« 答え合わせ・幻の新規加入選手 | トップページ | 引き出しの中のミア・ザン・ミア »

2011/06/26

キンキラリンに生きるだけさ~

(大幅加筆しました)

本日からいよいよ、女子W杯ドイツ大会が始まりますね~。フジさんでは日本代表戦の放送があるはずですが、NHK-BSではドイツ戦なども沢山放送するはずです(全試合?)。なでしこもドイツもがむばれ!でもやっぱりドイツに優勝して欲しいかな(ゴメン)。

U-17(男子)W杯もメキシコで絶賛開催中ですが、こちらも日本とドイツが晴れて決勝Tに進出したみたいですよ(^∀^)(結果しかcheckしてませんけど…)そのドイツに圧勝して(?)EUROを制したオランダが、2敗1分けという惨憺たる戦績で魔さかのGL敗退てどんだけ…

バイエルンはここのところ静かですが(周辺はニギヤカですが)、ミランの方はざくざくと移籍話がまとまっておるようです。
ドイツに関係ある話としては、メルケルがジェノアとの共同所有というカタチで、あっちに行くことが決まってしまいましたトホホ(T-T)
本人はいずれミランに戻ってくるぜ、と意気込みを語っているようですが、彼が帰ってくる頃にはファンボメルもミランにいないだろうし、ワタシとミランの関係もどうなっていることやら。。。

と、そんな世間の流れに関係なく、ファンボメルネタを準備中でしたが…。
これが遅々として進まず、先が見えなくてめんどくさくなってきましたので、息抜きに拾った今さらネタをどぞ。

ファンボメルが退団して以来、どうせアイツはいないから、と、バイエルンのファンショップカタログにがぜん興味がなくなっていたのでケロリと忘れていたのですが、そういえば、と、ずいぶん前に(おそらく1ヵ月半以上前(^_^;))アプされていた、春カタログのオンライン版を見てみたのです。
皆さまとっくにcheck済とは思いますが…。 いやいやどもスイマセン、すっかりこの頃、何事も後手後手に回ってまして(^^ゞ

1105_katalog
♪キンキラリンにさりげなく~☆っとな。

1105
おぉ!なんとファンブイテンがこんな好ポジションにいたとわ!(゚∀゚)
リベリの恨めしげな目線がたまりません。

1105_katalog_3
ノイアーの加入を待つまでもなく、GKユニのデザインは決まってたらしい。「Nr.1 BUTT」が泣かせるじゃないかい。
ちなみにブットと共にクラフトがモデルをやってるところも更に泣かせます。
他にも、この時点ではまだ退団の決まってなかったクローゼ、オットル、などが登場しているのがこのカタログの見どころであり悲しくもあり…。

1105_2
マギーちゃんか!と脳内つっこみが入った、堂に入ったポージングのアリエンたんモエー
(マギーちゃんて?という方のために。オフィシャルblogはこちらですが、それよりも月曜日の「すぽると!」を見た方が手っ取り早いかと…)

1105_kataloggustavo_2
「やっべー一限始まっちゃってるジャンsweat01

ネタ要員はやっぱりこの人
1105_kataloggomez
↑後ろアタマはこうなってます。

1105_kataloggomez2
「麦わら帽子一丁~!あらよっと」

おなじみ金髪ボランチもイケメンモード全開です!
1105_katalogtymo
うわっ!これはヤバい!さすがのワタシも(?)ちょっとドキドキしちゃいましたよshine
ウェブカタログ上ではもっと大きく高解像度で見れます!ゼヒゼヒその目でご覧下さい!

