« 短信:HSV対バイエルン | トップページ | 木枯らしに抱かれて »

2010/10/25

風はすぐ吹くか?

(注※タイトルに意味はありません。ガンダムネタでもありません)

どもども、こんばんわ、コリアンダーです。

更新をサボっておりますが、やはりHSV戦の結果があんなだし、ファンブイテンもファンボメルもさっぱり姿が見えないしで、どうもテンションが上がりませんことよ。
テンションが高い時はしょうもないネタでも面白おかしく取り上げるものを・・・

ぐだぐだしつつ、昨日今日は画を描いておりました(今さらハノーファー戦。記事にこっそり貼ってあります)。

首位との差をこれ以上広げられてたまるものか、と、ゆうべはホッフェンハイムとレヴァークーゼン頑張れ、と邪念を送っておりましたが、そんなヨコシマな思いをサッカーの神様が叶えてくれるはずはなく、マインツは無事勝利、ドルトムントはご存知、試合終了寸前でのFKが決まり、劇的に敗戦を免れましたね。

強いチームにはやはりいい風が吹くよ、と寂しく思うのであった…

マインツは首位奪回、バイエルンとの差はまた12に広がっちゃった、って、なんかもう、関係ない話ですかねぇ。
降格圏とのゲーム差の方が近いんだってことを、クラブはもうちょっと実感して欲しいもんですわ。我々ファンがどんだけ我慢しているかも。

しかしそんな中でもささやかに

101022_tymo

おめでとう!ティモ!\(^∀^)/

kickerのHSV戦での採点が両チームで最高の「2」ゲット!MoM!さらに今節のベストイレブン!もしかしてバイエルンに来て初めてだったり?
・・・・・・・CBでだけどね!(^_^;)
バイエルン公式のホメホメ記事は皆さまもうごらんになったでしょうが、
「監督にほかの選手たちが欠場したときだけに自分に出場機会があるのではないということを示したい」
(=「俺は他にいないから使われるような、そんな選手じゃないんだってことを見せてやるぜ」←コリアンダー的アグレッシブ風勝手訳)
という、さりげなく野心をチラリさせてるコメントがなかなかよいです(^^)

とはいうものの、そのティモシュクと現在ポジションを争っているのがファンブイテンというのがなんともかんとも。。。。。。。。。。。なんでそうなっちゃうのか~(複雑すぎ)
そしてティモシュクが本来のポジションに戻ったとしたら今度はファンボメルがライバルになるわけで。。。。。。。。。。。。。。どーすりゃいいんだい。

ところで

ドイツはそんな感じでしたが、オランダで大変な試合があったようで。。。

101024_psv

10-0!!

歴史的大敗のフェイエノールト、2部降格も現実味(スポナビ)

フェイエノールトは前半途中で退場者が出てしまったりもしたようですが、それにしてもこれは…。どうしたことでしょう(汗)後半だけで8失点です。守備大崩壊。不調ここに極まれり、という感じでしょうか。
PSVのついったーから続々とゴールのお知らせが入って来るので、何がどうしたのか(汗)と驚いておりました。
までもワタシ的には、フェイエ目線よりやっぱり、PSVが記録的大勝!であります。

101024_psv3
来年はこの中にファンボメルの姿があるのだろうか、と思ってみる(しんみり)

101024_feye2_2 
うっ・・・(泣)GKにとっては一生忘れられない悪夢に違いないよ。

101024_lensreis 
せっかくなのでゴッチャになる二人の顔を覚える。左がレンスで右がレイス。(違?自信ナシ)

101024_lens レンス(Lens)。

101024_reis レイス(Reis)。

101024_psvtv
なんと!!(゚∀゚)ファンボメルの御義父様と息子ちゃんが観に来てたみたいですよ! じぃじの顔になってるファンマルヴァイクがほっこりですね。
画面には映ってませんでしたが、奥たんもいたのでしょうか…。まさかファンボメルもいっしょじゃあるまい……

ともあれ、PSVはおかげさまで首位を守っております。よしよし。この調子で来シーズンはCL出場なんだぜ…(気が早い)

そんなファンボメルにまた移籍の噂が、と、話を続けようとしたのですが、長くなったので分けます(^^ゞ

|

« 短信:HSV対バイエルン | トップページ | 木枯らしに抱かれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/37389318

この記事へのトラックバック一覧です: 風はすぐ吹くか?:

« 短信:HSV対バイエルン | トップページ | 木枯らしに抱かれて »