルギーが楽をできるわけがないのはわかってましたが、今の調子で少しずつ上がって行ったなら、頑張ればなんとか行けるんじゃないかという気もしますよ。甘い?
もっともこの予選にファンブイテンが参加する可能性はかなり低いでしょう…(涙)

ドイツは曲者ぞろいの厳しいグループになりましたね(汗)。オーストリアとは縁があります。そしてまたカザフスタンと…

ビアホフ氏: 「フランスを避けられて良かった」(Goal.com)

まだ監督のコメントは出てないみたい。

しかしオランダもかなりハードだと思うのですよ(汗)
ハンガリー再び。そしてトルコ…

ファン・マルヴァイク: 「タフなグループだが...」(Goal.com)

ファンボメル主将のコメント(OnsOranjeより)
「ルーマニアとハンガリーのことは知っている。トルコはサッカー的に難しい国だ。特にあの騒々しい中でプレーするとなると。ルーマニアもそうだ。だが俺たちのクオリティならブラジルW杯には行けるだろう。2010W杯で敗れて以来、このEURO2012予選でまだ負けていないことに注目すれば、俺たちがグループの本命だと思う。予選でフランスのような国と対戦することにならなくて嬉しいよ」

やっぱりフランスと当たらなくてよかったですか(^∀^;)
トルコとは去年の親善試合で、発煙筒が投げ込まれたり選手にレーザーが当てられたりして、応援の雰囲気がちょっと危なかったので、そのことを言っているのでしょう。そうでなくても熱い国ですし。

……この2014W杯予選を戦うオランダ代表チームにはファンボメルはいないのですが…。ファンマルヴァイクもわからないし…。でも多分、応援は続けるんだろうなという気がする今日この頃であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/30

Servus, FC Bayern. Danke, Van Bommel.

どもども。すっかり遅くなりました。今もって気持ちの整理がつかないのですが…。

アウディカップの翌日、アディダス本社を訪問したらしいACミラン御一行様です。

110728_3

軽いトレーニングとファンサービス、ファンイベント的なものも行ったもよう。
110728_2

110728_milan2

そしてミランはそのまま2日間のオフだそうです。エマヌエルソンのtwitterには「アムステルダムに向かうなう!カノジョと子供に会うのが楽しみだ~♪」等とありましたが(単身赴任だったの?)、このように国に帰る選手などもいるのでしょうね?ファンボメルはどうしたか…。

さて

退団以降初めてミュンヘンに帰って来たファンボメルの話です。

110726_45

・・・・・・・。

正直な感想を言ってもいいでしょうか。
「これで"さよならですよ"って言われてもねぇ?」という、ものすごく中途半端な気持ちになりました。

いや。不満を言ってはいけないのは十二分に承知しております。
ハーグリーブス、ルシオ、デミチェリスなど、ファンボメルよりずっと長い間バイエルンに貢献してきた選手でも、辞め方が悪いとこういう場は設けてもらえないことも見て来ました。
それに比べたら異例の厚遇だということもわかっています。バイエルンにも、(それをLIVEで放送してくれたJスポ様も)心からありがたく思っています。
何も派手な演出で泣かせて欲しかったわけじゃありません。ファンボメルの涙を見たかったわけでもありません。引退じゃあるまいし。

でもやっぱり、なんてゆうか…。
本人が何度も「ファンにお別れを言いたい」と言っていたのに、何故その時間をくれなかった?何を言ってるのかわからなくてもいい、ワタシはファンボメル自身の言葉が聞きたかった。
デカデカフォトパネルも、キャプテンだった時のマイスターの写真じゃないし。
バイエルン公式のプレビュー&レビュー記事も淡泊だし、前述したように、失点してガックリきているファンボメルをトップ画像に持ってくるという…。(うがち過ぎ?)

…まあ、こんなもんですかね。
ファンボメルもワタシも、「お別れを言うのだ!」と、ちょっと気合が入り過ぎていたのかも知れません(苦笑)。
とにかくこれでもう、「バイエルンのファンボメル」とは正式にさよならなのです。
今はただ、「割れんばかりの拍手と歓声」とかいうバイエルン公式の記事を信じることにします…。(TVではそのへんがいまいちよくわからなかったので)
そう、大事なのはフロントじゃなくて、ミュンヘンのファンの気持ちなのだから。
そしてファンボメルが、元チームメイトやスタッフたちと温かい交流ができて、「帰って来てよかった」と思ったかどうか。
本人が満足したならそれでいい。ワタシが言うことはありません。

【追記】ようつべで、スタジアムのお客さんが撮影したセレモニーの動画を見ました。ファンボメルは満場の拍手と歓声に囲まれてました。嬉しかったです。機嫌直りました。

文句終わり。以下、楽しい、ファンボメルinドイツネタです。

続きを読む "Servus, FC Bayern. Danke, Van Bommel."

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/29

アウディカップ:バイエルン対バルセロナ

一夜明けて、昨日はアウディ本社(たぶん)を訪問したバイエルン御一行様であります

110728_audibayern

110727_bastian2
ファンサービスもあるでよ

そして毎年恒例のスポンサー商品贈呈も行われたようで、誰がどの車を選んだかというのがtzにアプされてました。
110728_audiq7
ファンブイテンはQ7 4.2TDIクアトロ・ティップトロニックなんちゃらかんちゃら…。スミマセン、無知なもので、どこまで書き出したらいいのかわかりません(汗)

110728_audia6
車好きのブットはさすがちょっとオシャレ?この色なのかどうかわからんけど。

そんなこんなで
7月27日 アウディ・カップ 決勝 バイエルン・ミュンヘン 0-2 バルセロナ

あんまり納得いかないBildの採点も合わせてどぞ。宇佐美の初採点やいかに
110727_fcbfcbfjbild
交代:ティモシュク(3)(46バトシュトゥバー)、シュヴァインシュタイガー(4)(54ラフィーニャ)、ゴメス(4)(63ペーターセン)、クロース(4)(67アラバ)、ミュラー(4)(67オリッチ)
サブ:ノイアー、ファンブイテン、ラーム

得点:チアゴ・アルカンタラ(42)、チアゴ・アルカンタラ(75)
カード:なし
MoM:チアゴ・アルカンタラ

というわけで、バルセロナがチアゴ・アルカンタラのみごとな2ゴールで勝利、アウディ・カップ2011優勝でーす。

110727_barca2
人数少な!ダル~っとしてて盛り上がりに欠けた表彰式でした。そりゃまあねえ(^_^;)

予想通り前日とはメンバーを入れ替えいわゆる「Bチーム」で臨んだバイエルン。
バトシュトゥバーラフィーニャは続投です。二人とも途中で交代しましたが、その後ティモシュクがCBに入りプラニッチが左SBに下がったりコンテントが右SBにスイッチしたりしているのを見て、DFの層の薄さを改めて感じました。
特に右SBのバックアッパーが足りませんねぇ。ここ数年来の課題ではありますが、「ラームが絶対に怪我をしない」という前提でことが進んでいるのだから改めて恐い。ばっちり期待に応えているラームのタフっぷりは感嘆するばかりですが、やはり備えは欲しいところ。キュウツとか、アマチュアの選手を引き上げることでしのぐのだろうか…。

110727_neuer ゴキッ☆

対戦カードだけは豪華ですが中味はそれほどでもない親善試合でありました。
とても3シーズン前のCLのリベンジ!とは行きませんでしたねぇ。そりゃそーか。
バルサも1.5軍という感じで、プレーも親善試合仕様の手抜きバージョン感アリアリでしたが、そんなバルサにすらなんとなく負けてしまうバイエルン…。

110727_olic
オリッチの採点がやけに悪いけど、しょーがないジャーン、SHは本職じゃないんだから~(言い訳上等)。キャプテンマークを巻いて守備に追われる姿は泣かせるけど見方を変えればチームに貢献している姿でもあるんだぜ…。でもやっぱり最前線でブイブイかき回してるところが見たい~

110727_butt
(なんでこの写真使う自分(^_^;))ブットの出場にはテンション上がりました☆ノイアーがどうとか言う話じゃなくて、ブットが出てるとなんかホッとする。やっぱり嬉しい。

110727_usami
のこったのこった!日本の国技で負けるわけにはいかん!(うそ)

そんなバイエルンの中で最も明るかったトピックは我らの宇佐美
正直、日本メディアは盛り上がりすぎだと思いますが、でもとても良かったです☆(^▽^)
キレのいいドリブルとテクニック、堂々としたしかしフレッシュなパフォーマンスでチャンスも大量演出、何度も観客が沸きました。
高い位置からのプレッシングやパス交換など組織的戦術的なプレーもOK。なんとゆうか、チームの一員として今後計算が見込める選手であることをしっかりアピールしましたよ。
もちろんまだまだ物足りない点も多々あると思いますが、これから場数を踏めばモリモリ伸びるでしょう。若い分成長も早そうだ。

110727_ribery
アイスモナカなう…

110727_2
ぶぜん。

何故か副キャプテンのシュヴァインシュタイガーが2位のトロフィーを受け取って、びみょ~な空気の中2回目のアウディカップが終了しました。
前回は白熱したPK戦の末優勝して、楽しく盛り上がったのにどえらい差です(苦笑)。

と同時に、バイエルンのプレシーズンが終わりました。
リベリはもちろんですが、ロッベンもいつ復帰するかわからない状況で準備がどうなってるのか不安は残りますが、心配ばかりしててもしょうがない。内容はともかく、少なくともチームの雰囲気は去年よりはずっと良いはずなので…
いよいよ今度の月曜日(8月1日)、DFBポカール1回戦にて、バイエルンの新しいシーズンが始まります。
ちなみにポカールそのものは、ヴォルフスブルクやシュツットガルトなど、本日試合が始まります。
いざ、ドイツサッカー開幕!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディカップ:ミラン対インテルナシオナル

アウディカップお疲れさまでしたー。
リアルタイムでは3位決定戦と決勝の前半だけ(←眠気に負けて沈没)見ましたが、負け試合を続けて見るのは気持ちがすさむんだぜ。。。

決勝は録画に失敗して、先ほどJスポ様の再放送にてようやく見終わったばかりですのでさておいて、とりあえず3位決定戦の話を。

7月27日 アウディ・カップ 3位決定戦
ACミラン 2-2(PK0-2) インテルナシオナル・ポルト・アレグレ

110727_milan_2

と思ったんですが、3位決定戦のデータがどこのサイトにもなーい。
ドイツメディアはもちろんバイエルンの決勝だけで、3決なんてありましたかね、と言わんばかりで完全スルー、イタリアメディアは「まあ、所詮プレシーズンマッチだしー」という位置づけなのかかんたんレポだけ、せめてミラン公式ぐらいちゃんと書いとけ!とか思うのですが、もうさっさと忘れたいらしく…(苦笑)

ということなのでワタシもさっさと流します。ファンボメル出てないし。(←そこか)

まあ、前日の反省からか、今回は比較的スピードアップして、守備もコンパクトに、まずまず…と思われたのですが。
特に前半15分ぐらいまではかなーりイイ感じでゲームも支配しておりました。
何故そのスタミナをもうちょっともたせられないかねぇ。パワーセーブモードに入るのが早すぎるでしょ。せめて前半いっぱいまではがんばろー。

比較的攻撃意識が高めだったような気がします。
パト・ロビーニョ・イブラヒモヴィッチのトリオで華麗なパス交換からくずしてのゴールは美しかったです。
がっ
その分守備とのバランスがびみょうなことに。Tシウバもスタメンだったので安定していたはずですし前日よりは悪くなかったと思いますが、なんてゆうんでしょう、前に気持ちが行きすぎていたのか…ちょっと落ち着きがないようにも見えました。
かと言ってファンボメルが出場していたらどうだったかというのはワタシにもわかりません。ファボメルがいたら攻撃面でのスピードでブレーキがかかっていたかも知れませんし。

そんなこんなでなんと、この大会3戦続けてのPK戦になってしまい、ミランは魔さかの4人全員失敗~!ってアンタら、ブラジル代表か!?←試合を見ていた全世界の視聴者からのつっこみ

てなわけで負け負け~。ミランは最下位でアウディカップを終えました。あーつまらん。
までも、前回よりは内容が良いはずだ。うむ。あれ、前回って何位だった?2大会連続最下位なんてことは…(汗)

それはそうと

110727_boateng
兄弟はこんなに雰囲気良さそうなのに…

バイエルン戦の時は気付きませんでした。ケヴィンプリンスに対する会場のブーイングが凄かったです。ボール持つたびにブーブーピーピー。
このブーイングは何故なのだろう?ということを考える。
やはりドイツ生まれドイツ育ちでありながら、W杯に出場したいがために(←?)ガーナ代表を選んだことなのか?確かU-ナントカの年齢別コンペティションではドイツ代表の出場経験があるんですっけ?(知らない)
あるいは、ドイツ主将のバラックに大怪我を負わせたから?(汗)
それともただ単に、荒くれ凶暴男、というイメージから?
む~~ん。確かにまだまだ荒いファウルも散見されるので油断は禁物ですが、みんなが思ってるほど極悪人じゃないとは思うんですけどねぇ。
現地のミラニスタの間ではかなりモテモテなんですよ。なんでか知らんけどマジで。

