« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/31

親善試合:ドイツ対オーストラリア

遅ればせながら、TVが直って無事に録画できたカザフスタン戦を見たのです。

Dsc07587

前半途中、2点リードしたあたりから早くも省エネモードにスイッチした風に見えました・・・。ドン引きのカザフスタン相手に攻めあぐねているというか、めんどくさいから(??)無理しないで様子見だったのか。
まあ、そんな状態でも3点目をゲットして勝負をほぼ決めて、後半に入ってからはさらに輪をかけてグダグダモードにシフトしてましたね。サポからブーイングが出るのもむべなるかな。
観客もブーじゃなくて、こういう時だからこそ、熱い応援チャントでもって盛り上げた方がいい気もしますが…。
ゲッツェが公式戦デビューだったと思いますが、まずまずでしたね。かと言って、ダラダラした空気を一変させるほどではなかった・・・。

ともあれ、kickerの採点が出てましたので貼っておきます。
ノイアー(3) - ラーム[C](2.5)、メルテザッカー(3.5)、バトシュトゥバー(3.5)、アオゴ(3.5) - ケディラ(3)、シュヴァインシュタイガー(4.5) - ミュラー(2)、エズィル(2.5)、ポドルスキ(3) - クローゼ(2)
MoM:クローゼ

シュヴァインシュタイガーの評価が飛び抜けて悪いです。
代表でもクラブでも、CHコンビの相方が攻撃面での仕事をこなす分、守備的なプレーを担当することが多い気がするシュバですが、不得手な仕事で苦労しているんじゃないでしょうか。
かんたんに「ダメじゃん」「イラネ」などと言わずに、ドイツの星、バイエルンの宝として、温かく見守って行って欲しいのですよ。ワタシは長い目で見守る所存ですよ。
より偉大な選手となるためには、ここを乗り越えなくちゃいけないんだぜシュバよ。とたしかカーンも最近言っていたような…。

そんなこんなで

3月29日 国際親善試合 ドイツ 1-2 オーストラリア

Bildの採点も合わせてどぞ
110329geraurfj_2
交代:ゲッツェ(5)(64ミュラー)、クロース(5)(64シュヴァインシュタイガー)、クローゼ(4)(73ゴメス)
ベンチ:ノイアー、アオゴ、バドシュトゥバー、メルテザッカー

得点:ゴメス(26シュールレ)、カーニー(61)、ウィルクシャー(64PK)
カード: トレッシュクローゼジェディナックマッカイ

110329_mannschaft
キラキラ美青年軍団勢ぞろい☆

110329_schmerzer
ヘアバンドを取るとこうなっているらしい(シュメルツァー)

110329_matts
みんな大好き・エキゾチック系美青年フンメルス

110326_sbender
フル代表デビューのスヴェン・ベンダー

と、見た目には申し分ないのですが・・・。

TV放送がなかったのでフルマッチは見ておりません。
ですが、各種試合レポ等を見ると、負けただけでなく内容もひどかったようですね。
ハイライトもかんたんなのをさっくり流し見ただけであんまり熱心にcheckする気が起こらんですわ・・・。

ゴメスがゴールを決めたのはまあ、良かったなあと思いますが。シュールレの、ドリブル突破から倒れながらのアシストも良かったですね。
しかしその後、だらけた守備から失点。さらにトレッシュが相手選手を倒したことによるPKで2失点目。

新人寄せ集めチームだから連携とかサッカー面で上手くいかないのはある程度織り込み済みで仕方ないことだったのか、それ以前に選手たちに気持ちが入ってなかったのか、その両方か・・・。
試合通して見ないことにはなんとも言えませんけど。
ただ。別に若手のテストマッチでも構わないし、勝敗は関係ない試合ではありますが、なんてゆうんでしょう、まんまと負けるんじゃないよ、と思います。
親善試合だから、怪我人が出るほどアグレッシブに熱くなれとは言いませんが、せめて「勝ちたい」という気持ちを持って臨んでちょうだいね。
(もちろん「そんなことない、いっしょけんめいやった」と当事者たちは言うでしょうが…。)
だいたい、これからというエエ若いもんがここでアピールしないでどうするよ。多少無茶でもカラ回りしてでも、全力で行ったらんかい。

気が乗らないのでこの話はこれまで。

おまけ
110329_ballack
VIP席の皆さまのハーフタイムは、何故か一斉にチョコパリパリアイス

さらに関係ないおまけ
110329_ribery_2
(大爆笑)部屋着か?

[追記]
kicker採点出ました。
ヴィーゼ(4) - トレッシュ(4.5)、フリードリッヒ(4)、フンメルス(4)、シュメルツァー(4.5) - S・ベンダー(4.5)、シュヴァインシュタイガー[C](4) - シュールレ(3)、ミュラー(5)、ポドルスキ(3.5) - ゴメス(3.5)
MoM:シュールレ(←負けたのに?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/30

短信:オランダ対ハンガリー

未だに緊張と興奮が抜けない・・・。ドギドギガクガク(((゚Д゚;)))

試合レポが遅くなりそうなので、とりあえず言うこと言っとくのである。

オランダ 5-3 ハンガリー

ファンペルシ(13)、ルドルフ(46)、ゲラ(50)、スナイデル(61)、ファンニステルローイ(73)、ゲラ(75)、カイト(78)、カイト(81)

110329_kuyt

カイトぉ~~~~~!!!好きじゃ!!!

逆転、逆転、また逆転!どっちのファンでもない客観的目線でみたら超白熱したスペクタクルなゲームでした。
…って、

なんという際どい試合をしてくれちゃうんだアンタたちぃ~~~!!

ファンマルヴァイク監督になってから、こんなオランダ代表見たことない!

…いやいや。ホメてない、断じてホメてません。

とりあえず、ザルDFども全員廊下に立って反省なさいっ!!
ついでに、
肝心な時にそこにいなかったモジャモジャキャプテンも!!

カイトアフェライのおかげでなんとか勝ちました。
あと、キレたり怒鳴ったり、けしてスマートではありませんでしたが、いっしょけんめい攻撃を引っ張ったスナイデルもね。

怪我人の具合が、特に膝を痛めたらしいファンペルシーが大変心配です。

……で?

ドイツはなんですか?限りなく2軍に近い1.5軍のメンバーでもって、みごとにオーストラリアに逆転負けとな?( ̄▽ ̄)
案の定というべきなのかなんというか…。シュヴァインシュタイガーの疲労が心配だ…。

続く!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

それぞれの・・・

110329_kazu

遠藤のゴールに代表チームが一斉に天を指したのも感激しましたが、カズ44歳のゴールにもちょっと感動しちゃいましたねぇ。イベント向けのシナリオじゃなかったですよ、マジで決めたゴールでした。日本が誇るスターが日本のための試合で一矢を報いるゴールを決めたのです。

さて、今夜も代表戦ですよ。

そんなわけでファンボメルは離脱しちゃったしドイツは今晩は親善試合だし、気が抜けてしまってあんまりcheckをしておりません…(ひで~)

ブットが今夏で引退する旨を発表したみたいです。

110328_butt

眠くてアタマがボーとするので、誤訳を恐れて詳しい日本語ニュースを待っておりますが、バイエルンとの契約が切れる今夏で引退、そのままバイエルンのユース部門のコーチか何かをする予定だ、とかなんとか…。(ついでに「ノイアーはいいGKだね」と言ったとか?))
これまでにもなんとなく「そうらしい」という話はモヤモヤっと聞こえてましたが、本人の口から出たのは初めてかも知れません。

イヤじゃ!!!(T△T)

最後のシーズンが途中で正GKの座を取り上げられて、こんな不完全燃焼なカタチのまま辞めて欲しくない~~~!
でもきっとブットは冷静に淡々と引き際を決めたのでしょう。そして決めたことは未練なく、しかし頑としてスッキリと実行して行くのでしょう。。。。゜゜(´□`。)°゜。
そんなところもステキなのだから、受け入れるしかないのか…。
思い出や御礼の言葉を述べるのは後日にします。。。

ということで
オランダ代表の状況は殆ど把握できてないので、毎度おなじみ「Harry van Oranje」からスナイデルのミラノ案内」だけcheck。←サッカー的checkではない

110328_harry_van_oranje2
ピザ作りに挑戦

110328_harry_van_oranje3
「ピッツァ・スナイデル」の完成でーす!

110328_harry_van_oranje4
トッピングはこちら!トマト、チーズ、アンチョヴィ、ペパロニ、シャンピニオン、サラミ。

110328_harry_van_oranje1_2
ミラノの街をろくに人払いせずに素でとことこ歩くものだから、至るところでファンに囲まれサインをねだられ写真を撮られまくり。おかげでロケになりゃしない、というオチのようですが、途方もない数のファンサービスをひとつひとつ丁寧にこなすスナイデルに、好感度アゲアゲでございました☆危なくないのかなぁ?(汗)とも思いましたが…。

そんなオランダ代表は今夜もEURO予選。ハンガリー2連戦の2戦目、今度はホーム(アムステルダム)です。前に紹介した通り、試合前にファンブロンクホルストの引退セレモニーがあるそうです。
そしてぇー!フジさんでLIVE放送ですよ!……ファンボメルはいないけど(泣)
それはそれとして、今日もしっかり勝つんだぞー!
キャプテンとしてもポジション的にもファンボメルの代理を務め&創造性までプラスして、評価急上昇中のファンデルファールトがきっと貢献してくれるはずさ…ちょっと寂(´・ω・`)

そんなファンボメルの様子がミラン公式に上がってました。
「ピルロがついに帰って来た!ボアテンク、ファンボメルもイイ感じ!」とレポにはありましたが…

110329_bommel2
元気そう。…って、んん??

110329_bommel
ちょっと見づらいのですが。右膝になんか貼ってあるしー(T□T)わあ~

無理してるんじゃないのかー!それでいいのか?!ちゃんと完璧になるまでじっとしてた方がいいんじゃないのか!サッカーキャリアを縮めることになりはしないのか?!
・・・・・いや、きっとアンタは大丈夫だって信じてるからそうしたいんだよね。ならば頑張れ…。アタシゃ膝がそれ以上悪化しないことを祈って、ハラハラしながら見守ることにするよ。。。

ところで
ドイツ代表サポの皆さまはもうこちらはごらんになりましたか?

110329_dfb1

ドイツ代表公式サイトに、日本の皆さまへ励ましメッセージ。

110329_dfb2

シュヴァインシュタイガーノイアーミュラーが「ガンバッテクダサイ」等とメッセージを寄せてくれました。日本語で言われると、かんたんな言葉でもすごく心に響きますよ・・・。
本当にドイツからのこのたびの心づかいの数々には、感謝の気持ちでいっぱいです(;_;)

110327_dfb

そんなドイツ代表は今晩はオーストラリアとの試合です。
親善試合ですし、今回は若手を中心に起用するということで、ラームケディラエズィルの欠場はあらかじめ発表されました。あとJ・ボアテンクが膝の半月板を損傷して手術、シーズンアウトとか…(汗)
どんな顔ぶれになるのか楽しみと言えば楽しみですが。
先日のカザフスタン戦も、大勝したにもかかわらず、後半のぐだぐだな内容にひどいブーイングが起きたようです。今回も親善試合だからと言って気の抜けた試合をしたら、どうなるか…。フレッシュなメンツにふさわしいフレッシュな試合でせっかくだから勝たなくちゃね。

110328_muellertreasch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/29

ファンボメル代表離脱・その後

なんともはや。。。

ワタシがこんなに心配しているのも知らず(当たり前だ)、にくいあンちくしょうときたら

110316_5
(写真等がアプされてないので別の日のもので失礼)

ミランでふつーにトレーニングしてたらしいんですけど!

ミラン公式(英語版)より

MILAN - The Rossoneri’s daily practice began at 16.00 CET at the Milanello Sports Centre.

