« Happy 10th anniversary ! | トップページ | ウルグアイ対オランダ、と… »

2011/06/10

アゼルバイジャン対ドイツ、と、バイエルンネタ

110605_zidne
「俺は自然にまかせます」(うそ?)

(↑本文と関係ないイントロ御容赦。)
諸事情によりLIVE観戦が可能だったので、がむばって起きて見ていたのですが…。
酔っ払うわ寝ボケてるわでさしてアタマに入らず、そしてその後、自分的に気になるトピックやニュースがいろいろあり、たった2日前なのにこの試合がすごく昔のことのように感じます。
おかげで、試合レポを書きましょう、と思った時に、すっかり記憶がオボロになってしまってロクに頭に残ってないという体たらく。別にいつものことか…(^_^;)

6月7日 EURO2012予選 グループA アゼルバイジャン 1-3 ドイツ

kickerの採点も合わせてどぞ
110607_azegerfkickerj
交代:シュールレ(76ポドルスキ)、ゲッツェ(81エズィル)、ホルトビー(88ミュラー)
サブ:アドラー、フリードリッヒ、シュメルツァー、ルディ

得点:エズィル(30ヘーヴェデス)、ゴメス(41エズィル)、Huseynov(89R.A.Sadygov)、シュールレ(90+3ゴメス)
カード: Nadyrovヘーヴェデス

110607_dfbtv3
この日はどうやらフィジカルトレーナーさんの誕生日だったらしいですよ。(DFB.tvより)

110607_dfbtv4
野太いモッサりしたハッピバ~スデ~♪が機内でうなります。こういうところが見れるのは楽しいです。

というわけで

110607_poldi

疲労困憊インタナショナルマッチ3連戦の最後が、グループ最下位・格下アゼルバイジャンで良かったね、という…。

GK除く守備陣に大幅ローテーションを敢行したドイツ代表であります。
またまた、今度はケディラロルフェスが怪我離脱。もともと足りなかったDHでしたが、とうとうクロースだけになってしまいました。そのクロースとて、ワタシ個人はDHとは思ってないし…。
急遽U-21からホルトビールディを追加招集しましたが、少なくともホルトビーは攻撃的な選手でDHではないような…?

というわけで、なんとラームが超久しぶりにボランチに入りました。驚!
たしか4~5年ぐらい前にプレーしたことがあって、その時はなかなか評価が高かったと記憶しております。
最終ラインの4人は、見た目的には申し分ないのですが(^ー^)、しかしなんとも経験値の低い、心もとないラインナップ…(汗)ヘーヴェデスは確かCBが本職のはずですし。これを機会に若手を試したかったのでしょうね。

試合の流れとしてワタシが受けた印象をざっくばらんばらんに・・・

→いきなりダメダメ、思いのほか積極的なアゼルバイジャンに対して、気持ちと組織が整わないドイツ

→持ち直した

エズィルのゴール!ヘーヴェデスの折り返しのボールにゴメス他がうまく合わせられず、こぼれたところを逆サイドのエズィルが拾い、ドリブルで相手選手をかわし、キレイに流して決めました。お見事!

ゴメスもゴール!バトシュトゥバーのシビれるキラーパスにエズィル!うまく抜け出しボールを運んで、並走して来たゴメスにこれまたシビれるラストパス!ゴメスがっつりと、走って来た勢いに乗せて流し込む!バトシュトゥバーとエズィル、二人のパスが素晴らしかったです。そしてそれをゴメスがせっかくのスーパープレーを、ムダにせずちゃんとカタチにできて良かったです(←信用しろ(^_^;))。

話題沸騰?何故かびみょうにイヤがってる風のエズィル(笑)
110607_dfbtv2

→たったの2点こっきりで安心モード。

→ぐだぐだ

→だらだら

→というわけで失点は必然。いつそうなってもおかしくない流れでした。
カッコ悪い。アゼルバイジャンに「あのドイツからゴールをゲットしちゃった~shine」という、素敵な思い出を提供してどうするんじゃっ!

→まぁ、時間もアレだし、まさか負けはしないだろう

→面目を保ったシュールレのゴール!ゲッツェが左からゴール前まで運んで、折り返しをゴメスへ。シュートはGKに阻まれるがこぼれたところをシュールレ

110607_schuerrle_2
ゲッツェとシュールレ、新戦力が中心になって決めたのはとても良いと思います。
この3連戦、(勝ち点以外で)ドイツ的に得る物があったのかどうか怪しい感じですが、しかし、このシュールレが活躍したのは最大のポイントだったと思います。
ポドルスキがひどくパフォーマンスを落としていましたので、いざという時には…と、今後に向けての力強いオプションが増えたかも知れません。

個別雑感。
ボランチ・ラームはまずまずでした。
バトシュトゥバーがやけに評価高いのですが、なんでだ?攻撃面での貢献度が良かったのかな?2点目のきっかけとなったスーパーキラーパスは素晴らしかったですが、それ以外、あまり印象が…(汗)フシ穴なもので…。