前日の試合でただ一人90分フル出場だったファンボメルはお休みです
110727_dsc07784
カメラ目線に胸ドキ!heart04

110727_dsc07791
交代退場したガットゥーゾに「お疲れ」タッチをしようとして

110727_dsc07792_2
何故か顔をはたかれる「あいてっ(><;)」

110727_dsc07790
そしてアタマをナデられる

なんですかこれは一体~~?heartなんだか事情はわからないけど、モエるひとコマでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/28

イングランド戦に向けてのオランダ代表招集メンバー

8月10日・親善試合イングランド戦(ウェンブリー)に向けてのオランダ代表招集メンバーが発表になりました。

GK
ティム・クルル (ニューカッスル)
マールテン・ステケレンブルフ (アヤックス)
ミヘル・フォルム (ユトレヒト)

DF
カリド・ブーラルーズ (シュツットガルト)
エドソン・ブラーフハイト (ホッフェンハイム)
ジェフリー・ブルマ (HSV)
ヨーン・ハイティンハ (エヴァートン)
ヨリス・マタイセン (マラガ)
エリク・ピーテルス (PSV)
ロン・フラール (フェイエノールト)
グレゴリー・ファンデルヴィール (アヤックス)

MF
イブラヒム・アフェライ (バルセロナ)
マルク・ファンボメル (ミラン)
テオ・ヤンセン (アヤックス)
ナイジェル・デヨンク (マンチェスターC)
ヘドヴィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア)
スタイン・スハールス (スポルティング)
ヴェスレイ・スナイデル(インテル)
ケヴィン・ストロートマン (PSV)
ラファエル・ファンデルファールト (トッテナム)

FW
エリエロ・エリア (HSV)
クラース=ヤン・フンテラール (シャルケ)
ルーク・デヨンク (トゥエンテ)
ディルク・カイト (リヴァプール)
ロビン・ファンペルシー (アーセナル)
アリエン・ロッベン (バイエルン)

----------
TV放送あります!!フジONEでLIVE中継!
……イングランド枠だけどね!イングランド寄りの実況とかトニーさんのベシャリがうるさくてもいいの別に、TV画面で見れるだけでシアワセ。
だからファンボメル出てくれよ~~辞退しないでね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アウディカップ:バイエルン対ミラン

何をどう書いたらいいのか・・・

7月26日 アウディ・カップ 準決勝
バイエルン・ミュンヘン 1-1(PK5-3)ACミラン

バイエルン
110726_fcbmilanfj1
交代:グスタヴォ(63ティモシュク)、アラバ(63ロッベン)、J・ボアテンク(71ラフィーニャ)
サブ:ブット、コンテント、プラニッチ、宇佐美、オリッチ、ペーターセン

ミラン
110726_fcbmilanfj2
交代:アンブロジーニ(46ガットゥーゾ)、パロスキ(46イブラヒモヴィッチ)、アントニーニ(63アバーテ)、チアゴ・シウバ(63ネスタ)、ヴァローティ(63K・P・ボアテンク)、ロビーニョ(63カッサーノ)、オッド(85タイウォ)、パト(89エマヌエルソン)
サブ:データなし

得点:イブラヒモヴィッチ(4)、クロース(36)
カード:なし

PK:アラバ(1-0)、ロビーニョ(1-1)、ゴメス(2-1)、オッド(2-2)、ミュラー(3-2)、チアゴ・シウバ(3-3)、クロース(4-3)、パロスキ(4-3)、シュヴァインシュタイガー(5-3)

110726_fcb
このバイエルン公式サイトのトップ画像がものすごいイヤです(;_;)

110726_6
癒しのダニエルスマイルでリラックス(*´∀`*)

ええと。どういう応援スタンスで観戦したらいいのか、ワタシにとっては非常に難しい試合でしたので・・・。
サッカー面で感じたことだけを。目線がどっちつかずだったので、いつにも増して的外れなことを言ってるかも知れません。

スケジュールの違いですかねぇ。
バイエルンにとってはシーズンイン直前の最後のテストマッチ、片やミランはシーズン開幕は約1ヶ月先、プレシーズンマッチは2回目。
その上、言っちゃあナンですが、ミランが目下照準を合わせているのは、8月6日インテルとのスーパーカップ。特に今回のバイエルン向けの対策は施していないように見えました。もっともそれはバイエルンも同じようなものでしょうが…
仕上がり具合もモチベーションも差があるのは当然で、それはそのまま試合内容に反映されておりました。

110726_gomezj
この後パンツを直しながらドリブルしてるのが面白かったです。

終始劣勢で、結局負けてしまったミランは言わずもがなですが、バイエルンにとっても、あれだけ圧倒していながらたった1点どまりで、勝ち切れなかったことはあまりよろしくなかったですね。お互いに課題が残ってしまいました。

バイエルン
クロースシュヴァインシュタイガーがキレキレでした。寄せて来たファンボメルガットゥーゾの間を抜いたクロースのゴールは美しくてみごとでした!
・ 攻め攻めだったので守備の問題はあまり明らかにならなかった感じ。でもラフィーニャはなかなか良かったと思います。なるほど、いろんな意味でアグレッシブでしたね(^m^)。
・ 黒ユニ、選手が着ているところを見たら、思ってたほど悪くない?というかむしろイイ感じ?わざわざ買うほどじゃないけど…
ロッベンも調子が良さそう。と思ったらタイウォに蹴飛ばされて負傷退場。…ま、またか…○| ̄|_。ものすごく痛がってたので心配です。

110726_robben3
いらいらしてシューズを放り投げる。良くないねー。敵チームだけどファンボメルが「こらっ」とか注意せんもんかな。

110727_robbben
一夜明けて検査したみたい。自分の足でスタスタ歩いてますけど、結局軽傷だったのか重傷だったのかいまいちよくわかりません(汗)リベリと共にさんざん怪我体質が言われてるものを、シーズン前から案の定またかよ、てな結果になってしまうのでしょうか(涙)

ミラン
・ 若い新人君たちの活躍が見たかったのだがあんまり良くわからんかった。
・ 攻守分業型の悪い面が出てた気がする。
イブラヒモヴィッチは相変わらず俺様オーラバキバキで元気そうだけど(ラームを豪快にぶっ飛ばしたシーンは「こらっ何をするっ」と思ってしまった)、カッサーノはかなり調子が悪そうだ。とゆうか夏休み中に少し太ったんじゃないか?
・ 20分頃、KPボアテンクがヒールで後ろに送ったやっつけパスを、ファンボメルがビシッと受け取ったシーンで、「なんだそのあうんの呼吸は」とひっそりウケてしまいました。
ロッベン番のタイウォは大変そうでしたが奮闘しておりました。でもロッベンを怪我させたのは許せん。
Tシウバパトが、たしか前日に合流したばかりでマトモなトレーニングをしていないはずだけど、もう出場していたので驚いた。そしてTシウバが入るとDFにがぜん安心感が…。
ガットゥーゾがんばれ(汗)エマヌエルソンもがんばれ(汗)てゆうか全員がんばれ(汗)

というわけで決勝に進んだバイエルンバルセロナと、ミランインテルナシオナルとの3位決定戦に回ることになりました。
パトは古巣対決になりますね。ファンボメルはバイエルン戦で90分フル出場でしたので、おそらく出場しないでしょう。
バイエルンは大幅入れ替えするものと思われます。宇佐美のスタメンの可能性は高いですね。相手もメンバー落としてくるかも知れませんが、バルセロナ戦に出場できるのはサッカー選手として素晴らしい経験になりますね。がんばれがんばれo(^-^)o 今晩はどっちも心おきなく応援できるし♪

110726_1
せっかくのプレゼントを持ってもらえなかったホプフナーさんがちょっとかわいそでした(笑)。でっかい写真に気を取られて、手もふさがっちゃったのよ。中身はなんでしょね~

・・・・・・。
ファンボメルについて書く時間がなくなってしまいました。そんなにどっぷりと感傷にひたっているわけではないのですが、さりとてさばさばスッキリというわけでもなく、どの程度の文章になるかわかりませんので、後ほど、別記事としてアプします。

【追記】
Bildに採点が出てました。ファンボメルが「普通」の評価でよかったです…。(もう少し悪いかなと思っていた)
110727_bild_2

書き忘れてましたけど、公式のMoMはクロースでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/26

「バイエルンは必ずマイスターになる」

おはようございます。
 
110726_bommelbastij

すっかり日付が変わってしまいましたが、ちょうど半年前の1月25日、たっぷり惜別の涙を流した後、ミュンヘンからイタリアへ(正確に言うとミラノではなく、試合のあるジェノヴァに直行でしたが)向かったファンボメルが、今度は反対方向に向かう飛行機に乗って、いよいよミュンヘンに帰ってまいりました。
ACミランの選手として。アウディ・カップに出場するために。

誰にも聞かれてないので特に説明してませんでしたが、なんでコリアンダーは現地に行かないのか?
行きたかったですよ!その場でファンボメルにさよならダンケ言いたかったですよ!
まあ、でも、家庭の事情つーか、まあ、いろいろと、ゴニョゴニョ…。
ということで、泣く泣くはるか遠い極東から、どんなに声を枯らして叫んでも届かない場所から、ダンケマルクするのであります。
現地にいらっさるボメラーの皆さまは、どうかワタシの分まで思いを込めてボメ愛を絶叫してきてください。100万馬力でハグしてきてください。
とゆーか、そんな方がもしいらっさったとしても、今このblogを見てはいないでしょうから、手遅れか・・・

まいいや。とにかく、ファンボメルがどの程度ファンに「お帰り」言ってもらえてるか少し心配なのです。
ミュンヘンに到着した様子などが全くアプされないので、空港等でどんな感じだったか、スタジアムでどんな雰囲気になるのか、非常に気になります。

ともあれ。
そんなファンボメルにBildが独占インタビューです。
かなり急いでたので、英語翻訳メインのやっつけデタラメ作文になりました。そこんところヨロシク(汗)

----------

Bild:ファン・ボンメルさん、明日(26日)あなたはイタリア・チャンピオン、ACミランと共にゲストとして、初めてFCバイエンに戻ることになります。アウディ・カップにて、アレーナで公式にお別れをします。そわそわしてますか?

ファンボメル:ナーバスっていうのは間違った言葉だよ。だけど俺はもう興奮してるんだ。そこにいるみんなを知ってるからね。俺がカイザースラウテルン戦でバイエルン最後の試合に出てから6カ月だ。もっと早くお別れをしたかったんだけど、残念ながらできなかった。今バイエルンファンのことを思うと、純粋に喜びを感じるよ。

Bild:初めてゲストチーム用のロッカールームに向かう時、頭にどんな考えがよぎるでしょうね?

ファンボメル:ロッカールームに向かうまでだいぶ時間がかかるだろうね、沢山の人に挨拶しなくちゃいけないから。フィジオのFredi Binder、Gerry Hoffmann、Zeugwart Reschke、Fahrer Bruno。選手全員と同じぐらい楽しみだよ。あと、マネジメントフロアの秘書もね。俺は彼女の小さなファンクラブを持ってるんだ。(←どういうことだ説明しろ)

Bild:ハードなファンボメルは、お別れセレモニーでは少しはソフトになるのでしょうか?

ファンボメル:(笑)それは望んでないけど、どんな気持ちになるのかは誰にもわからないな。少し心配なんだ。涙をこらえるのがむずかしいだろうね。

Bild:バイエルンファンになんと言いたいですか?

ファンボメル:この偉大なクラブで2年半キャプテンだったことを本当に誇りに思っていたということだ。初めての試合、ポカールのアウェーでのパウリ戦、それとリーガでのビーレフェルト戦で、ファンは俺に歓迎の気持ちを与えてくれた。俺はピッチ上で何度かバカなアクションをしてしまったことがあったけど、彼らはいつでも俺の味方だった。俺はけして彼らを忘れない。俺がミランに移籍した後の初めてのホームゲームで、彼らは(俺のために)プラカードを掲げてくれた。それがすべてを物語ってるよ。

Bild:マヌエル・ノイアーには見苦しいプラカードが掲げられましたが…

ファンボメル:間違いなく、彼にとってはかんたんなことではない。しかしタイトルを獲るには、ノイアーにはファンが必要だし、彼らもノイアーを必要としている。ファンはそのことを理解するのにじゅうぶんにクレバーだよ。彼(ノイアー)は、ファンに完全に受け入れられるためには、もう少し何かをするべきなのかも知れないね。

Bild:いつの日か、別の仕事でバイエルンに復帰することは想像できますか?

ファンボメル:当然だよ。だけどボスが俺を使えるかどうか判断するべきことだけどね。俺は、バイエルンがどのように役目を果たすのか、クラブが常にどうありたいのかを知っている。

Bild:あなたの友人アリエン・ロッベンに、ユップ・ハインケスの下での準備について、何か秘密を教えたりしましたか?

