« ポカール準決勝組み合わせと、TVメモ | トップページ | 速報!カーンが! »

2011/02/03

愛していると言ってくれ

注※トヨエツ主演の往年の感動ドラマの話ではありません(しかも見たことがない←え~)。

2日がかりで書いたので話が古くなってしまいました恐縮です(^^ゞ
いやぁ~長友がまさかのインテル移籍!大偉業!
過去何人もの日本人選手が海外クラブに挑戦してきましたがアナタ、世界王者shineのクラブですよ!?これまでで最高の出世ではないでしょうか?凄い!今シーズンいっぱいの半年間だけど。。。
そしてそのニュースを聞いて真っ先に「へぇ~ファンボメルのライバルチームに行くのか~。ダービーが楽しみだあねぇ」と思ってしまったワタシって一体…orz。
何故「CLでバイエルンと対戦するんジャーン(゚∀゚)☆」と思わなかったんだ自分!バカー

バイエルンもガンバの宇佐美になんとやら、という話が出てますが、はてさて、どうなりますやら。楽しみですね。

さて

blogがつまらなくてご迷惑おかけしております。ブレーメン戦をGAORAで見ました。
ネタ的にもサッカー的にも楽しい試合で、前へ前へというスピーディーで良いプレーをしていたのですが。
事情がありまして、GAORA放送を録画できておりませんので、フォーメーション図とらくがきとおまけ劇場は今しばらくお待ちください。レポは書きません。まだ心が痛んでます。

ファンボメルの不在の影響はプレー上ではなく、こんなところに現われておりました。話題沸騰のロッベンパンチ。

110129_robbenpunch2_2

TV放送では確認できず、具体的に何があったのかよく知らないのですが、ファンボメルカピテンがいれば、ミュラーがロッベンに対して無礼な口をきくこともなかっただろうし、ロッベンが手を出すこともなかったんじゃないのか、少なくともピッチ上では。と思ったのはワタシだけではあるまい。

まあ、ロッベンは試合後にみんなでデスコでフィーバーしたりして楽しく過ごしたようですし(ミュラーはいなかったようですが。そしてメンバーの中にファンブイテンが…)、本人も「やっちゃいけないことをしちゃったい、でもミュラーとはもう仲直りしたもんね」と、ミュラーも「もう終わった話だよ」と言ってるので、まあ、許してやってちょ。
てか、ぜーーーんぜん気にしてないんですけど(^-^)
むかしのバイエルンだって、トレーニング中に殴り合いとかあったみたいですよ?この程度でチームが空中分解するとは思えん。

というわけで、ロッベンの友達のファンとして、ひとつロッベンをかばってみようかなとか思ってたんですが

110131_br3
ふんぞり返ってる

ファンボメルが退団後初めてドイツメディアに語ったというので。。。

Dsc07407 Twellv様ありがとうheart04

バイエルンやファンハールの話をふられると、具体的なことは言わずスルーするファンボメル。彼の受けた傷は深く、大きい。

以下、何があってもとことんファンボメルの味方である、彼の苦しみも悩みもすべて見届けたい、というコアなボメラー以外の方はスルー願います。
別にそんな大げさな内容ではありませんが、ファンボメルにとっても、バイエルンにとっても愉快なネタではないので。暗いですし。
バイエルン周辺は景気いい話ばかりなのに、完全に置いてけぼりのコリアンダーです。とほほほ

(※ファンボメルとルンメニゲのコメントを若干訂正&恨み節追加しました)

ロッベンも月曜日(1月31日)に出演したローカル番組内で、どうやらファンボメルのインタビューが行われたようです。ロッベンのコーナーとは別だったようですが。
電話インタビューかなんかではないかと想像されますが、音声ファイルも動画も上がってない。何故だ!!!

----------
「もちろん、船長(キャプテン)が冬に船を下りる(チームを去る)なんて、おかしなことだよ。普通じゃない」
「このような手段を取ることは簡単ではない。俺はたった5、6ヶ月間の契約をしたんだ」
「(一歩を踏み出したいと思ったら)何かを排除する必要があるんだ。バイエルン・ミュンヘンを離れる以外に方法がなかった」

カーンとショルが、ファンボメルを放出したことでファンハールを批判したことについて
「オリバーとメーメトがそう言ったのなら…、それはサッカー的な考えだよ」
「そのことは誇らしく思う。俺は二人といっしょにプレーしていたんだから。彼らは、ピッチ上であるかどうかに関係なく、ロッカールーム、そしてプライベートでも、俺が何者なのかを知っている。」(次の文どうしてもわからんので省略)

ファンハールについて
「彼は監督だ。部下たちに対してオープンでなければならない。俺は彼のことは言わない。俺に起こったであろうことを言うだけだ」
「俺たちは同国人だからというだけで結束していたわけじゃない。俺はバイエルン・ミュンヘンのキャプテンだった。何か好ましくないことがあると、俺は監督に報告した。彼が気に入るかそうではないかと、俺は言わなければならなかった」(???)

(退団にあたって)「沢山のメールを受け取り、メディアからもいろいろ聞いた。俺が出て行くことを皆がとても残念に思っているみたいだね。サッカー選手としても人間としても。そして俺がこのように尊敬に値するクラブにいたことは、本当に、すばらしいことだ」

「監督が俺のことを100%尊重してくれないのなら、何かを変えなければならない。もはや居心地がよくないと感じた時に、俺は出て行くということだ。残念だよ。だけど出て行って良かった」
「(ストレスや不満は)バイエルン・ミュンヘンには当てはまらない。俺はいつでも心地よく感じていたんだから」
「俺は今、ここ(ミラン)にいることを嬉しく思っている」

ここここの2箇所から拾ったので、発言順序はてきとうです。

----------

量は少ないのですが、文章的にかなり難しかったので、読むのにだいぶ時間かかってしまいました。訳もムチャになってしまって、自信ありません。間違ってる可能性大です。

が、びみょうな物言いながら、ファンハールに対する批判的感情をのぞかせているのはわかります。
信頼し合ってると思っていた人に裏切られた、という思いが強いのかも知れません。
そして今後ファンボメルの口から、ファンバステンと共にファンハールの名前が出ることはなく「彼」「あの監督」と呼ばれるのではないかという、悲しい予感もします。

バイエルンやファンへの感謝のメッセージが出ませんが…。インタビューの流れもあるでしょうし、まだ傷口が新しいので感情的に難しい、ということなのでしょう。そう思いたい。
今は後ろを振り返らず、ひたむきに前を向いて進んでいる最中なのでしょうから、後ろ髪を引っ張るつもりはない。
でも、いつの日か、何年か経った後でも、引退した後でもいい、バイエルンを愛していると言ってくれ。待ってる。


モタモタしている間に、ルンメニゲSportBildのインタビューで、ファンボメル移籍問題について語ったようです。
みのイライラ、じゃないわ、ミノ・ライオラ(ファンボメル代理人)は9月に2013年までの契約延長と昇給を申し出て来たがそれはむずかしい条件だった、ファンボメルとは一日おきにエスプレッソを飲んで話をしたとか、ファンハール監督の意見を聞きながらファンボメル問題については内部で協議していた、そして彼のポジションはクロースがいんじゃね?ファンボメルがいたらクロースの成長のジャマになる、とか、全員一致でファンボメルは要らんコだという決定に至ったとか、12月に私はファンボメルに、我々は君の要求に応えられないと告げた、とか語っていますが・・・

…。もう疲れたので、そのコメントについて詳しく訳したり読んだりしたくありません。
なんとなく想像していた通りなのでショックではありませんが、でも、悔しい気持ちでいっぱいです。
ファンボメルは全会一致で不要だと断じられるような、そんな選手じゃない。

クロースの邪魔になる、って。ファンボメルはクロースのことをかわいがってたのに。
とゆうか、もともとクロースはボランチじゃなくて10番として育てるつもりじゃなかったのか。レヴァークーゼンではSHとして活躍してたのに。