Gattuso, Antonini, Oddo, Van Bommel, Merkel, Legrottaglie, Abate, Robinho, Flamini, Nesta and Seedorf did some athletic work with repetitions of 40, 60 and 80-metre sprints. Afterwards, the players warmed down before going through a series of tactical drills.
The Rossoneri finished the session with a match amongst the squad on one half of the pitch.

ダッシュとかが中心でボールを使ったトレーニングはしなかったようですが、ふつーに健康体のガットゥーゾとかと同じメニューだったようで…(てかメルケルも帰って来てるし)
パトやピルロなど、怪我中の選手については別メニューでした、とこの後の文章にちゃんと書いてありますし。(そしてなんでケヴィンプリンスがロンドンで検査とかしてるのだ?ガーナ代表の試合に出てるんじゃなかったのかい…)

な~~んなん?(?_?)

いや、もちろん!元気ならそれが何よりなのですが。試合に出られるコンディションなのかどうかもわかりませんので、この目で試合に出ているところを見るまでは安心できませんが…。
無茶してるんじゃないかなぁ、突然壊れたりしないのかなぁ、ドキドキドキドキ・・・・・・

ミラノに帰ったファンボメルについて、ファンマルヴァイクのコメント(Telegraaf

110325_bert
「マスオ君、帰りに一杯やらんかね」(大うそ)

「彼の欠場がアウェーゲーム(勝手注※25日ハンガリー戦)だけであることを期待していた。彼は特別な処置(編集部注:アメリカ式)を受けていた。それはいくらかは効果があったが、十分ではなかったのだ。彼は今、土曜日に向けて準備をしている。私は彼がダービーに出場できる(?)ことを願っている」

「アメリカ式」って一体なんなのかとっても気になるところなのですが~

ワタシとしては試合に出られなくても、キャプテンとして火曜日まではチームに帯同して欲しかったのですが…。週末の大事なダービーにコンディションを合わせるために、一日でも惜しかったのでしょうか。
何かミランに忠誠を示す必要が出たのか、単純にアスリートとしてのフィジカル面での判断なのか、ワタシにはわかりません。代表チームはアウェーでも楽しく勝ったので任せて安心、と思ったのか…どうなのか…。
もっと勝ち点に余裕があって、ダービーではなくもう少し気楽な相手との試合だったらどうだったのかな、つい色々余計なことを考えたくなりますが、ダメですねぇ。
ここは素直に、膝の具合が大事なさそうだということを信じて、ファンボメルがサッカーをプレーできるコンディションに戻れることを願うことにします(ー人ー)

110325_snijder
穴子さん「自分だけ戻っちゃってずるいぜ~」

おまけ
110327_robin
ジュニアと遊ぶファンペルシheart今晩も頼みますよ!

そうそう、私事ですが、TV直りました\(^▽^)/えり姐さん念をありがとうございました!←私信御容赦

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/28

ファンボメル、代表離脱

なんともなくて何もしていない自分が愚痴をこぼしたりするのは恥ずかしいことと承知しておりますが、ちょっとカラ元気がカラになってきた感があります。
本日の放射能は何万シーベルトとか、本日の水や野菜は何ベクレルとか、被災地での泣けるストーリーとか、あんな話やこんなニュースを見聞きするたびに、不安と心配で力が吸い取られそうになっております…。

まあ、そんな風にいきなりガクッとなってしまったのは、ひとえにこのニュースのせいなのだ。おかげでゆーうつモードにスイッチが入っちゃったんだぜ。

いつの写真だ
Psv3
「♪例えるならー、空を駆けるー、ひとすじ~~~の流れ星ぃ~~~♪」(うそ)

先日のアウェーでのEURO予選・ハンガリー戦には帯同せず、明日(29日)の試合への出場を目指して膝の治療を続けていたファンボメルですが、やはりダメだったようです(;_;)
オランダ代表選手たちが帰国するのを待たずにチームを離脱、ミランの元に戻ってしまいました。(ミュルさんとこには行かなかったか…)

オランダサッカー協会が発表した事実だけを紹介した記事しかアプされておらず、本人や監督等のコメントはありません。(監督のはどっかにあるのかな…)
結局ここにきて、故障箇所は膝だと紹介されています。
そして、去年10月に痛めたところが再発したらしい、という流れです。

やっぱり・・・・・・・・・・・○| ̄|_

すっかり壊れやすくなってしまって…。トシを取るとはこういうことなのか…。
ミラン公式は、パトやイブラやピルロなど、超主力級の選手以外の怪我情報はなかなか出ないので、ファンボメルに関しても、全治何週間とかプレー可能とかいう診断は発表されないかも知れません。
裏を返せば、何の前触れもなくヒョッコリ復帰する可能性もなきにしもあらずですが…。

あまり楽観はしていません。前と同じだとすると、このままシーズン終了コースですし(泣)
焦らずしっかり完治してもらいたいと思いますが、もう難しいですかね。今後もいつ再発するかわからないものを、様子を見ながら、だましだまし行くしかないのでしょうか。
そして離脱している間にオランダ代表でもミランでも居場所を失ってしまいそうで、心配でしょうがないですよ。
せっかくミランでうまく行きかけてたのに…。こんなオッサンで怪我がちの選手を、どこが買い取ってくれるというのか…。

本人は今どういう気持ちなのでしょう。イラついているかも知れないし、悔しく思っているかも知れません。ユカイな気分でないことは確かでしょう…。

もちろんワタシはいつでもどこでもどんな時でも心はそばにいるよ、待ってる、ユルネバウォークアローンなんだぜマルク、ではありますが。
そんなわけであまりアグレッシブに「頑張れ!」と気を送れない心境です…。はふ~(ため息)

テンションだだ下がりで大迷惑なこと極まりないので、シメにほっこりするネタを。

110327_superpott

昨日行われたボーフム・ドルトムント・シャルケ3チームによるOB戦・兼・東日本大震災被災地支援チャリティーマッチ「Super Pott」は無事に行われたようです。7千人以上のお客さんが観に来てくれたそうです。

ボーフム公式
ドルトムント公式
シャルケ公式

110327_superpott3
優勝はボーフム

110327_superpott2
試合前に「ユルネバ」が歌われ、選手たちのユニフォームには日本語の「頑張ろう日本!」のロゴマークが。(パンツの赤丸)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/03/27

EURO予選:ドイツ対カザフスタン

110326_lahm2
「グッー!good

と、ラームも満足だったかも知れない勝利です。後で書きますが、ワケあってテンションを著しくダウンしておりますので、結果だけざっくりと失礼します。

3月26日 EURO2012予選 グループA ドイツ 4-0 カザフスタン

Bildの採点も合わせてどぞ
110326gerkasfj
交代:ゴメス(3)(65ポドルスキ)、クロース(78シュヴァインシュタイガー)、ゲッツェ(78ミュラー)
サブ:ヴィーゼ、フリードリッヒ、ボアテンク、ベンダー

得点:クローゼ(3シュヴァインシュタイガー)、ミュラー(25エズィル)、ミュラー(43エズィル)、クローゼ(88ケディラ)
カード: イリスメトフ

我らのクローゼミュラーのドッペルです!

110326_miromueller

バイエルンの選手がコンビで全得点を上げたのはめでたいじゃありませんか!特にクローゼの活躍は嬉しいです(^∀^)(途中出場したゴメスはどーだったのか…)

110326_miro4

クラブでのうっぷんを少しでも晴らせたかな?招集されるたびに、なんでクローゼ?という声は毎回出ます。彼にとっては毎試合が緊迫した勝負なのかも知れません。たとえ相手が格下であってもね。そんな中結果を出して見せるのは簡単なことではないでしょう。尊敬に値しますよ。

110326_neuer
ぽつねん。「ヒマやの~」

試合自体は、各種レポ等を見ますと、共通して書かれているのは「前半は良かった。が、楽しく3得点して早々と試合を決めてしまったために、気の緩みから後半はすっかりたるんだゲームになってしまった。最後の最後にクローゼがもう1点決めたのでなんとか格好がついた」的な感じです。
前半飛ばすんだけど後半は失速、というのは最近多いパターンかも知れないですね。ワタシの中ではバテやすいという印象のエズィルはだいじょぶだったでしょうか。そしてゲッツェは…
4点目のケディラのアシストが印象に残ってます。混戦の中からうまく抜け出して絶妙なパスを渡してましたね。

110326_hinomaru2
この日も日の丸と、日本語でのメッセージ掲揚と黙祷が行われたようです。ありがたいことです…。その気持ちがうれしい。

ZDFの中継でカーンの解説でしたよ
110326_zdf1
今回もここにダメージ加工している、いつものデニムです。
2点目の、エズィルのFKからミュラーがヘディング(珍)で決めたもの。カザフスタンの選手がライン上に8人もいる中を!という話などをしていたようす。

110326_zdf2
バイエルンの次期監督がハインケスに決まったこと、バラックのキャプテン問題について等、熱弁をふるっていたようですが全然わからん。無念。

110326_mannschaft2
そういえばバトシュトゥバーがスタメンだったのですね。ふむ~。そして懸念である左SBはアオゴが。どうだったかな…。攻め攻めの展開で、あまり守備面を問われることはなかったのでしょうか。

まあ内容はグダグダでも、とにかく、がっつり勝ったことには変わりません。着実に確実に、首位の座を固める我らのドイツ代表であります。この調子で最後まで行くぞ!

と、せっかくフジさんでLIVE中継があったというのに、まるで見てないかのような書き方をしています。
そうです、ワタクシこの試合見てないのです。何故って

TVが壊れちゃったから○| ̄|_

いや、そのこと自体はまあ、いいんですよ。ありがたいことに再放送もありますから。でも修理代が高そうだしめんどくさいし…
ワタシのテンションがロウなのは、ドイツの試合が見れないジャン、としょんぼりしてるところにダンナが心ないことを言いよるので不快になった、というのと、あともうひとつは…次のlogに書きます。まあ、さっきからサイドバーの「つぶやき」に長々出てますので、ごらんになって察しがついてる方も多いでしょうが…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ、オランダ、ベルギー勝利!

110326_6

U-21・オランダ対ドイツ@シタルト、の試合を、うつらうつらしながら前半途中まで見たのです。
まあ、親善試合でしたのでまったりやっておるなあ、という印象でした。ハイライトで見ると白熱して見えるから面白い…。オランダベンチにファンブロンクホルストがいたのですが、コーチになったんですっけ(←知らないor忘れた)。
ワタシが見ている間はドイツ、オランダ双方の11番の選手が目立っていた気がします。特にオランダの11番は、サイドアタッカーぽかったのですが、右にも左にもよく顔を出してました。
でもドイツの方がやや強いかな?と思ったらやっぱりその後、3-1ドイツが勝利しました(^∀^) ホルトビーが活躍したようで、3点目も決めてましたよ。

110326_5
「ジャマすんなゴラ」「あ~れ~sweat01
寄せて来たDFを豪快にぶっ飛ばしてのゴール!ドイツ製のハイライトなのでしょうがないですが、他にもオランダのラフプレーのシーンがいくつか取り上げられており、ますますオランダが嫌われちゃうじゃないかい(^_^;)

そして

3月25日 EURO2012予選 グループE ハンガリー 0-4 オランダ

110325hunnedfj
交代:エリア(63アフェライ)、ストロートマン(82ファンデルファールト)、ファンニステルローイ(82カイト)
サブ:ボスフケル、ブーラルーズ、フラール、エマヌエルソン
!?(゚∀゚;) フラールはいつの間に追加招集されたのだ?失礼しました~(汗)

得点:ファンデルファールト(8)、アフェライ(45)、カイト(54)、ファンペルシー(61)
カード: コマンエレクバンツァークリプタークファンペルシー

110326_7
がんぷく~shine

いやはや、オランダやりたい放題の、楽しい楽しいチューリップ祭りだったようですねo(^▽^)o

続きを読む "ドイツ、オランダ、ベルギー勝利!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/25

またまた速報!

ついに公式発表

110325_fcb

さんざん噂されていた通りですのでびっくり仰天、という感じではありませんけど。

お帰り!ユプさん!

この前は5試合だけの指揮でしたが、今度は2年もの長期間に渡る契約となりました。当時とは勝手が違いますのでどうなりますやら…。

若手監督ブームの中あえてオジィちゃん監督(でもまだ60代なのよ~)にお願いすることになった背景は、まあ、事情がいろいろあるのでしょう…。
ワタシ的にはザマーとか、バーゼルのフィンクとかを少し期待していたのですが。ここ3シーズンにおける冒険の失敗をふまえて、安全確実実績第一、で行くことにしたのかも知れません。

これからいろんな噂やネタが飛び交って、にぎやかになるでしょう。すでに、ファンハールが連れて来たオランダ人スタッフが荷物をまとめ始めた、と書いてあるところも(まだ早いよ!)。
ワタシにとっても心乱される話題が出るかも知れませんが、なんとか踏みとどまって、冷静でありたいと思います。

できることなら今すぐ来て欲しいぐらいですが。ともかく、
傷つき疲れた彼らに自信を取り戻させ、本来の強さとチームガイストを思い出させてあげてください。しっかりとした戦術と組織力でもって、きちんと勝てるチームにしてください。

どうかバイエルンをよろしくお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファンボメル、アウェーのハンガリー戦を欠場

今日はクローゼシュヴァインシュタイガーの記者会見がありましたよー。

110324_dfbtv3
バスティ坊やも男前になったなぁ…heart

[追記]この日はクローゼが代表デビューしてちょうど10年目だったそうですね。公式はじめ、ドイツメディアに記念記事がいろいろ出てます。おめでとうミロ!\(^∀^)/

と、アドラーが離脱した(;_;)以外は、ドイツ代表は順調そうなのですが

110322_luuk

オランダ代表は怪我人続出で困ったことに。
代表チーム招集後に続々と離脱者&追加招集がありましたので、メモしておきます。

ロッベンに加えフンテラール、ヤンセン、マドゥーロが離脱、代わりにレンス(PSV)、ファンニステルローイ(HSV)、ルーク・デヨンク(トゥエンテ)、スハールス(AZ)が追加招集されました。

続きを読む "ファンボメル、アウェーのハンガリー戦を欠場"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/24

バイエルン、5月にチャリティーマッチ

110319_bayern

日本語でも出ましたね。各種ニュースサイトにも出てますが、バイエルン公式以上の情報はないようです。

FCバイエルン・ミュンヘンが日本を支援(バイエルン公式)
バイエルンが日本を支援する!(読売ONLINE)

TVニュースはcheckしていないのですが、スポーツコーナーで少しは取り上げられましたでしょうか。インテルとか、日本人選手所属チームじゃないから話題になりませんでしょうか。
詳細が決定したら、もっと盛り上げて欲しいものです。

何故って。
渡航費はバイエルン持ち!
収入は全額寄付!

何よりも、何よりも!
電力も放射能も解決して、世界が忘れた頃にのんびり、じゃないんですよ!
5月というまだ早い時期に!わざわざ!「危険渦巻く」(注※ワタシの考えではなく、向こうから見た今の日本のイメージはこんな感じだろうと)日本にお越し頂くんですよ!

…。
震災の数日後に、名古屋で新しいプラネタリウムがオープンすることになっていたのです。
ところが前日になって投影機に重大な不具合が生じてしまい、メンテナンスの必要が出ました。
しかし、オープンに立ち合うはずだったカールツァイス社のドイツ人技師が、地震直後にすぐさま帰国してしまったので、修理作業は電話を通して行われたのですが非常に苦労してしまい、オープンを延期するに至った、というトホホなニュースがありました。(その後プラネタリウムは一日遅れで無事にオープンしました)
殆ど影響のない名古屋ですらこうなのです。

今朝たまたま、久しぶりにNHK-BSでの世界のニュースを見ました。
気仙沼で取材をしているドイツのTV局レポーターが「放射能測定器が欠かせません」と言っていました。
そしてフランスやドイツでは、日本産の食材の輸入が見送られるのかどうなのか、とか…。
関税を通る段階で品質checkしてるから落ち着いてね、と言う人あれば、「ウチの店で使ってる食材で日本産のものはありません」と言うスシレストランの店長もあり(日本産はイヤンだが韓国産ならイイのか…←独り言)。
ニュース番組でわざわざ日本周辺の風向きをお知らせしたりしている、とか。
まぁ、中より外から見てる方が不安になるという心理状態はわかりますし、ニュース番組の中のほんの一部分のことなので、ドイツやフランスがみんながみんなこんな反応かどうかわかりませんので(純粋に心配してくれてる人も沢山いるでしょうし)、批判とか議論とかする気はさらさらないのですが、ただやはり、「なんだかなー、トホホ」と思うことではありました。
心なしか、NHKのアナウンサーの表情もトホホな感じで…。

長くなりましたが、このように、日本全体に対してネガティブなイメージが蔓延しているであろう中、「よし日本へ行くぜ」と、どこよりも早く決定したのが、我らのバイエルン・ミュンヘンなのです!
ドイツでの試合を企画してくれるだけでも、十分にありがたい話なのに。
サポとして本当にうれし誇らしいです。
ちょっとだけエバってもいいですか?

えっへん。(^ー^)

このことがドイツ人にどう捉えられているのかは知りませんが、来日したバイエルンの関係者が「日本案外だいじょぶだったよ~」とアピールして、欧州の人々が日本に持っているネガチブなイメージを少しでもいい方に変えるのに役立ってくれたら嬉しいな、と思います。

それにしても、普段はケチケチバイエルンですが、こういうチャリティー活動にはわりと積極的ですよね。
そこがこのクラブのいいところだと思ってます。かつてファンボメルの古巣クラブが財政難で苦しんでいた時にも、オランダまで出向いてチャリティーマッチをしてくれましたし。

詳細はまだこれから、ということで、実現するかどうかも確定しない話ではあります。
もしかしたら「そんな急に言われても、ウチにも都合ちゅうもんがsweat01」と日本の側も思ってるかもわかりません(^∀^;)
(実際まだ日本側からのコメント等は出ていませんし)

ですが、被災地を援助するためにも、上記のように、「案外だいじょぶな日本」を欧州に発信するためにも、是非是非実現してもらいたいものです。
そして無事開催となった暁には、バイエルンやドイツサッカーファンだけでなく、沢山のヨーロッパサッカーファンが観に来てくれるといいなぁと願っています。
そのためにはやはり、できればロッベリやゴメス、ミュラーなどのスター選手にも来てもらいたいものですよね。まあ、ワタシはバイエルンファンなので、どんなにへっぽこなメンバーでも、楽しみな話ではありますが…。

[念のため追記]
わざわざ言うまでもありませんが、「案外だいじょぶ」というのは、日本全土が放射能に覆われて黒い雨が降ってるわけじゃないとか、余震で毎日どこかの建物が倒壊しているわけじゃないとか、必要以上に恐がらなくてもだいじょぶ、いうことであって、けして被災地や被災者をほったらかしても大丈夫、という意味ではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/23

速報!

バイエルン・ミュンヘン、

東日本大震災被災者支援のための

チャリティーマッチを

日本で開催!

バイエルン公式(ドイツ語)

日本で5月に慈善試合 Bミュンヘンが計画 (スポナビ)

FC Bayern fliegt für Benefizspiel nach Japan (tz)

とりいそぎ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/03/22

27節:フライブルク対バイエルン

オランダ代表に合流したファンボメルが、膝の痛みを訴えて2日間トレーニングを休んでいるというニュースにかなり動揺しております。ロッベンのことでぎゃいぎゃい言ったのでバチが当たったのかなぁ。ま、それはさておき…

↓映像を見ながらリアルで「あらま!heart」と昭和のオバちゃん的なリアクションをしてしまいました。

Dsc07579 heart04heart01

リベリ「俺のハートはバイエルンにある」と発言したり、アノ件について謝罪したり、エゴを抑えてチームのためにプレーできるようになったのは、ダニエルのおかげかも知れないよ。

3月19日 ブンデスリーガ 第27節 フライブルク 1-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110319freiburgfcbfj
交代:アルティントップ(4)(30ロッベン)、クローゼ(71ミュラー)、ティモシュク(78クロース)
サブ:ブット、バトシュトゥバー、コンテント、オットル

得点:ゴメス(9リベリー)、シセ(17バスティアンス)、リベリー(88ティモシュク)
カード: シュスターライジンガー

MoM:リベリ

110319_bastian

いやぁ~ははは、リベリのおかげでなんとか勝ちましたねぇ。(汗)

ミランの時も思いましたが(いっしょにしてしまって申し訳ないです(^_^;))、CLで、やれることをやって、良いパフォーマンスだったのに敗退してしまったということは、我々ファンが思っていた以上に、チームに重い影響を与えてしまったのでしょうか。

立ち上がりからユルユルおろおろして、なんとも覇気の感じられないプレー・・・。
それでも、リベリのアシストからゴメスが完璧なヘディングゴール!
グスタヴォの軽い守備からクラフトが、思わず相手選手を倒して与えてしまったPKを自ら止めた!

110319_kraft

しかしポジティブな勢いに乗ることができず、わずか3分後にあえなく失点…。
その後も、なんともひどい、自信なさげなパフォーマンス、フライブルクの集中した決死の守備網、大当たりのGKバウマン、等等、ゴールが決まる気配がなく、もう本当に、ドローを覚悟しました。こうなったら負けなきゃいい!とさえ・・・・・・

しかし試合終了寸前の88分、ご存知救世主リベリが、どうしても割ることができなかったフライブルクゴールをスーパーシュートでついにこじあけ、バイエルンに愛と勇気の勝利をもたらしたのです!

110319_ribery2_2
真っ先に駆け付けたのは、交代退場してベンチに座っていたミュラーの元。

まあ、ともかく、バイエルン的には、内容スカスカの試合でしたわ。これがもっとシーズン前半あたりの、いろいろと余裕がある時期だったら「ばかもん!」と叱り飛ばすところです。
だけどシーズンも終盤に入り、ボロボロに傷ついた状態の彼らですし(泣)、まあ、どんな形でも、こうしてひとつひとつ勝って行くことが何より大事だということで、ひたすら安堵です。
王者にふさわしくないなんともへなちょこなことですが、ここまで来たらしょうがない。もぅこうなったら、勝ちゃあいいんです!プライドなんていらん!欲しいのは勝ち点3だけ!

以下雑感

ファンブイテン90分フル出場!\(T∀T)/
110319_7

いやっ、悪くなかったですよ?
この試合、グスタヴォクロースがどうにもムニャムニャだったのですが、軽い二人をカバーして、重量級のディフェンスでそつのないパフォーマンスだったと思います(※「重い軽い」はどっちもホメ言葉ではありません…苦笑)
ただ、思い切り相手にパスを渡してしまってピンチを招いたシーンがあり、おおいに冷汗をかきました。自分できっちりケリはつけていましたが、たとえ他でどんなにスーパーなパフォーマンスだったとしても、たった1回の致命的なミスをしてしまうと、それだけで全てが台無しになってしまうのであるからして(汗)そういうところは大いに気を付けて欲しいのです。
でもワタシにとっては、プレーしているところを見てるだけで今は満足だったりする…confident

クロース
「できるから」ということで、得意ではないポジションを「やらされている」選手の一人だと思いますが・・・。
来シーズン、もしハインケスが監督になったら、レヴァークーゼンの時のようにSHとか、トップ下でも、攻撃的な仕事を任せられるといいなぁと願います。
それはそれとして、削る怒る、ナニゲにアグレッシブ野郎だったのね、と知った次第です(^_^;)

おまけ
Dsc07576
試合後のダニエル。勝ったのに何やら言い争ってる?ゴメスの態度が・・・

Dsc07578
気のせい?

Dsc07581
ラームのつむじが気になる

Dsc07582
緊迫したセットプレーの最中に、ポップコーンかなんかをムシャムシャ食ってるサポ

Dsc07583
火のついたタバコを投げ入れちゃダメだろーがあ!(怒)

余談
GAORA様の今回の解説はホンナミさんでした。元GKらしく、バイエルンの守備面が気になるみたいでしたね。DFが固定されないことやCB問題について、いつになく熱弁をふるっていた気がします。
それと、スカパー等含め、バイエルンの試合を担当する解説者の中で、唯一と言ってもいいぐらい、ミランに行ったファンボメルのことも見ていてくれてる風だったのが、ちょっと嬉しかったです。
他の方はだいたい、出て行っちゃったらもう、見てない知らない関係ないというスタンスの感じなのですが、ホンナミさんだけは「ファンボメルはミランでいいプレーしてますからねー」と。ただそれだけなんですけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/20

30節のファンボメル

本題と関係ありませんが。

ロッベンがまた代表戦辞退てマジか○| ̄|_

CLインテル戦と、昨日のブンデスでも途中退場してしまったロッベンです。自ら交代の合図を出していた、という話も(←見逃した)。内転筋を痛めたみたい?
なんなんだ、なんなんだよもう。親善試合じゃないんだぜ、公式戦なんだぜ。
もーあったまきた!KNVBはバイエルンを逆提訴して賠償金請求してもいんじゃね?(怒)で、これでアノ問題はチャラってことしたら?きしょーっ

と、のっけからやさぐれイライラモードで大変失礼いたしました。
それでもってこの後に続く文章も超トホホモード全開で、どうにも楽しくないlogですが、これもサッカー。
もちろん、つつがなく観戦できる環境であることを、愛しのファンボメルが元気にプレーできていることを、心からありがたく思い、全力で応援させてもらってます。
だからどんな結果も受け止めて、見つめて行かねばならんのだ。それは間違いない。
…でもきっちり振り返る気はしないのでサクーッと流すだけで失礼しまふ。

3月19日 セリエA 第30節 チッタ・ディ・パレルモ 1-0 ACミラン

110319palermomilanfj
交代:アントニーニ(17ヤンクロフスキ)、ボアテンク(54ファンボメル)、ロビーニョ(64パト)
サブ:アメリア、ジェペス、ボネーラ、エマヌエルソン

得点:ゴイアン(11)
カード: ピニージャファンボメルフラミニ

Dsc07569

いいとこなし。ファンボメルも、ミランも。

どころか、むしろダメダメでした。
パレルモの方がはるかにいいサッカーしてましたね。ドン引き作戦ではありますが、集中してコンパクトな守備を崩すことなく、カウンターからの速攻もなかなかの。フィニッシュの精度に難アリなおかげで1失点で済みましたが。ま、フィニッシュに難アリなのはむしろミランの方だけどぉ~(やさぐれ)。

110319_2

己がラインを超えて残っていたくせに、ありもしないオフサイドをアピって足を止めてる間に失点。

アホ~アホ~アホ~(T△T) 誰がなんと言おうとアンタのアホミスだお~

なんというか。
攻撃は前の3人に任せっきり、そして守備は後ろの5人(+ガットゥーゾ)に任っきり、というのはミランの一種の悪しきスタイルのようになってますが、特に今回はそれが顕著だったと思います。

なのでファンボメルも、いつもより守備に負担がかかって大変だったのかも知れませんが、それにしたって良くなかったです。
いや、絶妙なパスカットやクリア、ルーズボールをきちんと拾ったり正確なパスなど、いいプレーも数多かったのですが、イエローカードをもらった前後あたりから、時間が経つにつれてどんどん悪くなって行きました。
単に戦術的な理由だったかも知れませんが、途中交代させられたのも納得です。このままだったらマズいな、また致命的なミスをやらかすかも知らん、と思っていた矢先でした。
交代には慣れていないものでちょっとショックではありましたが、アッレグリにとってアンタッチャブルな選手などいないということをビシッと示したのは、それはそれで、監督の威厳を保つという意味で必要なことだと思います。

それなりにやることはやってたのだけど
Dsc07571
大きな声とアクションで味方を鼓舞。だからってなんのポイントにもならんが。

Dsc07572
唐突に高速低空ヘッドでフレームイン!無茶しないで!アタマを蹴飛ばされたらどうする!(汗)

もともとイタリア紙などの評価とかようけ探し切りませんが、今回は特に見る気がしないです。個人的にはへっぽこプレーヤー最有力候補はカッサーノかなぁと思いますが、ファンボメルを挙げるメディアがあってもおかしくありません。てかゴルコムがそうだしorz

ん~~~・・・。
どうしちゃったのさ一体。
ワタシはボメバカだからファンボメルは唯一で、他の誰でもないのですが、ただ、中には彼のことを「所詮なんちゃってピルロ」だと思っている人たちも沢山いるんだろうなぁと思ってます。そしてそのことは特に悪い風にはとらえていません。仕方ないと思います。
ファンボメルにはピルロとは違う良さがある、と、ミラニスタの皆さんの心をつかむには、彼自身が証明していかなくてはいけないことだし、それは簡単なことではないとわかっています。
だけど今日のようなパフォーマンスではねぇ…。ため息。

まあ、こんな日もあるさ。そもそも悪かったのはファンボメルだけじゃないみんなだよ、特に攻撃陣、と思ってはおりますが、順位表上では、こんな日もあるとかそんなのんびりしたこと言ってる場合じゃないわけで…あわわ(汗)

おまけ
110319_cosmi
セリエの監督には個性的な人が多いですな。憂歌団の方かなんかかと…(^_^;)

【追記】
ミラン公式twitterより。怪我退場した二人について。
パトは全治10日。ヤンクロフスキはもう数日様子を見ます、と。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報:フライブルク対バイエルン

フライブルク 1-2 バイエルン

110319_ribery

諸事情ありまして、今はこれしか言えないのですが。

よ、よくぞ勝てたものだ…。メルスィボクゥ、フランク!

交代退場したロッベンが心配です。ひどい怪我でないといいのだけど…

続く!

おまけ
110319_gomez
あ~らら…(前髪)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/19

EURO予選に向けてのドイツ代表招集メンバー

モリモリアプするはずが(略)

アディダスのプロモーションイベントに出席したらしいノイアー、ミュラー、メルテザッカー、シュヴァインシュタイガーです。詳細不明(←サボり)

110318_neuer_2 110318_mueller

110318_merte_2 110318_schwein
ミュラーといっしょにいるのは奥たんですが、シュバといっしょにいるのはカノジョではありません。なんとかいうアスリート…たぶん

(本題とはずれますが、ロッベンもいたようなので、いちおう)
110318_robben

マテラッツィにあることないこと言われてくさくさしているバスティファンの皆さんに、そんなシュバのイケメン動画をプリーズ

blogのレイアウト上これがめいっぱいですが、ようつべ本家にはもっと大きいサイズがあります。ファンハールをホメホメしているようですが、ワタシ的には、カーンがなんだって?と気になるところでありますよ。

ということで

EURO2012予選・3月26日カザフスタン戦(カイザースラウテルン)&親善試合・3月29日オーストラリア戦(メンヒェングラッドバッハ)に向けてのドイツ代表の招集メンバーです。背番号も合わせてどぞ

……スミマセン、ワタクシ29日の試合、EURO予選の「オーストリア」戦だとずっと思いこんでました…(^_^;)

----------

GK
22 レネ・アドラー (レヴァークーゼン)
1 マヌエル・ノイアー (シャルケ)
12 ティム・ヴィーゼ (ブレーメン)

DF
4 デニス・アオゴ (HSV)
14 ホルガー・バトシュトゥバー (バイエルン)
20 ジェローム・ボアテンク (マンチェスターC)
3 アルネ・フリードリッヒ (ヴォルフスブルク)
5 マッツ・フンメルス (ドルトムント)
16 フィリップ・ラーム (バイエルン)
17 ペア・メルテザッカー (ブレーメン)
2 マルセル・シュメルツァー (ドルトムント)

MF
21 スヴェン・ベンダー (ドルトムント)
16 マリオ・ゲッツェ (ドルトムント)
6 サミ・ケディラ (レアル・マドリー)
18 トニ・クロース(バイエルン)
13 トーマス・ミュラー (バイエルン)
8 メスート・エズィル (レアル・マドリー)
10 ルーカス・ポドルスキ (ケルン)
9 アンドレ・シュールレ (マインツ)
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)
15 クリスティアン・トレッシュ (シュツットガルト)

FW
23 マリオ・ゴメス (バイエルン)
11 ミロスラフ・クローゼ (バイエルン)

----------

FWたった2人て!(汗)
まあ、ポルディやミュラーもFWとして使えますからよいですが、「代表のゴメス」をそんなに信頼してだいじょぶなのかね、とか(^皿^)

バイエルンからは堂々7人!(^∀^) ゴメス、クロースが復帰です。
先月の親善試合でダメダメの烙印を押されかかったゲッツェやシュメルツァーが再び呼ばれたのは喜ばしいことです。

CBですが、当落線上をさ迷っていた感のあるヴェスターマンがついに落選してしまい、バトシュトゥバーが相変わらず呼ばれているのはどうなの、という……。
代表レベルとはどうしても思えないんだけどゲホゴホ(略)いよいよフンメルスをファーストチョイスにして欲しいのだが…無茶ですかね。でもバトシュトゥバーよりは(略)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CL&ELドロー&春のびっくり人事異動

モリモリアプするはずが急に失速してしまいました。

今回の震災を支援する動きは各方面で沢山上がっているようですが、ドイツでもこのような企画があるようです。

110317_uchytese

シャルケ、ドルトムント、ボーフムが合同でチャリティーマッチを開催(Soccer King)
ボーフム公式
ドルトムント公式
シャルケ公式
ドルトムントら、「97年レジェンド」が震災支援でルールダービー!
(ISM)
日付は3月27日。場所はボーフムのホームスタジアム、レヴィアパワーシュタディオン。だそうです。
詳しくはリンク先を見ていただくとして(←サボり)、はるばるドイツで日本のために、3チーム合同で、というのはなかなか興味深くありがたいことです。

さてドイツサッカーにも大きな移籍の話題が出ましたよ。

マガトがついにシャルケをクビになった!

翌日にラングニック・元ホッフェンハイム監督が新監督に就任した!

マガトがヴォルフスブルクに出戻った!

電光石火の早業にびっくりです。
いや、マガトがシャルケをクビになったと知って「だったらヴォルフスに出戻ったらいんじゃね?」とは思いましたが、あくまでドシロートがてきとうに思いつくヨタネタに過ぎなかったのに、まさか実現するとわ。。。。。。。。
まあ、マガトがヴォルフスブルクを辞める時はかなり惜しまれてたみたいですし、ファンには好印象が残っているのでしょう…多分。

ついでにヴォルフスブルクはディーター・ヘーネスGMもクビにしたようで、マガトが兼任することになったみたいです。ヒィ~(汗)
がんばれ長谷部!いや長谷部はだいじょぶだろうけど、ジエゴはマガトとやっていけるのかな…。

110318_magath
リティーはどうなる

この監督人事に際して、ファンハールが「世の中おかしんじゃね?本人たちにはいいだろうけど、それはサッカーのためになることなのか」とこぼしたそうですが、ヤキモチ入ってる気がしないでもない・・・

そして何よりも笑った、いや、驚いたのは
110214_lehmann
ワタシがファンだったら(あいにくそうではない)メロメロになるであろう奥さんとのラブラブフォト

41歳の春だから。
イェンス・レーマン、アーセナルにまさかの現役復帰!!

アーセナルのGKに怪我人が続出したための苦肉の(?)策らしいのですが。
今シーズンいっぱいまで、控えGKとして、ということだそうです。
それにしてもレーマンがまだ選手としてプレーできるレベルなのかどうかということも驚きですし(引退して1年経ってませんけど)、本当に困った時に選手を獲得するには、このような方法があったのか、ということも、なるほどなぁというかなんというか。
これが、引退を表明してない浪人中の選手だったらどうなんだろな?

おもしろイェンス劇場がまた見れるかどうかは不明ですが、これで気を良くしたレーマンが「俺ってまだドイツ代表でプレーできると思うんだよね~」とか言ってレーヴ監督を混乱させたら面白いなぁ~(^m^)

レーマンついでに、あまり関係ないネタですが。
カーンが勝訴したそうです(Bild)。
なんでも、2年前にスピード違反をしたのですが、カーン側がこれを不服として訴えていたらしい。そしてこのたび晴れて無罪が証明されたとか、なんとか。
41歳の春だから。元祖ティターンGK、カーンだからカーンなのだ。

前置きのつもりがすっかり長くなった。ということで、CLEL、準々決勝のドロー結果です。
CL?何それ?そんなものもあった気がする…( ̄▽ ̄)
まあまだ、ドイツ最後の希望となったシャルケが生き残ってますので、ドイツファンとしては応援するわけですよ。願わくばインテルに勝って、バイエルンの仇を討ってもらおうじゃないのさ!

続きを読む "CL&ELドロー&春のびっくり人事異動"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/03/18

EURO予選に向けてのオランダ代表招集メンバー

あれから一週間、皆さまお変わりありませんでしょうか。
日本代表は親善試合がキャンセルになってしまったとかで、代わりにJリーグ選抜との東日本大地震被災者支援の為のチャリティーマッチに切り替えたようですね。
Aマッチではなくなったので、代表チームの強化にはなりませんが、現状を鑑みれば、よい判断だと個人的には思います。

さてさて
ヨーロッパサッカー界ではニュースやネタが沢山ありました。続々アプしていきますよー。

3月25日29日と言えば、ヨーロッパではEURO2012の予選があります。

ということで、昨日、ベルギー代表メンバーの発表がありました。
ファンブイテンが今回も選出されたようでひと安心。
代表監督のレーケンスはファンブイテンを信じてくれているので、ありがたい限りです。最近バイエルンでスタメンに復帰したことを喜んでくれているようです。
そしてこちらに、ファンブイテンに期待するレーケンスのコメントが出ていたのですが、これによると、CLインテル戦でファンブイテンが交代退場したのは、脚の付け根を痛めたかららしいと…。
まあ、それを信じれば、ファンハールのトンデモ迷采配ではなかったということになりますので、少しホッとしました。↓前のlogで厳しいことを言ってしまって、ゴメンねゴメンねー(軽)。
ファンブイテンは明日のブンデスリーガ出場には影響ないようです。ほっ。

そして、今日はドイツ代表とオランダ代表メンバーの発表がありました。

まずはオランダから。

続きを読む "EURO予選に向けてのオランダ代表招集メンバー"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/17

CL:バイエルン対インテル

110315_uefa

UEFAのメッセージ。今週のUEFA主催の全ての試合(CL、EL、女子CL)で、このメッセージ掲揚と喪章着用、黙祷をすることにしたそうです。

110315_nagatomo2

長友からのメッセージ
「どんなに離れていても心は一つ。一人じゃない. みんながいる!みんなで乗越えよう! You'll never walk alone.」

メランコリックが冷えるのに時間を要しましたので遅くなりました。
たたみます。

続きを読む "CL:バイエルン対インテル"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/03/16

26節:バイエルン対HSV

アタマのネジが一本外れてしまって、うひょむひょ言ってますのでたたみます。

続きを読む "26節:バイエルン対HSV"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/15

29節のファンボメル

blogの更新をしようと思うのです。

先週土曜日の超・素晴らしいバイエルンの試合はもちろん、日曜日のがっかりドローだったミランの試合も、うひょむひょ言うポイントはあったのです。

ですが、TVもネットも見れない、どころか、何もかも失ってしまってなお、生きるのが精一杯の沢山の方々の存在を思うと、能天気にサッカー見たりblog書いたりなんかしていいのか自分?と、少しばかり悩んでおりました。
こんな時だからこそ元気の出るような楽しいネタやイラストを!などと思っても、ワタシごときに何が出来るのか…とか。

しかし。
いや、もちろん、被災地の皆さんや、停電や品不足で不便な思いをしているであろう実家の両親や、福島の親戚の様子はとてもとても気がかりではありますが、それはそれ。こっちの話です。役に立つ情報ならまだしも、心配だ心配だ、と自分の感情をやみくもにblogに反映させてどむなるものでなし。
こういう時だからこそ感じる、当たり前のことが当たり前に起こる日常の幸せを改めてかみしめながら、いつも通りの生活をしても、そんなにバチの当たる話ではないのではないかと…。
いつも通りダンナと漫才みたいなやりとりをし、サッカーを見て勝敗に一喜一憂し、blogを更新してもかまわない…ですよね?

それに、この遠く離れたみそかつ市でも、スーパーから水やカップ麺やトイレットペーパーや乾電池がなくなってしまったのですが、被災地に向けて送られた、という言葉を信じて、文句言わずにいることで、ちょっと復興に協力してるしね!(←無理やりすぎやしないか)…でもなるべく早めに安定供給して欲しいぜ…←小声

でも、中には不快に思う方もいらっしゃるかも知れませんので、記事はたたみます。
若干テンション落として下品なネタは避けましたが、基本今まで通りのノリです。ご注意ください。

110311_uchy
内田からのメッセージ。(この時のノイアーのキャプテンシーあふるるちょっぴりヒロイックな記事はこちら

110313_rio
宮市(フェイエノールト)のメッセージ。「一人でも多くの人が救われますように!」

続きを読む "29節のファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/12

東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた皆さまにお見舞い申し上げます。

110311_makino
日本語のメッセージを入れたシャツを着る槙野

110311_nagatomo
喪章を巻いて試合に出る長友、とインテルと対戦相手の選手たち。チームメイトのエトオは、長友を励ますためにゴールを決めたらしいです。(試合は1-1のドロー)

他にもいろんなクラブチームや選手たちからも、続々と励ましメッセージが発信されているようです。
残念ながらバイエルンからは何も出てないようですが…。

さて
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。怪我などされてませんでしょうか。
ワタシは、ご存知の方はご存知の通り、震源地からはるか遠く離れた場所に住んでおりますので、まったくなにごともなく、平常通りの生活をしております。
関東地方に住む実家の両親の無事は確認できました。
東京に勤務している友人数人からは、帰宅困難になった状況などを教えてもらい・・・

一夜明けて次々に明らかになる、あまりの惨状に、文字通り言葉を失っております。
無力ゆえ何もできないのがもどかしいばかりで、こんな言葉が何にもならないことはじゅうじゅう承知しておりますが。今はこれしか出てこないのです。

このたび被害に合われた全ての皆さまに、心よりのお見舞いを申し上げます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/03/11

CL:ミランとシャルケ

ごくごくサッパリと。別に機嫌や体調が悪いわけではなく、多くを語れるほどきちんと見ていないというだけ(^∀^;)
後味の悪いあのバルセロナ戦の後だと、どっちのゲームも、とてもクリーンに見えてしまいました(苦笑)

[追記]
書き忘れてた。でもアフェライは別。バルサCLデビュー、おめでとう!
110308_afellay

3月9日 UEFAチャンピオンズリーグ 決勝ラウンド1回戦 2nd leg
トッテナム・ホットスパー 0-0 ACミラン

(2試合合計得点数1-0トッテナムが準々決勝進出決定)

110309_tottenhammilanfj
交代:アントニーニ(70ヤンクロフスキ)、メルケル(76ボアテンク)、ストラッサー(87フラミニ)
サブ:アメリア、ジェペス、オッド、パパスタソプーロス

カード: ヤンクロフスキフラミニパト

110309_gallas
んがーっ

負けてもうた○| ̄|_

どちらもそんなに強烈に圧倒的だったわけではなく、ガッチリ守りまショー的な、もったり重たい試合でしたが、ミランの方が終始優勢で、内容よかったと思うんだけどな~
(あくまで、両者を比較した場合の話です)

ざんねんむねん。

どんなにボールを支配してもどんなにゲームを握っても、サッカーというものは、ボールがゴールに入らない限りは勝てないんだということですわトホー。
ゴール前でクリアされてしまうような、GKにセーブされてしまうような、そんなへっぽこシュートしか打てないのも実力のうちというこっちゃ。

フラミニへのブーイングは予想通りでしたが…。むしろ予想していたほど酷くもなかったような…。
まあ、1st legでそのフラミニにファウルされたチョルルカも、そしてミランはボアテンクもスタメンでちゃんとプレーできていたので良かったです。

110308_allegriseedorf

今回キャプテンを務めたセードルフは、試合後に涙を見せたとかなんとか聞きましたが…。
シーズン後の移籍が噂されているので、もしかしたら、これが最後のCLになってしまったのでしょうか…(T-T)

ミランの選手たちのメンタルが心配ですが、なんとか切り替えて、リーグとカップ戦に集中して欲しいと思います。
 

そしてー!
同じく、 シャルケ04 3-1 ヴァレンシア
(2試合合計得点数4-2シャルケが準々決勝進出決定)

110309_schalke2

やったあー!おめでとう!!!!\(^∀^)/

ベスト8は3年ぶりでしたか。ノイアーが神セーブを連発し、ポルトとのPK戦を制した伝説のアレ以来ですね。

今回もノイアーの神セーブがなければ、という試合ではありましたが。
いやはや。
GK以外のシャルケの守備陣はあいかーらずハラホロヒレハレ、なんとなーくまぐれで勝ったような雰囲気でしたけど(^∀^;) いいのです!勝った者が勝ち抜けるのです!

ファルファンのスーパーFKは素晴らしかったですが、カヴラノヴィッチのゴールはピンボールのように2回ポストに跳ね返ってINというおもしろゴール。
そして有利に立ったシャルケは落ち着くどころか何故か逆に慌てふためき(「守りに入らず最後まで果敢に攻めた!」とも言う)、その後試合終了目前ロスタイムにまたまたファルファンがゴールを決めるまで実にハラハラしましたよ(苦笑)。

MoMは2ゴール1アシスト?の活躍のファルファンで文句なし!(^ー^)ですが、ワタシ個人は彼がドッペルだということをうっかり忘れるほど、カブラノヴィッチという選手がオモロかったです。

110309_gavranovic

勝ち越しゴールも面白かったですし、ロスタイムのカウンターからのロングループ!今それを狙うかー!?そして際どいところで入りそうだったし!ジエゴ絶頂期の62m(←だっけ)弾を思い出したブンデスファンはワタシだけではあるまい…(笑)

110309_manu_bleib
流行ってますね(^_^;)

でもこういう、愛情あるメッセージならいいですよね。

110309_ine
Facebookが話題のマガトには「いいね!good」と…(^m^)

おまけ:
Dsc07536
のこったのこった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/03/10

「タトゥー・スリーブ」とは何ぞや

なんだかねー

110308_robin

バルセロナ対アーセナルの試合について、ちょこっとだけ書くつもりだったのですが、その後の議論やゴタゴタに関する記事を見ていたら、気悪くなってしまって、ちょこっとどころか、まるで書く気がなくなっちゃったい。

ワタシはどちらのファンでもありませんが、バルセロナに対しては、彼らや世界が言うような「正義」というものをさほど感じておりません。
そして、不慣れでヘタッピな守備をいっしょけんめいがんばってるアーセナルの選手たちを見てたら、南ドイツの某チームとかぶって、ついこちらに肩入れしてしまいました。

なんとゆーか…。ゲームが思うに任せない時のメンタルコントロールとか、何かトラブルが起こった時のための危機管理というか、このアーセナルの敗戦から学ぶことは多いんじゃないのかい、バルサモエーとか言ってるばーいじゃないんだよ、と思いました。

あーあと、セスクにはちょっとがっかりしました。低調なパフォーマンスもそうですし、1失点目のきっかけとなったヒールパス。あんな危ない場所で危ないシチュエーションでやるべきプレーじゃありませんでしたね。
以上。けっこう書いちゃった。

気を取り直して楽しいネタ行きましょうか

110308_olli20072j
困った時のカーン頼み。
久々に描きました。毎年この時期、いつもバイエルンが危なくなるとカーンを描いてる気がします。モエーラムたんとかミュラーとかおもしろゴメスじゃなくてゴメンなさいね(^_^;)
あの日のカーンが感情を押し殺して無表情で言ってますよ。「オマエら、また繰り返すつもりか?」と。

もっとも、あの日じゃなくて、現在のカーンtzSportBildでなんか言ってるようですが…。読めてないですゴメン(^_^;) ただ、写真はナイスですぜ☆

110309_tz_2 ふんぞり返ってる(^∀^)

そんなバイエルンは、ファンハール解任発表以降初めてトレーニングが再開したということで、さっそく話題を振りまいているようですが、それはさておいて

11_03_09_katalog4
春用カタログ&春の新商品が出ましたよっと。
…もう請求しないけどね。どうせ来ないし、アイツはいないし。

と、やさぐれていたらアナタ!

11_03_09_katalog

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(ローリング大爆笑)

ゴメス何処へ行く。どこまで逆立てるねん。バックトゥザ80's!

11_03_09_katalog2
ありそうでなかったバイエルンロゴ入りブリーフ(ローリング大爆笑)
商品写真じゃなくて、アノ人に着せればいいのに…←超小声

極めつけはこれ!

11_03_09_katalog3
なんだかリベリ恐い…。って

11_03_09_katalog5
商品名:タトゥー・スリーブ 価格:4.95€
「ロゴ、クラブネーム、スローガンがプリントされた脱着式のタトゥー・スリーブ。」(オフィシャルショップより)

・・・・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・・・・。

(ローリング大爆笑)

いやいやいやいやいや、「脱着式」てアンタ!
ドリフとかが任侠コントや遠山の金さんコントで着る刺青プリントシャツとか、東急ハンズで売ってる宴会グッズじゃないんだから~~~~~~~(T∀T)ヒィヒィ

ついでに、イタリア発のこんな話題。
ワタシはサカゲーをしないのでよくわからないのですが…。「PES(Pro Evolution Soccer) 2011」というソフトが、この冬の移籍選手に対応、ファンボメルやナガトモ、カッサーノ、等が使用可能になりましたぜ、というニュース。

ということでさっそく
11_03_08_pes2011

長友に抜かれて後ろから追いかけてるばーいじゃないぞボメ!がむばれー!
で左にいるミランのイケメンは誰なんスか。ネスタ?レグロッターリエ?
リアル・ダービーではナガトモにお辞儀パフォなんかさせないもんね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/08

ファンハール、退任決定

余談。

110306_kuyt

いやっはははは、おめでとうおめでとう!スアレス→カイト×3、でリヴァプールがマンUに勝利とは!たまらんなこりゃ(≧∀≦)
リアルタイムで見たかったのだけど、その時間はどうしてもダンナにチャンネルを譲らねばならなかったので…(涙)、やむなく昨日の「すぽ○と」でcheck…。トホ

そして

110306_nagatomo

お辞儀パフォも話題となった、長友のスーパーゴール。相手DFとバッチリ向かい合わせになりながらも横から決めて、すごかったですねぇ。おめでとう(^∀^)
イタ紙で「インザーギみたーい☆」と絶賛されたと聞きましたが、ライバルチームの選手と比較するのはアリなのかな、と思った次第です。そこらへんの感覚はようわからんのです。(まさか弟インザーギの方じゃあるまいよ…)

えっと

Dsc07529

イタ紙Corriereファンボメルがユーヴェ戦のパフォーマンスをホメられてますぜ、中盤を制圧して他の選手を寄せ付けず、だってさ、と、merkurにありましたが、ネタ元であるCorrierreではようけ見つけられないのです。
てかGazzettaにしろCorriereにしろ、イタリアメディアはホントに記事が探しにくい。そしてネット版には記事があまりアプされない。気がする。本紙優先なのかも知れません。まあ、ある意味正しい姿勢ではありますが…。ドイツメディアの大盤振る舞いに慣れてる身としてはしんどいんですわ。ちゃんと読みたかったら有料電子版を購入しなはれ、なのかも知れませんが。む~ん

と、本題について話す気がしないのでダラダラと前置きが長くなってしまいました。
すでに皆さんご存知でしょうから今さら言うまでもないのですが、いちおうね。

ファンハール監督の今シーズンいっぱいでの退任が、バイエルンから正式発表されました。

110307_fcb_2
さっぱりと…。

公式サイト上での共同声明と、ルンメニゲによる、質疑応答なしのプレカンでの発表のみ、という形式が取られたようです。(たぶん)

まあ、もともと、その予定だったんだし。
そもそも、何月の話か正確に思い出せませんが10月か11月か、すでにチームが下降して行ってる最中に、何故クラブは彼との契約を延長したのか、理解に苦しんでおりました。

……。
ホッとするやら腹が立つやら、なんとも複雑な気持ちです。書いたそばから考えが変わりそうで、なかなか文章になりません。

同じ指揮官の元で、この壊滅的な状況からチームが再浮上できるのか。難しいミッションではありますが、ともあれ、シーズン残りの試合、せめて最低限の結果だけは残さないと。
ぶっちゃけ、CLどころじゃないです。
そりゃもちろん勝ち抜けたら万々歳ですし応援しますが、最優先事項はブンデスリーガで3位以上を確保することではないでしょうか。
とはいえ、上にいるチームとの対決はもう、レヴァークーゼン戦しか残っておらず、あとは残りのチームが取りこぼすのを待つしかない状況です。
今できることは、下から上がって来ようかというニュルンベルクHSVフライブルクなどに足元をすくわれないように突き離して行くことだけ。

今後クラブとして、ベテラン選手の扱いをどうするつもりなのか、とても気がかりです。
ブット、クローゼ、ハミトとの契約交渉が済んでないのはさいわいだった、のか、どうか…。
そしてオットルはどうなる。クラフトは…

やり直し、作り直していかなくてはいけないことはあまりに多いので、挙げて行ったらきりがありませんね。

そして退任発表が出た直後から、次期監督候補として、ハインケスの名前が急浮上しております。なんかもう、すでに当確したかのような書き方をしているところも。
08/09シーズンの残り5試合だけ指揮を取り、バイエルンをぎりぎり2位に導いた実績があるので、新しいバイエルンサポにとってはよい印象がありますし、ワタシも大好きですが、どうなりますかね。
それに加えてBild等は、2012年からレーヴ・ドイツ代表監督の名前も。だはは。個人的にはあんまり。。。

まあ、どれもこれも噂です。正式発表があるまでは、今に集中しましょうかね。

[おまけ]
見たくもありませんが、いちおうハノーファー戦kicker採点。
クラフト(5) - ラーム[C](5)、ティモシュク(4.5)、ブレーノ(5)、バトシュトゥバー(5.5) - クロース(5)、プラニッチ(5) - ロッベン(3.5)、ミュラー(5)、リベリ(4) - ゴメス(5) : ファンブイテン(5)、オットル(4.5)

MoM:ラウシュ(ハノーファー)
今節のベストイレブンにラウシュ、ピント(ハノーファー)が選出

…こうして改めて見てみると、プラニッチとクロースのWボランチってかなり無茶でしたよね…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/07

28節のファンボメル

3月5日 セリエA 第28節 ユヴェントス 0-1 ACミラン

110305juvemilanfj
交代:ロビーニョ(46ボアテンク)、セードルフ(71カッサーノ)
サブ:アメリア、ジェペス、パパソタスプーロス、ビラ、エマヌエルソン

得点:ガットゥーゾ(68)
カード: ファンボメルガットゥーゾイブラヒモヴィッチ

110305_11_2

そんなにたいしたこと書いてませんが、テンションアゲアゲ、バイエルンの状況とあまりに正反対なのでたたみますね。
気分転換に元気なファンボメルの姿見たいんだぜ、という方だけどぞ。
それにしても。バイエルンと同じ日に試合があったので、どん底と歓喜、半日で気分が両極端に振れる結果になり、実に奇妙な感じがしました。

ちなみにサリハミジッチは、やはり怪我ということで、メンバー入りしてませんでした。残念。

続きを読む "28節のファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ファンハールは続投、とりあえず

昨日(日曜日)いちにち、解任のニュースが出るかも知らんと思って待機していたのですが(わくわくして待っていたわけではありませんよ(^_^;))、出ませんでした。
しかしニホン人が寝ている間にドイツでは事態が動いたようで・・・

5時間にも及ぶウリ、ルンメニゲ、ホプフナー、ネルリンガーによるフロント会議の結果、ファンハール監督は少なくとも今シーズンいっぱい留任させる、という決定をしたそうです。
ベッケンバウアー皇帝閣下もその決定について支持表明したそうな。

個人的私怨を抜きにして考えても、上層部のこの腰の抜けた決断にはがっかりしないでもないですが、今からシーズン終了までの短い間だけお願いできるような、これという人材が見当たらなかったのかも知れません。
(これまで頼みの綱だったハインケスやヒッツフェルトはもう空いてませんし…)
それに、CLの試合を前に、指揮官を変更するのはリスクを伴うことではあります。
(もっともワタシ的には、CLはあきらめて、リーガでの順位確保に集中した方がいいような気もしますが…小声)
5時間も話し合った末での結論なのだから、簡単な決定ではなかったのでしょう。
もっとも、フライブルクやHSVにも敗れたりしたらまた、どうなるかはわかりませんけどね。

ちなみに、バイエルンが公式戦で3連敗するのは2000年以来、なのだそうです。

参照リンクはこちら
Bild ファンハールへの新たなチャンス
kicker ファンハール、バイエルン監督留任
tz ファンハール残留、ある条件の元に

そうと決まったからには、何よりもまず選手たちに自信を取り戻させ、もう一度チームとしてまとまることができるよう、クラブには最大限の尽力をして欲しいものです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/03/06

ハノーファー対バイエルン

残酷なことですが、この気持ちを引きずるわけにはいかず、すぐに切り替えなくてはならないので、無理やりまとめます。けして気楽なことではないのですよ。

110305_bayern

3月5日 ブンデスリーガ 第25節 ハノーファー96 3-1 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
110305hannoverfcbfj
交代:ファンブイテン(6)(46ティモシュク)、オットル(6)(46バトシュトゥバー)、クローゼ(5)(69クロース)
サブ:ブット、コンテント、アルティントップ

得点:アブデラウェ(16ラウシュ)、ラウシュ(51)、ロッベン(55リベリ)、ピント(62シュラウドラッフ)
カード: ブレーノ(73)  アブデラウェピントクロース

グスタヴォはインフルエンザだったそうです。

110305_koan_title2
マネされちゃった

試合が終わっても、いつまでもぽつねんとスタンドに残って棒立ちになっているバイエルンのサポーターがいました。
ワタシもまた、試合が終わってもしばらくネットがskyをつないでいたので、スタンドのサポーターと同じように、ただただ放心して、意味もなくボーッと見続けていました。

110305_kraft

チームが壊れているのが誰の目にもはっきりとわかる、惨憺たる状態でした。
組織もプランも戦術もチームガイストも何もあったものじゃありませんでした。
落ち込んでいるチームにはよくあることで、こういう時は本当に何をやってもダメなものです。
それでもサッカーは90分。最後まで無理やり戦っている彼らの姿は切なく哀しかったです。

現在レヴァークーゼン対ヴォルフスブルクの試合が行われています。リトバルスキー暫定監督になってから調子が上向いてきているヴォルフスブルクに少し期待をしたいところですが、アテにする気力もあんまりわきません…

2位狙いすら厳しくなりました。CLはプレーオフ出場権の3位狙いになってしまうのでしょうか。(それでもワタシ個人は、最終的にはバイエルンが2位になると思ってますが…←あきらめ悪いぞ)
決勝戦が行われる場所のホームチームがCLに出場しないなんて、あまりに恥ずかしい、世界の笑い物なので、なんとか出場権だけは獲得しろい!

110305_van_gaal

彼はおそらく解任でしょう。いや、いくらなんでももう、解任しなくちゃダメです。
このことを思うと、怒りではらわたが煮えくり返る思いです。
今クビにしたって、もうファンボメルもデミチェリスもゼ・ロベルトもルシオもトーニも帰って来ないんだから。(←USO-800服用中…うそ(T-T))
せめてせめて、ブットとクローゼとハミトが残ってくれることに、クモの糸のように、はかない期待をつなぎたいと思います…。

ファンハールへの恨み節とか次期監督の希望や予想はいろいろ浮かんでいるのですが、…さすがにまだやめときましょうかね。

110305_mueller

とりあえず、今日はお休み。何もかも忘れて。
むずかしいこととは思うけれど。
ワタシも寝るよ。放心してたらすっかり遅くなっちゃった。

PS.前半だけでレヴァークーゼン3点リード…ダメかなこりゃ(^_^;) 怪我退場したマヌエルだいじょうぶかな。そういえばこの試合はイケメン・フリードリッヒ・ダービーだった。(そんなダービーはありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/05

監督キラーとの対戦!

むやみやたらと長いです。
(注※ファンボメル(ミラン)ネタも少々あります)

例によって殆どながら見だったので、とても「見た」とは言い難いのですが、ポカールのもうひとつの準決勝、デュイスブルク対コットブスGAORAでcheckしたのです。

試合はご存知の通り、デュイスブルク2-1で勝利し、決勝に進出しました。
2部のチームが決勝に行くことになったのですから、チームの喜びようたるや、まるで優勝したかのような盛り上がりで、見てるこっちも嬉しくなり、素直に「よかったねえ、がんばりや(^∀^)」と温かい気持ちにさせられたのですが…

110301_alles_gute

何やら、ユリアン・コッホという選手に対して、励ましメッセージを掲げたり背番号の入ったシャツを下に着ている選手たちがいたので、怪我でもしたのか、どうしたのかな、と呑気に思っていたら。Bildにこのような記事が。
緊急手術が彼の脚を救った!
日本語に自動翻訳したものをざっと見ただけなのですが、コッホはツヴァイテの試合で膝に大怪我をしたらしく、脚を切断する恐れもあったそうなのです(゚□゚;)(注※あくまでBildの言うことです)

110225_koch

しかしこのたび、さいわいなことに最悪の事態は免れた、と。ほっ・・・
とはいえ、膝の十字靱帯を大きく損傷しているのでシーズンアウトは当然、無事に復帰できるかどうかもわからないらしいのですが…。なんとか、まだハタチと若いことですし、焦らずに、しっかり治してピッチに戻って来て欲しいものです…。

110301_maierhofer
なんちゃってポカールにも「ユリアンのために」と書いてありますね。こういう話には弱いので、つい、頑張って優勝してチョーダイ!そしてバイエルンの仇を討ってくれ(←ヨコシマ) と、肩入れしたくなります。

ところで
写真↑の彼は、当時「おもしろ首長(くびなが)クン」として話題沸騰だった(??)、元バイエルンのマイアーホーファーでございます。すっかり顔つきが変わっちゃって。もう28歳だそうです。エースとしてバリバリ活躍してましたよ。
先月のオランダ代表との親善試合でも、オーストリア代表として出場してました。デカい体でかっ飛ばしてたような気もしますが、ファンボメルとアラバに気を取られてたのであんまり印象に残ってません(←こらっ)。ともあれ、ドイツ代表は、今度のEURO予選の際には要注意かも知れません。

061028 むひょひょ

やれやれ、前置きのつもりがすっかり長くなってしもうた。以下ポカール放送よりアホアホ劇場、というかほぼダニエル劇場&かんたんプレビュー記事です

Dsc07528
「お待たせ!」
10分にも満たない出場時間でパワープレー要員で、そんな使われ方嬉しゅうないわい、と、見る前は思ってたのですが、いざプレーしてる姿を見たら、得も言われぬ切なさを感じましたよ。。。
もうベンチに座ってるとこ見るのヤダ!へっぽこモタモタディフェンスで失点の原因になっちゃって後で泣いてもいい!←いやダメだ(汗) プレーしてるとこが見たいんじゃー!なんとかなりませんか~(T△T)

続きを読む "監督キラーとの対戦!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/03

ポカール:バイエルン対シャルケ

何をどう書いたらいいのか困惑したまま日が暮れた…

まずは何はなくとも。
忙しい中、体調管理しながら(or体調を犠牲にして←ダメよ)早朝観戦なさったバイエルンサポの皆さま、お疲れさまでした…。分かち合えなくてごめんなさい。心痛みます。

悔しいです。
時間が経つほどじわじわと効いて来てますよ…。

試合はもちろん、ハイライトすらあまりちゃんと見ていないのです。GAORA見ようと思っているので。見れるかなぁ…。それなのにlogを書くのはどうかと思ったのですが、放送が金曜日で、もうその日のうちに次のブンデスの試合が始まってしまうので・・・。

3月2日 DFBポカール準決勝 バイエルン・ミュンヘン 0-1 シャルケ04

kickerの採点も合わせてどぞ
110302_fcbschalkefj2
交代:クロース(4)(59ティモシュク)、クローゼ(77ミュラー)、ファンブイテン(82グスタヴォ)
サブ:ブット、バトシュトゥバー、アルティントップ、オットル

得点:ラウール(15ヘーヴェデス)
カード: ロッベンラーム内田アナン

MoM:ノイアー

・・・・・・。

110303_koan_neuer2_3

こういうこと言うのはスキじゃないんですが。的外れかも知れないけれど。言わせてチョーダイ。
そうゆうことやってるからバチが当たったんじゃないのかーい!
ノイアー関係ないし!巻き込まれてるだけだし!
批判するべきは上層部だろうと思うのですが、どっちにしても、こういうネガチブなメッセージは見苦しくて気悪いです。
「ノイアーイラネ」じゃなくて、「クラフトがんばれ!」だったら、どんなにチームも勇気づけられたことか。

ブーイングも酷かったそうですね。これに関してルンメニゲがノイアーに対して謝罪コメントを出したようですが、そもそもこうなったきっかけはアンタらフロントのせいでは(略)。
当のノイアーは「ピッチに立ったら、僕が見るのはプラカードじゃなくて試合だ」とオトナのコメントを出したようです。さすが…
バイエルンファンとして恥ずかしいわい。

110302_ribery あちゃー

110302_robben2 わちゃー

ロッベリが抑えられてしまってどむならなかったのでしょうか。守備は相変わらずザルザルだったのでしょうか。

そんなわけで見ていないので、試合内容については割愛しますが、聞くところによると後半はバイエルンも必死に頑張ったようだし、スコアだけなら惜敗っぽいし、きっとドルトムント戦のように完敗ではなかった、グダグダでもなかった、みんな出来ることをやろうとしたに違いない、と思うことにします。。。
(GAORA見たら感想変わっちゃうかな(汗))

それにしても負けちゃいましたねぇ…。今シーズンは無冠を覚悟していたとはいえ、やっぱりこのようにズバリ「敗退!」「終了!」という結果を突き付けられるとガックリきます。

バイエルンから悪い話ばかりが出てくる、という話を前のlogで書きましたが。
本当かガセかはあずかり知るところではありませんが、やはり内部であんまりうまく行ってないのか、チームが空中分解してるのか、と思ってしまいます(-_-;)。
ラームキャプテンが大変そうだ。がむばれ~(汗)

ドルトムントでの完敗に続き今回の敗戦。仮に内容が良かったとしても、試合に負けるということは、それだけで、心身共にエネルギーが奪われてしまうものです。
このまま自信を取り戻せないまますぐ次のブンデスに向かってしまうのか。
しかもハノーファーとの3位争奪直接対決。(←書いてて脱力しそうに…)
これに負けたら、CL出場権も危うくなりそうで、監督解任論が一気に噴出することでしょう。インテルとの2nd legもあるのに。
立て直せるのか。チームのメンタリティが心配です。
まあ、個人的には、なんだかんだ言って2位は大丈夫だと思ってるんですが…。ちょっと心配になってきたよ…

でも、やるしかないので。
顔上げて行こー!←カラ元気

おまけ:kickerと差のあり過ぎるBildの採点もどぞ。最初こちらを用意していたのですが、あんまりひどいのでちゅうちょしてしまいました(汗)
110302fcbschalkefj

| | コメント (5) | トラックバック (0)

間もなくシャルケ戦

バイエルンサポの皆さ~ん、

鮭食ったかー?

ばばんばバんバんバーん♪

ワタシは食べましたよ!シーフードカレーにしたった。辛い目に合わせてやるんだぜむひひ(^皿^)

・・・・・・。

まあ、なんですか。あのインテル戦から1週間の間に、バイエルンを取り巻く状況も、と言うか、外野の声も大きく変わったもんですわ。まさに天国から地獄
インテルに勝った時は何もかも成功したかのような盛り上がりで、「ファンハールのパズルはついに完成した」とまで言われたところもあったというのに、ドルトムントに完敗した後は、やれあそこが悪いここが悪い、と…。ひとつの勝敗でこんなに両極端に変わるものかと痛感した次第です。

バイエルンのニュースもネガチブな話ばかりで暗い気分になる一方なのですが、ここのところ日本語ニュースにも出ることが増えたので、ワタシの情報もゴルコムとかスポナビに出ている程度しか持ち合わせてませんけど・・・

ノイアー来たら嬉しいにゃん、と今になってファンハールが言いよった。なんだよ。なんのためにクラフトを正GKにしたのかね。フロントの圧に負けたか?だったらブットを元に戻せや←コリアンダーの意見です

・ そのノイアーマンUからオファーが来てるとか来てないとか。ま、ウチには関係ない話だわさ(断言)。

・ それに抗議して?か、どうか、クラフトがクラブから提示された2013年までの契約延長オファーを蹴った?

ラームがチーム戦術についてあれこれ言っちゃった。だいじょぶかね。処分が加えられるほどの発言とは思いませんが、選手がマスコミに対して、戦術について注文しているのを監督はどう思うかね。まあ、さすがにラームをベンチに下げるわけにはいかないでしょうけど。

ドルトムントクローゼ欲しいとか欲しくないとか。
いや、これは悪い話じゃありませんけど。根拠の程はどうよ?

ろくな話が出ませんよ。そんな中ティモシュクが、「バイエルンに残りたい」と表明したのが、唯一の明るい話題かも知れません。本人としてはホントはDHがいいんだけど、CBでもいいみたいです。

そんなティモシュクも奮闘しているCBですが、いかんせん華奢な体格ゆえ、空中戦とかセットプレー等では不都合が生じることも多く。バトシュトゥバーブレーノは不安定で、どちらも固定して使えないし。

ということで、ファンブイテンが語りました。tzに。「僕はチームを助けることができるんだ!」と。
と言っても、起用に関して監督に文句を言うのではなく、「僕はもう100%行けるよ、準備は出来ている、チームを助けることができるよ。トレーニングもイイ感じなんだ。高さもあるし。そろそろ使ってくれてもいい頃なんじゃね?」的な、アピールする感じ。
そして「僕のカノジョと娘のルーアンが力をくれるんだ」と…。

どうなりますかね~。もちろんワタシはいつだって、「ファンブイテン出せ!」と念じつつ毎回がっかりしてるんですがね。今回もkicker予想では、さすがにバトシュトゥバーが外されつつもCBはティモシュク&ブレーノと…。(kicker予想は外れることも多いですが)
…ワタシが監督なら、ずっと実戦から離れている選手、しかも今、最も問題があるポジションの選手を、この一発勝負のトーナメント戦には使いません。恐くて。泣。

シャルケのチーム状況まではさすがにようけ把握しませんが、少なくとも、とてもいい状態とは言えないのは確かなようです。(←控えめな表現)
この上、(大スランプ中とはいえ)フンテラールが怪我で欠場するという情報が。

だからと言ってバイエルンが勝てるかどうかわかりません。
なんかいきなり、古巣対決だから、というので突然、まさかのカリミ投入、とか、マガトが迷采配をしでかしそうな、そしてそれが当たってしまっていきなりゴールとか、嫌~な予感がしないでもないです(汗)
と同時に、ドルトムントで完璧に押さえられたロッベンが怒りのアドレナリン大放射!シャルケ守備陣を次々なぎ倒し、いよいよロッベリー両翼がバッサー羽ばたきながら大量得点で豪快勝利!という予感もするのでありますよ…。

なんとも言えませんね。5分5分だと思ってます。
去年の準決勝も同じカードで、朝起きたらまだ延長戦で、ロッベンが、FIFAクスカシュ賞2010にもノミネートされた、あのスーパーゴールを決めたのでした。

ワタシは勝利を信じているのです。信じているから、安心して寝るのです。←え~
応援ヨロシクお願いします!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/02

「俺はよそ者じゃない」

余談。
ドルトムント戦の試合を見ながら、ようやく、入場を待つ選手たちの中に、ファンボメルの姿を探さなくなった自分に気付きました。
キャプテンによるコイントスを正視することができました。
ピッチを俯瞰した映像で、ボランチの位置にいるのがプラニッチやグスタヴォでも、違和感を感じなくなりました。
それでもまだまだ、「ん?」と、妙な感覚を覚えることは多々ありますし、何がきっかけで落ち込み直すかわかりませんので、油断は大敵ですが、ただ、こうやって、自分の中で、バイエルンとファンボメルの切り離し作業が着々と進んで行ってるのを感じています。

切り離して考える、と言っても、忘れたり、打ち消したりするためではなく、悲しい気持ちを乗り越えて、次なる栄光に向かう彼を応援するためのステップだと思っています。

ということで、Bildファンボメルインタビュー「バイエルンとの別れの後、俺はいっぱい泣いた」の続きです。
先にアプした前篇のしんみりした雰囲気とは変わって、ミランで頑張るんだぜ、という前向きなコメントです。
多言語を使いこなすファンボメルのインテリジェンスに、日本語しか話せないワタシは毎度メロメロlovelyなのですが、それゆえアタマの中がゴチャゴチャになってしまって、ワケのわかんないことを言って「あれ?sweat01」となってるところを想像するとモエますよ…。そしてそれをわかってあげてるミランのチームメイトのことも、ありがたいなぁ、どうかファンボメルをヨロシクね、とconfident

Dsc07439

(言うまでもありませんがてきとう想像作文です。自信ない箇所に穴が開いちゃってますが(^^ゞ、大意は崩れてないはず…たぶん…)

----------

Bild am Sonntag:再びリーグトップの(チームの)下でプレーすることはどう感じていますか?バイエルンでは、チームがトップにいたのはずいぶん前になりますが…

俺にとって移籍は正しかった。リーグトップにいるのがとても自然なことのように感じるんだ。だけど、ここでは俺は一位だから、というだけで移籍したわけじゃないよ。そうでなければ、たった今ほぼすべての選手たちがバイエルンを出て行かなくちゃならない。(次の文章うまく作れないので略)

33歳で、新しい土地の新しいクラブでやり直すのは難しいことですか?

ラッキーなことに、サッカーはオフィスワークのようなものじゃない。サッカーではすべてがリラックスしてるんだ。別世界だよ。裸みたいなものだ-毎日がシャワーの下にいるかのような。ロッカールームでは30人の男たちといっしょなんだよ。そこではオフィスよりはくつろいだ話し方になる。サッカーでは本当に早く溶け込むんだ。コンタクトはオープンだよ。もちろん、俺がいくつかの言語を話せるのは役に立っている。クラレンス・セードルフとはオランダ語で話している。アレクザンダー・メルケルとケヴィン=プリンス・ボアテンクとはドイツ語。ズラタン・イブラヒモヴィッチとは英語だ。ロビーニョとはスペイン語。それに俺はイタリア語も勉強しようとしているんだ。時々頭の中で全部がぐるぐるするよ。ピッチの上で俺はかなりたくさん話してる。時々、急ぐあまり単語を取り違えて、意味不明なことを言ってしまうんだ。だけど仲間たちは、俺が彼らを助けたいんだと気付いてくれる。俺は溶け込みたいと思っている。だから、俺は全然よそ者なんかじゃないんだよ。

あなたはかつて、このように言いました。「自分は、自身をクラブと100%一体化しようと常に試みている。前もって、クラブに関する情報を得るために本を読んできた」。ミランとの一体化はすでにどのくらいの大きさですか?

とても大きいよ。本当に。9歳の時、スペインでの休暇で、ACミランのユニフォームを買った。俺たちオランダの子供たちにとって最も大きなクラブだったんだ。フランク・ライカールト、ルート・フリット、マルコ・ファンバステンがプレーしていた。俺たちにとってACミランは、あなたたちにとってブレーメ、クリンスマン、マテウスなどがプレーしたインテルと同じくらい神聖なものだったんだ。

あなたのコメント「ブンデスリーガはイタリアのセリエAより優れている」によれば。今はACミランで、ちょっとしか努力しなくてもいいのでは?

それは当時の俺の感覚だよ。スナップショットだ(※)。ドイツでサッカーは大きく成長している。ただそれは、この5年間の評価だけを見たものだ。しかし。インテル・ミラノはチャンピオンズリーグを獲得したんだ。そのことだけなら、こう言わなくてはならないね:イタリアの方がいいフットボールをしている、と。イタリアのチームの方がタイトルを集めている。この統計はイタリアのために物語っているね。イタリアサッカーは今でも大きな影響力がある。それはとても素晴らしいものだ、俺がちょうど今ここで経験しているように。(次の文自信ないので略)。ちょっとだけ努力すればいいなんてことはない。
   

勝手注※自分のコメントを一瞬だけ切り取ったものでしょ、と言いたいのではないかと。

----------

最後の箇所は、まあ、そこはあんまり突っ込んでやっておくれでないよBildさん、と思いますよねぇ。
自分が所属しているチームの国のリーグは優れている、素晴らしい、と言うのは当然でしょう。どの選手もそう思ってプレーしているはず。ファンボメルのようなマジメな選手なら特に。

おまけ、というか訂正
Dsc07512_2
前篇のlogをアプするにあたって、ファンボメルの涙と言えば、と、思い立って、ワタシにとってはボメラーへの第一歩を踏み出すきっかけとなった運命のアノ試合を引っ張り出してみたら。あれあれ、長らくスコアを勘違いしておりました。てっきり4失点で負けたものと思い込んでましたよ。いーかげんだな。4失点でミランに負けたのはこの前の年でしたかね…

そして適当にタイムサーチしたら、ちょうどあのシーンがどんぴしゃりだったので、思わず
Dsc07511
いやはや。運命とはわからないものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/03/01

27節のファンボメル

2月28日 セリエA 第27節 ACミラン 3-0 ナポリ

110228milannapolifj
交代:ボアテンク(63ロビーニョ)、エマヌエルソン(73ヤンクロスフスキ)、オッド(81アバーテ)
サブ:アメリア、ジェペス、セードルフ、カッサーノ

得点:イブラヒモヴィッチ(49PK)、ボアテンク(77)、パト(79)
カード: パトボアテンクアロニカガルガーノ

Dsc07515
ワキの下ぽりぽり。

 
完勝!
 

やりました!絶対に負けられない天王山、2位ナポリにほぼ何もさせず、完勝快勝です!
だけじゃなく!
ファンボメルにとっては間違いなく今シーズンベストゲームでした!ファンボメルファンの皆さん、おめでとうございます!!!\(^∀^)/

続きを読む "27節のファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「俺はバイエルンを愛している」

と、言ってます。
そう。彼が。ついに。

マルク・ファンボメルが!

過去形じゃないよ、「イッヒリーベ」って言ってますよ。
ありがとうマルクありがとう。胸がいっぱいです。
どれだけその言葉が聞きたかったか。ワタシはしあわせです。

1577659041bommel_sam_9

ドルトムント戦の試合直前にBild日曜版にアプされたインタビューです。
久しぶりにファンボメルがたっぷり語ってくれて、そしてこんなコメントまで引き出してくれて、ぐっじょぶ!Bild!

さして長くないインタビューなのですが、モタモタしていたらすっかり時間を食ってしまい、なかなか終わりそうもないので、前後編に分けます。

いつものように超てきとう想像作文です恐縮。
では、いってみよー

----------

BILD am SONNTAG: あなたがACミランに行って4週間になります。決勝ラウンド1回戦1st legのインテル戦の後、かつてのクラブ・バイエルンの夕食会を訪問しましたね。どんな感じでしたか?

マルク・ファンボメル(33):俺が最後にロッカールームにいた4週間前と同じように家族的だったよ。俺が行った後も、まだいくつかの友情は終わらない。理学療法士(?)*のフレディ、ゲッリ、ヴィルヘルミとはずっと連絡をとっているんだ。何人かの選手とも定期的にメールをやり取りしているよ。

ミラノでの1対0の後、バイエルンのチャンピオンズリーグ準々決勝進出を祝福しましたか?

もちろん、しないよ。あのゴールはインテルにかなり痛みを与えたものだったね。今やバイエルンはとても楽に2nd legに入ることができる。だけど俺は警告しなければいけない:エトオは世界で最も危険なストライカーの一人だということを見てきたはずだ。彼は何もないところからゴールが決められるんだ。バイエルンにはアドバンテージがある。だが当てにしすぎちゃいけない。

ルイ・ファンハール監督への怒りを乗り越えてから、4週間です。今は彼のことをどう感じていますか?

俺たちは一緒に、とても成功した時を過ごした。俺はそのように思っている。とても沢山の素敵な思い出として残っているよ。ポジティブなものだ。

ACミランでは、自分自身をよそ者だと感じてますか?

移籍した後は本当にヘンな感じだったよ。月曜日に俺はミュンヘンにいたのに、火曜日にはコッパの(サンプドリア)ジェノヴァ戦でミランのためにプレーしたんだ。1日ですぐ次に進むのは痛みをともなうことだった。バイエルンは俺の家だった。俺はこのクラブを愛している。俺はバイエルンのすべてを知っている。このクラブがどんな役割を果たしているのか知っている。誰にどんな癖があるのか知っている。別れはとても感情的なものだった。バイエルンでの仲間のことが、道具係や理学療法士(?)*たちのことさえも、とても恋しい。俺はいっぱい泣いたよ。

*…「Physios」とは何でしょう…

----------

この「沢山泣いた」という部分が「ボメの目にも涙!」的なインパクトがあったのか、Bildの記事も、これを追従した記事もタイトルに使われています。

110125_18

カメラの前では涙を見せませんでしたが、つらかったんですね…(;_;)
当時のファンボメルの心中を思い胸が張り裂けそうになりますが、インタビューの後半部分は前向きに、ミランでの意気込みについて語っております。いつになるのかわかりませんが(こらっ)なるべく早くアプしますので、乞うご期待。
  

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »