« 間もなくローマ戦 | トップページ | CL:シャルケ対リヨン »

2010/11/24

CL:ローマ対バイエルン

・・・・・・・・・・・・。

11月23日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE 第5節
ASローマ 3-2 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
101123romafcbfj
交代:コンテント(4)(73ミュラー)、アルティントップ(77リベリ)
サブ:ブット、ブラーフハイト、ブレーノ、アラバ

得点:ゴメス(34リベリ)、ゴメス(39ミュラー)、ボリエッロ(49メネス)、デロッシ(81リーセ)、トッティ(84PK)
カード: グレコメクセスデロッシメネスクロースクラフト

バイエルンサポの皆さ~ん、大きく息を吸って腹から声出して!行きますよ、せーのー
 

なんじゃこりゃあー!!

 
・・・・・・。

ええええ、わかってます。わかってます。いかにワタシとて、もうかばいきれません。
「6」でも甘い、「6.5」でもいんじゃねーか、とさえ思いました。
心の中で叫びましたよ「止まるなミーチョ!寝るなダニエル!」と…。

でも、二人に関しては以上で止めさせてください。ファンであるワタシがこれ以上厳しいことを言ったら、なんとゆうか、もう、歯止めが利かなくなって、心が壊れちゃう。

それにしても。この試合に限らず、CB二人に限らず、バイエルンの守備面の危うさは、一体なんなんだろーなー?と常々疑問なのであります。
もちろん選手個人の能力の問題は大きいでしょうし、チーム全体のメンタルとか、経験とか試合勘とか、外からはコントロールしづらい要素も複雑に絡み合ってのこととは思いますが…。

どうも、チームとしての守備に対する戦術とか取り組み方とか、何かが根本的に間違ってるんじゃないかという気がしてなりません。
そこを修正しないことには、誰か選手を入れ替えたり補強したりしたとしても、あまり変わらないんでないのかなーとか。個人的なエコヒイキを別にしても。

と、ハラの中で煮えくり返るものをぐっとガマンして、罵詈雑言は叫ばずに、あえて淡々としてみました。彼らが飲み込んでるであろう毒をオイラも飲み込むのだ。
別に深い理由はないのです。そうしたいだけ。とゆうか、今は毒を吐き出したくないのです。
かばうつもりはないんですがね…。今回は監督じゃなくて選手のせいだと思うし。
ただ、内部事情がうまく行ってないのは監督のせいなので、それがチームのパフォーマンスに表れたんだとしたら、結局は監督の責任もあるわけか。なんかややこし。ってかどうでもいい。責任はみんなで取りやがれ。

試合の写真を探す気がしないので、代わりにらくがきでもどぞ
101123_tymoderossij

よかった探し

101123_gomez3
ゴメスのドッペル。

101123_kraft
クラフト。ついに公式戦でプロデビュー。

いやいやー、良かったですね。スタメンを見た時はぎょっとしましたが、予想をはるかに超えるハイパフォーマンス。特に61分頃の、神セーブ2連発はトリハダものでした。
ただ、3失点目となったPKを与えるファウルをしてしまったのは、経験の浅さを感じました。
もちろん、クラフトが手を出さざるを得なかったボリエッロの突破をやすやすと許したザルどもが一番悪いとは思いますが、ベテランGKだったらもうちょっと違った対処をしたのではないでしょうか。
でも、(止められなかったので意味ナッシングではありますが)PKの方向をバッチリ読んでたのも良かったですよね。
将来への期待をじゅうぶん感じましたが、かと言って、来シーズンバイエルンの正GKを任せて安心、とまでは…。

ただ。ただ。
クラフト本人に文句はないのですが。
ファンボメル、シュヴァインシュタイガー、ブットがいないバイエルンエルフを見ていて、なんだかちょっと心もとない、チームに一本芯が足りないように感じてしまいました。カピテン・ラームがいるからいーじゃねーか、と言えばそうなのですが。一人だとなんとなく荷が重そうな…
それでも前半は問題なかったのですが、後半チームがバタバタとパニックになっていた時、落ち着きをもたらすベテランとかリーダーが必要なのではないかと思いました。ファンボメルとシュヴァインシュタイガーがいないのは仕方ないので、やはりここはブットかなぁ、と。クラフト起用は、シュバが戻るバーゼル戦でも良かったかも?

・・・。
というわけで近年稀に見るくだらない敗戦をしたバイエルンですが、公式によると、これでもグループリーグ1位が確定したみたいです。そーなの?なんで?
なんかカッコ悪い。むしろ恥ずかしい。ここは勝って決めるべきでしょうよ・・・

|

« 間もなくローマ戦 | トップページ | CL:シャルケ対リヨン »

コメント

こんにちは。
まずは”ついったー”見ました。写真&「!」マーク付きですね!アイツがピッチに立つまで、もうひと息だ・・・。

ところでCLローマ戦は、私にとって”ス○パでCL見る”第一号(?)でした。大げさな前フリもなく(地上波と一番違うところだと思います)、実況アナと良平さんの声が落ち着いているなぁと思いました。良平さんは、クラフト君が先発だというのを、実況アナに言われて気が付いたみたいですね。
試合については、私もコリアンダーさんと同じく、失点した時にチームを落ち着かせるベテランが要るなぁと感じました。
昨年は「トリノの・・・」だったっけ、と思い出しました。あまり内容にこだわってばかりでも、とは思いますが、グループリーグ第6節はキチッとやってほしいです。
しかしまずは・・・今週のBLだ・・・!
では又です。

投稿: 梢 | 2010/11/25 15:28

> 梢さん
ボメ→フランクフルト戦に出られるんじゃないか、と言われてるようですね。でも今回はさすがに用心してますよ。。。アイツがピッチに立って、90分、いや70分か20分かわかりませんが、無事に試合を終えるのを見届けるまでは浮かれず騒がずおとなしくしてます。試合中に怪我したり古傷が再発したりしたら意味ないですしね。

おぉ、欧州セットに入られたのですね!これでバイエルンの試合checkはばっちりですねhappy01せっかく加入したんだから、はやくTV画面でボメのプレーが見られるといいですね…。
そして初・良平さんだったのですね(^^)ドイツサッカー解説の第一人者で任せて安心、すごく情報を持ってらっさる方なので、ぜひご堪能ください。情報披露が過ぎて試合の流れから話がズレることも多々ありますが、まあ、ご愛嬌ってことで。
去年のグループリーグは5節で首の皮がつながって、6節でトリノの奇跡が起きたのですよね。あの苦しさを思えば雲泥の差ですが、やはり首位通過にふさわしく、きちんと勝ってしかるべきでした。ブンデスリーガがますます心配です。

投稿: コリアンダー | 2010/11/25 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/37823957

この記事へのトラックバック一覧です: CL:ローマ対バイエルン:

« 間もなくローマ戦 | トップページ | CL:シャルケ対リヨン »