« CL準決勝・2011 | トップページ | リベリおめでた&カーンは… »

2011/05/06

CL準決勝のファンボメル(05年)

ファンボメルネタですよー(^^ゞ

kickerのビデオコーナーに、ファンボメルのかんたんインタビューが出てました。もしかしたら他にもっと長いのが出てるのかな…?

110504_kicker3
アウディ・カップについて公式発表が出たので、ミランの選手としてミュンヘンに帰還するか?という切り口の内容のようです。

110504_kicker2
とはいえ、まだミランとの契約延長も確定しているわけではないので、ファンボメル本人からは特にアウディ・カップについての話は出てなさそう。
何を言ってるのかはさぱーりですが、バイエルンとの関係は悪くないよ、ロッベンとバトシュトゥバー、ミュラーとは今でも連絡を取ってるしね、と言ってるらしい(違?)ところだけはなんとな~くわかりました。それにしてもドイツ語を話してるところを見るのは久しぶりの気がします。

ということで
ご存知、5月4日はCL準決勝があったわけですが、6年前の同じ日にも、PSVにとって忘れられない試合があったのです、動画はこちら、と、案内がありましたので、リンク先にて動画を見たのです。ハイライトかな?と思ったらなんとフルマッチ!PSV.tvぐっじょぶ~!
いや、見たかったんですよ~。おそらくファンボメルとPSVにとっては輝けるシーズンだったに違いない、04/05シーズン。ミラン相手にPSVが大健闘したという伝説の(?)CL準決勝。

UEFAのサイトから、過去の大会のアーカイブスがなくなってしまったのですが、そこはさすが、我らのkicker!ベンチメンバーこそ出てませんでしたが、ちゃんとデータが残ってましたよー。

こんな試合でした

05年5月4日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 2nd leg
PSVアイントホーフェン 3-1 ACミラン

(2試合合計ゴール数3-3、アウェーゴール数0-1ミランの決勝進出決定)

050504_psvmilanfj
交代:ロベルト(70ボウマ)

得点:パク・チソン(9フェネホールオフヘッセリンク)、コクー(65イ・ヨンピョ)、アンブロジーニ(90+1カカー)、コクー(90+2フェネホールオフヘッセリンク)

そうそうたるメンバーが当時のPSVにはそろっていたわけです。ボウマは今もPSVで頑張ってますね。コクーはアシスタントコーチです。
そして当時のアシスタントコーチはなんと
050504_8
現監督のルッテンではないかー。監督はご存知、名将ヒディンク
ちなみにミランの選手は知ってる人ばっかりでした。ガットゥーゾなんか今と全然変わってませんよ~。

1st legはアウェーで0-2で敗戦したPSVが、ホームにミランを迎えての2nd leg。
まあ、試合レポ的なものは、モヤモヤ画面で選手の見分けもむずかしい状態ではちょっと申し訳ないので、ファンボメル中心に雑感を。

050504_3

050504_7
カッコいい~heart01やっぱキャプテンマークが似合うわぁ♪(←別に含みはありません)
ちゃんと探せばこの試合の写真とか沢山見つかるのでしょうが、あえてモヤモヤキャプチャ画像で。

4-3-3、か、4-3-2-1か、よくわかりませんが、ファンボメルはどうも、中盤の「3」の右の位置だったみたい。
とはいえ、デフォルトの立ち位置にかかわらず、左右上下とポジションチェンジをしつつ、攻撃に守備に本当によくハードワークをしておりました。

そしてプレースキッカーも任されていたようで、試合中ほぼすべてのCKとFKを蹴っていた気がします。代表戦ではたまに見かけますが、クラブでは全く見かけなくなったので、かなり新鮮です。

いやぁ新鮮と言ったら、新鮮なことばかりでした。
攻撃的な仕事をしてる状態がまず新鮮☆
もっとも、バイエルンでの初年度も、トップ下だとか右SHとか、攻撃的なポジションでプレーすることが多く、ワタシはそれが大好きだったんですけど…。

そしてアグレッシブなファウルが実に少ない(笑)
他のPSVやバルサでの試合を知らないのでなんとも言えませんが、これは、この試合のPSVが優勢に試合を進めていたから、エグいファウルする必要がなかったということ。
つまりファンボメルは、必要もないのにムダなファウルをするような、アタマの足りない暴れん坊じゃないってことですよふふん~(^ー^)♪ま、そんなことはとっくにわかっていることですけどね~。
ポジション的にも、今よりはずっと守備にかかずらうこともなかったですし。

