« オールバックのファンボメル | トップページ | 10/11シーズンのファンボメル »

2011/05/22

ピルロ退団に思うこと

注※かたよった内容です。ピルロ回顧話でもサッカー分析でもありません。

(別logの前置きのつもりで書いたのに、やたら長くなってしまったので分けます)

ファンボメルの契約延長にホッとする一方で、最近気になった、ふたつの退団話がありました。

ひとつはブレーメンのフリンクス
伝えられるところによると彼の給料を払えるだけのお金がクラブにない、ということで、泣く泣く放出するにいたったらしいです。
条件面で折り合いが付かずキャプテンが退団、しかもお互い子供の頃からの知り合い、ということで、ついファンボメルを思い出してしまいました…。
ただ、決定的に違うのは、金があるのに出し渋ったバイエルンと本当に金がないブレーメン、そして、何よりも、クラブは依然フリンクスを必要としていたらしい(多分)、ということです。
そんなフリンクスのインタビューがBildに掲載されてましたが、クラブに対する恨み節などはなく前向きな内容で、少し安心しましたよ。

そしてもう一人は、ご存知、ミランのピルロです。
20日のトレーニングの際、涙を見せるピルロとチームメイト

長年のミラニスタ様、ピルロファンにとっては胸が締め付けられるであろう映像です。
次々とピルロを抱くチームメイトの中で、ファンボメルは、自分の出る幕じゃないのをわかっているのか、なんなのか、遠慮気味に軽く手を差し伸べるだけです。

10年間ミランに在籍し主力として貢献してきた、チームの魂のひとりとも言うべきピルロが何故放出されなければならなかったのか、沢山の方が分析していることでしょうが、とりあえずこちら

中盤の左サイドを探すミラン ピルロ退団は「技術的な理由」(livedoorスポーツ・Gazzetta)

ざっくばらんに言うと、アッレグリ監督が考える来季のチーム戦術にピルロのようなタイプは使いでがない、ということのようです。

金銭面の問題ではない、としていますが、残留すればファンボメルやアンブロジーニの控えとなるであろう選手に対して、今までと同じような給料を払うのは、金のなさそうなミランには見合わない、という側面も存在したのではないでしょうか?(ワタシの勝手な想像ですが)

第一、金銭面を差し置いても、そのような使われ方は、ピルロ本人のプライドが許さないでしょう。
絶対的主力としてプレーしてきて、そしてこれからもそうする確信があったにも関わらず、思いもよらない戦力外通告を受け、愛着あるクラブからの退団という形を取らざるを得なかった、という点では、ピルロの方がファンボメルと重なる部分が多いです。
決定的に違うのは監督の質…ゲホゴホっ

この↑動画を見て、ふと、「別れはつらかった。チームメイトに挨拶した時いっぱい泣いた」という、ファンボメルの退団の時もこんな感じだったのかな、と思ったのでした。本人も思い出しちゃったかも知れませんね。つい最近のことですし。
そしてファンボメルのことを、このアンブロジーニのように、心を込めてゆっくり抱き締めてくれたチームメイトはいただろうか、いたら嬉しいな、と。(あまりイメージできないけど(^_^;)やっぱりロッベン?)

そんなファンボメルが今度はピルロを(言い方が悪いですが)押し出してしまうような形になったのは、少し心痛みますし、運命の皮肉を感じたりもします。
だけど、これまたワタシの勝手想像100%ですが、ファンボメル自身も、「稀代の天才レジスタ」ピルロのことは尊敬していたはずですし、いっしょにプレーしたかった、共存できる(なんだったら「俺様がうまく生かしてやるぜ」とか)自信があったと思うのよ。今回のことは残念に思ってるはずです。たぶんね。ご近所さんらしいし。

と。なんとなくウェットなノリになってしまいましたが…
今はまだ、退団する選手やクラブのファンからは、悲しい寂しいばかりだと思います。
すっっっごく、そりゃもう、痛いほど、気持ちはわかります。4ヶ月前の自分がそうでしたから、いや、もっとヤバかったかも(^_^;ゞ
でも、いや、そんなワタシが言うのはなんとも片腹痛いこととは自覚しておりますが(苦笑)、プロ選手が出場機会を求めて新天地に向かうのは当然のこと。まだまだ主軸としてプレーする意欲のある彼らの、新しい冒険への出発なのです。
いつか笑顔で、いい決断をした、と、ピルロもフリンクスも語れる日が来ることを信じておりますよ。がむばれ!

