« 速報:フライブルク対バイエルン | トップページ | 27節:フライブルク対バイエルン »

2011/03/20

30節のファンボメル

本題と関係ありませんが。

ロッベンがまた代表戦辞退てマジか○| ̄|_

CLインテル戦と、昨日のブンデスでも途中退場してしまったロッベンです。自ら交代の合図を出していた、という話も(←見逃した)。内転筋を痛めたみたい?
なんなんだ、なんなんだよもう。親善試合じゃないんだぜ、公式戦なんだぜ。
もーあったまきた!KNVBはバイエルンを逆提訴して賠償金請求してもいんじゃね?(怒)で、これでアノ問題はチャラってことしたら?きしょーっ

と、のっけからやさぐれイライラモードで大変失礼いたしました。
それでもってこの後に続く文章も超トホホモード全開で、どうにも楽しくないlogですが、これもサッカー。
もちろん、つつがなく観戦できる環境であることを、愛しのファンボメルが元気にプレーできていることを、心からありがたく思い、全力で応援させてもらってます。
だからどんな結果も受け止めて、見つめて行かねばならんのだ。それは間違いない。
…でもきっちり振り返る気はしないのでサクーッと流すだけで失礼しまふ。

3月19日 セリエA 第30節 チッタ・ディ・パレルモ 1-0 ACミラン

110319palermomilanfj
交代:アントニーニ(17ヤンクロフスキ)、ボアテンク(54ファンボメル)、ロビーニョ(64パト)
サブ:アメリア、ジェペス、ボネーラ、エマヌエルソン

得点:ゴイアン(11)
カード: ピニージャファンボメルフラミニ

Dsc07569

いいとこなし。ファンボメルも、ミランも。

どころか、むしろダメダメでした。
パレルモの方がはるかにいいサッカーしてましたね。ドン引き作戦ではありますが、集中してコンパクトな守備を崩すことなく、カウンターからの速攻もなかなかの。フィニッシュの精度に難アリなおかげで1失点で済みましたが。ま、フィニッシュに難アリなのはむしろミランの方だけどぉ~(やさぐれ)。

110319_2

己がラインを超えて残っていたくせに、ありもしないオフサイドをアピって足を止めてる間に失点。

アホ~アホ~アホ~(T△T) 誰がなんと言おうとアンタのアホミスだお~

なんというか。
攻撃は前の3人に任せっきり、そして守備は後ろの5人(+ガットゥーゾ)に任っきり、というのはミランの一種の悪しきスタイルのようになってますが、特に今回はそれが顕著だったと思います。

なのでファンボメルも、いつもより守備に負担がかかって大変だったのかも知れませんが、それにしたって良くなかったです。
いや、絶妙なパスカットやクリア、ルーズボールをきちんと拾ったり正確なパスなど、いいプレーも数多かったのですが、イエローカードをもらった前後あたりから、時間が経つにつれてどんどん悪くなって行きました。
単に戦術的な理由だったかも知れませんが、途中交代させられたのも納得です。このままだったらマズいな、また致命的なミスをやらかすかも知らん、と思っていた矢先でした。
交代には慣れていないものでちょっとショックではありましたが、アッレグリにとってアンタッチャブルな選手などいないということをビシッと示したのは、それはそれで、監督の威厳を保つという意味で必要なことだと思います。

それなりにやることはやってたのだけど
Dsc07571
大きな声とアクションで味方を鼓舞。だからってなんのポイントにもならんが。

Dsc07572
唐突に高速低空ヘッドでフレームイン!無茶しないで!アタマを蹴飛ばされたらどうする!(汗)

もともとイタリア紙などの評価とかようけ探し切りませんが、今回は特に見る気がしないです。個人的にはへっぽこプレーヤー最有力候補はカッサーノかなぁと思いますが、ファンボメルを挙げるメディアがあってもおかしくありません。てかゴルコムがそうだしorz

ん~~~・・・。
どうしちゃったのさ一体。
ワタシはボメバカだからファンボメルは唯一で、他の誰でもないのですが、ただ、中には彼のことを「所詮なんちゃってピルロ」だと思っている人たちも沢山いるんだろうなぁと思ってます。そしてそのことは特に悪い風にはとらえていません。仕方ないと思います。
ファンボメルにはピルロとは違う良さがある、と、ミラニスタの皆さんの心をつかむには、彼自身が証明していかなくてはいけないことだし、それは簡単なことではないとわかっています。
だけど今日のようなパフォーマンスではねぇ…。ため息。

まあ、こんな日もあるさ。そもそも悪かったのはファンボメルだけじゃないみんなだよ、特に攻撃陣、と思ってはおりますが、順位表上では、こんな日もあるとかそんなのんびりしたこと言ってる場合じゃないわけで…あわわ(汗)

おまけ
110319_cosmi
セリエの監督には個性的な人が多いですな。憂歌団の方かなんかかと…(^_^;)

【追記】
ミラン公式twitterより。怪我退場した二人について。
パトは全治10日。ヤンクロフスキはもう数日様子を見ます、と。

|

« 速報:フライブルク対バイエルン | トップページ | 27節:フライブルク対バイエルン »

コメント

うそおん。
どーしちゃったの?訳ありイレブン!(友人命名)
確かにダメダメ×2でしたね。
ズラタンが出場停止中なんで、気楽に観ていたのですが、こりゃあかん。ミランの悪い部分ばかり目につく試合でした。
カサ坊とボメやん(自分命名)は冬に来たばっかなのに、良く頑張っているなあと思ってたのですが…。

ボメルさんはピルロの代わりなんでしょうかねえ?
私はどっちかと言うとカピターノの代わりだと思ってましたけど。ねえ?

なんだかお隣のレオ様とナガティが最近眩しくて…ううう。
ミラノデルビーはかなりドキドキ、ここはボメやんにイイトコを見せて欲しいもんです。

投稿: ボバン | 2011/03/21 11:51

> ボバンさん
楽しいニックネームを続々とありがとうございますhappy01ボメやん…なるほど、そういうイメージなのですねsmileアニキな感じでイイですね♪
ダメダメダメダメでしたねぇ(-△-)
CL敗退してから日に日に悪くなって行ってる気がします。まとまりのあるいいチームだと思ってたのに、この試合はなんだかバラッとしてましたよねぇ。ブーイングが厳しくて気が散ったのか、ズラタンがいないということで動揺していたのか、まだ立ち直れていないのか…。
ボメもあんなひどいミスは珍しいんですよぅ~sweat01
とはいえ、この試合はカッサーノ&ボメの新規加入組が大きく足を引っ張って敗因になったのは間違いなく…。「カッサーノもファンボメルもダメダメだし、エマヌエルソンもレグロッターリエもビラもさっぱりだし、この冬のミランのお買物には失望した!」と書いているメディアも…。
うわ~ん、ゴメンなさい~crying
普段のピルロやアンブロさんがどんなプレースタイルなのかよく知らないのですが、彼とは役割が違うよね、という肯定的な意見も含めて、やはりピルロとよく比較されてる気がします。現時点での捉え方はともかく、ピルロの穴埋めとして買ったのは間違いないでしょう…。
カピターノ的な器は持っているのですが、実際にミランのカピターノにはなれないでしょうねぇ(^_^;)いやその前に、このままでは残留できるかどーかも怪しいわけで…
長友効果と、彼に対するチームメイトの態度などで、好感度アゲアゲ中のインテル。うらやましいですね。一時はミランと13ポイント差だったものを、今や2ポイント差まで追い詰めたのだから、バイエルン目線的にも実にうらやましいです。。。
なんだかズラタンもダメぽいし、ダービーに向かって不安がいっぱい、自信もなくなってきましたトホホ。ボメやんの奮起と、カッサーノの覚醒に期待しましょう。あとはサイドの選手にもがんばってもらって…

投稿: コリアンダー | 2011/03/21 16:06

コリアンダーさんレス有難うございます。
私は…心配ですよ…。
何がって、ズラタンがモウリーニョのおっさんトコに行きそうな気がして。

あの二人は怪しいんじゃないの?と危惧しております。
そんな事にならないように、デルビー必死で応援します。
ボメやんも頑張れ!!

投稿: ボバン | 2011/03/21 18:44

> ボバンさん
ええぇ!ズラタンにそんな話があるのですか?(゚o゚)(驚)
つい最近ミラン愛を表明したところなのでだいじょぶだと思いますけど…。メタボ代理人はガッリアーニとラブラブですし。
でもモウリーニョの元で大活躍して、恨み重なる(?)バルサにひと泡吹かせるのも悪くないかも…?smileってそのモウリーニョの去就が怪しいんですっけ。
いやいや、ミランにズラタンは必要ですって!とミラニスタでない自分が言うのも実に奇妙ですが。彼はスーパーストライカーだと思っています。
ダービー。アタシゃ心配でたまらんですよ。インテルに追い抜かれる絵がモヤモヤと脳裏に…ぶるぶる、何を言ってるんだ自分。∑\(`Д´)ビシ!
ま、まあ、ここのところナポリやユーヴェといった大物には勝ってますし、今度もなんとか…(汗)
ボメの奮闘が欠かせませんが、ここにきてなんか故障してるぽいというニュースも入って来て…(汗)んぐあ~

投稿: コリアンダー | 2011/03/22 18:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/39300477

この記事へのトラックバック一覧です: 30節のファンボメル:

« 速報:フライブルク対バイエルン | トップページ | 27節:フライブルク対バイエルン »