ファンボメル:そういうことはたいした話はしてないよ。だけど俺は心配していない。俺はハインケスとは数週間いっしょに仕事をしたし、それに彼は、数年前、俺をシャルケに呼ぼうとしていたんだ。あの頃俺たちは4時間も話をしたものだ。彼は素晴らしい監督、そして人間だ。

Bild:バイエルンはマイスターになりますか?

ファンボメル:必ずね。準備については言うことはない。ハードに築き上げて来たんだ。ブンデスリーガが始まったら、しかるべきところにいるだろう。

Bild:火曜日、バイエルンのジェローム・ボアテンクはあなたたちの(チームの)ケヴィン=プリンス・ボアテンクと対戦します。どちらが良い兄弟なのですか?

ファンボメル:俺はケヴィンのことしか知らないよ。本当にいい(選手な)のに、ドイツでは低く見られているね。彼はいいヤツだよ。チームでも俺の最高の相棒なんだ。

----------

ノイアーについては、なんとなくボンヤリした的外れなことを言ってる気もしますが、しょうがないですよねぇ。もし今でもバイエルンのキャプテンだったなら、もっと的確に具体的なことを話していたと思います。

だけどインタビュー全体を見て、部外者でありながら今でもバイエルンのことを愛情込めて思ってくれてるように感じるのは…ワタシの願望による錯覚ですかね?
でも時間が経ってやはり気持ちが落ち着いたのか、昨シーズンのどこかギスギスしたコメントよりは、ずいぶん丸くなったような気がしますよ。

シュバと仲良くしているトップ画像は今晩のアウディ・カップかも知れませんし、あるいはアリアンツ・アレーナで行われるCL決勝でのひとコマかも知れません。お好きなように解釈してください。
ただ、その時は、ファンボメルが、わだかまりが消えたスッキリした笑顔でいてくれたらいいなぁと、そういう願いを込めて描きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/25

モエモエな人たち

まるで大したことしてないのですが、少しバタバタしております。

リベリが足首を怪我した、と知った時は青ざめましたが捻挫で済んだようです。
アウディ・カップに出られないのは残念ですが、ポカールには間に合うかも知れない?ということでひと安心して、ちょっとバイエルンネタをはしょらせていただきます m(__)m

その割には…(汗)
110725_ribery

でもひとまずこれだけは

110724_tymo
モモモモモモエ~~~~~!!!!!ティモシュクの双子ちゃんかわゆす~!!女の子だーheart
たしか早産で、産まれた時は少し危険な状態だったと聞きましたが、今はこんなにすくすく育っているようで、ほんとに良かったです。ついでに(?)奥さんもすっかり貫録ついてしまったようで(^_^;)

毎年恒例、バイエルンのファミリー懇親会が行われたようですよ。

110724_usami
宇佐美は首に何を巻きつけているのかね

110724_petersenriedmueller
ペーターセンとリートミュラーとそのパートナーたち。リートミュラーかっこいいよな…
それにしてもバイエルンのGKの序列はどうなっているのだろーか?このプレシーズンマッチでブットの姿を見かけないのも心配ですし(故障?)、ザッテルマイアーも…アマチュアチームの方に出場してるから、ということなのかな?

さて

110724_uruguay_2

ウルグアイ優勝おめでとう!!!

いやぁ、強かったですね。
決勝でもアグレッシブでスピーディーで、タフなハードワークで、見てて楽しく血が騒ぐ、魅力的なサッカーでほぼ完勝でした。
パラグアイも最後まであきらめずかなり奮闘してましたけど、試合前から悪い条件がいろいろ重なってたようで、厳しかったのかも知れません。

・・・・・・。結局最後まで、このコパ・アメリカはながら見流し見になってしまいましたが、二強のアルゼンチンとブラジルがへっぽこだった分、他の国が多彩なチームカラーで盛り上げてくれましたね。
と、見たようなことを言う。すみません、完璧に聞きかじりです(苦笑)。全然わかってません。
もっとちゃんと見ればよかったかな。でも楽しい大会でした。

元バイエルンのゲレェーロが得点王を取る活躍で、ペルーが3位だったのも嬉しいです。ピサロが怪我で出場できなかったのは残念でした…。

MVPはスアレス!もちろんねー☆(^ー^)
110724_suarez

110724_forlan
フォルラン。ゴールがなくても、調子が悪いとは思いませんでしたけど、やっと決めた時は嬉しそうでしたね。

そして

110723_dsc07770

その前日に行われたドイツのスーパーカップ・シャルケ対ドルトムントはご存知、互い譲らずなかなか白熱した試合でスコアレスドロー、PK戦の末にシャルケが優勝しました。

110724_faehrmann_4 

ヒーローはこの人、シャルケのGKフェールマン!試合中もファインセーブ連発、PKも2本止め、ノイアーを失ってしまったシャルケサポたちの不安を一掃、新守護神として正々堂々と名乗りを上げたのでした。

以下、TV画面フォトアホネタですのでたたみます。いや、そんなつもりじゃなかったのですが、あまりにネタ満載だったので…

続きを読む "モエモエな人たち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/23

リーガトータル!カップ:マインツ対バイエルン

すっかり遅くなりましたが、リーガトータル!カップ3決レポです。

110720_tymoj

その前に雑ネタを。
試合の翌日、バイエルンでは(またも)バスケットボールで楽しくレクリエーションしたもよう。

110721
オリッチ率いる「インタナショナル・チーム」が勝利したらしい。コンテントはこっちなのね…
宇佐美はこれを機会にチームに少しはなじめたかな。

バイエルンの新しいサードユニが発売開始ですよ~。
サードユニ、と言うか要するにCL用ユニなのですが、プレーオフから参加する我がバイエルンは(くそぅ)CL本戦に出られるかどうかわかりませんので、「ヨーロッパカップ戦用ユニ」=「インタナツィオナル・トリコ」というびみょうなネーミングで発売されてます。トホホ

110722_fcbshop1 う~~ん……

110722_fcbshop2 番号は!?

比べるのもアレですが、ミランのサードユニも同じアディダス、同じ黒で、同じように中央にラインが入っててそれがデザインのよいアクセントになっているのに、バイエルンの場合はむしろラインがない方がいいと思うのはどうゆうことなのでしょう・・・。
ダメダメだ、ヒドい、最悪、というほどでもないですが、わざわざ買いたいという気持ちにもなりませんわなぁ。ひとことで言うと、いまいち。ということです。

バイエルンの女性用民族衣装ディルンドルのファッションショーに出演したらしいミュラーとゴメスの奥さん
110722_dirndl

これらの衣装を着てオクトーバーフェストに参加する宇佐美夫婦の姿が楽しみですが、二人ともかわいらしいコドモみたいな感じになるでしょうね~happy01

そんなこんなで

7月20日 リーガトータル!カップ 3位決定戦
マインツ05 2-2(PK4-5) バイエルン・ミュンヘン

110720_mainzfcbfj
交代:グスタヴォ(31バトシュトゥバー)、ミュラー(49宇佐美)

得点:ノヴェスキー(11)、アラバ(30)、ペーターセン(57PK)、ウジャ(59)
カード:なし

PK:ソト(1-0)、アラバ(1-1)、スリスコヴィッチ(2-1)、ミュラー(2-2)、イルマス(3-2)、ペーターセン(3-2)、スティーバー(4-2)、クロース(4-3)、ノヴェスキー(4-3)、ティモシュク(4-4)、ウジャ(4-4)、プラニッチ(4-5)

ノイアーとバトシュトゥバー以外、前日からメンバーを総入れ替えです。これでもけっこう豪華なので、層の厚さを感じます。

110720_usami2

続きを読む "リーガトータル!カップ:マインツ対バイエルン"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/22

プレシーズンマッチのファンボメル

とりいそぎ自分用メモとしてデータだけ。あんまり調べられてないのです。

7月20日 練習試合 ソルビアテッセ 0-12 ACミラン

1stハーフ
アッビアーティ(31アメリア) - アントニーニ、ネスタ、オッド、タイウォ - フラミニ、ファンボメル、セードルフ[C] - ヴァローティ - カッサーノ、イブラヒモヴィッチ

2ndハーフ
アメリア(60ローマ) - アバーテ、フェレイラ(74De Sciglio)、ボネーラ、ザンブロッタ(82フォッサーティ) - ガットゥーゾ、アンブロジーニ、エマヌエルソン - ボアテンク - パロスキ(82コーミ)、インザーギ

得点:セードルフ(3)、Viscomi(4オウンゴール)、カッサーノ(5)、ヴァローティ(12)、フラミニ(13)、イブラヒモヴィッチ(29)、イブラヒモヴィッチ(40)、パロスキ(49)、ザンブロッタ(59)、エマヌエルソン(69)、インザーギ(75)、コーミ(84)

メクセスとエル・シャーラウィはフィジカルの問題で欠場したようです。メクセスってもともと怪我中ですっけ(知らない)。

ネットで後半途中まで見てましたけど、画質が非常に悪く、ミランの選手は誰が誰だかよくわからず(^_^;)愛の力でファンボメルだけは視認できるのですが…。
そして裏でリーガトータル!カップの3位決定戦で宇佐美がスタメンだ、と聞いたのでなんだか気もそぞろで、結局あまり試合は頭に入りませんでした。ダメね~

ごらんの通り、ミランのシュート練習のようなアホ試合でした。
こんだけモリモリゴールが決まると、誰がどんなのだったとか覚えてないですわハハハ(^_^;)
ただ、エマヌエルソンが素晴らしいキレイなFKを決めたのは覚えてます。やったね(^^)
ミラニスタ的にはやはり、復帰のインザーギがゴールを決めたのが嬉しいトピックだったようです。

しかし、前半だけの記憶ですが、相手にカウンターからシュートを打たれたシーンが2回ばかりありましたよ。それもちょっとどうなのかな。

ファンボメルはシーズン明けてもファンボメルでした。
相変わらずへその位置でデンとかまえて、戦況を見てピッチを締めている感じでした。
相手が超格下の練習試合でも、インテルやナポリなどの強豪でもやることが変わらないというのは、ある意味すごいことかも知れません。

がっ、前半終了間際に突然、中央をオーバーラップして攻撃参加し、あいにくパスは来なかったのですが(すかさず「渡せよ!」とつっこんだ自分(^m^))、これはまた、退場前の記念ゴール狙ってるに違いない、と思ったら案の定前半だけで入れ替えになりました。
いや~今シーズンもファンボメルのゴールはあんまり期待できそうもないですわねぇ。得点力あるんだけどな~まいいか。

知らない選手が沢山でしたが、特に、このプレシーズンのトレーニングフォトを見てて「誰だこのかわいい子は」とひそかに気になっていた彼が

110720_valoti

ヴァローティという名前だということを知ったのでした。プリマヴェーラの選手なんですかね(知らない)。
他のフェレイラとかコーミとか、もう全然わかりませんトホホ(´。`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リーガトータル!カップ:バイエルン対HSV

どもども。昨日は少し忙しくしていたり、一度書いた記事が消えたりしていたので、ちょっと時間が足りませんのです。なのでざっくりさっぱり。

いやぁリーガトータル!カップは、バイエルンサポの期待を裏切るトホホな結果になりましたですねぇ。最下位じゃなかっただけまだマシでしょうかトホホ。
でも宇佐美のバイエルンデビューはいいトピックでしたね!

110719_dsc07740_2
写真を探している時間もなかったので、TV画面フォトでゴマかす・・・

7月19日 リーガトータル!カップ 準決勝
バイエルン・ミュンヘン 1-2 ハンブルガーSV

110719_fcbhsvfj
交代:クロース(50ミュラー)

得点:ソン(7)、ソン(30)、クロース(57)
カード: バトシュトゥバーディークマイアーヤロリム

サブの公式データは発表されていないようですが、リートミュラーや宇佐美の姿がありました。宇佐美は香川と何か挨拶とかしたんでしょうかね。したら話題になってるか。
ラフィーニャは胃腸風邪が治らなかったようです。Jボアテンクは翌日の試合にも出場しなかったのですが、理由はわかりません。どっか怪我してましたっけ?

110719_dsc07739
この試合の前に行われた、マインツ対ドルトムントを見学するバイエルンの面々…

まあ、なんですか。キュウツ(Körzと書いて何故「キュウツ」なのかがいまいち納得いきませんが、それはともかく)やCBは別として、他はおそらく、ハインケスが考える今シーズンのスタメン候補なんでしょうかねぇ。
ならば、もうちょっとなんとか・・・・・・・。
去年とそんなに大きく変わってない感じが…。
リベリがかなり張り切っててチームを牽引していた印象ですが、それを見てGAORA解説のホンナミさんが「リベリが調子良過ぎると、怪我するんじゃないかと思って恐い」と不吉なことを(汗)
逆にロッベンがそのリベリの調子とシンクロせず、このプレシーズンの間ずっと、いまいちなのが気がかり…。悪くはないんだけど、本来の彼がこんなもんじゃないのはみんなが知っている。
本気の試合じゃないから手を抜いてるのか?そんな自主規制はイカンぞ。アンタが恋しく思っている同国のモジャ毛の元カピテンはゆうべの練習試合でもシーズン中と同じようなプレーを(略)

アマチュアチームの選手であるキュウツが守備の足を引っ張り気味だったのはしょうがないです。
ならばそこはアナタ!隣にいるアナタが!

