« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/29

今夜はウルグアイ戦

の、その前に、いちおうね。

5月28日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝
バルセロナ 3-1 マンチェスター・ユナイテッド

110528_barca

はいはい、おめっとうさん。
・・・・・・。
楽しい素晴らしいサッカーをしているチームを素直に応援出来た頃が懐かしい。
いつからワタシのサッカーを見る目はこんなにいがんじゃったんだい。
去年は例外ですが(当たり前だ)、自分の中で、CL決勝への興味が年々薄れて行ってる気がしますよ…。
今年も始まる前から殆ど観戦モチベーションが上がらず、世界の盛り上がりっぷりに完全に置いて行かれておりました。
で見終わった後も「強い方が勝ったねぇ、こりゃこりゃ」というなんともダルい、というか、むしろ打ちのめされたような、どこか暗い気分になってしまって、素直にバルサモエー!おめでとう!という気持ちになれないんですわ。

いや、誤解なきよう申し上げますが、ワタクシ断じて、アンチバルサでも、マンUのファンというわけでもございません。むしろどっちもそんなに好きじゃな(略)
試合中はバルサの華麗なパフォーマンスを普通に楽しみ、90分があっという間でした。
これから見る予定の方(もちろんマンUサポ以外)は、結果を知ってから見ても損はないと思います。

単なる采配ミスかも知れませんが、ガッチガチの守備固めに走らず、正々堂々と立ち向かって玉砕したマンUの姿勢も潔かったと思います。
スタミナ切れしたと思われる後半途中から、その守備が崩壊してしまったのは泣けましたが、バルサは、マンUが真正面からぶつかってきてくれたことに、もっと尊敬と感謝をするべきでしょう。と思います。

110528_rooney

それはそれとして、何度も言ってますが、毎度毎度、表彰式のあのやり方はなんとかなりませんか。勝者と敗者がそれぞれ、授賞式への花道を作るアレ。心のこもらない名ばかりリスペクト。
負けた方にも本気でリスペクトを払うつもりなら、さっさとロッカールームに引き上げさせて泣かせてやれ!と思うのです。

110528_van_der_sar

ファンデルサールには有終の美を飾って欲しかったです(;_;)
美しい横っ跳びでファインセーブをするシーンについカーンのことを思い出してしまい、もうあれほどワタシの心を震わすGKは出て来ないんちゃうか、とさえ思いました。
ノイアーもアドラーも大好きだし、"ミニ・カーン"テルステーゲンのこともすごく期待していますが…。でもカーンはやはりワタシにとっては絶対的存在なのであります。
トシですから仕方ないとは言え、そんなカーンと同世代の、尊敬できるGKが引退するのは寂しいです。こうなったらいっそレーマンが来シーズンもアーセナルに居残っちゃえ、とさえ(^m^)
でもファンデルサール本人は良いパフォーマンスでしたし、やり切った感じはあるんじゃないでしょうか…。勝てなかったことはもちろん悔しいことでしょうが。

メッシは異次元のハイパフォーマンスでした。彼はやっぱり宇宙人か改造人間に違いないよ…。
凄すぎてグウの音も出ませんが、メッシに対抗し得る(試合中にマッチアップする、という意味ではない)選手は誰かと考えた時に、ロッベンならいい線行くんでないの、と思ったのですが、サッカー通の方に爆笑されちゃいますかね(^_^;)
ただ、まあ、話せば長いことながら、今のバイエルンにいては難しいかもね、という気もします。しかしバイエルンに来たからこそ、レアルで「いらん子」だった彼がもう一度花開いたわけで…ジレンマ~。

試合を見て打ちのめされ暗い気持ちになったのは、結局バルセロナにはどこも叶わないのか、と痛感したからです。かろうじて追い詰められそうなのはモウリーニョだけ、ってどんだけ…。
情けない!
呑気にバルサモエ~☆おめでとう~、とか言ってるばーいじゃないんだよアンタたちっ、と、世のバルサ以外のクラブチーム関係者のシリを叩きたい気分になりました。

110528_pique

と、なんとも冴えない気分で終わった今シーズンのCLでした。まあ、ワタシ的にはシャルケが負けたところですでに終わってましたけど・・・。
トロフィー掲げるところは興味ないので見てません。ワタシはすかぱ観戦でしたが、聞くところによると、地上波では放送時間が終了しちゃったらしいですね?なんじゃそりゃ(苦笑)。
----------

というわけで、話はまるでつながりませんが、我がドイツ代表は今晩、親善試合・ウルグアイ戦ですよ。

110528_adler
久しぶりにアドラー。意味はないけどかわいいのでつい…heart

110528_arne
ヒゲが大変なことになってますが(汗)
アルネは今日が32歳の誕生日だったそうです。おめでとう!\(^∀^)/
アルネの誕生日と言えば、あの「夏メルヘン」にて、チームメイトたちから野太い声で「♪ハッピバ~スデ~♪」と祝ってもらってたシーンが印象深いです。

本日のスタメンとかもう発表になったんですかね?(調べてない…(^∀^;))ロイスがフトモモかどこかが痛くて欠場らしい、というところまでは知ったのですが・・・。
ウルグアイのメンバーは?フォルランの記事は出てましたけど、スアレスも来てるといいなぁ。

ラームが過密日程に文句言ったらしい(?未確認なので違ってたらスミマセン)ですが、確かに、6月3日には真剣な公式戦があるのに、わざわざ親善試合する意味がちょっとわからないところではあります。
しかもウルグアイは、ドイツで試合した後お国に帰って、今度はオランダと。(両方とも、W杯の準決勝と3決の再現ですね)ご苦労様なのです m(__)m

まあ、スタメンとか知りませんが、若手主体の試合になるかも知れませんね。GKはアドラーかヴィーゼかな。CBはフンメルスとヘーヴェデス?おぉ~(゚∀゚)!(←勝手な予想して勝手にテンション上がった)ラームは前半だけで下がるかも知れません。あるいはもしかしたら、最初から温存かも。左右のSBも注目ですね。1トップはクローゼかゴメスか…。

ん~~、でも結局、真夜中だし、ニホンでのTV放送ないし、見れないのさハハハ。
ドイツでは皆さまの(?)ZDF、もちろんカーンの解説ですよ!

無理して勝たなくてもいいとは言え、ここんところ親善試合ではダルダルな試合ばかりで、ブーイングとかされる始末のドイツ代表です。
いいかげん、金払って見に来てるお客さんに恥ずかしくない試合してチョーダイよ~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/05/28

シーズン終了のご挨拶

更新が遅くなりました。

フリンクスブレーメン最後の試合が行われたそうです。

110525_frings_2

ヴィルハルムスハーフェン(?)との親善試合で、43分に交代退場(もちょっとやらせてあげたら~)する際に、ユニフォームを脱いで、シャーフ監督に手渡したそうです。
泣ける話やないかい~~。゜゜(´□`。)°゜。
次の移籍先はどうなるんでしょう。ドイツのクラブからもオファーは来てるぜ、とも言っていたような気がしますが、どこか納得できるところに行って、もうひと花咲かせて欲しいものです…。言うのは簡単だけど、そう言うしかないのよね…。

そして

水曜日にボーフム対ボルシアMGによる、ブンデスリーガ入れ替えプレーオフの2nd legが行われ、MGが無事に勝利、ブンデス残留を決めました!
ロイスの一発が決め手になりました。いいですね~ロイス。今度の代表戦で出番が期待されます。
そしてぇーー!!!

110525 バリカン前・バリカン後

ガーン!Σ(゚◇゚;)

ダンテが自慢のアフロを~~~!!!
前から公言かなんかしてたみたい?
いや、まあ、ネタとしては最高に面白いのですが、もったいなくちょっと残念な話であることよ。だってー、これじゃもう誰だかわかんないジャーン。坊主頭のブラジル人選手なんかいっぱいいるしー。おもしろアフロだからこそ興味があったのにん。

ということで、来シーズンのブンデスリーガはこの18チームということになりました。
ドルトムント、レヴァークーゼン、バイエルン、ハノーファー、マインツ、ニュルンベルク、カイザースラウテルン、HSV、フライブルク、ケルン、ホッフェンハイム、シュツットガルト、ブレーメン、シャルケ、ヴォルフスブルク、ボルシアMG、ヘルタ・ベルリン、アウグスブルク。

と、こうしてチーム名を見ていると、もう来シーズンが楽しみになって来ちゃいますよ(^ー^)
昇格のアウグスブルクには細貝が所属していますね。日本人選手所属チームが沢山で、フジさんの放送枠が大変そうだ(^_^;)
…。GAORA様、来シーズンもバイエルン戦の放送ヨロシクお願いします!

110526_olic
オリッチも、よりよいカメラ映りのためにシェイプアップに励んでおります。(うそ)

ドイツつながりで代表ネタ。
シュヴァインシュタイガーに続き、スヴェン・ベンダーも左膝を手術するということで、代表を辞退してしまいました。
そしてその代わりに!ついにその時が!
まだかまだかと言われ続けていましたが、満を持して(?)ヘーヴェデス(シャルケ)が追加招集です!おめでとう!
U-21で代表歴もあるし、これはちょっと、フンメルスとのキラキラ☆イケメンCBコンビが見たいじゃないの~?♪♪

さて

今晩はCL決勝もありますし(どうでもいいけど…←本音)、まだ代表戦もありますが、ドイツサッカーもファンボメルのシーズンも終わったので、いったんここでシーズン終了のご挨拶です。

ワタシ個人にとって非常に非常に厳しかったこの10/11シーズンでしたが、blogをご覧いただいてありがとうございました。
特にファンボメルの移籍の件では沢山の方にご迷惑とご心配をおかけしました。お騒がせして申し訳ありませんでした m(__)m
しかし、その際にいただいた皆様からの励ましのお言葉はとても嬉しかったです。本当にありがとうございました。

絶対に揺るがないと思っていたワタシのバイエルン愛にも変化が生じてしまい、blogやイラストに、かつての勢いがなくなってしまったかも知れません。
なるべく早く元の通りに戻したいとワタシ自身も願っていましたが、時間が先に進む以上後ろには戻れないものがあるのだ、ということを感じています。

でも、ワタシがバイエルンサポであることには変わりないし、世界一好きなサッカーチームはこれからもバイエルンであり続けます。そして、ドイツサッカーファンであることも。

しかし。気合を入れて応援するチームが二つに増え、さらに、かなりの片手間ですが(ゴメン)オランダ方面にも興味を広げたために、見たい試合やcheckしたい情報が増えてしまい、すっかり時間が足りなくなって、blogの内容や更新ペースが安定しなくなってしまいました。申し訳ありません。(内容がデタラメなのはもともとだけどね~ん(^皿^))
実生活にも支障をきたして幾星霜、文章を削ることを筆頭に、ちょっと再考しないといけないところだと思っています。
・・・・・・と言いつつ、同じことをこれまでに何回も言って結局何も変わってないので、今回も何も変わらないとおもうけどね!思ったことはついなんでも口にしたくなるたちなので(苦笑)。

で、今後このblogの課題として、ファンボメル-ミラン-オランダ代表ネタをどーすんの?ということでございます。
もうファンボメルはバイエルンとは関係ない人になってしまったことだし、ミランなんか興味ないし、そもそもドイツ代表とオランダ代表の両方を応援するというその軽い姿勢がまかりならん、許さん、見たくない、という方もいらっさるんではないかと思います。
自分の中でも、これらの話をする時は何かこそこそした、悪いことをしているような気持ちもありました。
この機会に別のblogを立ち上げるべきなのか、とも思いました。

がっ!
今後もこのblogで、ファンボメルとゆかいな仲間たちのネタをアプし続けることにしました。
…。今まで興味がなかったけど、このblogを見てるうちに、バイエルンやファンボメルやファンブイテンのことが好きになった、という声を何度かいただきました。
こんなに嬉しいことはありません。blogやってきてよかった、と思うのはこんな時なのです。
ならば!
今度は、(だいぶ好転してきたとはいえ)まだまだ嫌われキャラであるファンボメルの魅力を伝えて、バイエルンと共に、一人でも多くヤツを好きになってもらいたいんだぜ、いや、好きになれなくても、ちょっとは歩み寄ってもらいたいんだぜ、コリアンダーがやらねば誰がやる、という、しょうもない野望が生じてしまいました。

110507_42   

そうは言っても嫌いなもんは嫌い、見たくない、という方は、それはコリアンダーが嫌い、と言ってるのと同じことですので、ざんねんですがさようならなのです(ToT)/~~
でもここに来てくださってる皆様はみんな、そんな冷たいことは言わない、心優しい方ばかりだと信じてますよ;:+*+:.+:。 w(‘∀‘w) .+:。:;;;:+*+キラキラ

え~と、何、なんだかくどくどと長くなってしまいましたが。ようは。

今シーズン応援ありがとう!来シーズンもFCバイエルン・ミュンヘンとマルク・ファンボメルをよろしくネ!
ということでした。

110507_7
「最初っからそう言えばいいのに、回りくどいヤツだよな~」

おまけ(おまけ扱いか!)
110522_coupet
レギュラーに復帰したようなので、翻意してくれるんじゃないかと密かに期待していましたが、やっぱり引退するようです。マケレレと共に、ホーム最終戦でセレモニーをしてもらったらしいクペでもその試合で、目の前でリールに優勝決められるって一体……。そして自分らはCL出場権を逃すって…
昨日のトレーニングでは、ファンが感謝のバナーを掲げてくれた、とか…。しんみり。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/05/26

最終節のファンボメル

もうこの後がないと思うとなんだか名残惜しい気持ちもあったのですが、やれやれ、ようやく見終わりましたよ。

5月22日 セリエA 第38節 ウディネーゼ・カルチョ 0-0 ACミラン

110522_udinesemilanfj 
交代:エマヌエルソン(46ファンボメル)、ロビーニョ(76パト)、ローマ(87アメリア)
サブ:ボネーラ、パパスタソプーロス、ストラッサー、インザーギ

カード: ベナティアフラミニボアテンクセードルフ

110522_dsc07723

前半だけで交代退場してしまいましたので、これと言った見せ場はありませんでした。
いや、まぁ、コリアンダー的には、バレないように痛めないようにこっそりと後ろから相手選手のスネを蹴飛ばしてて(^m^)イヒッとか、視野の広いサイドチェンジのクロスうまー!(゚∀゚)とか、ミスしちゃダメやーん(>_<)とか、チアゴ・シウバとタッチしてるー☆(^ー^)とか、今シーズン最後の試合、最後のプレー、細かく堪能しましたけどね…。

続きを読む "最終節のファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/25

10年目の同窓会

モタモタと酔っ払ってる間に、もうおとといの話になってしもうたじゃないか~(汗)

バイエルンサポにとって忘れられない歓喜の日、それは。
2001年5月23日バイエルン・ミュンヘン、CL優勝!!!

010523_cl20

010523_cl28

カーーーッッン!!!

ディーバイヤン!!ディーバイヤン!!!