と、反省点はいっぱいですが、考えようによっては、相手を見てパワーセーブしつつも、ちゃっかり勝つところは、強いチームの証なのかも知れません。
もっとも、個人的にはあまり気に入りませんが…。何もアゼルバイジャン相手にフルスロットルで行け、と言ってるわけじゃないのよ。ただ、ダラダラするのは、4点ぐらいとってからでも。

まあ、いいでしょう(またか)。
なんだかんだ言ってドイツはみごとな7戦全勝!引き分け込みの負けなし、じゃなく、全勝ですよ!
これでEURO予選のグループリーグ、2位以上が確定、だそうです。
そして、早ければ9月の試合で、トルコの結果いかんでは勝ち抜け決定!と…。よしよし!(^▽^)

110607_mannschaft
モエーモエー。
なんとこの試合で出場した選手の中で、27歳ラームが最年長だったそうです!
若い若いと思っていたのに、いつの間にか…(^_^;)いやはや。世代交代は順調ですな。…順調すぎて寂しいかも…(←余計なこと言うでない)

というわけで、これにて10/11シーズンの試合はすべて終了!みんな、お疲れさま!

----------
帰国した選手たちはそれぞれ、バカンス等に出かけたかも知れませんが、そんな中、ノイアーがバイエルンへの入団手続きのために、ミュンヘンにやって来ましたよー!

110608_fcbtv1
むっひょー!(^∀^)
文字と「BAYERN MÜNCHEN」に違和感アリアリですが、テンション上がるぅ!

しかしこのやけにゴージャスな内装はなんだろね、と思ったら何やら、バイエルン関係のレストランなのですか?
110608_fcbtv4
厨房を通過

110608_fcbtv3
祝・初FCB.tv!初シュテッフェさん!

ヴィルコメ~ん!かわいがってあげるからね~ん♪♪

----------
そしてその一方で

110609_miro ローマのミロ

クローゼの移籍先はラツィオに決まりました。

自信満々だったBildのヴァレンシア説はなんだったんでしょーか。大外れ。
11_06_06_bild
こんなコラージュまで作ってたのに…(苦笑)

ラツィオだと来シーズンはELの出場になります。こんなことなら、最終節でミランがウディネーゼをビシッとやっつけておけばよかったんだわ~、ってワタシが言うことじゃないか(^_^;)

今はまだ、ドイツにいないクローゼ、というのが全然実感できませんで、奇妙な気分ですが…。活躍を祈っています。がむばれよ、ミロ!応援してるぞ!

ってハッ!∑(゚∀゚;)
そ、そうか、ということは、ミラン戦でファンボメルと対戦するのかぁー!それはちょっとイヤかも…(汗)

|

« Happy 10th anniversary ! | トップページ | ウルグアイ対オランダ、と… »

コメント

こんにちは。
>ドイツ代表・・・各国リーグ戦終わってからのAマッチはキツかったでしょうが、本当にお疲れさま、というところですね。それにしても世代交代・・・いや~時代が変わって行くんだな、と感じます。オリがきっかけで応援していた頃は、どちらかと言うとイカツイ感じ(失礼dash)でしたものね。(その筆頭がオリflairだったし・・)ワタシも何だかんだでもう9年、”蹴球追っかけ”やっているんだと気が付きました。もちろん筋金入りファンの方にはかないませんが。
>ミロ・・・ボメがミランへ入った当時のように、「セリエAのミロ」は最初は戸惑うかも・・・。ん、やっぱりここはお決まりの言葉ですが、「ミラン戦以外でゴールしてね・・」と・・・。では又です。

投稿: 梢 | 2011/06/10 17:08

> 梢さん
お疲れさまでしたよねぇ。公式戦は仕方がないですが、親善試合はちょっと気の毒でした…。
すでに1年前のW杯から、若い有望な選手が続々と登場してきてますよね(^▽^)ラームとメルテザッカー以外のDFがなかなか安定しないのが気がかりですが(汗)
ホント、今の選手はみんなモエ~heart系で、それはそれで楽しいのですが、個人的にはやっぱりイカつい兄貴タイプも好みなので(言うまでもないですね)、カーンやバラックがなつかしいです…。
セリエのミロは、見慣れるまで時間かかりそうですね。でもラウール同様、新しい挑戦を成功させるはずだと信じていますよconfidentどうせイタリアに来るならいっそミランに、とこっそり思ってたのはヒミツですが、やっぱりそううまくは行かなかったか…smile

投稿: コリアンダー | 2011/06/10 22:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/40321729

この記事へのトラックバック一覧です: アゼルバイジャン対ドイツ、と、バイエルンネタ:

« Happy 10th anniversary ! | トップページ | ウルグアイ対オランダ、と… »