何回見ても腹立たしい、2失点目のシーン
110719_dsc07742

他ならぬファンブイテンからのカウンター攻撃が失敗し、逆カウンターを食らう。
このピンチに、主審と歩調を合わせてとことこ小走りしてるばーいじゃないんだよっ!
FWかアンタ!?守備の要のCBだろうがぁー!!!
のんびりしている間にソンが抜け出し、慌てて食らいつくグスタヴォ…。心なしかバトシュトゥバーも、くるっと振り返って「え~っダニエル、なんでそこにいるの~sweat01」と言いたげな目線を…。

1失点目はノイアーのどんくさミスぽかったですね。CKに対してまったく合わせられず、ボールはファーサイドにいたソンの元に。
セットプレーでの守り方で、味方との意思の疎通ができてない面があったのではないかという元GKのホンナミさんのコメントです。
相手選手がジャマだったというのもあるでしょうが、世界一のGKとしては心もとないプレーでした。

バトシュトゥバーソンに対して危険なタックルをしたというので、モメたシーンがありました。試合を実況していたらしいHSV公式twitterでは「ソンがバトシュトゥバーの暗殺から生き延びた!」と過激な表現を使ったので、「おおげさな…。言葉って大事ね」と、あのBildに言われちゃってましたよ(^_^;)

そんな中、クロースが豪快ミドルで一矢を報いましたが、気持ちいいシュートでしたね。
ミュラーも(ナニゲに珍しい)ミドル打ってましたし、このように、行けそうな時には思い切ってズバムとぶち込むのはワタシ的には好みです。何がなんでもFWに決めさせなくちゃダメらしい、と、パスをつなぐことに心を砕いて、せっかくのチャンスをふいにするシーンは好かんです。

FWと言えば、ゴメスはムニャムニャ。頼むよホント。固め打ちの賜物とはいえ、いちおう得点王なんだから。
文句ばっかり言ってても楽しくないのでもうこれで終わり。3位決定戦のもようは本日放送。

おまけ
110719_dsc07741
旗は?

110719_dsc07745
失点シーン。はしゃぐHSVのマスコットと、落ち込むベルニィ(T△T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/20

ファンボメルの部屋?!

110718_1
魅惑の二の腕展示会lovely
真剣なまなざしがシビれます☆とゆうか、なんでそんなコワい顔をしているのか…

というわけで、ポニーテールがイカすイブラヒモヴィッチとゆかいなカッサーノも合流して、ニギヤカになったであろうミラン御一行様です。

人事異動のニュース。ファンボメルのご近所さんでもある若手選手ストラッサーが、レッチェにレンタル移籍することが、公式に発表されました。期間はまだわかってません。

11_07_19_kickermontolivo

モントリーヴォが来そうです。
いや、このテの噂はこれまでに山と沸いては消えて行ってるので(シュヴァインシュタイガーの名前も未だに出ていることですし)、今度も信憑性のほどは確かではないのですが、ワタシの勝手な推測で、かなり確率が高いんではないかと思っています。
もし実現したとしたら、ファンボメルに続き、ミランは前所属チームのキャプテンを次々獲得する、恐るべきクラブでありますよ。

と、このように、今シーズンは細々とミランネタも紹介する所存であります。
と言っても、バイエルンとの両立は厳しく、いつか限界が来るとは思いますので、コアな情報は期待しないでねん。(してないか)

11_07_19_bild_2
水もしたたるいい男。

練習試合でトリプレッタ(ハットトリック)を達成したらしいクローゼであります。
有名なカンツォーネ「♪お~そ~れみ~お~♪」を替え唄にして「♪お~クローゼミ~ロ~♪」というチャントがさっそく唄われた、彼はラツィアーレのハートをがっちりキャッチしましたぜ、という、景気いい記事がBildに。

それはそれとして、背中が気になる…。そういえば背番号をcheckしてなかったわ、と思ったら
110718_miro

25番なのー!?Σ(゚◇゚;)ガーン
いやいやいやいやいや。もっとエエ番号付けてあげてよ、11番とか11番とか11番とか!
打ちのめされながら(おーげさな)ラツィオ公式の選手紹介ページを見に行ったら、未だに10/11シーズンのままだし!
・・・・・・いや、まだプレシーズンだし、まだ決定してないんだろうきっとそうだそうに違いない。ど、どうなんでしょうそのところ、ミロな皆さま。

さて
110717_cds

17日発売のこちらのCorriere dello Sportに、ファンボメルのインタビューが掲載されたようであります。
例によってサイトには記事は上がってないのですが、とあるミラン情報サイトに原文とおぼしきモノが出てたので、訳してアプしようかな、でも自信ないな~と思っていたところ、「長靴をはいた栗鼠」様がキレイに翻訳してくださいましたよ!ありがとうございます~~!\(T∀T)/ こちら
引用は控えますが、ボメラー必見ですぜ!
「タトゥーは痛すぎる」ってアンタっ……!(ローリングモエモエ中)
もちろんワタシとて、ダンスもタトゥーもカンベンですが、ジャイアンばりのボエ~な歌声でファンボモー・リサイタルは開いて欲しいかも(^m^)

んでこちらで省略してらっさる部分を補足しようかなとか思ったのですが、自動翻訳だけだとよく真逆の意味になるし、イタリア語はドイツ語やオランダ語以上に自信ないので、やめときます。

ざっくり言うと、俺はピルロのことは選手としても人としても好きなんだぜ、とか、昔ライカールト&ファンバステン&フリットのファンだったんだ、とか、カッサーノはホントによくしゃべるけどヤツはすごい選手だぜ、とか、二人の息子は確実に俺の血を引いてるけど、第二のファンボメルになるかどうかはわからないにゃ~(*´∀`*)、とか。

このインタビューについて、ドイツやオランダメディアのタイトルで使われているのは、シュヴァインシュタイガーやロッベンの獲得を上層部に推薦しているのではないか?という疑問について「二人とはよく連絡をとってるけど、そういう移籍の話はしてないよ」と、噂をやんわり否定したことであるようです。
(もっとも、「でも二人とも素晴らしい選手だから、ミランでもやっていけるだけの能力はあるよ」という箇所をピックアップして「シュヴァインシュタイガーやロッベンはミランにフィットするだろう」というタイトルを付けているところもあります(苦笑)。)
あと、ワタシ的には、ミランに加入したことで、クラブのレジェンドであるファンバステンの名前を出すのがタブーではなくなったらしい、とか。(監督としてはたぶんまだタブーだとは思いますが)

そして
シタルト方面からも、どうにも気になるトピックを発見したのですが…

110714_previewa2postermuseumfortuna
フォルトゥナ・シタルト・ミュージアム。7月24日オープン。
「マルク・ファンボメルの部屋」って何ー?????
こっこれは、ボメラーの聖地誕生か?!
……。フォルトゥナ公式サイトを見てみましたが、何がなんだかさっぱりです。とりあえず、オープンしたらもう少し情報が出るかも知れません・・・。あんまり期待しないで続報を待て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/19

宇佐美お披露目

(大幅加筆しました)

いやはや。前にも愚痴ったかも知れませんが、このところ、エアコン点けると寒くて眠りが浅いし、消すと暑くて明け方に目が覚めるしで、どうにも睡眠状況が悪いのです。
皆さんも気を付けてくださいね…
そんなこんなで昨日は、朝起きて→なでしこ見て→興奮してblog書いて→昼寝して→家事、で一日終わってしまい、ネタを調べる時間があんまり。

とりあえず。アリアンツ・アレーナにて改めて、宇佐美のお披露目&入団会見が行われた様子。

110718_usami2

110718_usami

110718_fcbtv

「Servus, 僕の名前はタカシ・ウサミです。タカシって呼んでください」と、ドイツ語で挨拶してつかみはOK。
FCB.tvで会見動画を見たのですが、宇佐美の声にかぶせてドイツ語の吹き替えがぁ~(汗)せっかく日本語で話してるのに結局何言ってるのかようわからんという。
まあ、「攻撃的なポジションならどこでもイケる」「ビッグクラブに来れてハッピー」的な、当たりさわりのない意気込みを言ってる感じはしました。クライフネタとバロンドールネタはなかったみたい。わかんないけど。なでしこネタも(記者も聞けばいいのに)。
あと「ミュンヘンはいい街です、マキシミリアン通りが好きです」と言ってるのはなんとなく聞こえました。

日本のサッカーニュースでは取り上げられなかったんですかね?もっとも今日はなでしこ一色でしたけど…(^_^;)

[追記]
一夜明けて日本語ニュースが続々出てましたね。なでしこの話も「誇りに思う」とか語ったみたいです。
宇佐美、同リーグの香川は「ライバル」(サンケイスポーツ)
宇佐美、大きな目標(バイエルン公式・日本語)
宇佐美「ライバルは香川」バイエルン入団会見で強気な姿勢(スポーツ報知)

そんなバイエルンですが、本日はいよいよ本格的なプレシーズンマッチ・リーガトータル!カップです。寝トボけている間に忘れるところでした(汗)

マインツ・ドルトムント・バイエルン・HSVが参加。場所は新しくなったマインツのホームスタジアム、cofaceアレーナ。(余談ですがこのスタジアムのこけら落としにはカーンも参列し、「イングランドを思い起こさせる素晴らしいスタジアムだ」と語っております)
まずマインツ対ドルトムント、バイエルン対HSVで準決勝を行い、翌日に3位決定戦と決勝を行います。
ドイツ時間18:45(バイエルン対HSV20:30)ということで、日本では火曜日深夜(水曜日未明)ですね。
TV放送あります。我らのGAORA様で21日(木)22日(金)…ってディレイ放送かーい。ま、見れるだけでありがたいので良いけどね。

宇佐美とボアテンクのデビューあるかな?コンテントは出るか出ないか、少なくとも重傷ではなかったようです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/07/18

なでしこ優勝!

110717_nadeshiko

なでしこジャパン、W杯優勝!!

おめでとう!ありがとう!(T∀T)
感動した!驚いた!

いやワタシの中では普通に優勝候補ではありましたが、今日ばかりはもうダメだと。
試合内容では(いい時間もありましたが)ほぼ圧倒されっぱなし、日本がダメダメだと言うより単にアメリカが強かったんだと思います。さすがやな~、と唸るばかりでした。

しかし!二度に渡って勝ち越され、さらに、退場者も出してしまうという逆境を次々とはねのけ、「撫子」と言うにはあまりに泥臭い、しかし力強く、世界一をもぎとったのでした。

PK戦の前にチームが笑顔だったのが印象的でした。緩んだ表情ではなく、120分やり切った実感があった上での、すがすがしい笑顔に爽やかな気持ちになりましたよ。
このメンタリティの差も勝敗を分けたのかも知れませんね。

110717_sawa2 

得点王&大会MVPは文句なしのキャプテン。
日本が苦戦する中、超ハードワークで大奮闘。最後の試合、悔いのないよう、思いを込めてプレーしているのがよくわかりました。
2点目のゴールはまさに「執念のゴール」でしたね。セットプレーからヒールで。よくぞ入ったものだ。サッカーの神様が入れてくれたとしか思えません。

宮間のゴールも上手かったですね~。目の前に来たこぼれ球を入れたものでしたが、とっさのシチュエーションにも慌てず冷静に、GKの逆を突くコースに向けてアウトで蹴り込んでました。

110717_solo

ベストGK(&ブロンズプレーヤー賞)はアメリカソロ。しかしつくづく美人だ。もちろん異論はありませんが、しかしこの試合に限って言えば、ファインセーブ連発、PKも止めた海堀の方が良かったけどねん(^ー^)

[追記]MoMは海堀。大会のフェアプレー賞は日本代表、シルバープレーヤー賞はアメリカのワンバックでした。表彰式でのワンバックの態度は素晴らしかったですね。悔しさをこらえながらも、澤や日本選手たちに笑顔で対応して健闘を称えてくれているように見えました。

と、ニワカ甚だしい自分があれこれ言うのはちょっとおこがましいですかね(^^ゞ(←準々決勝でドイツが負けてへこんでたくせに。。。)このへんにします。

110717_nagasato

110717_nadeshiko2
Stay gold...

| | コメント (3) | トラックバック (0)

宇佐美とボアテンクがトレーニングに登場

ちょっとトピックがたまっちゃいましたね。

まずは!