PSVの頃からファンボメルを知っている方が、現在のプレーを見て、運動量が少ない、攻撃参加が殆どない、ということに対して物足りなく思う気持ちがわかりましたです。
ワタシも、元気に動き回って積極的に攻撃参加をしているファンボメルを見ているとわくわくしますし、楽しいです。

でも現在、どっしり構えて、頭脳的で確実なプレーをしているファンボメルも、同じくらいステキだな、と思うのであります。(もちょっと動いても、と言う希望もありますが…(^^;))
その都度指導者の要求に応じて戦術を理解しプレースタイルを確立し立場を維持してきたわけで、なんて偉大なヤツなんだlovely、と惚れ直すわけです。

050504_6

さて
試合はそんなわけでPSVが見事なポゼッションサッカーを展開してピッチを制圧。ミランにゲームをさせませんでした。
よく組織されてましたし、連携もスムースでした。運動量もよい。スタッツはわかりませんが、ボール支配率はかなり高かったのではないかと。
やはりさすがのパク・チソンが光ってました。ファルファンも悪くなかったですが、彼は今の方がもっと良いかな。なんとなく。
一方ミランはあまり調子が良くないように見受けられました。カカーは危険な存在だったようですが、PSVは対策をしっかり練っていたのか、自由を与えないように気を配っていたと思います。

しかし序盤からのハードワークが響いて疲れが出たのか、後半途中から、集中力が散漫になったように見え、動きも重たげになり、ちょっとしたミスが増えて来ました。
危ないなぁ、と思っていたところロスタイム、PSVの集中力の隙をついてカカーがチャンスを演出し、アンブロジーニのヘディングゴールを許してしまいます。
その直後にコクーが執念のゴールを決めたのですが、取り返すには時間があまりに遅すぎました。

ミランに与えてしまったこのたった1点のアウェーゴールのために、スコアでも内容でも圧倒しながら、無念、PSVは夢の舞台に立つことが叶わなかったわけです。

050504_17

ファンボメルは泣いていました。涙をこらえながら弱々しい笑顔でファンに応え、投げきっすをする姿に胸がキュッとなります。
PSVでの最後のシーズン、置き土産としてチームに栄冠をもたらしたかったに違いありません。
嗚呼~マルク、いつか必ず、この日逃した栄光をつかませてあげるからねっ!(T△T)
…って、翌年バルセロナでちゃっかり優勝するのですが(^▽^)おめでとー ←何年越しだよ

今年の準決勝のように、勝つべきチームが順当に勝ち進むこともあれば、この試合のように、勝ちにふさわしいチームが負けることもある。
だからサッカーは、スポーツは面白い、そして不条理で残酷だ、と、思うわけですが。

今回改めて感じたのは、どんなに正当なものでも逆に不条理なものでも、自分の愛するチーム(or選手)が負けるのは、理屈抜きに悔しいものなんだぜ!ということです。仕方ないさ、とそう簡単に納得できるものじゃないですよね。

むひょむひょおまけ
050504_13
スタムとユニ交換。これこれ!これなのよ!ワタシの好きな腹筋~lovely
今はこういう腹筋があまり見られなくなってしまいました。トシを取って体格が変わっちゃったのでしょうか…ざんねん。

え~ちなみに、この後ミランは決勝で、あの「魔の3分間」にて、リヴァプールに負けております。あれは感動的でしたねぇ。
そして
ファンボメルは翌シーズンもバルセロナで準決勝にてミランと対戦、この時は勝利しておりますが、さらに翌シーズン、今度はバイエルンで準々決勝にて敗れております。
移籍が決まった時、ファンボメルのミランに対するリスペクトが少し強すぎるんじゃないかと思ったのですが、そんなわけで、彼にとっては縁の深い難敵でもあったわけで、リスペクトするにふさわしい相手だったということですね。もちろん、子供時代から好きなチーム、というのも大きかったでしょうし。

|

« CL準決勝・2011 | トップページ | リベリおめでた&カーンは… »

