« 22節:バイエルン対ホッフェンハイム | トップページ | アーセナル対バルセロナ »

2011/02/17

Mach's gut, Käpt'n !

Img_2471                      

本日届いた、「バイエルン・マガジン」#11より。

この記事を見た時ワタシは、今回の件に関して、初めて本当に泣きました。
(ヘタヘタてきとう意訳です。誤訳等ありましたらご指摘お願いします)

----------

ミュンヘン、2011年1月25日

4年半ののち、マルク・ファンボメルはFCバイエルンに「さよなら」と言い、ACミランのあるイタリアに向かうため、別れを告げました。本物のプロスポーツマン、加えて、人間的にもすごい人です。この33歳のオランダ人の足跡ほど偉大なものは、そうはないでしょう。
我々はすべてのファンを代表し、この堂々たる、ドラマティックな、素晴らしく、楽しい、ピッチ内外での瞬間に際し、「幸運がありますように」という立場を表明します。そして、まったく個人的には - ダンケ、メルシー、ありがとう*!
頑張って、キャプテン!名残惜しいよ。

*「gracie」とあったのですが、何語なのかわかりませんでしたのでそのまま直訳(^^ゞ
【追記】*訂正しました。えり姐さんアドバイスありがとうございました。

----------

たとえ短く型通りの文面かも知れなくても。「ありがとう。頑張れ!」と言ってくれて嬉しかったです。これがミュンヘンのファンの気持ちだと思っててもかまわないかな…

100225_mia_san_mia

|

« 22節:バイエルン対ホッフェンハイム | トップページ | アーセナル対バルセロナ »

コメント

gracieは英語ですね。
意味は「神からの祝福を」。
シンプルに「ありがとう」でもいいんじゃないかな。
イタリア語のグラッチェとひっかけてるようだし。

投稿: えり姐 | 2011/02/17 06:38

> えり姐さん
ありがとうございます!(^∀^) 早速修正させていただきました。複雑な方に考えすぎて、英語とは盲点でした(笑)。grazieの誤植?とか勝手に思ってましたよ f^_^;)

投稿: コリアンダー | 2011/02/17 08:56

一日遅れて家にも今日マガジンが届きました。
左のエンジ色ユニの写真はあの忘れられないレアル戦の時のものですかね?(^^)
またこんな最高の笑顔のボメが見開きで載っていて逆にしんみりしちゃいましたが、ちゃんと送り出してくれている記事が掲載されていた事に心底ホッとしました。
コメント?メッセージ?の訳をありがとうございますv
コリアンダーさんの心の傷は深くて、まだバイエルンを今までの様に正視して応援するのは難しいかもしれませんが、バイエルンのファンの多くはきっとこの文と同じく「ありがとう。頑張れ!」という気持ちでいてくれていると思いますよ。私も同じ気持ちです。

投稿: きゅん子 | 2011/02/17 23:22

こんにちは。
私のところには、火曜日に来ていました。訳文ありがとうございます。最後の文”Du・・・”にじわ~っと・・・。
>きゅん子さん、横入りすみません。そう、私もこの写真、「あの」レアル戦のかなぁと思いました。闘志剥き出し・・まさにファイターですよね~。
まだ、いろいろ心の整理がついていないところもありますが、今は前を見ているボメを見守って行きたいです。では又です。

投稿: 梢 | 2011/02/18 14:20

我ながらヘタクソな文章ですよねぇ(^^ゞもうちょいなんとかならんか自分…。でもお役に立っていただけたなら光栄です。

> きゅん子さん
無事に届きましたかhappy01お互い良かったですね。
半ば捨て鉢になって「もう要らない」などと言ってしまいましたが(^_^;ゞ、このページが見れただけでも届いて良かったです。
うお~んcryingいつもいつも本当に、温かい優しいお言葉ありがとうございますweep泣いちゃうんだぜ…。
最後の最後に、キャプテンシーもへったくれもない身勝手な辞め方をしてしまったので、ファンに何を言われても仕方ない、と思っていたのに、温かい励まし、とても嬉しかったです。
そんな心優しいきゅん子さんをどんよりモードに引きずり込んでしまって、毎度毎度申し訳ありませんsweat01ワタシはまあ…もうそんなに悲しんだり落ち込んだりはしていないのですが、やはりボメのいないバイエルン、バイエルンにいないボメに対する違和感はいかんともしがたく。たぶん今シーズンいっぱいはリセットするのはむずかしいかも知れません。ダメですねぇ(^^ゞ気長にお待ちいただけたらうれしいのです。
写真はレアル戦っぽいですね。大暴れしてバイエルンを準々決勝に導いたボメ、最高にカッコよかったですね…confident

> 梢さん
思い出の写真と最後の文章には殺られましたねweepガマンしていたものがどっとこみあげてしまいました。
バイエルンファンのアットホームな温かさは世界一です。もしかしてボメがバイエルンのことを振り返ろうとしないのは、振り返ってこの温かさを思い出したら戻りたくなってしまって、つらくなるからなのかも知れませんね…。と美しく解釈。
ミラノではなかなかファイターな一面を表すことができませんでもどかしいですが、とにかく今はひたむきに、できることを精一杯やるだけですよね!そう遠くない日にきっと、アグレッシブでファイターなボメの姿が見れると信じて応援します。

投稿: コリアンダー | 2011/02/18 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/38902682

この記事へのトラックバック一覧です: Mach's gut, Käpt'n !:

« 22節:バイエルン対ホッフェンハイム | トップページ | アーセナル対バルセロナ »