« EURO予選:ドイツ対アゼルバイジャン | トップページ | 3節:バイエルン対ブレーメン »

2010/09/11

イミフモノローグ

それにしてもシャルケはどうしたことでしょう(^∀^;)

代表ウィークが終了していよいよブンデスリーガも再開、今夜はブレーメンとの大一番であります!
なのにテンションが上がらず、ぐずぐずと落ち込んでいる管理人コリアンダーです、こんばんわ。

以下くだらないモノローグ・・・・・・

100907_daniel

ファンブイテンのことを考えていました。

というか、単に自分の気持ちの話なので、こんなところでキモいテンションで語るような内容ではないのですが。
かんたんに言うと、都合のいい時だけむひょ~だのモエ~だの言うばかりで、知らぬこととは言え、いざダニエルが苦しんでいる時に寄り添った気持ちになれず、まっすぐに応援できなかった自分のことがどうしても許せなくて、アタシはもうファンブイテンファン(ややこし)の看板を下ろした方がエエんちゃうか…と、くよくよ悩んでいたのです。

なのにアナタがまたそんな表情するから
100910_fcbtv5

けしてワタシに向けられたほほ笑みでないことはわかっているのですが、そしてダニエルはイケメンモデルでも韓流スターでもないんだとわかっているのですが、好きな気持ちはどーしようもないんだわよ。アタシゃどうしたらいいんでしょう(泣)

100910_fcbtv4_2
「知らんよ。勝手にすれば?」

・・・。ということなのでしばらく様子を見ます(何をだ)。その間、素直にモエモエむひょむひょ言えなくなるかも知れないけれど、心の底ではひっそりと、今まで通りにモエー!と叫んでおりますので…。

以上、実に実にどうでもいいイミフモノローグでした。とほほ。

----------

9月11日と言えば、ベッケンバウアー閣下の誕生日だそうで、65歳というのは節目なのでしょうか、ドイツメディアのあちこちでお祝い記事が出ているようですが。

全国的にはあまり知られておらず、ローカル的にも実感がない人が多いという、いわゆる「東海豪雨」から今年で10年なのだそうです。(Wikipedia

010

被害にあったのはごくごく限られた地域だったので、プライバシーの問題からこの話題をするのを避けて来たのですが、もう引っ越したことだし、節目だし、ということで。
ウチのベランダから見えた景色です。

006
これはいくらか水が引いてきた頃ですが、最高水位の時は車がすっぽり埋まってしまって殆ど見えませんでした。右から2番目がウチの車(泣)

014
自衛隊の船で避難する人々

まあ、我が家はマンションだったので、被害は車1台と電動アシスト付き自転車1台だけで済みました。無理して避難所に行く必要もなく、自分の家で寝ることもできたわけで、大したことはありません。一戸建てや、集合住宅でも1階に住んでいた方々はもっと深刻な被害を受けたわけで…。

ということで呑気な我が家にとって一番困ったのは、ライフラインが断たれたことでした。
今や電気が通らないと電話も出来ないのです。充電できないから携帯の使用も最小限に控えなければいけませんし。そしてその携帯もなかなかつながらず、つながるまで両親をとても心配させてしまいました。
(それに引き換え職場には「コリアンダーさん今日出勤だったっけー?」と軽く言われてしまう始末…どんだけ必要とされてないんだ自分…○| ̄|_)

一切なんの情報も入って来ないというのは想像以上の孤立感でした。「陸の孤島」とはこういうことかと痛切に実感しました。
ニュースも何もわからないので、こんなことになってるのは自分たちだけとはつゆ知らず、名古屋中が水に沈んだのかと思っておりました。(避難所では情報が得られたはずですが)
自衛隊を呼んで船に乗って避難している人たちもいましたが、そもそもあの船はどうやって呼ぶのだ?というのが疑問でした。それぐらい、本当に何もわからないのです。
夜になると真っ暗なので本も読めず、時間をつぶす術もなく。何をしていたのか覚えてません。夫は「寝るしかやることない、飲まなきゃやってられない」と言って、酒を飲んでは惰眠をむさぼってましたけど(苦笑)。
食料の備蓄もそんなにあったわけではありませんが、ワタシはこんな時に食欲なぞ出なかったのでなんともありませんでした(おかげで3kgやせた←本当!)。ただ、ダンナが「ハラへったハラへった」とさわぐのが少々わずらわしかったです(また苦笑)。

氾濫した河の水はまる2日ぐらいで引いて、地域的には水道が一番早く復旧したのですが、私たちの住んでいるマンションのポンプ室が半地下の部屋だったので、ここを修理しないことにはどむならん、ということで、我々だけがいつまでたっても水道が使えないのはほとほと困りました。
耐え切れなくなって、たしか3日目ぐらいでダンナの実家に風呂を求めて逃げてしまいました。

----------
話せば長くなるので、思い出話はここまで。

そういえば今日は、オランダサッカー協会のえらい人とバイエルンのえらい人たちが、ロッベンの補償問題について話し合う日でもあるのです。すでに最初の会合は行われたもようですが。なんとかうまくまとまればいいけど・・・

移籍市場が閉まっても、ゴメスやシュバやラームの噂が依然として続いているようですが、ここに来て急に、ファンボメルの「後継者」としてフィオレンティーナのモントリーヴォの名前が上がってます。
そもそものネタ元がどこなのか追求していないので、信憑性のほどは怪しいものですが、ファンボメルの後継者なんて、普通にシュヴァインシュタイガーでいんじゃね?と思いますがね。もちょっと声がデカい方がいいかも知れないけど。
てゆーかぁ、もうすっかり、ファンボメルが来年バイエルンを退団する、というのが既定事実になっていることそれ自体がワタシをおおいに落ち込ませるんだぜ…はぁあ~~(深い深いため息)

100907
汗びっしょり。

はっ(゚∀゚;)

だ、だから、なんだ、今夜はブレーメン戦なのであります。
相手のDFがヤバいからってなんの安心材料にもなりません。むしろこういう時こそ何をしでかすかわからないんだから…。それに攻撃力は向こうの方が(略)

それでもってワタシ的に最大の懸念は、今日はデミチェリスはどーなる?ということで…(汗)
ベンチには入るのか?それとも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
代表戦から戻って来てからの日数が少ないためコンディションが、という言い訳も立ちますがね…。戦うチャンスくれよ…

(ちなみに(?)、話が全然違いますが(^_^;)ファンデルファールトは、電話をかけてきたファンマルヴァイク監督にいちおう「ごめんなさいでしたー」と言って、監督も受け入れたそうです。ツライのぅ。とにかく今はトッテナムでがむばれ。)

あーんもう、とにかく!こんなくだらないどーでもいい極東のいちファンのボヤきなんかどーでもいい、相手がどこでも関係ない、勝つしかない勝つしかないんだぜー!頼むよホントにー!

|

« EURO予選:ドイツ対アゼルバイジャン | トップページ | 3節:バイエルン対ブレーメン »

コメント

こんにちは。モノローグにお邪魔します。
自分の話になりますが、私がボメを応援するのは「好きだから」です。今年のWMではキツい思いもしましたが、少し落ち着いてから考えて「やっぱりアイツが好きだから、ついて行くぞheart01」と思うようになりました。
「ファンは、かくあるべき」という様な事は私はないと思っています。「看板」はそのままで・・・。
ところでモントリーヴォ選手の話、私は久々に行ったtzで見ました。ボメの名前と、濃い顔の(失礼!)方の写真が出ていたのでちょっと覗いただけですが。どこかで見た事があるなと思ったら、ビオラの選手でしたか・・・。
とりとめもなく失礼しました。では又soccer

投稿: 梢 | 2010/09/12 15:19

> 梢さん
熱い励まし、ありがとうございました(;∀;)心強いです。
誰かに迷惑かけたわけでなし、何かを言われたわけでもなく、本当に自分の気持ちだけなのですが、肝心な時に応援してあげなくてこんなファンではファンとは言えない、恥ずかしい、という思いでいっぱいになりまして。自分を戒めるためにダニエルモエ~言わずに耐えるのだ、とか思ったりもしたのですが、どうにも下らないですわねぇ。ぐずぐず考えていても結局、ダニエルの姿を見ると条件反射でフワワン(*´∀`*)してしまって、やっぱり好きな気持ちに嘘は付けないので、まだ悶々してはおりますが、看板はそのままにしておきますね。

そうなのです。やけになじみのある名前だわと思っていたら。モントリーヴォの話は実際どうなるのかわかりませんが、ぶっちゃけ、ボメがいなくなった後釜にまで思いが至りませぬ…(ToT)今度こそティモシュクの時代は来たりはしないんでしょうかねぇ。シュバとティモのWボランチ…。う~ん?ちょっとイメージが?オットルにもチャンスをあげたいし。

投稿: コリアンダー | 2010/09/12 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/36678738

この記事へのトラックバック一覧です: イミフモノローグ:

« EURO予選:ドイツ対アゼルバイジャン | トップページ | 3節:バイエルン対ブレーメン »