« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011/04/30

セードルフ、ナイトの称号受章!

ネガチブで感じの悪い内容のlogをアプしてしまいましたので、気分直しに軽めの話題。
と言ってもバイエルン関係ありませんが恐縮coldsweats01

ロイヤル・ウェディングでしたねぇ。Bildのバナーもひっそりとロイヤル仕様。

110429_bild2

ということで?なんとなくロイヤルな話題。

前日の28日、オランダとACミランが誇る英雄セードルフがなんと!
オランダ王家であるオラニエ・ナッサウ家からナイトの勲章を与えられたそうです!
長年のサッカー界への貢献と、児童たちの教育支援基金活動?かなんかを評価されて、ということらしいです。
素晴らしい名誉!おめでとう!\(^∀^)/

110428_seedorf2

エロジジiイタリア首相・兼・ミランのオーナー様も同席。木靴(?)がほのぼのしますね。
ローマにて、オランダ大使から授かったそうです。
OnsOranjeかどこかに、ファンデルサール、ファンブロンクホルスト、ファンマルヴァイクに続いて、と書いてあった気がしますが、オランダサッカー界からはこの4名だけなのでしょうか?なんかもっと、往年の名選手とか名監督とかいるんじゃないかという気もしますが…

110428_seedorf3
セードルフ卿でござるよ。かっこいーなー☆

せっかくなので、あまり関係ありませんがミランつながりで、自分用メモ的に。
来シーズンの新しいホームユニがイタリア時間5月2日16時から発表されるらしいです。(facebook
ここのサイトでLIVEストリーミング?!と言ってます。何が起こるのかよくわかりませんが、とりあえずその時間になったら、のぞいてみることといたしましょう。

もっともワタシ的には、今のユニフォームがけっこう気に入ってるので、ファンボメルが無事に契約延長なった場合、新しいのにするべきか従来品にするべきか(セールで出るかも知れないし)、考えどころではあります。

Dsc07514

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/29

ゴタゴタはゴメンです

CLのレアル対バルサの話をしようと思っていたのですが、その後すっかり後味悪くなってしまい、話す気がなくなっちゃいました

レアル・マドリー 0-2 バルセロナ

110427_mou
収監された酔っ払いじゃないんだよん

退席処分を受けたらチームに指示等出してはならないのだそうですが、こっそりメモを取ってコーチングスタッフか誰かに渡しているところをカメラに抜かれてました。
それを見てすかぱ実況の倉敷さんが「いけないんだ~♪」と軽~く言っていたのがツボでした(^m^)

……まあ、確かにドイツ人主審シュタルクさんのジャッジはブレ気味でびみょうではありましたが、陰謀がどうのとか大騒ぎするほどのことはなかろうよ。
余計なこと言ってシュタルク主審が恐怖にさらされるようなことになったらどうしてくれる、許さんぞ、とそっちの方が心配です。

レアルの荒くれプレーが目立ってましたけど、目立ってたかどうかというだけで、実際には、どっちもどっちなんじゃねぇーの、とは思います。
特に前半はマリーシアじゃないわ、なんてゆうの、演技の応酬みたいなのがすごかったですし。

2得点ともメッシのスーパーゴールだったのですが、1点目はアフェライのスーパーアシストなんですよー!
スーパーだったのはアシストプレーだけだったとかメッシが良かっただけとか言っちゃイヤンです(^∀^;) 1月に加入したばかりの、オランダからの挑戦者のエエ仕事を、もちょっとホメてあげてよ~

110427_afellay
おめでとう!これからもがむばれー

さて

110419_robbenlahmbastian 実は全員ほぼ同い年

これまた全然楽しくない、バイエルンのもめごとネタですよ。
すわ!ラーム&シュヴァインシュタイガーロッベンと対立か?!とかいう話です。
殴ったり暴言吐いたり、すっかり暴れん坊のイメージがついてしまったロッベンのことをこれ以上悪く思われたくないのでスルーしようかと思っていたのですが、ヤツの名前が登場してしまってるので・・・・・・。
ラームファン、シュバファンの方はあまりカーッとしないで冷静に読んでくださいね。
(追記・修正あり)

続きを読む "ゴタゴタはゴメンです"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/04/28

シャルケざんねん&あり得んロッベンの歌

4月26日 UEFAチャンピオンズリーグ 準決勝 1st leg
シャルケ04 0-2 マンチェスター・ユナイテッド

いや~。ねえ。残念です。
いかに相手が天下のマンU様だったとしても、もうちょっとやりようがあったんではないかと思いますが、これが経験値の差、場数の違い、ということなのかも知れません。
シャルケは相手に恐れをなして終始及び腰でしたね。いいところありませんでした。
までも、ワタシとしては、先にも言いました通り、インテルをやっつけてここまで来れただけで十分満足していますので、残念ですが、別に怒ったり失望したりしてはいませんよ。
ただ2nd legは、もう少しいいところ見せて、華々しく散って欲しいです。
去年このマンUにバイエルンは勝ったんだけどな~

ノイアー神はそれはもう、本当に、素晴らし凄かったです。彼がいなければもっと壊滅的な負け方をしていたでしょう。それだけに切なくなりました。いろいろ…

110426_neuer3
「えいっ」

110426_neuer2
「とっとっとっ」

110426_neuer_2
「ノイアー君、あの話、考えといてくれた?」「えっと…」

こんなに素晴らしいのに、来年CLに出れるかどうかもわからないバイエルンでいいのか~い?とか思って、申し訳なくなっちゃいましたよ・・・

さて

ネタを思いついたらすぐ形にしたくなってしまって…(^_^;)

110427_robbenj

わかる人にはわかる、替え唄も浮かんじゃいましたよ。
「ッ」は意識しないで、「ロベン」と発音した方がよろしいでしょう。

ロッベン ロッベン ロッベン
ロッベン ロッベン ロッベン
ロッベン ロッベン、ロッベン ロッベン ロッベン
ロッベン ロッベンロッベン
ロッベン ロッベンロッベン
囲みを破って ピッチを走る
ロッベン ロッベンロッベン
ロッベン ロッベンロッベン
ロッベン ロッベン ロッベン ロッベン
ロッロッロッロッベン
ロッロッロッロッベン
ロッベン ロッベン ロッベン
ロッベン ロッベン ロッベ~~ン♪

次節シャルケ戦は出停が明けるので、神出鬼没の(?)活躍を期待してるぞー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/27

31節:フランクフルト対バイエルン

「ノイアーイラネ」や「ウリうそつき」どころではない、ケルンの方が更に緊迫した状況になってるようですが…(汗)それはされおき

いちおう、来季の新ユニフォームの写真だけでも

110419_trikot
シンプル。背番号とアディダスの3本線はゴールドなので、あちこちで言われているのと同様に、ワタシも「スペイン代表みた~い」と思っちゃいました。
でもドイツ代表のサードユニっぽい感じもしますよね。

110419_trikot3

110421_berni4
ベルニィが激やせだ!
うそ。中身はロッベンなのですが、そんなに簡単に、中に人が入ってるとかばらしちゃっていいんでしょうか…

110420_neuer
涙のノイアー。果たして彼の行き先は…

とかなんとかいう話題の中迎えたこの試合。
あのレヴァークーゼンに大勝したのだから、フランクフルトなんざ勝てる相手だったはずなんですがねぇ…

110423_jonker
「ガチョ~ン」(うそ)

4月23日 ブンデスリーガ 第31節
アイントラハト・フランクフルト 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110423frankfurtfcbfj
交代:クロース(69ティモシュク)
サブ:クラフト、バトシュトゥバー、ブレーノ、オットル

得点:ローデ(54ゲカス)、ゴメス(89PK)
カード: ケーラーオクスユングフェニンシュヴァインシュタイガーゴメスグスタヴォ

MoM:フェールマン

110423_bastian2
けんけんごうごう。

まあ、試合の話はもういいでしょ(-_-;)

キレるシュヴァインシュタイガー、グスタヴォを叱り飛ばすゴメス、等、若いモンが感情をコントロールできなくなってるのを見て、こうゆう時に「…ギャーギャー騒ぐんじゃねぇよ」と、ドスの効いた声で落ち着かせるベテランがいたらいいのにな~と思いましたとさ。

110423_dsc07654
そんなグスタヴォはなんとも言えないポーズでゴメスのPKを見守るのであった。

110423_dsc07656
試合中にバランストレーニング(?)のハリル。ハミトじゃないよ。

まあ確かに、MoMを取るだけのことはあって、フランクフルトGKのフェールマンの神セーブが炸裂した試合ではありました。

……。せめて気持ちを見せて欲しかったです。
何が何でも勝たねばならない、という危機感を持って試合に臨んでいた選手がどれだけいたのか。

110423_loew
一昔前の業界人?(ヨギ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

34節のファンボメル

どもども、皆さまお久しぶりでございます。コリアンダーです。
月曜日(25日)に帰って来たのでございますが、昨日の今日で、録画した先週末の試合を見る時間がなく、結局今日(26日)TwellV様の「ミラン・チャンネル」で見るという。
そして、今週はありがたいことに時間がかぶってなかったので、そのままGAORA様のバイエルンの試合になだれこみ、おかげでミラン→バイエルン、と、充実したサッカー三昧の時間を過ごしたのですが、勝ったミラン→負けに等しいバイエルン、という流れは心理的になかなかに厳しいものがありました(^_^;)

この後、決死の大一番、CL・シャルケ対マンUがありますし、申し訳ないのですが結果とフォメ図だけザックリと失礼します。まずはファンボメルのミランから。

4月23日 セリエA 第34節 ブレシア・カルチョ 0-1 ACミラン

今までCBチアゴ・シウバとジェペスを逆に描いていたかも知れません(汗)110423bresiamilanfj
交代:エマヌエルソン(70ボアテンク)、アンブロジーニ(84カッサーノ)
サブ:アメリア、ボネーラ、アントニーニ、ピルロ、ベレッタ

得点:ロビーニョ(82)
カード: Vassベラルディエデルアバーテファンボメルフィリッピーニ

110423_binho3
おめでとう!ロビーニョ!産まれてくるコドモに捧げるゴール。

110423_dsc07653
カピターノ・アンブロジーニも復帰☆

110423_3
出ちゃいましたね~。次節出場停止ですトホ。審判に対するなれなれしいリアクションはドイツでもイタリアでも相変わらずです。
早ければ次節にもミランの優勝が決まるそうですが、どうせならファンボメルの出てる試合で決めて欲しいかも…(小声)

この試合最大の見どころはこちら
110423_boa
??ユニフォームを脱いでシュートするボアテンク・・・

見てみましょう
110423_dsc07649_2
セットプレーの競り合いでもみ合う

110423_dsc07650
ズボッとな

110423_dsc07651
脱がしちゃったcoldsweats01

というわけでした。その直後に前半が終了。脱がした選手にまだくどくど言うボアテンク
以下TVを見ながらワタシがリアルでアフレコしたセリフ(かなり下品ですが、実際これぐらいのことは言ってるんじゃないかと)
110423_dsc07652
「お前ホモか?!あいにく俺はオメーのケツなんかに興味ねーんだよ」

んーもー、ねえ、どうせ脱がすんなら、ヤツにしてくれたらいいのにん。

110423
未遂。(ポチすると写真が大きくなりますが、ボメラーは鼻血に気を付けてください)

・・・・・・失礼しました~。ε=┌(;^∀^)┘(逃)
と、ともあれ、勝利おめでとー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/22

ハッピーバースデー・マルク

(この記事は予約投稿してます)

(と、いったん予約投稿したのですが、あまりに出来が悪かったので25日に描き直しました。あんまり良くなってないね(^∀^;))

110422_remarkj

ACミランへのファンレターの宛先を知らないので、ここでひっそりアプするだけになりました。
ちょっと時間が足りなくてバタバタした状態で描いたので、やっつけ仕事になってしまいましたが、ボメ愛は感じとっていただけるかと。

成功と栄光に彩られた素晴らしい34歳でありますように。

ハッピーバースデー、マルク・ファンボメル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/21

しばしごきげんよう

※携帯から投稿してます。

いやいやー、ゆうべのコッパ・イタリア、パレルモ対ミランは2−2のドローだったようで(^_^;)
せっかくイブラヒモヴィッチがサクーッと先制点を決めたというのに逆転され、エマヌエルソンのゴールでなんとか同点に追いつくという...。
堅守を誇るミランが2失点とはどういうことですか。やっぱりファンボメルがいないとダメなのね...、じゃなくて。
CBに入ったパパスタソプーロスがザルだったというウワサですが...(汗)どうだったのでしょうか。
までも、エマヌエルソンにとってはミラン移籍後初ゴール(^∀^) 前日に2人目のコドモが産まれたそうで(まだ若いのにウフフ(^m^))、二重の喜びになりましたね♪ゆりかごパフォやったかな?
...と、試合の様子は全然checkしてないのです(^^;ゞ
ファンボメルがいないと緊張感がどうしても。
そうです、ファンボメルは欠場でした。
いちおうフィジカル上の理由ということになってますが、温存かも知れません。

さて

結局バイエルンの新ユニフォームの話とか、ノイアーの話もしていないままですが、私事につき数日間blogを休ませていただきますm(_ _)m 恐縮。
ネットもあまりできないので、情報収集もままならず、週末の試合も見れるかどーか。バイエルンはだいじょぶだと思いますが、夜遅いミランは...(汗)

そんなわけですので、恐れ入りますが、ヨロシクお願いします。
帰って来たらまた遊んでくださいねー(^^)/

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/04/20

30節:バイエルン対レヴァークーゼン

GAORA様の放送を待っていたらすっかり遅くなりました。この間にバイエルン周辺はにぎやかなことになってしまいましたが、とりあえず試合の話。

4月17日 ブンデスリーガ 第30節
バイエルン・ミュンヘン 5-1 バイヤー04・レヴァークーゼン

kickerの採点も合わせてどぞ
110417fcbbayerfj
交代:コンテント(3)(15プラニッチ)、オットル(80シュヴァインシュタイガー)、ブレーノ(84ファンブイテン)
サブ:クラフト、イェリッヒ

得点:ロルフェス(7オウンゴール)、ゴメス(28ミュラー)、ゴメス(44ミュラー)、ゴメス(45+1シュヴァインシュタイガー)、デルディヨク(62)、リベリー(75ファンブイテン)
カード: ティモシュクヴィダル

MoM:ゴメス
今節のベストイレブンにゴメスが選出

110417_mia_san_uli

110417_dsc07645
ウリを支持する横断幕が沢山見られ、ほっとしましたよ…
(もちろん、糾弾バナーを掲げる輩もいましたけど)

続きを読む "30節:バイエルン対レヴァークーゼン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/19

33節のファンボメル

バイエルンの前日に行われた試合です。

4月16日 セリエA 第33節 ACミラン 3-0 サンプドリア・ジェノヴァ

110416milansampdoriaf
交代:アメリア(19アッビアーティ)、カッサーノ(41パト)、ピルロ(73ファンボメル)
サブ:パパスタソプーロス、アントニーニ、フラミニ、エマヌエルソン

得点:セードルフ(20)、カッサーノ(54PK)、ロビーニョ(62)
カード:なし (!)

110416dsc07640
ものすごく体を傾けて給水なう。飲んでる最中に突然ゲームが再開してしまったので

110416_bommelbottlej

さて試合の方ですが

110416_6

今回もがっちり勝ちました☆
サンプドリアが守備ガッチガチ大作戦を敷いたものだから、最初のうちは攻めあぐねたミランでしたが、セードルフのビューティーFKが直接決まってからは余裕を持ってゲームを掌握。
毎度おなじみの集中力のエアポケットに陥ることもなく、キレイにまとめて完勝です!
カッサーノロビーニョのテクニック、ボアテンクのジャンピングトラップ、ファンボメルでさえ華麗なリフティングで相手選手をかわすという(技の名前がわからん)、美技に会場が沸くシーンもあり、楽しい試合でした。

(あちこちで言われているように、ズラタンがいないとパト・ロビーニョ・ボアテンク・セードルフ等攻撃の選手が守備にハードワークしてくれるから、チームとして組織的なプレーがとってもイイ感じ…ゲホゴホッ。いやいやー、ズラタンが守備もするようになったら更に最強なんだってことで汗)

ファンボメルもいつも通りエエ仕事してましたよ!(^^) ほぼノーミス。
やはりガットゥーゾがいるとやりやすいんではないでしょうか?ワタシにはそんな風に見えました。

しかしー
110416_4
ピルロと交代…。

復帰おめでとう!
ピルロがミランにとってかけがえのない人だということはワタシなりに理解しているつもりです。なので彼の復帰を大歓声で祝福するミラニスタの気持ちは尊重します。
ピルロとファンボメルが来シーズンも同時にミランに残留するかどうかわかりませんが、もしそうなったとしたら、今後二人をこのようにローテーションする使い方が増えるかも知れませんね…。
いろいろ考えちゃいますが、もしもファンボメルが納得しているのなら、ワタシも受け入れるだけです。
【追記】もっともアッレグリ監督的には、ファンボメルはピルロよりはむしろアンブロジーニの代わりなのだそうで…。それはそれで、キャプテンであるアンブロジーニが復帰したらどうなるという…。

まぁ今回はファンボメルも特に不満そうではありませんでしたし、チームメイトのリアクションからも、おそらく予定通りの交代だったと思われます。
ベンチに下がった後アイシングをしていた、という情報もありましたので少し気がかりではありますが、その後怪我等の続報は出てないので大丈夫なのでしょう。たぶん…

110416_dsc07639
だいじょぶそう。

快勝の裏でよからぬニュースも。
110416_pato2_2

せっかく絶好調だったパトがモモウラの肉離れを起こし、途中退場。2~3週間の離脱、だそうです(T-T)
イブラヒモヴィッチもあと2節出停の予定だし、これは厳しい!FWがロビーニョカッサーノだけになっちゃった。
かと言って焦ってインザーギを無理やり前倒し復帰させるわけにもいかんし…。知将アッレグリの腕の見せどころです。

がっ

110416_5
出たゆりかごパフォ♪
2日前にお子さんが生まれたそうです!おめでとう!\(^∀^)/
そして「めでたいことなんだから休んでもいいよ」とクラブに言われていたにもかかわらずトレーニングに参加し、その真摯な姿勢に「どうしちゃったんだ」じゃないわ、感心されているカッサーノであります。
(カッサーノと言えばだいぶ前に「オレは今まで○百人(←数字忘れた)のオンナと×××しまくったぜ」とお下品な自慢を豪語してるのを見て「うへ~(-△-;)」と思ったものでしたが…)

そんなカッサーノ、なかなかどうして。
パトの負傷というアクシデントから急遽出場したにもかかわらずフルスロットルのハイパフォーマンス、ロビーニョや他の攻撃陣との連携もばっちり(3点目の、セードルフとのワンツーからのロビーニョへのアシストプレーは素晴らしかった)、テクニックもあるし、見てて楽しかったです。パト不在の影響をまったく感じませんでした。離脱中、イタリア代表への復帰を長らく熱望されていたのもうなずけます。
ガットゥーゾ兄貴による懸命な教育で、更生(?)してる最中だそうですが、…がむばるのだ。コドモができたことで変わるとよいのだけど。

110416_cassano_2

負傷退場と言えば、
GKアッビアーティも早い時間に膝を痛めて負傷退場してしまいましたが…(汗)
こちらは続報が出てませんので重傷ではなかったということでよろしいのでしょうか。
ミラン公式は遅いから。油断してるといきなり「全治6ヶ月!」という恐ろしいニュースが発表になったりすることが(ヤンクロフスキ…)。

そしてご存知、同時刻に行われた試合で3位インテルがパルマに、さらに翌日2位ナポリがウディネーゼに、それぞれ不覚をとったため、ナポリとのポイント差はインテルとはと開き、優勝に向けて大きく前進したのでありました。やったねo(^-^)o

そんなミランは明日、コッパ・イタリアの準決勝(1st leg)です。日本でのTV放送はインテル対ローマだけですが…(ちっ)。
相手はパレルモ!直近の試合でうっかり負けてしまった相手なので、油断は禁物!
しかもあの試合は、ファンボメルのオフサイドのミスから負けてるんでorz、がっつりお返ししなくては!出られればね…(汗)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/04/18

速報:バイエルン対レヴァークーゼン

バイエルン 5-1 レヴァークーゼン

勝っっったぜ!!!

110417_bayern

↑正夢だった…(;∀;)じ~ん (※ひとつ前のlog参照)

ロルフェス(オウン)、ゴメス、ゴメス、ゴメス、リベリー、でした。

ゴメスハット!(^▽^)出た必殺固め打ち!
まあ、本人の決定力も言うまでもありませんが、アシストしたミュラーや何かのおかげも大きいと思います。
ゴメスの2点目はダニエルの直線高速オーバーラップからチャンスを作ったんだぜぃ~☆

いやぁいい試合でした。みんなよくやりました。熱い執念が全員から感じられ、アグレッシブに勝利をつかみ取りました。

シュバもリベリもファンブイテンも負傷の影響はあまり感じさせませんでした。
シュバとダニエルは下がった時ちょっと気にしてる風でしたが。

まあ、正直、まだ完全に立ち直ってないかもなぁという印象はありました。ムダに1失点したところが象徴的かな~と(^_^;)
あとちょっと、お互いファウルが多くて、キレイなゲームではありませんでしたね。(汗)

でも勝った!よくやった!
やっとやっと、ここに来て、チャンスを生かしたぞ!
前日ハノーファーがHSVと引き分けたために、これにてバイエルン、単独3位
……何回目だ?
次節気抜いてまた取りこぼしそうな予感がしないでもないですが、ぶるぶる、縁起でもない。

110417_gomezbastian 

この気持ちを忘れずに!続く!

PS・リベリのゴールは(ほぼ独力ですが)ファンブイテンのアシストですよ~heart01heart04

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/04/17

今夜はレヴァークーゼン戦

110416_fcb2 カッコいい!shine

110416_fcbtv3 がんばれ!

あっという間に1週間経ちました。まだ前節のハイライトも見てないというのに(汗)
ミッドウィークに試合があるとなかなかね・・・(言い訳)

ものすごく久しぶりにFCB.tvを見てみた
110416_fcbtv1
アゴヒゲ…

ファンカタログの撮影が行われたようなのですが。

110416_fcb
しゃべるラームの後ろで撮影しているのは一体誰なのか・・・

さて、バイエルンはいろいろなことがありました。

110414_gomez
申し訳ない。面目ない。やっぱりブレーノはだいじょぶそうです。いちおう今夜のkickerのスタメン予想にも入ってます。手術はワタシの見間違いか夢だったのかも知れません。
夢と言えば、おとおい、レヴァークーゼンに勝ったバイエルンがサポ席に向かって手つなぎ万歳している夢を見ました(本当)。
5人ほどいて、ダニエルとオットルがいたのは覚えているのですが、あと3人が思い出せません。
そしてゆうべは、オフサイドぎりぎりのところでリベリがヘディングでゴールを決めた夢を見ました(本当)。どうやらバイエルンの選手だったらしいワタシはそれを目の前で見ていました。正夢になるといいな・・・

気分のやや重いネタとしては
110409

ルンメニゲウリ・ヘーネスへのネガキャンを激しく憂い、ウリをかばい、サポにクラブ愛を呼び戻すことを希望する手記を「バイエルン・マガジン」に寄せたそうです。
tzに出てますが、むずかしい文章読めないのにゃ…(汗)とっても怒ってるらしいことは伝わります。

さらにバイエルン公式にも、「応援バナーはルールを守ってください」という注意書きのようなものが(汗)。新しく規則ができたのか、もともとあるものを「こうなってるからっ!忘れないでよねっ!」と念押ししたのかわかりませんが…

やるせない。( ̄ヘ ̄)

ネガチブなニュースはまだまだ続きます(>_<)

110414_robben
あら鼻血?は、ともかくとして、

トレーニングでロッベンと交錯した際にシュヴァインシュタイガーが足首捻挫?!レヴァークーゼン戦欠場か!?とか…

110414_bastian
トレーニングウェアにコートとマフリャー、というヘンな格好でドクター・ミュルのクリニックに参上したシュバ(汗)

それだけでなく
110415_ribery 恐いよ~(汗)
リベリも!?(゚□゚;)

うーーーーーあーーーーーもう~ちょっとー!!
前節「お前はアホか!」(←これに決定)と審判をののしったロッベンは出停だし!両翼もがれちゃって、どうなる、どうなるのぅー(T□T)

期待したいのは、いよいよ本職ボランチに復帰することが確定しているティモシュクの奮起ですかねぇ。充実したプレーを期待しましょう。

・・・とかなんとか言ってるうちにスタメンが出ました。

な、なんと!リベリー、シュバ、ファンブイテンがスタメンです!!
CBはグスタヴォとのコンビ・・・・・・あわわわ、だ、だいじょうぶなのか?
シュバもリベリーも無理してはいないか…(汗)。
あれあれ、そしてクローゼとゴメスの2トップとな。ふむふむ。

レヴァークーゼンはバラックが先発です。退団して以来の対戦になるはず。
なんだか調子が上がって来てるようですし(汗)ひゃ~
・・・・・・。
もうふっきれたので、悲しいとか切ないとかいう感情はあまりないとはいえ、やはりいくつか悔いが残っていることは確かであります。そのひとつが、
アタシゃ本当に本当に、「本家」と「なんちゃって」、バラックとファンボメルの対戦が見たかったのです。。。。。。。。
代表チームで見れる日が来たらいいけれど。バラックの復帰がどうなるかわかりませんし(汗)。
まあ、ワタシ個人はファンボメルのことを一度だって「なんちゃってバラック」だなんて思ったことはないけどね!

ま、そんな個人的な話はともかく。
と、ともあれ、可能性の低いミッションほどやりがいがあるというものだ!
ダメモトは百も承知!勝ってくれ!バイエルン!!!頼む!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/16

バイエルンのステッカー、バルサのポスター、ミランのキャップ

(※大幅加筆修正しました)

どうもどうも。ファンボメルファン(ややこし)の皆さま、ごきげんいかがですか?

↓みかじめ料を徴収に行くところではありません
11_04_12_dsc07630 (TwellV様ありがとう)
キャ~マルク!目線チョーダイ!heart04

11_04_12_dsc07631
「お前やっとけ」「ういっス」
……。この舎弟なら、もし兄貴が歌舞伎役者にバカにされたら、ガッツリ仕返ししそうだ(汗)(不適切発言陳謝)。

ACミラン公式Facebook&twitterにて募集された、「ファンボメルへのQ&A」企画の記事はもうご覧になりましたか?
木曜日(4/14)に現地の「ミラン・チャンネル」にて、ファンボメルがユーザーから寄せられた質問に答えたらしいのですが。こちらでは見れないの…○| ̄|_

ともあれ、テキスト版がミラン公式に出てますので、要チェケラッチョ☆(日本語版がいつ出るのかわからないのでとりあえず英語版

更にそれの続きなのか、どうか、サンプドリア戦への意気込みやイブラについて語っているらしいかんたん動画も出てます(ここここ)。
FCB.tvに比べてかんたんすぎるのが泣かせますが、とりあえずボメラーは見るべし。英語だし。ブラックシャツがセクスィだし。

110415_milantime1
胸ガッバー開けちゃってドキドキheart01(注※下にシャツ着てます)でもこんなイタリアンな服装は個人的にはあんまり…。Tシャツとか、ヘンなパーカーとかの方がかわいくて好みです。

ということで(?)
ミラン公式関連は英語版レポが出てますのでさておいて。(←さておくのか)
すこし前、先週中頃に、Goal.comイタリア版にファンボメル独占インタビュー記事がアプされました。
日本のゴルコムにはスルーされてしまいましたが、このインタビュー記事は、ドイツ版、オランダ版にも出ました。
当然イタリア版が一番詳しく、オランダ版はダイジェスト気味で少しさっぱり。
ドイツ版もインタビュー形式。しかし、よくよく見てみると、イタリア版とは若干内容が違いまして、合わせてまとめるより、別々に紹介した方がいいかも、と思った次第であります。

イタリア版はもっと内容が濃くて長々してるので、いずれは紹介したいのですが、いつになるかわかりませんので(汗)、ここはひとまずドイツ版なのです。しみじみと、ちょっとエエ話が最後に出てくるので、紹介したかったのです。
いつも通りのざっくり想像作文で、わからないとかうまく訳せないところはしょってます(^^ゞ

【追記】イタリア版の日本語訳がゴルコムに出ました!(^∀^)

では、いってみよー

110402_22_3

続きを読む "バイエルンのステッカー、バルサのポスター、ミランのキャップ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

EL:PSV対ベンフィカ

前のlogでうっかり書き忘れてましたが、シャルケはCL準決勝で、マンUと対戦することになりました。あれあれ(汗)
まあ、ワタシ的には、インテルに勝ってもらったおかげでじゅうぶん気は晴れましたので、次はもう、相手のことは気にしないで思いっ切りいけ!と気楽に応援する所存であります。と言いつつ、いざとなったら力入っちゃいそうですけどcoldsweats01
ファンデルサールとラウールの対決なんてなかなか魅力的じゃありませんかノホホン(*´∀`*)フンテラールが復帰してくればオランダ人対決ともなりますね。
そしてノイアーの獲得を狙っていると噂されているマンUですし、はてさて。
パク・チソンとウッチーとのアジアン対決、というくくりはワタシ的にはさほど…。日本人対決ほどはテンション上がらんよ。と言いつついざとなったら(略)。パク・チソンのことはアジアの星として尊敬してるのよ。

CLもう一方の組み合わせはご存知、バルサ対レアル。くらしこくらしこー♪(←ゆっ○ぃ風に)

さて

そんなパク・チソンの古巣でもあるPSVの試合ですよ。
あまり書くことないのですが、1st legの話をした以上、片手落ちで終わらせるわけにも…

4月14日 UEFAヨーロッパリーグ 準々決勝 2nd leg
PSVアイントホーフェン 2-2 ベンフィカ・リスボン

(2試合合計ゴール数3-6ベンフィカの準決勝進出決定)

110414_bakkal

引き分けでPSVはEL敗退、という結果を知ってから見たのですが、なかなかどうして。
立ち上がりしばらくこそ自信なさげでしたが、キレイな流れから先制点を決めてからは猛然とアタック、アグレッシブに流れをつかみ、楽しく2得点目!もしかしたらもしかするかもー?という期待を持たせた、結果を知ってても盛り上がる試合でした。

・・・・・・・・前半ロスタイムに失点するまでは。○| ̄|_

トホホホホ、結局こうなっちゃうのね(T△T)?
たったの1ゴールで、
あと1点取って無失点で終われば勝ち抜け!(゚∀゚)→あと2点取ってやっと延長戦(-△-;)
と大きく変わるのだから、アウェーゴールルールというのはかくも厳しいものなのであります。

そんなこんなで残り45分で3点ゲットするためにモチベーションを上げるだけのパワーは残っておらず(それでも前半の勢いを失いさえしなければ、イケそうな気はしたのですが)、落ち着きを取り戻したベンフィカに2失点目を喫して実質ゲームセット。完全に気持ちが切れた残りの時間はただ消化するだけ、になってしまいました。

ざんねん…。まあ、でも、怪我や何かで主力選手もかなり欠いていたようですし(結局トイヴォネンは怪我だったみたい)、そんな中でも前半のあの30分間はとても素晴らしかったので、よく頑張った方…なのか、どうか…。

以下箇条書きで雑感。とゆうか自分用メモ的に。

110415_labyad_2

前節途中出場したラビアド、今回はフル出場でしたが、かなりイイ感じでした(^ー^)。フレッシュな生きのよさと、創造性、テクニック。同じモロッコ系として、ポスト・アフェライとか言われてそう。今後に期待が持てそうです。要checkかも☆

ハッチンソンはエンヘラールよりいいんでないかい(ゴメン)。掃除屋として貢献してましたよ。前を向いた時の攻撃への展開もまずまず。

レンスも良かったです。デフォルトのフォメ図ではワントップぽかったですが、右SHでは?
ただ、オランダ代表では、ロッベン、カイトを押しのけてレギュラーを獲得するのは厳しいかも…(^_^;)

MAZAロドリゲスがスットコDFとして、すぱか解説(コメンテーター)のカネ○氏のネタにされまくっていた…トホホ。

気になる
Wuytens 
スタイン・ヴァイテンス。

Dries_wuytens2
ドリース・ヴァイテンス。アマチュアチーム所属ですが、今回ベンチ入り。

ついでに
Jan_wuytens
ヤン・ヴァイテンス(ユトレヒト)。

どういう関係ー?兄弟なの?単によくある名字なだけ?ちなみに全員ベルギー国籍。

ベンフィカは上手いんだかヘタなんだかよくわからない、そのアンバランスさが魅力的なチームでした。
攻撃面は素晴らしいし、勢いに乗ったら抜群の破壊力を持っていそうですが、守備がいまひとつで、ちょっとしたゲームの流れの変化がプレーにすぐさま影響してしまうナイーヴさがモエーなところも。まあワタシは、ファンになるほどではないですが、クセになるサッカーファンは多いかも。

コエントランは今回あんまり目に入りませんでした。1回ほど、最前線まで出て来て上手いシュートを打ってましたが。

110414_fan
ヒディンク待望横断幕。観に来てましたけど。ここんところ戦績がおもわしくないので、ルッテン監督が批判されてるんでしょうか…(汗)

ついでにマルクモエーバナーとか出てたらどうしようかと思いましたが、少なくともTV画面には映ってませんでした。ほっ・・・

もうホントに、トホホなPSVを見ながらつい「助けてあげてよ~sweat01」と思ってしまいました。
そんなファンボメルですが、ダルマメタボ代理人によれば、「あとは数字を決めるだけ」状態のようで、ミランとの契約延長にかなり近づいているようです。
PSVも、今夏の獲得に向けて、引退後の監督(コーチ?)のポジションを用意して勧誘したらしいと言われてますが…。
それでもダメなの~?(T-T) ということで、もしかしたらファンボメルはもうPSV愛がなくなっちゃったんじゃないかとか、キャリアをここで終えるという約束を忘れちゃったんじゃないかとか思われてる、かも知れません。

申し訳ない!○/ ̄|_sweat01

ってワタシが謝ることではないのですが(苦笑)。
今ファンボメルがPSVのことをどう考えているのかはわかりませんが、EUROが終わるまではトップレベルのプレーを、というヤツのブランド志向、じゃないわ、野望をどーか理解してやってください。CLに出たい、という強い意欲もあるみたいです。
まだオランダに帰るわけにはいかんのです。本当に心苦しいばかりですが、温かい目で待っていてくれると嬉しいのです。

話が大幅にそれましたが、そんなわけで。
もうひとつのオランダチーム、トゥエンテも、さすがに1st legでの4点差をひっくり返せず敗退したようですし、ワタシのELも終わりました。4強のうち3チームがポルトガルチームだそうです。あれまあびっくり(淡々)。
来年はドイツが取り返すぞー!くわ~っ
いやっでも、バイエルンは出ませんよ!(汗)バイエルンが出るのはチャンピオンズリーグですからー!!(汗)(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/15

シャルケ、CL4強!

おめでとうございますおめでとうございます!!やったね!(^▽^)

4月13日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 2nd leg
シャルケ04 2-1 インテル・ミラノ

(2試合合計得点数7-3シャルケの準決勝進出決定)

110412_zanetti
「夢なら覚めてー」(うそ)
実際は、こんな昭和のマンガのような行動を取る人はいないと思われる。

110413_hoewedesj
・・・・・・。言われてもダレだかわからんですね(^_^;)ゴメンなさい

このオフサイドは完全なる誤審だったのですが、その後ヘーヴェデスは自ら挽回する素晴らしいゴールを決め、インテルの息の根を止めたのでした。

いやはや。
お見事です、ラングニック教授!

シャルケほぼ完勝でしたね。攻める時は攻め、守る時は守り、パワーセーブする時はセーブして、メリハリの利いた、強者のゲーム運びをしていたと思います。
チームの動きも、緻密でコンパクトで、でも気持ちもこもっていたし、選手たちもなんだかやりやすそう。

まあそれも、1st legで大勝し、ほぼ勝ち抜けが見えて、気持ちの余裕があったからかな、とは思いますが。
だけど、そういう状態だからこそ、油断なく、きちんとしたサッカーをしてきちんと勝つことは、実はそんなに簡単じゃないはず。

1st legの時もそうでしたが、マガトの時にはまるでパッとしなかったエドゥーバウムヨハンパパドプーロス、などが光り輝いてました。彼らにこの大舞台で居場所を与え、自信を付けさせ再生させたラングニックの手腕も素晴らしいです。
てんこ盛りのネタエピソードや派手なゴールラッシュ、という点では1st legの方が楽しい試合ではありましたが、サッカー的にはこの試合の方がレベルが高かったと思います。

インテルも1st legよりはだいぶ良かったと思います。後半に入ってから、時間が経つにつれてどんどん可能性がなくなって、気持ちが切れてしまったのは仕方がないでしょう。せめて一矢、というモチベーションを奮い立たせるのは無理だったかも知れません。

キヴーが出場停止ということで、長友がついにCL初の先発出場となりました。
CLアンセムを聞く両チームの選手の中に内田長友、二人の日本人選手が同時に立っているということは、さすがのワタシも感慨深いものがありましたよ。
そんな長友は、負けたけれども良かったと思います。世界一、かどうかはともかくとして、世界レベルのSBになる日はそう遠くないかも知れません。

冗談劇場
110413_rauluchy
「こんなところでナンですが、ラウールさん、実はずっと前からアナタのことがっ」「すまんウッシー、オレにはそんな趣味はっ」「ゴラー!ふざけてるからゴール決められちゃったじゃねーか!」冗談終わり。

110413_raul2
サポと共に。

セニョ~ル・ラウール好きじゃ!よくぞドイツに来てくれた!
契約が切れたらきっとスペインに帰ってしまうのだろうけど、シャルカー、だけでなく、ドイツサッカーファンは、アナタの献身と功績をきっと忘れず、長く語り継いで行くことでしょう。
そんなラウールはこの試合で何やら、あのマルディーニを抜いてCL出場最多記録を更新したらしいのですが…。
彼が来年はCLに出られないこととか、ノイアーのこととか、いろいろ考えてしまいました…
ポカールに優勝すればELには出られるんですっけ?EL…。う~~ん・・・・・・。

ともあれ。バイエルンに代わってリベンジありがとう!クラブ史上初のCL準決勝進出おめでとう!

なのですが。
心からお祝い申し上げる所存なのですが。
と同時に、今になって悔しさが込み上げてきたり。
今回ほぼ完璧な試合をしたシャルケ、何故バイエルンにこれが出来なかった?
選手ひとりひとりの能力はけして負けていないのに!
……監督の手腕って影響大きいのだな、と改めて感じ入った次第であります。

そして、ブンデスリーガで、このラングニック・シャルケとの試合がまだ残ってることを思い出し、恐々としました。ヤダーちょっとー!
やってもうた!(汗)←何がよ。よくわかんないけど、そんな気分なのです。
グスタヴォといっしょにラングニックも引き抜けばよかったのに・・・・・・・・・・
こうなった以上は仕方ない、頑張れ、ヨンカー!!!

ところで
インテルのスナイデルは残念な結果に終わったわけですが、そのスナイデルの弟も出場したらしい試合が、同じ時刻にオランダで行われておりました。

110413_ajax

110413_ajax2

アヤックス対清水エスパルス
東日本大震災被災者支援のためのチャリティーマッチです。
すかぱで無料放送があったのですが、CLと時間がかぶっていたのでさすがにまだ見れてません。アヤックスはサブメン中心だったようですが、それでも格の違いを見せつけ、4-0で快勝したそうです。愛と感動のナカタさんレポがこちらに。

110413_ono_2

かつてフェイエノールトでプレーしていた小野にとっては久々にオランダへの帰還になりましたね。ドイツファンには懐かしい高原も出場したようです。
厳しいスケジュールの中、頑張って遠征した清水の皆さん、ありがとう。お疲れさま。短い準備期間で、出来る限りの支援をするべく心を尽くしてくれたアヤックスの皆さん、アムステルダムの皆さん、スタジアムに観に来てくれたサッカーファンの皆さん、ありがとう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/13

29節:ニュルンベルク対バイエルン

110409_vangaalnerlinger
ファンハールのクビが飛んだ試合です。

4月9日 ブンデスリーガ 第29節 ニュルンベルク 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110409fcnfcbfj_2
交代:コンテント(4)(46プラニッチ)、ティモシュク(4.5)(46クロース)、クローゼ(63ミュラー)
サブ:ブット、アルティントップ、オットル

得点:ミュラー(5ロッベン)、アイグラー(60)
カード: ロッベン(90+3)  ヴォルフヴォルシャイトクロースバトシュトゥバー

MoM:アイグラー

110410_robben
観光旅行先で気分がユルんで、うっかり買っちゃいました的なTシャツ

試合後に審判に暴言を吐いたとかで退場処分を受けたロッベン2試合の出場停止15,000€の罰金となりました。
相場なんですかね。いつかの誰かさんも同じ処分を受けていたことをこのたび知りました。
(それにしてもバイエルン公式の「言語道断なジェスチャー」って、怒りがこもってますねぇ(^_^;))
まあ、誰かさんの方がタチが悪いと思いますが、試合が終わってからわざわざ、というどんくささと、チームに迷惑をかけた度合いではロッベンの方が罪深い気はするよ。
って、比べてどうなる話でもありませんが(苦笑)。

誰かさん
080224_bommel
※よい子は真似しないでください。

ロッベンが何を言ったのか、キルヒャー主審自らBildに打ち明けたそうですが、見つけられなかったのでtzの追従記事から。
「ちっちゃいことでいちいち笛吹きやがってっ!このVollpfostenがぁ!」
"Vollpfosten"とゆうのがどうゆう意味なのか、ワタシのへっぽこ辞書には載ってないのでわかりませんが、日本語的表現で言うところの「でくの坊」的な感じかな?と勝手想像。面白い、いや、正しい訳をご存知でしたらご教授くださいマセ。
キルヒャー「退場処分に相当する言葉でしたのでカード出しました」
ちなみにロッベンは、この暴言について即時謝罪しております。

110409_robberyj

…試合の話をしようと思ったのですが、なんだかめんどくさくなっちゃったい。
とゆーか、GAORA様の放送を半分だけ見て、なんとゆうか、生気を吸い取られてしまい、後半を見るパワーが…。結果を知っているだけに余計ね。

いや何。
あくまで個人の感想ですが、前節のMG戦よりはまだ、バイエルン的には多少はマシだったような気がするのですよ(クラフト以外)。
ミュラーのゴールは良かったです。ロッベンの高速突破→ズーパーキラーパス→ミュラーがトラップで相手選手を華麗にかわしてのシュート☆ロッベンもミュラーも一級品の仕事でした。
ただ、ニュルンベルクの方がきちんと集中して、守備をしっかりしていたせいでどうしても追加点が取れなかったのかな、と思いました。
網を張られるとどむならなくなってしまうのはここ数年の傾向であります。
ニュルンベルク目線で見ると、なかなか良い試合かも知れません。なんだそれ。

最後までファンハールの采配はよくわからなかったし。まぁ、クロースのパフォーマンスは悪かったので(ギュンドガンの顔面にキック食らわしたのは非常に危険でしたsweat01)、早めに見切ったのかも知れませんが、コンテントねぇ…

久々に本職のポジションでプレーしたティモシュク。特筆するほどのパフォーマンスではありませんでしたが
110409_dsc07635
「イヤーんしっぱい♪」モエ…
トレードマークの、いつものヘアバンドはどーしたぁー!?忘れちゃったの?イメチェン?

110410_uli_2
「すーぴー」寝るな!(うそ)

もともとファンハールには批判的だったウリが、嬉々として(?)あれこれぶっちゃけたようですが、「冬休み明けに正GKをクラフトにしたのは失敗だった」と発言、暫定監督となったヨンカーも、次節のブット復帰を示唆したことで、新たな「GK問題」が持ち上がったようであります。

月曜日のトレーニングにクラフトは欠席(フィジカルの問題のようですが)、そして怒りと失望の(?)コメント「たしかにニュルンベルク戦はダメダメだったよ。だけどそれ以外は悪いことしてないのに…。これ以上は言わない。日曜日の試合に出られるかどうかはわからない」
うんうん。当然だと思う。傷ついたと思う。
ブットは好きだけど、このやり方はあんまりだと思う。クラフトにだって頑張って欲しいと思ってるし。復帰だむひょひょ~♪とは手放しで喜べないっすよ・・・。

110410_butt むひょひょ~イケメン~☆

…とまあ、後日談の方がネタ満載で盛り上がってしまいましたとさ(苦笑)。

ともあれ、前節せっかく3位になったというのに、またCL出場圏外の4位に落ちてしまいました。ハノーファーとはわずか1ポイント差ですから挽回はじゅうぶん可能ですが、いかんせん直接対決がないのでね。さすがにここまで来ると、ちょっと焦りが…(汗)

ブレーノがまた手術とかなんとかいうニュースをチラ見した気がするのですが、本当だったらおおごとなのに、公式の方でサッパリ出ないのでよくわかりません(汗)。勘違いかも知れませんので確認できたら報告します。
その一方でファンブイテンはレヴァークーゼン間に合いそうだ、とか、なんとか…。出て欲しいなぁ。

そういえば
110410_jonker3

嘘かホントか、ファンハールが辞める前から、ヨンカーは来シーズンにバイエルンアマチュアの監督をすることが決まってたらしいですね。現監督のゲルラントはハインケスの右腕としてヘッドコーチに就任するから、と…。
ファンハールの手腕と離れたところでそんな風に評価されていたとは、ちょっと驚きです。

あんまり関係ありませんが、ネガキャンに対抗して、日曜日の試合では、一部のサポが「がんばれウリ:ミア・ザン・ウリ」キャンペーンを行うみたいです。「我々はウリである」?それもなんだか…(^∀^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/12

32節のファンボメル

あれから1ヵ月、皆さまお変わりありませんでしょうか。
1ヶ月目の今日(11日)、また大きな余震があり、その後も絶え間なく余震が続いているようで、TV画面の地震速報を見るたびに心が痛みます。

せめてここでは、少しでも気がまぎれるよう、なるべく楽しい明るいblogにして行きたいと思っておるのですが…。

ということでミラノから
遅ればせながら、8日のCorriereにファンボメルのインタビュー?か何か、記事が出たようです。

110408_corriere

といってもネタ元のサイトには記事が出てませんで、他メディアに出てるのを拾うのですが…。
ちょっとずつ集めるのがめんどうなので、ざっくり
「ミランは全ての試合に勝利しなければならないトップチームだ。残り7試合、モノにしなければいけない試合が沢山ある。スクテッドを獲得できるかどうかは俺たち次第なんだ。他のチームのことを心配してはいない。もしタイトルを逃したりしたら愚かなことだよ」
「契約更新の準備はできている。来年は本当のシーズンになるね。俺は代表チームと共にEURO2012に出場したい。その時は35歳だ。その後はクラブチームに集中するつもりだよ」

とかなんとか、とにかく、ミランで優勝することへの意気込みを語ったようであります。

そんなこんなで迎えたアウェーのフィオレンティーナ戦であります。
前日に勝ち点5差のインテル、勝ち点3差のナポリが勝利して、ミランにプレッシャーをかけておりました。

4月10日 セリエA 第32節 フィオレンティーナ 1-2 ACミラン

110410_2
交代:ガットゥーゾ(77ボアテンク)
サブ:アメリア、パパスタソプーロス、アントニーニ、メルケル、エマヌエルソン、ロビーニョ

得点:セードルフ(8)、パト(41)、ヴァルガス(80)
カード: イブラヒモヴィッチ(87)  ドナデルジラルディーノサンターナ

110410_dsc07626
わいわいがやがや。
際どい判定でファウルをとられ、カードが出ないことを確認してほっとしているファンボメルの表情であります。

うむ。
まあ。ちょっと厳しい勝利でしたね(^_^;) 試合内容もユルめでした。
先週、ミラノダービーであのように極上の試合をした後では、見る方もやる方も、いろいろな面でちょっとずつパワーセーブしてしまうのはいたしかたないことかも知れません。

ゴールは素晴らしかったです。セードルフのビューティーループ、ズラタン&ボアテンク&パトの流れるような連携からのパーフェクトゴール。

もっともその後、イブラヒモヴィッチが絶好のチャンスを何度か外してしまったりして、さらなる追加点を上げられなかったのはいただけなかったです。決めるべき時に決めておかないと…。なんだか不調時のゴメスを思い出してしまい…←重ねるな

ファンボメルはいつも通り良かったと思いますが。
ただ失点シーンは、そのファンボメルがすっぽ抜かれたのが始まりでもあり…(汗)もっとも、その後ザンブロッタ?がずっこけてボールロストしたのが直接のきっかけではありますが。
いやいや、失点は全員の責任!あの時間帯はチーム全体の集中力がエアポケットに入っていました。

他は大きなミスもなく、じゅうぶん及第点。
味方の細かいミスをせっせと拾ったり片付けたりすることが多く、まさに掃除屋として、地味に働いていた雰囲気。
しかし。今回はガットゥーゾがベンチスタートだったせいかどうか、やけにサイドを抜かれて攻められることが多かったので、そうなるとファンボメルの運動量が少ないのが気になるところ…。もうちょっと動いてカバーしなよ、戻り遅いよ、と思うことがたびたび。
でもあんまりうろうろして隊列を崩すのもまずいし。まあ、多分、あれで良かったんだろうと思います。

110410_bommelibraj
(ズラタンはクチヒゲもあったらしいのだが描き損ねた。まいっか)

1回イエローカードが出たイブラヒモヴィッチですが、その後一発レッドが出たので、先に出たイエローは相殺、ってか上書き消去されたのでしょうか。よくわからん。

副審を侮辱した、と言いますが。TVからはわかりませんでした。本人の弁(Goal.comより)

イブラヒモビッチは今後2試合、あるいは3試合の出場停止処分となる可能性がある。同選手は会見で、汚い言葉を吐いたのは自分自身に対してであり、副審を侮辱したものではないと強調した。

「オレは副審を侮辱してはいない。自分に対して悪態をついただけだ。自分を罵ることも許されないのなら、次からはずっと黙っていろってことだね」

と、いつかの誰かさんみたいなこと言ってますよ。「自分への悪態だった」というのは常套句なんですかね(^m^)←笑うな

110410_dsc07629
「って言っとけ」「おう」(うそうそ)

…まあ、それでも、大崩れすることなく勝ったので、よしとしましょう。
苦戦した分、喜びも大きいのだ。アンタの嬉しそうな笑顔が見れたら、それに勝るものはありません。
がむばれ!あと6試合!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/04/10

速報!ファンハール解雇!

あれよあれよ。

110410_fcb

ゆうべの試合が終わった直後に決めたっぽいですね。

とりいそぎ、残り5試合はヨンカー・ヘッドコーチが暫定指揮をとるもよう。
他のオランダ人コーチ陣は即時解雇、GKコーチにはユングハウスが復帰。
アシスタントコーチにはゲルラント。

ということみたい。すぐに日本語版が出るでしょうが…。

みんないなくなっちゃって、ヨンカーも心細いことでしょうが、ゲルラントがサポートしてあげて欲しいです。ってゆうか、なんか中途半端な…。ヨンカーが指揮したからって大して変わらんと思うがな。。。人材いないからしょうがないのか…

それにしても。
クリンスマンがクビになったのも残り5試合のことでしたねぇ。(遠い目)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報:バイエルン・ダービー

もうそんなに速くなくなってしまいましたが(苦笑)。

先の記事で妙なことを言うもんだから、コリアンダーはもうミラニスタになってしまったんじゃないかと心配している方もいらっさるかも知れませんが、それは大いなる勘違いというものですよ~。アタシゃバイエルンサポですからね~

とはいうものの、今週はCLとかELとか、他の試合を見るのに忙しくて、バイエルンの情報を追う暇がなかったのは事実…。
たぶんこれからもこんな感じになるかも知れません。どっかのモジャモジャオランダ人のせいで、追うべき情報や興味の幅が広がってしまって…(苦笑)。

レアなバイエルン情報を期待している方には物足りないことになりました。
申し訳ありません。blogを分けるかどうするかということも含め、いろいろ考え直す時期に来てるのかも知れません。でも複数のblogを運営するのは激しくめんどくさいし(経験済)。

まあ、それはともかくとして。
今夜はニュルンベルクとの、バイエルン・ダービーですよ。

110407_robberyschal

テンション上がるロッベリグッズ。けど、マフリャーは応用が利かない…。

何故かこの期に及んでミア・ザン・ミア16ヶ条がPDFファイルにて大公開です。
110407_mia_san_mia
何故今?とか思うと、いろいろうがってしまいそうですが…。
「ポスター」と書いてあるからポスター大なのでしょうか?

自分への強烈なネガキャンに、さすがのウリも少なからずショックを受けたようです。
酷い!誰がバイエルンをここまでビッグクラブにしたと思ってるのさっ。感謝こそするべきであって、個人を傷つける為のネガキャンなんて最低最悪っ

さて
皆さまご存知の通り、バイエルンの日本でのチャリティーマッチの延期について、日本語版からも出ましたね。
日本サイド、慈善試合延期を申し出 (バイエルン公式)

…残念。
さすがに5月17日~25日の間でヨロ!とか一方的に言われても調整が難しかったですかね(^_^;)
しかし。我らのバイエルンがどこよりもいち早く、「日本でチャリティーマッチをしたい」と言ってくれたことこそが大事なのであって、そこは素直に感謝したいと思います。
そして「中止」ではなく「延期」、というところに希望を見出したいものです。
震災からの復興は年単位とも言われています。損害額は数兆円とも言われています。いつになっても、きっと実現して欲しいものです。そして我々は、バイエルンがきちんと約束を守った暁には、感謝を持って迎えることにしましょう。

とかなんとかいうことを、試合前にアプしようと思っていたのですが、間に合わなくなってしまい、そのまま試合観戦になだれ込んだところ・・・・・・。

ニュルンベルク 1-1 バイエルン

110409_bastian 「あーらら」

ぐぉらぁーーーーーー!!!何をやって・・・・・・・・(絶句)

いや何ね、失点の責任は確かにクラフトのアホアホプレーですよ。
今日はほんとにクラフト最悪でした。「ノイアーイラネ」キャンペーン張ってる連中もちょっとは考えるかも知れないです・・・・・・

でーもー

だったら取り返せばいいだけのことなのよっ!それができなかったのはチーム全員の責任!

しかもなんですか、試合見てる間には映らなかったので試合が終わってからなのでしょうか、ロッベンが審判に何やら苦情やら侮辱やらしたのですか?

一発レッドて○| ̄|_

苛立つ気持ちはわかるけど、やっぱダメだよぅー(汗)次節はレヴァークーゼンとの直接…ではないが(くそっ)、CL出場権を目指す上で絶対絶対落とせない大事な試合!
猛省せい!もともと荒くれやすい性格なのかも知れないけど…彼を抑える人はいないのか…ボmとか……(言うな)

[追記]と言いつつ、そんなボメr(略)とて、かつて審判にF××Kポーズをして退場処分になったのを思い出した(^_^;)

続く!
意地でも続けてやる~く~~っ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/09

「俺の"バイエルンの章"は終わった」

5日発売のこちらのオランダのサッカー誌”NU SPORT”に、ファンボメルの記事が出てました。

110405_nusport2_2
「復讐」てアナタ(^_^;)穏やかじゃないことよ・・・。

ざっくり意訳作文。

----------
「バイエルンで俺の不在が惜しまれてるって?それはミュンヘンに聞くべきだよ。彼らが改善されてないことは確かだ。俺は正しい選択をしたと思っている」

それは昨年12月13日、バイエルンの監督ルイ・ファンハールはファンボメルに、君は私の求めるクオリティではない。もはやスタメンは保証しない。私は新しいリーダーを探すつもりだ、と告げた。その時ファンボメルは、すぐにでもこの監督の元を離れることを決意したのであった。

…ってゆうシナリオだったんじゃ?
と編集部に聞かれたファンボメルは笑って「あなたがそうだって言うんなら、そうかもね」と言ったのでした。

それからマジメに「俺は自分のクオリティを確信している、そうでなければミランには行かなかった。俺は“バイエルンの章”を閉じたんだ。たくさんの勝利を得て、キャプテンだったことをとても嬉しく思っている。バイエルンのあらゆる場所の沢山の人々が、俺がプレーしないことを残念がってくれる。これは素晴らしい賛辞だよ。俺は鼻を長く引っ張る*必要はない、結果が物語っているからね」

*「鼻を長く引っ張る」or「長い鼻を引っ張る」というのは、オランダ的慣用句なのでしょうが、意味はさぱーりです。
----------

・・・・・・・・。

何さっ、人の気も知らないでっ!(T□T)heart03
と、読んだ直後は、思ったものでした。
ガクッと落ち込んだのですが、しかし、その日のうちに浮上できましたよ。

何故って、今回の件で一番傷ついたのは、バイエルンでもワタシでもなく、ファンボメル本人だったのだから。
いっぱい泣いて断腸の思いで、バイエルンのスタッフやチームメイトと別れた彼が、いつ頃からかは知りませんが、こんな風に言えるようになったのです。

今頃発見しました。ミュンヘンを出て、イタリアに到着した時の動画(こちら)。

110125_mediaset1 (画質悪し)
ちょっと不安そう…?

110125_mediaset3
笑顔だ♪せっかく英語でしゃべってるのに、イタ語の吹き替えがかぶさってて、何を言ってるのか全然聞こえん(T-T)

110125_mediaset2_2
ボメウィンクheart(うまくキャプチャできんかった…)

こういうのを当時見ておけば、ワタシももう少し安心できたかも知れなかったけど…。

110408_1

今はミランで、スクテッドを獲得することに集中しているファンボメル。
彼にとってバイエルンのことは完全に過去のものになったようです。

…。

ふっきれた!←やっとか

超・後ろ向きな性格の自分にとって、どこまでも前向きなヤツに正直戸惑いもありますが、遅れないようについて行かなくちゃ、と元気に、思いを新たにした次第であります。

だからバイエルンファンの皆さんどーか、この、クラブ史上初の外国人カピテンのことを恨まないでやってくだされ。
ファンボメルも、バイエルンのことをどーか、あまり冷たいこと言わないで、自分のキャリアの中で輝かしい時を過ごした懐かしい場所として、大事に思ってて欲しいな、と心から願うのです。

この記事が出たのと同じか翌日ぐらいに、ネルリンガーが「ファンボメルの復帰なんかあり得ませんよ」と発言した、というニュースが出ました。
まったく動揺しなかったと言えば嘘になりますが、そんなわけでしたので、「フッ何を今さら。わかっとるわ」と冷静に淡々と受け止めることができました。

Gazzettaに、ファンボメル契約延長前夜、的な記事が出たそうです。
とはいうものの、正直どうなるかわかりません。ポジションがかぶるピルロとの兼ね合いもあるでしょうし。おっさんですし。

ですが、もし無事に契約延長なったなら、ミランの背番号4のユニフォームを買ってもいいかな、そしてバイエルンの17番のユニフォームは大事にしまおうかな、と思ったのでした。
それはもちろん、封印するためではなく。ファンボメルの今を見つめて、共に前を向くために。
(でも壁に貼ってあるアレコレまで全部片付けるのはちょっとね…(^_^;))

※上のNUの記事に関する参照リンクはこちらです
NU SPORT「結果が物語っている」
AD「バイエルンは改善されていない」
Goal.com(蘭)「正しい選択をした」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EL:ベンフィカ対PSV

バイエルンの5月の来日チャリティーマッチは延期になったらしいというニュースに、ちょっとショボンとしておりますが、その話は日本語版が出たら改めて…。

ELの話をちょこっとだけするのです。

4月7日 UEFAヨーロッパリーグ 準々決勝 1st leg
ベンフィカ・リスボン 4-1 PSVアイントホーフェン

110407
遠目だと全然区別がつかなかった、ハッチンソンエンヘラール。立ち位置も並んでるし。

(注※タイトルは試合レポぽいですが、ロクなこと書いてません。しかもPSV寄り)

続きを読む "EL:ベンフィカ対PSV"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/06

CL:インテル対シャルケ

まずは、本筋とあまり関係ないミニ情報

先週の金曜日のブンデスで、観客からのビール投げ込みにより中断した、ザンクト・パウリ対シャルケの試合ですが、中断時のスコアのまま、2-0でシャルケの勝ち、という裁定になったようです。

それからミランでは、インテル・レオナルド監督への非難メッセージを掲揚したりレーザーを当てたサポに罰金が科されたらしいです。(特定できたのか?)
それにしても、あの「最後の晩餐」は、ユダの部分だけ青く着色した力作だったようで、イタリアサッカーファンにとっては「オシャレ」「粋」という評価のようです。ふ~ん…
そしてスナイデルがファンボメルに怒ったという、90分の「不必要なファウル」ですが、NHK-BS版の放送では「試合が決まったからと言って油断はしない、最後まで前には行かせないぞ、という気持ちのこもったプレーですね」と評されていました。そゆ見方もあるのか。なるほどねぇ(^ー^)、と思った次第です。

さて、準々決勝ですよ。

4月5日 UEFAチャンピオンズリーグ 準々決勝 1st leg
レアル・マドリー 4-0 トッテナム

110405_bale

クラウチが早すぎる時間に退場になってしまったのが痛かったとはいえ。

なんでこのトッテナムにミランは負けたのかな~(←大きな独り言)
以上。2nd legはもう見なくてもいいや。

さあさあ、メインはこっちですよ

同じく、インテル 2-5 シャルケ

110405_ucchy
(フラードって目元だけラームにそっくりだと思ふ)

まるで大したこと書いてませんが、あまりにうひょむひょ言ってるのでたたみます。不快に感じる方もいらっさるかも知れませんのでご注意ください。

続きを読む "CL:インテル対シャルケ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

28節:バイエルン対メンヒェングラッドバッハ

関係ないところで話題が沸騰してしまい、残念極まりないオチがついた試合となりました。

110402_banner

110402_banner1

いつもの応援バナーをわざと逆さに掲示、「ウリはうそつき」等の悪意のメッセージ、ライバルチーム1860ミュンヘンへの財政支援を拒否するネガティブキャンペーン(なんでマイナス1(1859)なのか、そのへんのセンスはわからん)。
とにかく今回はウリのことを、かなり厳しく糾弾するネガキャンが張られたようです。

リアルタイムでネットのモヤモヤ放送を見ていた時はまったく気付かなかったのですが、スタジアムのどことなく異様な雰囲気はもしかしたら潜在的に、見ている我々にも伝わったかも知れません。バナーの文章を即時理解できるドイツ語マスターの方ならもっとはっきり感じたのではないでしょうか。

どうしてここまでの事態になっているのか、この日掲げられた全バナーのメッセージ、キャンペーンを行ったウルトラスの声明、バイエルンからの公式声明、各種メディアのレポ等、沢山出てます。
まだまだこの話は続くでしょうが、何が何やら、さすがにワタシにはさぱーりです。
げんなりするからあまりしっかり読みたくないし。

このネタについての記事の中で、印象深かった一文だけ紹介してこの話はひとまずおしまい。
(ネガティブなメッセージを送り続けるバイエルンファンとは対照的に)「アウェー席にいた(グラッドバッハの)ファンたちは、彼らのチームを90分間応援し続けていた。本当のファンがそうするように。

さてさて

11_04_02_az
クラフトは犬好きらしいですぜ。

4月2日 ブンデスリーガ 第28節
バイエルン・ミュンヘン 1-0 ボルシア・メンヒェングラッドバッハ

kickerの採点も合わせてどぞ
110402fcbbmgfj
交代:クローゼ(72ミュラー)、オットル(72クロース)
サブ:ブット、ブレーノ、コンテント、アルティントップ

得点:ロッベン(77リベリー)
カード: ラームロッベンロイス

MoM:ロッベン

110402_robben3
(状況がよく読めない写真)

こんな試合だからこそ無理やり!
バイエルンサポの皆さ~ん、ロベリベリしてますか?

…なんかねぇ、あんまり言うことないんですわ(苦笑)。
別にミラノダービーに夢中になってたからじゃないんですのよ。GAORAさんのちゃんとした映像で見直しても、つまんないもんはやっぱりつまんなかったのです(^_^;)

ただ、何度も言うように、勝ったから満足です。
そして、期待通りに、ロッベリーの素晴らしい連携プレーで決まったのが嬉しい。
この両翼がバッサー言わして羽ばたいてるところを見るのに無上の楽しみを見出している今日この頃なのです(*´∀`*)

ゲーム通して、いちおう優勢を維持しているバイエルンでしたが、そんなにものすごく盤石とも思えない(ゴメン)MGの守備に手こずり、たいしてチャンスも作れず。
かと言って向こうの攻撃もピリッとせず。
だ~らだ~らした流れの中、どちらのチームもやることなすこといちいち気が抜けてて、親善試合みたい、じゃないわ、それ以前の、トレーニング中のミニゲームか?ってなもんでした。

110402_schwein
「そんなん言わなくたって~、もうフテ寝しちゃうんだから」「ジャマだからヤメレ」(うそ)

このように特に見どころのない試合でしたが、ゴールが決まってからはバイエルンも勢いづいて、わりと楽しく面白くなりました。
…って、それぢゃーゴールが決まらなかったらどうするつもりだったんだろう、と、改めて苦笑した次第。あのままグダグダと終わってたかも知れないと思うと、ぞっとしますねぇ。
楽しくなったからと言って追加点が取れたわけじゃなし…まぁ失点もしなかったからヨシとします。

110402_hadakamatsuri
裸祭り。リベリって意外にムナゲがいい感じだったのね…(←どこ見てる)

CBコンビがグスタヴォバトシュトゥバーで「おいおいおい」と思ったものでしたが、どうもティモシュクは風邪引いたようですね。
二人ともこの日はまずまずのパフォーマンスでした。もっとも、MGの攻撃もダルかったので、重大なピンチもあまりなかったですし…

まあ、よかろう。ともかく、これで最低義務の3位浮上ですから☆のこり6試合、まだハノーファーとはたった1ポイント、いくらでもどうにでもなる点差ですが、もう絶対絶対落ちてはならぬぞ!…頼むから…sweat02

冴えないlogになってしまって面白くないので、昨日行われた室内トレーニングフォトでもどぞ。

110404_klose
ミロカッコいい!

110404_hamit
ハミトはバスケが上手いらしい

110404_mueller
ミュラーはいまいちらしい

110404_mukade
春の大運動会に向けてムカデ競争の練習(うそ)

そういえば、明日(6日)のトレーニングのもようを、FCB.tvでLIVE中継するそうですよ。ふ~ん。(←どうせ見れたもんじゃないのはわかってるので冷めている)
CLがないからこその余裕ではありますが、そう思っちゃうとなんかつまらんねぇ。

CLと言えば、今晩この後シャルケインテルと試合がありますね。
インテルへの勝ち方は先日ミランが見せたぞ!がんばれ、シャルケ!がんばれ、ノイアー!がんばれ、ラウール!勝てるって信じてるぞ~!バイエルンの仇を討ってくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

ミラノダービーのファンボメル

デルピエロが企画したTシャツを着る長友とマテラッツィ
110402_tomo
(「デルピエロが被災地復興支援、オリジナルTシャツ売上など寄付」:スポーツ報知
お申し込みはこちらから(たぶん)。

そんな長友はあいにくこの日は出番がありませんでした。退場者が出なければあり得たかも知れませんが…。

4月2日 セリエA 第31節 ACミラン 3-0 インテルナツィオナーレ・ミラノ

110402_milaninterfj
交代:フラミニ(51ガットゥーゾ)、カッサーノ(80ロビーニョ)、エマヌエルソン(84パト)
サブ:アメリア、ジェペス、パパスタソプーロス、アントニーニ

得点:パト(1)、パト(62)、カッサーノ(90PK)
カード: キブー(54)  カッサーノ(90)  ロビーニョファンボメルザンブロッタマイコンサネッティ

110402_21 heart04

【追記あり】

続きを読む "ミラノダービーのファンボメル"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/04/03

間もなくミラノ・ダービー!

110330_4

故障明けながら、スタメン予想されている2人であります。
膝の絆創膏は無事にはがれたようですが、大丈夫なのでしょうか(汗)そういうつもりで見るから、まだ腫れてる気がしてしょうがない。

というわけで間もなく運命のミラノ・ダービーでございます!
バーリに引き分けパレルモに負けたおかげでインテルにすっかり差を縮められてしまい、正真正銘、天下分け目の大決戦になってしまいました。
ポイント差はわずか2。本日勝った方が首位となります。

おかげさまでもぅ、数日前から緊張感で心臓が飛び出しそうですぅ~~~(汗)。

オランダにとってみれば、ファンボメル×スナイデルのオランイェ対決でもあるわけで、Telegraafになかなか魅力的な記事が(ここここ

110402_telegraaf
トレンディーなんだぜ

本紙だったらもっとちゃんとしたWインタビュー記事になってるのかも知れませんね…。

ざっくり
ファンボメル「他のヤツより彼(スナイデル)と対戦する方がいいよ。彼のおかげでインテルはここまで来たんだ(←勝手作文なので誤訳かも)。PSVとバイエルンで、アヤックスとインテルにいる彼と戦った。そしてそれはいつでもかんたんなことじゃなかったんだ」
「魅力的な試合になるかどうかという質問はあるだろうね。イタリアのフットボールは、スペインの美しさとイングランドのハードさがミックスされたものだ。エンタテインメントな価値が途方もなく高い時もあるんだけど、敵に対してそれを壊さなければいけない時もある。でも俺はインテルにはそういうことを期待しないよ」
スナイデル「どちらにとってもイーブンだ。ズラタン・イブラヒモヴィッチがACミランにいないことが(僕らには)有利だって言うかもしれないね。だけど突然何かが起こるかも、ということに関してはどっちも同じだよ」

…正直、ミランが勝てる気があまりしませんガクガクブルブル(((゚Д゚;)))
ワタシはあまりに一見さんなので、ミラノ・ダービーというものがどんなに偉大で重いものなのかはとても実感できませんが、首位を争う天王山として、非常に非常に緊張しております。

あ~もう、ファンボメルがミスしませんように、ファンボメルが怪我しませんように、ファンボメルがカードもらいませんように・・・・・・・・・・エンドレス。
視野が狭すぎる。
いやいや、もちろん、ミランに勝って欲しいですとも!そのために愛しのファンボメルは戦うのだから~!

最後に、ガチガチに緊張していた力が少しだけほぐれた、印象深かったこのコメントを
(都合のいいように大幅にはしょって都合のいいように勝手意訳してます)

スナイデル「バルサ対レアルの方が世界中で見られているのかも知れないね。だけど、同じスタジアムでプレーする2チームが、イタリアサッカーのチャンピオンシップのためにダービーで対戦するんだよ。これ以上素敵なことってあるかい?」

いざ!デルビー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:バイエルン対ボルシアMG

バイエルン 1-0 メンヒェングラッドバッハ

110402
今度は何キャンペーンですか

はぁ~やれやれ。
なんとも形容しがたい冷めた試合でしたけど、ロッベリのおかげでなんとか勝てましたよ。

バイエルンはアレか、もちろん勝ちたくないわけはないんでしょうけど、なんなんですかね。
チームから気持ちとか意志とかいったものがちーとも感じられません。
心がこもってなくても足元だけで勝てるほど、甘いもんじゃないんだぞ。

まあいいです。勝ったから。今となってはもう結果が全て。ぜいたくは言わん。

110402_robbery2

そう言えばハノーファーがドルトムントに負けたので、抜いてバイエルンは晴れて3位浮上です(^ー^)
…まあ、過去に何度も浮上しては落ちているので、あまり手放しでわっしょいしょいと喜ぶのは今はやめときます。とりあえずは良きこと也、と。

続く!

【追記】
上の写真の横断幕ですが、結局ノイアー獲得に反対する新たなネガキャンのようです。今度はウリに対するメッセージのようで、こっちの方がさらに悪意を感じます(tzより)。もうやめなさいってホント…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/04/02

今夜はグラッドバッハ戦

さてお立ち合い。

2週間ぶりのブンデス再開ですよ。
この間にハインケス監督の就任が決まり、なんとなく祝賀ムードに覆われてる感のあるバイエルン周辺ですが、監督はまだファンハールですよ!

4h343_bild
春のチューリップ祭り開催中

…がっかりしちゃダメっ!(^□^;) あと7試合、がんばりましょうよ(汗)

ということでバイエルンニュースをサックリと

110329_1 アゴヒゲ~(汗)

先日の代表戦のアゼルバイジャン戦で途中交代したファンブイテンですが、ハムストリングを痛めてしまったようで、ドクター・ミュルの診断によれば、2週間の離脱と~~~(泣)

なんでそーーなる・・・・・・・○| ̄|_

せっかくスタメン復帰してまずまずのパフォーマンスで、さあこれからという時にアナタ…。
この間にティモシュクにスタメン取られちゃうよぅ~トホホ。。。
時期が時期だけに、ゆっくり治してねとは言い難いので、素早く確実に治して予定通り2週間で戻って来てぇ―!

よいニュースとしては、クロースが2015年まで契約延長!\(^∀^)/
(今季で契約が切れるおっさんたちの交渉は長々引きのばす一方で、生え抜きのドイツ代表選手に対してはせっせと手厚い待遇を(略))

契約が切れるおっさんと言えばブットですが、引退宣言記事が出たのとほぼ同時に、バイエルン公式には何故か、まだあと1年ぐらいはやる気まんまん的な記事が…。
クラフトが契約延長を断ったとかいう話も出ましたし、結局すべてはノイアーとの移籍交渉にかかってる気がしてきました。なんかゆーうつ・・・

新監督が決まったことで移籍リストに名前が沢山出てます。よく聞くのはヴィダルとコエントランでしょうが。コエントランはともかく、ヴィダルはまた「ポスト・ファンボメル」なのだそうです。一体何人目のポスト・ファンボメルなのか、正直えーかげんにしなはれ、です。ボランチばっかりそんなにため込んでどうするんだ。ティモシュクはい―加減怒ってもバチ当たらんと思うぞ。

バイエルンの移籍ネタの中で信憑性が疑わしい選手の一人として、ボルシアMGのダンテの名前があります。
ワタシ的には髪型がネタ的に面白いので、来てくれたら楽しいですが、どうですかね。

11_03_31_tz
(↑何故か流血フォト)バイエルンオフィシャルショップに「ボンバヘッド・ダンテヅラ」が発売されたりしないかな~

今夜は、そんなダンテも所属するメンヒェングラッドバッハ戦でございます。
普通なら格下ですが、もう今シーズンのバイエルンは何が起こるかわかりませんのでね。7連勝しか道はないのだ。勝てよ!
ロッベンが復帰するのはめでたいですね。代表戦をキャンセルして休養じゅうぶん、コンディションばっちりでしょう。ロッベリ祭りを期待してるぞ。

おまけ
11_04_02_rp
案の定調子に乗っているらしい(?)イェンス・レーマン41歳の春だから。
「カーンの言ってることなんて俺様はいつでもシカトだもんね♪」
イイよイイよ!(^皿^)そーこなくちゃ!(ネタ元はこちら(3ページ目))
今節の試合もスタメンではないようですね。ざんねん。いやホントに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/01

EURO予選:オランダ対ハンガリー

4月はついにヤツが登場
Dsc07590_2

…。最後のトリコカレンダーに、カッコいい姿の写真が採用されてよかったです。

さてさて、すっかり遅くなってしまいましたが、激闘の試合を振り返りましょう。

3月29日 EURO2012予選 グループE オランダ 5-3 ハンガリー

↓前節とまったく同じなのでそのまま流用御容赦(^^ゞ
110325hunnedfj
交代:ファンニステルローイ(46ファンペルシー)、エマヌエルソン(64ピーテルス)、エリア(90カイト)
サブ:ボスフケル、ブーラルーズ、フラール、ストロートマン

得点:ファンペルシ(13)、ルドルフ(46)、ゲラ(50)、スナイデル(61)、ファンニステルローイ(73)、ゲラ(75)、カイト(78)、カイト(81)
カード: ラザルピンテールユハス

Dsc07597

試合前に予定通り、ファンブロンクホルストの引退セレモニーが行われました。
Dsc07592
挨拶の最中、はしゃぎまくる息子さんに対して優しくつっこみを入れる、ほほ笑ましいシーンもあり

Dsc07593
思わず笑みがこぼれる選手たちもいい表情をしています。

と、ほのぼのした空気の中、この後、あんなジェットコースターのような展開が待ち受けていようとは…。
以下、久しぶり、どっぷりがっつり劇場激情型アホアホレポ方式でいってみよー

続きを読む "EURO予選:オランダ対ハンガリー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »