« ポカール:バイエルン対シャルケ | トップページ | ハノーファー対バイエルン »

2011/03/05

監督キラーとの対戦!

むやみやたらと長いです。
(注※ファンボメル(ミラン)ネタも少々あります)

例によって殆どながら見だったので、とても「見た」とは言い難いのですが、ポカールのもうひとつの準決勝、デュイスブルク対コットブスGAORAでcheckしたのです。

試合はご存知の通り、デュイスブルク2-1で勝利し、決勝に進出しました。
2部のチームが決勝に行くことになったのですから、チームの喜びようたるや、まるで優勝したかのような盛り上がりで、見てるこっちも嬉しくなり、素直に「よかったねえ、がんばりや(^∀^)」と温かい気持ちにさせられたのですが…

110301_alles_gute

何やら、ユリアン・コッホという選手に対して、励ましメッセージを掲げたり背番号の入ったシャツを下に着ている選手たちがいたので、怪我でもしたのか、どうしたのかな、と呑気に思っていたら。Bildにこのような記事が。
緊急手術が彼の脚を救った!
日本語に自動翻訳したものをざっと見ただけなのですが、コッホはツヴァイテの試合で膝に大怪我をしたらしく、脚を切断する恐れもあったそうなのです(゚□゚;)(注※あくまでBildの言うことです)

110225_koch

しかしこのたび、さいわいなことに最悪の事態は免れた、と。ほっ・・・
とはいえ、膝の十字靱帯を大きく損傷しているのでシーズンアウトは当然、無事に復帰できるかどうかもわからないらしいのですが…。なんとか、まだハタチと若いことですし、焦らずに、しっかり治してピッチに戻って来て欲しいものです…。

110301_maierhofer
なんちゃってポカールにも「ユリアンのために」と書いてありますね。こういう話には弱いので、つい、頑張って優勝してチョーダイ!そしてバイエルンの仇を討ってくれ(←ヨコシマ) と、肩入れしたくなります。

ところで
写真↑の彼は、当時「おもしろ首長(くびなが)クン」として話題沸騰だった(??)、元バイエルンのマイアーホーファーでございます。すっかり顔つきが変わっちゃって。もう28歳だそうです。エースとしてバリバリ活躍してましたよ。
先月のオランダ代表との親善試合でも、オーストリア代表として出場してました。デカい体でかっ飛ばしてたような気もしますが、ファンボメルとアラバに気を取られてたのであんまり印象に残ってません(←こらっ)。ともあれ、ドイツ代表は、今度のEURO予選の際には要注意かも知れません。

061028 むひょひょ

やれやれ、前置きのつもりがすっかり長くなってしもうた。以下ポカール放送よりアホアホ劇場、というかほぼダニエル劇場&かんたんプレビュー記事です

Dsc07528
「お待たせ!」
10分にも満たない出場時間でパワープレー要員で、そんな使われ方嬉しゅうないわい、と、見る前は思ってたのですが、いざプレーしてる姿を見たら、得も言われぬ切なさを感じましたよ。。。
もうベンチに座ってるとこ見るのヤダ!へっぽこモタモタディフェンスで失点の原因になっちゃって後で泣いてもいい!←いやダメだ(汗) プレーしてるとこが見たいんじゃー!なんとかなりませんか~(T△T)

本日のカーンセンサー
Dsc07521

・・・・・・以上です。orz

ダニエル劇場

Dsc07522
シャルケのコーチングスタッフともいい関係らしいファンブイテン。アイヒコルンコーチ等とニコヤカに挨拶してましたよ。マガトとはどうなのかね、と思ったら画面が変わってしまったので確認できませんでした。

Dsc07518
「フランク…」

Dsc07519
「えいっ」

Dsc07520
「ヒット☆」

ベンチ劇場
Dsc07523
クローゼの隣は誰でしょう

Dsc07525
クロースでした

Dsc07526
そしてクロースが出場して空いた席にはティモシュクが

さて
ブンデスリーガですよ。

110304_rensing

試合はまだ見ていないのですが、ゆうべはレンジングが大活躍して、ケルンがあのドルトムント相手に健闘したそうです。負けたけど…。このままで行けばケルンとの契約延長も問題ないんじゃないでしょうか?(^ー^) 彼の活躍は嬉しいです。

そして我がバイエルンは、3位ハノーファーとの直接対決…←また脱力しそうに

ここのところのパフォーマンスに対して、シュヴァインシュタイガーに批判が集まっているようです。
ファンボメルという頼れるリーダーがいなくなり、今は彼がその仕事をすることになったわけですが、やはり荷が重いのではないか?と分析しているところもあるようです。
んあ~~頑張れよシュバ(T△T) 大丈夫、ワタシは見捨てないからね!
カーンが弟のようにかわいがり、ファンボメルも(そういう言い方はしていませんが)自身の後継者として信頼しているアンタだから!
…と、今夜は熱く励ましちゃうんだぜ、と思っていたら警告累積で出停と。。。○| ̄|_
ま、まあ、アレだ、少しここいらでクールダウンして、落ち着きを取り戻すのもいいかも知んないよ、ということでひとつ(^_^;)

その他バイエルンの話は当然明るいネタは出てませんわね。
いよいよ、ファンハール監督更迭前夜?今日負けたらいよいよかもね?と、マスコミは楽しそうに言うわけです。
ここでイヤ~な事実があるそうなのですが、なんと今シーズンのハノーファーは「監督キラー」であると…。
なんと、ケルン・ソルド、シュツットガルト・ケラー、ヴォルフスブルク・マクラーレンと、じつに3名もの監督が、ハノーファーに敗れた後でクビになっているのだそうです。
おそるべしハノーファー!
いや、ぶっちゃけ、個人的には、ファンハールがクビになろうがなるまいがどっちでもいいのですが(冷)、監督のために、じゃなくて、バイエルンは自分たちのために勝たなくちゃダメでしょ。やらせはせんぞ!こんなところで終わってたまるかってんだー!

----------
そして

110228_10 heart04

ファンボメルも今夜試合があります。相手は貴婦人ユヴェントス

V・ボメル: 「カッサーノはちょっとクレイジー」
ファン・ボメル、不振ユヴェントスを警戒

イタリアのTVのインタビューに答えたらしいです。(動画はないのかー)
ガットゥーゾとカーレースとかする中なの~?(゚∀゚) そこんところもっとつっこんで聞いてくれないと~!じゃなくて。

このインタビューに関する記事の中で、日本語ニュースには出てない部分で、こんな発言が。
「ユヴェントスとの試合はいつでも感情が入るものだ。俺にとっては特に、向こうにはサリハミジッチという友人がいるんだからね」と…。
ファンボメルをフィーチャーしたミラン公式の記事にも、「かつてのチームメイト・サリハミジッチとの対戦である」的なことが書いてありましたが、何故かトーニのことは完全スルーであります(^_^;)
ただそのサリハミジッチ、今はあまりレギュラーでは出場していないようですし、その上何やら怪我をしたとか、なんとか…。

ともあれ、もちろん絶対に勝たねばならぬ試合ではありますが、愛しのサリハミジッチとの再会はワタシも、とてもとても楽しみです。(もちろん、トーニとも。)
今やミランにとって重要な選手である、と各方面で高評価らしいファンボメル。
ファンとして誇らしい限りですが、しかし、スクデッドを獲得するまでは、1試合たりとも気が抜けないのであります!
まだまだファンボメルの挑戦は続きます。がんばろう!勝ってね!

|

« ポカール:バイエルン対シャルケ | トップページ | ハノーファー対バイエルン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/39116682

この記事へのトラックバック一覧です: 監督キラーとの対戦!:

« ポカール:バイエルン対シャルケ | トップページ | ハノーファー対バイエルン »