[付け足しネタ]
書くはずだったのに忘れてました。
ありそうでなかった。オリバー・カーンが自身の基金を設立した(する?)そうです。
具体的に何をどうするのかよくわかりませんが、若者の社会的自立とか、モチベーションアップかなんかを支援するとか、なんとか…。いまいちモンニャリした抽象的な表現ですのではっきりしません。
手続きはこれから行われるみたいですので、ちゃんと決まったらもう少し情報が出るかも知れません。

|

« 答え合わせ・幻の新規加入選手 | トップページ | 引き出しの中のミア・ザン・ミア »

コメント

少し気にしていることを書いてみます。
アンドリース ヨンカーの監督としての力量はどう判断したらよいのか。哲学、哲学とうるさかったファンハールの愛弟子は独自の方向性や指標をもっているのか…。あまり情報がありませんが、バイエルンの将来には関係あるのでヨンカー情報期待しています。

投稿: サリハミジッチ | 2011/06/28 17:00

> サリハミジッチさん
ファンハールが退陣して以後5試合を率いて3位という最低ノルマをコンプリートしたヨンカーの手腕は合格点でしたね。ただ、おっしゃるように、ファンハールのトンデモ采配をまっとうな方向に戻したものの、あまりに短すぎて、彼自身のコーチング哲学といったものはよくわかりませんでした。
シーズン終了後、バイエルンアマチュアの監督になったヨンカーは各種ドイツメディアでインタビューに登場したりしてますが…。
おそらくそこで自分の考えなども大いに語ってるものと思われますが、いかんせんワタシは、日本語以外の言語はサッパリなのですよ(^_^;)。どうってことない記事ひとつを読むのに、自動翻訳とへっぽこ辞書を駆使して、何時間も何日もかかる始末です。もちろん気にならないわけではないのですが、他にも気になる情報があまりに多いので、アマチュアチームに関してはどうしても優先順位が下がってしまいます。
自分の判断材料としては、シンプルに、試合結果とかバイエルン公式とかを見るぐらいしかないのが実情ですトホホ。
なのでご期待に沿えることはいつになることやら…面目ないです。
ドイツ語マスターであったなら、もっと沢山のテーマについて紹介できるものを、自分のアタマの悪さが本当にもどかしいです(泣)。

投稿: コリアンダー | 2011/06/28 23:13

ご丁寧にご返事いただきありがとうございます。少しドイツ語を勉強して、自分でも情報収集出来るように挑戦してみます。
ところで、最近ベッケンバウアーがマテウスやファンボメルについて発言している記事を読みました。リーダーはチームの要で代わりはなかなか見つかるものではないよ、といった内容だったと記憶しています。
だったら何で放出したんだannoy と今更ながらに憤って、ファンボメルがバルセロナからやって来た時に欣喜雀躍したことを思い出して悲しんでおります。
明るい話はノイアーが来たことくらいでしょうか。
フィールドプレーヤーの強力なリーダーが現れる日が待ち遠しいです。

投稿: サリハミジッチ | 2011/07/01 23:28

> サリハミジッチさん
こちらこそ、なんとも冴えないコメントで心苦しく思っておりましたところ、恐縮ででございます m(__)m 。
さっそく(?)バイエルン公式にヨンカーのインタビュー記事がアプされてましたが、案の定ドイツ語バージョンだけでしたねorz ポジティブな意気込みを語ってるようですが。慣れれば、ページを直接日本語に自動翻訳したハチャメチャ文でもなんとな~く意味がわかるようになるものです(blogで紹介できるほどではありませんが(^_^;))

ファンボメルを惜しんでくださって嬉しいです(ノ∀-。)
ベッケンバウアーやエッフェンベルク、カーン、ショルなど、のみならず、クラブの上層部以外はおおむね、ファンボメルを出すべきではないor何故出したんだ、という意見のようですね…。
精神的支柱とかそんなもんはもう要らん、古い、というのが今のバイエルン(&ドイツ代表)なのかも知れませんが、やはり強力なリーダーシップでもってチームを引っ張ってくれる強い精神力を持った選手が恋しいですね…heart03

投稿: コリアンダー | 2011/07/02 02:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/40550387

この記事へのトラックバック一覧です: キンキラリンに生きるだけさ~:

« 答え合わせ・幻の新規加入選手 | トップページ | 引き出しの中のミア・ザン・ミア »