ウルグアイやったぜ

110716_forlan

感動した!タフで情熱的でアグレッシブでドラマティックな、面白い試合でしたね。
特にアルゼンチンに思い入れはないので、ウルグアイ応援でしたよ~(^ー^)
スアレスとフォルランとカバーニとムスレラぐらいしか知らんのですが…。
ウルグアイは1年前のW杯の強さをそのまま維持してて、今でも魅力的なチームですねー。応援しがいがあるというものです。

110716_musrela

モエーGKムスレラが神セーブを連発したおかげで勝ちましたね。退場者が出て一人足りず危険な時間帯、大奮闘して無失点に抑えました。
PK戦でも1本止めたし。止められなかったものも手に当てたり読みが当たってたのもありました。
大会が終わったらビッグクラブからの争奪戦がすごいことになるんじゃないのかい。ベシクタシュだっけどこだっけ、トルコへの移籍はもう決まっちゃったんですっけ?もったいないと思うのよ…(トルコファンの方ゴメンナサイ)
PK戦で、自チームの選手が蹴るのを、背を向けて見ないようにしているところがかわいらしかったですが、最後のキッカー、カセレスが決めた瞬間は、極度の緊張が一瞬で解放され歓喜に切り替わる時の表情、なんというか、貴重なものを見た気がします。

110716_musleraj_2

おまけ
110716_yellowred
「どっちのカードにしようかな~うりうり♪」「イヤガラセヤメレ!」(うそ)

バイエルンネタですよ。
金曜日(15日)

110715_1 モエ…heart04heart01

110715_3
この日は楽しくリラックスデーだったもよう。

土曜日(16日)はオフ

110716_robben_2
ツール・ド・フランスの選手を激励に行ったらしいロッベン

そして日曜日(17日)
いよいよ宇佐美とボアテンクがチームトレーニングに合流!

110717_usamiboa

110717_boa2
例のデータ計測バンド(?)がバージョンアップしてる気がする。動きにくそうだ。

110717_usamimueller
おぉ!テンション上がるねぇ!

110717_usami
手前のオカッパ君は誰やねん、と思ったら通訳さんぽい。いっしょにゴールポスト運びとかもするのか…?

110717_contento
コンテントがシュヴァインシュタイガーと衝突して膝を負傷、状態が心配されています。
ノイアーも軽い違和感かなんかで念のため早めに切り上げ、ラフィーニャとリベリは胃腸風邪で欠席。

110717_boa3
ボアテンクの入団会見があったみたい。…(´。`)
それはそれとして、そのメガネどう…流行ってるんだろうけど…

110717_usami2
宇佐美のモミアゲもどうかと思うが

おまけ
110715_fcbshop
セクスィボデーに悶絶!
革パン模様の海パン49.95ユーロ也!…売れるのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/16

来たぜ!!

110715_fcb2
♪宇佐美が来た~ぜ、パララパララパララパ~ラ~ラ♪

110715_boa 
♪BOA~も来た~ぜ、ジェロムジェロムジェロムジェーローム♪

110715_fcbtv4
♪電車飛行機バス乗り継いで♪

110715_fcbtv5
♪来たぜ来た来た♪

110715_usami2
♪kommen、kommen♪

110715_fcbtv2
♪知らない人たくさんいるけど♪

110715_lahm
♪みんないっしょに♪

110715_usamischweini
♪Go! Go! Let's go!♪

----------
前も同じネタをやったことがある気もしますが、ま、いいでしょ(^_^;)
ボアテンクは兄がミラニスタの間で「BOA」と呼ばれることがあるのでちょっと書いてみましたが、定着しないだろーなー。そういえば韓流アイドルのBOAちゃんはどーなった(関係ない)。

そしてそのJボアテンクの入団会見等はまだ行われてないのですが、注目の背番号が、またもやオフィシャルショップにて先にアプされておりました

110715_fcbshop2

……まさかの17番。

○| ̄|_ イヤじゃ…

まぁ、ね、いつかは誰かが継ぐのはわかっていることなんだけれど、そんなたいそうな番号じゃないし、ファンボメルも数字自体に思い入れはなかっただろうし。でも1年ぐらいは空けといてくれてもいいジャンねぇ~(T-T)
……早くミランの4番ユニ買おっと…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/15

ボアテンク来る!

110713_1
たくましい二の腕にうひょむひょ言ってる間に、ニュースがてんこ盛りです。ノースリーブ最高!

なにはなくとも!

110713_sawa

なでしこ、決勝進出おめでとう!!!!!\(^∀^)/

いえいえ、もうすっかり元気モリモリ、なでしこがんばれ応援モードですよひっひっひ。(←尻が軽い)
この準決勝は試合前に両チームのキャプテンによる「人種差別をなくそう」宣言が行われました。
キャプテンが日本語で宣言を読み上げているのを見て、今まで同時通訳とか実況アナウンサーが頼りだったものが、初めて素で理解できたのが嬉しく、それというのも日本がここまで勝ち上がって来れたからこそなんだよなぁ…と感激した瞬間に、ドイツが敗れた悔しさがなくなったのでした。

まあ、全っ然心配してなかったし、先制された時は「あっちゃーsweat01」と思いましたけど、すぐに取り戻せるって信じてたもんね~(^ー^)
と、確信させるだけのパフォーマンスでした。ドイツ戦よりさらに洗練されさらにパワーアップしてましたね。格の違いさえ感じました。言うことなしです!
それにしても川澄のスーパーロングループは素晴らし凄かったですね!見ながらリアルで「ぐわー!すごーーい!これはいいものだ!」と興奮の声を上げてしまいましたよ。
(録画したものを昼間に見たので近所迷惑にはならないのですが、ダンナが、日本の優勝が決まったのかと勘違いしていた(^^ゞ)

決勝の相手はアメリカになりました。希望通りだったので嬉しいです。世界ランク1位、相手に不足はないぜ!ぐははは!(`▽´)
もちろん日本に優勝して欲しいけど、とにかく、熱い試合を期待します!

そうこうするうちに

「人の足元見てふっかけてくるようなところに払ってやる必要なし、もーいーよ」と、半分忘れかけていたところ、ニュースはいきなり唐突にやって来た。
110715_fcb

「ボアテンク来る!」このBild的センスのコラージュはどー…(^_^;)

かねてより交渉をしておりましたジェローム・ボアテンクが、ついに我がバイエルンに移籍することに相成りました!2015年まで。
いやはやいやはや。
決まって良かった。ラフィーニャも来たし、最懸念事項であったDF問題はこれでひとまず解決…ですかね?
問題はいくら払ったか、まさかマンCの言い値の2,000万で買ったんじゃーあるまいね、と思っていたところ、Bildによると1,350万ユーロだそうです。よしよし。まだお高いような気もしますが、と言いつつ相場もようわかりませんし、まあ、しっかり値切ったことを評価します(←上から)。

・・・・・・。
CBということで気になるのはやはりファンブイテンのことですが。
数日前にBildに「やってくる選手はみんなヴィルコメンだ。ポジションのために戦うぜ!」という意気込みを熱く語った記事が出たばかりでした。
「毎年同じ議論が起こるけど、僕はここにいる」そうなのよね…毎年毎年、放出候補とかベンチ確定とか言われ続けて、くやしい思いをして来たのです。

そしてハインケス監督はSportBildにて、つい昨日このようなコメントを。超ざっくり
「ダニエルは経験豊富な選手だ。まさにプロフェッショナルで、人格も素晴らしい。彼は監督からの絶対的な信頼を必要とする。チーム全体がディフェンシブなプレーをする時には、彼の力が違いを見せるだろう」と、ホメホメheartだったのですが一方で「しかし私は誰にもスタメンを保証しない」とも。

110709_1

外野からの評価が低いのはわかっています。正直、足遅いなぁ、視野も狭いかなぁ、やっぱトシなのかな~と思います。だけど、自分自身を信じて行けば道は必ず開けると思うのです。その点ファンブイテンはだいじょぶそうなので…。ワタシは来(きた)るシーズンも、ボアテンクとファンブイテンでCBコンビを組むことになると(何の根拠もなく)確信しております。

110714_boa
「どすこい」(うそ)
アウディ・カップで兄弟対決なるか?その日に備えてしっかりシコをふんで気合を入れる(うそ)兄ボアテンク。
それにしてもこのblogでのボアテンク兄弟の書き分けをどうしましょうね(^_^;)
まあ、兄=K・P・ボアテンクまたはケヴィンプリンス、弟=J・ボアテンクまたはジェローム、ということになるのかな…やっぱり。

おまけ
1107
「ちょっとだけよ~kissmark …コラ誰かついてこいー!」(うそ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/13

ファンボメルは元気です

いかん。すっかり遅くなってしまった。
本来ならもうちょっとウラを取ったりして情報を集めるべきなんでしょうけど、文章を書く余裕がないので、写真だけベタベタ貼りますゴメン。

待ちに待った、ミランもシーズンインですよー。
ただしコパ・アメリカ出場組(パト、ロビーニョ、チアゴ・シウバ、ジェペス)は当然まだまだ先の話ですし、6月のEURO予選に出場したイブラヒモヴィッチとカッサーノは、18日からの合流になるそうです。

仲良しボアテンクといっしょにやって来たファンボメル
110712

お帰り!お帰り!短パンモエー!赤い袋に入ってるのは職場のみんなに配る、夏休みのお土産とか?「○○に行ってきましたまんじゅう」とか(そんなワケあるか)。
杖ついてたりしたらどうしようと心配でたまらなかったのですが、普通に歩いてるのでホッとしましたよぅ~~(T∀T)

110712_2
ファンサービス。

午前中はクラブハウスでミーティング、13時からお昼ごはん、17時30分からトレーニング…

110712_newface2
新規加入選手選手の紹介。
左からパロスキ(レンタルバック)、エル・シャーラウィ、メクセス、タイウォ。

・・・・・・。
この日の様子は現地のミランチャンネルでLIVE中継!だったそうですよ!もちろんニホンでは見れないけどね!むきーっ!トレーニングはもちろん、監督やガッリアーニ、セードルフやアメリアのコメント、記者会見の模様とかモリモリ放送してたはずなのですが…
な~~~んにも見れないので(泣)、こうして、細々とアプされる写真とかtwitterやFacebookでのレポとかを頼りに情報をコソコソ拾うだけ…

だけどそんな少ない情報の中でも、ファンボメルの出没率が高いので満足なのであります(^∀^)

110712_4
キャーカッコいい!☆heart04

110712_5
おぉ、さっそくキャプテンシー発揮!新規加入のタイウォに話しかけておるようですよ(何語で?)。

だけど一番気になるのは
110712_7
膝!どうですか?よくわからないけど、スッキリしてるような?
こうして何事もなくチームと同じトレーニングをしているということは大丈夫なのでしょうか。

110712_milanerro 発煙筒…?(^_^;)

この日はデモンストレーションが主な目的だったのかも知れませんね。3000人のファンが熱く応援する中、みんな試合用のユニフォームを着て(しかも発売になったばかりのアウェー&サードユニ)、軽めの調整だったのではないかと思われます。わかんないけど。何しろ見れないから(ネチネチ)。

まあともかく、ファンボメルが何事もなく元気そうで、心底ほっとしました。何はなくとも、それが一番気がかりだったので・・・。どうか膝の腫れが再発しませんように…(>人<)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

フォトシューティングですよ

申し訳ない。とっくに情報はゲットしていたのですが、紹介するのが遅れました。

オリバー・カーンがさる7月8日、極秘で結婚式を挙げていたそうです。Bildのスクープ。

110701_6

結婚式の写真ではありません。とにかく極秘だったので、写真も動画も本人のコメントも一切上がってないのです。
親戚縁者だけを招いてのごくごく内輪の式だったようです。今回もまた、鳩をリリースしたりしたんでしょうか…
カーンのイトコや妻・スヴェンにゃのお父様のコメントが少し出てましたが、スヴェンにゃは顔をくしゃくしゃにして嬉し泣きをしていたそうです。 よかったね(^^)
新婚旅行は南の島へ、と書いてありますが、ボラボラ島ではないかと言われています。
まあ、あのカーンがもう1回結婚するなんて今もってぴんとこないのですが、とにかく、お幸せに…。

さて
バイエルンネタですよ。

本日はプロフィールや集合写真や各種スポンサー広告やら、とにかく写真を撮りまくったようです。

110712_1
今シーズンはこんな感じ。去年はなんだか曲がってましたけど、今年はまっすぐビシッと決まってますね。

110712_teamfoto2

最後列の右端が空いてる気がするのですが、宇佐美は後からここに合成されるのでしょうか…
ラフィーニャが埋もれてるぅ~(笑)
やっぱり、なーんだか、こうして見ると、選手が少ない気がしますわねぇ(^_^;)

110712_gks
GKが4人もいると豪勢ですな。右端はザッテルマイアー、左端は今回プロに昇格したリードミュラーです。きゅうくつそうね。と言っても、アマチュアの試合に出ることが殆どだとは思いますが。

110712_gomez
1年間使われる写真なのだが、その傾いた髪でいいのかゴメス…。

110712_adfoto
わざとらしすぎる広告フォト。でもノイアーの小首かしげにモエ

110712_robben
「トシのせいか、最近近くが見えにくいんだよ」「無理しないでメガネ買いなよ父さん」
…なんでこんなジジくさいセリフが似合うんだ~(T∀T)

ところで宇佐美と言えば、公式発表に先立って、バイエルンショップで早くもユニのマーキングを受け付けているという情報を得たのですが

110711_fcbshop_2

14番だそうです。

宇佐美、欧州NO1選手目指しクライフの「14」背負う(スポーツ報知)

・・・・・・・。クライフ?
宇佐美の恩師がクライフを尊敬しているので、と、本人自ら選んだということで、まあ、エエ話ではあるんですけど…。
ドイツでクライフ?バイエルンでクライフってどー?
ミュンヘンの人々がクライフをどう思っているのかは知りませんが、なんとなーく、そこはあんまりネタばらししない方がいいような気がするですよ…。
恩師を尊敬しているのはとても立派だとは思うけど、でも、そゆことはアヤックスでやってよ、とヒネた見方をしてしまうのは、単にワタシが(オランダびいきのくせに)クライフイヤンだからなのであります。

Johan_cruijff_ajax_pistolen_425 合成かな?