010523_cl3
ぬおおーーー

010523_cl2
うわあ~~

010523_cl25
ヒィーカッコいい~heart04

010523_cl4
アハハ(^∀^)

・・・・・・と、楽しくコワれておりますが、何をかくそう自分、この頃はサッカーにツユとも興味がなかったので、リアルタイムでは感動を共有してないのです○| ̄|_ 一生の不覚(←しょうがないだろ)。

とまあ、そんなわけで、今年はちょうど10周年の記念日ということで、各種メディアに企画記事が出てましたよ。ざっと見たところ

tzエウベルインタビュー
AZクフォーインタビュー
バイエルン公式エッフェンベルクインタビュー(日本語)
ちょっと変わったところで、SPOXの「あの人は今」

(余談ですが、バイエルン公式のエッフェンベルクの「この横社会という言葉が気に入らないんだ。」云々、というくだりに、ついニヤリとしてしまいました)
インタビュー記事はどれも当時の裏話やなんかを楽しく語っているようで興味津津なのですが、何しろ不自由なドイツ語を読むのはかんたんなことではなく(^_^;)
ただ、当時のバイエルンが、強いだけでなく、メンバーも個性豊かなモサぞろいで時には衝突しながらも、雰囲気のいい、素敵なチームだったんだろうな~というのが伝わって来ます。彼らも、そして当時を知るファンたちは本当にハッピーだったのね、と羨ましくなるのです。

010523_cl7

そして!
その10年目の記念日の23日に、当時のメンバーが集まって同窓会を開いたそうです!

110523_9
うっうわわーーーーー☆見てるだけでもうなんかもう、ツボに入って涙腺ゆるみそう!

以下、写真べたべた内容ナッシング&FCB.tvからのキャプチャ劇場です。

続きを読む "10年目の同窓会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピンクな奴らとオットル

今日は外食したので酔っ払っちゃって筆が進まん…
今さらな話ばかりになってしまいましたが、トピックスあれこれです。

まずはともあれ

110522_raul2

シャルケDFBポカール優勝!おめでとう!\(^∀^)/

リーグ戦の不調はどこへやら、やはり相手が2部チーム(デュイスブルク)ということで、さすがの格の違いを見せつけ、やりたい放題の5得点で楽しく楽しく勝ちました。
デュイスブルクにももうちょっと頑張って欲しい気持ちもありましたが…。
フンテラールのドッペルとフラードのゴールは個人的にうれしいのですo(^-^)o(ナニゲにフラードお気に入り)。
ドラクスラーの先制ゴールはブンダバーでしたね☆
(と言いつつ実は、ボメイラストを描いていたので、試合あまりちゃんと見ていないのです…coldsweats01

いや良かった。これで来季のEL出場権も獲得です。CLでないのが残念だけど、シャルケにはやっぱりヨーロッパカップ戦に出てもらわないとね。


いやぁ~、何故だかあんまり、悔しい~ムキーッ!という気持ちがないんですわ。
にっくきマガトもいなくなったことだし、CLでシャルケの試合を見ていたらなんとなく愛着がわいてしまったかも(^^ゞ
悔しいという点なら、やはりマイスターを逃したことの方が…。あとCLでインテルに(略)

110522_neuer2
ノイアーのおへそサービスは、誰かが後ろからユニを引っ張ってるんですかね。

しかしなんと言っても、ドイツ中に笑撃を与えたのは

110518_pink

ピンク!!!!!

こ、これは…。来シーズンのセカンドとかサードユニなんですかね?
昨日の「す○○と」では「えんじ色」と紹介しておりましたが、いやいや。明らかにピンクです。
蛍光キンキラ☆とか、子供服みたいなモエ~ピンクじゃないだけまだマシなので、試合見てるうちにだんだん見慣れては来ましたが…。どうなんスかこれ(^_^;) もちろんフィールドプレーヤー用ですが、ノイアーこそ似合いそうな気がするよ。

そんなノイアーに、優勝記念パレードの際に残念なことが起こったとか、移籍をめぐって未だゴタゴタしているとかいうニュースが入って来てますが、考えるとなんだかつらいので、今後正式発表があるまでは、ノイアー移籍ネタはスルーすることにします。

さてさて

シャルケの話の後になんとも恐縮ですが、バイエルンネタですよ。
これまた今さら過ぎてアレですが、まだここではお伝えしていなかったので…

バイエルンを退団することが決まっていたオットルですが、無事にヘルタ・ベルリンとの契約がまとまったようです☆よかったー!(^▽^)

11_05_21
ヘルタ公式には、りりしくキャプテンマークを巻いている姿。
なんかこういうのを見ちゃうと、そーか、15年もバイエルンにいたのよね…と、急に寂しくなってきたりして。

しかし!そんなオットルの前向きなインタビューがBildにアプされてましたよ~。

11_05_24_bild
カノジョはこんな顔だったっけか?ヴェロニカ嬢。カーンの元奥さんにちょっと似てる?(←縁起悪?汗)

ベルリンでアパート探し中、とか、ヘルタでヨーロッパカップ戦に出たいんだ、とか、語っております。まあ、首都ですから、そんなに寂しいことはないかもねー。バイエルン仲間のレルクラフトも一緒なので心丈夫でしょうし。
ラストのやり取り
Bild「バイエルンではその他大勢のひとりだったけれど、ヘルタならスターだね?ビッグチャンスじゃない?」
オットル「スターだなんて考えには賛成できないな。僕はただ、ヘルタでいいプレーができる保証が欲しいだけだよ」

がむばれー(^^)なんだかんだ言って、バイエルン組はCLを経験してることだし、力を合わせてチームをELに導いてチョーダイ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/24

6月の親善試合に向けてのオランダ代表招集メンバー

バイエルン&ドイツ方面で先に書くべきネタがあるのですが、軽いエラーがあってちょっと手数がかかりそうなのと、ファンボメル振り返り記事で気力を使い果たしてしまい、疲労困憊でアタマが働きませんので、アタマを使わないネタを先に失礼いたします。申し訳ない。

おもしろ動画貼るからオユルシを。リーグ優勝トロフィーを落っことすステケレンブルフ。

----------

親善試合・6月4日ブラジル戦(ゴイアニア)、8日ウルグアイ戦(モンテビデオ)に向けてのオランダ代表招集メンバーです。
もうオランダ代表に関してはバイエルンの選手はロッベンしかいませんので、太字にするのやめます(寂)。

GK
ミヘル・フォルム (ユトレヒト)
ティム・クルル (ニューカッスル)
ヤスペル・シレセン (NEC)

DF
ヨーン・ハイティンハ (エヴァートン)
ヨリス・マタイセン (HSV)
グレゴリー・ファンデルヴィール (アヤックス)
ジェフリー・ブルマ (チェルシー/レスターシティ)
カリド・ブラルーズ (シュツットガルト)
エドソン・ブラーフハイト (ホッフェンハイム)
エリク・ピーテルス (PSV)

MF
イブラヒム・アフェライ (バルセロナ)
ナイジェル・デヨンク (マンチェスターC)
ディルク・カイト (リヴァプール)
ヘドウィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア)
スタイン・スハールス (AZ)
ヴェスレイ・スナイデル (インテル)
ケヴィン・ストロートマン (ユトレヒト)
デミー・デゼーウ (アヤックス)

FW
エリエロ・エリア (HSV)
クラース=ヤン・フンテラール (シャルケ)
ルーク・デヨンク (トゥエンテ)
ロビン・ファンペルシー (アーセナル)
アリエン・ロッベン (バイエルン)

----------

GK二人が初招集、ということで話題になってます。どちらも存じ上げないのですが…

11_05_23_cillessen
これがシレセン
かわいらしい響きの名前のクルルの方は、05年U-17W杯での代表経験はあるらしいです。

そしてぇー!
ロッベンがついに代表復帰ですーーーーー!!!!!!\(^∀^)/
様子見だ直前に怪我で辞退だなんだで長々おあずけを食らいましたが、やっとやっとー!
あのW杯以来ですよ!
・・・・・・・・・・。もっとも、また直前になって辞退するんじゃねぇーの?と、いう警戒は解いておりませんがね…

そして、元バイエルンのブラーフハイトもW杯以来の招集となりましたよー。

で、で、で、

お気づきの通り。ファンボメルは非招集です(T-T)
はっきりしたことがわからないのですが、右足が何やら、とか…。ま、まさか、またあの膝を?!((((゚д゚;)))
実は疲労困憊のあまり、ゆうべのミランの試合もまだちゃんと見ていないのですが、前半だけで交代退場しているのです。もしかしたら関係があったのでしょうか…?(汗)

ファンデルファールトも見送られましたが、彼も怪我です。太ももが、という…。

キャプテンと副キャプテンが帯同しないことになってしまいましたが(トホホ)、他は、ほぼベストメンバーです。

それにしても、そんなわけで、シーズン統括コメントも残さないまま(この後どこかに出るかも知れませんが)、さりげな~くユル~ッと夏休みに突入してしまったファンボメルであります。もうバカンス行っちゃうのかな?それもなんだか~…(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/23

10/11シーズンのファンボメル

さて
来月代表戦がありますが、親善試合ですし、招集されるかどうかもまだわかりませんので、ひとまず。

いよいよこの後の、セリエA最終節をもって、マルク・ファンボメルの、奇妙でハードな10/11シーズンが終わります。

110522_reremarkj

長いよ!(大幅加筆修正しました。おかげでますます長く…汗。自分が書きたかっただけでたいした情報はありませんので、なんだったらスルーしちゃってください(^_^;))

続きを読む "10/11シーズンのファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/22

ピルロ退団に思うこと

注※かたよった内容です。ピルロ回顧話でもサッカー分析でもありません。

(別logの前置きのつもりで書いたのに、やたら長くなってしまったので分けます)

ファンボメルの契約延長にホッとする一方で、最近気になった、ふたつの退団話がありました。

ひとつはブレーメンのフリンクス
伝えられるところによると彼の給料を払えるだけのお金がクラブにない、ということで、泣く泣く放出するにいたったらしいです。
条件面で折り合いが付かずキャプテンが退団、しかもお互い子供の頃からの知り合い、ということで、ついファンボメルを思い出してしまいました…。
ただ、決定的に違うのは、金があるのに出し渋ったバイエルンと本当に金がないブレーメン、そして、何よりも、クラブは依然フリンクスを必要としていたらしい(多分)、ということです。
そんなフリンクスのインタビューがBildに掲載されてましたが、クラブに対する恨み節などはなく前向きな内容で、少し安心しましたよ。

そしてもう一人は、ご存知、ミランのピルロです。
20日のトレーニングの際、涙を見せるピルロとチームメイト

長年のミラニスタ様、ピルロファンにとっては胸が締め付けられるであろう映像です。
次々とピルロを抱くチームメイトの中で、ファンボメルは、自分の出る幕じゃないのをわかっているのか、なんなのか、遠慮気味に軽く手を差し伸べるだけです。

10年間ミランに在籍し主力として貢献してきた、チームの魂のひとりとも言うべきピルロが何故放出されなければならなかったのか、沢山の方が分析していることでしょうが、とりあえずこちら

中盤の左サイドを探すミラン ピルロ退団は「技術的な理由」(livedoorスポーツ・Gazzetta)

ざっくばらんに言うと、アッレグリ監督が考える来季のチーム戦術にピルロのようなタイプは使いでがない、ということのようです。

金銭面の問題ではない、としていますが、残留すればファンボメルやアンブロジーニの控えとなるであろう選手に対して、今までと同じような給料を払うのは、金のなさそうなミランには見合わない、という側面も存在したのではないでしょうか?(ワタシの勝手な想像ですが)

第一、金銭面を差し置いても、そのような使われ方は、ピルロ本人のプライドが許さないでしょう。
絶対的主力としてプレーしてきて、そしてこれからもそうする確信があったにも関わらず、思いもよらない戦力外通告を受け、愛着あるクラブからの退団という形を取らざるを得なかった、という点では、ピルロの方がファンボメルと重なる部分が多いです。
決定的に違うのは監督の質…ゲホゴホっ

この↑動画を見て、ふと、「別れはつらかった。チームメイトに挨拶した時いっぱい泣いた」という、ファンボメルの退団の時もこんな感じだったのかな、と思ったのでした。本人も思い出しちゃったかも知れませんね。つい最近のことですし。
そしてファンボメルのことを、このアンブロジーニのように、心を込めてゆっくり抱き締めてくれたチームメイトはいただろうか、いたら嬉しいな、と。(あまりイメージできないけど(^_^;)やっぱりロッベン?)

そんなファンボメルが今度はピルロを(言い方が悪いですが)押し出してしまうような形になったのは、少し心痛みますし、運命の皮肉を感じたりもします。
だけど、これまたワタシの勝手想像100%ですが、ファンボメル自身も、「稀代の天才レジスタ」ピルロのことは尊敬していたはずですし、いっしょにプレーしたかった、共存できる(なんだったら「俺様がうまく生かしてやるぜ」とか)自信があったと思うのよ。今回のことは残念に思ってるはずです。たぶんね。ご近所さんらしいし。

と。なんとなくウェットなノリになってしまいましたが…
今はまだ、退団する選手やクラブのファンからは、悲しい寂しいばかりだと思います。
すっっっごく、そりゃもう、痛いほど、気持ちはわかります。4ヶ月前の自分がそうでしたから、いや、もっとヤバかったかも(^_^;ゞ
でも、いや、そんなワタシが言うのはなんとも片腹痛いこととは自覚しておりますが(苦笑)、プロ選手が出場機会を求めて新天地に向かうのは当然のこと。まだまだ主軸としてプレーする意欲のある彼らの、新しい冒険への出発なのです。
いつか笑顔で、いい決断をした、と、ピルロもフリンクスも語れる日が来ることを信じておりますよ。がむばれ!

でもなんでユヴェントスなんだろな?彼ほどの人なら、海外のビッグクラブからも引く手あまただったと思うけど…。てゆうか、単に、対戦したくないの~(汗)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/05/21

オールバックのファンボメル

110520_1
何故か監督まで試合用のユニフォームを着てトレーニングに参加したらしい。

というわけで、ミランネタですよ。

予定通り、昨日(19日)は、ミラノのドルチェ&ガッバーナのブティックにて、ACミラン優勝おめでとうぱーちーが開かれたもよう。

110519_dnadg

110519_pato

それはそれは沢山のファンがレッドカーペットに集まり、華やかなぱーちーが開かれましたよ、と、ドルガバ及びミラン公式twitterから、リアルタイムで実況つぶやきや写真、動画等がアプされていたようなのですが…(さすがに深夜なので寝ていた)。

110519_dnadg2
アノ本。

ファンボメルの写真(情報)がねぇー!?!∑(゚◇゚;)ガーン

ドルガバのtwitterやFacebookにはもちろん、ミラン公式がアプしている写真にすら姿を見かけないので、ぱーちーに参加したかどうかすら怪しい…(まさか)
いやまあ別に、ね、そんなにガーンとなるほどでもなく、想定の範囲内ではありますが。でもやっぱり寂しいじゃないの。

しょうがないので(?)、イベント開催直前に公開された、特設サイトより、写真集に掲載されていると思われる、ファンボメルのイケメンフォトをcheck・・・

続きを読む "オールバックのファンボメル"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/20

ペテルセン来たる

110514_ribery

バイエルンネタですよ。

そんなわけでブンデスリーガは終了したわけですが、バイエルンはその後2日連続で、のんびりした親善試合に出場、どちらも気持ちよく勝ったようです。

tz経由で、こんな動画を発見。

あんな人やこんな人が登場して、どうやらみんなでゴメスの得点王を祝福してるようなのですが…。  

110519_bastibad
この二人の呼吸が楽し過ぎ~♪

110519_ottl
オットルですよ

そして18日は、もう少し本格的な親善試合、ご存知、はるばるロシアまで出向いてのゼニト戦がありました。

110518_ottl3

これがシーズン最後の試合なので、オットルにとっては、バイエルンのユニフォームを着ての最後の出場でもあります(ノ_-。)
想像するに、後半開始から出るつもりだったんじゃないかと思いますが、ファンブイテンが負傷退場したために、もう少し早い時間の、前半途中からの交代出場となりました。

110518_ottl2

故障しているハミトは仕方ないとしても、クラフトも最後の記念出場はないのけ?と思っていたら、親不知が痛いから留守番、ってなんですかそれは~(^_^;)

それにしても、試合映像は見てないので(音だけ聴いていた…)どんな風に痛めたのかわからないのですが、ファンブイテンは大丈夫なのでしょうか…。EURO予選があるのに!大事なトルコ戦が!