コメント

いやあ懐かしいですねえ。試合覚えてますよ。韓国コンビが躍動して、ベテランコクーが健在ぷりを発揮してましたね

多分この時がエールディビジ最後の勇姿かな…近年は酷い有り様ですからね

ボメルもリーグじゃあ二桁ゴールしたりして今よりは前目で得点に絡んでましたね。年と共に後方で構えるようなプレースタイルに。マテウスを思い出すなあ

いやあしかし懐かし。懐古かもしれませんがその頃が一番CLが楽しかったような(^.^)

投稿: アナベベ | 2011/05/06 18:26

> アナベベさん
韓国コンビ、良かったですね!イ・ヨンピョもPSVにいたとは、恥ずかしながら今回初めて知りました(^^ゞ
コクーのゴールは2点とも素晴らしかったです。2点目のは状況が状況だけにちょぴり切なく…
オランダチームが再びCLで輝くのはいつの日か…。今シーズンは、トゥエンテもアヤックスも、グループリーグの組み合わせが悪かったかも知れません。
PSVで二桁ゴールをバンバン挙げていたボメをご存知なのですね…。羨ましいです。今シーズンはまだノーゴールなんですよぅ~。守備的な仕事をしているボメもステキとはいえ、1ゴールぐらいなんとかなりませんかねぇ。相手DFに当たって入っちゃった、とか、そんなんじゃなくて、かつてのような、GKの手を吹っ飛ばすような豪快爆裂ミドルでひとつ…(←何を注文付けてる)。
そうですねー、この頃のワタシも若かった…じゃないわ、バイエルンだけじゃなくCLもモリモリ見てて、他のチームの選手やチームの名前もどんどん頭に入り、楽しかったです(その割には試合内容は殆ど覚えてない)。なのにこの試合は見てないんですよ~!バカバカ自分ー!過去に戻って教えてあげたいですよ!将来アンタが惚れる選手がPSVにいるんだぜ!と。もっともこの頃はカーンに夢中でしたので、聞く耳ナッシングだったでしょうが(苦笑)。

投稿: コリアンダー | 2011/05/07 03:08

こんにちは。PSVの伝説の試合、とりあげていただきありがとうございます!
私はビデオに録画してあるので、何度も見返すのですが、いつも最後まで見ないんです(哀)。でもPSV.TVにフルマッチおいてあるなんて知りませんでした。おかげさまで今回あらためて見たら、最後の画は傷心のVan Bommelなんですね。日本で放送したものと違うので、ジンときました。
当時の中盤はVogel(スイス代表主将)が守備的で、左右前目にVan BommelとCocu、3人のキャプテンがとりしきるすばらしい中盤でした。
そのVan Bommelが今年ミランで優勝ですね。PSVの公式でも記事になっていましたので、ブログにちょっと書いておきました。のぞいてみてください。これからもVan Bommel情報楽しみにしています。

投稿: 8rabbits | 2011/05/15 17:20

> 8rabbitsさん
まずは、リーグは残念でした…sad終盤に来て失速してしまったのが痛かったですかね。。。
いやぁこの試合、ずっと見たいと思ってたんですよ~。当時は今よりも、ミランとかの試合もまめに見ていたはずなのですが、PSV?知らん、と思ってスルーしていたのでした。なんてもったいないことを…。今回見れて感激です☆
シロート目線で恐縮ですが、いい試合でしたねー!
当時見てたら自分は傷心のファンボメルに惚れたでしょうか、いや、素晴らしいゴールを二つも決めたコクーさんに惚れちゃってたかも知れませんsmile
中盤の3人の安定感は素晴らしかったですね!shine主将トリオだったんですか?やんちゃなモジャモジャキャプテンを、兄さんたちがしっかり支えてくれてたのかな。(想像)
おぉファンボメルの優勝を取り上げてくれてたのですね!お伺いさせていただきます~happy01
PSVはほんと、OBたちの情報をマメに追ってくれて、いつも温かいですねconfident。ドイツのどっかのチームとは…。いやいちおう「前カピテンのチームが優勝しました」と小さく淡々と伝えてはいましたけど(苦笑)。

投稿: コリアンダー | 2011/05/16 10:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/39878250

この記事へのトラックバック一覧です: CL準決勝のファンボメル(05年):

« CL準決勝・2011 | トップページ | リベリおめでた&カーンは… »