« モエモエな人たち | トップページ | アウディカップ:バイエルン対ミラン »

2011/07/26

「バイエルンは必ずマイスターになる」

おはようございます。
 
110726_bommelbastij

すっかり日付が変わってしまいましたが、ちょうど半年前の1月25日、たっぷり惜別の涙を流した後、ミュンヘンからイタリアへ(正確に言うとミラノではなく、試合のあるジェノヴァに直行でしたが)向かったファンボメルが、今度は反対方向に向かう飛行機に乗って、いよいよミュンヘンに帰ってまいりました。
ACミランの選手として。アウディ・カップに出場するために。

誰にも聞かれてないので特に説明してませんでしたが、なんでコリアンダーは現地に行かないのか?
行きたかったですよ!その場でファンボメルにさよならダンケ言いたかったですよ!
まあ、でも、家庭の事情つーか、まあ、いろいろと、ゴニョゴニョ…。
ということで、泣く泣くはるか遠い極東から、どんなに声を枯らして叫んでも届かない場所から、ダンケマルクするのであります。
現地にいらっさるボメラーの皆さまは、どうかワタシの分まで思いを込めてボメ愛を絶叫してきてください。100万馬力でハグしてきてください。
とゆーか、そんな方がもしいらっさったとしても、今このblogを見てはいないでしょうから、手遅れか・・・

まいいや。とにかく、ファンボメルがどの程度ファンに「お帰り」言ってもらえてるか少し心配なのです。
ミュンヘンに到着した様子などが全くアプされないので、空港等でどんな感じだったか、スタジアムでどんな雰囲気になるのか、非常に気になります。

ともあれ。
そんなファンボメルにBildが独占インタビューです。
かなり急いでたので、英語翻訳メインのやっつけデタラメ作文になりました。そこんところヨロシク(汗)

----------

Bild:ファン・ボンメルさん、明日(26日)あなたはイタリア・チャンピオン、ACミランと共にゲストとして、初めてFCバイエンに戻ることになります。アウディ・カップにて、アレーナで公式にお別れをします。そわそわしてますか?

ファンボメル:ナーバスっていうのは間違った言葉だよ。だけど俺はもう興奮してるんだ。そこにいるみんなを知ってるからね。俺がカイザースラウテルン戦でバイエルン最後の試合に出てから6カ月だ。もっと早くお別れをしたかったんだけど、残念ながらできなかった。今バイエルンファンのことを思うと、純粋に喜びを感じるよ。

Bild:初めてゲストチーム用のロッカールームに向かう時、頭にどんな考えがよぎるでしょうね?

ファンボメル:ロッカールームに向かうまでだいぶ時間がかかるだろうね、沢山の人に挨拶しなくちゃいけないから。フィジオのFredi Binder、Gerry Hoffmann、Zeugwart Reschke、Fahrer Bruno。選手全員と同じぐらい楽しみだよ。あと、マネジメントフロアの秘書もね。俺は彼女の小さなファンクラブを持ってるんだ。(←どういうことだ説明しろ)

Bild:ハードなファンボメルは、お別れセレモニーでは少しはソフトになるのでしょうか?

ファンボメル:(笑)それは望んでないけど、どんな気持ちになるのかは誰にもわからないな。少し心配なんだ。涙をこらえるのがむずかしいだろうね。

Bild:バイエルンファンになんと言いたいですか?

ファンボメル:この偉大なクラブで2年半キャプテンだったことを本当に誇りに思っていたということだ。初めての試合、ポカールのアウェーでのパウリ戦、それとリーガでのビーレフェルト戦で、ファンは俺に歓迎の気持ちを与えてくれた。俺はピッチ上で何度かバカなアクションをしてしまったことがあったけど、彼らはいつでも俺の味方だった。俺はけして彼らを忘れない。俺がミランに移籍した後の初めてのホームゲームで、彼らは(俺のために)プラカードを掲げてくれた。それがすべてを物語ってるよ。

Bild:マヌエル・ノイアーには見苦しいプラカードが掲げられましたが…

ファンボメル:間違いなく、彼にとってはかんたんなことではない。しかしタイトルを獲るには、ノイアーにはファンが必要だし、彼らもノイアーを必要としている。ファンはそのことを理解するのにじゅうぶんにクレバーだよ。彼(ノイアー)は、ファンに完全に受け入れられるためには、もう少し何かをするべきなのかも知れないね。

Bild:いつの日か、別の仕事でバイエルンに復帰することは想像できますか?

ファンボメル:当然だよ。だけどボスが俺を使えるかどうか判断するべきことだけどね。俺は、バイエルンがどのように役目を果たすのか、クラブが常にどうありたいのかを知っている。

Bild:あなたの友人アリエン・ロッベンに、ユップ・ハインケスの下での準備について、何か秘密を教えたりしましたか?

ファンボメル:そういうことはたいした話はしてないよ。だけど俺は心配していない。俺はハインケスとは数週間いっしょに仕事をしたし、それに彼は、数年前、俺をシャルケに呼ぼうとしていたんだ。あの頃俺たちは4時間も話をしたものだ。彼は素晴らしい監督、そして人間だ。

Bild:バイエルンはマイスターになりますか?

ファンボメル:必ずね。準備については言うことはない。ハードに築き上げて来たんだ。ブンデスリーガが始まったら、しかるべきところにいるだろう。

Bild:火曜日、バイエルンのジェローム・ボアテンクはあなたたちの(チームの)ケヴィン=プリンス・ボアテンクと対戦します。どちらが良い兄弟なのですか?

ファンボメル:俺はケヴィンのことしか知らないよ。本当にいい(選手な)のに、ドイツでは低く見られているね。彼はいいヤツだよ。チームでも俺の最高の相棒なんだ。

----------

ノイアーについては、なんとなくボンヤリした的外れなことを言ってる気もしますが、しょうがないですよねぇ。もし今でもバイエルンのキャプテンだったなら、もっと的確に具体的なことを話していたと思います。

だけどインタビュー全体を見て、部外者でありながら今でもバイエルンのことを愛情込めて思ってくれてるように感じるのは…ワタシの願望による錯覚ですかね?
でも時間が経ってやはり気持ちが落ち着いたのか、昨シーズンのどこかギスギスしたコメントよりは、ずいぶん丸くなったような気がしますよ。

シュバと仲良くしているトップ画像は今晩のアウディ・カップかも知れませんし、あるいはアリアンツ・アレーナで行われるCL決勝でのひとコマかも知れません。お好きなように解釈してください。
ただ、その時は、ファンボメルが、わだかまりが消えたスッキリした笑顔でいてくれたらいいなぁと、そういう願いを込めて描きました。

|

« モエモエな人たち | トップページ | アウディカップ:バイエルン対ミラン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/40959582

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイエルンは必ずマイスターになる」:

« モエモエな人たち | トップページ | アウディカップ:バイエルン対ミラン »