いや、何、ね、だからホラ、宇佐美には、そこんところはもちょっとバイエルンらしいコメントをひとつ、あたふた(汗)…(←何言ってるんだよ)
そんな宇佐美が合流するのは15日だそうです。

ところで
公式に、「バイエルンのホームユニが、"11FREUNDE"誌が選ぶ、ブンデスリーガユニフォームデザインランキング(?)で見事1位~!」という記事が出てました。
そのネタ元はこちらです。
ランキングは4ページ目に出てますけど。まだ今シーズンのユニフォームが全て発表になってない状態でのランキングには少々無理があると思うのと、個人的に、他のチームのユニフォームまで全部把握してないしなぁ、という難点が。
あと、自分の感性と合わない点も多く。シャルケのホームユニが堂々2位なのですが、これを今シーズンも着るのかどうかわからないし、ワタシ的には全然イケてないと…ゴニョ
までも、そういうことをひっくるめて、これはこれで面白いランキングだとは思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/11

2010年7月11日と言えば

女子ドイツ代表は残念なことになってしまいましたけど、U-17ドイツ代表の方はブラジルに勝利して、3位になりました(^▽^)
……。すかぱのチューナーの予約だけして、録画機器の方の予約を忘れたので見れてないんですが(爆)。聞くところによるとまたも乱打戦、とゆうか、大味な試合だったようで…(^_^;)
までも、よくやった!ドイツ方面ではションボリしていたところでしたが、ちょっと嬉しいニュースです。

さて

7月11日ですよ。
思い出したくはない、けれど、忘れることのできないアノ日、南アフリカW杯・決勝から1年です。

100711_53

メダルの帯を噛みしめて、コドモっぽいことですが、今にも声を上げて泣いてしまいそうなのを、こうやって耐えていたのかも知れないよ…(;_;)

ワタシには負けたことよりもむしろ、その後、オランダ代表に批判が浴びせられたことの方が辛かったです。
この1年、どう消化したらいいのかわからず、ずっと、ごくごく最近まで、「試合の前日に戻れるものなら、彼らにアドバイスをしたい」とか「試合をやり直して欲しい」とか、あり得ないことを夢想したりしてました。

でも、結局のところ、もし結果を前もって知っていたとしても、きっと彼らはやり方を変えなかっただろうし、美しく敗れるより醜く勝つ可能性を選択したはずだ、と思うようになりました。何かアドバイスをしたところで意味なかったことでしょう。
ただまあ、デヨンクには「シャビ・アロンソにカンフーキックしないように」と、ハイティンハには「タコ頭ウェッブ主審のジャッジには気を付けろ」と、ロッベンには「カシージャスと1対1になったら落ち着いてまず相手の動きを見て」と言うのは忘れないようにしないとね。なんだ、けっこう言うことあるジャン(^_^;)

「オランダのみっともない戦いぶりには、評論家だけでなくオランダ国民からさえも失望と批判の声が続出」とかいうニュースにガックリ来て、母国に帰った彼らがどんな風に迎えられるのか、そもそも、迎えてくれるのか、と心配したものでしたが、それが杞憂だったのはご存知の通り。

100713_museumplein2

熱狂的な歓迎ぶりに感激したオランダ代表チームが、感謝のメッセージを新聞に掲載したほど。
10_07_15

そしてファンボメルは、今年2月、このW杯決勝について語っています(OnsOranje)。古い話でゴメンナサイ(^^ゞ
6週間も仲間といっしょにいて、素晴らしい結束が出来たとか、エアロバイクをこぎながらこんな話をしたとか、決勝の舞台ではこんな風に感じるものだとか、いろんな話をしてくれているのですが…、長文の上にオランダ語が難しくて、紹介できずじまいになってしまいました(汗)
最後だけ

「俺たちはサポーターに、オランダサッカーにおける、最高の「フットボールの夏」のひとつを提供したと思っている。彼らから批判があったとは思わない。俺たちはファンと素晴らしい関係にあるんだ。(略)W杯決勝で敗れたことは、今ではEURO2012で優勝するためのモチベーションなんだ。俺たちは互いにそう言って来た…そして、そういう確信がある」

100702_31

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/10

トレンティーノ合宿最終日

なでしこジャパン、ベスト4進出おめでとう!

110709_japan

……。

110709_maruyama_2

110709_garfrekes

110709_laudehr

110709_prinz_2
結局プリンツは、ベンチに座ったまま代表を引退することになりました。

ドイツはいいところなかったですね。非常にまずいパフォーマンスだと思いました。
とにかくミスや雑なプレーが多かったです。こりゃ負けるわ、と思って見てました。自滅と言っても過言ではありません。
いっぽうの日本はとても良かったです。テクニックや体格で劣る分、自分たちの得意なハードワークと熱意でもって、ドイツにプレーをさせないことに集中しているように見えました。
いい時間も悪い時間も含め、日本の出来が試合を左右していたと思います。勝利にふさわしいチームでした。

…テンション低くてゴメンなさいね(^_^;)
なにせ一見さん甚だしいので、「なでしこ、史上初の快挙!」「歴史を塗り替えた!」という実感がなく、もっぱら、ドイツが自国開催の大会で魔さかのベスト8で敗退、という事実にションボリしているところであります。
日本人として我ながらすごく損していると思いますが、しょうがない。
だから決勝で当たるべきだったんだってー。日本がイングランドにむざむざ負けてくれちゃったせいでこんなことになったのだから、その点は非常に恨めしいです。
でももちろん、なでしこにはこうなったら絶対優勝してもらわなくっちゃなんだぜ、と、これからも応援して行きますよー。

さて

110709_bastian2 「いいお湯だったワheart

朝っぱらから行水しているところをBildに激写されたシュヴァインシュタイガーです。
バイエルンのトレンティーノ合宿も最終日、昨日はカタール代表とのテストマッチが行われました。

ノイアー - ラフィーニャ、ファンブイテン、バトシュトゥバー、ラーム[C] - クロース、グスタヴォ - ロッベン、ミュラー、リベリ - ゴメス

交代:ブット(46ノイアー)、ケーツ(46ラフィーニャ)、プラニッチ(46バトシュトゥバー)、コンテント(46ラーム)、ティモシュク(46クロース)、アラバ(46ロッベン)、ペーターセン(46ゴメス)、オリッチ(60ミュラー)

続きを読む "トレンティーノ合宿最終日"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/09

2011トレンティーノ便り・その4

(注※紀行ネタではありません。m(__)m ゴメンナサイ)

U-17W杯準決勝、ドイツ対メキシコはものすごい試合になりましたね。
いつものようにながら見だったのですが、それでも「すごいことが起こっている!」というのはわかりました。
レベルも高いし気合も凄いし、あんなに白熱した試合、フル代表でもなかなかお目にかかれるものではありません。
後半途中からは、ながら見ができなくなって、TVに食いついてしまいましたよ。
大流血あり、オーバーヘッドあり、と、ドラマも満載で、ジェットコースターのような怒涛の展開に、明日のドイツ代表を探せ、誰が誰でどうだとか、そういうcheckをしている余裕が全然なかったです(^_^;)

最終的にドイツは逆転負けしてしまいました。もちろん悔しいですが、死力が尽きるまでやり切った感はありますので、なんら恥じることはないと思います。言い訳なしに「しょうがない、よくやった」と心から言える敗北もまた、そうそうあるものではありません。
試合終了後、ロスタイムが足りないことに怒り狂って審判に食ってかかる者あり、ピッチに倒れて嗚咽する者あり、さまざまでしたが、(単なる若さゆえの激情と言えなくもないですが)、試合内容と共に、今のモエモエこざっぱりA代表には見られなくなった熱いドイツ魂を見た気がして、複雑な心境にもなりました。

それはそれとして、ドイツのキャプテン、Can(バイエルンユースの選手ですよー(^^))のことをフジさんのアナウンサーは「ジャン」と呼んでいたように聞こえたのですが、そーなの?(汗)

さて
ちょっとたまってしまいましたが、またも簡単に、バイエルンのトレンティーノ便りその4です。そろそろ息切れかも…

そんなわけで、今さら「ノイアーイラネ」バナーを掲げたウルトラス(もどき)問題はまだまだ続いているようですが
110707_fcbtv3
その試合はフィジカルの問題で欠場したミュラー
「ファンの98~99%はノイアーの味方だ」と発言したそうです。異論はありませんが、「98か99」というその細かさはなんじゃい。

続きを読む "2011トレンティーノ便り・その4"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/07/08

トゥエンテのスタジアムが一部崩壊

特に詳しい情報を持っているわけではなく、チームのファンというわけでもないし、あまり書くべきことがらもないのですが、でも無視したくはないし、この後にアプする予定の、バイエルンの楽しい記事といっしょにするのもどうかと思うので、分けます。

110707

7日、オランダ・エンスヘーデにあるトゥエンテのホームスタジアムにて、収容人員を増やすための改装工事の最中に屋根の一部が崩落、作業員1名が死亡、14名が負傷したそうです(うち2名は重体という情報も)。

オランダサッカー界、とりわけ、トゥエンテ関係者は大きなショックを受けているようで、トゥエンテの公式サイトは、本件についての挨拶文だけ掲載して事実上休止状態になっております。

エールディヴィジは8月1日に始まるそうですが、どうなるか…。
それに先立って、トゥエンテは今月の26日、27日にCL予備予選3回戦に参加するのですが、ホームでの試合をシャルケのホームスタジアムであるヴェルティンス・アレーナで開催することを検討しているそうです。「我々は緊急時には協力し合う関係にある」と…。何か提携とか結んでるんでしょうか?シャルケの方からはまだ情報が出てません。
ただ、その他の試合もお願いするには調整が難しいのではないか、と言われています。

チームはオランダ南西部のゼーラントで合宿中だったそうですが、今回の件でキャンプは引き上げ、エンスヘーデ近くのヘンゲローのスタジアムでトレーニングをしているそうです。

亡くなられた作業員のご冥福と共に、負傷した方の一日も早い回復をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンチ・ノイアー・バナーに関するFCバイエルンの公式声明

後日談が続々出てますが、とりあえず。ざっくばらんに。

110706_banner

----------

先週の土曜日、FCバイエルン・ミュンヘン公式と、サポーターの代表たちとの間で「円卓会議」が開かれた。
この「円卓会議」の結果、当事者間でいくつかの協定が結ばれた。
そのうちのひとつとして、全ての公式ファンクラブとウルトラスの代表は、将来に渡って、マヌエル・ノイアーをFCバイエルン・ミュンヘンの正式なメンバーとして認め、彼を敬意を持って扱わねばならないということ。さらに、彼への敵意(の表明)を終息させること。

昨日、トレンティーノ選抜チーム対FCバイエルンの試合にて、ある小グループがウルトラス的な騒ぎを引き起こし、この協定を破った。

FCバイエルン・ミュンヘンは「アンチ・マヌエル・ノイアー」バナーとこの小グループの双方とも関係がない。我々はさらに、この問題のグループが非常に小規模であることと、FCバイエルンに登録されていないグループであることをお知らせしたい。

このアルコ(トレンティーノ)での出来事をかんがみて、このグループの人々は即ち、FCバイエルン・ミュンヘンにとって「persona non grata(好ましからざる人物)」ということである。 

FCバイエルン・ミュンヘンとサポーターズの代表は、円卓会議の参加者の間の協定を傷つけようとする、この小グループの企てを拒絶する。 

ファンクラブ「Schickeria」の代表は試合時にスポーツディレクター:クリスチャン・ネルリンガーと話をし、そしてその後ファン代表役員ライモント・アウマンと電話にて、この出来事とは関係がないことを確認した。

FCバイエルン・ミュンヘン取締役会

----------

事情に疎いものですから、背景がよくわからず、この文章に登場する人物の「てにをは」がはっきりしません。
特に最後の方の、誰が誰と話をしたのか、というあたりが…(汗)
「Schickeria」ってウリかノイアーを糾弾するネガキャンを張ったクラブなのかな…?

