« ザックりと:サンマリノ対オランダ | トップページ | 速報:試合終了 »

2010/09/07

それぞれの言い分

100904_4

100904_10

ゼップ・ヘルベルガー財団の大使をしているオリバー・カーンが、そのお仕事で、ムショ別対抗サッカー大会(たぶん)&講演活動のためにケルンの刑務所を訪問したようです。去年も参加してましたけど、毎年の行事だったのですね。
それにしても受刑者たちの顔を加工なしでモリモリ丸出し&コメント映像まで撮ったりして(さすがに名前は仮名っぽいですが)、ドイツメディアはおおらかだな~と思うのであります。
レポは財団公式あたりでどぞ。そのうちもう少し充実した(カーンの)写真集なんかもアプされるといいなー

動画は公式と、ここここから拾いました。それぞれカーンの表情が少しずつ違うのでカーンファンはよろしければcheckあれ。

W杯が終わってからこっち、鳴りをひそめていたカーンですが、9月に入ってからインタビューに答えたりこの活動に登場したりしてるので、やはり8月いっぱいはバカンスだったんでしょうかね。わかんないけど。カノジョとどこか、スペインとか地中海の島で存分に堪能したに違いないよ。
大きなお世話なのは承知していますが、家族サービスとかどうなってるのか少々気になる。ダビッド君あんなにかわゆかったのにん…

【追記】財団公式サイトにギャラリーがアプされました。
100904_kahn
広告フォトみたいにオシャレな感じになってるのがなんとも(^_^;)どでもいいけど、またちょっと太ったんちゃうか。休み中に食い過ぎたのかい。

----------
さて

もはや火曜日だというのに今さら金曜日の話もないだろうと思いつつ、今晩はもうトルコ戦で、みんなとっくに気持ちが切り替わっているはず、とも思いつつ、いや、だからこそ、話をまとめてからでないとワタシ的にスッキリしないので

100903_daniel3

ドイツ戦でのファンブイテンのあのミスに関する3人のコメントを超おおざっぱにまとめてみました。意味が正反対だし!とか、あまりにかけ離れてる箇所がありましたらご指摘ください。

ファンブイテンのコメント

「フェライニのあのパスには驚いたよ」
「ボールは僕とシュヴァインシュタイガーの間に落ちて、僕はすぐにプレッシャーを受けたんだ」「フェライニは沢山のドイツ選手がいるエリアでボールを持った。彼はただ単に、(前方に)蹴り出すべきだった。あの時彼は間違った選択をして、マズいパスをよこし、そして話をしようとしなかった」
「僕が罪悪感を感じているかどうかって?そんなことは重要じゃない。ただ、このことが、僕たちの良いゲームの価値を損ねてしまうのは残念なことだ」
「トルコでは少なくともドローでなければいけない」
「僕たちは悪いプレーはしていなかった、だけどほんのちょっとのことが、違ったことを作り出してしまったんだ」
その後具体的にドイツはこうだったとか、僕たちはまだ若い発展途上のチームだからね、とか語ってますが略。(雑なことでスミマセン。参照記事はこちら

レーケンス監督のコメント

「もっと全体を見なくてはいけない」
「最大のミスは、もっと早くにあったのだ。ボールは、私が縦方向にプレーするように要求している間に、横に動いてしまった。ダニエルはミスをした、彼は今や、イスラエルに向かって罪を背負っている*が、私は断じてそういうことはしない。私は彼を処刑したりはしない。私は100%選手たちの味方だ。ここでは非常に大げさに伝えられているが、私はそれには共感しないよ。みんな、W杯でのドイツのミロスラフ・クローゼの状況を忘れている。彼はバイエルンではベンチで、信頼を得ていなかった。それでもレーヴ監督は、断固としてクローゼを起用した。このことがW杯で何をもたらしたか、誰もが見ていたのだ」
「トルコ戦でのプランはまだ固まっていないが、ファンブイテンが確実にプレーするであろうことは言うことができる。私には、彼を控えに置く理由が見当たらない。彼は、チャンピオンズリーグのファイナリストであるバイエルン・ミュンヘンの選手なんだ。彼はミスをしたが、それは誰もがするものだ。ベルギーリーグで、私はあれよりもっとたくさんのミスを見ている。私たちは、インターナショナルなファンブイテンよりも良い選手がいるふりをするべきではない」

(*「イスラエルへの道すがらなんとやら」という言葉は他でも見かけましたので、何か聖書関連からの慣用句ではないか??と、勝手に思ってそのままにしました)

ひ~~~や~~~~~("▽")
あああああありがとうございまず監督ぅ~!!(T∀T)感謝感涙!!
そ、そ、そんなにファンブイテンのことを信じてくださって…
ダニエルは、こんな監督の信頼に応えなくてはいけませんよ。

監督はもう少しファンブイテンについて語っているようですが、もう満足しましたので略(どういうことだ)。参照記事はコチラです。

フェライニのコメント

「僕にとってドイツ戦はもう終わったことだ」
「今は僕たちはトルコ戦に集中しなくてはいけない」
「だけどコントロールミスをした選手は僕だけじゃないよ…」
以下、トルコ戦に対するサッカー的な意気込みを語ってますが略(参照記事はコチラです)

100903_fellaini2 より目

ファンブイテンからの苦情についてはスルーの構えのようです。偉い。スマンのぅ…

----------
ファンブイテンのミスが試合を決めるゴールになってしまったことよりも、それ以上に、それをシレッと他人のせいにしたのが更にショックでした(T_T)
一人で罪を背負ってションボリしなさい、とは言わないけれど。そんな必要はまったくないけれど。

ミスが起きるのは連携が悪いから。失点したのは、流れの中で生じたささやかなほころびを対戦相手が見逃さずにチャンスにつなげたから。
それに、失点した時点でも、ベルギーにはまだまだ挽回できる時間は残されていたので、逆転できなかったのはチーム全体の責任として受け止めなくてはいけないでしょう。

さんざん悪態をついておいて矛盾しているようですが、ワタシ個人は基本的に、敗戦を誰か一人のせいにするべきではないという考えです。
でもそれは、どちらかというと、ミスをした選手に周りが励ましの気持ちを込めて言ってあげるものであって、ミスをした張本人が開き直って言うことではない・・・・・(汗)

ワタシが心配なのは、これでファンブイテンとフェライニとの間に亀裂が入らないといいけど、ということです。
サラッと流し見ただけですぐに見失ってしまったので定かではありませんが、レーケンス監督が二人と話し合いをした、という記事も見た気がします。ワタシの勘違いかも知れませんが、そうであったらありがたいです。
今後ファンブイテンが問題児になるんではないか、なんて言う人もいるみたいですが(涙)、もしファンブイテンの言動のせいでチームの雰囲気が悪くなったり規律が乱れるようであれば、監督は甘やかさずにビシッと注意してやってくだされ。本人のためにも・・・

というわけでベルギーは今晩運命のトルコ戦なのですが…。どうなるかな…緊張。難しい相手です。
ドイツ戦は良い試合だったようなので、この流れを切らせてしまいたくはないところです。
ファンブイテンにはいやがおうでも注目が集まることでしょう。しっかりガッチリプレーして、自ら汚名を返上しなくてはなるまいよ!

100905_daniel_2

|

« ザックりと:サンマリノ対オランダ | トップページ | 速報:試合終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/36583366

この記事へのトラックバック一覧です: それぞれの言い分:

« ザックりと:サンマリノ対オランダ | トップページ | 速報:試合終了 »