« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/30

とりいそぎ:カーンはキャンセル

すっかりサボっているので、もはやワタシのblogにカーン情報を期待している方はあんまりいらっさらないだろうとは思いますが、告知した手前もありますんで(^_^;)。

オリバー・カーンはこの後行われる、女子W杯の抽選会をキャンセルいたしました。

雪のせいで飛行機が飛ばなかったみたいです。
ドイツメディアのあっちゃこっちゃに出てますが取り急ぎ、Bildこちらにかんたんコメントが

「ミュンヘン空港で7時間も無駄に待っていたんだ。これ以上は待てなかった。16時にあきらめた。行けなくてごめんなさい」

とり急いでるのでいつにも増して雑な訳で失敬。なんだかかわいいので、「ごめんなさい」だけ自動翻訳ママです。
んーとあと、ベッケンバウアーさんもダメですか?
ちなみに、カーンの代わりは、ネッツァーさんがつとめるもよう。
とりあえず、DFBでの直前ニュースはこちら

まあこれで、心置きなく寝れるちゅうもんですわ、わはは。

残念なことではありますが、オワビに?全然関係ないしどうでもいいっちゃどうでもいいのですが、ファンブイテンのTV番組出演証拠を求めてさまよっていたら、思わぬ動画(ようつべ)を発見したのでリンクをぺたっとな(サイズがデカすぎて直接貼れん)

101127_sportstudio2
"sportstudio"に出演のシューマッハーフェッテル。ドイツの人だし、別に不思議はないのですが、なんというか虚を突かれてしまって、フェッテルなんかそっくりさんかと思ってしもうた。

101127_sportstudio1
本人だ。自分の顔がプリントされたヘンなサンダルをうれしそうに履いて見せるシーンにモエ~heart
それにしてもシューマッハー兄さんが(ワタシには)予想外に明るいキャラで、ちょっとした驚きでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/11/29

「それでも人生は続く、ダニエル・ファンブイテンにも」

先週か先々週か、少し前に発表があったので今さらですし、ご存知の方も多いでしょうが、いちおうね。

今晩、2011女子サッカーW杯ドイツ大会・グループリーグ組み合わせ抽選会に、オリバー・カーンが登場ですよ!

100709_fifa4
「どうぞー!」(背景がなんだかキモチ悪い…)

抽選会のもようはドイツ時間19:25~、みなさまのZDFでLIVE中継でーす!
……。
仕方がないけど、時間が遅い(-△-;)sleepy
そして、ネットでストリーム配信とか行われるかどうかわかりませんが、もし行われたとしても、どうせ国外規制とかかかって見れないんじゃねぇーの?トホホホホホホh

日本も出場するんだからぁー、フジさんとかで放送してくれてもいいのにぃーーーーー

どでもいいけれど、これについて伝えるBild記事のタイトルが面白いですね。
「オリー、僕らの女性たちをハッピーにしてくれよな!」ですって(*´∀`*)
ワタシもオリーにハッピーにしてもらいたいワ…heart(←意味不明な身の程知らずヤメ)

----------
さて
以下、トホホネタです。

トホホその1・ファンブイテン

101127_daniel2
こんな写真使うなぁー(泣)

続きを読む "「それでも人生は続く、ダニエル・ファンブイテンにも」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/28

追記

本文と全然関係ないのですが、たまたま見つけた写真があまりにかわいくてモエ転がったのでペタッと

101127_nasri
いや~、楽しそうだ。良かったねぇ(^ー^)

101127_tymolahm

一夜明けて、ハイライトとか見たのです。なんで自分が試合終了直後にあんなカラクチだったのか、よくわかりません。ミュラーのゴールとかすごく良かったし。
まあ、でも、雑な時間が多かったのは本当ですが。ただ、懸念事項であった、後半の入り方は修正されていたと思います。

101127_fcbtv2

驚くほどファンボメルの写真が見つからないので、(オランダメディアで1枚だけ見つけたのですが、ちょうど顔のところに透かしが(T-T))FCB.tvから無理やりキャプチャ。
ティモシュクとのコンビはいろいろ心配でしたが、プレー面ではまったく問題なく、いい感じでした。仲が悪くったって、試合に影響なければ別にいいよね。
(と、仲が悪いことを前提に話してますが、実際のところはわかりません。実はラブラブheartだったら嬉しいことだけど、…あり得んロッベン…sweat01

101127_ilicevic

「えっへん」パフォはかわいいけれど…。
バイエルン戦をネットで見る傍ら、TVではフジさんのカイザース対シャルケ戦を点けておりました。
試合終了後にシャルケの選手たちが、サポーターからの厳しい怒号やヤジを、じっと受け止めている姿に、ひとごとながら胸が詰まって泣けてきました。
もっとも来週はそのシャルケと対戦するので、同情している余裕はないんですがね…でも…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

速報:バイエルン対フランクフルト

ひたっていたので、「速報」と言うわりには遅くなりました。

101127_tymoshchuk

バイエルン 4-1 フランクフルト

試合はあまり良くなかったです。スコアだけならイイ感じですが、気の入ってない、雑なパフォーマンスの時間帯が長すぎて、今日も勝てないんじゃないかと、とてもとても心配になりました。

そんな中、ティモシュクが貴重な先制点とダメ押し点のドッペルの活躍で盛り上げましたよ~☆

101127_daniel ハミトじゃないよ、ハリルだよ

ファンブイテンは……(泣)本日最悪のパフォーマンスでした。せっかくのスタメンだったのに。前半だけで下げられてしまったのもやむを得ないでしょう(泣)

そして、負傷退場したシュヴァインシュタイガーの様子も心配です。大事ないといいのですが・・・

でも。でも。

ワタシぐらいはイイよね?世間とはちょっとずれたことを言っても…。

祝・復帰!

お帰り!お帰り!ファンボメル!(T∀T)

その負傷したシュヴァインシュタイガーに替えて、66分から登場!
全然冴えなかったけど、さっそくパスミスはするしファウルでFKとか誘っちゃうし、ダイレクトシュートは大きく外れるし、大活躍のティモシュクに比べて見せ場も殆どなかったけど(でもいいラストパスも上げたんだけどね…)、全然勝利に貢献できてないけど、写真も全然ないけど(ちっ)、今日は、今日ばかりは、ワタシぐらいは、アナタがピッチに戻って来たことを喜ばせて!

続く!

おまけ
101127_bild
うわ…(汗)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/11/27

あなたのお名前なんてーの?

あれよあれよと言う間にブンデスリーガもはや14節ですね。CLでのくだらない敗戦のことはさっさと忘れて、切り替えて欲しいものです。

1011 heart04

ファンボメルがチームトレーニングに再復帰したようです。
問題なし、トラブルなし(苦笑)、で、いよいよ、今度こそ、このフランクフルト戦に出場か?などと言われてますが、無事に試合を終えるまでは、いや、仮に出場したとしても、翌日に「また痛めました」というニュースが出ないのを確認するまでは、手放しで浮かれるわけにはいかないんだぞ、と身構えている疑心暗鬼コリアンダーです。

その代わりにハミトがなんだかダメかも知れない、と…。せっかくの「アルティントップ・ダービー」なのに…(昨シーズンはシャルケだった)。

101124_robben
ロッベンもがむばってますよー。クローゼやバトシュトゥバーも別メニューだったみたい。

用心しながらも、ようよう、古い話で恐縮ですが、「復帰するかも知れない記念」ファンボメルネタ

101116_harry_van_oranje2

親善試合トルコ戦前の11/16付、オランダ代表フィーチャー番組・おなじみ“Harry van Oranje”にファンボメルが登場!(こちらで見れます)

101116_harry_van_oranje3
(ワタシには誰だかわからないのですが)何やら有名人にグリーティングカードを贈るというコーナーのようだ。

101116_harry_van_oranje5
ハリーさんの背中を使ってメッセージを書くファンボメル
いつの日かワシの背中を使って、サインのひとつでもして欲しいものだワ…(←何言ってるんだよ)

101116_harry_van_oranje6
ペンの持ち方がスゴいですね。日本の小学校なら厳しく持ち方指導されるところだ。
(当方人のこと言えないのですが(^^ゞ)

101116_harry_van_oranje8
こんな筆跡なのね~(^ー^) 欧米人は往々にして悪筆である。はじっこのお日さまみたいなのはファンボメルが描いたのか?カワイイけど意味がわからん・・・

101116_harry_van_oranje9
書き損じてるし!モエ~~~(*´∀`*)heart04

----------

カーンtzのインタビューにて、ファンハールやマネージャーについてあれやこれや、バイエルンの現状を心配しているらしいコメントをしたようでありますが

101126_tz
見たことない写真なので撮りおろしですかね?heart

同じtzに、軽い記事がありまして、ちょっと面白かったのでメモメモ。

バイエルン選手たちの、ミドルネーム込みのフルネームを紹介する記事でした。
ブットが「ハンス=イェルク・ブット」なのは有名だけど、では「ゲルトルーダ」「カイ」「オラトゥクンボ」は誰のミドルネームでしょう?という。
もしかしてこれって、今年度のはまだ買ってないのでわからないのですが、選手名鑑とかに出てるのかな?まいっか。

できればご自分で当該記事を見た方がより楽しいと思いますので、以下はワタシ用メモということでたたみます。

続きを読む "あなたのお名前なんてーの?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/25

CL:シャルケ対リヨン

おまけ劇場をアプしたかっただけで、試合についてはあんまり書くことはありません(^^ゞ

11月24日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグB
シャルケ04 3-0 オリンピック・リヨン

101124_hunteraalraul
「むひょひょひょ(^∀^)」

ラウールのハットトリックが炸裂し、ブレーメンをボコったブンデスの試合を見ていないのですが、いつの間にシャルケはこんなに強くなっちゃったんでしょーか。

前半が凄かったです。強い、上手い、速い、の3拍子がそろった超・アグレッシブサッカー!受けて立つリヨンも負けじと立ち向かう!
ボールが激しく行き交い、だけどけして大味ではない、スリリングで目の離せない展開!
なんだなんだ、面白過ぎる!(゚∀゚)
この熱い時間帯に、ビシッとシャルケが前半のうちに2点先取!

で。
その後、前半30分ぐらいから試合終了まではまったりもったり、省エネモードにスイッチしてスピードを落とし、実につまらないゲーム運びでもって勝利を確定。
最後の最後に内田のアシストでフンテラールのダメ押し弾という楽しいおまけを付けて、グループ首位浮上&決勝T進出を決めたシャルケでありました。

みごと!
前半の飛ばしっぷりも後半のもったり省エネモードも、強者の試合運びでした。と思う。
リヨンが2失点で早々と戦意を喪失してしまったおかげもありますが、だらだらもったりしながら優勢をキープし続けるのも、高い集中力が必要とされる、かんたんなミッションではないことをバイエルンファンは身をもって痛感しています(泣)。

いよいよマガトのしごきがここに来てカタチになってきたか?
いや~、うらやましい。

リヨンも負けはしましたが、同グループのベンフィカハポエルに負けたため、シャルケと仲良くグループリーグ突破を決めました。
ただ。
グルキュフの負傷が暗い影を落としてしまいました。メッツェルダーに削られ、アキレス腱をどうにかしたような雰囲気です(もっともファウルはきっかけであって、その前から痛める前兆はあったのではないかというすかぱ解説のカ○コ氏)。
本人も泣きながら絶望している様子でしたので、重傷かも知れません。痛めただけで、切れてないといいんだけど…(祈)

おまけ劇場
Dsc07298
ウッチーのドリブル!ミシェウ・バストスも必死に並走!

Dsc07301
(見づらい)スライディングタックルで止められた!そしてコーナーフラッグが!

Dsc07302
取れちゃった。

Dsc07303
素早く新品に交換

Dsc07304
出来上がり

【追記】
肝心なこと書き忘れた!おめでとう!シャルケ!\(^∀^)/やったね!
このまま1位通過も狙っちゃえ!ドイツチームとして、共に決勝トーナメント頑張ろうぜ!

で、もうひとつのドイツチームのブレーメンですが・・・・・・。
大番狂わせの願いむなしく、予想通りトッテナムに完敗(見てないけどスコア的に…。見る気が起こらんよ)○| ̄|_
3位トゥエンテとEL出場権をかけて…、ということになりますが、得失点差?当該チーム同士の対戦成績?かなんか、わかりませんが、どっちにしても最下位は決定の見込みです(泣)

(ちなみにオランダチームもグループリーグ敗退決定ですトホホ。アヤックスもトゥエンテも、組み合わせが悪かったかのぅ…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/24

CL:ローマ対バイエルン

・・・・・・・・・・・・。

11月23日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE 第5節
ASローマ 3-2 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
101123romafcbfj
交代:コンテント(4)(73ミュラー)、アルティントップ(77リベリ)
サブ:ブット、ブラーフハイト、ブレーノ、アラバ

得点:ゴメス(34リベリ)、ゴメス(39ミュラー)、ボリエッロ(49メネス)、デロッシ(81リーセ)、トッティ(84PK)
カード: グレコメクセスデロッシメネスクロースクラフト

バイエルンサポの皆さ~ん、大きく息を吸って腹から声出して!行きますよ、せーのー
 

なんじゃこりゃあー!!

 
・・・・・・。

ええええ、わかってます。わかってます。いかにワタシとて、もうかばいきれません。
「6」でも甘い、「6.5」でもいんじゃねーか、とさえ思いました。
心の中で叫びましたよ「止まるなミーチョ!寝るなダニエル!」と…。

でも、二人に関しては以上で止めさせてください。ファンであるワタシがこれ以上厳しいことを言ったら、なんとゆうか、もう、歯止めが利かなくなって、心が壊れちゃう。

それにしても。この試合に限らず、CB二人に限らず、バイエルンの守備面の危うさは、一体なんなんだろーなー?と常々疑問なのであります。
もちろん選手個人の能力の問題は大きいでしょうし、チーム全体のメンタルとか、経験とか試合勘とか、外からはコントロールしづらい要素も複雑に絡み合ってのこととは思いますが…。

どうも、チームとしての守備に対する戦術とか取り組み方とか、何かが根本的に間違ってるんじゃないかという気がしてなりません。
そこを修正しないことには、誰か選手を入れ替えたり補強したりしたとしても、あまり変わらないんでないのかなーとか。個人的なエコヒイキを別にしても。

と、ハラの中で煮えくり返るものをぐっとガマンして、罵詈雑言は叫ばずに、あえて淡々としてみました。彼らが飲み込んでるであろう毒をオイラも飲み込むのだ。
別に深い理由はないのです。そうしたいだけ。とゆうか、今は毒を吐き出したくないのです。
かばうつもりはないんですがね…。今回は監督じゃなくて選手のせいだと思うし。
ただ、内部事情がうまく行ってないのは監督のせいなので、それがチームのパフォーマンスに表れたんだとしたら、結局は監督の責任もあるわけか。なんかややこし。ってかどうでもいい。責任はみんなで取りやがれ。

試合の写真を探す気がしないので、代わりにらくがきでもどぞ
101123_tymoderossij

よかった探し

101123_gomez3
ゴメスのドッペル。

101123_kraft
クラフト。ついに公式戦でプロデビュー。

いやいやー、良かったですね。スタメンを見た時はぎょっとしましたが、予想をはるかに超えるハイパフォーマンス。特に61分頃の、神セーブ2連発はトリハダものでした。
ただ、3失点目となったPKを与えるファウルをしてしまったのは、経験の浅さを感じました。
もちろん、クラフトが手を出さざるを得なかったボリエッロの突破をやすやすと許したザルどもが一番悪いとは思いますが、ベテランGKだったらもうちょっと違った対処をしたのではないでしょうか。
でも、(止められなかったので意味ナッシングではありますが)PKの方向をバッチリ読んでたのも良かったですよね。
将来への期待をじゅうぶん感じましたが、かと言って、来シーズンバイエルンの正GKを任せて安心、とまでは…。

ただ。ただ。
クラフト本人に文句はないのですが。
ファンボメル、シュヴァインシュタイガー、ブットがいないバイエルンエルフを見ていて、なんだかちょっと心もとない、チームに一本芯が足りないように感じてしまいました。カピテン・ラームがいるからいーじゃねーか、と言えばそうなのですが。一人だとなんとなく荷が重そうな…
それでも前半は問題なかったのですが、後半チームがバタバタとパニックになっていた時、落ち着きをもたらすベテランとかリーダーが必要なのではないかと思いました。ファンボメルとシュヴァインシュタイガーがいないのは仕方ないので、やはりここはブットかなぁ、と。クラフト起用は、シュバが戻るバーゼル戦でも良かったかも?

・・・。
というわけで近年稀に見るくだらない敗戦をしたバイエルンですが、公式によると、これでもグループリーグ1位が確定したみたいです。そーなの?なんで?
なんかカッコ悪い。むしろ恥ずかしい。ここは勝って決めるべきでしょうよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

間もなくローマ戦

「ヴェンゲルさんにとって名古屋ってどうなのかな?」と思っていたらその後続々と、お祝いコメントやらビデオメッセージやらが公開され、嬉しい限りです(T∀T)
そんな名古屋は昨日ホームでの試合で、凱旋勝利、と行きたかったところでしょうが、FC東京に負けてしまいましたね。
なーに、気にせん気にせん。相手は残留するかどうか、生きるか死ぬかのサバイバルレース中なのだ。しょうがないでしょ。

どうもどうもどうもどうも、お久しぶりです(そうでもないか)、アホアホ管理人コリアンダーです、皆さんこんばんわ。ワタシにしては間の空いたことで失礼しました。
別に体調を崩して伏せっていたわけではないんでございますのよ。
ただちょっと、集中してやりたいことがあったので少し忙しくしていたのと、まあなんですか、アレですわ。

シュヴァインシュタイガーを売るの売らないのとか、バイエルンのCB(=ファンブイテン)はどうにもダメだねぇ~とか、リベリが案の定ファンハールについてぶつくさ言ってるぞーとか、バイエルンのネタは全然楽しくないことばかりだし。何よりも。

先週の水曜日、膝に「わずかな違和感」を覚え「週末のブンデス・レヴァークーゼン戦へのリスクを回避するため」代表戦をドタキャンしたファンボメル
→「診断結果は金曜日に出ます」とバイエルン公式
→金曜日になっても土曜日になっても特に発表もなく、レヴァークーゼン戦は普通に帯同せず
→さらに本日(火曜日)のCL・ローマ戦にも「早すぎる」(byファンハール)という、わかるようなわからないような理由でこれまた普通に帯同せず、と、

二度も三度もおあずけをくらって、さすがに落ち込みました。覚悟はしていたつもりでしたが、やっぱりこたえましたわ。
そうでなくてもファンボメルファンは、いや、ワタシだけかも知れませんけれど、10月8日のEURO予選・モルドバ戦以降、「たいしたことない」「大丈夫」「念のため」と言われ続けて、一体何回ダマされたのか(涙)
もうね、そんな
♪優しい嘘ならいら~ない~♪欲しいのはア~ナタぁ~~~♪
♪ユアエ~ブリシ~~ン♪
気分はミーシャでござる。。。

と、グッタリと凹み切っていたので、どうにもこうにも、blogを書く気分にならなかったのですよ。
ファンボメルのネタもないわけではないのですが、全て、こんなことになるとは思ってなかった頃の話なので、今見ると切ないばかりで・・・。まあ、また、いずれ。

さて
そんなボメバカの泣き言は放置して、時間も押し迫ってきたことだし、サックリと

11月20日 ブンデスリーガ 第13節
バイヤー・レヴァークーゼン 1-1 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
101120bayerfcbfj
交代:リベリ(61ティモシュク)
サブ:クラフト、コンテント、ブラーフハイト、アルティントップ、アラバ

得点:ゴメス(34シュヴァインシュタイガー)、ヴィダル(45+2PK)
カード: カストロフリードリッヒラームリベリ

話題沸騰!シュヴァインシュタイガーのロゴが逆さの激レアユニフォーム
101120_bastian2
後半から着用。Bildとかtzとかで取り上げられているのを知ってから試合を見たので、おかげで「なるほど、コレが!(゚∀゚)」と、試合内容とは関係ないところでつい笑ってしまいましたよ。

・・・・・・。

渇く!

花には水を!妻には愛を!僕たちには勝利を!

そんなにヒドい試合ではなかったかも知れませんが、しかし、やはり、勝たなければいけませんでした。たとえ相手がバルサやレアルであったとしても。

まあ、素直に、ほぼ互角?レヴァークーゼンの方がやや強かったかな、という印象でした。
この試合に限ったことではありませんが、今の、というか今季のバイエルンは、「俺たちは勝たなければならない!ミアザンミア!」という宿命にがんじがらめになってしまって、動きも気分もこわばらせてしまって、負けないけれど勝てない、という自業自得のループに自らはまりこんでしまっている気がしますよ。

いろんなところで言われてますが、不当オフサイド(きっぱり)で取り消されてしまったシュヴァインシュタイガーの幻のゴール。
あれが決まってたら、とは、言いたくありませんが、しかし、試合の勝敗にかかわらず、あんなみごとなゴールはきちっと認めてしかるべきだと思いました。

101120_gomez2

だけどその後のゴメスのゴールはさらに素晴らしいものでしたね。ゴメスがエース(兼・現在使用可能なただ一人のFW)としての自覚と結果を出し続けているのは本当に喜ばしいです(^ー^)
今シーズンの終わりこそ、バイエルンに来てくれてありがとう、と言わせて欲しいものだ。

しかし前半ロスタイム、プラニッチのファウルによるPKでもって失点。
そして結局この得点が、無念のドローにつながってしまったのだから、悔やんでも悔やみきれません。
膝に膝を入れた危ない感じで止めていたので、PKはやむないでしょう。
とはいえ、プラニッチだけを責めるのは気の毒です。元はと言えばファンブイテンがダラリとしたパスミスでピンチを作り、プラニッチにあんなファウルを強いることになったのであるからして○| ̄|_
うっ…わかってます、みなまで言わせないでくださいヨヨヨ(T△T)あんなザル筆頭、お荷物の彼でもあいしてるんですトホホ(泣)
ブレーノも良くなかったですし、おかげで4バックの中で唯一マトモだったカピテン・ラームが右に左に、すごく大変そうでしたね。申し訳ない。

唐突に本日のモエーセンサー
Dsc07292
角が!!カワエエよラムたん~~!(*´∀`*)

あとリベリですが、あまり文句言う筋合いないですね。いるんだかいないんだか。まあ、ぼちぼちなじんでくれたら、また魔法を見せてくれると期待してますよ…。

【追記】
デミチェリスは故障のためメンバー入りせず。ブラーフハイトは謹慎が解けたのか?メンバー入り。

以下雑感
101120_manu2
ワタシ的にはずっと前から普通にカッコいいと思っているマヌエル(フリードリッヒ)(右)ですが、これはちょっと髪が長すぎ…(汗)。もうちょっと短くて、できればヒゲもちょいブツブツしてる方が好みかもheartプレーはなかなか頑張ってましたよね。

101120_butt
激突してブットが怒ったりしてましたけど、試合後はいい雰囲気のヒーピアブット。大人のダンディズムを感じてキュンしましたよ。

アドラーのユニフォームの着こなし方(短いシャツから白いアンダーがのぞく)が、スペイン代表主将のカシージャスを思い出してちょっとイラッとしました(←知るか)。いや、カシージャスが今もそんな着方をしてるかどうかは知りませんが。

----------

そんなこんなで、ブンデスリーガではまったくダメダメなバイエルンですが、CLでは好調です。好調すぎて気抜いて今日あたりぎゃふん言わされそうでヤな予感がしないでもないですよ。

101122_gomez
アディダス・トレーニングウェア(参考商品)

……。ゴメスのこの能天気楽天的なところがなんとなくトーニを彷彿させて、それはそれでアリだと思う今日この頃。
とはいえ、アンタの好調を影に日向に支えているシュヴァインシュタイガーが今日はいないんですがね(※出停)、大丈夫かい。

101122_gomezlahm
「ラムたんがついてるも~ん♪」

懸念のCBですが、ここにきてデミチェリスが急に信用度がアップしている、というか、消去法的に頼らざるを得ない?的な感じです(泣)
バイエルン公式の文章がナニゲに恐いです

デミチェリスが活躍すれば、FCバイエルン首脳陣がCLで獲得した賞金を新DF補強にあてなくてもよくなるかもしれない。ルンメニゲは「われわれがDFのなかでのミスを妨げられないのであれば、ウィンターブレイクに確実に補強しなければならない」と移籍市場で動く可能性があることを示唆した。

あたかも、ミーチョがしっかり仕事せねば新しいDF買っちゃうもんね!とでも言いたげな(汗)さんざん干しといていきなりその重圧は一体(汗)

ま、まあ、ともかく。
監督の記録なんかどうでもいいから、勝ってね!自分たちのために!
んーと。なんだかここんところ見ててちょっと痛々しいので、クロースのミドルが今日こそズバムと決まりますように!
そして。ファンブイテンがもし出るなら。守備で貢献できないんだったら(←酷)、せめてセットプレーかなんかで、ゴールのひとつも決めやがれ!
あと、できれば!じゃなくて、必須!クリーンシート熱烈希望!

ではよろしく!ワタシは寝ます( ̄▽ ̄)Zzz←ええ~っ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/21

短信:レヴァークーゼン対バイエルン

公約通りおとなしく寝たのですが、飲酒しないと寝付くことができず、結局試合終了まで眠れませんでした。こんなことなら起きて見てればよかったわい。それとも、見なくて正解だったのか…?

ベッケンバウアー皇帝が「幼稚園児のミスだ!」と激怒したという。

レヴァークーゼン 1-1 バイエルン

勝てねえなー。

101120_gomez3
せっかくゴメスが楽しく決めたのに

101120_vidal
PK献上でドローになっちゃいました

ダニエルのミスから突破されそうになってプラニッチがファウルで倒してPKで、ってなんやそれ~○| ̄|_(泣)
ずっとパフォーマンスが悪いファンブイテン、バトシュトゥバーが復帰したらベンチ行き確定ですかね(涙)

101120_breno
足は長い

とはいえ、ブレーノも良くなかったみたいですね。
ブットの大活躍のおかげで1失点に抑えられたという。

101120_bild
守備崩壊?てかレヴァークーゼンも良くなかったのかね。一体どんな試合だったんだ。GAORA放送は月曜深夜でござる。

首位ドルトムントとの差は今シーズン最大の14ポイントにまで広がりました。関係者からの強がりコメントも空しいばかり。
ドルトムントのヘルプストマイスター秋の王者はほぼ決まりじゃないんですかね。この後冬休みまで、彼らが負けるとは思えない。冬休み明けはどうなるかわからんけど。

渇く。もう身も心もカサカサ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今夜はレヴァークーゼン戦

まずは何はなくとも

名古屋グランパス

Jリーグ初優勝

おめでとう!!!!!!

101120_nagoy

101120_naoshi 直志ナイスポジショニング(^m^)

今年は去年以上にcheckがおざなりで、マトモに見た試合は1試合もなく(こら~)、未だに顔と名前が一致する選手は数えるぐらいしかないという体たらくですが、ひとことお祝い言わせてくださいね~\(^∀^)/

クラブ創生期から18年間応援し続けたファンの皆さんにとりましては感無量、以外の言葉が無いのではないでしょうか。本当に本当におめでとうございました!
ヴェンゲルさんも喜んでくれてるといいのだけど・・・。もう関係ないヒトですかね?

もはや万年中位ではない、これを機に常に優勝争い、だけでなくアジア王者も狙える強豪になるといいね。ってかならねばならぬ!期待してるぞ!

---------

さて

101118_tz

奇跡の大逆転で、史上最年少F1チャンピオンに輝いたドイツの星・フェッテルにあやかりたいらしい我がバイエルンでありますが、今夜は2位・レヴァークーゼンとの大一番でございます。

バイエルン公式に、シュヴァインシュタイガーがスキーW杯のプロモーションイベントに参加したよ、と書いてありましたが、その時の動画がZDFにアプされてました

話の流れから、シュバのコドモの頃と思われる(違かったら恥ずかしい…(^^;))
101118_zdf1

モエ~~~~~!!!heart01heart04

101118_zdf2
見よこの華麗なチビッコボーゲンスラローム!

101118_zdf3
優勝おめでとーheart04

101118_zdf4
今やこんなに立派なイケメンになりました(反論OK)

はっ(゚∀゚)

つい何枚もキャプってしまいましたが、そんなシュヴァインシュタイガーについて、契約延長できないんだったらとっとと売っちゃった方がいんじゃね?とか、各国代表戦の裏で行わていれた練習試合でのリベリのダラッとしたパフォーマンスを厳しく批判したりとか、またまたファンハール監督がいろんなことを言っているようでありますが・・・。

くだんの練習試合の映像は見ていないのでリベリが果たしてどんなだったか知りませんが、ずけずけ言うのは毎度のこととは言え、あっちゃこっちゃややこしいおやっさんでありますよ。
チームの士気に深刻な影響を及ぼすほどではないでしょうが、なんだかねぇ。(リベリはどうかな)

101117_braafheid
ブラーフハイトは今日もベンチ入り禁止ですかね

まあーなんだ、シーズンが始まる前はレヴァークーゼン戦といえば、特にワタシ的にはリアル・バラックvsかつての「なんちゃってバラック」との対戦を非常~~~に楽しみにしていたのですが、結局どっちも不在ということになりました。とほ。
ファンボメルは出ないと思います。てゆーか現地に帯同してるのかどうかすらわからない)

代表戦に参加した選手はまた疲労うんぬん言いそうですが、正当な理由だろうと言い訳だろうと、愚痴は一切許されません。
本気でフェッテルのような大逆転優勝したいのであれば、疲れていようとなんだろうと、相手がどこだろうと、黙って勝つしかない!もはや他の結果は認められないのだ!
チームが上向いているというのを確信させて欲しいんだぜ!