[追記]
か、どうかはわかりませんが
110707_banner
現地まで応援に来ていたのね…。そういえばこのバナーよく見ます。大きなファンクラブなのでしょう。

バイエルンが言いたいのは、あのバナーを掲げたのはウチが認めたファンクラブじゃないもんね!ファンクラブの代表とは、土曜日7月2日・アリアンツアレーナでのファン感謝イベントに先立って行われた会議にて「もうノイアーイラネ・キャンペーンはしない」ことで合意済なんだからっ!ということのようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/07/07

まさかのロッベリ

七夕だというのに、あいにくの雨ですね~。洗濯物も部屋干しするしかしょうがない。
110706_fcbtv7

それはさておき
いやはや、準々決勝でのなでしこの対戦相手はドイツになってしまいました(汗)
なでしこがユルッと負けてむざむざ2位通過してしまったので仕方ないですが、決勝で見たかったのにぃ~。
ドイツ対フランスは録画したものを後で見ました。同じ2位通過ながら、男子そこのけの迫力満点のプレーでもって、優勝候補ドイツと熱戦を繰り広げて敗れたおフランスと、なでしこの差は一体…と思ってしまいましたよ。もちろん体躯の違いもあるでしょうが、気持ちの入れ方も歴然…

そして、サッカーと全然関係ありませんが、2018年冬季オリンピックの開催地が韓国の平昌(ピョンチャン)に決まりました。
バイエルンの関係者やカーンたちも参加して、みんなでいっしょけんめい盛り上げたミュンヘンは落選ですheart03
下馬評ではもともと平昌が有利だったようで、結果は特にサプライズではなかったらしいですが、やはりざんねん・・・。
わざわざIOCのサイトで生中継を見てたんですがねぇ。イメージビデオを長々見せてからやっと発表という、もったいつけた演出にはちょっと閉口しましたよ。

さて

いつまでこんなに細かく紹介できるか怪しい感じではありますが、いけるところまでいってみよー、の2011トレンティーノ便り・その3でございます。
それにしても、楽しそうなバイエルンの記事を見るにつけ、ミランはトレーニングとかキャンプ情報を、こんなに丁寧に紹介してくれないだろうなぁと、間もなく明ける夏休みを前に今からションボリしておりますよ…。

画像がたくさんなのでたたみます

続きを読む "まさかのロッベリ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/06

2011トレンティーノ便り・その2

(注※紀行ネタではありません。タイトルに釣られた方、申し訳ありません m(__)m)

リアルタイムで進行中!がむばれなでしこ!
イングランド女子代表がどういう位置づけなのかよくわかりませんが、なかなか一筋縄では行きませんわねぇ。
完全ながら見のくせに何を言う。
いいのです。これがワタシの観戦スタイル。女子W杯もコパ・アメリカもぐだぐだと流し見るのです。
それにしても、どっちもTVで見れるというこのシアワセよ。NHKさんは今回エエ仕事をしてますよ(←上から!)。この後ドイツ女子の試合もありますしo(^-^)o(さすがに録画しますが…)

コパ・アメリカと言えば、みんな大好き(ワタシも好きよ)ウルグアイとペルーの試合がありましたね。あと、メキシコ対チリも。
メキシコのGKミチェルのモジャ毛具合がファンボメルにそっくりだったのでムダに胸キュンしてしまいました、じゃなくて(^_^;)。
結局バイエルンに来るのか来ないのか、渦中のヴィダルがゴール決めてましたね。

と、何の役にも立たないことをいつものようにダラダラと。コリアンダーです、おはようございます。

そんなこんなで、どうもこの夏は睡眠状況がかんばしくなくて、常にアタマがボーとしておりますものですから(いつものことか…(^_^;))、バイエルンinトレンティーノ状況はごくかんたんに。

110704_fcbtv2
いろいろと工夫をこらし、シャレたアングルでレポをする毎度おなじみシュテッフェさん。

サービスショットfromティモシュク2連発
110704_tymo ウチモモサービス

110705_tymo オヘソサービス

110705_neuer2
本日(5日)の記者会見にはノイアーとクロースが登場したもよう。
カーンと比べてどうとか、ファンブイテンとの連携ミスでどうのこうの、という話をしたようですが、寝ボケアタマにはようわからん・・・

110705_1
体格が似てると思っていた二人ですが、髪型が全然違いますねぇ…

足首というのはワタシの勘違いで、どうやらフトモモだったらしいですけど、初日のトレーニングが別メニューだったため心配されていたリベリはこのたび全体トレーニングに復帰。
そのリベリについてハインケス監督が「特別扱いはしない」とコメントしたようです。

110705_jupp 「むむっ」

「現代のフットボールでは、守備の仕事も必要とされる。フランク・リベリーとて他の選手と同様、特別扱いはしない」「彼は自分が何を必要とされているのか理解しなくてはならない。ミュラー、ゴメス、シュヴァインシュタイガー、ラームのように。我々にはトップレベルの選手たちがいるのだから、集中していない選手は必要ない」

…カッコいい!(゚∀゚)

シビれるぜユプさん!まだまだおジィさんとは呼ばせないゼ!この調子でビシビシ鍛えてやってチョーダイ!

110705_robben
ロッベンのこともヨロシクね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/05

お帰り!ブラッツォ!

カーンニュースで大興奮したのがようやく落ち着いたところだというのに。また興奮するニュースが。

110704_brazzo

ハサン・サリハミジッチ、

ヴォルフスブルクに移籍決定!

衝撃のバイエルン退団から4年ののち。ついにブンデスリーガに復帰です!
背番号は11番!1年契約(短…)。
お帰り!お帰り!\(^□^)/ うれしいよぅ~。

……でもなんでそっち?(T-T)
マガトと仲良いようには見えなかったけど…思いすごしだったのか…

正直、トシもありますし、怪我がちっぽいし、どのくらい出場できるかどうかわかりませんが、でもできるだけ頑張って欲しいです。
日本のサッカーメディアは彼を「長谷部の同僚」と呼ぶでしょうが、ワタシたちにとっては、どこに行ってもいつまでも愛すべきブラッツォなのだ。。

あ~なんか、でもちょっと複雑だなぁ、マガトとうまくやれるのかな、そわそわ。
こうなっちゃったら、ヴォルフスブルクが、去年のシャルケのようなことにならないよう、そこそこ成功するよう願わざるを得ないじゃないのさ…。「そこそこ」でいいです。ここ大事。

でもファンボメルは、イタリアから友達がいなくなって、ちょっと寂しいかもね…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カーンが日本に来る!?…かも知れない

バイエルン御一行様は予定通りトレンティーノで合宿なう。

110703_neuersattelmeier_2
ジャグリング?

110703_trentino_2
バックショットで存在感を示すダニエルであります

110703_trentino2_3
疲れたら太陽の下で昼寝(うそ)

110703_trentino3
夜はクルージングと…

110703_trentino4_3
地元のファンと交流イベント…
このへんは去年と全くおんなじだし…

110704_lahm
かわいい。ラームのギャハハ笑い。

比べてみましょう
110701_1
かわいくはないけど、これはこれで愛らしいカーンのバカ笑い。ヴルフ・ドイツ大統領に招かれて、ベルビュー宮殿で何やらセレブなパーチーがあったらしいです。

と、バイエルンのチーム状況はどんどん続報が入ってきてますが…
いや、ゴメン、それどころじゃないのであります!

110704

先日ちょこっとお伝えしました、「オリバー・カーン財団」がついに設立とあいなったようでございます。

オリバー・カーン公式サイトより
財団の概要や活動内容などを、PDFファイルにて具体的に詳しく紹介しているようであります。図を駆使してわかりやすくしてはいるようですが、ワタシにはすぐには読めません…

というわけで、あんまりよくわからないのですが、
何やら、最近精力的に行っている、ティーンエイジャー向けの支援活動(たぶん…)「Du packst es !」をベースにしたプロジェクトを更に本格的に拡大するようす。

Du packst es!
日本のAmazonでも買えますぜ。…読めないので未だ未購入(こらっ)

具体的に何をどうするのか(講演とかイベント?)、何が目的なのか(青少年のモチベーションアップ?)、財団という形をとる意義は、ということが気になっているのですが…。
財団(基金)というと、なんらかの事情により困難な状況に陥っている人々を対象に、金銭面を筆頭にさまざまな形で援助をする、というイメージであります…
それっぽい単語は断片的に目につきますが、誤訳を恐れてスルー。

110704_focus_2

しかぁーし!
なんだかわからないと言いつつこの話を紹介するそのわけは!
この財団との提携(?)・協力先として「ローランド・ベルガー財団」と、既にカーンが大使として活動している「ゼップ・ヘルベルガー財団」が挙げられているのですが、もうひとつ!

110704_oliverkahnde_3

「ドイツ大使館 東京」!!!

日本での活動を計画中!?
日本の若者は福島の原発事故によって精神的にダメージを負ったであろうから、今こそこのプロジェクトをやる意義があるのだ?!?
と、書いてありますか?(←誰に聞いてるんだ)

……日本来る?いつ来る?どこ来る?オトナだけは参加不可?事前情報はどこでゲットできる?(((゚∀゚;)))ドキドキ!

と、ニュースを知った時は異常に興奮してしまい、おかげで今朝は変な時間に目が覚めてしまって、ひどい睡眠不足で体調がヘンテコなことになってしまっておりますが(知らんよ)。
でも一夜明けて冷静に思い直せば、こんなファン根性で盛り上がるのは、本来の目的とは外れたことで、失礼なことなのかも知れませんよね…。反省。

財団設立は前から準備してきたこととは思いますが、このたびの震災を受けて、新たに支援先として日本を盛り込むことにしてくれたのでしょうか。
(しかしドイツ目線だと「地震・津波」ではなくまず「原発事故」というところが、らしいというかなんと言うか…)
クラブチームやあるいは選手・元選手たち個人が、プロジェクトを立ち上げたり支援活動している話を見聞きするにつれ、カーンはどう思っているのかな…と、コメントなどを発していないことに対して少し寂しく思っていたのです。
しかしこのたび、カーンもちゃんと考えてくれていることがわかって嬉しく思いましたconfident

何をしてくれるんでしょうね?今までの流れだと多分講演が中心なんだろうと思いますが…。
ニホンのティーンエイジャー、特にローティーンの少年少女たちに「オリバー・カーン」のネームバリューは通用するのかどうか心配だったりして(^_^;)
それよりいっそサッカークリニックの方が盛り上がるんじゃないのかな~とか、まだ決まってもいないのに勝手なことを言ってみたりします。…でも想像するのが楽しい。
う~ん、やっぱりできればオトナも参加したいねぇー。はじっこで見てるだけでいいんだけど…←本音

「よくわからない」とか疑問形の文章を連発して心苦しいです。日本に関係ある話ですし、もっとちゃんと、財団の概要込みで、日本語ニュースで出ないものですかね。
それでもって、プロジェクトの一環として↑「君本」の翻訳本も出してくれるとありがたい。ついでに大人向けの↓「俺本」の翻訳本も…
と、すぐ調子に乗る。言うだけタダだからいーじゃん(^∀^;)

Ich. Erfolg kommt von innen
これも日本のAmazonで買えますぜ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/04

バイエルンのシーズンオープン・ファン感謝イベント

本文とは全く関係ありませんが
110702_vujacic
シャラポワのカレシがケディラにそっくりな件(ケディラよりイケメン…←こら)

というわけで、ファン感謝イベントでしたよー(^^)

110702_robbery_2
むっひょー!やっぱロッベリはテンション上がる!(ミーハーなことでスミマセン(^^ゞ)

バイエルン公式に、記事は出てますが、ハイライト動画的なものはアプされませんね…。
YouTubeや、各種ドイツメディア、eyeP.tvさん(名前が変わった?)に出ているのを見ています。

スタジアムの外でのスポンサー主催の縁日イベントの様子も、レポを見て想像するだけでほのぼのしますが(^^)
スタジアムがオープンしてからは、のど自慢(??)あり、華やかな演出でのチーム紹介あり、紅白戦やノイアーとのPK対決など、みどころ満載だったもよう。

110702_christian_stoll2
のど自慢で優勝したらしい(?)お兄さん。バイエルンの新しい応援ソングを熱唱

110702_bayern
聞いているのかいないのか、その間選手たちはなんだかダラダラ

110702_willy_astor2
本家はこっち?ヴィリー・アストアさんもおなじみ「南の星」を唄います。隣はマイクパフォーマーのレーマンさん。

110703_fcbtv3
スモークもくもくの中を選手が一人ずつ紹介されピッチに登場し、3万人のファンにお披露目。

110702_neuer
本日の主役はやっぱりノイアー。選手紹介でも大トリで登場し、ファンからの声援もひときわ大きかったです。各種メディア記事もノイアーのバイエルン初お披露目、という切り口が殆どです。
バイエルンユニはワタシにはあまり違和感なかったのですが…。シャルカーさんたちには思うところはあるでしょう…

ワタシはファンブイテンの様子を見たかったんですが、あまりバチッと写ってる写真はありせんでした(-。-)トホ  まあ、トレーニングをしているところなどを見た感じではお変わりないようで、夏休みによる時間的ブランクを感じさせず、ちょっとホッとしましたよ。
ファンブイテンにとっては、おそらくバイエルン最後のシーズンとなるでしょう…(涙)

110702_muellergomez_3

紅白戦の様子は…。先に紹介したサイトにアプされていたのですが、カメラが一台しかないらしく、ボールの動きに合わせて画面も激しく動くものだから、見てると酔っちゃいそうなのでヤメときました。近すぎて何がなんだかわからないし。
どうやらラームのゴールにて、赤組が1-0で勝ったようです。
そういえば、結局今はどっちの所属なのかよくわからなかったアラバが戻って来てたのが嬉しかったです。(まだどうなるかわかりませんけど…)
あと、37番と38番の選手が見かけない顔だったのですが、アマチュアチームの選手なんですかね?37番の彼はトーマスじゃないミュラー君のようでした…

110702_pk1
バイエルン公式が「この日のクライマックス」と言う、ノイアーとのPK対決は、一般のファン3名とバスケットボールのハーマンという選手と、何故かシュヴァインシュタイガーとロッベン。

110702_pk3
ロッベンのユルユルキックをノイアーがダイレクトで蹴り返して終了。

こんな感じ。

ところで
ノイアー密着的な動画がFCB.tvにアプされていたのですが、なんですか、ファッション系のスポンサーがs.Oliver になったの?HUGO BOSSはどーなっちゃったんですか(汗)

110703_fcbtv2
あれあれ。それにしてもノイアーはさっそく使い回されております(^_^;) 右端は誰だ?