ただ、ルンメニゲ自らが言わば引導を渡したにも関わらず、ファンボメルはそのルンメニゲ(&役員)への感謝のコメントをしたり、「良い関係だ」と語っています。
きっとルンメニゲは心を尽くして、最後までファンボメルに対して尊敬を持って接してくれたのだと思いたいです。
夏には、偉大なキャプテンとして、今までの功績に感謝しつつ送り出すつもりだったのでしょう。
このインタビューの追従記事はさっそくあちこちに出てますが、tzは、ルンメニゲとファンボメルとの友情は壊れていない、という視点で書いてあり、最後のシメの文章に泣かされました。
「彼らはまた再会するであろう。エスプレッソを飲みながら。」

今回の件について、ライオラの強引とも思えるやり方が裏目に出たのでは、前の代理人のヤンセンさんだったらどうなっていただろうとか、ロッベンを壊しファンボメルを疲れさせたあのW杯はなんだったのかとか、バイエルンからの命令を無視して代表戦に出場したことがそんなに罪深いことだったのかとか、と、感情的にも客観的にも思うことは沢山沢山ありますが、その話はまだまだ、無理です。

しんみりしたので関係ない余談
Dsc07410
件の退場シーンで「うあー(泣)」と凹み悲鳴を上げつつも、ユニの上から確認できる腹筋にちょっとドキッheartとした自分もいる・・・。ダメだこりゃ(^_^;)

そういえば、ロッベンの長期離脱による損失補償のための親善試合・バイエルン対オランダ代表(?)の日程が2012年5月22日に決まったそうですが…。
そもそもKNVB側に補償する必要があるのかい、と個人的に思ってますが、せっかくまとまったものを振り出しに戻しちゃいけない。
までも、興味深い試合であることは間違いないです。誰が出場するつもりなんだとか、そんな話はまだ早すぎますね。

|

« ポカール準決勝組み合わせと、TVメモ | トップページ | 速報!カーンが! »

コメント

こんばんは。
まだじっくり読ませて頂いていないのですが、「全会一致で・・・」は、すっごく堪えました。本当に「この世界」(byボメ)は私達の想像を超える凄まじさがあるのだな、と思っています。私も今はこの事に関してはコメントはまだ出来ないです。でも、ボメがこれからもケガ無く(ここ大事!)ミランでプレーしてくれる事を、心から願っています。

ところでナガトモ選手インテルなんですね。こんな風に突っ込む人も多いかも・・・。

「ナガトモがスネちゃまの同僚に!」(ゴ○コム風)

では又です。

投稿: 梢 | 2011/02/03 23:36

> 梢さん
そんなとこだろう、と思ってはいましたがやはり「全会一致」はワタシの身にも重くのしかかりました。あんまりだー。ちょっとは意見が割れたりしないのか、とか。
いろいろ考えますが、ワタシたちにはきっと本当のことはわかり得ないのだろう、という気もしますね。落ち込むばかりで前に進めませんし、もうこの話はおしまいにしたいものです。
でもまた、浮上しかけた頃に、ダルマメタボ代理人がバイエルンの悪口を言いそうなイヤな予感もしますが・・・。我々のボメ愛、バイエルン愛を踏みにじるようなマネだけはして欲しくないですよぅ。(もう相当踏みつけられてる感はありますが)
今はミランできっちり結果を出すことに集中しなくては。怪我人が続出中ですし、試合中も荒いタックルが多い気がして、恐々としています。どーかどーかどーかボメは怪我しませんようにナムナム!!と、かなり真剣に祈っている今日この頃です。
長友←盛り上がる日本メディアとは裏腹に、こないだの試合はメンバー入りしなかったらしいですね。ちょっと肩すかしくらっちゃいましたcoldsweats01

投稿: コリアンダー | 2011/02/04 15:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/38703410

この記事へのトラックバック一覧です: 愛していると言ってくれ:

« ポカール準決勝組み合わせと、TVメモ | トップページ | 速報!カーンが! »