でもなんでユヴェントスなんだろな?彼ほどの人なら、海外のビッグクラブからも引く手あまただったと思うけど…。てゆうか、単に、対戦したくないの~(汗)

|

« オールバックのファンボメル | トップページ | 10/11シーズンのファンボメル »

コメント

ピルロの退団は予想してみたものの、実際決まってみると、かなりショックでした。
ピルロは2006W杯のアッズーリの要でした。ファンタジスタを象徴する選手ですし、優男ミランのアイコンの様な存在だったと思います。
今回は、ミランで輝けないと思った結果の英断だと思います。
ピッポの言ってたように「これが人生さ。受け入れなければならない」のです。
さすらいのストライカーズラタンの追っかけとしましては、「移籍したら失敗もあるわ。でも、ええ事もあるでえ」と言いたいです。
forza pirlo!!

投稿: ボバン | 2011/05/22 23:14

ピルロファンには申し訳ないけど・・・

大好きだったアルベルティーニが、ピルロから押し出されてしまったので、
どうしてもピルロって好きになれなかったんだよね・・・

今シーズンも、ピルロが怪我から復帰して、マルクさんの出番減ったら
嫌だなぁって思ってたし・・・。

投稿: かめ。 | 2011/05/23 01:47

コメントへのお返事のタイミングが遅れてしまって申し訳ありません。 m(__)m

> ボバンさん
ピルロ・ショックはミラニスタのみならず、イタリアサッカーファンの間でも広がっているようですね。
ワタシはよそ者なので意見しないつもりでしたが、いろいろ思い出しちゃってつい、悲しむ気持ちはわかるよ~、と言いたくなっちゃったです。
2006年W杯のアッズーリ…そ、それを言っちゃイヤん~(^∀^;)我がドイツが準決勝でぶわぶわわわ(;ω;)
ゆうべの試合後に胴上げされてましたね。切なく美しい光景でしたが、こんなに愛されてるのね、と、少し羨ましかったです…
実感こもった励ましですね。ひとつところにとどまってレジェンドとなるもよし、ズラタンのように流れ仕事人として歴史に名を残すもよし、どちらも偉大なキャリアだと思います。
おっしゃる通り、ピルロはプロフェッショナルな決断をしたと思います。ユヴェントスでもじゅうぶん活躍できるはずですよね。がむばれ~o(^-^)o でも対戦するの恐い~sweat01(まだ言う)

> かめ。さん
おぉ!ボメが番号を継いだアルベルティーニをご存知なのですね!ワタシは顔も知らんですわcoldsweats01(←こらっ)4番ボメには感慨深いものがあるのでは?
もちろん、そういう見方も全然OKですよね。好きな選手のライバルを愛することが出来ないのは自然な感情です。
ピルロがボメの出番を奪ったらイヤだなぁ、とはワタシも思ってましたよ…(ヒミツ)。
でもボメがガットゥーゾとうまく共存できたように、ピルロともやっていけるような気もしていましたので、もうちょっと二人の共存が見たかったです。でもピルロは他の選手に使われるタイプじゃないのかな…
レジスタというのがどんなもんか正直ワタシは知りませんが、ゲームを作ってコントロールする能力ならファンボメルだって劣っていないと思います。ピルロばりのキレイなクロスも上げられるんだけどな~~。。。。。。あとは有効な飛び道具が使えればもっと愛されるのかしらん。とか…。なんか愚痴になっちゃった。失礼しました(^_^;)

投稿: コリアンダー | 2011/05/23 16:59

マルクさんの4番は、番号が決まった時、すごい嬉しかったですよ♪

自分がサッカー見始めたのが93年くらいなんですが、
当時のイタリア代表(Rバッジョとか、バレージとか、シニョーリとか)が
好きで、その中でもアルベルティーニが一番好きでしたね!

それもあって、ミランも好きだったんです。(すでに過去形w)
(当時は、バイエルンもミランも胸スポンサーがOPELでお揃いだったんですよ!)

ミランは好きな選手が居なくなってしまったこともあり、
最近はチェックしてませんでしたが、マルクさんが加入したんで
今はチェックしてますよ!

投稿: かめ。 | 2011/05/24 11:59

> かめ。さん
うわわ~、そうなんですか~shine
ワタシがサッカー見始めた頃はバイエルンはすでにT-Onlineさんになってましたけど、ミランのOPELのユニは、なんとなーく見たことがあります。blogのイラストにも描いた覚えがありますよー(ヘタクソで恥ずかしいから探さないでネbleah)。
4番ボメを熱い思い入れと共に見守ってくださってるんですね~lovelyうらやましいです♪
イタリアそのものにはなかなか興味が移りにくいのですが、ミランが思いのほか(失礼smile)良いサッカーをして、そしてボメがうまくはまったようなので安心しました。優勝した次のシーズンは大体厳しいことになるものですが、どうか来シーズンもこのいい雰囲気を引き継いで、是非連覇して欲しいものですよね!happy01

投稿: コリアンダー | 2011/05/24 22:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/40069437

この記事へのトラックバック一覧です: ピルロ退団に思うこと:

« オールバックのファンボメル | トップページ | 10/11シーズンのファンボメル »