110703_fcbtv1_2
う~ん……

110703_fcbtv5
どうかなぁ…

ともあれ、バイエルン御一行様はたしか本日(3日)、イタリアはトレンティーノでの合宿に向かったはずです。
リベリが足首?を痛めている、とかいうニュースが入って来ましたが…さっそくか(><;)

おっと、そう言えば!
事前情報は出てましたけど、このたびきちんとした報告が来ましたよ!

我らのGAORA様、11/12シーズンもブンデスリーガ・バイエルンの全試合放送決定!
しかもダイジェスト番組まで!
やっっったぜ!ありがとうGAORA様ー!\(T∀T)/
ダイジェストはアレですかね?フジさんでやってる「ハイライト」に日本語ナレーションでも入ったものでしょうか…?見てみないことにはわかりませんが期待大ですね!ナレーションがsaschaさんなら更にウレシイが…。ぜーたくは言わんよ(^_^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/07/02

バイクでGO

ひとつ前のlogにて、石野真子チャンの動画を探してて、「狼」よりも「わたしの首領(ドン)」の方が合うなぁ、と思ったのでした。
♪野蛮な人~だと~、思ったけ~れど~、あな~たは~、一~味、違ってた~♪なのであります。
「ドン(首領)・ボメル」…。恐い。そしてわざわざ「首領」と書かないと、ドンくさそうにも見えるし、かつ、「ドン○西」みたいでもあり、間の抜けた感じがいたします。
と、しょっぱなからしょうもないことをぐだぐだと失礼しました(^_^;)

さて

110628_fcbtv4

そんな元祖アグレッシブ野郎・ファンボメルと比較された(たぶん)時のラフィーニャの表情です。特に嫌そうでも嬉しそうでもありませんが

110628_fcbtv5

「ファン・ボンメルはファン・ボンメルで、僕はラフィーニャだよ。ファン・ボンメルはいい選手だけどね」とかなんとか答えたようです。(←ドイツ語をヒアリングしたわけではなくていくつかの記事でカンニング)
伏し目がちでコソコソ話してて、なるほど、バイエルン公式にあるように、おとなしくて内気そうな印象でした。

バイエルン・ミュンヘンのノイアー
110630_fcbtv1
「コーヒーに砂糖は5個入れます」(うそ)

110630_fcbtv2
胸元ガッバー!キミにはそうゆうセクスィはあまり求めてないのですが…

ということで、7月1日でした。カレンダー上でもいよいよ、11/12シーズンの始まりです。

110701_butt

「お待たせしましたー。ピッツァ・ゼーベナーでーす」…って、そうじゃない。
なんとブットだそうです。デカデカアウディじゃなくて、小さなオサレスクーターで出勤です。逆に颯爽としててカッコいいですね。メットのかぶり方が妙な感じですが(^_^;)

11_05_24_butt
Bildより。クラシックカーが趣味のようですし、乗り物にはこだわりがあるのかも知れませんね。大人の魅力を感じます…heart

まあ、そんなこんなで、いよいよ他の選手も合流してトレーニングとかしちゃったりして~、みんな元気でやっとるかね、と楽しみにしていたのですが

110701_fcbtv1
ノイアー

110701_fcbtv2
ノイアー

110701_kroosneuer
クロースとノイアー

と、ノイアーフォト&動画はやたら充実してるのですが、ダニエルとかロッベンとかリベリとかゴメスとかアレとかカレとか、おなじみさんの姿が殆ど見られないのはどうしてだ。

110701_fcbtv3
ティモシュクの姿も見えるのだが…

グラウンドに出るようなトレーニングはなく、体力測定的なことだけで終わったみたい。
この日新たに合流したメンバーで写真等が上がっているのは、このティモシュクとクロースとノイアーだけ。
他のメンバーはどうしたのでしょうか。バイエルン公式による「ブンデスリーガプロ全選手が参加するドイツサッカー協会の適性検査」とやらに行っていたのか…。

まいいや。本格的にチーム全員のお披露目となるのは、本日ドイツ時間13:00からアリアンツ・アレーナでのファン感謝イベントで、ということになりそうですね。
何をやるのか、詳しい進行スケジュールがBildにアプされてました。いいな~ミュンヘンの皆さん…。なんたってタダですよ!タダ!うやらましいったらありゃしない。お誘い合わせの上絶対お越しになりたいよー!(←日本語用法誤)
13:00から、というのはアレーナ周辺での屋台やミニイベントのことで、アレーナがオープンするのは15:30からのもよう。
そして選手たちが登場する16:45~からは、現地のTVで生中継されるみたいです。いいな~いいな~・・・・・・・・。いや、こうゆうのこそ、FCB.tvで中継しなくちゃダメじゃーん!?

どってことないおまけ
110701_contento
小動物のような視線が妙にツボった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/01

あなたも狼に変わりますか

注※タイトルに大した意味はありません。往年の歌謡曲ネタでも、誰かがヴォルフスブルクに移籍する、という話でもありません。

6月30日でした。で、ふと思い出してしまいました。

020630
あれから9年…

これまでにも何度か、もしもこの日ドイツが優勝し、カーンがこのようにへたりこむことがなかったら、ハートをわしづかみにされることもなく、今日のワタシはなかったかも知れない、と申して来ました。
しかし。
あの日カーンがノーミスでブラジルを完封勝利し、呵々大笑しながらワールドカップを持ち上げてみせて、切なく胸がえぐられる想いがなかったとしても、結局同じことになっていたんじゃないのかなぁと、最近思うようになったのです。
きっとワタシのカーン愛、バイエルン愛は変わらず、今につながっていたであろうと。

そんなセンチメンタルはさておいて、雑ネタです。

・ フリンクスはMLSへ

110630_frings

先日ブレーメンを退団したフリンクスですが、移籍先はカナダのトロントFCに決まりました。
カナダのチームですが、アメリカのMLSに所属しているようです。契約は2013年いっぱい(多分)の2年半。MLSのシーズンサイクルはよく知りませんが、日本と同じ春秋制、ということなんですかね?

110630_fringskoevermans
背番号はブレーメン時代と同じ22番。デカデカと腕に彫ってある「ⅩⅩⅡ」のタトゥーがムダにならなくて(?)ホッとしましたよ…
PSVクーフェルマンスも同時に加入。フリンクスと同じ2年半です。クーフェルマンスがPSVでどんな位置づけだったのかわかりませんが、レギュラーではなくサブメンだったようですし、厳しい状況だったのかも知れません。

フリンクスにはクローゼ同様、ドイツにいて欲しいと個人的には思ってましたが、もともと本人がアメリカ方面に興味があったらしいですね。希望が叶ったということなら、寂しいですが、何も言うことはないです。
新しい世界での挑戦を応援するぞ!UEFAの管轄外に行ってしまうので、情報を追うことは相当むずかしいでしょうが…
そして今回の移籍には、トロントのアドバイザーかなんかをしているクリンスマンのサポートがあったようです。

昨日の今日でさっそく!
110630_tfc
絶賛発売中!

・ 「ファンボメルは真のキャプテンだ」

と、ベッケンバウアー閣下がSportBildでおっしゃったそうです。
日本語ニュースでも出てます。
マテウスのような闘将を欲すベッケンバウアー(Goal.com)

「ファンボメルは真のキャプテンだ。最高の選手ではなかったかも知れないが、彼は「男」だった。ああいう、Leitwolfが必要なのだ。」とかなんとか。

「男」(Kerl)というのをどう訳したらいいのかわかりませんが、男らしい男というか、筋の通った男というか、そんなところじゃないのかなぁと。
「Leitwolf」って手持ちの辞書に載ってないのですが、どういう意味なんでしょね。
「wolf」だけにかなんか?…カッコいい!(゚∀゚)
と、意味もわからず勝手に想像して勝手に盛り上がっておりますが(苦笑)、皇帝閣下に言わせればそういう"Leitwolf"なリーダーは、ブライトナー、マテウス、エッフェンベルク、ファンボメル、なのだそうです。
カーンが飛ばされておりますが、まあ、そうかもねぇ、という気もします。カーンは素晴らしいGKでしたし闘将の名にふさわしかったですが、素晴らしいキャプテンだったかどうかはびみょうなところかなぁと個人的には思います。キャプテンという点なら、ファンボメルの方がカーンよりも優れていたとワタシは思っておりますよ。

ともあれベッケンバウアーは、そういうマテウスタイプのリーダーが現在のバイエルンに不足していることを嘆いているようです。
そして「会話路線」の現キャプテン・ラーム&シュヴァインシュタイガーに関してちょっとチクッと言ってる感じ?
二人とも選手としては素晴らしいのは間違いないのだが、説得力がどうかなぁ、ラームはマテウスじゃない、という…。

……ファンボメルのことをホメてくれるのは大変光栄なのですが、こうもしょっちゅうゴチャゴチャ言われて、ラームが気の毒な気もしますですよ。
バイエルンのキャプテンとは、というワタシの考えを語り出したらきりがなく、ドツボにはまるのでやめときますけど。
ただ、新シーズンのバイエルンのメンバー表を改めて眺めてると、ちょっと心もとない気持ちにはなるのはいかんともしがたく(^_^;)。頼れるベテランが欲しいところです(来ないけど)。クローゼもいなくなっちゃったし、ブットは控えだし…。ファンブイテンは外国人だしそもそもレギュラーで使われるかどうかも(泣)
ノイアーにキャプテンをやってもらってもワタシ的には構わないんですが、それじゃいくらなんでもラーム&シュバに対して失礼ですしねぇ。。。

そんなノイアーが、チーム合流前だというのに、早くもバイエルンのオフィスに顔を出したようですよ。
110630_fcb

このマジメなところがたまらんな!
…と、ノイアー情報を「ウチの子」として紹介することにまだ違和感はありますが…(^^ゞ
さっそくFCB.tvのインタビューにも登場したみたいですが、まだ見てません。

・ ミランの新ユニ発表!

ベッケンバウアーが名残を惜しむファンボメルが、ACミランの新シーズンのアウェー&サードユニのモデルとして登場!(他にもイブラヒモヴィッチ、パト、ロビーニョもいます)

11_06_30_2

11_06_30

うひょひょ~♪
アウェーユニは現行の地味地味路線を引き継いでいる感じで特に感想はないですが、黒いサードユニはなかなかカッコいいですね!(^∀^) 袖口がちょっと妙だけど…
買うならこっちかな??
中央のマークはスクデットの証らしいのですが、真ん中のラインもイタリアンカラーなのが、外国人選手にはどうなのかな…。でもこのラインがデザインを引き締め、利いてる気もしますし…

それにしても気になるのは、左手にキラリと光る結婚指輪…ではなくて、右膝です。そのつもりで見ると、腫れてますよね?(T△T)
いつ撮影したのかは知りませんが、シーズンアウト、手術する前だろうと想像します。
こんな膝を抱えてスクデットの為に力を尽くしたファンボメルなのに、キレイサッパリスルーしてるミランも冷たいじゃないのさ~
オフ情報がまったく出ないファンボメル、何をどうしているのか、リハビリは順調なのか、プレシーズンマッチに間に合うのか、心配でしょうがないのにぃ~。
シーズン開始は7月12日。

・ Spruch des Tages(本日のお言葉)・コリアンダー版

いや、全然今日ではなく、おととい(28日)の話ですが。
オリッチ「お前デンマーク人だよな?」ペテルセン「…いや、ドイツっス」(AZ

おまけ:タイトルの元ネタ(「狼なんか怖くない」)はこちら(ようつべ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »