« 過去は振り返らない | トップページ | 親善試合:ドイツ対イタリア »

2011/02/10

速報:オランダ対オーストリア

2月9日 国際親善試合 オランダ 3-1 オーストリア

オランダ優先なの?と思われるかも知れません(汗)。
いや、ドイツの試合は本当に、むちゃくちゃ楽しみにしてるのですが、フジさんでTV放送もあったことだし、安心して録画したので、ここはLIVEでしか見れないオランダ戦の話を・・・

110209nedausfj
交代:エリア(46スナイデル)、ヴィスヘルホフ(46マタイセン)、ファンニステルローイ(72フンテラール)、ストロートマン(72ヤンセン)、ルーク・デヨンク(74カイト)

得点:スナイデル(28)、フンテラール(48)、カイト(71PK)、アルナウトヴィッチ(84PK)
カード: Junuzovic

110209_bommel
無事に散髪できたらしい

親善試合ということですので、やはりお互い無理をしない、比較的ダルめユルめの試合ではありましたが、そこはさすがのオランダが地力の違いを見せつけ、まずまずの快勝です。

パス回しや連携プレーなどがスムースで、オランダ代表のチームワークが良いのを感じました。
ファンボメル主将も、気心知れた仲間との間でやりやすそうに見えました。何しろ、最近とんと見かけなくなった攻撃参加に胸がときめく…heart
特に82分頃の高速オーバーラップによる中央突破はもう、「ボール渡せゴラ!ボメ様に決めさせろ!パスカットとか野暮なことするんじゃねぇ!」とエアヤジ飛ばしてしまいました(^^;)

それまで存在感がなかったスナイデルでしたが、ここぞという時に美麗ループで先制点。
2点目はエリアのオサレヒール→ピーテルスのピンポイントナイスクロス→フンテラールがヘッドでビシッと決めたものでした。
フンテラールはそれまでにも何回か、惜しいチャンスを外したりクリアされたりオフサイドだったり、「彼の日じゃないのかな…」とか心配していたので、どフリーだったとはいえ、きちんと決められてよかったです。ファンボメルも真っ先に駆けつけ嬉しそうでした。

ちょっと面白かったのがカイトのPKです。
エリア内でオーストリアの選手のハンドがあってPKになったものですが、これを左隅にブチ込んで決めました。
喜ぶカイトにファンボメルが「いや、やり直しだから」と断腸の思いで(?)告げる。シュートを蹴る際にエリアがラインを割っていた、というのでやり直しの判定。
しかしなんとカイト、まったく同じようなコースで決め直したぁ!(゚□゚)!!
あたかもさっきのリプレーを見ているかのよう。大したものです。
今度はちゃんと認められ、ファンボメルも祝福しておりましたよ(^∀^)

アルナウトヴィッチによるPKで1点返されてしまったのは、まあ、しゃあないですね。
ヴィスヘルホフのファウルをとられたものでした。そんなたいしたファウルじゃないと思いましたが、この試合の審判のジャッジは比較的キチンとしていたと思います。

それにしても、アラバはヤバいですね。EURO予選で同グループのドイツは気を付けた方がいいと思います。シュヴァインシュタイガーが相手することになるのかな…。
ファンボメル番、なのか、どうか、マッチアップすることが多く、お互い勝ったり負けたりしていましたが、強いし、速いし、攻撃力もあるし、彼をあまり自由にさせると恐いです。
若いから最後までこの勢いで行くのかな、と思いましたが、後半は疲れちゃったみたい。目立たなくなってしまって、途中交代してましたけど。

でも試合後はこんなシーンが見られて嬉しかったのです。感涙。
110209_sb62

アラバがファンボメルにユニフォーム交換を申し出て、後でロッカールームに届けるよ、というやりとりをしていたっぽい。ファンボメルはこういうのが多い気がしますが、いいからその場で脱げちゅうねん~(お下品御容赦)

110209_sb63
A代表デビューのルーク・デヨンク。どうだったかな。
もうこの頃になると、誰が誰だかだんだんわからんくなってきてしまって(^_^;)申し訳ない。

アフェライエリアの、仁義なき(??)左SHのアピール合戦は楽しかったです。
それぞれ良さが光ってました。アフェライは後半からはスナイデルの位置、中央トップ下的な場所でプレーして、それも良かったのですが、やはりサイドの方が見てる側には目立ってたかな~。←単に見る目がないだけとも言う
エリアは小技を利かす感じでしたね。クラブで通用するかどうかは微妙なところ?
今はやはりアフェライの方が上を行っている感じはしました。

あと、古巣PSVのホームスタジアムということで、ファンニステルローイへの歓声が凄かったです。彼はこのチームのレジェンドなんだなぁと思いました。
(ファンボメルやアフェライももちろんリスペクトはされてると思いますが、スタメンだったので拍手するタイミングがなかったのでしょう。)

それと、アシスタントコーチはやはり代わったぽいですね。デブールの姿はありませんでした。その代わりナントカという人が…(忘れた)

おまけ
110209_sb64_2 heart01heart02heart04

こんな笑顔も久しぶりだなぁ…としみじみしてたら。せっかくファンボメル様が話してる最中にネット接続が切れるってどゆこと!むきーーーっっ!!\(`Д´)ノ

追記
110209_daniel
ファブイテンがキャプテンだー♪90分フル出場!
ベルギーはフィンランドと1-1のドローだったようです。ロスタイムにゴール決められるって…どう…。なんかこういうの多くないです?気のせい?

|

« 過去は振り返らない | トップページ | 親善試合:ドイツ対イタリア »

コメント

こんにちは~キャプチャありがとうございます。
アラバとのハグ写真、何かほんわかしますねぇ。弟子達は、それぞれの場でスクスク成長しているのですね(←しみじみ)・・・。
この試合、ようつべでゴールシーンだけ見て来ました。カイトに「やり直し・・」と言っているボメの横顔確認!頼もしいなぁと思いました。
>散髪・・・あはは、前の記事のボメと比べると短いですよね。ホントに息つく間もなく、もう2週間過ぎていました・・。まだまだこれからですね。応援がむばりましょうsign01では又です。

投稿: 梢 | 2011/02/10 17:02

ボメがミランでも存在があり嬉しいです。ポルディのモヒカンには「殿!ご乱心!?」と思いましたが代表戦ではどうだったのでしょうか。ドイツ代表もメンバーが入れ替わって応援していた選手が消えて寂しいです。ヤンセン、フリッツ、ボロなど

投稿: モモ | 2011/02/10 18:28

> 梢さん
アラバとは1対1で対決するシーンがとても多かったのですが、だからこそこうやって試合後に健闘をたたえ合うシーンに感激しました。アラバがバイエルンに戻っても、もうボメはいないのですから、ここで会えてうれしかったのかも知れませんよね、と美しく想像しております(T△T)←泣くな
頼もしい横顔でしたね。そしてカイトがちゃんと決めた時の嬉しそうな笑顔がまたステキでlovely
ホントに。長めの髪型はキライではないのですが、今回のはいかにも散髪しそこねてるのがアリアリでしたので、ホッとしました。スナイデルにミラノのイケてる美容院を教えてもらってるといいのですが…。ってスナイデルは美容院に行ってるのかな?とかcoldsweats01(こらっ)
長いような短いような2週間でしたね…。

> モモさん
ミランのボメはまだまだ途上という感じです。なじむのに少し苦労しているようですが、うまく溶け込めたらさらに存在感を発揮してくれると思います。
ポルディ。もちろん試合ではモヒカンじゃありませんでしたよsmileじゃなくて、普通に良かったと思います。
ポルディ・シュバ・ラームの世代は、勢いやフレッシュさは若いモンに任せて、自分は堅実安定したパフォーマンでもって、そんな若手を支える段階に入ったんじゃないのかなぁと思っております。
ヤンゼンはまだ復帰できるチャンスが残ってるんじゃないかなあとか思いますが、どうも安定しませんね。このままフェイドアウトしちゃうのでしょうか…イヤ~ん(汗)

投稿: コリアンダー | 2011/02/10 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/38810828

この記事へのトラックバック一覧です: 速報:オランダ対オーストリア:

« 過去は振り返らない | トップページ | 親善試合:ドイツ対イタリア »