« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011/01/31

ポカール準決勝組み合わせと、TVメモ

ポカール準決勝の組み合わせが発表になりましたよー。

110130

厳正なる抽選の結果

デュイスブルク × コットブス
シャルケ×バイエルン

ブンデス対決&ツヴァイテ対決。

謀ったな!?!
去年に続いてまた、準決勝でシャルケと対戦です!
そりゃねーべ。もったいねぇー。マガトが燃えてるだろな~

さて

全国のファンボメルファンに向けてのTV放送メモです。

衛星デジタルTwellv様で絶賛放送中の「ACミランチャンネル」の放送予定。
番組公式twitterからのこのようなお知らせが・・・

明日2月1日(火)よる8時~のミランチャンネルは、「カターニャ vs ミラン」を放送します!ハーフタイムには、ファン・ボメル選手とエマヌエルソン選手が出演!ぜひご覧ください!

ご覧になりますとも!!!やったあー!!(≧▽≦)
おそらく入団会見のもようか、その前後にミランの公式サイト向けにコメントした時のものか、だと思われます。楽しみ楽しみ!日本のTVにファンボメルのトーク映像が流れるなんてきっと最初で最後かも知らん!どんなに短くてもいい、でもできるだけ長いといいなー♪わくわく~。待ち切れないんだぜ!

はっ∑(゚∀゚)

待てよ、火曜日の夜と言えば…

2/1(火) 19:00~21:00 <第20節>ヴェルダー・ブレーメン VS バイエルン・ミュンヘン@GAORA様。

・・・・・・・かぶってる(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

22節のファンボメル

まずは余談です。何はなくとも。いまさらですが。

おめでとう!日本代表!アジアカップ優勝!\(^∀^)/

いやぁ決勝点になったのゴールは鳥肌モノでしたね!ジダンみたーい!ってかジダン以上!と思っちゃいましたよ。感動した!

とはいうものの。バイエルン戦と思い切り時間がかぶってたり、遅い風呂に入ったりしてたので(←おい!)試合は殆ど見てないのですゴメンなさい。感動の韓国戦はアノ日だったし、今回のアジアカップはなんかいろいろ損をした気分です。。。

しかしそのバイエルンも、余計な邪念ばかりが頭をよぎって、見ていたのに全然頭に入りませんでしたorz。 重症…。
でもなかなか気持ち良い逆転勝利でしたし、ネタ的には盛りだくさんで面白かったので、GAORA版は見る…。と、思います…。多分…。←ヘタレ

110129_robbenpunch
ロッベンパンチ!

110129_tymo
「あら~っ」と、びっくりしてるティモシュクの表情がツボった(笑)

というわけで

一発退場のヴィーゼに爆笑したから、この後の試合でバチが当たったのでしょうか。いやでも、バカにして笑ったんじゃないんですよ。
自分のせいでゲームが壊れてしまうかも知れないというのに爆発する感情を抑えもせず、闘志をむき出しにするゴリラ系GK…。イヤんカーンみたーいheart(*´∀`*)と思って、うれしときめいちゃったのです。
いやいや、でも、危ないタックルはいけません!ミュラーに怪我がなくて良かったです、ホントに。加減を間違えちゃダメなんだからね!

1月29日 セリエA第22節 カルチョ・カターニア 0-2 ACミラン

110129cataniamilanfj
交代:エマヌエルソン(46メルケル)、オッド(59カッサーノ)、ヤンクロフスキ(75アンブロジーニ)
サブ:ローマ、パパスタソプーロス、カルヴァーノ、パト

得点:ロビーニョ(58)、イブラヒモヴィッチ(85)
カード: ファンボメル(54)  スポッリマスカーラメルケルジェペスアンブロジーニ

Dsc07404

○| ̄|_ (号泣)

・・・・・・・・・・・。夏の就活再開は決まり、ですねぇ。。。。。。。。。。。

お役に立つどころか、足引っ張っちゃってるし。意味ないジャン。何しに来たんだよバーカ、まあ、どーせタダだから~?って呆れられても反論できないよぅcrying

監督やチームやファンをがっかりさせちゃったかも知れませんね…。退場する時に、監督が思い切りシカトしてたのが悲し恐ろしかったです。

で~~も~~~!!!

1枚目はまあ、カードもらっても仕方ないですよね。足を蹴っ飛ばしてるし。
なのに2枚目はぁー!なんぼなんでも厳しすぎる~!
手も足も出してない、ちょっと体を寄せただけなのに!
1枚目もらってるのに計算が甘かったとか、イタリアの笛の基準を見誤ったとか言われてるけど。他の選手にももっと危ないプレーとか沢山あったのに、あんなんでいちいちカード出してたら試合にならん!

ドイツでは今頃「あーあ、さっそくかい。やっぱりどこに行ってもファンボンメルだあねぇ」と嗤われてるんだろな…。くやしい~~

ふぅ。
これがバイエルンだったら、そしてここミランでも、何試合か出場してチームに溶け込んだ状態だったなら、こんなに動揺しないんですよ。
でもこの、厳しい状態の中で再出発しようというこの大事な時期に、こんな……。

オッドのコメント(てきとう意訳)
「ファボメルの退場?マルクは経験豊富で、すばらしいクオリティを持った選手だ。彼がサインしたのはいいことだよ。すごく俺たちの助けになるからね。彼は闘争心あるキャラクターで、敵に対してはタフに当たり、時には警告を受けるリスクを犯すこともある。だけどそれもゲームの一部だ。俺の意見では、2枚目のカードは厳しすぎた。でも、むしろ良かったね。一人少なくなったことで、オープンスペースを見つけるのが容易になって、結局俺たちは勝ったんだ」

一人少なくなったことでカターニアが攻勢に出て来たので、逆にミランが攻撃するためのスペースが生まれた、ということらしいです。
…かばってくれてるのよね?ありがとうマッシモさん~。元チームメイトとして、よろしく面倒みてやってね。

本文と関係ありませんが
Dsc07400
さっそくカラまれてる(笑)

ええと、試合は面白かったです。数的不利になってからの2ゴールは劇的で、選手たちも達成感ひとしお、だったようです。仲間に入りたかった…
いつもこんななのか、たまたま今回がそうだったのかわかりませんが、ミランはなかなかいい試合をするじゃないの、と思いました。守備が安定してて良いです(バイエルンと比べると、超盤石に見える(^_^;))。ズラタンロビーニョを軸にした攻撃も魅力的でした。攻守のバランスがとれていて、ベテランが多いチームならではの成熟した上手さを感じました。さすが首位にいるだけのことはあります。
てゆうか、イブラヒモヴィッチ凄いんですけど!人柄は好きではありませんが、サッカーは惚れそうです。
ただなんか、両チームともに、ファウルが荒いのが、怪我人が出るんじゃないかと思い、恐かったです。あと、短気な選手が多い気が(汗)(汗)これがイタリア基準だ、と言うなら、ファンボメルへの2枚目のイエローとの矛盾を感じたり。
まあ、まだあれこれ言うのは早いですかね。(苦笑)慣れなければならないのでしょう。ファンボメルも、ワタシも。
それはそうと、アンブロジーニは大丈夫なんでしょうか(汗)

おまけ。本日のローカル紙より。ザッケローニ監督の話です。

豪胆さとともに、こまやかな気遣いもできる。退場で打ちひしがれた吉田麻也(VVVフェンロ)に掛けた言葉は「コンバンワ」。すぐに「ビデオを見て反省会だな」。吉田は「普通なら激怒している。会うまでどきどきしていたから、ほっとした」と笑う。

落ち込みそうな選手、出番に恵まれず腐りかけた選手らの変化を見逃さず、自ら近づいて声を掛ける。ミスを犯した選手や控えの若い選手が活躍するのは、そうしたフォローと観察力のたまものだ。決勝も途中出場の李忠成(広島)が貴重な1点をもぎとった。

……。別に。ただ貼ってみただけです。どこかの誰かと比較してなんとか、と言ってるんじゃないですよーー(白々)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/29

ACミランのファンボメル

先のファンハールの発言を受け、Bildに、「ファンボメルが逃げ出した(←そゆ風に言うなっつーの)ホントの理由!それは、ファンハールがキャプテンマークを剥奪しようとしたからなんですぜ」という記事が楽しそうにアプされてましたけど、そんなわけあるかアホ、と思っている管理人コリアンダーです。

今さらドイツで何を言われても知ったこっちゃないわい、ですが、ファンボメルがこだわっていたのはキャプテンマークそのものではないことは、ファンボメルファンなら誰でも知っています。彼は一度も自分から「キャプテンになりたい」「キャプテンを続けさせてくれ」などとは言ってません。
[つらつら考えて追記]までも、いかにファンボメルと言えども、規律違反をしたわけでもなし、途中でキャプテンを下ろされたらそれは大いなる屈辱には違いないですが…。
というか、ファンハールが言いたかったのは「必ずしもキャプテンではない」=「レギュラーを保証しない」という意味だと思ってたのですが、違うの?

ま、もういいか。

110126_22

というわけで、呆然放心する間もなく行ってしまったので、こちらも準備が間に合わず情報収集が後手後手に回ってしまいましたが、移籍決定前後数日間のファンボメルネタです。
イタリアメディアは慣れないものでまだ難しいです。今後ファンボメルネタはかんたん試合レポ程度で、他はあまり追従できないかも知れません…。つまら~~ん

別に暗くないですが、バイエルンネタではないのでたたみます

♪マルクはあくまでも、オランダのモジャモジャキャプテン
マルクにノらないと、いけないわけではないぜイェー♪

だけど好きなんだ、いいだろ♪
こんなにも、愛しているよ
And I love ボモー、この気持ちを 歌うんだ 君と僕の歌を~♪

だから何ででも、いいだろ♪
こんなにも、マイっているよ
And I love ボモー、この気持ちを つくるんだ 君と僕の歌を あなたの歌を
マルクの歌を

元ネタはこちら(CM動画)

奥田民生「And I Love Car」エエ歌ですよ。CMイヤン、という方は検索してオリジナルも聴いてみてね。

続きを読む "ACミランのファンボメル"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ポカール:アーヘン対バイエルン、と、ファンボメルネタ

※管理人コリアンダー、現在心がすさんでおりますので、FCバイエルン関連の記事に関しましてはテンション大幅ダウン中です※

…スミマセン、まだ試合見てない(見る勇気がない)のですが、もう今晩はブンデスリーガの試合もあることですし、とりあえずフォーメーション図だけメモしておきます。

1月26日 DFBポカール 準々決勝
アレマニア・アーヘン 0-4 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110126aachenfcbfj
交代:ロッベン(72アルティントップ)、クローゼ(82ゴメス)
サブ:ブット、ブレーノ、イェリッヒ、デウル

得点:ゴメス(26グスタヴォ)、ミュラー(75ロッベン)、ミュラー(80ゴメス)、ロッベン(88シュヴァインシュタイガー)
カード: ユングラス

MoM:ミュラー

110126_gomez
「ん~、チュッheart

サブの名前を見てびっくり。あのナムニョクトゥル君(デウル)がベンチ入り☆
ファンブイテンはインフルエンザ(風邪?)で欠場です。こんな時にアンタはよぅ…。「コリアンダー僕がいるじゃないか元気出せよゴール」でも決めてくれたら多少は違ったものの…。多少はね…。まあ、どうせ健康でも出場はしなかったでしょうが。(ヤサグレ)

クラフトがファンハールに批判された、ということですが、何かマズいプレーでもしたのでしょうか?