是が非にでも起きて観戦したいのですが、無意味な不摂生がたたって、ちょっと体調が悪いのです。反省して今日は飲酒せずにしおしおと寝ることにします。キックオフが遅いのよ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/11/19

Aマッチ:ドイツとオランダ

Bildより
101117_bild
「ファンボメルがまた膝を!」

オランダサッカーメディアには出てなかったのですが(単なる調査不足かも(^_^;))、毎度おなじみ、オランダのことならお任せナカタさんのレポ(スポナビ)によれば、ファンボメルは練習中にヤンセンと衝突して膝を痛めた、とあります。
何も心当たりがない状態で突然ピリッと来る方が恐いので、そうゆうことなら多少はマシなのかとも思いますが、心配なことには変わりありませんよ…。

本人のコメントによれば「土曜日のレヴァークーゼン戦に向けてリスクを冒したくないので、ドクター・ミュラー=ヴォールファールトに正確な診断をしてもらった方がいいと思ったんだ」そうです。
オランダに行く前も「バイエルンのために」と口にしていたようですが、やはり「バイエルンよりも代表の方を重視している」と言われたのを気にしてるのでしょうか。

そんなこんなで

ゆうべはドイツもオランダも見る気まんまんだったのですが、ファンボメル再負傷?のショックのあまり、どちらも見る気がなくなってしまって、フテ寝してしまいました。

ブラジル対アルゼンチンはフジさんで放送があったので点けてはいましたが、ファンボメルニュースの追従をしていたので殆ど見てません。そんなに盛り上がった試合にも思えなかったのに、青嶋アナがやたら興奮しててわずらわしかったです。
まあ、メッシがロスタイムに劇的ゴールを決めて、みんなが満足するシナリオで良かったんでないの。どうせならロナウジーニョも決めたらもっと劇的だったのにね~
ちなみに、デミチェリスは出番がありませんでした。

というわけで一夜明けて、ざっくりハイライトだけでcheck。感想もあまりないのですが、フォーメーション図だけでもアプしておきます。

11月17日 国際親善試合 スウェーデン 0-0 ドイツ

101117swegerfj
交代:ベック(46ボアテンク)、クロース(59ケディラ)、カカウ(60シュヴァインシュタイガー)、トレッシュ(60マリン)、シュールレ(78ホルトビー)、ゲッツェ(78グロスクロイツ)
サブ:ノイアー、メルテザッカー、ヘルメス

カード: シェルストレム

101117_germany

すごいスタメンだ!
二度とないであろう貴重な組み合わせ、やっぱり見ればよかったかしらん。
とはいえ、ネットが落ちてイライラしながら誰が誰だか判別できないモヤモヤ画面でもって、昼夜ひっくり返して生活のリズムを狂わせてまで、無理やり観戦する価値があるかと言うと・・・(^_^;)
試合開始3時間ぐらい前まではすごく楽しみにしてたのに(苦笑)

101117_schuerrlegoetze_2
10分少々じゃ出来ることあまりありませんかね…。

101116_mario
そんなゲッツェの眉毛はラームそっくり

事前情報をアプしそこねておりましたが、ご存知、ポドルスキリーターがブンデスリーガの試合で怪我をしたようで、この試合は辞退しておりました。追加招集はなし。

まあ、試合はスコアレス、内容も、試合を見たいろんな方の感想を見ると、まさに「テストマッチ」にふさわしく(?)パリッとしなかったようで、さほど盛り上がりはなかったようです。
急造エルフじゃしょうがないか?でもその新人君たちが次へのアピールを兼ねて、イキのいいサッカーを見せてくれるんじゃないかという期待もあったわけで・・・。
ハイライト見ても、マリンの突破とか、シュヴァインシュタイガーシュメルツァーのシュートシーンと、クロースのシュートをイサクソンが弾いたところと、ゴメスが決めれなかったところぐらいしか印象になく。それもそんなにテンション上がってない感じだったしねぇ。
肝心の?ホルトビーはどうだったのかね。ハイライトでは見かけなかった気が…。
でもアドラーはフル出場だったのですね…heart勝負のかかった公式戦に再登場する日は来るかしら・・・

101117_bastian

そういえば、シュヴァインシュタイガーが交代退場した後のキャプテンは誰だったのでしょうか。ヴェスターマンケディラ?どちらにしても代表初キャプテンですね(゚∀゚)
【追記】やはりヴェスターマンだったそうです(^∀^)。(かめ。さん情報ありがとうございました)

ただ、レーヴ監督は、試合には満足しているコメントを出したみたいですね。若手checkという面では意義があったのかな。

いっぽう、話題が豊富なのはこっちかも

----------

101117_hohoho
聖ニコラウスさんの集団だ!

同じく、オランダ 1-0 トルコ

101117nedturfj
交代:ヴィスヘルホフ(45マタイセン)、ファンペルシー(45レンス)、ヤンセン(45スナイデル)、ドレンテ(80ファンデルファールト)、スハールス(86マドゥロ)、バベル(86フンテラール)
(オランダ代表公式には「45分」とありましたのでそのまま書きましたが、いわゆる「46分」の、後半からという意味だと思います)
(サブはメディアに出てないのでわかりませんm(__)m)

得点:フンテラール(52)
カード: Inan

続きを読む "Aマッチ:ドイツとオランダ"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/18

ファンボメル、代表離脱

間もなく代表戦ですが。

先ほどオランダから速報が出ました。(Telegraafオランダ代表公式

ファンボメルが火曜日の練習後、膝に「わずかな違和感」を覚えたため、メディカルスタッフや監督と話し合った結果、今夜の親善試合・トルコ戦を欠場することになりました。

ファンボメルは先ほどドイツに向けて帰国。現在はおそらくミュンヘンに着いた頃だと思います。

・・・・・・・・。

さすがに今回は行動が早かったですね。バイエルンと事前に協議していたのかも知れません。

負傷した箇所が再発したのか、新たに痛めたのか、どの程度の怪我なのか、まだわかってません。ドクターの診断を待たねばなりません。

オリッチやロッベンの姿が脳裏をちらついてしまって、不安でたまりません。
いちおう、念のための措置である、とオランダ代表側からの発表ですが、そうであって欲しい、と心の底で悲鳴を上げています。
どうか。どうか。

101117_fcb

モタモタしている間にバイエルン公式からも記事が出ました。
・・・。少なくとも今回はオランダ代表に落ち度はないだろうから、それだけは不幸中の幸い、なのかも知れませんね…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/17

12節:バイエルン対ニュルンベルク

ブレーノのタトゥー自慢

101116_breno1_2

タトゥーよりもチラリズムなワッキーの方につい目が行ってしまい、とっさにダチョウさんの「ワキあいあい」というギャグがアタマに浮かんでしまったのですが

101116_breno2_2 彫ってあった(大爆笑)

さて

書いてる最中にネットがアホになって記事が消えてしまい、やり直したらすっかり夜も更けてしもうた(汗)

11月14日 ブンデスリーガ第12節
バイエルン・ミュンヘン 3-0 1.FCニュルンベルク

kickerの採点も合わせてどぞ
101114fcbfcnfj_2
交代:ブレーノ(2.5)(46デミチェリス)、ミュラー(4)(56アルティントップ)、リベリ(70クロース)
サブ:クラフト、ファンボメル、アラバ、コンテント

得点:ゴメス(10プラニッチ)、ラーム(57PK)、ゴメス(75リベリー)
カード: プラニッチシェーファー

MoM:ゴメス
本日のベストイレブンにゴメス、ラームが選出

(意外でしたが、ラームのkickerでのベストイレブンは今季初!)

101114_bastian
シュバの表情(笑)

ぃよっしゃあ!ホームで気持ちよく、ガッツリ勝ちましたぜ!!
やっぱりこうでなくっちゃ!(^ー^)

(おまけ少々と、楽しからざるティモシュクネタについて追記あり)

続きを読む "12節:バイエルン対ニュルンベルク"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/15

「俺には試合経験が必要だ」

101114_bommel2

tzの記事から、ニュルンベルク戦後のファンボメルのコメントです。

「選手にとって、プレーできなければ、断じてOKなことではない」

「ミーチョが怪我をしたので、ハーフタイムに交代する必要が出た。それで監督はプランを変更しなくてはいけなかったんだ(勝手注※ブレーノ)。彼はサイドを強化したいと思った(勝手注※ミュラー&リベリ)、そして、どうしても4人を交代することはできない」

「もちろん、プレーしたかったよ。だけどそれはどの選手にとっても同じことだ」

代表戦参加について
「監督、ルンメニゲさん、ヘーネスさんとそのことについて話し合ったよ。俺と、そしてクラブにとって何が最善なのかよく考えた。水曜日は45分間のプレーが賢明だろうと。俺には、できるだけ早くバイエルンでトップフォームを取り戻すために、試合経験とリズムが必要なんだ。それで俺たちは、バイエルンでより良くなるために、代表チームを活用することにしたんだ」

「私のキャプテンは常にプレーしていなければならない」とかつて監督は言っていたが、彼は翻意したのか?ということを聞かれた時にはイライラと
「それは監督に聞くべきでしょ!記者会見だってあるんだから、そこで質問できんだろ!」

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報 :バイエルン対ニュルンベルク

101114_2
「んもー」

バイエルン 3-0 ニュルンベルク

101114 shine

よっしゃ快勝!!\(^∀^)/ゴメス、ラーム(PK)、ゴメス、でした。

リベリ復帰!さっそくゴメスによる3点目アシスト!
でもワタシ的にはプラニッチが良かったかな♪(^^)

これでバイエルンは一気に6位浮上!ドルトムントとは相変わらず12ゲーム差ですが(ちっ)、2位レヴァークーゼンとは5ゲーム差までじわじわと。よしよしよし、いいよいいよー!

・・・・・・。

・・・・・・。

結局、ファンボメルの復帰はありませんでした。交代枠はブレーノ、ミュラー、リベリ、でした。

誕生日プレゼントなんて欲しがるようなトシじゃないってことよねハハハ…(泣笑)

いいのです、バイエルンが勝利すること、それだけでじゅうぶんだって言ったじゃないか自分。もちろんです。その気持ちに嘘いつわりはみじんもありません。
でもなんでだ?寂しさのあまりちょっと泣きそうなのはどうしてだ?
ベンチに座ってるファンボメルが映りました。ホント、ヤツにベンチは似合わないわ。。。

心からバイエルンの勝利を喜んでいるのに、何故か心にポカッと穴が開いたような気持ちです。ワタシはダメなサポですねトホホ。

続く!

PS・ブラハイはやはりメンバー入りしておりませんでしたorz
PSその2・試合終了目前にファンブイテンが足首かどこかを痛めていたようですが・・・(汗)そのままネットが切れてしまったのでその後どうなったかわかりません。大丈夫かなぁ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今夜はバイエルンダービー

「一家に一冊!」
101111_chronik
28kgもの物体を必死に抱え込む取締役です。本の重さは歴史の重み。がんばりや~

どうもどうも、管理人コリアンダーです。
ここのところblogがすっかりユルい感じになってしまって申し訳ありません。
あたふたと忙しくしておりましたが、もうしばらく忙しい感じが続きそうです。
気になるニュースは続々出ているのですが、読めもしない外国語のニュースを無理やり読んで「こんなことがありましたよ」と紹介したり、イラストを描いたりするのはまだちょっと厳しいの…。

楽ちんなのでついつい、ついったーの方に情報をほり込むことが多くなっておりますが、コリアンダーはあくまでブロガーであるというスタンスは変えるつもりはありません(ビシッ☆)。いつでもblogをご覧になってくださっている皆様のことを第一に考えておりますんで、ひとつヨロシクお願いする所存でありますんでござんす。(うさんくさい選挙演説?)

と言いつつ、ダラダラと息抜きするヒマはあっても何故か試合を見るヒマはないという矛盾をなんとする。
そんなわけで、まだ試合通して見ていないのですが、いちおう先週の「新・魔さかのドロー」MG戦のスタメンだけアプしておきます

101107_uli3

---------
11月6日 ブンデスリーガ第11節
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ 3-3 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
101106gladbachfcbfj
交代:ミュラー(70オットル)、アラバ(81プラニッチ)
サブ:クラフト、ブラーフハイト

得点:ヘルマン(5レヴェルス)、ゴメス(11クロース)、シュヴァインシュタイガー(40プラニッチ)、ロイス(56デ・カマルゴ)、デ・カマルゴ(60ロイス)、ラーム(84ティモシュク)
カード: シャフテン

MoM:デ・カマルゴ

101106_mg2

文句言っておきながらやっぱりうへへへとニヤけてしまうこのダイナマイトボデーでもってせめてもの癒しをプリーズ。
しょんぼり猫背になってるところがまたカワエエのぅ(*´∀`*)heart04←どこまでも救われない

----------

いろいろと気がかりな(←ワタシが)ファンボメルネタ。

怪我明けしたばかりのファンボメルとファンペルシーを代表に招集した、オランダ代表ファンマルヴァイク監督のコメントです。

「選手たちはプレーのリズムを取り戻すために練習が必要だ。彼らがクラブに残れば孤独な練習に励むことになる。わたしたちとの練習は有益なものだ」(スポナビ

オランダ代表公式より
「我々は不必要なリスクを冒すようなことはしない。二人とも、45分以上使うことはないだろう」
バイエルン、アーセナルからの反感については
「私は友達を作るためにここにいるのではない。だが選手たちをトラブルに巻き込むことも望んでいない」

当初この「我々はトモダチじゃない」というくだりだけしか見てなくて、すわ、またクラブ批判か?!とハラハラとしたものですが、そこまで厳しい気持ちを込めた物言いではないようです。

まあ、つまり、二人ともいきなりフル出場させるような無茶はしませんよ、ということらしいので、少しホッとしました。

で、ファンハール的には今回の件については「ファンボメルが数分でもプレーする機会があるのはいんでないの?」と、意外にも後押ししてるぽい…?
まあ、おそらくファンボメルが無理をしないであろうことを知っての発言なのだろうと思いますが。
ルンメニゲはファンハールがファンボメルを止めてくれるのを期待していたかも知れないものを、目論見が外れちゃいましたかね(^皿^)うひひ。

というわけで、監督のお墨付きが出たようなので?、ファンボメルは堂々と代表戦に行っちゃいそうですね。
そういうことなら、本当に、無事に帰って来てくれることを願うばかりです。御義父様、なにとぞヨロシクヨロシク・・・(ー人ー)

----------

さてさて、いよいよ間もなく、そんなファンボメル出場なるか?ニュルンベルクとのバイエルン・ダービーです!

101113_fcbtv

昨シーズンの後半、レンタルにてニュルンベルクでプレーしていたオットルがフィーチャーされております。今日もたぶんスタメンで出るでしょうし。

すでにご存知の通り、ファンボメル、リベリ、コンテント、ブレーノが復帰予定です!スタメンで出ることはないでしょうが、少なくともベンチには入るでしょう。一気ににぎやかになりましたね(^∀^)
彼らがいるからと言って人数が増えたからと言って即、勝利が保証できるものではありませんが、やっぱり安心感が違いますよ。

ところで、グラッドバッハ戦後に監督と大ゲンカをして(ヨンカーコーチが止めに入る事態だったらしいです)出場停止?メンバー入り禁止?かなんかの処分を受けたらしい(Bildより)ブラーフハイトはベンチ入りするのでしょうか・・・(汗)
いちおうトレーニングには参加しているようでしたけど。さて…
これでブラーフハイトはいよいよ冬に売られちゃうんじゃねーのー?なんて言われてちゃってますよ・・・トホホ…
おかげでミーチョ問題がややカモフラージュされた感はありますが(こら)、それにしても次々といろんな選手と問題が起こることであります・・・

ま、まあ、そんなモヤッとした問題はありますが、ワタシにとっては待ちに待ったファンボメルの復帰戦なのです!何分出るかな?いや、出られるかな?
ファンハールが言うように、点差を沢山付けてから余裕を持って出られるといいですね。
それでもって、ドイツ時間的には明日ですが、日本時間的には今日が誕生日のワシにゴールのひとつでもプレゼントしてくれたらもう、言うことないです( ̄▽ ̄)ウットリ
・・・・・・。毎年こんなおねだりしている気がしますが、叶ったためしがないのだ。
まあ、元気にプレーしてくれて、チームの足を引っ張らなければ、そして、もちろん!バイエルンが勝利!それだけでワシにはじゅうぶんなプレゼントですのでヨロシク!いやマジで。もう後がないんだから!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/12

トルコ戦に向けてのオランダ代表招集メンバー

101111_bastian

昨日のトレーニングで、ファンボメルに削られて痛めたらしいシュヴァインシュタイガーです。
tzに、「ファンボメルの次なる犠牲者はシュヴァインシュタイガー!」と書かれちゃいましたけど(汗)その後シュバの怪我情報的なものは出てませんので、たいしたことなかったのでしょう。あんまり張り切って飛ばし過ぎるなよぅ~

さて

最終結果が出ました。もう1回書くのもアレですが、いちおうね。

11月17日・国際親善試合トルコ戦に向けてのオランダ代表招集メンバー

----------
GK
マールテン・ステケレンブルフ (アヤックス)
ミヘル・フォルム (ユトレヒト)

DF
カリド・ブーラルーズ (シュツットガルト)
エリク・ピータース (PSV)
ヨーン・ハイティンハ (エヴァートン)
ヘドウィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア)
ヨリス・マタイセン (HSV)
グレゴリー・ファンデルヴィール (アヤックス)
ペーター・ヴィスヘルホフ (トゥエンテ)
ウルビー・エマヌエルソン (アヤックス)

MF
イブラヒム・アフェライ (PSV)
マルク・ファンボメル (バイエルン)
スタイン・スハールス (AZ)
テオ・ヤンセン (トゥエンテ)
ウェズレイ・スナイデル (インテル)
ラファエル・ファンデルファールト (トッテナム)
デミー・デゼーウ (アヤックス)

FW
クラース=ヤン・フンテラール (シャルケ)
ディルク・カイト (リヴァプール)
イェレマイン・レンス (PSV)
ロビン・ファンペルシー (アーセナル)

----------

予備メンバーの中からファンニステルローイ(HSV)、エリア(HSV)、ブラマ(トゥエンテ)は怪我で見送り、バウマ(PSV)は…なんでだ?(←知らない)
そしてアヤックスのエマヌエルソンが新たに招集されました。有望な左SBとして、現在かなり評価が高いようですね。

貧血気味らしいスナイデルもいちおう呼ばれてますが、だいじょぶなんでしょうか。
カイトはなんとなくだいじょぶそうですが、先週復帰したばかりのファンペルシーは…まだ90分フル出場はしてないんじゃなかったっけ?

って、いやいやいや。

うわあ~~~(汗)御義父様!!!!!
呼んじゃったのねアナタ!ファンボメルを~!

これで行く行かないは本当に本人の判断に委ねられたということに…(汗)
ファンボメルが悩まなくていいように、ここは気を使って欲しかったんだぜ…。
なんちゅうかホント、御義父様も義理の息子も、そこんところ我が強いというか、他人のために自分の考えを曲げたりしませんよね。まあそこが魅力でもあるのだけれどトホホ。

101012_15 heart04

どうする?ファンボメル!

まあ、週末のブンデスでの起用のされ方次第でしょうが、行っちゃうんだろうな~多分…。そして出ちゃうんだろうな~…。ふぅ。
かつての恩師ヒディンクとの対戦だし、そうでなくても、おそらくサッカーをプレーすることに飢えてるんじゃないかと思うので、出場したいはず(想像)。ファンハールが止めたら言うこと聞くかしら。
アタシはファンだから、ヤツがどんな判断をしようと信じて応援するだけなんだけど・・・。う~~ん。。。困った。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/11

スウェーデン戦に向けてのドイツ代表招集メンバー

11月17日の国際親善試合・スウェーデン戦に向けてのドイツ代表招集メンバーが発表になりました。

背番号も合わせてどぞ(☆は初招集)
----------
GK
12 レネ・アドラー (レヴァークーゼン)
1 マヌエル・ノイアー (シャルケ)

DF
2 アンドレアス・ベック (ホッフェンハイム)
20 ジェローム・ボアテンク (マンチェスターC)
13 マッツ・フンメルス (ドルトムント)
17 ペア・メルテザッカー (ブレーメン)
4 サッシャ・リーター (ヴォルフスブルク)
3 マルセル・シュメルツァー (ドルトムント) ☆
5 ハイコ・ヴェスターマン (HSV)

MF
14 マリオ・ゲッツェ (ドルトムント) ☆
16 ケヴィン・グロスクロイツ (ドルトムント) 
8 ルイス・ホルトビー (マインツ) ☆
6 サミ・ケディラ (レアル・マドリー)
18 トニ・クロース (バイエルン)
21 マルコ・マリン (ブレーメン)
10 ルーカス・ポドルスキ (ケルン)
11 アンドレ・シュールレ (マインツ) ☆
7 バスティアン・シュヴァインシュタイガー (バイエルン)
15 クリスチャン・トレッシュ (シュツットガルト)

FW
19 カカウ (シュツットガルト)
23 マリオ・ゴメス (バイエルン)
9 パトリック・ヘルメス (レヴァークーゼン)

----------
(ホルトビーのファーストネームは合ってますかね?いちおうイングランド系ということで英語読みしてみたのですが…。)

「この試合は主力は休養させ、若手にチャンスを与える」とレーヴ監督がかねてから言っていた通り、実に4名もの選手がA代表としては初招集です!(゚∀゚)
しかも初招集選手全員、今をときめくドルトムントマインツから。フンメルスグロスクロイツもまだ2回目だし、ほぼ初、みたいなもんです。
みんなそれぞれ注目ですが、ホルトビーはいよいよ、満を持して、ということになりましたね(^∀^)

バイエルンからはシュヴァインシュタイガークロースゴメスの3名。
ラームとミュラーは多分お休み、クローゼとバトシュトゥバーは故障で見送り、その代わり、先月のEURO予選は怪我で参加できなかったシュヴァインシュタイガーが呼ばれました。キャプテンを務めることになるのでしょうo(^^)o
調子を取り戻しつつあるゴメスは、代表でちょっくら暴れてくるといいよ。

それにしても、同じレアルから、エズィルはお休みいただいたのにケディラは呼ばれてるのはこれいかに?

・・・・・・TVでやらんかな?ナイか…

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ファンボメル帰還

さて

そんなわけで昨日は神妙にしていたのですが、続々と届くうれしいニュースについつい頬がゆるんでしまうこともありました。

まずは、オリッチの膝の手術は無事に成功したそうです。良かったー。ひと安心(^。^)
あとはリハビリがむばって!順調に回復しますように。シーズン終盤あたりで復帰できるといいけれど。

そして本日11月11日はポッキーの日・兼・ラームの誕生日です♪おめでとー27歳!

101110_chronik2
ちびっこラムたんにイヤガラセでデカい本をプレゼント

うそ。「☆四つです!FCバイエルン111年の歴史」特注本の発表会だそうです。
お値段たったの2,999ユーロ!4111セットの限定販売!さあさあ今すぐアナタもポチッとお買い上げ♪moneybag

101110_chronik3 ページめくるのも一苦労

そしてぇーー!

101110_riberybommel

祝!!

ファンボメル復帰!!!!!

火曜日にグラウンドに出てトレーニングをしましたよ、というニュースが公式にちょこっと出ましたが、いよいよ水曜日、オフ明けの選手たちと合流、リベリ、コンテント、ブレーノと共にチーム練習に復帰です~!

・・・・・・。

会いたかった!!!(T∀T)

101110_17

「やっとまたプレーできて、わくわくしてるよ」
さっそく日曜日のニュルンベルク戦に出場するかも?なんて話も聞こえてきまして、ドキドキします~。今までさんざん隠しといてそんないきなりでもうれすぃどうしましょう~heart04

101110_fcbtv3
前と変わらず大きな声で張り切ってたみたい(*´∀`*)

と、ホンワカしていたら
101110_bild
Bildより。
ファンボメル対ティモシュク!トレーニングでバトル勃発!?(汗)

続きを読む "ファンボメル帰還"

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2010/11/10

一年後のR.I.P.

              091111_reenkej_2

09年11月10日、ハノーファー96の、そしてドイツ代表のGKが、32歳の生涯を閉じました。

あれから1年。

彼が何を思って自ら命を断ったのか、ということをあれこれ詮索するのはいけないことだと思います。どうせ他人にはわかり得ないことなのですから、故人の想いは本人のものとして尊重しておくべきなのでしょう。
遺された家族が今どうしてるのか、とても気がかりではありますが、これも興味本位で追うべき情報ではありません。そっと静かに、心の中で見守ってあげたいものです。

彼が患っていたうつ病、あるいはパニック障害や症候群、などの心の病を持つプロサッカー選手たちが安心してプレーできる(あるいは治療に専念できる)環境作りの整備を希望していますが、それは協会や組織が努力してくれることを期待したいと思います。

ハノーファーではおそらく何がしかの追悼イベントが行われるかも知れません。ファンの有志が集まって行進するらしい、という情報もありましたが、どうなったかな。
遠方にいる私はとりあえず、あまり大げさに騒がず、静かに彼を思って、少しばかり祈ることにしようと思います。

改めて、どうか安らかに。

今日はロベルト・エンケの命日です。

        091111_fcb
(当時のバイエルン公式サイトのトップページ)

|

2010/11/08

待ち遠しいの

ロッベンがグラウンドに出て来たよー!(゚∀゚)

101107_fcb
ユルッとジョギングなう

ミュラーがわざわざ「ロッベンが走ってるぜ!」と教えてくれるほどの大ニュースではありますが、ついでにアイツの具合も教えておくれでないかい。

101107_bommel
サインなう

公式サイト上で久々にファンボメルが登場ですぅ~~~~~~。うわぁああん会いたかったよぅ~~笑ってるよぅ~~。゜゜(´□`。)°゜。

恒例の、一斉サイン会が日曜日に行われたもよう。ファンにプレゼントするグッズにみんなでせっせとサインするアレね。100個のボールと500枚のユニに、とありますが、腱鞘炎になっちまいそうだ(^_^;)

私服ボメにキュンキュンですがしかし、脚の具合はどうなのか大変気になります。FCB.tvでこの様子を動画でアプしてくれないものか。
それにしても久々に「Mark van Bommel und Co.」という表記を見てなつかしうれしくなったり。(ここのところ「Schweinsteiger und Co.」だったり「Philipp Lahm und Co.」だったりしたので・・・)
こんなミクロなことにいちいち盛り上がってしまって、どんだけ渇いてるんだ自分(苦笑)。

先日のMG戦、関係者一同が一様に悔やみ反省する、後半開始から15分間、具体的に何がどうなったのかはっきりわかってないのですが、グラッドバッハの攻勢にわたわたバタバタしているバイエルンを見て、ファンボメルの不在を痛感したのは、ワタシと一部のファンボメルファン(ややこし)だけでしょうか。

まいいや。

そんなこんなで、今まさに、GAORAでMG戦放送中なのですが、私用につき忙しくしております。
試合を見るのも遅くなりそうですし(てゆーか見る気があんまりゴニョゴニョ。素晴らしかった前半だけにしようかな…)、見たとしても、感想やらなんやら書くのがだいぶ遅れそうな予感です。ども申し訳ありません m(__)m

という、どうでもいいお知らせでした。エヘ

関係ないけどおまけのモエ~フォト
101106_petric
パパ・ペトリッチの表情がheart

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010/11/07

速報:メンヒェングラッドバッハ対バイエルン

101106_daniellahm
「サービスするから許してチョーダイ」

ダメです。勝ってから脱ぎやがれ!(←意味不明)

ボルシア・メンヒェングラッドバッハ 3-3 バイエルン

また裏切られた・・・・・・・・・・・。

今回は信頼していたので、あえて試合前の頑張れlogをアプしませんでした。それだけにこの結果はショックです。
いつになったら安心して浮かれコメントを出させてくれるんだい。あのCLの試合でむひょむひょ盛り上がったのはそんなに罰当たりなことなのか?

とりあえず、みじめな敗戦からバイエルンを救ってくれたラームにはみんなで感謝しましょうね。

だけどそれ以前に。せっかく逆転したのに、同点にされちゃダメでしょうが!さらに再逆転されるってどうゆう了見だ!

最下位チームにあわや負けるところでした。ダメだ。負けなかったからよかった?いーやっ、誰がなんと言ってもこれはダメです。勝たなければいけない試合でした。

今はまだ頭に血が上ってますので、とりあえずこのへんで。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/05

「できちゃったみたい」

もちろん、ワタシの話ではありません(ちっ)。オリバー・カーンが!

じゃないわ、カーンのカノジョのスヴェンにゃが!カーンのコドモを!

100304_echo2 ぴとっheart

3人目のお子さん、おめでとぅ~♪ってかスヴェンにゃとは初めてのお子さんですね♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

○| ̄|_ 。

スミマセン、しょっくなんですけど……。(知らんわ)
いや、コドモができたのはめでたいことです。別にもはや不倫じゃないし、堂々と子作りしてかまわないんです、元気に産まれるといいね、とそりゃー思いますけど、えーでも、なんかさ~あトホホなんだってー(←もはや日本語になってない)heart03
だってなんかスヴェンにゃ好かんのよー。化粧が濃すぎてホントの顔がわからんもん!←言いがかり
…。フェレーナだろうがスヴェンにゃだろうが、カーンのヲンナにはもれなくヤキモチを焼く身の程知らずですので、気にしないでください。。。トホホ

061210_7
「パパでちゅよ~heart」(注※よその子です)

まあ、こんなモエ~な表情のパパカーンが見れるならそれもまたヨシ…。
若いヲンナばっかり手を出しやがってっ!キーッ、とか思ってましたけど、よくよく考えたらスヴェンにゃも29歳ですし、そうムチャクチャ若いってほどでもなかったですね。むしろ適齢期です。

…とはいえ、ネタ元になってるのが、ゴシップ誌(たぶん)のBUNTEというのが信憑性にいまひとつ…(^_^;) tzでさえ「と、BUNTEに載ってます」としか。
こういうネタはBildが得意なんじゃないのか~、と思ってるのですが、今のところ出てないっぽいです。見落としてるだけ?

プライベートなことなのでカーン側も情報が表に出ないよう配慮してるのかも知れませんね。続報はあまり期待できないかな。ある日突然「産まれたポン」というニュースが、それこそBildとかに出るのかも知れません。

100304_echo29
妊娠中はタバコはやめとけよ~

で、こうなると、個人的に年齢的にも人の妻であるという立場からも、やっぱり元妻・ジモーネのことが気になるわけで。
ら、このBUNTEのパパカーンニュースの横にちゃっかりリンクが出てました

10_10_26_bunte

若いツバメ、じゃないわ、若いGKクンと怪しいらしいわよ奥さん!
Bild日曜版(いつの?)に、仲良くしているところがスクープされた、とありますがオンライン版のBildでは見つかりませんでした。
フランケン地方にあるSV Hiltpoltstein とかいう無名クラブのLutz Voight(27)という無名選手だとBUNTEは言うのですが、クラブも選手も無名すぎて、全然調べ切れませんでしたorz
いちおクラブも本人も存在はするらしいのですが、まるで両者の接点がつかめませんでした。

それにしてもカーンもジモーネも、異性の好みちゅうのは変わらんのぅイヒヒ、とか思うわけですが、ジモーネの方はカーンコドモニュースよりさらにマユツバな感じがしますよ。。。
まあ、二人ともそれぞれ幸せになってくれい。←超・大きなお世話

ところで。離婚しても“ジモーネ・カーン”なのね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CL:クルージュ対バイエルン

まずは。
ラーム、2016年までバイエルンとの契約延長ありがとぅー!\(^∀^)/

101104_fcb

数日中にサインするとのこと。嬉しいことじゃありませんか。
次はシュヴァインシュタイガーだな!

暗いニュースてんこもりだったバイエルンに、にわかにいいことがいっぱい飛び込んできた、そんな試合です。

11月3日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE 第4節
CFRクルージュ 0-4 バイエルン・ミュンヘン

とっても同感のBildの採点も合わせてどぞ
101103clujfcbfj
交代:ミュラー(2)(75シュヴァインシュタイガー)
サブ:クラフト、ブラーフハイト、アラバ

得点:ゴメス(12オットル)、ゴメス(24シュヴァインシュタイガー)、ゴメス(71シュヴァインシュタイガー)、ミュラー(90アルティントップ)
カード: ラファエウ・バストストラオレオットルシュヴァインシュタイガーデミチェリス

お待たせしました!行くぜ!
101103_gomez

バイエルンサポの皆さ~ん、ゴメゴメしてますかー?(^∀^)

おめでとう!マリオ!今ここにようやく、復活という言葉を君に捧げようではないか。
もちろん、ゴールまで流れを持って行った選手たち、アルティントップティモシュクオットル、そしてシュヴァインシュタイガー、彼らは本当に素晴らしかったのです。見逃してはなりません。
だけどその絶好のチャンスをきちんと決められるようになった!
そして3点目はシュヴァインシュタイガーのパスも絶妙だったとはいえGKと1対1になってからは自分だけの力で決めたもの。
いよいよ、任せて安心、頼れるワントップ、バイエルンのエースストライカーとしての道を歩き始めたのだ、と思いました。

101103_bayern

みんな最高!素晴らしい試合でした!もう、文句付けようがないです。
こんな風に安心して見ていられるバイエルンはいつ以来なんだろう…。
チーム全員が自信に満ちてて、落ち着いて、確信を持ってプレーしていました。強者の試合運びだったと思います。

王者の帰還か?

・・・・・・ちょっと調子に乗っちゃいましたかね(^∀^;)
でも思わずそんな言葉が脳裏に浮かんでしまう程、今回の彼らは、王者バイエルンにふさわしい堂々たるパフォーマンスでした。

まあ、背景はいろいろあるでしょう。
ゴメスが早めの時間にみごとな先制ゴールを決めたので気持ちに余裕ができたこと、トップ下に配置されたシュヴァインシュタイガーの切れっぷり、ティモシュク、オットル、プラニッチ、アルティントップ、デミチェリス、といういわゆる「Bチーム」たちの奮起とモチベーション、などなど。

もはや「ロベリーがいなくても」とか「普段はサブの彼らが」とか、そんなことを言っては失礼なのかも知れません。
全員がFCバイエルンの大事な戦力なのだ。いなくなっていいヤツなんか一人もいないのだ。
俺たちはチームだぁー!

彼らが即、怪我離脱中の主力たちにとって代わることはないんだろうと思います。
だけど、こんなにステキな彼らなのに、またベンチに追いやるのはあまりにもったいない。
今後主力が復帰した暁には、もっと柔軟に、レギュラーとサブメンをきっぱり分けたりせず、上手にローテーションして使って行くことも考えてもいいんじゃないのかなーファンハールさんよ。
ウリがサブメンの扱い方がどうのこうの、と言ったのは、もしかしたらそういう意味もあるんじゃないのかい?と思ったり・・・。

101103_uliluis 「・・・・・・・。」

と言っても、何から何まで完璧、だったわけではなく、セットプレーの守備はいい加減にちゃんとせえ、ということと(←ナニゲに重要)。
あと、後半開始→3点目が入るまではちょっと、クルージュの反撃にバタバタおろおろしてしまって「前半は錯覚か?やっぱりキミたちはいつものへなちょこバイエルンだったのか?」と思ってしまう時間帯があったこと。まあ、その時間帯もブットのファインセーブ等でふんばり切れたのは、やはりうかつには負けない力がついてきたのかな、と思いました。運じゃないと思う。

この日は我らのレジェンド、ゲルト・ミュラーの65歳の誕生日だったそうです。
今シーズンはどうも、ルンメニゲの誕生日もベッケンバウアーの誕生日もロクなことになってなかったので、却ってゲンが悪いんじゃ、とこそっと思ってましたが、今回はだいじょうぶ!みごとな勝利で花を添えることができましたね(^^)

CLでのグループリーグ4連勝は意外にも初めてだったそうです。
そしてもちろん!
この結果、バイエルンはグループリーグ通過、決勝トーナメントの出場が決まりました!やったぜ!おめでとう!
みんなよくやった!本当に本当によくやったぞ!

以下個別雑感&ネタ劇場

続きを読む "CL:クルージュ対バイエルン"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/11/04

トルコ戦に向けてのオランダ代表招集予備メンバー

出た―!

いや、本来なら最終メンバーが決まってからアプするべきだったのでしょうが、気になっていたので、予備の状態からアプしてしまいます。

----------
11月17日・国際親善試合(於ロッテルダム)トルコ戦に向けてのオランダ代表招集予備メンバー

GK
マールテン・ステケレンブルフ (アヤックス)
ミヘル・フォルム (ユトレヒト)

DF
カリド・ブーラルーズ (シュツットガルト)
ヴィルフレト・バウマ (PSV)
ヨーン・ハイティンハ (エヴァートン)
ヘドウィゲス・マドゥーロ (ヴァレンシア)
ヨリス・マタイセン (HSV)
エリック・ピータース (PSV)
グレゴリー・ファンデルヴィール (アヤックス)
ペーター・ヴィスヘルホフ (トゥエンテ)

MF
イブラヒム・アフェライ (PSV)
ヴォウト・ブラマ (トゥエンテ)
マルク・ファンボメル (バイエルン)
テオ・ヤンセン (トゥエンテ)
スタイン・スハールス (AZ)
ウェズレイ・スナイデル (インテル)
ラファエル・ファンデルファールト (トッテナム)
デミー・デゼーウ (アヤックス)

FW
エリエロ・エリア (HSV)
クラース=ヤン・フンテラール (シャルケ)
ディルク・カイト (リヴァプール)
イェレマイン・レンス (PSV)
ルート・ファンニステルローイ (HSV)
ロビン・ファンペルシー (アーセナル)

----------
ちょっと迷っていた名前の表記について。
「Pieters」を「ピータース」に、「Peter」を「ペーター」に、広く通用していると思われる表記にしました。

さて

親善試合だというのにガチメンバーです(汗)先月のEURO予選で初招集だったヴィスヘルホフが再び呼ばれ、そして前回招集を見送られたデヨンクは再び呼ばれませんでした。まだ反省が足りないということなのでしょうか…。きりのいいところで今年いっぱいはナシ、ということかも知れませんね。

で。ででで。

ファンボメルが呼ばれちゃいましたよ~(汗)うわぁ~~

まだ復帰してないというのに…。そして仮に、この試合の前に復帰したとしても、バイエルンがまたゴチャゴチャと、行くの行かないの出るの出ないの、ひと悶着あるんじゃないかと心配です……。
もっとも、この頃までにはバイエルンでの復帰はないんじゃないかというワタシの黒い予想であります。さて、どうなりますやら…。

そしてカイトファンペルシーといった、これまた、まだ怪我から復帰していない選手の名前があります。これもクラブから苦情出そうですね(-_-;)
ファンニステルローイやエリアもたしか怪我中だったと思いますが、二人ともぼつぼつ復帰予定みたいですし、ニステルは比較的軽傷だと思いますので、こちらはあまり問題ないんじゃないかなーと。

何を考えちゃってるんだか御義父様、無茶しないで、と思いますがまあ、ファンボメル、カイト、ファンペルシーの3人は結局、調整不足等を理由に、最終選考は見送られるか、辞退ということになるかも知れません。

【追記】
ハンブルガーのファン・ニステルローイ、そけい部の負傷で数週間の離脱(スポナビ)
ありゃ。ダメじゃん。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/11/03

どうなっちゃってんの

一体・・・・・・・・・・・・・・・・。

内容ダメダメ、結果はOK

CL:ハポエル・テルアビブ 0-0 シャルケ

101102_huntelaar

あんまりつまんないから倍速で見てしまったけれど、まったく問題なかったです。てゆーか、倍速で見た時間さえもったいなかったわい。

みどころは、ノイアーのさすがの安定したパフォーマンスと、アウェーの地にありながら裸で吠える熱いシャルカー野郎の皆さん、試合後にハポエルの選手たちに次々脱がされ(=ユニ交換)、こちらも裸祭りになってしまった("▽")シャルケの選手たち。だけ。

結果としては、勝ち点1でもまあ、そう悪くはないでしょう。イスラエルでアウェーですし。なんとか無事に2位キープ。ハポエルはグループリーグ敗退が決定したそうです。
ただ。
そのハポエルにCLで初の勝ち点を献上してしまったというのはどうよ?
何よりも、どんなささいなきっかけでも、チームが浮上するためには勝利が必要だったのではないでしょうか。

みんなすごく自信なさげにプレーしてて、シャルケの落ち込みっぷりが相当深刻なのが見てとれました。勝ち方を忘れちゃってるのかな。
かといってハポエルが特によかったわけでもなく。勝ち点1以外の何も残らない試合でしたとさ。
PS・でもクリーンシートはいい兆し?…かなぁ。
 

いっぽう、内容はOK、結果がダメダメ

CL:ブレーメン 0-2 トゥエンテ

101102_de_jong

いまやオランダでデヨンクと言えばあのナイジェルじゃないんだぜ、ルークとレイア、じゃないわ、ルークとシームのデヨンク兄弟のことなのだ?☆
ちなみにこのトゥエンテのデヨンク(中央)は弟ルークの方。兄シームはアヤックスです。

いっや~、魅力的でしたねトゥエンテ。若い力が躍動し、このデヨンク弟、ザンバラルイスチャドリを筆頭に攻める!走る!魅せる!イキのいいサッカーで気持ちよく勝利です☆リーグ首位はダテじゃない!

・・・・・・じゃない。そーじゃない。いかにオランダに甘いワタシと言えど、ここはドイツの応援だって言っとろうがぁー!向こうのファンを増やしてどうするんだ!

いや、ブレーメンだって悪くなかったんですよ?双方お互いアグレッシブにゴールを狙って、チャンスも同じくらいあり、そして両GKが好セーブの連続で、見てて素直に楽しめる試合でした。

がっ

101102_frings2

んーいやぁ、カード覚悟でルイスの突破を止めたフリンクスはしょうがなかった、いや、なくはないけど、でも、気持ちはわからなくもないです。(←混乱)

そして、10人になったからと言ってドン引き守備ガッチガチ作戦に陥ることなくあくまで自分たちの信じる攻撃サッカーを変えようとしなかったブレーメンの姿勢は、けして賢くはないけれど、そんな心意気は嫌いじゃないです。

だけどぉー、これはナイわー
Dsc07256
(トゥエンテの攻撃方向は(右から左))

失点につながった、トゥエンテのカウンターです。そんなにムチャクチャ高速だったわけでもないのに、3人て!他の連中はハーフウェーラインの向こう側。たった3人でどうしろと!!
いくら攻め攻め状態でも、相手のカウンターの時ぐらいは戻って守ろうよ!sweat01

結局これで気持ちが折れてしまったブレーメン、取り返すどころか2点目まで取られ、空しく敗戦。
フリンクスの犠牲は完全に無駄に終わったわけです。

この結果、ブレーメンは4位に沈み、グループ突破どころか、ELさえ危うくなりました。

101102_pizza

・・・・・・・・・・・・・・・・。

しっかりしてくれよー、ドイツ!(>_<)
みんなで決勝トーナメント行くんじゃなかったのかぁーーーーー

あーもー、結局ウチが頑張るしかないのかー!あぅー(汗)か、勝つぞ!勝ってグループリーグ突破を決めてやる今夜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウリとルイ、仲良くケンカしな

Dsc07255_2

ヒマやのぅ。

妙に顔色の悪いモジャ毛イケメン(反論不可smile)の前に渦中のオッサンが座ってますが、日本語にも出ましたぜ。
バイエルン会長「われわれの声がファン・ハールに届くことはないだろう」

件の発言をしていると思われるシーンの動画をようつべで見たのですが、結局何言ってるのかさっぱりちんぷんかんぷんなので意味ナッシングでした(^_^;)

まあ、なんですか、なーんだかな~、であります。
大体そんなことわかってて自分が連れて来た監督なのに今さら何を文句付けちゃってるんですか、とも思うし、発言内容の妥当性はワタクシのあずかり知るところではありませんが、ブンデスリーガで楽しく勝って、いい雰囲気のままいざCLへ、というこの時期に、タイミング的にはマズいですわねえ。

ウリが突然キレて監督や選手を批判したり攻撃したりするのは今に始まったことじゃないようですが、それにしても、ちょっと唐突感がありました。
見えないところで二人の間に何かあったのか??とか下衆の勘ぐりをしてしまいたくなるような。

そんなこんなで、オリッチ・ショックもあり、シュヴァインシュタイガーの移籍ネタも盛り上がっているようですし、ろくなニュースがないバイエルンですが、3日のCL・クルージュ戦に向けて現地入りしたようであります。

出発のミュンヘン空港にて
101102_van_gaal2 とことこ

101102_uli1_2 荷物がたくさん

101102_uli2 応援グッズもぬかりなく

101102_karl
仲介をするはめになりました。「(面倒起こしてくれたもんだぜ…)」

101102_alaba
結局バトシュトゥバーは帯同できなかったようですが、でもアラバの復帰は明るい話題です☆後ろでイケメンオーラを放っているティモシュクですが、ジャージスタイルのせいで台無し。

101102_lahm
ラームの手が意外にデカいことに初めて気づいた件

tzに掲載されていた、携帯で隠し撮りしたっぽい怪しい写真。機内では
101102 前後ろ。気まずい~

モヤッとしたまま(知らんけど)クルージュ入りしたバイエルン御一行様ですが、到着するやいなや、早速、ルンメニゲとホプフナー両取締役&ネルリンガーSDも交えてウリとファンハールのケンカの仲裁、じゃないわ、話し合いをして、

仲直りしましたぁ~(←棒読み)

という公式声明がサイトにアプされました。めでたしめでたし。(←棒読み)

スッキリしたところで記者会見
101102_hoewick
敏腕メディア担当:Höwickさん。「あの話はナシでヨロシク!」(多分)

101102_lahmbutt_2
今回はこの二人。

まあ、ともかく、チームが試合に集中できるようにお願いしますよ。まったくもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/11/01

オリッチ、今シーズン絶望

101026_olic2

GAORAでフライブルク戦を見たのです。
そしていろいろと感想が変わりまして、ティモシュクはCBでもボランチでも全然良かったし、試合自体も普通に「いい試合」だったので、別に辛口になる必要もなかったわい、あれこれケチつけてゴメンね、でもブラーフハイトのオウンゴールは鮮やか過ぎてウケちまったぜ、とか、そういうことを書こうと思ったのです。
現時点ではまだ出てませんが、kickerの採点なんかもアプしようかなと。MoMは誰かな?とか楽しみにしていたのです。
あと、ウリが何故か今になってファンハールのことを「彼は人の言うことを聞かないのだ、彼の数人の選手に対する扱いには誤りがある」とかなんとか批判をしたとかいう話をしようと思ったのです。
あと、ポカールの次の対戦相手がシュツットガルトに決まったよ、とか。

しかし、この衝撃ニュースに、そんな気分がぶっ飛んでしまいました。

オリッチ、6ヶ月の離脱

まだドイツ語版しか出てないのではっきりわかりませんが、
膝の半月板と軟骨を損傷したので、ドクター・ミュラー=ヴォールファールトと話し合った結果、アメリカのドクター・ステッドマンの下で手術を受けることにした。
全治約6ヶ月。
オリッチはシーズン初めから膝に問題を抱えていた。
と読めます。

全治6ヶ月って…今シーズン絶望ってことじゃないか(大号泣)(T△T)

シーズン当初に負った膝の怪我との因果関係とかはどうなってるんでしょう。
今回新しく怪我をしてしまったのか、あるいはバイエルンのドクターの見落としとか治療を誤った可能性は…?まさか…
そこらへん、日本語で詳しい報告が出ればよいのだけれど。

オリッチはきっと強い心の持ち主だから、くさらずあきらめずリハビリに励んで元気に戻って来てくれるに違いない。
我々ファンは信じて応援して、待つことしかできない。
もしかしたら驚異の回復力とかで、最後の数試合は出られるかも知れない、それまでにチームが素晴らしい栄光を持って彼を迎えられることを。

でも…、長い。あまりに長いよ…。

だから。なんでこーなる?(泣)

----------
そうこうする間に採点出ました。そんなわけですので控えめに。プラニッチが1.5でMoMです。さらにそのプラニッチとティモシュク、シュヴァインシュタイガーが今節のベストイレブンに選ばれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »