« 21節:ケルン対バイエルン+代表ネタ少々 | トップページ | 速報:オランダ対オーストリア »

2011/02/09

過去は振り返らない

さて今晩は国際親善Aマッチデーですよ。みなさん怪我なく清く正しく美しく、元気に頑張りましょう。

110208_daniel

ファンブイテンネタです。
ベルギー代表は本日、フィンランドと試合です。
バイエルンではなかなか出場することがないファンブイテンですが、ベルギー代表・レーケンス監督は「ファンブイテンは重要だ。彼はチームに100%尽くせる選手だ」とかなんとか、細かいところはオボロなのですが、ともかく、ファンブイテンを信頼している、というようなことを語ったようです。
ありがたい話です…。
レーケンス監督は以前ファンブイテンがマスコミにひどく批判中傷された時も徹底してかばってくれたし、いつでも選手の味方をしてくれて、きっと人情に厚い温かい人なのですね…(-∀-。)
使ってくれるからには、キャプテンなのでしょうか?正キャプテンのフェルメーレンがずっと離脱中ですし…。

そんなファンブイテンが、インタビューか記者会見か、ちょっとわかりませんが、ベルギーメディアに久々に登場したようです。こちら

一問一答形式に訳す時間がないのが残念ですが、ええと、超ざっくり。
(ベルギーメディアと衝突して以来5か月もの間沈黙していたことについては)、言いたいことはすでに自分のサイトで言った。今は先を見て、フィンランド戦のことを考えている。過ぎたことは振り返りたくありません、と。

お父さんの具合についても話すつもりはない。(バイエルンでパフォーマンスが落ちてベンチに入ってしまったこととは)関係あるけど。ファンハール監督には正直に話した。

だけど今は調子が上がって来ているのを感じている。最近も監督と話をした。もうすぐスタメンに復帰できると思う。僕は楽観しているよ。

レーケンス監督が自分を信頼してくれてるのは嬉しい。僕とシモンスがいちばん経験ある選手だからね。この試合は自分たちが復調するためにも大事になる。
EURO出場はあきらめていない。可能性がある間は信じなくちゃ。

あと戦術的な話をちょこっとしてますが、ベルギーの試合を見てないとよくわからないので略。

ファンハールとどんな話をしたのかはわかりませんが、バトシュトゥバーとティモシュクのCBコンビに疑問の声が生じていることですし、この親善試合が終わったら、バイエルンでスタメン復帰できる具体的な手応えを感じているのかも知れませんね。

希望の光。
私のキャプテンは行ってしまったけれど、心からバイエルンに忠誠を誓っている選手が、まだ残っていたことを忘れて、いや、殻にこもって忘れたふりをしていました・・・。

ともあれ、ファンブイテンにとって信頼は何よりの力。今晩の試合でレーケンス監督の信頼に応え、バイエルンでもういちどチャンスをもらえるようアピールできますように!

トレーニングフォトが見当たらないので私服フォトでも
110207_3 heart01

さてもう一人、過去を振り返らない男の話です。

110207_4

ミラノで美容院が見つかってないに違いない。髪が伸び切ってボサボサです(^_^;)

ファンボメルファンの皆さん、Goal.comの記事はもう読みましたか?

ファン・ボメル、スパーズ移籍に関心?

記事内容はともかく。いや、おおむね日本のサッカーメディアではファンボメルの一人称は日頃から「僕」ではありますが、「イングランドで僕が好きなクラブのひとつなんだよ。」とか「僕はミランでハッピーなんだけど」とか、なんとゆうか、無性にモエるんですけど!(*´∀`*)ホワワ~ンheart

……すみませんあまりに極私的なツボでした。誰にもわからなくてもいいのです。
ええとまあ、なんですか、ここに来て突然スパーズモエ~言い出したファンボメルであります。
やっとポーカーネタから解放されたばかりなのに困惑しきりですが、イギリスメディアに対するコメントということで、なんとゆうか、一種のリップサービスも込みではないのかなぁと思ってます。
まあファンボメルが実際どの程度本気でトッテナムに行きたがってるのかはわかりませんが、欲しがってくれるチームがあるのはありがたいことですねconfident

動画が上がってました。やったね!ここで見れます。

110208
ニコニコしちゃってかわいいな~。かわいらしく訳したくなるのも無理はない。

まったく同じ場所でインタビューしてるのに、オランダメディアではこの表情
110208_nos
ジャケットがない。間違い探しみたいなことに…

しかもなんかあさっての方向をキョロキョロ見たりして挙動不審です。寒くて落ち着かないのか、あるいは、何やらルンメニゲルンメニゲ言ってたし、したくない話をしてるからでしょうか。最後の方はニッコリしてましたけど。

110208_nos2
ファンニステルローイのインタビューもあるでよ

言葉が通じない国から母国に帰って来てホッとしてるかも知れません。オランダ代表公式サイトでかなり沢山しゃべってます。
俺俺トークをさせたいのですが、やっぱり時間が足りない…。

基本的に、ミランに来れて嬉しい、俺ぐらいの年齢でこんなビッグクラブに欲しがってもらえるなんて光栄ったらありゃしない、チームメイトはイイ奴らだし、メディカルも良いし、なんもかもステキ☆イタリアサッカーはこれこれこういう感じで慣れるのにちょっと大変だけど、頑張っちゃうもんね、という話が中心です。最後の方でEUROに対する意気込みも少々。

そのへんはまたいずれ落ち着いて訳して、と思いますが、とりあえず気になるバイエルンに関するコメントだけ…。しかしやっぱりそこに至ると急に口が重くなるようで…

「ファンハールを踏み付けはしない(=批判するコメントはしない)。俺たちは一緒にいい仕事をしたし、たくさんの成功もした。ある時道が分かれてしまったんだ。それは大きなもので、俺たちはさよならを言い、もう戻ることはない」(←大幅意訳)

仕事上のことで批判めいたことをちょこちょこっと漏らすことはあっても、本当に無駄な悪口とか言わないですね。偉いなあ。
バイエルンの話もしないのが実に寂しいけれど、バイエルンが嫌いになったからだとは思いたくないですぅ(T-T) 自ら退路を断って出て行った身、振り返らずに進むだけ、とことん前向きなのだ、と思うことにします。

あとこちらに、クラブの話とは関係ない、W杯の裏話とかEUROのこととか代表チームの話だけしている記事もあって、できればこの試合前に紹介したかったのですが、そんなにいっぱい読みこなせないの…。ざんねん
W杯決勝での敗北が次のEUROに向けてのモチベーションになったとか、W杯後のファンイベントで、俺たちには世界最高のファンがいるんだと思った、とか語ってるようです。
こちらも、というか、むしろこっちを、時間ができたらちゃんと紹介したいものです。とりあえずリンクだけ貼ります。

というわけで、オランダ代表は本日はオーストリアとの試合です。
ファンボメルはアラバと妙な再会をすることになってしまいましたね(^_^;)
ええと、チーム状況としては、ファンデルファールトと、(せっかく復帰したのに)ナイジェル・デヨンクがリーグ戦で怪我をしたため、そしてファンペルシはインフルエンザで出場を辞退しました。
代わりに結局ルーク・デヨンクが追加招集されました。
さらにここに来て、マドゥーロも離脱、ロン・フラール(フェイエノールト)が追加招集。(余談ですが、このことを紹介する自動翻訳文が面白かったです。「バレンシア選手がインフルエンザを持って帰って行きました」持って帰られたら迷惑だな~(^_^;))
月曜日のトレーニングを途中で切り上げたらしいマタイセンはどうなったかな…。

|

« 21節:ケルン対バイエルン+代表ネタ少々 | トップページ | 速報:オランダ対オーストリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/38805541

この記事へのトラックバック一覧です: 過去は振り返らない:

« 21節:ケルン対バイエルン+代表ネタ少々 | トップページ | 速報:オランダ対オーストリア »