« トレンティーノ合宿最終日 | トップページ | フォトシューティングですよ »

2011/07/11

2010年7月11日と言えば

女子ドイツ代表は残念なことになってしまいましたけど、U-17ドイツ代表の方はブラジルに勝利して、3位になりました(^▽^)
……。すかぱのチューナーの予約だけして、録画機器の方の予約を忘れたので見れてないんですが(爆)。聞くところによるとまたも乱打戦、とゆうか、大味な試合だったようで…(^_^;)
までも、よくやった!ドイツ方面ではションボリしていたところでしたが、ちょっと嬉しいニュースです。

さて

7月11日ですよ。
思い出したくはない、けれど、忘れることのできないアノ日、南アフリカW杯・決勝から1年です。

100711_53

メダルの帯を噛みしめて、コドモっぽいことですが、今にも声を上げて泣いてしまいそうなのを、こうやって耐えていたのかも知れないよ…(;_;)

ワタシには負けたことよりもむしろ、その後、オランダ代表に批判が浴びせられたことの方が辛かったです。
この1年、どう消化したらいいのかわからず、ずっと、ごくごく最近まで、「試合の前日に戻れるものなら、彼らにアドバイスをしたい」とか「試合をやり直して欲しい」とか、あり得ないことを夢想したりしてました。

でも、結局のところ、もし結果を前もって知っていたとしても、きっと彼らはやり方を変えなかっただろうし、美しく敗れるより醜く勝つ可能性を選択したはずだ、と思うようになりました。何かアドバイスをしたところで意味なかったことでしょう。
ただまあ、デヨンクには「シャビ・アロンソにカンフーキックしないように」と、ハイティンハには「タコ頭ウェッブ主審のジャッジには気を付けろ」と、ロッベンには「カシージャスと1対1になったら落ち着いてまず相手の動きを見て」と言うのは忘れないようにしないとね。なんだ、けっこう言うことあるジャン(^_^;)

「オランダのみっともない戦いぶりには、評論家だけでなくオランダ国民からさえも失望と批判の声が続出」とかいうニュースにガックリ来て、母国に帰った彼らがどんな風に迎えられるのか、そもそも、迎えてくれるのか、と心配したものでしたが、それが杞憂だったのはご存知の通り。

100713_museumplein2

熱狂的な歓迎ぶりに感激したオランダ代表チームが、感謝のメッセージを新聞に掲載したほど。
10_07_15

そしてファンボメルは、今年2月、このW杯決勝について語っています(OnsOranje)。古い話でゴメンナサイ(^^ゞ
6週間も仲間といっしょにいて、素晴らしい結束が出来たとか、エアロバイクをこぎながらこんな話をしたとか、決勝の舞台ではこんな風に感じるものだとか、いろんな話をしてくれているのですが…、長文の上にオランダ語が難しくて、紹介できずじまいになってしまいました(汗)
最後だけ

「俺たちはサポーターに、オランダサッカーにおける、最高の「フットボールの夏」のひとつを提供したと思っている。彼らから批判があったとは思わない。俺たちはファンと素晴らしい関係にあるんだ。(略)W杯決勝で敗れたことは、今ではEURO2012で優勝するためのモチベーションなんだ。俺たちは互いにそう言って来た…そして、そういう確信がある」

100702_31

|

« トレンティーノ合宿最終日 | トップページ | フォトシューティングですよ »

コメント

こんにちは。
・・・そうでしたね、あの日から1年、試合の録画はまだ観る事が出来ないでいます。そして、蔵畏府氏を始め、”失望と批判”の渦巻く中でも、歓迎してくれたオランダ国民にちょっとホッとしたり・・・あの後ワタシは、しばらくサッカーから離れていましたっけ。(←自分の事でスミマセン)
そして、ボメの記事ありがとうございます。
>敗れた事がモチベーションになる・・・他のスポーツの話ですが「負けた試合から学ぶ事の方が多い・・・」という意味の言葉を見た事があります。ボメはマイナスの中から立ち上がれる人ですから、きっとこの敗戦もプラスにするでしょう。
で、すみません、いつもの?題ズレ、ついったーへの突っ込み・・。ネル某さんのお姿に・・以下自粛dashdash
では又です。

投稿: 梢 | 2011/07/12 12:25

> 梢さん
ワタシも振り返ることが出来ません。写真は見れるんですけどね…
当時はくよくよ悩んだりしましたが、やっぱり、みっともなくても勝つことにこだわったオランダのやり方は、嫌われはするでしょうが、間違ってはいなかったと思っております。
オランダの熱狂ぶりは心が震えましたね!誰が批判しとるんじゃ、32年ぶりに決勝まで連れて行ってくれたことに、みんなこんなに喜んでるんじゃないかい。
ボメが2012EUROを目指して代表続行を決意したのはW杯の最中だったと記憶していますが、W杯で優勝できなかったからこそ、EUROへの想いはより強まったのかも知れませんね。
目標の実現に向けて、前向きな性格と精神力はじゅうぶんなので、あとは膝がそれをジャマしないように、と祈ってやみません。

ネル某←お見苦しいモノを失礼しました~。「あーあ、やっちまったなー(^□^;)(←何を)」と変なため息が出ましたよ(苦笑)。まだ30代なのにあのハラはないですわ。ウリの年齢になった時には確実に追い越してますよ。とほほ。

投稿: コリアンダー | 2011/07/12 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/40772783

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年7月11日と言えば:

« トレンティーノ合宿最終日 | トップページ | フォトシューティングですよ »