心配と言えば、先日つま先を痛めたというシュヴァインシュタイガーです…。
怪我の状態がはっきり伝えられていないのですが、こちらもEURO予選が控えているのに…。オーストリア戦がちょっと気になるところですが、大事をとって休むかも知れませんね。

先制された時は(しかもファンブイテンが振り切られて(泣))「うひゃっsweat01」と思いましたが、その後逆転して終わってみれば4-2で快勝。クローゼはドッペルです。なかなかいいゴール決めてましたよ~

110518_miro

クローゼもこれが最後のバイエルンユニ姿とは思いたくない…。
しかしここに来てまだ交渉が進展しないということは、残留は厳しいのかも知れませんね…。
ペテルセンも来たし。…。イヤじゃ~!なんとかしれー!

110518_tymo
主役はもちろん彼よ

ティモシュクの凱旋試合でもあったようです。今でもファンに愛されてるのが伝わって来て、ほっこりしました(^^)
さぞ長い間キャプテンとしてチームを引っ張って来たのかと思いきや、バイエルン公式によると、在籍期間は2年半と意外に短かったのですね。それなのにこんなに愛されているということは、それだけ活躍して、存在感があったということなのでしょう。

そんなこんなしているうちに

110519_petersen2_2

ペテルセンの加入が決定~!☆2014年まで! ようこそ!
…っていきなり9番ですか!なんという立派な番号を!(驚)
だ、だ、だいじょうぶなのか。。。
それだけ期待できる逸材ということなのかも知れませんが、エース級のストライカーをずらりそろえたバイエルン、今後一体彼をどう使うつもりなんでしょうか。
いや、もちろん楽しみですが、厳しいポジション争いの行方が今から心配になったり、あたふた(汗)

とほぼ同時に

110514_hamit2_2 イケメンモードON

ハミトレアル加入も決まりました!おめでとう!(^∀^) 2015年まで!さすがレアルは太っ腹!
…。前にも言いましたが、出場機会という点では、バイエルンより良いのかどうか、むずかしいところだとは思います。だけどせっかくの大チャンスなので、しっかり活躍してくれたまへ!

…オットルもいい移籍先が見つかるようがんばれ!ヘルタにメディカルチェック受けにいったらしいですぜ、とtzにちょこっと出たっきりなのですが、どうなってる…(汗)

そういえば
11_05_18_tz

デミチェリスマラガと契約延長!だそうです。こちらは2013年まで。
先日のリーガの試合で黄赤退場してしまったと聞きましたのでちょっと心配になりましたが、影響なかったようですね。よかったです~。おめでとう、これからもがむばるのだぞ(^□^)

というわけで、バイエルン・ミュンヘンの選手たちはこれで夏休みに入るはずです。
各国代表選手たちはまだ試合がありますね。
それ以外はみんな、お疲れさま~!(^^)/~~

追記・シュヴァインシュタイガーは結局代表戦を辞退したようです。ざんねん・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/19

ゴーゴープリンス

アホネタです。アホアホスイッチが入ってしまったらしい。

ちょっとはっきり情報を追えてないのですが、NIKEミランがコラボ商品を発売したのか、どうか、その発表会みたいなのが行われたようです。
パト、ボアテンク、ザンブロッタが参加したもよう。根拠はこちらの動画

ボアテンクが、パトと出席しているプレスたちにあおられて、恥ずかしそうにちょこっとムーンウォークを披露する、というそれだけの内容で、なんちゅうことないのですが、それはともかく、後ろに掲げられている広告が

Nike_ximen

ミュータント戦士となったミラン選手。恐いよ~(汗)
ファンボメルはアディダスと契約してると思われるので(多分)、ここにおりません。ホッとしたような残念なような。

で、ででで!
ポチしていただいたら画像が大きくなるのですが、ボアテンクが持っている武器がぁ~!

070810fantasyj
(ラムたんモエ~)

コリアンダー三大傑作のうちのひとつと名高い(誰も言ってません)約4年前のらくがき。
ファンボメルの持ってるトゲトゲ鉄球がイメージにピッタリ、と好評だったのでした。
調子に乗ってもう一度2年前にもこのようならくがきを

090425_fcbschalkej

うひゃひゃ。
あれから年月は流れ、同じ武器を所持することになるとは、やはりファンボメルとボアテンクの間には義兄弟の盃が交わされ、じゃないわ、なんてゆうの、縁を感じますねぇ~。

という、ただそれだけのネタでしたε=┌(;^∀^)┘失敬!

ちなみにボアテンクは、見た目と違って(今は)破壊的なプレーはしておりませんで、ポジション的にもファンボメルとは重なっておりません。
ただ、勝利に対する熱いアグレッシブマインドはファンボメルと通じるものはありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キンキラリンにさりげなく

今シーズン最終節の結果です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・。いつの話だ(苦笑)。
申し訳ありません、試合を見たりまとめたりするのをぐずぐずと遅らせていたのはファンボメルのせいだけではなく、もしかしたら、話をまとめてしまって、彼らとお別れをするのがなんとなくイヤだったのかも知れません。
早く終わって欲しいと呪っていたシーズンだったのに、ホントは終わって欲しくなかったのかしらん。はて

ということで改めまして

110518_dankej_2

結局エキチブレーメンへの完全移籍が決まったようです。ワタシ的には、ニュルンベルクでいーじゃ~ん、とか思ってたのですが、低迷したブレーメンを救うぐらいの活躍をしてくれたら、ちょっぴり鼻が高いのです。
ボロウスキとバイエルンでいっしょにやってたことがあったっけか?←覚えてないのか

それはともかく、こうして描き出してみると、沢山の人とさよならしなくちゃいけないシーズンだったなぁ、としんみりしちゃいますね。
ファンボメルは言うまでもないですが、やはりミーチョの退団はショックでした…。そしてオットル、ハミトも。長くクラブに貢献してくれた選手たちには愛着もひとしおだっただけに。

110514_hok2

みんなありがとう。またね、なのです。オクトーバーフェストにはビール飲みにおいで!(ハミトはビールもどき)

さて
そんなこんなで、今シーズン最終節です。
もう今さらにもほどがありますので、さっぱり行きますよ~

5月14日 ブンデスリーガ 第34節 バイエルン・ミュンヘン 2-1 シュツットガルト

kickerの採点も合わせてどぞ
110514fcbstuttgartfj
交代:オットル(65ティモシュク)、クロース(65クローゼ)、プラニッチ(87ゴメス)
サブ:クラフト、イェリッヒ

得点:岡崎(24ハルニク)、ゴメス(37ロッベン)、シュヴァインシュタイガー(71クロース)
カード: クローゼファンブイテンボカニーダーマイアー

MoMはロッベン
本日のベストイレブンにロッベンが選出

110514_mirogomezj_2

110514_okazaki
日本メディアの盛り上がりっぷりは、バイエルンサポとしては面白くありませんでしたが、しかし、どうせゴールを決められるなら岡崎で良かったのかなぁとか思います。
意外にも、日本人選手がバイエルン戦でゴールを決めたのは、あの高原以来、だそうです。あのカーンのあの無失点記録をストップさせたあのにっくきゴール以来ってことでしょうか?(←調べろ)

110514_jonker
ヨンカー暫定監督、お疲れさまでした。
5試合で4勝1分け、その引き分けは限りなく負けに等しいがっかりドローでしたので、微妙なところではありますが、しかし、4勝のうち3勝は楽しいバカ勝ちでしたし、やはりレヴァークーゼンシャルケに大勝したのは痛快でした。
最低義務だった3位はなんとかクリアしたし、うむ。よくやったと思います。
ファンハールと共にクビになることなく、それどころか、来シーズンの2部チームの監督も任されるほどの手腕を持っていたとは、嬉しい驚きでした。
これからもバイエルンと関わっていくわけです。ゼヒがむばって結果を出して、一人前の監督として成長してくだされ!

さて

110514_gomez4_2

この試合、バイエルンの選手たちは、ウワサの来シーズン用のユニフォームを着用して臨んだわけです。赤いユニフォーム金文字がキンキラ☆して、日本人の目には何か、慶事とか正月用品を連想させて、おめでたいったらありゃしない。
金髪ボランチことティモシュクが着た日にはもう、キンキラキンキラ☆おめでたさの二乗ですわ。

ということで、勝手に出てくる替え唄シリーズ。
試合のマジメな話とかハイライトは、皆様きっと公式とか各種サッカーメディア等でcheck済と思いますので、最後はワタシらしく、往年の歌謡曲に乗せて楽しくアホらしく締めようと思います(サボり…?)。

写真と歌詞があまり合ってませんので、無理やり注釈付けたりして、ちょっとうざったいことになってますが御容赦ください(^^ゞ

ネタ元をご存知ないヤングな方はよろしければこちらをご参照ください。(ようつべ・「ギンギラギンにさりげなく」)

続きを読む "キンキラリンにさりげなく"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/18

ファンボメル、契約延長

おはようございます。
すっかり徹夜です(^_^;)東風さんはとっくに起きてらっさる時間ですよねぇ。

こんな時間になってしまったのは、ドルトムントで行われている震災被災者支援チャリティーマッチを見るためではなく(ゴメンなさい。でも起きてるってわかってたら見ればよかったです)、ファンボメルのミランとの契約が気になって(火曜日に交渉するであろうことはあらかじめ公表されてました)待機していたから、というわけでは全くなく。

↑トップ画像の誰得イラストをがむばっていたからなのですよ。。。
ソサなんか超久しぶりなので、描き方忘れてました。全然こんなんじゃなかった気がする…(汗)[追記:あんまりヒドかったので修正しました]
アラバは戻って来ると信じてますので、あえて入れませんでした。ブレーメンに行くんじゃないかと言われてるエキチは…?ええっとゲホゴホ(こらっ)

やれやれふー。
シュツットガルト戦のレビューもまだだというのに何やってんだ自分、とも思いますが、こっちの方をどうしても先にアプしたかったのです。今日ロシアで行われる、今シーズン最終戦(親善試合)まで持ち越したくなかったのです。

そんなこんなしているうちに、ファンボメルの、ミランでの2012年までの契約延長が決まりました。

110310_sportbild1_2

おめでとう!(^∀^)

なのかな?
ぶっちゃけ、ワタシ的には、そんなに、ハジけて大喜びするほどでもなく、少々びみょうな気分です。話せば長くなるのでまた別のlogにアプしますが、最も肝心なのは、本人の希望通りであったか、どうかです。
でも多分、アッレグリ監督に必要とされている、ということでしょうから、ホッとした、という気持ちは大きいです。

続きは後日。上の写真はSportBildの記事からなのですが、リンクはのちほど貼ります~…とりあえず寝るのです。

【追記】
というわけでSportBild記事はこちらです。ずいぶん前の記事で恐縮です。いつか読んで紹介しようと思って寝かせていたのですが、機会を逸してしまいました。
外国でプレーする元ブンデスリーガーたちを訪ねる、という連載企画のようです。
このインタビューの中でファンボメルが「ルンメニゲがお別れの時"人は人生で必ず2回出逢うものだ"と言った」と言ったので、この発言を根拠に「ファンボメルがバイエルンに復帰か?」という憶測が出たのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/16

優勝セレモニーのファンボメル

どもども。
話せば長いことながら、まだバイエルンの試合放送を見れていないので(試合そのものはネットで見たのですが、珍しくものすごい深酒をしてしまったので、内容をほとんど覚えていない(^_^;))、まずはこちらを・・・

昨日発売のこちらの雑誌に、ファンボメルのインタビューが掲載されたようです。
110513_calcio2000_2

V・ボメル:「ミランにノーとは言えない」(Goal.com)
…。かつてバイエルンに対しても「ノーとは言えない」と言ってましたけど、そこはホラ、ねぇ(何よ)。
新しい号が出たら内容が変わる可能性がありますのでcheckはお早めに!こちらにて、記事のかんたんダイジェスト。他にも、最も印象に残っている(←ロールモデルとして?)選手はニリスだ、とか、パトはワールドクラスになるための伸びしろがじゅうぶんな選手だね、とか、語ったようです。

110514_7_2

5月14日 セリエA 第37節 ACミラン 4-1 カリアリ・カルチョ

アッビアーティ - アバーテ、チアゴ・シウバ、ジェペス、ザンブロッタ - エマヌエルソン、ガットゥーゾ、アンブロジーニ[C]、- セードルフ - パト、ロビーニョ

交代:ピルロ(46アンブロジーニ)、フラミニ(61ガットゥーゾ)、インザーギ(82パト)
サブ:アメリア、ボネーラ、ファンボメル、カッサーノ

得点:ロビーニョ(22)、ガットゥーゾ(24)、コッス(38)、ロビーニョ(35)、セードルフ(77)
カード:なし

ファンボメルは出番なし。
110514_dsc07708

消化試合・兼・優勝報告凱旋試合ということで、守備を多少犠牲にしてでも楽しく勝つために本日は攻撃的布陣、とか、記念なのでここはミランの古株たち優先、とか、納得してのベンチ入りとは思います…。

というわけで、花試合の雰囲気の中、楽しいゴール祭りでもって、快勝で~す。
長期離脱から復帰した、みんなのインザーギもちょっとだけプレーしたし、ミランにとってはいいこといっぱいの試合でした。
それにしても、ピッポは相変わらずカッコいいなぁ。存在に華がありますよ。

試合の話おわり。以下、楽しい楽しいイベントフォトです。

110514_5

試合の前に凱旋パレードが行われました。オープントップバスに乗って試合会場に向かいます。すごい人~!

110514_3
中央で、Tシャツを腰からぶら下げて(ふんどしみたい)袖まくりをしているのがファンボメルです。

110514_8
楽しそうでよかった(^^)

まだまだあるよ。

続きを読む "優勝セレモニーのファンボメル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/15

速報?バイエルン対シュツットガルト

申し訳ない。
直後に、ミランの凱旋パレード中継があるというので、いっしょけんめいつなごうとしたり、結局失敗したり、バタバタしてましたので、速報でもなんでもない時間に(^_^;)

とりあえず結果だけ

バイエルン 2-1 シュツットガルト

なんと!岡崎の先制ゴールで一時はピンチにさらされたバイエルンですが、シュヴァインシュタイガーの逆転ヘディングゴールでもって、最後になんとか勝ちを拾ったカンジです。

110514_gomez
おめでとう!ゴメス!得点王!(^∀^)

110514_daniel
こらっダニエル(汗)ウルライヒの頭部を直撃(汗)

というわけで、ブンデスリーガ10/11シーズンの結果はこうなりました(kicker

110514_kicker

うわ~~あ(汗)
いや、マンジュキッチのゴールで土壇場で降格を免れたアルネ、じゃないわ、マガト、じゃなくて、ハセベ、でもなくて、ヴォルフスブルクもアレですが。
フランクフルト降格かーい!ど、どうなの…(汗)

そして我がバイエルンは、レヴァークーゼンが勝ったため、結局3位に終わりました。
来シーズンのCLはプレーオフからの出場になります(汗)(汗)
それ自体があり得んロッベン!ですが、今さらそれを言っては始まらないので(苦笑)、とりあえず組み合わせ抽選で、少しでも幸運が訪れますよう、無事に勝ち抜けられるよう、祈りましょう!

ELにはハノーファーマインツ

シャルケが14位って、それこそあり得んでしょう。
せめてポカールで優勝して、来シーズンのELに出場して欲しいと思います…。

続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/14

「僕のハートはバイエルンのものだ」

あれよあれよという間に、ブンデスリーガ10/11が間もなく終わろうとしています。

まっったく実感が沸きませんので、振り返り記事を書くのも忘れておりました。
それというのも、ファンボメルのシーズンがまだ終わってないからなのですが、それはともかく。
皆さん、いかがでしたでしょうか。リーガ全体から見れば、話題が沢山で、なかなか盛り上がった楽しいシーズンだったかも知れません。
ワタシも、まあ、いろいろあったおかげで、やっぱりドイツサッカー好き、ということを再認識したりしました。(と言うわりには、ブンデスの他の情報やハイライトを殆ど見れてないのですがが…(^_^;)←意味ナシ)

ただ、バイエルン的には、本当に、最悪でしたね。
ワタシにとっても、最悪でした。たとえこの後、奇跡の2位で終わっても。
白状します。
ファンボメルが退団したあの日以降、「こんなシーズン早く終わってしまえ」と、そればかり考えていました。申し訳ありません m(__)msweat01
しかし、皆さんからの励ましやファンボメル自身の活躍、ファンブイテンの復活のおかげで、今はだいぶ立ち直り、私のカピテンがいないバイエルンのことも、温かく愛情を持ってモエモエ応援できるようにはなりました。
とはいえ、この悪夢のシーズンを振り返る気はまったく起きません(苦笑)。

しかし。最後の試合ぐらいはツライ思い出や恨み事は忘れて、来シーズンこそ素晴らしいものになるよう願いを込めて、気持ちよく応援したいものです。
忘年会ならぬ忘年試合、勝って終えてくれい!義務よ!

110507_4
ということで、遅くなりました、merkurによる、ファンブイテンインタビューです。
彼のバイエルン愛あふれるコメントから、来シーズン応援するためのヒントと力をもらいましょう。

時間が足りなくなったので、超・ざっくばらん要約になってしまいました。大体こんな感じのこと言ってるみたいよ、という。しかも途中までだし(爆)
では、いってみよー

----------

ファンブイテンさん、FCバイエルンは厳しい年だったと振り返ることが出来ますが。あなた個人にとっても。あなたにとって最も重いシーズンでしたか?

ファンブイテン:はい。けして言い訳を探したりはしません、それは僕の性分じゃない。ですが、今年は家族に関して問題があったのです。今まで経験したことがなく、僕にとっては初めてのことでした。僕の父は病気で、それに加えて、僕自身も故障を抱えていました。準備期間中に背中に痛みがあり、その後は足首でした。

シーズンの終わりにあなたは再び戦いに戻ってきました。どうやって切り抜けましたか?

ファンブイテン:僕はけしてあきらめない、それこそが僕のキャラクターなのです。キャリアの中では難しい期間があるものだということは知っています。だけど、悪天候の後には太陽が戻ってくるのです。僕がサッカーの楽しさを感じている限り、僕の体は日々、戦いの準備をしています。

前期のフランクフルトとの試合で、あなたはハーフタイムにルイ・ファンハール監督に、試合から外すようお願いしました。体調も悪く震えがあったと…。

ファンブイテン:そうです。その2~3日前から眠れてなかったのです。それで僕は監督に、自分は100%でないから外してくれ、と言いました。

自分から外してもらうことを要求するのは、プロとしては稀なことです…

ファンブイテン:はい。調子が悪い、チームを助けることが出来ない、と監督に告げに行くのは簡単なことではありません。自分の居場所にリスクを冒すことです。それで僕は長い間休みになってしまいました。そんなに長くかかってはいけませんが、だけど僕は、フランクフルト戦で交代したのは正しかったと確信しています。僕はその日、自分が休んだ方がチームにとって良いと感じたのです。人は仕事に向けてエネルギーを蓄えるために休みをもらうものです。調子が良くないと感じている選手が、そのことを認めるのはプロフェッショナルなことですよ。

公衆のあなたに対する批判には傷つきましたか?(※背景不明。冬になにやら、とかなんとか…)

ファンブイテン:僕は気付いてませんでした。僕にとっては、自分がふたたびハッピーだということだけです。僕はいいゲームをしました。誰もが人生の中で迎えるような悪い局面がありました。僕の場合、プロ選手であるということがさらに悪かったのは確かです。だけど全ての選手には、そういう、ヒビの入る時期がありますが、僕はけしてあきらめない人間です。僕はバイエルンにとって重要な選手であり続けたいのです。この前の試合でも僕は良い評価をもらいましたし、時々は「今節のベストイレブン」にも選ばれました。このことはこの先に向けて力づけられますよ。

あなたはかつて、バイエルンで10年間プレーしたいと言いました。5年が経ち、あと1年残っています。キャリアをここで終えたいと思っていますか?

ファンブイテン:もちろんですよ。僕はいい感じです。僕は子供のころからこのクラブを愛しています。少年の頃、このクラブのすべてのファングッズを持っていました。僕は今でもFCバイエルンの大ファンです。もう一度契約を延長して、ミュンヘンでキャリアを終えられたら夢ですね。僕の家族もこの街をとても心地よく感じています。キャリアを終えた後もここに留まることをイメージすることすらできます。

バイエルンでの5年間、あなたはいつもファーストチームでひたすらに戦ってきました。サブに行くことはいつまでもありませんか?

ファンブイテン:「あ~今日は超キツい、あとでね~」と言う方がかんたんな選手がいるかも知れません。僕にとってはかんたんなことではありません。僕にはできません。僕にはハートがあります、このハートはバイエルンのものです。自分の場所のために戦うことはいつも僕に力を与えてくれます。チャンスのために戦うことはプロフェッショナルな態度だと僕は思っています。ハンブルクやマルセイユでも、ここと同じようにしてきました。僕はけっして、楽な解決策を探すような人間ではないのです。

----------

スミマセン、時間切れにつき以下略。(こらっ)
この後は、リベリはミュンヘンに家まで買っちゃったし、契約延長には満足しているはずよ、ということと、今シーズンの振り返り(「ムダなシーズンだった」)と来シーズンへの期待について語っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そりゃないぜ

何をおっしゃいますやら。
イタリアンスーツでビシッと決めてるファンボメルもステキですが、本当は、もっさい革短パン&チェックのシャツで、ブレッツェルをもぐもぐさせながらミュンヘン市庁舎でゲラゲラ笑ってる姿が見たかったんですよ。
でもそれはもう、言わない約束なので・・・

というわけで、バイエルンネタですよ。

昨日(13日)からいよいよ、来シーズンのホームユニが発売開始になりましたので、それに合わせて新商品&新カタログも出たようです。

110513_fanshop
 
110502_acmilan (←再掲)
そっくり。もっともミラン公式の方は、今はファンボメルはセードルフと二人まとめて右側に配置されておりますので、そんなには似てませんけど。

恒例、楽しいモデルフォト

110513_katalog2
「ニホンのアニメ大好きデース」(うそ)

110513_katalog
プラニッチはカメラマンに言われた通りにしただけだと思うのだが…

110513_katalogtymo
キタ!本領発揮!
カタログそのものの内容はまだわかりませんが、ショップのWEBサイトを見る限りは、ティモシュクの充実度がかなり高いですshine

新ユニの配色(赤×ゴールド)に合わせて、トレーニンググッズ類も、色合いを統一したようなのですが…
一例
110513_katalog2_2
こうして見ると、つくづく、ドイツ代表のサードユニ、とか、GKユニっぽいなぁと思ったり・・・。

Neuer3
ほら。(だいぶ前の写真なので、番号が妙なことになってます) 黒が入るとね。

ちなみに、本日のブンデス最終戦、バイエルンはこの来シーズンのユニフォームを着てプレーするそうです。

と、
そんなふざけたネタ話をするのは、厳しい現実から目を背けたいだけなのか…?

移籍話がにぎにぎしいことになってますが。
まずは来る方。
「相馬同僚」(ゴルコム風)こと、コットブスのFWペテルセンがほぼ確定のようです。2014年まで。メディカルチェックやらなんやらで、正式発表は日曜日に行われる予定らしいです。
2部の得点王なので期待大、ということですが…。いきなりエースでは使われないでしょうし、ヘタするとシュラウドラッフの二の舞になりはしないか、という一抹の不安もあり。ハインケスの手腕の見せどころです。

そして去る方。
いや何。契約が切れる選手たちが延長する場合は大体いつも、3月とか遅くても4月中旬頃には次々と話がまとまっていたのですよ。
しかし今年は、ファンハール解任やノイアー騒動のドタバタがあったとはいえ、やっと最近ブット(延長)やクラフト(退団)が決まったぐらいで、他の選手はここに来てもまだナシのつぶてなので、ダメなんだろうな~、と思ってはいましたが…。
公式サイトに唐突に

110513_fcb
「別れの花束・クラフト、オットル、アルティントップが"さよなら"言います」

なんだなんだいきなりぃー!!!sweat01
ハミトはハインケスが「行っちゃイヤン」って言ってたんじゃなかったのか!オットルに至っては、ろくに話題に上がらないまま、いきなり、花束贈呈~♪言われても!そりゃないぜ~、ってなもんですよ。

なんか脱力…。公式によると、ハミトは、出場機会を求めて自分から移籍を希望した、ということが書かれています。
常に「ウチは悪くないもんね、向こうから言って来たんだもんね」というのが公式のスタンスですから()、実際のところはどうだかわかりませんが、まあ、理解できる話ではあります。
ただ、どうなんでしょう、ではレアルならどうなのかと。
熱いアグレッシブハートでもって、爆裂ミドルをブチ込むハミトが好きでした。
レアルに行っても、持ち味が発揮されますように。成功を祈っています。モウリーニョお願いします。エズィルと仲良くね。
……いや、まだ決まってない話でした(^_^;)

そして、オットルですが…。彼のことはナニゲに、かれこれ5~6年ほど見守って来て、「きっといつかはレギュラーに!」と期待していたのですが…。
伸び悩んでいた、とも思いませんでしたけど。どんどん使えばどんどん伸びる選手だと思ってました。
すまん。ファンボメルがボランチにコンバートされてから出番が少なくなっていった気がします。そして続々と、シュヴァインシュタイガー、ティモシュク、グスタヴォ、にポジションを奪われ・・・。
もっとガツガツと「俺にレギュラーをくれ!」とアピールするべきだったのでしょうか。ワタシにはわかりません。
バイエルン育ちの選手が去って行くのは悲しいです。しかし、だからこそ、このまま地味な存在のまま消えて欲しくない気持ちもあり。今が環境の変え時なんだろうと思います。
たぶんヘルタに行くことになるのかな、と思います。わかんないけど。どこに行くにしても、経験を積めばまだまだ伸びしろはあるはずだとワタシは固く信じてますので、遅咲きでもいい、たくましく育って欲しいのです。

まあ、3人とも、最終節できちんとお別れをしてもらえる機会が設けられたのは、最後のささやかなクラブからの温情だったかもわかりません。
…。あとはクローゼだ!がんばって2年契約をもぎとってくれい!(ファンボメルが出来なかった分まで…)応援しているぞ!

とかなんとか言ってたら、癒しのファンブイテンインタビューに取りかかる時間がなくなっちゃったかも…(汗)ダメじゃんorz。
このまま、実感ないまま今シーズンが終わっちゃうのか~?(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドルガバで行こう!

110507_gattuso4
ハメの外しすぎには注意しましょう。別にそんなに目くじら立てて怒るほどのこともないジャンねぇ、とか思ったけど…

ミランネタです。

ついったーの方にメモっておこうかと思ったのですが、140文字以内には収まりそうもないので・・・。

ミランの公式スポンサー様であるDolce&Gabbanaからインフォメーション…。(Facebook

110519_dg

ミラノにあるブティックにて、5月19日(木) 19:00~21:00、ACミラン優勝お祝いパーチーをします!
是非お集まりいただいて、到着する選手たちをお迎えください!
当日は写真集「MILAN FASHION -SOCCER PLAYERS PORTRAITS-」をプレゼントします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

行きたいよ~!…行けるもんなら(ToT)

セクスィブラックスーツをビシッと着こなしたモジャモジャダッチイケメンがセレブモード全開でレッドカーペットの上をヒーハー!(想像中)

それでもってなんですかその写真集って!きっと上の写真が表紙で、選手たちのカッコいいイケメン姿が満載に違いないよ…。
欲しい欲しい欲しい~!
タダじゃなくてもいい~~なんだったら金払うー!ミラン公式ショップとかで売ってくれないかな~ジタバタ(地団駄)

…はっ?(゚∀゚)
でももしかしたら、冬の移籍組は撮影してるヒマがなかったとかで、登場してなかったり?じゃいいけど…(←こらっっ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/13

ウルグアイ戦とEURO予選に向けてのドイツ代表招集メンバー

少し遅れましたが、昨日発表がありました、5月29日親善試合ウルグアイ戦、6月3日EURO予選オーストリア戦、6月7日同じくアゼルバイジャン戦に向けてのドイツ代表招集メンバーです

背番号も合わせてどぞ
----------

GK
22 レネ・アドラー (レヴァークーゼン)
1 マヌエル・ノイアー (シャルケ)
12 ティム・ヴィーゼ (ブレーメン)
DF
4 デニス・アオゴ (HSV)
14 ホルガー・バトシュトゥバー (バイエルン)
3 アルネ・フリードリッヒ (ヴォルフスブルク)
5 マッツ・フンメルス (ドルトムント)
16 フィリップ・ラーム (バイエルン)
2 マルセル・シュメルツァー (ドルトムント)
15 クリスティアン・トレッシュ (シュツットガルト)
MF
21 スヴェン・ベンダー (ドルトムント)
19 マリオ・ゲッツェ (ドルトムント)
6 サミ・ケディラ (レアル・マドリー)
18 トニ・クロース (バイエルン)
13 トーマス・ミュラー (バイエルン)
8 メスート・エズィル (レアル・マドリー)
10 ルーカス・ポドルスキ (ケルン)
20 マルコ・ロイス (メンヒェングラッドバッハ)
17 ジモン・ロルフェス (レヴァークーゼン)
9 アンドレ・シュールレ (マインツ)
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)
FW
23 マリオ・ゴメス (バイエルン)
11 ミロスラフ・クローゼ (バイエルン)

----------

例によってMFとFWの人数バランスが(^_^;)
グラッドバッハのロイスが招集されたのが話題になってます。招集自体は3回目だそうですが、まだ出場はないようです。ぜひデビューを飾って、最近のリーグ戦での勢いを代表でも見せてくれたらいいですね。
代表戦ではあまりパリッとしないドルトムント勢ですが、引き続き招集されました。そろそろ慣れてもらいたい。
ケディラはだいじょぶなのでしょうか。
そしてロルフェスが久々復帰!
でっ
バラックは今回も落選です…。リーグ戦でだいぶコンディションを持ち直して、活躍していると聞きましたが…(←見てないんかい)。合意済、的なコメントが出てますが、本人は納得してるのかな。このまま代表からフェイドアウトしてしまうのでしょうか。むむ・・・
バイエルンサポとしてはやはりゴメスが気になるところ。頼むよ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「バイエルンがマイスターになれると信じていた」

バイエルンネタですよ。ニュースがたまってしまいましたので箇条書き的に。

ご存知の通り、クラフトヘルタへの移籍が決定しました。
バッベル監督が「こんないい選手が来てくれるなんて~♪」と、とても喜んでくれているようなので、救われる思いがします。クラフト本人もやる気まんまんの様子。
がんばれよ!(^∀^)そしてオットルはどうなる…(汗)

Rummenigge_hopfner_ima_1904
ルンメニゲホプフナー、両取締役が契約延長。そうしない強力な理由は見当たりませんので順当だと思われますが。とりあえずはめでたい。

110511_fcb
わあ(゚□゚;)

コーチたちに担がれているブレーノの無表情がなんとも言えません…
水曜日のトレーニング中に膝を負傷、4週間の離脱、事実上のシーズン終了、だそうです。
誰かにタックルを受けたとかそんなんじゃなくて、ひとりでに痛めたというのだから心配ですよ・・・。
最後の最後でまたこんなことがぁ~~(T△T)
ってゆーか、今季終了後ブレーノはブラジルに帰るつもりだと聞きましたが…。これでは移籍話も流れてしまいますかねぇ。壊れやすい選手、というイメージがついてしまうと…。
バイエルンに留まってくれるのはワタシ的には全然おっけーなのですが、本人の気持ちは…。

さて

ファンボメルのせいで、ちょっとすさんだ気持ちになっておりましたが、tzにアプされたファンブイテンのインタビューですっかり癒されましたよ(*´∀`*)
元気になったダニエルの、久々にクラブ愛あふるるコメントに胸キュンハッピーheart、許されるならばギューしたい!(←ダメだ)とさえ思ったので、ゼがヒにでも紹介したいのですが…。

すでに取りかかっていたネタがあるので、そちらを先にアプします。
ドイツ語マスターのバイエルンサポの方はご存知かも知れませんが、「ファン・ボンメルが元チームメイトを批判!」という記事が沢山のメディアに出てます。
コッパでの退場劇と共に、ファンボメルのせいでワタシの気分がすさんでいた、というのはこのことなのです。

批判…。まあ、批判的なニュアンスは含まれている、かも知れません。
でもニュートラルな気持ちで冷静に読んでいただければわかりますが、ファンボメルは具体的な誰かに対して物申してはおりません。
ただ、後から元上司を批判するのはスマートじゃないよ、ということと、キャプテンはシュヴァインシュタイガーがいいね、と言っているだけです。だからと言ってラームがダメとか、そこまでは言ってません。そういう拡大解釈をするのは周りの人たちです。

ロッベンの時もそうでしたが、わざわざ、バイエルンや選手のファンを心配させるような見出しや文章を付けて煽るやり方は辟易します。
それがマスコミの仕事だから、と冷静に割り切れればいいのですが、煽られる人も多数いるわけで…。

というわけで、ネタ元である、Bildによるファンボメルの独占インタビューです。

バイエルンに対してはまだ複雑な感情があるのか、あるいはインタビュアーと合わなかったのか、全体的に辛口というか、どこか殺伐としてる、というか…。
語尾に工夫して、少しでもソフトに見えるようにしましたが、バイエルンファンにとってあまり愉快な内容でないことには変わりなく。
そしてファンボメルファンにとっては、彼のホロニガい気持ちが見え隠れして、ちょっぴり胸が痛む内容でもあります。

では、いってみよー
※インタビューは退場になったコッパの試合より前に行われたようです。

110507_35

続きを読む "「バイエルンがマイスターになれると信じていた」"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/11

コッパ準決勝(2nd)のファンボメル

どうもどうも。前日までの浮かれ気分はどこへやら、すっかりトホホモードにシフトチェンジ、いろいろと、現実逃避したくなってしまったコリアンダーです、こんばんわ。

5月10日 コッパ・イタリア 準決勝 2nd leg チッタ・ディ・パレルモ 2-1 ACミラン
(2試合合計ゴール数4-3パレルモが決勝進出

110510palermomilanfj
交代:ボネーラ(45+1アントニーニ)、イブラヒモヴィッチ(65セードルフ)、カッサーノ(80ネスタ)
サブ:アメリア、ジェペス、アンブロジーニ、ボアテンク

得点:ミリアッチョ(63)、ボヴォ(72PK)、イブラヒモヴィッチ(90+4)
カード: ファンボメル(72)、ボヴォ(75)  カッサーニバルザレッティバチノヴィッチイブラヒモヴィッチ

110510_4

バカ―――――――――(号泣)(T△T)

何やってんのー

いや、ミランが負けたことはまあ、残念ですが、それよりも何よりも、ファンボメルのせいで負けたということがぁ~~~~~~~○| ̄|_

一発レッドでPK献上て!そしてそれが決勝点て!

超かんたんハイライトを動画を見ただけですが、なんだか中央をすっぽ抜かれてイリチッチの独走を許してしまい、あわてて後ろから追いかけるのだが追いつけないので、手を伸ばしてユニを引っ張って転がしてしまいました。
シュートチャンスをファウルで止めた、というのでレッドカード&PK。

アントニーニが「ファンボメルは触っただけなのに」とかばう発言をしてくれたようですが、まあ確かに、後ろからちょこんと触ってるだけに見えました。
少なくともユニを思い切りびろーんとか、後ろから腕をからめた、とか、そんな感じではまったくなく。

110510_bommel

110510_bommel2 ねぇえ。

とはいえ、別の角度から見たらびろーんしてるのかも知れませんし、そもそも、腕を伸ばして触った時点で、そういう判断を与えてしまう動作をした時点で、もうダメプレーでしょう。

バカボメー!お役に立つどころか、敗因になっちゃダメじゃないかい、えぐえぐ(T-T)
ゴメンなさいミランの皆さんミラニスタの皆さん。せっかくリーグ戦で活躍して高評価をいただいたのに、台無しだお~~~(泣)

…ハァ。

試合についてあれこれ書きかけたのですが、もういいや・・・。
前半しか見ていないのですが、ミランもファンボメルも、そう悪くないと思いました。ただ、やっぱりパレルモは苦手なのね、ということと、先制されるとヤワになるという悪い癖は変わらず、ということで…。
もうなかったことにして忘れよう。。。しょぼぼん。

110510_9

味方同士で激突してしまい、負傷退場したアントニーニが心配です。膝を痛めたらしく、検査の結果待ちだとかで…わあ~(゚□゚;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お祝いなう、のファンボメル

みごと7年ぶりのリーグ優勝を果たしたミランです。
イタリアにはとんと疎いもんで、その間、インテルがずっと優勝していたとは(カルチョスキャンダルにより、ユヴェントスの優勝が取り消された分も込み)、ちょっとした驚きでした。
なんとなく、2年に1回ぐらいはミランが優勝してるものと呑気に思ってました。CLでは優勝しましたしね。
実力では負けていないはずなのに、ライバルにずっと王座を譲って来たとは、(ワタシには実感ない話で申し訳ないですが(^^;ゞ)さぞさぞ、悔しかったことでしょう。このたびの優勝、本当におめでとうございました。

というわけでぇー!

優勝にからんでのファンボメルに関するあれこれリンク特集です。

まずはボバンさんから教えていただいた、ロッカールームで、カメラにあいそを振りまくボアテンクに呼ばれて一瞬登場し「チャオ~」とあいさつするファンボメル

例によって、blogのレイアウト上このサイズが限界ですが、本家ようつべにはもっと大きいものがアプされております。

続きましては
優勝の翌日、オランダTV局の、サッカーの某試合のハーフタイムに行われたらしい、ファンボメルへの電話インタビュー

電話インタビューですが、ロッカールームでの「チャオ~」映像の続きが少しだけ出ます

110508_nos
愛するコドモたちに呼びかけてますよ~(*´∀`*)

その後ミラン御一行様はホテルで朝の4時までどんちゃん騒ぎ、か、どうか、お祝いをしたものの、翌日はビシッとアタマを切り替え(多分)、いつも通りのトレーニングを行ったそうです。

ロッカールームやホテルでお祝いなうだよ~、と語ったらしい記事(Telegraaf)。

ベルルスコーニ会長がファンボメルを賞賛し、彼の加入が優勝への決定的なきっかけになったと言っても過言ではないとかなんとか、でもファンボメル本人は「いやぁそうは思わないけど。ミラノデルビーで勝った時、自分たちがチャンピオンだと感じた」と言ったらしい記事(Telegraaf)。

セードルフといっしょに優勝できたのは誇らしい、彼は偉大なサッカー選手であるだけではなく、偉大な人間だから、と語ったらしい記事(AD)。

あとちょっと、話がずれますが、「PSVでキャリアを終えることはまだ頭から排除していないけど…」と語っているらしい記事(AD)。
ほんとはもっとガッツリ訳すべきことが語られているのですが、ともかく、今はまだその時ではない、ということのようです。やはり少なくともEURO2012までは世界レベルのクラブで、と思っているようですね。

ざっくばらん過ぎて申し訳ないです。すべてオランダ語ですので、自信はありません。記事のキモがズレてるかも知れませし、あんまりひどい誤訳がありましたらヨロシクご指摘ください(^^ゞ

そんなファンボメルですが、間もなく、コッパ・イタリア・準決勝2nd leg、アウェーでのパレルモ戦です。
1st legは出場しませんでしたが、その試合でミランはなんと2-2のドローでしたので、ちょっと厳しいことになってます。
今回はガットゥーゾが出停だそうで、ファンボメルの出場はどうかな?と思いましたが、どうやらスタメンのようです。しかもピルロと夢の共存~!うっひゃー(゚∀゚;) 楽しみだけどコワい!

どうなるかな?欠場だったら気楽に寝てしまうところでしたが、がぜん緊張してきちゃったよー!
お祭り気分は片付けて、ゼヒ!王者にふさわしい試合で、勝って決勝に進んで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/10

33節:ザンクト・パウリ対バイエルン

110507_pauli2
マンガに出てくる爆弾みたい(^_^;)

ドルトムントのシャヒンレアルに決まりましたね~。
我らのハミトもレアルに行ってしまいそうな雰囲気ですが、金やブランドイメージは別にして、出場機会ということだけを考えれば、バイエルンより状況が好転するのか、どうか、移籍は彼のためになるのかどうか、非常に気がかりなところではあります。

5月7日 ブンデスリーガ 第33節 ザクト・パウリ 1-8 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110507paulifcbfj
交代:バトシュトゥバー(3)(43グスタヴォ)、クローゼ(69ミュラー)、クロース(69シュヴァインシュタイガー)
サブ:クラフト、ブレーノ、オットル、プラニッチ

得点:ゴメス(10)、ファンブイテン(32ロッベン)、ロッベン(54ミュラー)、リベリー(74ゴメス)、エガー(78クルーゼ)、ロッベン(84リベリー)、ゴメス(86ロッベン)、リベリー(88クローゼ)
カード: バルテルスレヒナーブルンスミュラーリベリ

MoMはロッベン
今節のベストイレブンにゴメスロッベンリベリ

フジNEXTさんでLIVE中継がありましたのでそちらを見たのですが、カザマさんがバイエルンに対してカラいことカラいこと。
はてこの人はアンチバイエルンだったのかしら、とか思ってしまうほど。
間違ったことは言ってないのですが、何が起こってもバイエルンに対していいことを言わず、切り口があまりにネガチブだったので、なんかイヤ~な気分になりました。
しかし、移籍の話になったところで、実況担当のシュバイニー下田さんが「バンビュイテンは替え時ですからね~」と、わかったようなことを言ったのに対しては、さすがに「いや~、いい選手ですよ、スピードが遅いのが難ですが、高さもあるし、使い方次第では」とかなんとか(よく覚えてない)フォローしてくれたのが、ちょっとありがたかったです。

で、気分直しに、バイエルンに優しい、とゆうか「別名・バイエルンTV」のGAORAさんで見直したのですが…。

やっぱり大味な試合であることには変わりなく(^∀^;)
このチームコンディションを来シーズンまで持ちこされたら、ちょっとかなわんところではあります。
までも、

110507_paulifcbj

ってなもんですよ。
とにもかくにも、これで最低義務であった3位は確定ですから!
それに。いくら戦意喪失した相手とはいえ、遠慮なく、ゴールを取れる状況でキチンと取ったのはOKです。これまで、3点ぐらいでうっかり気を抜いて、追いつかれそうになったりしてたことを思えば。

まぁ何しろ、大事なゴールをファンブイテンが決めたので、それだけでアタシゃ嬉しいですよheart04
それと、ロッベリもねheart01リベリの2点目(バイエルンの8点目)はなかなかのスーパーミドルでした。

あまり話題に上りませんが、バイエルンの5点目、7点目、8点目は、クローゼのプレーがきっかけなのだから、もっと彼の功績をホメてもらいたいものです。
特に7点目の、体を張ってのボール奪取&スルーパスは素晴らしかったです。
せっかくのゴール祭り、そんなクローゼにごほうびの1点ぐらい、と思いましたが、最前線ではなく、ミュラーに代わってのトップ下的な仕事をしていたようなので仕方ないのかしら…。
む~ん。。ナニゲに活躍したのに、影が薄かったので心配です。退団しちゃうのかなぁ…(;_;)

110507_18

アウェー戦での記録となったらしい8得点でバカ勝ちしたバイエルンであります。
そして同日、レヴァークーゼンもHSVと引き分けたため、最終節にもまだ、CLストレートINできる2位になる可能性が残されました。
だからと言って「レヴァークーゼンの方がプレッシャーを感じてるかもね~」とか「あわよくば2位に?」とか公式が言うのはちょっと調子が良すぎるんでないの、と苦笑。
喉元過ぎればなんとやら、試合前までは「3位でいい!何がなんでも3位だけは!」とか涙目で(??)言ってたのに…(^_^;)

「えへっ、そうだっけ?」
110507_3

…みんなカワイイから許す。

余談
110509_kicker
さすがのkickerも、ザンクト・パウリには恐ろしい採点が…。
これで2部降格が決定したわけですが、でも、スタニスラフスキー監督とチームを励ますパウリサポの態度はとても素敵でした。試合後にスタジアムに響き渡る「ユルネバ」にはグッと来ましたよ。

110507_stani

※今回、本文と写真が薄くなっております。もうしわけありません m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/09

36節のファンボメル

110507_31
ど真ん中!ナイスポジション取り☆

というわけで、ミランが優勝を決めた試合です。

5月7日 セリエA 第36節 ASローマ 0-0 ACミラン

110507_romamilanfj
交代:アンブロジーニ(46ガットゥーゾ)、パト(73ロビーニョ)
サブ:アメリア、ジェペス、ボネーラ、ピルロ、カッサーノ

カード: タッデイボアテンクファンボメルパト

コラー!スコアレスドローってどうゆうことですか(^□^;)
優勝決めたからいいようなものの、ここはカッコよく勝とうぜ~。

110507_gattuso2
ガットゥーゾ、怪我させちゃダメじゃないかい(汗)骨折しちゃったらしいですよ…

非常にタイトな試合でしたね。
ローマがガッチガチに守備を固めたおかげで、ここのところ決定力がムニャムニャなミラン、ちょっとどむなりませんでした。
もっともミラン側も、引き分けでもOKだし、中二日ですぐ次の試合があるしで、ここは無理をしたくなかったのかも知れません。全体的に消極的な印象でした。

ファンボメルも、すかぱ解説のノノムラさんが言うには、ローマは彼をキープレイヤーとみなして警戒網を敷き、あまり自由なプレーをさせてもらえてなかったようです。
そんな中でも出来る限りのことを頑張ってましたけど…。
でも復帰早々でイエローはちょっとよくないねぇ(--;)カードが出たプレー自体はユルいファウルだったと思うけど、それまでの合わせ技かも知れません。

そんなファンボメルのこの試合最大の見どころはこちら

110507_20

110507_3_2
トッティをこすいファウルでポリポリ削ったりゴチャゴチャちょっかい出したりして、キレさせてあわよくばカードを出させようというイヤらしい高度な心理戦

と思ったら
110507_dsc07680
なんですかいきなり、そのラブラブheartアピールは?

110507_dsc07682
「~♪」
見よこの楽しそうな顔!トッティも半分呆れつつ「アイツにゃかなわん」と思ったに違いないよ(^m^)

そんなこんなで、試合の話は以上(え~)。

おまけ
110507_boa
ボアテンクの両手deWセクハラ攻撃(うそ)

優勝したファンボメルへの想いをツラツラ述べると長くなりそうなのでまたの機会にして、以後は楽しい楽しい祝勝フォトをどぞ

続きを読む "36節のファンボメル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/08

ミラン優勝!

おはようございます。結局、ダニエルゴールと優勝への期待に興奮していたらしく、殆ど眠れませんでしたので、ひどい寝不足です(^_^;)
この後仮眠をしとうございますので、とりいそぎ

ACミラン、優勝おめでとう!!!

110507_10_2

110507_allegri2

…まあ、いざとなると、やはりちょっとヘンテコな気持ちにはなりました。
シーズン通してプレーしたわけじゃないし。去年の今頃とか思い出しちゃったりして。
…って

110507_11
「つべこべ言わずにこの胸に飛び込んで来ーい!」
えー、イイの~? ("▽") (いいわけないだろう)

110507_7
今シーズンはもう見れないかも知れないと思っていた、こんな笑顔がまた見れた。
だから、これで良かったのだ。少なくともアンタはそう思っている。

おめでとう!マルク!!

続く!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

きめてやる今夜(ミラン)

バイエルンが気持ちよく勝ったところでぇー!

ヴァイデンフェラーがイケメンである、という話をしましたが、そんなロマンさんに負けず劣らないミラノのダッチイケメン

110503_dsc07672

いーやっダメです!全世界のボメラーに訴えられても石を投げられても槍で突かれても、コリアンダーはここを動きませぬぞ!(←ガッシとTV画面にへばりついている)
このヒトはアタシのものよ~!heart04heart01
なんでインタビュアーの姉ちゃんはこんなまなざしで見つめられて正気でいられるんだ?
それでもってアナタ、この画面ではわかりませんが、ガッバー開いた胸元から魅惑のムナゲーがチラチラのぞいてて、びみょうセクシィオーラ大放射~!!heart02
これもデジタル高画質だからこそ!改めてTwellV様に三顧の礼を~~~!!!

はっ∑(|゚∀゚||) ←石を投げられ槍で突かれ鼻血噴出で血まみれ

大変失礼しました。つい我を。
上の写真はいつもより大きめにしてありますので、ボメラー様はよろしければお持ち帰りくだされ…。←よくわからないごますり

ダルマメタボ代理人が「ファンボメルがいなければミランの優勝はなかった」と豪語したようですが、クライアントをホメるのは当たり前だぁね。
契約延長に向けて視界良好、というニュースはしょっちゅう出ますが、ガッリアーニ副会長から、交渉はシーズン終了後に行う、と言われたそうです。ただ、ファンボメル本人も手応えは感じているようで、特に焦ったりはしてないみたい。
いやっアッレグリ監督も、「短い期間で、ファンボメルはチームにとって重要な存在となった」的なホメホメコメントをしてくれてるようですよ~(^∀^)

さてそんなミランですが、この後ローマとの試合があり、引き分け以上で優勝が決まります。
出停明けのファンボメルイブラヒモヴィッチも出場が見込まれていますo(^-^)o
怪我離脱中だったガットゥーゾの様子はどうだろうか…。
とはいえ、火曜日にはコッパ準決勝の2nd legもありますし、こちらの方が際どいことになってますから、どうなるのかちょっと読めないところではあります。

ただ、CL出場権がかかるローマですので、向こうもモチベーションは高いはず。
ミラン的には引き分けでもオッケー、ということですし、アウェーだし、もしかしたらちょっとユルい入り方をするかも知れませんが…。

アッレグリ監督は、怪我中のヤンクロフスキを除くミランの全ての選手をローマに帯同させたそうです。
この試合で優勝を決めて、みんなでお祝いしようという心づもりがわかりますね。
こんだけ準備万端で、うっかり負けておあずけになったりしたら、カッコ悪いったらありゃしない。
勝って決めよう!そして、勝利の美酒に酔いしれよう!
イタリアだからビールかけとかポロネーゼとかはしないのかな?アウェーだからちょっと遠慮するのかな?何にせよ楽しみです。
そしてその場に参加できないヤンクロフスキのユニフォームなんかを掲げてくれたら感激しちゃいますね。

ワタシにとっても、万感胸に迫ることでしょう…。とても一口は言い表せないほどの。
が、いかんせん。
眠い!

申し訳ない、栄冠を信じて、ファンボメルの心からの笑顔を信じて、寝ます~。ミラニスタの皆さまファンボメルファンの皆さま、応援ヨロシクです!
勝ってね!

余談
「きめてやる今夜」とは、フレーズだけなんとなく頭に残っていたので、先のバイエルンの記事「きめてくれ今夜」とセットにして勝手に使わせてもらいましたが、往年のジュリーの歌のタイトルだったようですね。歌の内容とか全然覚えてないのにタイトルだけ頭に残ってるとは、言葉の持つ力とはすごいねぇ、と思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:St.パウリ対バイエルン

110507_bura_2 「ウッフンkissmark

ザンクト・パウリ 1-8 バイエルン

バイエルンサポの皆さ~ん、

ブイブイしてますかー?\(^∀^)/

110507_daniel_2

こそっとおしゃぶりパフォheartモエ~~~~~~(*´∀`*)
見事なヘディングでバイエルンを勢いに乗せるゴールを決めましたよ!

110507_robben_2 ロッベンじいさん(笑)

それにしてもこの祭りスコアはどうしたことでしょう(^_^;)
ゴメス、ファンブイテン、ゴメス、ロッベン、リベリ、ロッベン、ゴメス、リベリ、でした。
ゴメスハット!(必殺固め打ち何回目だ?)
そしてロッベリがドッペル!炸裂するロッベンの輝くヘディング!flair

110507_bayern_2

ロッベンはあちこちから注意されて、気使ってる風なプレーではありましたね。でも良かったですよー。

…まあ、大味な試合ではありました。
ザンクト・パウリも3失点したあたりから気持ちが切れてしまったのではないでしょうか。

110507_pauli

でもサポーターの態度はとても良かったですね。降格が決定してしまう敗戦にもかかわらず、酷いスコアにもかかわらず、スタニスラフスキ監督を気持ちよく送り出し、今シーズンの1部での素晴らしい冒険の日々を称えるべく、最後まで愛情のこもった応援を送り続けておりました。フジさんの実況コンビもモエモエ言ってましたが、我々ブンデスファンも、パウリには楽しませてもらいました。近いうちにまた戻って来てもらいたいものです。

そしてぇー!

110507_okazaki

おめでとう!岡崎、ブンデス初ゴール!
の、決勝ゴールでもって、シュツットガルトハノーファーを下したため!

バイエルン、3位以上確定(=CL出場権獲得)です!!

だっしゃああああああ!!(≧▽≦)/
みんなよく頑張った!サポの皆さん応援お疲れさまでした!!

更にレヴァークーゼンもHSVと引き分けたため、バイエルンはまだCLストレートINの2位になる可能性は残されています。
しかし、ここはひとまず、ミッションコンプということで!
最終節は少しだけリラックスして、もちろん勝って、結果がついてくるのを待ちたいと思います。

続く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/07

きめてくれ今夜(バイエルン)

全体練習に復帰した香川、チームメートやカーンとともにドイツのCMに出演(SOCCER KING)

というわけでそれがこのMANのCM

(blogのレイアウト上、このサイズがめいっぱいですが、ようつべ本家にはもっと大きいサイズがあります)

しかし気になるのは、オチでのカーンのセリフ。「ウィットの効いたコメント」(SOCCER KING)ってなんだろー。
自分が見た時は普通に「優勝おめでとう」とかなんとか言ってるのかと思って、くやぴー、とムキャッとなったのですが、もちょっとシャレたこと言ってるみたい。今度はドイツ語がわかんない自分にムキッとなりますよ。

ちなみに、このMAN×ドルトムントのコラボ企画で、こんな冗談広告もありましたのでご紹介。だいぶ前にアプされたものらしいので、ご存知の方も多いかも知れません。

それにしても、つくづくヴァイデンフェラーはイケメンだわぁ、とちょっとだけドキドキしちゃいますよ…

そんなドルントムントが優勝を決め、さらに、我がバイエルンが誇る、ブンデスリーガ年間最少失点記録(07/08シーズン・21失点)を破ろうかという景気のいい話も聞こえてきます(ドルトムントは現在19失点)が、冗談じゃないんだぜ~~。

それはさておき
バイエルン公式に、この夏の予定がアプされてましたが。
詳しくはきゅん子さんのblogを見ていただくとして…(サボリε=┌(;^∀^)┘)。

ガンバ大阪とのチャリティーマッチが流れてしまった分は、ゼニトとの親善試合になったようです。5月18日

3年前、UEFA杯で惨敗して以来の対戦となりますが…。この試合に関しては、八百長疑惑が涌いたり消えたりして、イヤ~な気分になったものです。(※八百長問題について虚偽発言をしたというUEFAの関係者を処分して解決済←たぶん)
じゃなくて
ティモシュクにとっては凱旋試合となりますね。(今の状況で凱旋と言えるかどうかはちょっと複雑ではありますが…。)
古巣に帰ってヘンな里心がついてしまって「ロシアに帰る~」と言ったりしないかちょっと心配であります、なんて(^皿^)
やっと本職のポジションでプレーできる機会が来たのですから、来シーズンこそボランチでバリバリ活躍して、持ってる力を存分に発揮して欲しいと願ってますよ。いやホントに…

それにしても、バイエルンと提携している読売新聞のこの見出しはどうしたものかね(^_^;)

金髪ボランチが先発復帰(4月15日付・読売ONLINE)

記事本文も「美しい金髪をなびかせながら、ピッチを走り回る。」とか、ファンブイテンのインタビュー記事にも、公式サイト日本語版にはない「長髪のベルギー代表」とか、読売新聞のバイエルン担当者は髪フェチでイケメン好きの女性に違いないよ。

110504_tymoholger

110504_ribery
そんなに長髪でもないし。イケメンはお尻もキュートなのheart

そんなこんなで、いよいよ間もなく、ザンクト・パウリ戦です。今節と次節(最終節)は、ブンデスリーガ全ての試合は同時刻でのキックオフとなります。

降格がほぼ決まりのパウリとはいえ、プレーオフへの可能性がないわけでもなく、そして、来シーズンからはホッフェンハイムの監督に就任することが決まっているスタニスラフスキー監督にとって最後のホーム戦、気合とモチベーションはじゅうぶんにあるでしょう。

だからこそぅー!
我がバイエルンとて、3位以上死守に向けて、彼らより更に必死にならなければいけないのです!
てきとうにヘラ~ッと流して勝てる相手だなんて思ったら大間違いなのである!
まず気持ちから負けてました、なんて、もうそんな話したくないぞ!
…言われなくてもわかってると思うけど。
どうも格下相手のアウェー戦だとくだらない試合でもってくだらない負け方をする傾向が…。

ハノーファーがシュツットガルトに負けたら、バイエルンの3位以上が確定します。そしてレヴァークーゼンもHSVに不覚をとれば、CLストレートINの可能性も残ります。
ですが。まず。何はなくとも。
よそのことより自分たちのことを。どっちにしても、勝たなければ意味がないのであるからして。
…だから言われなくてもわかってると思うけど。
でも言わないと、キャンキャン吠えてないと、不安なのです。

勝てよ!もうホント、マジで~(>人<)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

リベリおめでた&カーンは…

ハミトがレアルに?とか、バイエルンがアデバイヨールを?とか、クローゼは移籍よりも2年の契約延長希望(ヨロシク!)?とか、ヘルタのバッベル監督がオットルとクラフトへの興味を認めた?とか、まあどこまでがネタでどこまでがマジなのかわからない移籍ニュースが飛び交っております。それぞれの選手のファンの皆様におかれましてはやきもきしていることでしょう。お察し申し上げます。
個人的に信憑性が高そうだと思っているのは、コットブスのペテルセンかしら?とか思いますが、どんな選手かは知りません(おい!)。
そしてあまりにネタ過ぎて殆ど取り上げられていないのですが、バイエルンがナイジェル・デヨンクを、とか、ファンペルシがヴェンゲルにファンボメルを推薦、とかいう…

110503_dsc07679 (TwellV様大感謝~heart04

アーセナルはないらしいですぜ。こんな顔しちゃってゴメンナサイ(^_^;)

110411_butt
延長決めて、気分は五月晴れ?(^ー^) ノイアーが来てもかまわない、彼は素晴らしいGKだから、と言ってくれてますね。そしてクラフトは…(汗)

そんな中、こんな記事が

インテル、リベリと口論のロッベンを獲得へ?(Goal.com)

元ネタはイタ紙Corriere dello sport。例によってサイト版にはちゃんとした記事はありません。「詳しくは本紙を見てね」でございます。
ケンカしたからってなんで出て行く話になるのか、コドモじゃあるまいし。
まあこれもただのネタだと思ってますが、もしもロッベンが、煙たがられてもう居づらくてイヤンと言うのなら、インテルよりはいっそミランに(略)

シャルケ戦後の「口論」についてはBildにスクープが出てましたよ。
再現してみましょう

リベリ「アリエン、なんでパス出さないんだよ?!チームのために大事なことだろ!」
ロッベン「オメーのことが見えなかったんだよ」
リベリ「やれってんだよ!」
ロッベン「次からはそうするさ」

Bildによれば、その時はふたりは無言でロッカールームから出て来たのですが、翌日のトレーニングでは握手をし、特に何事もなかったそうです。
まあ、そんなところでしょうとワタシも思っちょるのですが、あえてこの記事を取り上げたそのワケは、ロッベンについて物申したいのではなく、リベリがチームプレーを説いたのが嬉しかったのです。成長したのぅ…(ノ∀-。)

今シーズンのリベリは、チームへの貢献度が高いプレーをするようになり、その分、かつてほどの神がかったマジカルパフォーマンスはあまり見られなくなりましたが、ワタシは今の方が好きです。("▽")ポッ ←何を告ってんだよ

そんなリベリにうれしいニュース。
11_05_04_bild

奥さんとの間に3人目のコドモが出来たそうです!5ヶ月だそうで。おめでとう!(Bild
いやぁ~雨降って地固まる、ってヤツですか?イヒヒ smile ←そゆこと言わない
リベリが本当に改心したのなら、もうそろそろ許してやってもいい気もしますが、人の性癖というのはそう簡単に変わるものではないと思ってますし、あのカーンだって、一時は奥さんとよりを戻したのに、結局離婚しちゃいましたからねえheart03 比べるのもアレですが。
まだまだ油断大敵、厳しい目で監視は続けなければならん。

せっかくカーンの名前が出たのでちょこっと
110505_dfbtv5

blogで紹介したかどうか覚えてないのですが(←おい)、DFBの監督養成講座を受講しているカーン他の様子が動画で紹介されてましたよ~♪(こちら) なんとなくキャプチャ劇場。

続きを読む "リベリおめでた&カーンは…"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/06

CL準決勝のファンボメル(05年)

ファンボメルネタですよー(^^ゞ

kickerのビデオコーナーに、ファンボメルのかんたんインタビューが出てました。もしかしたら他にもっと長いのが出てるのかな…?

110504_kicker3
アウディ・カップについて公式発表が出たので、ミランの選手としてミュンヘンに帰還するか?という切り口の内容のようです。

110504_kicker2
とはいえ、まだミランとの契約延長も確定しているわけではないので、ファンボメル本人からは特にアウディ・カップについての話は出てなさそう。
何を言ってるのかはさぱーりですが、バイエルンとの関係は悪くないよ、ロッベンとバトシュトゥバー、ミュラーとは今でも連絡を取ってるしね、と言ってるらしい(違?)ところだけはなんとな~くわかりました。それにしてもドイツ語を話してるところを見るのは久しぶりの気がします。

ということで
ご存知、5月4日はCL準決勝があったわけですが、6年前の同じ日にも、PSVにとって忘れられない試合があったのです、動画はこちら、と、案内がありましたので、リンク先にて動画を見たのです。ハイライトかな?と思ったらなんとフルマッチ!PSV.tvぐっじょぶ~!
いや、見たかったんですよ~。おそらくファンボメルとPSVにとっては輝けるシーズンだったに違いない、04/05シーズン。ミラン相手にPSVが大健闘したという伝説の(?)CL準決勝。

UEFAのサイトから、過去の大会のアーカイブスがなくなってしまったのですが、そこはさすが、我らのkicker!ベンチメンバーこそ出てませんでしたが、ちゃんとデータが残ってましたよー。

こんな試合でした

05年5月4日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
PSVアイントホーフェン 3-1 ACミラン

(2試合合計ゴール数3-3、アウェーゴール数0-1ミランの決勝進出決定)

050504_psvmilanfj
交代:ロベルト(70ボウマ)

得点:パク・チソン(9フェネホールオフヘッセリンク)、コクー(65イ・ヨンピョ)、アンブロジーニ(90+1カカー)、コクー(90+2フェネホールオフヘッセリンク)

そうそうたるメンバーが当時のPSVにはそろっていたわけです。ボウマは今もPSVで頑張ってますね。コクーはアシスタントコーチです。
そして当時のアシスタントコーチはなんと
050504_8
現監督のルッテンではないかー。監督はご存知、名将ヒディンク
ちなみにミランの選手は知ってる人ばっかりでした。ガットゥーゾなんか今と全然変わってませんよ~。

1st legはアウェーで0-2で敗戦したPSVが、ホームにミランを迎えての2nd leg。
まあ、試合レポ的なものは、モヤモヤ画面で選手の見分けもむずかしい状態ではちょっと申し訳ないので、ファンボメル中心に雑感を。

050504_3

050504_7
カッコいい~heart01やっぱキャプテンマークが似合うわぁ♪(←別に含みはありません)
ちゃんと探せばこの試合の写真とか沢山見つかるのでしょうが、あえてモヤモヤキャプチャ画像で。

4-3-3、か、4-3-2-1か、よくわかりませんが、ファンボメルはどうも、中盤の「3」の右の位置だったみたい。
とはいえ、デフォルトの立ち位置にかかわらず、左右上下とポジションチェンジをしつつ、攻撃に守備に本当によくハードワークをしておりました。

そしてプレースキッカーも任されていたようで、試合中ほぼすべてのCKとFKを蹴っていた気がします。代表戦ではたまに見かけますが、クラブでは全く見かけなくなったので、かなり新鮮です。

いやぁ新鮮と言ったら、新鮮なことばかりでした。
攻撃的な仕事をしてる状態がまず新鮮☆
もっとも、バイエルンでの初年度も、トップ下だとか右SHとか、攻撃的なポジションでプレーすることが多く、ワタシはそれが大好きだったんですけど…。

そしてアグレッシブなファウルが実に少ない(笑)
他のPSVやバルサでの試合を知らないのでなんとも言えませんが、これは、この試合のPSVが優勢に試合を進めていたから、エグいファウルする必要がなかったということ。
つまりファンボメルは、必要もないのにムダなファウルをするような、アタマの足りない暴れん坊じゃないってことですよふふん~(^ー^)♪ま、そんなことはとっくにわかっていることですけどね~。
ポジション的にも、今よりはずっと守備にかかずらうこともなかったですし。

PSVの頃からファンボメルを知っている方が、現在のプレーを見て、運動量が少ない、攻撃参加が殆どない、ということに対して物足りなく思う気持ちがわかりましたです。
ワタシも、元気に動き回って積極的に攻撃参加をしているファンボメルを見ているとわくわくしますし、楽しいです。

でも現在、どっしり構えて、頭脳的で確実なプレーをしているファンボメルも、同じくらいステキだな、と思うのであります。(もちょっと動いても、と言う希望もありますが…(^^;))
その都度指導者の要求に応じて戦術を理解しプレースタイルを確立し立場を維持してきたわけで、なんて偉大なヤツなんだlovely、と惚れ直すわけです。

050504_6

さて
試合はそんなわけでPSVが見事なポゼッションサッカーを展開してピッチを制圧。ミランにゲームをさせませんでした。
よく組織されてましたし、連携もスムースでした。運動量もよい。スタッツはわかりませんが、ボール支配率はかなり高かったのではないかと。
やはりさすがのパク・チソンが光ってました。ファルファンも悪くなかったですが、彼は今の方がもっと良いかな。なんとなく。
一方ミランはあまり調子が良くないように見受けられました。カカーは危険な存在だったようですが、PSVは対策をしっかり練っていたのか、自由を与えないように気を配っていたと思います。

しかし序盤からのハードワークが響いて疲れが出たのか、後半途中から、集中力が散漫になったように見え、動きも重たげになり、ちょっとしたミスが増えて来ました。
危ないなぁ、と思っていたところロスタイム、PSVの集中力の隙をついてカカーがチャンスを演出し、アンブロジーニのヘディングゴールを許してしまいます。
その直後にコクーが執念のゴールを決めたのですが、取り返すには時間があまりに遅すぎました。

ミランに与えてしまったこのたった1点のアウェーゴールのために、スコアでも内容でも圧倒しながら、無念、PSVは夢の舞台に立つことが叶わなかったわけです。

050504_17

ファンボメルは泣いていました。涙をこらえながら弱々しい笑顔でファンに応え、投げきっすをする姿に胸がキュッとなります。
PSVでの最後のシーズン、置き土産としてチームに栄冠をもたらしたかったに違いありません。
嗚呼~マルク、いつか必ず、この日逃した栄光をつかませてあげるからねっ!(T△T)
…って、翌年バルセロナでちゃっかり優勝するのですが(^▽^)おめでとー ←何年越しだよ

今年の準決勝のように、勝つべきチームが順当に勝ち進むこともあれば、この試合のように、勝ちにふさわしいチームが負けることもある。
だからサッカーは、スポーツは面白い、そして不条理で残酷だ、と、思うわけですが。

今回改めて感じたのは、どんなに正当なものでも逆に不条理なものでも、自分の愛するチーム(or選手)が負けるのは、理屈抜きに悔しいものなんだぜ!ということです。仕方ないさ、とそう簡単に納得できるものじゃないですよね。

むひょむひょおまけ
050504_13
スタムとユニ交換。これこれ!これなのよ!ワタシの好きな腹筋~lovely
今はこういう腹筋があまり見られなくなってしまいました。トシを取って体格が変わっちゃったのでしょうか…ざんねん。

え~ちなみに、この後ミランは決勝で、あの「魔の3分間」にて、リヴァプールに負けております。あれは感動的でしたねぇ。
そして
ファンボメルは翌シーズンもバルセロナで準決勝にてミランと対戦、この時は勝利しておりますが、さらに翌シーズン、今度はバイエルンで準々決勝にて敗れております。
移籍が決まった時、ファンボメルのミランに対するリスペクトが少し強すぎるんじゃないかと思ったのですが、そんなわけで、彼にとっては縁の深い難敵でもあったわけで、リスペクトするにふさわしい相手だったということですね。もちろん、子供時代から好きなチーム、というのも大きかったでしょうし。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/05/05

CL準決勝・2011

どもども。伝えたいネタが沢山あるのですが…とりあえずCLの結果をお伝えしましょうかね。
結果だけ。内容についてはムニャムニャ…

5月3日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
バルセロナ 1-1 レアル・マドリー

(2試合合計ゴール数3-1バルセロナが決勝進出)

感動したのはこのシーンだけ

110503_abidal

まあ、1st legよりははるかにマトモな試合をしてましたが、ここでもレアルが不利になるミスジャッジが出てしまい、レアル側がさっそく「ほれ見たことか」と騒ぎ出し、遺恨の残る結果となりました。

まあ、ワタシはスペインファンではないので、そこんところはてきとうにやっとくれ、という心境です。

少なくとも。
「レアルは汚いプレーばっかりしやがって!」とか「バルサはいちいち大げさにひっくり返りやがって!」とか「アンチフットボール断固反対!」とか、このワタクシがそんなことを言うはずがないのである。

続きましては

5月4日 同じく、マンチェスター・ユナイテッド 4-1 シャルケ04
(2試合合計ゴール数6-1マンUが決勝進出)

シャルケ、主力温存・BチームのマンUに完敗。
前半を2-1で終えた時点であきらめて寝てしまいましたが、その後さらに2失点したとはね…(汗)
続きをまだ見てないのですが、見るべきかどうか…。結果を知ってもなお、最後まで見届けなければ!と思うほどの熱いシャルカーじゃないもので(^_^;)

110504_raul

この試合が、ラウールの最後のCLにはなって欲しくないなぁ…という思いが。
フンテラールが怪我から復帰して少しプレーしたようですが。シーズンに間に合ってよかったです。

シャルケにとっては、冒険と挑戦のCLだったのではないでしょうか。ドイツの期待を背負って準決勝まで進んだことを、もっと誇りに思って良いよ。なんだかんだ言って楽しませてもらいましたし。
来シーズンは無理だが、再びこの舞台に戻って来る頃には、もう決勝トーナメントは当たり前、ベスト8、ベスト4だっておかしくないぐらいの力を付けていて欲しいものです。

本日の見どころ
110504_dsc07669
ハーグリーブスだ・・・

110504_dsc07671
ヒロミ部長はショッキングピンク

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/05/04

32節:バイエルン対シャルケ

ゆうべのCL・バルサ対レアルの結果を知らずに書いてます。
ピッチ外のやり合いですでに消耗してしまった両チーム、ユル~い試合で1-0でなんとなくバルサが勝利、決勝進出おめっとうさん、とにらんでるのですが、どうだったでしょうか。
こんなつまらない予想を覆す楽しく素晴らしい試合であったなら良いのですが。今日は時間がたっぷりあるので、後で見るぞー

そんなわけで、もしかしたら世間の情報とズレてるところがあるかも知れませんが御容赦ください。
さて
ボメボメ言ってたら遅くなりました。申し訳ない(^^ゞ

今さらですのでサッパリと
4月30日 ブンデスリーガ 第32節 バイエルン・ミュンヘン 4-1 シャルケ04

kickerの採点も合わせてどぞ
110430_fcbschalkefj_2
交代:オットル(72コンテント)、クローゼ(83ゴメス)、クロース(85ミュラー)
サブ:クラフト、ブレーノ

得点:ロッベン(6ゴメス)、バトシュトゥバー(8オウンゴール)、ミュラー(13ロッベン)、ゴメス(19ミュラー)、ミュラー(84リベリ)
カード: リベリーメッツェルダーファルファン

MoMはミュラー
ベストイレブン&今節のMVPもミュラー!(MVPは今季初!(^▽^))

ネタになるようなおもしろトホホシーンもあまりなかったのですが、やっぱりコレですかねぇ?

110430_fcbschalkej_2 
「シメてる」と言うか、「締め上げてる」と言いたかったつもり…。
伊東に行くなら♪の意味がわからない方はこちらでも参照くだされ(ようつべ・ハトヤCM)。参照してもよくわからんかも知れませんが(^_^;)

110430_tbc

というわけでこのような結果になりました。
開始早々にロッベンがザクッと決めてイイ気分だったところ、2分とたたぬうちにセットプレーから失点した時は「アホかーーーヽ( `Д´ )ノ と、目の前真っ暗になりかけましたけどね。記録はバトシュトゥバーのオウンですが、どうやらブットのポジショニングとか連携のミスがきっかけということらしいです(汗)。

しかしその後うつむくことなく、グイグイ押し込んで猛攻撃を仕掛けたバイエルン、すぐに逆転&追加点に成功!
この時間帯は非常に楽しく素晴らしかったです。シャルケの守備が殆ど機能せずほぼ棒立ち状態だったおかげでやりたい放題。チーム一丸となっての、俺たちは勝つのだ!という意気込みも感じられましたよ。

がっっ

その後がどーにも。3点取って安心しちゃったんでしょうかねぇ?
いちおう優勢を保ってはいるのですが、なんとゆうか、全体的に集中力が欠けたボンヤリした雑なプレーが多くなってしまってました。今シーズンの典型的なパフォーマンスだったように思いました。
それはいかんぞ。
3-0だったらまあしょうがないか、と思わなくもないですが、サッカーでは一番恐いと言われている2点差でこれではねぇ…。(もっとも今シーズンのバイエルンは3点差でもじゅうぶん危ないですが)

110430_dsc07664_2
前半だけでラウールを下げてしまった采配が物語っているように。
来季CLもELも降格も関係ないシャルケが、マンUとの決死の大一番を控えて、(意図的か無意識かはさておいて)パワー温存モードor心ここにあらずだったとしても仕方ないでしょう。
まあ、見た感じ選手たちはくやしそうでしたが。

そんなシャルケが相手だから、バイエルンは助かりました。
これが降格争いまっただ中とか、ヨーロッパカップ戦出場に向けてがむばっちゃうもんね!とか、意気が上がりまくっているチーム相手だったらどうなっていたかと思うとヒヤヒヤしますよ。
せめて前半いっぱいぐらいはフルパワーモードを維持して欲しいものです。情け容赦なく、4点でも5点でも、取れるうちに取らないと。

までも、ファンブイテンが復帰してから最終ラインの守備はかなりマシになったと思いますし(ってゆうことにしといて。エコヒイキ発言御容赦(^^ゞ)、攻撃面ではこの日はミュラーが停滞ムードを吹っ飛ばすべく張り切ってましたね。
おかげでダメ押しの4点目を決めて、試合を決めることができました。ほっ

そう、ほっとしたというのが率直な感想です。
やったぜ3位奪取わっしょいしょい!これでCL出場権はいただきだ!と脳天気に浮かれられません。さすがに。

あとたった2試合ぐらい、切れてしまうぐらいぎりぎりのところまで気を引き締めてもだいじょうぶでしょ!しっかりやってくれ!

以下雑談
110430_dsc07663
「オリバー・カーンとかの頃と比べて、今はチーム内での序列はフラットになってきているんだ。リーダーはチームとの会話が求められているんだよ」とかなんとかいうことをシュヴァインシュタイガーが先日語っておりましたが、さっそく実践しているようですな。ロッベンは聞く耳ナッシングのようですが(苦笑)。ん~。だから、そういうのはラームがやれば良いのであって、シュバはタイプが違うと思うんだけど…(^_^;)
くどくど言われるのは好かんのかも知れませんが、そんな顔しないで、ロッベンもちょっとは歩み寄らないとイカンよー。アンタのことが必要で、いっしょにチームを発展させたいと思ってるからこそなんだからねー

110430_willkommen
「O」の中のニコニコマークがかわいい。「ノイアーイラネ」メッセージは相変わらずありましたが(だいぶ数は減った)、「ノイアー歓迎」バナーも沢山見かけましたよ~(^^)

関係ありませんが
110423_dsc07661
イヤガラセも、この程度ならかわいいもんです。

そして昨日
110503_fcb

ついに決まりました。
ブット1年契約延長クラフトはシーズン後に退団です。
ノイアー受け入れ体制が着々と進んでおります。
ブットの現役続行は嬉しいけれど、やはりちょっと複雑な心境です。
ワタシ個人としては、男気を貫いた熱血クラフトの決断を応援したいと思ってますよ。
ヘルタに、という噂があるようですね。1部に戻って来るようですし、コンスタントに出場して腕を磨いて、レンジングと共に、バイエルンへの反骨心を糧に大きく成長して欲しいと心から願っています。(で、レンジングのケルン残留は決まったのか~い?)

そんなノイアーがせっかく来て下さるのですから(まだわからんけどsmile)、CLに出られないんじゃお互い意味がない。心おきなく歓迎するためにも(??)、何がなんでも3位以上は確定させなければ!!

110430_dsc07668
「寒いから上着貸して」「ふゎ~い…」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/05/03

ファンボメル三昧

ファンボメルファンの皆さん、こんばんわー!ボメボメしてますかー?

まずは何はなくともぉーーー!
毎度おなじみ、TwellV様の「ACミランチャンネル」公式twitterより

明日のミランチャンネルは「ミランvsボローニャ」をOA!解説は野々村芳和さん、実況は中村義昭さん。ハーフタイムは、ファン・ボメル選手のインタビューをお届けします!5月3日(火)20時~ぜひご覧ください!

ご覧になりますともーーーーーーーー!!!!!!!!

これはアレですね?以前ワタシがヒーハー言った、現地のミランチャンネルで放送された、ミラン公式facebook&twitterユーザーから寄せられた質問にファンボメルが答えたあのコーナーですね?

110415_milantime1 (再掲)

いや何、この企画が発表になった時、「日本のミランチャンネルでも放送しないかな~~」とtwitterでつぶやいてみたところ、TwellV様から「ご意見ご要望として承りました」というリプライ(コメント)が返って来たのです。
ワタシごときのつぶやきを丸ごと聞きいれてくれたわけではないでしょうが、まさか本当に放送して下さるとは!素晴らしい!
ACミランチャンネル@TwellV様ばんざーい!!!←ヨイショ大作戦

…いや、本当にアノ企画かどうかは見てみないとわかりませんが、少なくとも「ファン・ボメル選手のインタビュー」は放送してくださるわけです。ワタシとしてはもうそれだけで!!(T∀T)

ともあれ、明日の「ACミランチャンネル」は要チェケラッチョですよ!GAORA様のバイエルン戦の放送とも時間かぶってないし!←ナニゲに大事

ということで、さらなるボメネタ・兼・ミランネタ

先日お知らせしました通り、ミランの来シーズンの新ユニフォームの発表が行われ、専用サイトでLIVEストリーミングが行われました。
まあ、見れたら見るか~?ぐらいの軽い気持ちだったのですが、ちょっと前にこんなニュースがぁー!

優勝目前のミランが新シーズンのユニフォームをLIVEストリーミングで発表(SOCCER KING)

新ユニフォームの発表イベントは、現地2日の16時(日本時間の2日23時)からスタート。アドリアーノ・ガッリアーニ副会長、クラレンス・セードルフ、ルカ・アントニーニ、マルク・ファン・ボメルがプレゼンターとして来場し、会場のイタリア人ブロガーや世界中のブロガーとオンライン上でO&Aセッションを行う予定となっている。

(太字はワタシの加工です)
なんですとーーーーー!!!???(゚∀゚)
ご覧になりますともー!(誰も「ぜひご覧ください」とは言ってない)
ということで、ユニフォーム発表会に臨んだファンボメル

110502_bommel

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。ドウコレ( ̄▽ ̄)

いや、ファンボメルはいつも通りイケメンですが、ユニのデザイン。これは従来ユニ購入決定か…?(汗)
ミラン公式fecebookにて写真がアプされてますが(すぐに公式サイト他にも沢山出るでしょう)、せっかくがんばってキャプチャしたので

110502_adidasmilan2
はっきりわかりませんが、どうもファンボメルは、体のラインがクッキリ出るピタピタタイプ着用ぽい?ε=(゚∀゚)ムッハー!
バイエルンでもミランでも、実際の試合ではピタピタタイプは着用していないので、貴重かも知れません。

110502_adidasmilan3
なんかやりとりしていたらしいのですが…。会場の音声は殆ど聞こえなかったので、何が何やら。でもファンボメルがしゃべってるシーンはなかったかも。(途中までストリーミングがつながらなかったのでよくわからない)

110502_adidasmilan5
ボールにサイン。キラリと光る結婚指輪に毎度キュンと(略)
見慣れたサインですが、「4.」はまだちょっと見慣れないんだぜ…

110502_adidasmilan6
そしてそのボールを客席に蹴り込む。

とまあ、こんな感じで、ユル~ッと終了した、新ユニお披露目会でありました。
まあでも、ファンボメルがチームを代表してこのような場に登場すること自体、ミランでの将来は明るいのかしらとちょっと希望持っちゃいますねぇ~heart
今のままなら、お互い、契約延長を断る理由はないとは思いますが…。でも油断は厳禁。

さて
先ほど、バイエルンから、かねてより噂のありました「アウディ・カップ」について公式発表がありました。(ドイツ語
7月26日&27日、場所はアリアンツ・アレーナ。今年の招待チームは…

110502_fcb
ミラン、バルセロナ、ポルト・アレグレ(ブラジル)インテルナシオナル。
[追記]日本語版出ました。なんか変だと思ったら「ポルト」って、ポルトガルのあそこではなくて、ブラジルのチームだったのですね。道理でエンブレムとチームカラーが違うなと…(^^ゞ
【またまた追記】じゃなくて、超有名なあの「インテルナシオナル」じゃねぇーか!バイエルン日本語版の「SCインターナショナル・ポルト・アレグレ」って書き方はどうなのよという話よ~sweat01と、自分の無知を棚に上げております(^^ゞ 実に実に申し訳ないので、オワビにクラブの公式サイトのリンク貼っておきます。こちら

(以下、ちょっとメランコリック入っちゃいましたので(汗)たたみます。)

続きを読む "ファンボメル三昧"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/02

35節のファンボメル

は、出停ですので客席観戦でございます。

110501_bommel_2
嗚呼よかった。TVカメラが映してくれないので、来てないのかと思ってちょっとションボリしておりました。握手している相手は不明。

なので超さっぱりと。

ACミラン 1-0 ボローニャ

110501milanbolognafj
交代:ピルロ(81ボアテンク)、ベレッタ(86カッサーノ)
サブ:アメリア、ボネーラ、ジェペス、アントニーニ、エマヌエルソン

得点:フラミニ(8)
カード: デッラ・ロッカ(82)  ボアテンクムタレッリメッギオリーニMudingayiヴィヴィアーノ

110501_milan2

苦しむ必要のない相手にムダに苦戦してしまった、あまり(orとても)よろしくない内容の試合でしたが、結果よければとりあえずOK、ってことでいいでしょうか?
反省や修正はアッレグリさんがキチッとやってくれるでしょう。期待してます。
みんなこんなに喜んでるんだもんね(^ー^)

110501_milan

ボアテンクは子持ちであったか
110501

不満がいっぱいで見どころの薄い試合でしたが、ポジティブな見せ場は、終盤にセリエAデビューを飾ったベレッタ
イブラヒモヴィッチとパトの不在を受けて数試合前から急遽ベンチ入りしておりましたが、たぶんユースチームの選手と思われます。

110501_beretta

1点差という際どいところで出場させるアッレグリ監督の采配も心ニクいばかりです。
次節はイブラヒモヴィッチも出停が明けて戻って来るし、今度いつ出番があるかわからないということで(?)、とにかくこの19歳の若者が猛アピール!
疲れて動きの重たげなおっさんたちを尻目に元気ハツラツ!相手選手を豪快にぶっ飛ばしてゴール前に突進等、少ない出場時間でモリモリとチャンスを演出!何よー、超面白いんですけど!(^∀^)(ミュラーのデビュー戦を思い出した…)
シュートはGKにぶつけてしまったり、肝心の時に迷ってしまったりして、結果は出せませんでしたが、見ていた人たちをおおいに沸かせ楽しませてくれました。今後に乞うご期待?!

この勝利の結果、ミランはあと1ポイントで優勝確定です!
残り3試合。かなり余裕がありますが、だからと言って気抜いたりして欲しくないものです。
次節ローマ戦で、ガッツリ勝って決めてくれ!もちろんその時はピッチにファンボメルがいて欲しい!

余談
110501_paolo
ハーフタイムに何やら聖歌が流れ、誰かをトリビュートしてる風な雰囲気だったのですが、何事かと思ったら。
この日、前ローマ法王ヨハネ・パウロⅡ世の「列福式」が行われたそうです。それで何故ミランがお祝いするのかはわかりませんが、イタリア全土的に特別な出来事だったのでしょうか?
それにしても「列福」とか「福者」とかいう単語は今回初めて知りましたよ。
とりあえずこちらのニュースでも
<バチカン>故ヨハネ・パウロ2世「福者」に 信者がお祝い(毎日新聞)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/05/01

速報:バイエルン対シャルケ

バイエルン 4-1 シャルケ

110430_mueller

ロッベン、ミュラー、ゴメス、ミュラー、でした。
シャルケの1ゴールはバトシュトゥバーのオウンということになったようです。

ゴメスのゴールは殆どミュラーのものでしたので、実質ミュラーのハットみたいなものです。

ということで3位です。

しかしもう、さすがに手放しでは浮かれられませんよね。
3-1とした後のバイエルンはダラリと手抜き気味で、毎度おなじみの決定力欠乏状態でしたので、けしてほめられたものではありません。前半の貯金がなかったらどうなっていたことか。
たかが2点差で、ムダなプレーや雑なプレーをしてる余裕はなかったはずなのに。
ゴメスはそこはシュートするべきで、ヘンな気を利かしてミュラーにパス送ってる場合じゃない。ロッベンは1対1のチャンスはもっと落ち着いて決めなければ。
そんな中、ミュラーがダメ押し点を決めたのは良かったですね。プレッシャーにとらわれないのびのびしたプレーが光っていたのも若さゆえか?

ともかくこれで万事成功、復調、ミッションコンプ、とか思ってもらっちゃ困るのです。
むしろいつもの流れだと、次節負ける(orがっかりドロー)パターンですから~(汗)。頼みますよホント。

続く。

110430_uchy
おや誰と?ティモシュクかな?
【追記】コンテントだそうです。せっかく教えていただいたのに訂正が遅くなりました(汗)。大変申し訳ありません m(__)msweat01

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あと270分

ドルトムント、優勝おめでと~う。

正直どーでもええわい。それどころじゃないんだウチは。
ともあれ、ハノーファーは負けました!
またまたまた(何回目かもうわからん苦笑)、自力で追い抜くチャンスですよー。
…さすがにもうあまり期待してませんが、でもがんばれ。せめて気持ちのこもった、恥ずかしくない試合をしてくだされ。

昨日アプしました、キャプテンシー問題について、日本語でのまとめ記事が出ましたね。

バイエルン、シャルケ戦前にゴタゴタ… 「リーダー」発言巡り(ISM)

これによると、アノ言葉「Chefchen」はやはり「Chef」+「chen」でいいようで、シュバが言ったのではなく、記者に言われてムカついた言葉のようですね。
「小さなボス」がなんで侮辱的な言葉なのか、ニュアンスはさっぱりですが、それは現地でないとわからない感覚なのでしょう…。

そんなシュヴァインシュタイガーWELTのインタビューにて、キャプテンシーについて(冷静に)語ったようですが(他の話もしています)、シュバがキャプテンシーとかリーダーシップについて語るのは、個人的に違和感があります。

さあさあ、もうその話はおいといて。
爽やかな(?)ダニエルネタですよ。
たいして気の効いたことを言ってるわけではないのですが、バイエルンのことを考えると気分がくさくさするので、ステキなアノ人の記事でも読んでホンワカしたかったのです。

家事をしたりスケート見たりして時間がなかったので、わからないところを大きくはしょって、わかるところもざっくり意訳作文です。てきとうに流し見てね。

では、いってみよー

---------
Bild - Für Platz 3 opfere ich meinen Urlaub

Bild:ファンブイテンさん。ハノーファーを3位から押し出し、CL予選出場権に到達するために、残りあと270分です。あなたはバイエルンで、ラスト3試合で何ポイントゲットするでしょう?

ダニエル・ファンブイテン(33):9ポイントですよ!

Bild:ではハノーファーは?

ファンブイテン:7ポイント。それで僕たちは最低目標に到達します。そして、言いたいんだけど…

Bild:どうぞ…

ファンブイテン:3位だったら僕はバカンスを全て返上します。夏の間ずっと簡単なトレーニングをします。チャンピオンズリーグ出場がふさわしいと思うからです。ヨーロッパリーグじゃなくて。どういう結果に終ろうとも、僕らにとってはひどい1年でした。タイトルなしのシーズンなんて、僕にとってはただの無駄なシーズンです。

Bild:チャンピオンシップのためにプレーすることと比較して、3位のための方がプレッシャーは大きいですか?

ファンブイテン:それぞれのプレッシャーは別物です。そして、そうですね、ある意味大きいです。優勝をかけてプレーするということは普通は、CL出場は安泰ということです。その場合、プレッシャーはタイトル獲得に向けて役に立つことがあります。ですが今感じている緊張感は違うものです。僕たちは何かを勝ち取るだけではなく、失ってしまう可能性もあるのですから。

Bild:全てを失わないためには、シャルケをやっつけなければいけません…

ファンブイテン:シャルケとは、ポカール準決勝の敗北のあと、僕らにはまだ解決するべきポイントがありました。(??)僕たちはこの失敗を忘れてません、少なくともポカールだけは勝ち取りたいと願っていましたから。

Bild:シャルケはチャピオンズリーグにて、バイエルンより先に進んでいます。しかし準決勝1st leg・マンチェスターユナイテッド戦で0-2でした。彼らはおそらく敗退ですね?

ファンブイテン:昨シーズン、僕たちは準々決勝2nd legマンU戦で、3ゴールのビハインドがありましたが、準決勝まで進みました。まだシャルケにもわずかなチャンスはあります。インテル・ミラノに5-2で勝った彼らです、マンチェスターでもサプライズが起こり得ますよ。

Bild:マヌエル・ノイアーが夏にミュンヘンへ移籍することを望んでますか?

ファンブイテン:僕にとってドイツで最高のクラブはバイエルンなのです。そしてバイエルンにドイツ最高のGKがいない場合には、僕たちは取得する必要があります。たとえイェルク・ブットとトーマス・クラフトが素晴らしい仕事をしているとしても。

Bild:バイエルンは新しいディフェンダーについても検討しています。それについてはどうですか?

ファンブイテン:クラブは選手を獲得する必要がありますし、そうするでしょう。ここにいる者それぞれが考えていることがあるはずです。(?)

Bild:あなたは33歳です。あなたにとって(ポジション)競争がまだまだ大変なものだとしても(バイエルンに)残りますか?

ファンブイテン:僕は来シーズンもバイエルンでプレーする予定です。こことの契約は2012年まであります。だけど僕の野望はプレーすることです。責任を伴うことであることもわかっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »