« 速報! | トップページ | ファンボメル、アウェーのハンガリー戦を欠場 »

2011/03/24

バイエルン、5月にチャリティーマッチ

110319_bayern

日本語でも出ましたね。各種ニュースサイトにも出てますが、バイエルン公式以上の情報はないようです。

FCバイエルン・ミュンヘンが日本を支援(バイエルン公式)
バイエルンが日本を支援する!(読売ONLINE)

TVニュースはcheckしていないのですが、スポーツコーナーで少しは取り上げられましたでしょうか。インテルとか、日本人選手所属チームじゃないから話題になりませんでしょうか。
詳細が決定したら、もっと盛り上げて欲しいものです。

何故って。
渡航費はバイエルン持ち!
収入は全額寄付!

何よりも、何よりも!
電力も放射能も解決して、世界が忘れた頃にのんびり、じゃないんですよ!
5月というまだ早い時期に!わざわざ!「危険渦巻く」(注※ワタシの考えではなく、向こうから見た今の日本のイメージはこんな感じだろうと)日本にお越し頂くんですよ!

…。
震災の数日後に、名古屋で新しいプラネタリウムがオープンすることになっていたのです。
ところが前日になって投影機に重大な不具合が生じてしまい、メンテナンスの必要が出ました。
しかし、オープンに立ち合うはずだったカールツァイス社のドイツ人技師が、地震直後にすぐさま帰国してしまったので、修理作業は電話を通して行われたのですが非常に苦労してしまい、オープンを延期するに至った、というトホホなニュースがありました。(その後プラネタリウムは一日遅れで無事にオープンしました)
殆ど影響のない名古屋ですらこうなのです。

今朝たまたま、久しぶりにNHK-BSでの世界のニュースを見ました。
気仙沼で取材をしているドイツのTV局レポーターが「放射能測定器が欠かせません」と言っていました。
そしてフランスやドイツでは、日本産の食材の輸入が見送られるのかどうなのか、とか…。
関税を通る段階で品質checkしてるから落ち着いてね、と言う人あれば、「ウチの店で使ってる食材で日本産のものはありません」と言うスシレストランの店長もあり(日本産はイヤンだが韓国産ならイイのか…←独り言)。
ニュース番組でわざわざ日本周辺の風向きをお知らせしたりしている、とか。
まぁ、中より外から見てる方が不安になるという心理状態はわかりますし、ニュース番組の中のほんの一部分のことなので、ドイツやフランスがみんながみんなこんな反応かどうかわかりませんので(純粋に心配してくれてる人も沢山いるでしょうし)、批判とか議論とかする気はさらさらないのですが、ただやはり、「なんだかなー、トホホ」と思うことではありました。
心なしか、NHKのアナウンサーの表情もトホホな感じで…。

長くなりましたが、このように、日本全体に対してネガティブなイメージが蔓延しているであろう中、「よし日本へ行くぜ」と、どこよりも早く決定したのが、我らのバイエルン・ミュンヘンなのです!
ドイツでの試合を企画してくれるだけでも、十分にありがたい話なのに。
サポとして本当にうれし誇らしいです。
ちょっとだけエバってもいいですか?

えっへん。(^ー^)

このことがドイツ人にどう捉えられているのかは知りませんが、来日したバイエルンの関係者が「日本案外だいじょぶだったよ~」とアピールして、欧州の人々が日本に持っているネガチブなイメージを少しでもいい方に変えるのに役立ってくれたら嬉しいな、と思います。

それにしても、普段はケチケチバイエルンですが、こういうチャリティー活動にはわりと積極的ですよね。
そこがこのクラブのいいところだと思ってます。かつてファンボメルの古巣クラブが財政難で苦しんでいた時にも、オランダまで出向いてチャリティーマッチをしてくれましたし。

詳細はまだこれから、ということで、実現するかどうかも確定しない話ではあります。
もしかしたら「そんな急に言われても、ウチにも都合ちゅうもんがsweat01」と日本の側も思ってるかもわかりません(^∀^;)
(実際まだ日本側からのコメント等は出ていませんし)

ですが、被災地を援助するためにも、上記のように、「案外だいじょぶな日本」を欧州に発信するためにも、是非是非実現してもらいたいものです。
そして無事開催となった暁には、バイエルンやドイツサッカーファンだけでなく、沢山のヨーロッパサッカーファンが観に来てくれるといいなぁと願っています。
そのためにはやはり、できればロッベリやゴメス、ミュラーなどのスター選手にも来てもらいたいものですよね。まあ、ワタシはバイエルンファンなので、どんなにへっぽこなメンバーでも、楽しみな話ではありますが…。

[念のため追記]
わざわざ言うまでもありませんが、「案外だいじょぶ」というのは、日本全土が放射能に覆われて黒い雨が降ってるわけじゃないとか、余震で毎日どこかの建物が倒壊しているわけじゃないとか、必要以上に恐がらなくてもだいじょぶ、いうことであって、けして被災地や被災者をほったらかしても大丈夫、という意味ではありません。

|

« 速報! | トップページ | ファンボメル、アウェーのハンガリー戦を欠場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/39352057

この記事へのトラックバック一覧です: バイエルン、5月にチャリティーマッチ:

« 速報! | トップページ | ファンボメル、アウェーのハンガリー戦を欠場 »