« 32節:バイエルン対シャルケ | トップページ | CL準決勝のファンボメル(05年) »

2011/05/05

CL準決勝・2011

どもども。伝えたいネタが沢山あるのですが…とりあえずCLの結果をお伝えしましょうかね。
結果だけ。内容についてはムニャムニャ…

5月3日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
バルセロナ 1-1 レアル・マドリー

(2試合合計ゴール数3-1バルセロナが決勝進出)

感動したのはこのシーンだけ

110503_abidal

まあ、1st legよりははるかにマトモな試合をしてましたが、ここでもレアルが不利になるミスジャッジが出てしまい、レアル側がさっそく「ほれ見たことか」と騒ぎ出し、遺恨の残る結果となりました。

まあ、ワタシはスペインファンではないので、そこんところはてきとうにやっとくれ、という心境です。

少なくとも。
「レアルは汚いプレーばっかりしやがって!」とか「バルサはいちいち大げさにひっくり返りやがって!」とか「アンチフットボール断固反対!」とか、このワタクシがそんなことを言うはずがないのである。

続きましては

5月4日 同じく、マンチェスター・ユナイテッド 4-1 シャルケ04
(2試合合計ゴール数6-1マンUが決勝進出)

シャルケ、主力温存・BチームのマンUに完敗。
前半を2-1で終えた時点であきらめて寝てしまいましたが、その後さらに2失点したとはね…(汗)
続きをまだ見てないのですが、見るべきかどうか…。結果を知ってもなお、最後まで見届けなければ!と思うほどの熱いシャルカーじゃないもので(^_^;)

110504_raul

この試合が、ラウールの最後のCLにはなって欲しくないなぁ…という思いが。
フンテラールが怪我から復帰して少しプレーしたようですが。シーズンに間に合ってよかったです。

シャルケにとっては、冒険と挑戦のCLだったのではないでしょうか。ドイツの期待を背負って準決勝まで進んだことを、もっと誇りに思って良いよ。なんだかんだ言って楽しませてもらいましたし。
来シーズンは無理だが、再びこの舞台に戻って来る頃には、もう決勝トーナメントは当たり前、ベスト8、ベスト4だっておかしくないぐらいの力を付けていて欲しいものです。

本日の見どころ
110504_dsc07669
ハーグリーブスだ・・・

110504_dsc07671
ヒロミ部長はショッキングピンク

|

« 32節:バイエルン対シャルケ | トップページ | CL準決勝のファンボメル(05年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/39876144

この記事へのトラックバック一覧です: CL準決勝・2011:

« 32節:バイエルン対シャルケ | トップページ | CL準決勝のファンボメル(05年) »