まあ、ともあれ、楽しく勝って、準決勝進出、4強です(^∀^)
嬉しいとかいうより、まあ、当たり前ですわねぇ。2部の相手に負けては…(ゴメン)。と言いつつ他の試合では、2部のコットブスがホッフェンハイムに、デュイスブルクがラウテルンに勝ったのですが(汗)

アーヘンと言えば、マネージャー?ディレクター?のマイアーはオランダ人で、ファンボメルとは知り合いらしいですね。
tzにこんな記事が出てました。
ファンボメルがミランへの移籍を決めるか決めないかという時期だと思いますが、メールでこんなやりとりをしたそうです。

マイアー「アーヘンに3年契約で来ないか?ヴォルフスブルクやミランより(条件が)いいだろ?」
ファンボメル「なんで3年と半年じゃないんだ?」

ワタシが殻にこもってバイエルン情報から目を背けている間に、リベリの怪我が長引いてて結局あと3週間とか、予定していた本日のブレーメン戦には復帰できないとか、コンテントもどこか負傷して再離脱とか、何やらあったようですが。。。
ああそーだ、ブラーフハイトホッフェンハイムに移籍してしまいましたね!なんてこったい。まあ、彼の場合、時間の問題ではありました。トルコ行きか、などという噂もありましたが、ドイツのチームで良かったなぁ、と個人的には思っています。ゴチャゴチャモメてたバベルといっしょにがむばりや。それにしても、ホッフェンハイムとバイエルンはいつからこんな取引先様になったんだね。

110127_bb

・・・・・・・。申し訳ありません、まだニュース見れません。
ラームシュバが新キャプテンコンビでわっしょいしょい♪というニュースにも、おめでとう、と言えず、醜い嫉妬にさいなまれて胸が焦げ付いてますよぅ。器ちっさいな自分・・・

そうこうしている間に、バイエルンからも皆さまからもどんどん置いて行かれてしまう…。わかってるんだけど~~

ファンボメルネタです。ファンハールが少し語ったようです(tzより)。暗いのでたたみます。

続きを読む "ポカール:アーヘン対バイエルン、と、ファンボメルネタ"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/27

そして船長は行く

(※タイトル変えました)
ファンボメルネタです。

今回のファンボメルの電撃退団には、心底心が痛みました。
今までサッカーを見て来て、こんなに深いダメージを受けたことはありません。

何よりも、「それだけはないはずだ」と私が強く信じていたのに、ファンボメル自身が、退団を希望したということ。そして、彼が傷ついて去って行ったということです。

未だ気持ちの整理がつきませんので、休むと言ったのにアプしたり、いったんアプしたものを削除したり、blogの更新も内容も、もうムチャムチャでデタラメになっています。
おもしろネタやへっぽこイラストを楽しんでくださってる方もいらっさったでしょうに、つまらない思いをさせてしまってごめんなさい。立ち直るまで、もう少し時間をくださいね・・・

今回ファンボメルが急に、自ら退団と契約解除を申し出た事情は、私にも正確なところはわからないのですが、原因のひとつとして、ファンハール監督との確執が言われています。
Bildには、二人がロッカールームで大激論をしていた、とも書かれていました。
そしてそれは、かなりあり得る話だと、ワタシ個人は思っています。
ただ、あくまで推測ですが、トーニやミーチョの場合とは異なり、ファンボメルと監督の間で人間的に何か許せないことがあったとか規律がどうのという類のトラブルではなく、純粋に、サッカー面で意見が対立し、そしてそれは、もはやこれ以上議論を重ねる余地がない、とお互い判断したのではないでしょうか。例えば、ファンボメルの今後の起用の仕方について。
ポジション競争をいとわないファンボメルだったはずですが、ファンハールから、もう競争しても無駄だと断言されたか、そう感じさせられたのか。

かつて代表チームで当時の監督ファンバステンと対立しチームを飛び出したファンボメルは、今は(後悔はしていないそうですが)感情に流されて行動したことを反省しているようです。
それを踏まえ、今は分別ある行動ができ、責任感ある名実ともに世界最高のキャプテン(←断言)となったファンボメルがこのような行動を取ったのは、よほどのことだったと、そしてそれはとても苦しく痛い決断だったのだろうと思います。

そうとでも思わなければ。何故こんなにも唐突に。CLに出場できないのがわかっていながら。(たぶん)愛してやまないバイエルンを出て行くことになったのか。

もうキャリアが残り少ない33歳の彼にはどうしても譲れない夢があるのです。ベストパフォーマンスでEURO2012に参加すること、そして、オランダ代表を優勝に導くこと。
そのためには、バイエルンと同レベルのビッグクラブで、コンスタントにプレーしなければならない、と考えているのです。ベンチでくすぶってる場合じゃない、と。

年齢を理由に(おそらくファンハールの世代交代構想)バイエルンは契約延長してくれそうもないし、今ベンチに押し込められたら、夏になって彼が望むようなビッグクラブからのオファーは来ないかも知れない。
そんな時に、ミランからオファーが来たのでしょう。今しかない。そう思ったのかも知れません。

自分自身のキャリアを真剣に考え行動する、どこまでもサッカーのために生きるファンボメルという選手。やっぱりワタシは彼のことが好きで、彼のファンであることを誇りに思うのです。

ということで、取り急ぎ、バイエルンでの最後の記者会見です。本当にとり急いでいたので、かなり大雑把なことになってます。いつもはドイツ語辞書も見ながらもう少していねいに訳すのですが、今回は殆ど英語への自動翻訳ママに自分の勝手な意訳を加えてます。だいぶ間違ってると思いますので、ざっくり流し見てください。

ダイジェスト。
フルバージョンはこちらにあります。
前の晩殆ど寝てないんじゃないでしょうか、目の下にクマが出来てて、終始険しい表情で、見てて胸がつぶれそうになりました。

続きを読む "そして船長は行く"

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2011/01/25

決定

110125_fcb

心の整理がつくまで、しばらくblogをお休みします。ご無礼申し訳ありません。

| | トラックバック (0)

本日の・・・

110123_bommel

ワケのわからんことを書き捨てたまま、失礼しました。
例によって、本日のポーカー、というか、もはやちょっとした「騒動」があったもので、振り回されていたのです。

疲労困憊しておりますので、かんたん箇条書きで失礼します。

kickerにて、ファンボメルの代理人ライオラが、ヴォルフスブルクのオファーはお断りした、と発言。ファンボメルがこの冬はバイエルンに残る可能性はさらに高くなった、とも。

◇だが
イタリア紙の「コリエッレ・デロ・スポルト」紙が、ACミランの副会長ガッリアーニとディレクター(GM?)のブライダの二人が、ファンボメルの移籍契約をするためにミュンヘンに出発、と報じる。
ファンボメルは本日(月曜日)中にもミラノに行く可能性がある、と。

根拠がないと知りつつも、でも、あまりに突然「あと数時間でさよならかもよ!」と言われて、ワタクシがどれだけ混乱したかおわかりいただけますか。
(無理を承知で)ファンボメルに、バイエルンでの最低でもあと1年の契約延長を世界一強く願っている(←断言)ワタクシが、興味本位で好き勝手なことを書き立てるマスコミの記事に今までどれだけ気力をそがれているか。見なきゃいいのに、でもほっとけない、ほっときたくない、やっぱり知りたい、というこのジレンマも。
…知ったこっちゃないですよね、ごめんなさい。八つ当たりです。

そんなわけで、トイレに行く間も惜しんで(本当)PCの前から動けず、ひたすらニュースアラートの更新ボタンを押しまくり、更新するたびに新しいニュースがばんばん出るので読むのだけど、結局例のコリエッレの追従記事ばかり…。
中には「ファンボメルは個人でミランとの契約に同意済」なんてのもあり、トホホホーと半泣きですわ。
泣き言はともかく

ライオラが、イタリアの「sky sport 24」とかいう番組に、「ガッリアーニがミュンヘンに行くとか、そんな話は知らない。私はまだオランダにいるし」と発言。

◇さらにライオラは毎度おなじみtzにもコメント。てきとう意訳
「ミュンヘンでミランとの交渉はありません」
「私はミュンヘンに向かう途中です。行くからには何かがあります。休日を過ごしに行くわけじゃありません」
「火曜日に、私はまずマルクと、それからFCバイエルンと話をします」
「ことは早く決まると思います。私の希望は、2日以内にはっきりさせることです」
「マルクが出て行く可能性は50%です。チャンスは五分五分」

ちなみに、先週の金曜日だか木曜日だかに、ライオラは「マルクがこの冬バイエルンに残る可能性は99.9%だ」と言ってました。一気に半分にダウンしちゃった。

今日のところは、このtzでの代理人の発言をもって、この騒動はいったん落ち着きました。
少なくとも本日(月曜日)中にファンボメルが出て行く可能性はないみたい、と、いうことのようです。
ただ、火曜日に行われるらしい話し合いの結果いかんでは、水曜日のポカールがファンボメルのバイエルン最後の試合になるのではないか、とも。
(まぁここんところ毎試合、最後の試合かも、と言われ続けてますけど(苦笑))

結局ミランの偉い人たちはミュンヘンに来たのかどうなのか、うやむやになってしまいました。どうだったんでしょう。
てゆーか、ライオラは何故急ぐ?デッドラインは設けてないんじゃなかったのか。
急かせば急かすほど、バイエルンは態度を硬化させると思うけどな…。

明日も心かき乱され、忙しくなりそうな予感です…。

[追記]そういえばガッリアーニって、「ファンボメルはおっさんだからイラネ」って言った人じゃないか…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/24

19節:バイエルン対カイザースラウテルン

1月22日 ブンデスリーガ 第19節
バイエルン・ミュンヘン 5-1 カイザースラウテルン

kickerの採点も合わせてどぞ
110122fcb1fckfj
交代:アルティントップ(74ロッベン)、ブレーノ(86グスタヴォ)
サブ:ブット、ブラーフハイト、ファンブイテン、オットル、クローゼ

得点:ロッベン(45+1ミュラー)、ゴメス(46シュヴァインシュタイガー)、モラヴェク(62キルヒ)、ゴメス(80アルティントップ)、ゴメス(84シュヴァインシュタイガー)、ミュラー(90+1アルティントップ)
カード: キルヒティファートブゲラ

MoM:ゴメス
今節のベストイレブンにロッベンゴメスが選出
マンデスターゲス今節のMVPにゴメスが選出

----------

申し訳ありません。
らくがきとか描いてる気分じゃなくなったので、フォーメーション図だけで失礼させていただきます。
…いや、プライベートで事件が起きたとかじゃ全然ないのでご心配なく。ただのへなちょこファンなのです。

110123_13

| | トラックバック (0)

2011/01/23

速報:バイエルン対カイザースラウテルン

あれれ(゚◇゚;)なんと。
ひとつ前のlogにて、20年近く前のなつメロなんて若い方はご存知ないかも知らん、と思ってわざわざようつべ動画のリンクを貼ってみたものの、最近、某おバカタレントがカヴァーしてたのですね。こりゃこりゃ。すんません、オバサンなもので、若い子が見るようなバラエティーとか全然わからんのですわわはははははははsweat01
でもま、どうせなら、これを機会にあの歌にはオリジナルがあったってことを知っていただいたら、それはそれでいんでないの?ってことでひとつε=┌(;^∀^)┘(逃)

と、言い訳したところで

バイエルン・ミュンヘン 5-1 カイザース・ラウテルン

110122_robben
躍動する赤モモヒキ戦士!さらにできるようになったな、ロッベン!
♪真っ赤なモモヒキ~♪がっつり履いて~、願いはひとっつー!勝ち点3~!♪へいへへいほー!

はっ∑(゚∀゚)

スミマセン浮かれちゃいました(苦笑)バイエルンが勝っただけでこんなに嬉しいのか…。どんだけハードル低い?いや、ハードル下げさせられてるんだよ…。

ロッベン、ゴメス、ゴメス、ゴメス、ミュラー、でした。なんとゴメス!今シーズン3回目のハットトリック!おめでとう!!ロッベン、初ゴールおめでとう!!

110122_gomez
必殺固め打ちー!

ロッベンミュラー以外全員、平均以下のパフォーマンスだと思いましたが、終わってみれば堂々5得点で快勝です。

特に前半は本当に酷くて、目も覆わんばかりでした。
ひたすらあたふたバタバタして、何をやってもかみ合わず、絶対負ける!とリアルで叫んでしまいましたが、終了間際にロッベンが気持ちを落ち着かせる先制ゴールを決めてくれました。(ミュラーのアシストは神パスでした!)

後半は、ハーフタイムにロッカールームで何かあったのでしょう、別チームに生まれ変わったかのようなアグレッシブなプレーでかなりイイ感じ、早々にロッベンのプレーからゴメスが2点目をあげたこともあり、このまま波に乗るかと思われました。

しかし、ティモシュクのミスから失点して1点差に詰め寄られてしまい、またダメダメな雰囲気に陥りましたが、なんとか踏ん張り切り、気が付いたらこんな大差に。
バイエルンが4点目を入れてからはカイザースにやる気がなくなったと思います。

ロッベンは突出して良かっただけに途中交代(たぶん約束通り)は残念でしたが、その分ミュラーが引っ張ったかな、と。ゴメスも、後半に入ってからは、ゴール前での落ち着きを取り戻したので良かったです。その決定力がなぜ前節は…(言うな)

ファンボメルはあまり良くなかったかなあと思いますが、ただ、緊張気味のグスタヴォやミスを引きずっていそうなティモシュク等にあえてパスを回したりゲームに参加させたりするシーンが見受けられ、気を使ってる風なのは感じました。
いつもより攻撃参加が多めで、少々無理しながらでもシュートも狙っていましたが、まさかバイエルン最後の試合だから、記念ゴール欲しいとかじゃないよね?(汗)(汗)と、うがってしまいましたよぅ(T-T)←泣くな

戦術的な話は今年は控えよう、と思っていたのですが、それにしても。
本日のスタメン布陣は失敗だったんではないでしょうか。ゲーム中にグスタヴォを左SBにスイッチしたりなんだりして修正しまくって乗り切りましたが、逆にそれが選手の混乱を招いているようにも見え、最後まで不安定でした。

110122_tymo

フジさんの実況解説陣はやたらと、GK含むディフェンス陣に身長が足りない、壁になる選手がいない、と連呼してましたけど、うってつけの高身長のCBがベンチにいるのに……と思いましたトホホ。
今日のカイザースの攻撃の感じだと、ファンブイテンの方がマシだったんではないのかなぁとか思いましたけど。途中でブレーノ入れるぐらいなら、ねえ…。いやブレーノも背高めだけどさ~

楽しく勝ったのに、いや、だからこそ、文句つけまくってますが(^_^;)、ここ3シーズンほどのバイエルンの戦い方は、中堅クラブのようで、王者の威厳がないと感じているのは、ワタシだけでしょうか・・・

まいいか、とりあえず。←てきとう

110122_kicker

3位だし!2位と1ポイントだし!(゚∀゚)
・・・・・・明日にはレヴァークーゼンに抜かれる予定だけどね!(^_^;)
いやいや、わからんぞ。こうやってひとつひとつ、こつこつがんばろー!

110122_robbengomez

 
らくがきアプするまで待ち切れなくて、思わず追記のラブラブおまけ
Dsc07392
「アリエンたん、顔に芝がついてるよheart

・・・・・・・・・・・・・・!!!!!!!!!heart01heart04

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/22

まずは余談から。
日本代表サポの皆さ~ん、シンジシンジしてますかー?\(^∀^)/

110121_kagawa

いや~っはははは。ゆうべの日本代表は盛り上がりましたねー。
香川と岡崎の活躍で日本大逆転!しかし、あえて言う!

長谷部ラブ! heart04

ピンチになってからの長谷部の落ち着いたしかしアグレッシブなキャプテンシーあるプレーにアタシゃまいっちゃったのでありますよlovely ワタシが日本代表のユニを買うことはないでしょうけど、もしも機会があるのなら、ゼヒ長谷部のネームを入れたいと思ったのでした。
それにしても、ブンデスリーガーが代表チームで活躍するのは、ドイツファンとして鼻が高いですね(^ゝ^)

いえいえ、タイトルの「M」はマコトのMではありませんのよ。

せっかく感動的なお手紙を我々ファンに向けて公開したデミチェリスなのに、向こうではファンハールの悪口吠えちゃってますよ、とかいうニュースも入って来ましたけど(^_^;)ミーチョの「M」でもありません。

◇本日のポーカー

110115_bommel4

kicker「もしもしヘーネス(弟)さん、どうしてファンボメルをそんなに熱いまなざしで見つめるの?」
ディーター・ヘーネス(ヴォルフスブルクGM)「それは彼がセクスィカピテンだからよ♪彼は私の友人だからさ」
ファンボメルにファウルをしたシセロ「俺は全然友達じゃねーし」

ファンボメルの代理人ライオラtzに語る
「オファーは8件」
「話し合いは続く。チャンスは少ないが、何かが起こる可能性はまだある」←なんのチャンス?
「月曜日か火曜日にはっきりするだろう」←だから何がー?(汗)

よくわからんのですが、冬の移籍の可能性は低いけれども、まだ確定ではない。そこは月曜日か火曜日にはっきりするでしょう、ということだと思ってます。

ネルリンガー「ファンボメルに関して新しいオファーは受け取ってません。我々は彼に、シーズン終了まで残って欲しいと思ってます」←「行ってよし」じゃなかったのかい。

ところで、マンUのギグス37歳が、契約延長したらしいですね。…いや何、言ってみただけです。
あと9日だ!くそ~っ

さて

我がバイエルンの話です。今晩はホームでカイザースラウテルン戦!

100508_2 
♪いつもいっしょに~、い~たかった~♪

100509_bastian
♪隣で~笑ってたかった~♪

100508_polonaise
♪季節は~また、変~わるのに~♪
♪心だ~け立ち止まったまぁま~♪(略)

110115_bastiangomez
♪も~う叶わない、想いな~ら、あなたを忘れる勇気だけ~~~♪欲ーしーいーよー♪

100508_bayern2
♪You are only in my fantasy~♪

ごらー!ヤメヤメ!!!テンションダダ下がりじゃー。

いやいや、だから、「」はマルクのMでもマリオのMでもなく、「ベンチが俺の居場所じゃねーぜ!」と燃えるミロのMでもなく、「マイスター(Meister)」の「M」のことでございますよ。
tzに、ファンハールが、「公共の場で“Mのつくアノ言葉”を言ってはいけない」という内部通達を出したらしいですぜ、という記事が出てました。
まあ、どの程度本気の話かはわかりませんが、ようは、優勝だとかマイスターだとか、バカみたいな夢を見てないでもっと現実的に考えなさい、2位狙いに集中せよ、ということみたいです。

なんてつまらない話なんでしょう。無理なのはみんなわかってるし。ただ一人、まだあきらめてないと言うファンボメルでさえ、たぶん…。

だけどそこはさぁー!
今のバイエルンは、大逆転マイスターになるぐらいのつもりで必死になって、やっと2位になれるかなれないか、なんじゃないのかい~。
最初っからアナタ、いかにも「なーに、俺たちが本気出せばいつでも追い越せるしぃ~?」という油断が生まれそうな、4ポイント差の2位を狙って戦うって…どう…

なーーんだか応援する方もいまいち意気が上がらないのですが、無理やりから元気を絞り出してポジティブな面に目を向ければ。
ロッベンがスタメン予想です。ミュンヘンのファンにとっては今季初ロッベンということになりますね。ちょっと周りが期待し過ぎのような気もしますが、でもやっぱり楽しみにしちゃう気持ちは抑えられませんね~(^^)
前節ではロッベンらしいプレーが随所にキラリと光っておりました。flair
スタメンの今日は遠慮なくブチかましてくれちゃっていいんだぜ!1ゴール2アシストとか!意気揚々と、チューリップの歌をタラランラン♪と歌わせてもらいたいもんだ。
ってゆーか!今日こそクリーンシート!予想CBはバトシュトゥバーとティモシュクらしいですが…。ダニエルは?もう、誰が誰、ではなく、全員に守備意識をしっかり持ってもらいたいです。

ゆうべの日本はあきらめなかったぞ!アンタたちはもうあきらめるの?

(※なつメロわかんねぇーよ!という方はこちらでもどぞ(ようつべ))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

アディオスの向こう側

どもども。うひょむひょした記事を書いたり、さりとてしんみり泣ける話をする気分ではなかったもので、前の記事で、バイエルンとか関係ないボメネタをはさませていただきました(^^ゞ

ということで、まずは泣ける話から

・ アディオスの向こう側

バイエルンファンの皆さまはもうすでに、公式に出ていたデミチェリスからの「公式レター」は読まれましたよね?

今終了するのは契約だけであって、自分の感覚とFCバイエルンのビッグファミリーである一体感は今後も存在していくことになるよ。

……。
泣いた!(T△T)

退団が決まった直後はBildに対して、試合に出られなかった愚痴などをこぼしていたデミチェリスですが、今は気持ちが少し落ち着いたのか、印象的な言葉で、私たちファンに対してただひたすら、感謝の言葉だけを述べています。
こんなにバイエルンのことを愛してくれてたのなら何故!という、どうにもならない後ろ向きな思いはありますが、ただ、今は、信頼できる監督の下で、自分を必要としてくれるチームで、頑張って欲しいと心から思います(;_;)

110119_footballista
現在発売中のコチラのfootballistaに、「マラガの」デミチェリスのインタビューがちょこっとだけ出てました。何故マラガに来たのか、新しいチームでの意気込み等を、冷静に、きちんと語っています。

110116_micho 胸ロゴなし?

がんばりや~、と思ってたらさっそくアナタ、バルセロナ戦でいきなり1-4のボロ負けってどう…(汗)スポーツニュースのハイライト見ただけですが、ポジション上どうしても、メッシやなんかにやられまくってるところばかりが映って「あ~ミーチョsweat02」と緊張してしまいましたよ。…ま、まあ、相手が悪かったのよ!sweat01次行ってみよー!

110116_michoafellay
おお、アフェライだ…。それにしても、スペインのチームにはよくあることだけど、シリにロゴ入れるのなんとかならんか。

・ 先日のポーカー

110119_bommel1
水曜日のファンボメル。元気そう。

110119_bommel2
「ファれファれは、宇宙人ダもがもが」「ふざけてるとクビにするぞ」(うそ…たぶん)

月曜日か火曜日か、バイエルン上層部(ルンメニゲ&ネルリンガー&ファンハール)が懇談会を開き、それ自体は定期的なものと思われますが、そこでファンボメルの去就について話し合いました。会合の後ネルリンガーSDがコメントしたところによると、「ファンボメル行ってよし」との結論になったらしいですぜ。
エエ条件のオファーが来たら、遠慮なく出て行くがよいでしょう、と。
なーるほど?代理人も「私はマルクのために完璧なクラブを見つけなくてはならない」と言っていたことだし、「見つける」ってことはつまり移籍確実ってことだよねー?ファンボメルはイングランドに行きたいらしいから、いよいよ今週中にも、噂のリヴァプールへの移籍が発表になるかもね?

…と、いうような感じの記事が、17日だったか18日だったかに、毎度おなじみtzに出たのです。
そして他メディアにも、それについて追従する記事も出始めたので、改めて確認しようと思ったら、なんと、いつの間にか該当記事が削除されておりました。

……どゆこと?
飛ばしにも程があったのか、あるいは、そこまでバラしちゃダメでしょ、とバイエルンからお達しがあったのか。tzにもバイエルン公式にも、お知らせ等は出ていません。むむ~ん

まあ、ワタシごときには実際のところはわかり得ようもありませんが、ただ、ファンボメルがイングランドに行きたがってる、というのは誤りである、とは言えます。
今回の件に関して、本人(&代理人)の口から具体的なチーム名やリーグを挙げて「どこどこに行きたい」などという発言は一切出てません。
もちろんワタシとて全部のニュースをcheckしてるわけではありませんが、ダテにボメラーやってるわけじゃないんだぜ、そこは断言できます。きっぱり☆(その代わり、絶対バイエルンに残留したい!とも言ってませんが…。そこがポーカーなのよね…)

はっ∑(゚∀゚;)

だからファンボメルネタになってしまうとつい…。ここんところこんな話ばかりで、blogがつまらなくてゴメンなさいね。

オワビに以下、アホネタ劇場でリラックス

110119_hamit
謎のゆるキャラと共にバトントワリングの練習をしているハミト

続きを読む "アディオスの向こう側"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

中央リンブルフ観光パンフレット・まえがき

Vvvmagazine Vvvmagazine1

無条件のおもてなし・中央リンブルフ

マースブラハトは私の生まれ故郷ですので、もちろん、中央リンブルフ地方のことは自分のポケットのように知っています*1。ユース時代の私は、ウェールトとエヒトの間にあるほとんどのサッカー場で、一度はプレーしたものです(※)。小さな男の子だった頃、私の姿はいつでも水のあるところで見かけることが出来ました。たびたびトルン近くのフローテ・ヘッゲに行っていたのです。この地域の特徴は、すべての人に対する無条件のもてなしです。私はいつも、それをすばらしい財産だと感じていました。

私がFCバイエルン・ミュンヘンとオランダ代表チームの選手そしてキャプテンとして、チームとクラブの支柱の役割を果たすように、中央リンブルフもまた強い柱を持っているのです-自然、文化、ショッピング、ウォータースポーツ。これは、この地域を比類ないものにしています。これらは項目別に、このすてきなマガジンに適切にまとめられています。私はスケジュールがいっぱいなので、自分の故郷を旅する機会がしょっちゅうはありません。ひとたび(その機会を?)うまくつかむことができれば、温かいシャワーのようなものを感じられるのですが。皆がお互いを知っている、この雰囲気を私はとても楽しんでいます-そして、これはぜったいに逃せません、おいしいフラーイ(vlaai)*2を食べること。中央リンブルフへの訪問と滞在を、私は心の底から勧めることができます。中央リンブルフを楽しんでください。

マルク・ファン・ボメル

----------

*1 自分のポケットのように知っている…「とてもよく知っている」という意味の慣用句と思われます。

ドイツ語版では、「ウェールトとエヒトの間にはサッカー場がほとんどなかったので、ユースの頃は、私はそこではプレーしませんでした。」という、まったく真逆の意味になりました。もしかしたら何かそういう文法があるのかも知れませんし、どちらが正しいのかわからないのですが、文脈上、オランダ語版の方が良いような気がしたのでそちらを採用しました。
もち様からコメント欄でご教授いただきました。ドイツ語もオランダ語も、殆ど同じ意味だったようです。ありがとうございました!(^∀^)

*2 vlaai = オランダのスイーツ。タルトみたいなものらしい。リンブルフのフラーイは名物みたいです。

----------

中央リンブルフ(よく知らないのでそのように訳しましたが、もしかしたら別に、一般的に通用している名称があるかも知れません)の観光パンフレット"VVV Magazine"の2011年版に、リンブルフゆかりの著名人がコメントを寄稿し、ファンボメルは、まえがき部分を執筆したようです。

殆ど同じ内容でオランダ語版とドイツ語版が並列されているのですが、どちらも私にとっては不自由な言語ですので、都合のいいようにてきとうにアレンジしてしまいました(^∀^;)どうしてもわからなかった文章とかあるし。
一文一文丁寧に読んだので、そう大きな誤訳はないはずですが、なにぶんオランダ語は辞書を持ってないしドイツ語もかんたんポケット辞書だし、あんまり信用しないでね(逃)。後で細かい修正を加えるかも知れません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/18

18節:ヴォルフスブルク対バイエルン

1月15日 ブンデスリーガ第18節 ヴォルフスブルク 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
110115wolfsburgfcbfj
交代:ロッベン(3)(25リベリー)、グスタヴォ(69ティモシュク)、オットル(82プラニッチ)
サブ:ブット、ファンブイテン、アルティントップ、クローゼ

得点:ミュラー(7)、リーター(86シェーファー)
カード: マンジュキッチジョズエシュヴァインシュタイガーバトシュトゥバー

MoM:フリードリッヒ

……ベンチがまぶしすぎる(泣)それにしてもなんでクローゼ出さなかったのかな?

リベリーOUT、ロッベンIN後はミュラーが左SH、ロッベンが右SH。
プラニッチOUT、オットルIN後はオットルがボランチ、グスタヴォが左SB。

110115_wolfsburgfcbj

本日のダニエル(トホホ…ピッチで見たいよぅ)
Dsc07383
注目の2選手の間に位置取り、ぐっじょぶであります!

Dsc07380
アップ中。CKが始まりそうだ、というのでハッと反応するところがかわいいのです(独り言)

Dsc07381
行方を見守る

ちなみにこの直後にクラフトがスーパーセーブをするのですが、ファンボメルが「よくやった!」と励ますところがキャプテンシーあってステキなのですheartまだ試合をごらんになってない方は、GAORAでcheckしてね。

ところで
我らのファンボメルカピテンは相手のFKで壁になる際、急所を押さえないことで有名(??)ですが、実はファンボメルだけではなかった?オランダ人はみんなアグレッシブなチャレンジャーなのか?と思ったシーンがこちら

Dsc07379
あわわ(汗)

がっかりドローに終わった試合後、チーム一様に口をそろえて「優勝はムリね」「ドルトムントは強いっすねえ」「2位狙いがんばりまふ」というようなコメントをしたようですが、そんな中「ただ一人だけ未だタイトルをあきらめてない」(←tzのタイトルより)男がー!

110115_10

ファンボメル「俺たちはタイトルレースをあきらめていない。まだ16試合も残ってる。やたらクレイジーなことが沢山起こってるけどな!信じることをあきらめちゃダメだ。俺たちは悪いプレーはしていなかった。結果は不当なものだ」

いいぞ!そうでなくちゃ!さすが我らのアグレッシブキャプテン、アンタがうつむいちゃったらおしめーよ。惚れるなぁ…(^ー^)heart

110115_8
レンジング直伝?ささやきトーク。
ブンデスデビューのクラフトをキャプテンらしくサポートしていたことがうかがえるエピソードがバイエルン公式にもちょこっと出てましたね(^^)

----------
ついでなのでおまけ◇本日のポーカー

Bildより
ファンボメル「このクラブでキャプテンであることを誇りに思っている。だけどこの先何が起こるのか誰にもわからない。俺はバイエルンに完全に集中しているよ。他のことは全て代理人が行う」
ふたたびヴォルフスブルクの可能性が!と。試合前に幹部がお食事会をした?とか書いてますけど、はてさて。よくわからんのですが、しっかり読んで追求するのめんどい(こらっ)。
ほう、と思ったのは、どうやらファンボメル側は、2013年までの契約を希望しているらしい?とか、なんとか。ヴォルフスブルク側が提示した条件じゃなかったのですね(ヴォルフスブルク側の条件は2012年まで、らしい)。誤読していたみたい。失礼しました m(__)m
いずれにしても「と、Bildが言っている」という枠を出ない話です。
あと2週間か…(疲)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/17

サブイボ?

バイエルンサポの皆さ~ん、朗報ですよ!

110116_fcb

リベリは(予想より)軽傷!わずか2週間の離脱で済んだみたいです。
うわぁああ~良かったよぅ~~~。゜゜(´□`。)°゜。
どこも切れたり折れたりしていない、というドクターの診断のようです。

心底ホッとしました。ファンボメルのキレイクロスをムダにしないのはアナタとロッベンだけ…、じゃなくて、バイエルン再起のためにはリベリの活躍が絶対不可欠なのです!翼よはばたけ!

…と言いつつ、なんとなくまた、延期延期をくり返して結局何ヶ月も休むことになるんじゃないかという心配もなきにしもあらずですが、まあ、それを言っては話が前に進まないですね(苦笑)。
ひとまずよかった。

リベリの退場シーンは鳥肌が立つようなぞっとするシーンでしたが、逆に感激のあまり鳥肌を立てた人の話。

110115_robben2

半年に渡る長い長いリハビリを経て、ようやく復帰したロッベンであります。
チームが引き分けたのは悔しいことだから、これは私的なこととしながらも、復帰は本当にうれしかった、と語ったようです。
そして「僕は今日、ブンデスリーガで一番の幸せ者だったかも知れないheart」と。
・・・・・・(*´∀`*)
そして友人・ファンボメルのコメント
「俺は彼が(復帰に向けて)何をしてきたのかを見ていた」なので(交代出場の時は)「鳥肌モノだったよ」と…
記事はこちらから。DFB公式サイトとかにも出てますが、内容は同じです。なんとなくバイエルン公式にも出そうですね。

おめでとう!ロッベン!\(^∀^)/ でもオサレヒールはなるべく控えてね~(汗)

 
おまけ◇1/15付のポーカー
110115_fcbtv3
(この動画では移籍ネタもサブイボ話もしてないようです)

1・ファンボメル本人が、試合後のインタビューでオランダのTV番組に「代理人はミラノに行っていた」ことを認めたようです。そして「焦ってはいない。自分はサッカーに集中するつもり。バイエルンで」とか、なんとか。
番組のサイトで、そのコメントをしているインタビュー動画も配信されているのですが、日本からは見れないのです。ちっっっ

2・今度はリヴァプールが、ファンボメル獲得に名乗り出た、という記事がイギリスのマスコミに出たようです。しかしこのメディアのサイトは、有料会員だけしか記事を読めないという…ちっっっ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/16

ヴォルフスブルク対バイエルン

短くコンパクトに、と言ったそばから、ものすごくてんこ盛りな試合だったので、何をどう書いたらいいのか(苦笑)

ヴォルフスブルク 1-1 バイエルン

ミュラー(7)、リーター(86)

何はなくとも。

110115_ribery_2

リベリぃ~~~~~~~~(号泣)

あんまりだ。まだ両翼がそろったところを見ていないんだぞ!なんのために神様が翼をバッサーさせてる画を描いたんだアタシゃ(泣)
まだ続報は出てません(日曜日か月曜日に出る予定)が、どうかどうかどうか!無理を承知でお頼み申す!少しでも軽傷でありますよう!軽い捻挫とかでありますよう!わ~でも、厳しいだろうなぁ(泣)

このリベリの退場を受けて急遽ロッベンが予定より早く復帰することになりました(たぶん後半早々~60、70分程度からの出場予定だったと思われる)が、こんな形で出て来てもびみょうな気分になってしまいましたよぅ。

110115_robben

それでもロッベンらしいドルブル突破やずりずりカットインや魔球シュートなんぞも見られたのですが、いまひとつ迫力不足。いかんせん警戒されまくりで、常時3~4人に囲まれてしまい、そしてバイエルンの方もそんなロッベンにオマカセしている感じでフォローが薄いように見えました。
復帰戦としてはじゅうぶん及第点だったと思いますが、際どい試合の中では、どうしても即効を期待してしまいました。

それはそれとして

110115_muellergomez2_2

えらく落ち着きのない心臓に悪い試合でした。特に前半。

クラフトからのロングフィードをヴォルフスブルクGKベナーリオがクリアミス、ミュラーに当たってゴールインという、おもしろゴールでバイエルンが先制。

プラニッチがPA内で倒されPKをゲット!ラームが蹴る!しかーし!これがポストに当たってゴールならず!(>_<)
リベリの負傷と共に、バイエルンを動揺させ慌てさせ、この後の試合の流れを決めてしまったプレーでしたが、仕方ないですね。そんなこともあるさ。

ジエゴのFKがゴールになった?と思ったらシセロのオフサイドで命拾い。

かと思ったらバイエルンも、バトシュトゥバーのファウルでPK献上!しかし!クラフト止めた!!!(伸ばした手にたまたま当たっただけ、と言ってはいけない)

110115_kraft3

と、前半だけでドラマティックなハイライトがてんこ盛りで、最後尾デンジャラスフレッシュトリオを筆頭にみんなして、やる気まんまんの超アグレッシブ狼軍団相手に、わたわたバタバタsweat01、見てるこっちにまで緊張感が伝わって来て膝がガクガク(本当)。寿命が縮んだ。

後半はいくらか落ち着いたものの、今度はヴォルフスブルクのプレッシャーと堅い守備に追加点を上げそこね、逆に、86分に同点ゴールを許してしまいました。
かなり必死の綱渡り守備でしたので、この時間までもったのが不思議なぐらいでしたが、しかし、もうちょっとのガマンだったと思うと、非常にざんねんでした。

むざむざと痛恨の引き分けを喫してしまったわけですが、不思議と、あんまり怒り狂ったり絶望したりしていない自分がいます。
バイエルンのみんなが必死に、やることをやろうとしているのが伝わったから。ファン・ボメルのパフォーマンスもまあまあだったから。70分あたりでグスタヴォに替えられるんじゃないかと予想していたのですが、90分プレーできたから。

110115_bommel3
ゴメンね、そんなに悔しがっているのに(苦笑)

でもアレだ!あのシュートはワタシも心底悔しかった!プラニッチミュラーとキレイにつないだところから爆裂弾丸ボメボメシュート!!!「もらったあ~!今季初ゴール!(≧∀≦)」とリアルで叫んだのに、相手選手にクリアされてしまい…
「クリアするなアホ!」と理不尽な叫びを上げてしまいました(^∀^;)

110115_bommel2 おなかサービスheart01heart04

110115_kraft2

クラフトはとても良かったです。神セーブ、とまでは言えなくても、ファインセーブ連発!
ヴォルフスブルクサポからのイジワルなブーイングはすごかったし、試合内容もとんでもないもので、本人も安定盤石とは言えなかったですが、だからこそ、ここを乗り切れば、かなり心臓が鍛えられる、今後の成長のためには良いプレッシャーだと思って見てました。
そしてそうなった。勝てなかったけれど、失点に彼の責任はないと思いますし。

110115

本日のゴメスシュヴァインシュタイガーはとてもよろしくなかったです。ゴメスはまたトンネル逆戻りか?
シュヴァインシュタイガーは何か他のこと考えてたのでしょうか。全体的にボンヤリしててミスが多く、チームの勢いをそいでしまってるように感じました。

グスタヴォは途中からバイエルンデビューとなりましたが、いやぁ、いい選手ですね。速いし的確だし、一人でなんでも出来ちゃうので、ファン・ボメルもティモシュクもオットルも、要らんコになりはしないか(汗)と恐々としてしまいました。
バイエルンのためには良いことだけど、ワタシ的には困ったわ……(汗)
ティモシュクと交代で入りましたが、ファン・ボメルとのコンビはうまくいってないように見えました。まあ、これから詰めて行けば。これから、があればの話ですが(自虐)。

あ、あと、ミュラーがキレキレで良かったです(^∀^)
ひとりひとり感想言ってたらきりないね。以上にします。
う~ん、やっぱり長くなったなぁ。日々精進(←てきとう)。

ともあれ、シュツットガルトマインツ相手に大金星を上げ、昨日はレヴァークーゼンも負けたので、首位ドルトムントの独走は許し、またポイント差は開いてしまいましたが、一応バイエルンは5位は守りました。2位とのポイントもわずかです☆
もっとも、明日の試合いかんによっては、4ポイントに広がるかも知れません。

内容も結果も、もっと厳しく評価しなくてはならないのでしょうが、甘甘なことでゴメンナサイ(^_^;)残り少ないファン・ボメルのバイエルンでの試合をイヤな思い出にしたくないと思っているのです。どんだけボメバカなんだ自分…

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/01/15

改めまして:ブンデスリーガ、再開!

だから香川がいなくたってだいじょぶだって言ったジャ~ン?(^∀^;)なんてこったい。
レヴァークーゼンの失点は3点とも、DFのミス&ミス的なものでした。マヌエル(フリードリッヒ)が何度もカメラに抜かれて痛々しかったです。

さて

(後で修正を加えるかもしれませんが)
110115_goddes900j

「あなたが落としたのは、金のコップですか、それとも銀のお皿ですか」
「いいえ、ただの勝ち点3です」
「あなたは正直な人です。ご褒美に、大きな取っ手が付いたカップもサービスして、全部あなたにあげましょう」

・・・・・・ってなことにならんかな!

ボメルがなんかうつむいてる~!sweat01何かを象徴しているみたいでイヤーん、とお嘆きのボメラーの皆さん、ご安心ください。落ち込んだり悩んだりしている姿ではなく、試合前に気合を入れてパンツのヒモを締め直しているところなのです。作者が言うんだから間違いありません。

それはさておき、いよいよ今晩、我がバイエルンもブンデスリーガ後半戦が始まります。
移籍が噂されているヴォルフスブルクとの対戦なので、さぞやファン・ボメルがカメラにいっぱい映るに違いないよ!わ~い(ヤケ)

ファン・ボメルの移籍ポーカーネタは、ここにきてインテルやシャルケの名前も聞かれるようになり、市場の締め切りが近付くにつれてますます混迷を深めております。
ドイツやオランダから記事を拾うだけはマメに拾ってはいるのですが、何せ↑上のイラストを描きながらですし、読んで訳して理解して紹介するまでにはとてもとても至りません。
ここでファンボメル移籍ネタレポを期待している方もひょっとしたらいらっさるかも知れませんが、さすがに限界です。ごめんなさい。

せめてロッベンがマルク行っちゃイヤン、と言っているBild記事へのリンクだけ貼っておきます。こちら
このBildでのコメントについては、ゴルコムにも少し出てましたが、これに加えて、「若い選手を中心にチームを編成することも大事だけれど、経験ある選手とバランスをとる必要もある」というようなことを言ってくれてます。
W杯で大躍進したドイツ代表でしたが、ただ若さゆえの勢いばかりじゃなく、クローゼなどのベテラン選手とのバランスがうまくとれていたのが良かったよね、と、いう評価でしたよね。…いえ、だから何、という話ではありません。言ってみただけです(弱気)。

と、冬休み中ボメルネタを追うあまり、バイエルン自体のチーム状況について把握する時間がなくなってしまったのも不本意なことでした(-_-)

オリッチのインタビューがtzにアプされてました。アメリカに行っていたようで、膝を固定していたギプス(?)が取れてうれしそうです。
日本語に自動翻訳したものをざっと流し見ただけですが、怪我をしてから今までのことを、地獄のようだった、よく眠れなくて、うつになるんじゃないかと心配だったけど、子供の存在が救いになったよ、とか、涙なしでは読めない、苦しかった日々を語ってくれています。
我々ファンはついつい気軽に、がんばれ、とか言っちゃいますけど、本人にはツラいことなのよね、と思いました。でも、その苦しさを乗り越えて戻って来て欲しいから、やっぱり、がんばれ、て言っちゃうんだよなぁ…すまん。

冬休み最大の衝撃と言えば、GK交代問題ですが、カーンも快く思ってないようですね(Bild)。

ワタシはブットが好きで信頼しているので、やるせない気持ちがとても大きいのですが、無理やり私情をハラに押し込めて考えた場合、クラフトに今から正GKを任せようというファン・ハールの気持ちもわからなくはないのです。
以下ドシロートのとんちんかんな想像100%ですので、てきとうに流し見てください。

問題は今シーズンでクラフトの契約が切れること、そして、彼が野心あるGKで「来シーズン、ノイアーが来るんなら(=正GKになれないんなら)もう移籍してやるぜ!」という意思を明確にしていること、なのだと思っています。
若手を育てたい、クラフトの能力を買っている立場のファン・ハールとしては、移籍を食い止めるためには、無理をしてでも、今から、信頼を証明する必要があったのではないかと思います。もし思惑外れて、クラフトがダメダメだったとしても、今ならブットが控えていますし。(ブットも今シーズン末で契約切れ)

ただやはり、独断で決めたのはいただけません。せめてネルリンガーSDに相談するべきだったでしょう。
まあ、うっかり相談なんかしたら、是が非にでもノイアーを買い付けたい上層部から猛反対を食らって頓挫するのは目に見えていたのでしょうが…。結局モメたんだから同じことである。
まあいちおう、上層部とは懇談会を開いて、この話は(表面上は)解決済みらしいです。やれやれまあ。
関係ないけど、カーン最後の年にファン・ハールが監督にならなくて良かったゼ…と、こっそりつぶやいてみる(悪)

ともあれ、こうなったからには、クラフトには、信頼に応えるだけの活躍を期待したいと思います。
みんな(ワタシも含め)、レンジングの二の舞になるのではないかと心配しているようですが、彼は彼、俺は俺、というところを見せて欲しいものです。そうでなくちゃならない。
ワタシにとってカーンの言うことはいつでも絶対だけれど、そんなカーンをぎゃふんと言わせてくれちゃってもエエんやで。でないとブットが浮かばれないじゃないのさ…

と、涙をのんで新しい守護神にエールを送ったところで。
(よくよく考えたら、守りの要であるCB&GKが、バトシュトゥバー&ブレーノ&クラフトというフレッシュトリオということで、非常にデンジャラス、い、いや、心配ではあります汗)
まもなく試合です。

blogの方もちょっとだけマイナーチェンジ、というか、試合レポの書き方を少し変えたいと思います。
どうも、サッカー的にああだったこうだった、という話は、毎度毎度、的外れもいいところだし、かと言って「○○分にこんなことが」と、ダラダラ語るのも、時間ばかりかかって日常生活に支障をきたすので、もう少しコンパクトにしとう存じます。

とりあえず、試合内容に関しては、今まで「速報」や「短信」で書いていたようなかんたん感想文のみにして、フォーメーション図とらくがきは、TV放送を見てからアプする形にします。タイトルはどうするかなぁ。
まあ、自分に時間的余裕があって、思わず語りたくなるほどの感動的な試合に関しては、この限りではありませんが…。そんな試合が沢山で、嬉しい悲鳴をあげられたらいいなあ、と思ったりもします。

ヴォルフスブルクは、ジェコマンチェスターCに行ってしまい、彼に代わるFWの補強が出来ていない状態ですが、それに対するバイエルンの油断が逆に恐いです。
あと、どうやら、アルネ(フリードリッヒ)が長い長い故障離脱からようやく復帰する見込みです。楽しみだな~(^ー^)
いやいや。でもウチも、復帰のロッベンがさっそくゴールさせてもらいますからね!ゴメン!(言うだけタダ)
あとはアレだ、とにかく愛しのファン・ボメルが。本当に。しっかりサッカーに集中できますように。アンタの仕事はポーカーじゃない、サッカーすることなんだから。ちゃんとやらないと、移籍先から安く買い叩かれちゃうぞ。
って励ますのもちょっと疲れたなぁ。いい選手なのはもう今さら言うまでもないよね、という状況に早くなってくれい。
キャプテンシーやメンタリティがファン・ボメルの最大の魅力ではあるけれど、プレーだって一流なんだってこと、教えてよ。アタシゃまだまだ、アンタが欧州レベルの一流選手だと信じてるんだからねん。
[追記]てゆーか、それ以前に、90分プレーさせてもらえますように…(-人-)(汗)

結局長くなっちゃった。
いざ!!

ドラえもんファンに贈るおまけ
「あなたが落としたのはこれですか。」
「いえ、もっとアグレッシブなの。」
「正直のごほうびに、きれいなファンボメルをあげましょう。」

110115_kireinabommelj

コリアンダー「ヤダー、マジでいらん!sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブンデスリーガ、再開!なのに

未だに羽子板選手権…(独り言)

とりあえず、この後さっそく注目の一戦が。レヴァークーゼン対ドルトムントです。
香川がアジアカップ参戦中、ということでジダンが復帰するそうで、それはそれでちょっとなつかし楽しみな面もありますが。香川いなくても問題なさそうな気もしますが。いやいや。

がんばれ!レヴァークーゼン!

やっぱそこはねぇ。

いやぁ面目ないです。申し訳ないです。ブンデス再開に間に合わせようと、いっしょけんめいトップ画像を描いていたのですが、「ファンボメルがミランに行くらしいですぜ」「いやPSVだ」「マルク行っちゃイヤンfromロッベン」「カーンのインタビュー」とか、どうにも素通りできないニュースが続々で、結局、イラストもネットもどっちつかずな状態になってしまいました。スミマセン!らくがきは明日には必ず!

ファン・ボメルに関しては、今のところミラン移籍が最有力っぽい流れですが、詳しく追従する気力がありません。

とりあえず、日本語ニュースのこちらについて気になった点だけ

V・ボメル、PSVやミランからの関心を認める(Goal.com)より

でも、今か次の夏にきっと移籍するだろう。

・・・・・・。いやいやいや。なんじゃそりゃ。
元ネタはオランダ語版のこちらと思いますが、ちょっと誤訳の気もします。
とはいえ、当方オランダ語なんてサッパリわからないので、そうとも言い切れないのがつらいところでして。

だが。
言葉はわからなくても、ファンボメルの気持ちはわかる!
ヤツは自分から「きっと移籍するだろう」とか「移籍したい」などとは絶対に言わないはずです。あえて汲み取るとすれば「移籍の可能性もある」程度だと思います。
いつどんな形でチームを去ることになったとしても、彼は、最後の日までバイエルンのために全てを尽くすはず、どうか僕らのキャプテンを信じてあげて、というのは、先日お願いした通りです。

このゴルコム・オランダ版の記事には「バイエルンにもっと長く残る可能性だってある。そのことはルンメニゲと確認した」とも読める一文もあるのですが、日本語版ではバッサリカットです。
あと、現在の代理人ライオラには満足している、とか、別のメディアの記事ですが、前々日ぐらいに同じラジオ番組でロッベンが「マルクは僕らにとって重要なんだ。こんな選手を行かせてしまうなんて考えられない。彼は今シーズンだけじゃなく、来シーズンも僕たちの助けとなるだろう」と言ったことに対して「チームメイトからそういう言葉をもらうのはうれしいね」とも言ったそうです。

この、ラジオ番組でのファン・ボメルのコメントを取り上げた記事は沢山出てますが、見出しが(オランダ&ドイツ)メディアによってばらばらです。
日本と同じように「ファン・ボメルは出て行くつもりだ」というものもあるし、「ミランと交渉なう」とか「PSV復帰を考え中」「バイエルンに残りたいみたい」「イングランドに行くのかな」とか、もういろいろ。

ちなみに、オランダでは、たくさんあったらしいオファーの中でいくつか断ったクラブのひとつとして、アストン・ヴィラの名前が上がっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/13

無効票の実際

日本人選手にロックオンし始めたとか、正GKがクラフトに決定?、というのがいよいよ公式発表されたとか、後期開幕を目前に控え、バイエルン周辺がますます騒然としておりますが、空気を読まずにファン・ボメルネタです。意味はないけれどなんとなく名前に「・」を入れてみるんだぜ。

ファン・ボメルに関しては、ACミランに行きそうだ、移籍金は300万(安…)とか、バイエルンでのレギュラーポジションはムニャムニャ、とか、スッキリしないネタばかりが続きます。
とりあえずそこは面白くないのでスルーして、どうでもいいようなどうでもよくないような、FIFAバロンドールでの「無効票」ネタの続きです。(「無効票」って何?と思った方は、ひとつ前のlogの「続き」を見てね)

「わざとスナイデルとかの名前を書いて、FIFAに対して抗議の意を表したのでは!?」「自分の名前を二つ書いたんじゃねぇーの(^皿^)」「往年のオランダのスター選手だったりして」と、マスコミが面白おかしく憶測を飛ばしていたところ、本人があっさりと打ち明けました。
やはりスナイデルロッベンだったそうです。監督賞の3番目はわかりませんが、ファン・マルヴァイクだったと思われます(1位じゃないの?(^_^;))。
ファン・マルヴァイク監督も選手賞の1位が無効票だったわけですが、彼もスナイデルに投票したそうです。

110110_bommelj

そしてそれは陰謀とか抗議とかそんなおおげさな理由ではなく、ただ単に、「自国の選手に投票してはならない」という決まりを知らなかった為のうっかりミスだった、ということのようです。Bildは冷たく「バッカじゃねぇーの」と(^_^;)
まあ確かに、普通ならちょっとは考えるでしょ、気が付けよ、と思いますけどねぇ。

ファン・マルヴァイクのリアクション「無効票?(゚0゚) なんてこった!」
「私は本当に、同国人に投票してはいけない、と言われていなかったんだ。私は単に、スナイデルが2010年のベストだと思っただけだ。メッシや、自分が投票したシャヴィよりも上だと。いや、お知らせはなかったよ。投票してはいけないなんて思いもしなかった」

そしてあくまでアグレッシブなファン・ボメルの言うことには「仲間に投票してはいけない、というのは本当に初耳なんだ」「俺は入力フォームを受け取って、ちゃんと記入しただけだ。だけどもしそのことを知っていたとしても、きっと同じ投票をしただろうね。だってそうだろ、もしこれが“世界で最高のフットボーラー”だったら、向こう10年はリオネル・メッシに投票し続けられるだろう。間違いない。だけどあれは“世界最優秀フットボーラー2010”だった。去年のいろんなトーナメントや大会を振り返れば、スナイデルとロッベンが飛躍した年だった」

(以上こちらから。辞書を持ってないオランダ語の記事ですので、超おおざっぱ意訳です)

なんかちょっと、気まずくて屁理屈&意地が入ってる気がしないでもないです(^_^;)
この「もし決まりを知っていたとしても・・・」のくだりでもって、「ファン・ボメルは投票を後悔していない!」「また無効票を入れるであろう」とか、いろんな見出しが付いてますトホホ。
気持ちはわかりますが、ファンの心臓に悪いので、ピッチ外であんまり無茶しないでくだされ~

ちなみにこちらには、関係者らしき人のコメントが出ておりまして、ファン・マルヴァイクとファン・ボメルは11月16日には投票の提出を終えており、FIFAにはミスを指摘する時間はたっぷりあったのに、と言ってるように読めるのですが、ちょっとはっきりわかりません。

Dsc07366
「去年いちばん印象に残ってるのは、キレイな奥さんと結婚できたことですheart」と言うコメントがなかなかナイスでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/11

おめでとう!ハミト!

FIFAバロンドールでしたよっと。あ~こりゃこりゃ

Dsc07364

110110_fifa
ベストイレブンといっしょにちゃっかり写真に収まるプレゼンター・ファンバステン

ベストイレブン11人のうち6人がバルセロナ、3人がインテル、2人がレアル。スペイン代表が6人。モウリーニョ枠(レアル&インテル)が5人。ほー、それはそれは(棒読み)。
ルシオには、良かったねえ、と素直に思いますが、しかし、彼がバイエルンにいたらこのような栄光にはあずかれなかったわけで(断言)、そう思うとめちゃくちゃ複雑な思いがいたします。

ということで、まったくさっぱり興味がなかったFIFAバロンドールでありますが。

そんな中、スペインともモウリーニョともW杯とも一切関係ない彼が、ある賞に輝いたのです!もうご存じね。

我らのハミト・アルティントップクスカシュ賞(年間ベストゴール賞)を受賞です!!!おめでとう~!!!\(^∀^)/

9月3日のEURO予選・カザフスタン戦での爆裂ダイレクトミドルです。
クスカシュ賞、というのは、FIFA最優秀選手賞とバロンドールが統合した今年に初めて創設された賞で、FIFA.comのユーザー投票によって決まります。
その栄えある第一回に我らのハミトが選ばれたのです。


【訂正】大変失礼いたしました。公式を見て冷汗かいてしまいましたが、クスカシュ賞は昨年からでした。栄えある第1回目は、アノCロナウドでした。申し訳ありません。この佳き日に免じて(?)オユルシを~ m(__)msweat01

いやぁ、嬉し喜ばしいですね(^ー^)。バイエルンの選手としての受賞じゃないのがちょっぴりざんねんですが、気にしない気にしないsweat01

バイエルンとしてはロッベンがノミネートされていたですが…
Dsc07353

Dsc07354
発表の瞬間、「うそーん?」と目を丸くして素で驚いています。カワエエ~heart

さらにこんなドッキリまで
Dsc07355
プレゼンターはなんと、そのゴールをハミトに決められたカザフスタン代表のGK!またまた素でびっくりするハミトであります(^∀^)

Dsc07356
「もうあんなすごいの決めないでよね♪」と言われたようです。

Dsc07357
イケメンスーツをビシッと着こなし、堂々とスピーチしております(但し大したことは言ってない)。
FCB.tvなどではいつも、「んとんと、えとえと」とあたふたした感じでしゃべってる印象ですが、この時は落ち着いててカッコよかったですheart同時通訳の音声がかぶさっててよくわからなかったのですが、ドイツ語だったような。

以下雑感

続きを読む "おめでとう!ハミト!"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011/01/10

香水と動物園と僕たち

さてさて
カタール合宿での練習試合はぶじにバイエルンが勝利しましたね。当たり前か…。まあ、勝敗が大事ではありませんが。もうちょっと得点してしかるべきだった気もします。

110108_bayern
前列の連中の悪そうなニヤリ笑顔がなんともいい味出してます(ポチしたら少し大きくなりますのでcheckしてみよー)

110108_miro
悪そうなミロ

110108_fcbtv1
ファウルで乗り上げてしまった相手選手をおんぶするリベリ(爆笑)

110108_robben
ロッベン復帰!(^∀^)

110108_gustavo
グスタヴォデビュー!

前述の通り試合は見れなかったのですが、一夜明けて試合レポを見て、
キャー!ダニエルがゴール決めてる!(≧▽≦)
110108_fcbtv2

バイエルンサポの皆さ~ん、ブイブイして…
と言いかけたのですが、ハイライトを見たら相変わらず守備面でハラホロヒレハレなシーンが映ったので、…やっぱやめとこ、と、開きかけたクチを閉じたものであります。

と、試合レビューもそこそこに。
緊急企画です!試合の翌日、Bild日曜版に掲載されたリベリ&ファンブイテンのラブラブ・ドッペルインタビュ~~!!!heart01heart04

写真からしてラブラブなんだから、これはもう読まなければなるまいよ!

110109_bild

ヒーイーーーー!かわいすぎてモエ倒!!ばたーん

期待にたがわず、「動物園でデート(違)してるんだheart」とか「クリスマスにはパフュームをプレゼントしたのheart」とか、二人のラブラブっぷりが全開の、すばらしいインタビューです。
いや、腐れモエ~目線はさておいても、ファンブイテンがだいぶ元気になったようなのが嬉しいのです。

いつも通りのデタラメおおざっぱ妄想作文です。細かいところは違ってるかも知れませんし、どうしてもわからない文章ひとつふたつをはしょったりしましたが、大筋での意味は合ってるはず…たぶん…

では、いってみよー

続きを読む "香水と動物園と僕たち"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

ドイツのハイカラキーパー

「ばんっ!」
110107_fcbtv2
わっsweat01

毎日毎日、ファンボメルのニュースばかりあさってネットを徘徊しておりますが、昨日今日はこれと言って目新しい動きはないようです。
ヴォルフスブルクから2013年までの契約オファーを提示されていたらしいですぜ、とBildが書いていましたが、その数字自体は年末ぐらいに聞いたことがありますし。
このBildの記事を元に、「ファンボメルはヴォルフスブルクとすでに交渉済み?!」と書いたオランダメディアもありましたが、それは勇み足と思われます。

いや、実際ファンボメル自身は何も動いてないんですけどね。冷静に考えたら、騒いでるのは周りばかりです。
本人は鋭意トレーニングに精を出している…はず…。

110106_schweini_2
シュヴァインシュタイガーも「僕たちはマルクのクオリティを知っている。経験豊富な彼はCLを勝ち抜くのに必要なんだ。残って欲しいと思ってるよ」
と言ったとか(エエ子や…confident)、ネルリンガーやファンハールは相変わらずはっきりしない物言いである、とか、まあ、大したことないですね。ちょっと食傷気味で疲れてきましたよ。

110106_16

ファンボメルネタに集中するあまり、カリカリピリピリしてしまっておりましたが、サッカーはチームスポーツなのでした。
チーム一丸となってリーガ後半戦に向けて、頑張らなければいけないのだ。ワタシの選手個人に対する気持ちはともかくとして、もっと愛情込めて、みんなのことを応援しなくては・・・

110104_hamit
「俺がお手本だよ!」

そんなバイエルンのドーハキャンプもはや、明日(9日)が最終日。トレーニングの仕上げとして現在、地元のクラブチームと練習試合が行われ、FCB.tvで中継中…のはずですが、
予想通り見れません。(-△-) ちっっ
あきらめてblog更新作業を続けます。

110107_fcbtv4
シュテッフェさんちょっと肥えた?

何やら、ファンハールが正GKをクラフトに決めたらしいですぜ!というので、Bildはじめドイツマスコミが騒然としております。
110106_buttkraft3

ファンハールが具体的にそう宣言したのか、トレーニングの様子を見て周りが判断したのか、はっきりわかってません(情報収集をサボってるから)。
この騒ぎっぷりからすると休み明けにはや交代するつもりなのか、どうか、ノイアー獲得話はどうなるのか、ブットはまだまだ現役でやれるコンディションなのに何故、とか、思うことは沢山ありますが、ちゃんと理解していない以上はあまり言えないわな。

110107_fcbtv3
「僕もGKなんですけど~」

誰だ?トレーニング写真にちょこちょこ写ってるので気になっていた、オットルでもないバトシュトゥバーでもない、ぱつきんのスラリとした彼です。↑上に貼ったハミト&Co.の写真にも、コンテントの後ろにいます。ザッテルマイアーではなさそうだが…
(追記:アマチュアチームのリードミュラー?と思われます)

このGK問題については、我らのカーンもコメントを寄せてらっさいます。(SPOXtzBild
ファンハールの決定にどう考えているのか、ちょっと細かいところはわかりませんが、この3メディアに共通してるのは、クラフトについては高く評価しているらしい、ということです。tzでは恩師ゼップ・マイアーに似てる、とまで。

マジメな話終了。以下アホネタです。

続きを読む "ドイツのハイカラキーパー"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011/01/08

トーニ、ユヴェントスへ

松の内も過ぎたと言うのに、いつまで羽子板選手権やってるんだ自分…。
ま、まあ、15日までお正月、という説もありますのでひとつここはゴニョゴニョ(^∀^;)

次に書くアホ記事とまとめようと思っていたのですが、うまくつなげられないので分けます。

ルカ・トーニユヴェントスに電撃移籍です。

110107_toni_2

いやびっくりした。移籍の噂があるのはモヤモヤっと知っておりましたが、確かユヴェントスじゃなかったような…(オボロ)。
昨日いきなり発表があったので何事かと思ったら、そういうことだったのですね。

ユベントス、クアリャレッラの長期離脱を受けジェノアのトーニを緊急獲得 (スポナビ)

背番号は20番。「9番や30番が空いてなかったんだ。でもこの番号も気に入ってるよ」(←多分)だそうです。
夢のビッグクラブからのオファーに、二つ返事でOKしたっぽいですね。次節はナポリ戦だそうですが、いきなりソサとの対戦になるのでしょうか。
トーニとソサと言えば、ワタシ的にはあの「ヘタフェの奇跡」なのですが…(略) 

もう未練は殆ど残ってないのですが、でもやっぱり、トーニがいなくて寂しいです。
本人はさっさとバイエルンでの月日を忘れているかも知れませんが、バイエルンファンやチームメイトとはいい関係であって欲しいな、と思います。リベリとは仲良しだったんですよね。

やっぱりトーニにはガンガンゴールを量産して欲しいよ。がむばれ~(^∀^)/

ところであの面白いカノジョとの結婚話はどーなった?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/07

ドーハのファンボメル

110105_daniel

・・・・・・・・!!!!!!!!heart01heart02heart04

モヱモヱナンバーワン!!!!!!

ななななななななななんですかそそそそそそその犯罪的なかわゆさは!!!反則だ!
アタアタアタシゃアナタのその人差し指に生まれ変わりたひ(ヤメレ)
もう辛抱たまらん、けーたいの壁紙にしちゃうぞ!

ちょっと前までこっちを壁紙にしようかと目論んでいたのだが↓

110103_29

イケメンナンバーワン(反論無用)。カッコよすぎて腰が抜けた…heart01

さて

110105_riberyhamit
リベリとハミトがいちゃいちゃしてまっせ、とか

110104_bastian
下品なジェスチャーしてどうしたの、とか

110105_robben3
ロッベンのハムはまだ要注意なのかしら、とか

個人的にその意気込みがちょっとうれしい、クローゼが「ゴメスに挑戦だ!俺はナンバーワンストライカーになりたいんだぜ。バイエルンが交渉第一候補だけど、海外移籍もイイね」とアグレッシブに語ったとか、
楽しそうなバイエルンのドーハ通信はいろいろあがっているのですが。
正月ボケでボケっとしている間に、ファンボメルネタがたまってしまいました。

1月2日

出発時に、まだこの冬の移籍の可能性があることをほのめかしたかに見えたファンボメルですが、その一方でこんなコメントも
V・ボメル:「残留は99%確実」(Goal.com)
Van Bommel: Das Ende der Wechselgerüchte(tz)
Mark van Bommel: "Stolzer Kapitän"(tz)
など多数

「代理人は、俺は99%残留すると言った。彼の言葉は俺の言葉だ。だが移籍市場は1月31日まで開いている」「俺がトレーニングキャンプに行くってことは(チームに)残るってことよ」

このコメントを根拠に、今度は「ファンボメルはこの冬は99%残留らしいですぜ」という流れになりました。

ただ、「7~8のトップチーム、たとえばレアル・マドリーみたいなクラブからもオファーが来てるのよん」という(ちょっと自慢げ?)コメントもあります。

1月4日

110104_gustavo
手足が細くてびっくりした

1月3日夜、グスタヴォがチームに合流。そして翌日からトレーニングに参加。
上にリンクを貼ったtzの記事には、グスタヴォについて「何か問題ある?彼が来るのはいいことだよ」というファンボメルの歓迎コメントも載っていましたが。

ファンボメルとの対面について
Van Bommel reichte Luiz Gustavo die Hand(tz)
(tzばっかり。ニュースソースが乏しいことでスミマセン(^^ゞ)

「マルクは僕に手を差し出してきたんだ。僕たちはスペイン語でおしゃべりしたりして、楽しい時を過ごしたよ」と、さっそくキャプテンシーある対応をしたことを打ち明けてくれてます(^^)

ブラジル人であるグスタヴォのスペイン語がどの程度のものかはわかりませんが、ファンボメルは、かつて「俺はスペイン語がヘタなんだよ」とこぼしていたことがありました。
この二人がお互いのヘタヘタスペイン語につっこみを入れながら、ギャハハーと楽しそうにふざけている様子を想像して、ほっこりした次第であります。

1月5日

おそらく皆さまが、コリアンダーの反応を気にしてくださっているに違いない、あのウリ発言・・・

バイエルン:「ファン・ボメルとの契約延長はない」(Goal.com)

このゴルコムにはBildとありますが、元ネタはたぶんSportBildのインタビュー記事だと思います。

110106_sportbild_2

「彼との契約は延長しない。すべては彼の年齢(33)によるものだ。我々はチームを若返らせたいと思っている。若手により可能性を与えなければいけないんだ。それが我々のやるべきことだよ。ただ、彼がシーズン終了までここに残ることを願っている」

おおむねこの通りだと思いますが、ちょっとだけ補足するなら「フィリップ・ラームとバスティアン・シュヴァインシュタイガーとの契約を延長してファンボメルとはしないのか、という比較は愚かしいことだ。サッカーにおいて、26歳と33歳との間には動かしがたい違いがある」とか、なんとか。

・・・・・・・・・・・・・・。

ええと。以下、見苦しいのでたたみます。この問題が気になっているボメラー以外の方はスルー推奨です。

続きを読む "ドーハのファンボメル"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/04

ドーハはどー?

冷静に対応しよう、と言いつつも、ファンボメルがミランに移籍間近か?なんてニュースが出てしまって、さすがにこれには「ええーーっっ?!」と、ヨロリとかしいでしまった管理人コリアンダーです。
ネタ元はイタリアのなんとかというメディアらしいのですが、確認しに行った時点では、サイトの方にはまだ出てませんでした。もう出てるかな。

ファンボメル移籍ネタはちょっとさておかせていただいて、とりあえず、バイエルンのドーハ通信です。写真や動画がいろいろ上がってますよ~

ついに正式決定!
110103_fcb
・・・「グスタ」?
(ブラーフハイトとの描き分けがむずかしそう…←独り言)

このグスタヴォの移籍をめぐって、ホッフェンハイムのラングニック監督が辞任したというニュースがようやく日本語でも出ましたが、結局バイエルンが強奪したせいでこうなってしまったようで、なんだか気まずいです。
まあ、バイエルンが国内から有力選手を強奪して恨みを買うのは今に始まったことではないのですが…やっぱりねぇ…申し訳ないsweat01

110103_12
昨日の敵は今日の友!「グスタヴォにポジションは渡さないぜ!なあティモ!」「そうよね、マルク!」(うそ)(うそ)

いやいや。グスタヴォとファンボメルの移籍問題が表裏一体みたいなドイツメディアの流れですが、ワタシ的には、おそらくグスタヴォは当面は左SBかCBか、DFとして使うつもりなんじゃないかと思いますが。違うかね。
なので最重要懸念事項である、守備面の強化として、バイエルンは良い補強をしたと歓迎するものですが…ただ、グスタヴォ一人で万事解決、みたいに期待しすぎない方がいいとは思います。ファンハールが嫌いらしい(byルカトーニ)南米人だし。

ちなみに、Bildにルンメニゲのインタビューが掲載されてましたが、噂のベインスは少なくともこの冬は買わなそうな感じです。あと、FWも、「ゴメスを信頼している」と。

順番が前後してしまいましたが、ミュンヘンを出発する御一行様
110103_fcbtv4
リベリの後をいそいそとついて歩くファンブイテンも、まずまず元気そうでよかったです。
リベリが大変な時期にはファンブイテンが励まし傍にいてくれたのであろうから、今度はリベリがお返しをしなくてはなるまいよ。

110103_fcbtv3
FCB.tv的にも渦中の人らしい?それともキャプテンとしてグスタヴォについて語っています、という切り口なのか、何せヒアリングがさつぱり(トホホ)

110102_buttklose
ホテルに着いてふ~やれやれ、とひと息?去就の気になるおっさんベテラン二人。shine
クローゼはレアルがなんとやら、と、いう記事が出てましたが…。本当だとしたら、すごくいい話だと思います。バイエルンファンとしてはもちろん悲しいことだけれど、ミロには幸せになって欲しいの…。ただせっかくレアルに言ってもベンチじゃ意味ないしなぁ。2012EURO、ひいては2014W杯にもエースとして出場することを目指してほしいから。ナッシングイズインパッシボー!

110102_bayern2
すぐさまトレーニング。全員整列!ロッベンが普通にチームの中にいることが感慨深いです。

110102_robben3_2
「はいどーもー♪」

110102_danielribery2_2
OK!!!heart04(←何がよ)

昨日(3日)の写真もいっぱい出てました
110103_23

110103_bommelgaal

110103_mueller
レシーブ!(見たことないボールだ…。どこのメーカー?)

110103_schweinsteiger
熱さまシート?とゆうか、20年前のアイドルのような…

110103_hamitgomez2
珍しい組み合わせだと思ったら、二人とも怪我中ということで、別メニューだったみたいですね。

110103_lahm

ラームとミュラーの記者会見が行われたようですが、二人ともカタールの暑さについて少々苦言を、特にラームは「2022年の夏にここでW杯が開催されるのはちょっと想像できない」と言ったとか。
ベッケンバウアーが「カタールW杯は冬に開催したらどうか」と言ったらしいですが、ワタシ的には賛成です。ホントはカタールじゃなく、もっと気候のいいところでやるべきだと思いますが、決まったもんはしょうがないしぶつくさ。

きりがないので今回はこのへんで。
と、モタモタ書いている間に彼も合流です。

110103_gustavo
背番号は30番に決まったみたい。

おまけ
110103_micho
アルヘンユニと似てるから違和感が少ないとは言え、やっぱりしょんぼり(;_;)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/01/03

何がファンボメルに起こったか?

1月はロッベンで~すflair
Dsc07337

年が明けて早速めくって見て「おぉご来光が!shineこいつは春から縁起がええわいfuji」と、本気で思ってしまいましたゴメン(^∀^;)
それにしても、アリエンたんもかなりモエーではありますが(と思うのはワタシだけか…)、右横に写っているラムたんの腕(←確信)のカワエエこと!いくらヒゲを伸ばして見せたり男前なプレーをしたりしても、やっぱり天性のモエ~はごまかせないのですモエ!

さて

バイエルン御一行様のカタール行き出発フォトがアプされてましたよ
110102_ottllahm_3
ラームの手元をのぞきこむオットルに妙にほのぼの

110102_danielribery_2
ほっ・・・

110102_vangaal
チビッコを見つめるHörwickさんの優しげなまなざしがステキです。

110102_bommel
グスタヴォの移籍が決まり、未だ渦中の人。

で、その渦中の人ですが、調子に乗ってこんなコメントを~~

バイエルンに残るかどうかは断言できない。移籍市場は1月31日まで開いてるんだ。クラブと選手にとってにぎやかな時期だね。沢山のオファーが来て、いくつか断ったものもある。カタールでは携帯はずっとオンだよ」「まずはトレーニングキャンプに行くよ。そして様子を見よう」
グスタヴォのことも歓迎
「彼が来ることをうれしく思うよ。彼は戦力になる」

二転三転。な~~んやそれ~~~(-△-;)んもーーーっっ

興味深いオファーが沢山きて、誇らしく思っているそうですが。
そりゃーね、好きな人の気を引くために、他にも自分に気がある男はいるのよ、と見せかけるのはよくある手段ではありますが。
アンタにそんなポーカーは似合わないよー。
ホントはバイエルンのことが好きなくせにっ!よそに行く気なんかぜーんぜんないくせにっ!バイエルンに「あっそーですか、どうぞどうぞさいなら」って言われたら泣いちゃうくせにっ!バカーっ

はっ∑(゚∀゚)

スミマセン、本人でもないくせにわかったようなことを言ってしまいました。
ついこないだまで「残留」とか言ってたくせに、結局ファンボメルはどうしたいのかと、マスコミもびっくり仰天ですよ。タイトルの「何がファンボメルに起こったか?」は、参照リンク元のひとつであるコチラの小見出しの日本語自動翻訳文ママです。(もうひとつの参照リンクはこちら

それにしても、今回こうやってこつこつと記事を追ってみて、マスコミというものは、本人の発言からあれこれ推測して、自分の好きなように話をふくらませて書いてるな~とつくづく実感しました。いや別に、批判じゃないんですよ。ただ、振り回され過ぎないように気をつけなくちゃなーと改めて思ったまでです、事実と事実でないことを冷静に見極めてから、ワタシなりの目線で判断しなくてはね。

110102_bommel2
まだまだヤキモキさせられそう・・・

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011/01/02

「バイエルンはいつも俺の心にある」

(カーンネタで、似たようなタイトルの記事に何故か、海外からのスパムが集中しております…←独り言)

さてぼちぼち、我らのバイエルン御一行様は、キャンプ地であるカタール・ドーハに向けて出発した頃だと思います。

とここで、キャンプ目前でニュースが!(゚□゚)

グスタヴォと引き換えに、か、どうか、アラバホッフェンハイムに、シーズン終了までの半年間、レンタルに出されるようです(tz)。
アラバとは…。ノーマークでした。
彼をかわいがっていたリベリやファンブイテンは寂しがるでしょうけど、試合経験を積んで、戻って来てくれれば良いです。
ただ、今、ホッフェンハイムは何やら、ラングニック監督がクビになったとかなんとか、首脳陣の間で問題があるようで…。ドイツ語ニュースしか出てないので詳細はさっぱりなのですが少し気になっています。

ふー。それにしてもこういう、思いもかけない移籍話が降って沸くから冬の間も油断ならないんですよ。
ファンブイテンは大丈夫かなぁ…。ちゃんとドーハ行きの飛行機に乗ったかしら…。

いや、冬の間はないとしても、夏の移籍話がまとまる可能性もあるわけで…。
今もって立ち直れていない、サリハミジッチが退団を電撃発表したのも冬だったし、ティモシュクやボロウスキの加入も冬に決まりました。
突然、悲しい移籍予告が出てやしないか、毎日ヒヤヒヤしながらPCを立ち上げている今日この頃です。

ということで
冬休みの宿題・ファンボメル移籍ネタです。
12月22日、DFBポカールシュツットガルト戦後のインタビューです。
この後に「ファンボメルはシーズン終了まで残留する」という代理人のコメントも出ましたし、インタビューの中で冬休みの話なんかをしたりして、今と状況が違ってますので、今さらと言えば今さらすぎるのですが、最後のカッコいい部分だけをどうしても紹介したくて無理やりアプです。

記者の質問とか、意味がよくわからない細かい言い回しを大幅にはしょって、いつも以上におおざっぱな想像作文しています。あまりにかけ離れすぎている箇所がありましたらご指摘ヨロシクです~

101222_zdf12

そんなに長くないのですが、今回かなり自信が無いのでたたみます

続きを読む "「バイエルンはいつも俺の心にある」"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

グスタヴォ確定

(競馬新聞の見出しみたいですね(^_^;))

伊勢神宮・外宮(げくう)の、いわゆる「パワースポット」。いや、伊勢神宮自体が「パワースポット」らしいので、「パワースポット」の中の「パワーポイント」とでも言うべきなのでしょうか
Img_5535
(オシャレなシューズが写ってますが他人様のものです恐縮)

正宮の正面に積んであるものです。
もともと何か意味があるものなのかも知れませんが、しかし、伊勢出身のダンナいわく、それまで視界に入ることなく放置されていたのに、「パワースポット」として何かどこかで紹介されてからというもの、勝手にありがたがられるようになったらしいです(苦笑)。

さて
UEFA.comにて受付中の「ワタシ的2010ベストイレブン」に投票してみました。

110101_myteam
「C」はキャプテン!

・・・・・・。チーム・オランイェか!(^□^;)
ただファンボメルに投票したかっただけであって、他のポジションはむっちゃてきとうですゴメンナサイゴメンナサイ ε=┌(;^∀^)┘
てゆーか、メッシとかイニエスタとか、最多得票がほぼ決まっている選手はわざわざワタシが投票するまでもないでしょうから、遊んでもいーじゃんねー、と(^_^;)
別に憎んでいるわけではないのですが、CBは何故かルシオに投票したくなかったの…。
攻撃的MF部門には他にエズィル、ミュラー、本田もノミネートされていてぜーたくなことで、悩みましたが、断腸の思いで(ホントかよ)ここはやっぱりスネちゃま。。。
あと、前にも紹介しましたが守備的MF部門にはシュヴァインシュタイガーとケディラ、監督にはファンハールもノミネートされてます。

さて
tzによると、グスタヴォの移籍がついに決まったようです。

ルンメニゲBildに語った、と言うのですが、今現在Bildには出てませんし、もちろんバイエルン公式にも出てませんので、もしかしたら勇み足かも知れませんが、「?」とか「vor(間近)」とかいう単語が付いておらず、「Perfekt!(確定!)」と出てるので、まあ、信じてよさそうです。

記事によると。2015年まで。移籍金は1500万ユーロ。メディカルチェックを受けなければいけませんが、問題なければ明日(1/2)契約書にサインする見込み、だそうです。
そしてその後、月曜日(1/3)にカタールのキャンプに合流する予定みたい(kicker)。
マラガに移籍したデミチェリスはレンタルということで、一応まだ(戸籍上は)ウチの子ですから、グスタヴォが早々に6番を付けることはないでしょうが…。

がむばれ!ファンボメル!

10 ぶいっ☆

というわけで、冬休みは終わり。明日(1/2)、いよいよバイエルンの2011年がカタールで始動します。あっとゆー間でしたね。

おまけ
101231_fcb
ミーチョが向こうに着いてから、大晦日にやっと公式で発表。

【追記】
公式に出ました。グスタヴォがチームに合流するのは火曜日のようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/01

あけましておめでとうございます

「よいお年を」と言ったその数時間後に新年の挨拶です。この能天気なてけとー感あふれるニホンの年越しの雰囲気、キライじゃないんだぜ。

ネタをおひとつ

バイエルンの選手名鑑をボーと眺めていたのです。今年の目玉(?)は、Bildなどでも紹介のありました、「お気に入りのパフュームは?」という質問なのですが、ファンブイテンが「ディオールの“ファーレンハイト”とドルチェ&ガッバーナ」ファンボメルも「ドルチェ&ガッバーナ」と、イヤ~んアタシの好きな二人がそろってドルガバってどうゆうわけぇ~メロメロ(´∀`)heart04と、ニヘラニヘラしていたのでありますが、よーく見てみたら

(赤線はワタシの加工です。見づらくて申し訳ない)
Dsc07333
ファンブイテン。

Dsc07334
ファンボメル。

・・・・・・・「ドルチェ&ガバナ」???
誤植なのか、ファンボメルが質問シートかなんかに書いたのをそのまま入力したのか、どうか…。え~なんかファンボメルがアホなヒトみたいじゃーんsweat01

というわけで、皆さま

あけましておめでとうございます!

110101_lahmj

ウサギと言えばラムたんなのですが、本人がどうしてもウサギの着ぐるみを着るのを拒否したので、何故かウサギご紋入りの袴姿になりました。
飾り羽子板のつもりなのですが、ワケわからん感じになってしまいましたね(^^ゞ

ということでラームさん、2011年の抱負をどうぞ
「クラブ内羽子板大会の優勝です!」
……。いや卓球じゃないから。マジでやらんでもいいから。サッカーで優勝目指してくださ~い(^∀^;)
まだ参加できないオリッチが結局着ぐるみを着て、負けた選手に墨を塗る係になったようですよ。

というわけで、ワタシ個人の新年の抱負は…特にないです。きっぱり☆←きっぱりするな
強いて言えば、今年は少し健康に気を配りたいと思います。昨年はちょっと、病気とか体調不良というほどでは全然ないのですが、あちこち不具合を実感することが多かったので。年寄りか!(^_^;) あとちょっと、体重が増えたので、3~4kgほど落としたい…ヲトメか!(^_^;)

まあ、そんなこんなで。
去年のヤなことは置いて来ましたので(つもり)、今年は楽しいネタがいっぱいのバイエルンでありますよーに!ドイツ代表とオランダ代表もね♪皆さまにも良い一年でありますよう。

今年もヨロシク!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »