« 24節のファンボメル | トップページ | 過去は振り返らない »

2011/02/09

21節:ケルン対バイエルン+代表ネタ少々

110207_poldi
やったぜポルディ!モヒカン一発!

そんなポドルスキも活躍したケルン戦です。
ミランの試合も見なきゃならんし代表戦も控えたりで、いろいろと時間をとられてしまい、らくがきがまだ描けてませんが、あんまり遅くなってもアレですし、フォーメーション図だけざっくりとね。
他のネタを入れますので許してねん。

2月5日 ブンデスリーガ第21節 ケルン 3-2 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
(「シュヴァインシュタイガー」て。力入ってるなぁ(^∀^;))
110205koelnfcbfj
交代:リベリー(64アルティントップ)、クローゼ(78グスタヴォ)
サブ:ブット、ファンブイテン、ブレーノ

得点:ゴメス(22ミュラー)、アルティントップ(43ラーム)、クレメンス(55アイヒナー)、ノヴァコヴィッチ(62ペスチュコ)、ノヴァコヴィッチ(73マチュシュク)
カード: バトシュトゥバーラーム

MoM:ノヴァコヴィッチ

イヤ~ヒドい。バトシュトゥバーに鬼採点ですよアナタ。そしてなんだこのバラつきは。苦笑。ついでに審判にも鬼採点が出てます。19分のバトシュトゥバーのノヴァコヴィッチへのアレは一発レッドじゃねーのとか他にもアレとかコレとか見逃した、ということらしい。
しかしゲーム採点は1.5。2点ビハインドがひっくり返ったということで、単純に、おもしろかったー!ということみたいです。そりゃそうだわねぇトホホ。

試合の話はもう、いいでしょう?(ToT) とにかくバイエルン関係者に壊滅的なダメージを与えかねない、大敗北でした。ハミトのゴール超カッコよかったのに…(;_;)

でも
110205_rensing2

おかしな話ですが、ワタシにとってこの試合はレンジングとの再会でした。
試合前は、頑張らなくていいよ、などと言ってしまいましたが、そんな言葉は彼に失礼でした。
バイエルンが負けたのは悔しいけれど、レンジングが頑張ってくれて嬉しかったです。
仲が良かったファンボメルと、試合後に言葉を交わすシーンが見たかった…。

それはそれとして
チームがうまく行ってないと悪い話ばかりが出るものです。
ラームとシュバのキャプテンシーがどうとか、もはや怒りの言葉も出なくなったらしいルンメニゲがやけくそになって(?)「ドルトムントは笑い死ね!」と言ったとか(スミマセンウケた(^_^;))、

11_02_08_tz_4 わはははは。

月曜日のトレーニングの後で、ファンに「なんでブレーノじゃなくてティモシュクを使うのか?」と言われたファンハールが「あなたはオウムだ」と返したとか。
ちょっと前にカーンとショルに批判された時にも「彼らのはオウムのおしゃべりだ」とやり返したファンハールでありますので、もう彼の周りはオウムだらけだねー、というtzです。
相手が無礼な口のきき方をしたのかも知れませんが、それにしても、なんかもう、ファンとやり合うなんて、いろいろと、末期に近付いて来てるんじゃないかなー、という予感もしますよ・・・。
次節ホッフェンハイム戦で魔さかの結果に終わったり、CLでインテルに負けたりしたら、いよいよ、かも知れません。ヤだねぇ。

しかしより緊迫していたのはヴォルフスブルクであった
110208_yahoo
一時はヤホーのトップに!

110205_diego
ベンチからの指示を無視して勝手にPKを蹴ったジエゴに罰金刑です。
このようにチームは空中分解、成績も悪い、ということで、ついにマクラーレン監督が解任になってしまいました。前々から噂はありましたので、ついにか、という気はします。
これでジエゴも少し落ち着いてくれると良いのですが。なんだったらブレーメンに戻ったら…(←てきとう言いたい放題)

さて

110208_mueller
なんで緑色着てるねん!と話題沸騰(?)の、ミュラー公式サイトができましたよっと。

110208_dfbtv1

明日、ドルトムントでイタリアとの親善試合があるドイツ代表です。

110203_neidbarbie

女子ドイツ代表・ナイト監督のバービー!ステキステキー!☆
プリンツ・バービーもあるみたい)

来る女子W杯ドイツ大会に向けて、メンズのドイツ代表も、CMやら応援キャンペーン用の媒体撮影を行ったらしいです。

110207_bastian

よくわかりませんが、俺たちも女子ドイツ代表を応援するサポーターだぜ!というコンセプトのようだ。ポドルスキのモヒカンはもちろんヅラですよ~。
それにしても今さらブブゼラ・・・(^_^;)

110207_merte

ウサギメルテ(ラムたんじゃないのか…)にモエ~heart
メルテザッカーと言えば。ちょっと余談。
イラストにも描きましたけど、バイエルン戦で、転んだゴメスに向かって思い切り何事かののしってるシーンに、おとなしそうな見た目とのギャップにちょっと驚いたものです。
しかしよくよく思い出してみれば、トレーニングでギャハハと大笑いしたり仲間とふざけたり、ゴール決めた時に舌出してぐはははー、としてみせるところを何度も見ております。もともとこういう熱血キャラだったのかも知れませんね。そういうメルテザッカーもスキよ。

110208_lahm_2

記者会見に登場したラーム
髪をえらく短くしてしまいました。ぶっちゃけ、かわいくないし、イケメンじゃないし、個人的には好みではありませんが、今のラームの立場を考えれば、これで良いのではないかと思います。この方がなんかキャプテンっぽいよ(^ー^)

110207_moemoe

モエ~担当は若いモンに世代交代だ!ゲッツェがまさに「ポスト・ラムたん」然として、モエ~ったらありゃしない。ベンダーといいフンメルスといい、今後もドイツ代表は見た目に困りそうもないですなーホクホクheart04

|

« 24節のファンボメル | トップページ | 過去は振り返らない »

コメント

最近のラムたんは後ろから見たらお父さんそっくりです。
ってお父サマに直接会ったことはないけれど・・・。
メーキングを見て、「知らない、誰?」という選手がわらわらと・・・。フンメルスは長らくバイヤンの公式の写真のイメージがあって、別人のような顔になってしまった気が。…私フンメルス以外は顔と名前とプレー傾向が一致していないことに気づきました。次の親善試合で、とりあえずは背番号についてる名前と首から下のプレーが合致できるようになれたらな、と思ってます。

私にとっては、メルテくんは案外吠えているイメージがあったのですが、審判にまでグイグイ言いに行くタイプとは思っていませんでした。ただ、彼は「文章を書くのが好き」なだけあって、彼が何を言っているのか、マイクで拾ってくれないかな(といってわかるわけではなし、ですが)と思う私です。

拙ブログのロッベンの件、ご指摘ありがとうございました。

投稿: 東風 | 2011/02/09 06:06

> 東風さん
その節は、余計なこととは知りつつも、ついね。失礼いたしました(^^ゞ
ラムたんのお父様はワタシも存じ上げませんが、なんとなく想像ついちゃいますよね♪きっと似てると思います。
カガワブーム&ドルトムント・マインツフィーバーにいまひとつ乗り切れないワタシ(バイエルンファンですから)。期待の若手も、最近ようやく顔と名前がかろうじて一致したぐらいです。ベンダー兄弟なんか同じ服着て並ばれたら絶対ダメです(それはいいか)。プレー傾向に至っては、何年見ててもようけ把握できませんわ。サッカー選手は顔と熱いハートと心意気だ!とか言ってるから、いつまでたっても見る目が磨かれないのです(苦笑)。
フンメルスはドルトムントに言ってから男前度が急激に増しましたよね。カッコよすぎてもったいないぐらいです(??)。
メルテ← へぇ~。まあ、知性的な顔はしてますよね。詩とか書いちゃうんですかねぇ?ピッチ上ではアドレナリンが上がってるのであまり理路整然とした話し方はできないかも知れませんけど、審判にはなんというか、くどくど言ってそうな感じ…。メルテ君にかかわらず、選手たちがどんなこと言ってるのか、聞いてみたいですよね。(聞いちゃいけない罵詈雑言が飛び交ってる気もするけど、それはそれ)

投稿: コリアンダー | 2011/02/09 15:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/38784563

この記事へのトラックバック一覧です: 21節:ケルン対バイエルン+代表ネタ少々:

« 24節のファンボメル | トップページ | 過去は振り返らない »