« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010/09/30

CL:バーゼル対バイエルン

9月28日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE
バーゼル 1-2 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
100928baselfcbfj
交代:ゴメス(5)(46アルティントップ)、オリッチ(4)(57クロース)、ティモシュク(77クローゼ)
サブ:クラフト、デミチェリス、ブラーフハイト、オットル

得点:フライ(18シュトレラー)、シュヴァインシュタイガー(56PK)、シュヴァインシュタイガー(89バトシュトゥバー)
カード: シュトレラーバトシュトゥバークロースプラニッチバトシュトゥバー

MoM(UEFA):シャキリ(バーゼル)

100928_mund_und_nase
「ふー」「あ~疲れた」「ずぴっ」

苦笑い。 まぁ~よくぞ勝てたもんだ。

・・・・・・・・・・・。

いやぁ~何、ワタクシ、どっちが勝ってもいいような完全中立の立場の時はともかく、バイエルンや応援しているチームの試合に関しては、どんなにダメダメな内容でも「今後のためにも負けた方がいい」とか「こんなサッカーしているチームは勝つべきではない」とかいう考え方はしないタチなのですが、今回ばっかりはねぇ~~~~~。
勝ったからまぁいいか、じゃない、それ以下の、勝ったからってダメ!なゲームでした。

得たものは勝ち点3、と、バイエルンのダメっぷりは深刻だ、ということを再確認した後の失望、でした。

完全に負けゲーム。関係者がそろってコメントするように、確かに失点するまでの時間は、相も変わらずヨボヨボしたじじくさいサッカーながらも、なんとか優勢を保ち、「今日はイケるかも?」という可能性を感じられる試合をしていたのに。カウンター一発で失点してからはすっかり自信を失ってしまって、以後は試合終了までへなちょこ一直線(←よくわからない)。

なんだこりゃ?これが本当に昨シーズンのファイナリストの姿なのか?ミアザンミアとやらはどこへ行った?
わかっていながら、毎度毎度同じようなパターンで敵の作戦にまんまとはまってしまうヤツらを一体どうしたらいいのか。

シュートがことごとく枠に飛ばせないのはもう、落ち着いてね、集中してね、ヘタな鉄砲数打てばなんとやらだよ、としか言いようのない感じもします。

ならば。どーせゴールは決まらないんだから、せめて守備をしっかりしてくれい!カウンター対策をしっかりせい!と思うわけですよ。
ところがここも、・・・・・・。
両ボランチは疲れ切ってるからすっぽ抜くのは簡単だし、それより前の選手は守備意識が低くて戻り遅いし、両SBは上がりっぱなしでしょちゅう行方不明だし、ディフェンスリーダーは切り返しのスピードに全くついていけてないし(号泣)・・・・・・・・・・・・・・・

100928_bastian3

せっかくのシュヴァインシュタイガーのドッペルで、別にそれがPKと蹴りそこないのふしぎゴールであったとしても、それ自体は別に気にしないし、喜ばしいことではありますが、やっぱり。
その瞬間は、やったー!うれしー!と言うより先に、こんなアホアホサッカーしてるチームが逆転勝利することもあるのね、と、ひたすら苦笑いしてしまいましたゴメン。

次に何もつながらない、なんの希望ももたらさない勝利でした。
とはいえ、試合前に言った、結果こそが最重要、というスタンスに変わりはありません。
せっかく転がり込んだこのラッキーな勝ち点3、返上しようなどとはツユとも思いませんことよ。ありがたくちょうだいいたします。

まぐれ当たりでもなんでも、拾った運を最大限に生かして、これを復調のきっかけにして欲しい、そんなふてぶてしさと狡猾さがないと生き残れないよ、と願うものですが…。
今日のゲームを見る限り、たぶんダメだろうなぁ、という気がしたのでした。
PKによるゴールが少しばかりラッキーだったのに、全く生かせなかった彼らなので。

本日のファンボメルファンブイテン
100928_bommeldaniel
ファンブイテンを叱るファンボメル

ハーフタイムにロッカールームで、ファンボメルの、イェルクと俺が声を張り上げちまったぜよ、という発言はバイエルン公式はじめあちこちで出てますね。
もちろんその気持ちはじゅうぶん共感できますが、しかしあまり人のこと言える立場かどーか…アンタ自身も良くなかった、てゆーか、悪かったと思うよ。

ワタシはファンなので、ファンボメルが疲労のピークを超えてもなお必死に戦ってるのを見て痛々しく切なく思ったりもするのだけれど、でも、ピッチに立ってる以上は、心を鬼にして「がむばれ!」と、応援しなくてはいけないわけで。くう~っ(T-T)
ティモシュクがボランチに入ってからは、彼にオマカセして少し休んでる風なところに、ちょっとホッとしたりもして・・・。我ながら甘過ぎるなぁ。

ただ、シュートシーンでは相変わらずクレバークールで、なかなか良かったと思います。GKのナイスセーブに阻まれましたが、いいシュートもあったし。得点感覚は錆ついてないな~と、ちょっと嬉しく思いました。(決めなきゃ意味ないし。やっぱ甘甘(^^ゞ)

しかしその一方で、ファンブイテンが試合を重ねるたびにどんどん不調になってるのが心配でたまりません。W杯に出てないから疲労は言い訳に出来ない…。
このたびの失点にも責任あるし、Bildには「まーたファンブイテンかよ!」とか書かれてるし、他のメディアでも批判的な記事が続々…(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/29

今夜はバーゼル戦

どもども。
まだマインツ戦のしょっくをずるずる引きずっており、香川対矢野の日本人対決は香川の勝ち!も、フンテラールの3試合連続&ラウルのシャルケ初ゴールも、フリンクスは手術をしたのしないのどっちなの、って怪我したんかい、とか、よそのチームの話を全然checkする気にならないままCLを迎えてしまいました。(←けっこうcheckしてるやないかい)

100927_5

「このバーゼル戦が、昨シーズンのユヴェントス戦みたいに、好転のきっかけになる試合になるといいにゃ~」と希望しているらしいファンボメルです。
「ファンハールの契約延長はいいことだ」「ロッベンやリベリがいないのは確かに影響があるけれど、勝ってれば問題にならないわけで。それを言い訳にしてはいけない」「バーゼルがどんだけすごいのかは見当つかないなー」などなど。

ファンボメルの会見での記事はUEFA.comや日本語ニュースでも出てますが、ここのがインタビュー形式になってて、ライブ感があって良いです。

監督になったフィンクとの再会は楽しみです。ワタシがサッカーを見始めた時はフィンクはすでにベテランで、サブだったことが多かったので、選手時代のプレーの記憶は殆ど残ってないのです。でも当時を思い出そうとすると、若かったあの頃、何も恐くなかった、ただ、あなたのスキャンダルだけが~恐かった~♪と、なつかしい気持ちになりますよ。(*´∀`*)

ちょうどいい写真が見当たらないので、集合写真でもどぞ
Bayern_0304_2
前列左端がフィンクです。なつかしい顔にローリング悶絶。
夢と希望にあふれてプロに昇格したばかりの19歳のレンジングや、フレッシュなミーチョ、ダイスラーの姿を見て涙ぐんではいけません(;_;) イェレミースって顔デカかったのね、とほっこりしましょう。

はっ(゚∀゚)

ついひたってしまいましたけど。
 
100927_fink
試合では容赦しないんだからね!

とイキのいいことを言ってみたものの、やはりテンション上がりませんなー。
楽観できる材料が皆無だし・・・。監督の契約延長がモチベーションになる選手がどれくらいいるものか、とりあえずアイツとアノ人は喜んでるかも、シュバやラームは、まあ、悪く思ってなさそうだし、でも彼とか彼とかは…とか、いろいろ邪推する悪いサポ。
ごほん、ま、まあ、誰かのためでもいいけれど、自分たちの誇りのために、ぼろぼろの体にムチ打ってがむばってくれ。いやそれじゃ却って逆効果だよ、というならリラックスして楽しんでくれ。
どんな心構えでもいい、ひとりひとりに合ったやり方で。とにかく大事なのは結果だぁー!勝利が欲しい!俺たちは飢えている!

ふと考える。

100927_gomezhamit

いっそゴメスを先発で使ったらどう。ミロと2トップで。(さすがに1トップは恐すぎる)
「ギャンブルするな」と言っておいてギャンブルを提案するのもどうかとは思いますが(^_^;)一発決めたらあとは面白いように決めまくる気がする。なんとなく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/28

ファンハール、契約延長

kickerの6節の採点が出ましたよ。全然良くないのですが、Bildよりだいぶ優しかったので・・・

ブット(3) - ラーム(4.5)、ファンブイテン(5)、バトシュトゥバー(4)、プラニッチ(4) - ファンボメル(4.5)、シュヴァインシュタイガー(5) - ミュラー(4)、クロース(3.5)、クローゼ(4) - オリッチ(5)

ファンブイテンやファンボメルに「5.5」とか出るんじゃないかと思ってました…εー(-。-)
個人的にはプラニッチにちょっと甘いんじゃないかという気もします。まぁ、kickerさんは攻撃に貢献した選手には点が甘くなる傾向がありますので…。

そんなこんなでさんざんだったバイエルンですが

100927_bifimueller2
「あわてないあわてない、一休み一休み、ってね」

100927_bifimueller1
シュヴァインシュタイガーがつとめていたBiFiのCMキャラクターがミュラーに代わるみたい。ちょっとさびしいのぅ。

100927_bifimueller3
なんと!奥たんと共演か?tzにメイキング映像&フォトギャラリー有り!

そんなミュラーが、ファンボメル親分と共に、今晩のCLバーゼル戦に向けて記者会見に臨んだもよう。

100927_bommelmueller
「モチベーションだけはあるんスよ、いやマジで。あとは体力がねぇ~、30過ぎると筋肉痛が翌々日に」(うそ)

100927_fcb
険しい表情のスーツイケメンに思わずキャプチャ

それはともかく

すでにご存じの方も多いでしょうが、
ルイ・ファンハール監督、バイエルンと2012年まで契約延長!

100927_vangaal
100均で売ってそうな赤いカゴは何か

・・・・・・・・・。
あまりテンションが上がらないのは何故だ。
話せば長いことながら。
別に、大嫌い!今すぐヤメレ!と言う程ではないのですが、さりとて、なかなか、大好きモエーheartにもなれず。
憎み切れないおやっさん、ではあるのだけど。
でもミーチョの件や、先日のマインツ戦で、ワタシの中で評価がだだ下がり中だったので、なんとも複雑。

クラブの思惑はわからなくもないです。ミュラーやシュヴァインシュタイガーがW杯で大活躍して「ワールドクラス」にまで押し上げられたのも、ファンハールのクラブでの発掘があったからこそ。
そしておそらく「次はクロースを(できればバトシュトゥバーも)ヨロシクね♪」そして「ロッベンもヨロシクね♪(今シーズンは半分ダメなのでもうあきらめて、11/12シーズンこそ)」ではないかと、ワタシ個人は勝手に思ってます。

でもー!てゆーかぁ!

ワタシ含め、おそらく全世界のバイエルンファン、のみならず、サッカーファンがフシギなのは

なんで今?

このタイミング?何も一寸先は闇、の今でなくても。

ともあれ、これで、ファンボメルも2012年まで延長の目も見えてきたかも知れないわけですが、それはそれ。

おまけ:勝手にかすめとっておいて注文付けられた立場ではないのですが
100927_bommel
顔が全然見えん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/27

6節:バイエルン対マインツ

9月25日 ブンデスリーガ第6節 バイエルン・ミュンヘン 1-2 マインツ05

涙なしでは見られない、Bildの採点も合わせてどぞ
100925refcbmainzfj
交代:アルティントップ(5)(61オリッチ)、ゴメス(4)(75クローゼ)、ティモシュク(82クロース)
サブ:クラフト、ブラーフハイト、デミチェリス、オットル

得点:アラギ(15ホルトビー)、スヴェンソン(45オウンゴール)、サライ(77シューレ)
カード: フクススヴェンソン

100925_butt

こんなブットの姿ヤーダー(T△T)(号泣)

たしかにマインツは良いチームでした。フレッシュだし、運動量もあるし、集中力もある。
終始ヨタヨタしていたへなちょこバイエルンとは大違い、首位はだてではない、勝つべくして勝ったんだろうと思います。

とはいえ前半の、ファウルを多用してバイエルンの攻撃を止める守備を「洗練されている」というのは明らかにほめすぎ。フジの清○さんの一方的な解説には胸やけがしました。まあ、いいところがまったくないバイエルンですので致し方ありませんが…
「ファンボメルはいらいらしてますね」って、別にイライラしてませんよ。

ほら、この余裕
Dsc07197
「えへっ("▽")しっぱ~い」 全国のボメラーの皆さ~ん、モエモエして(略)

・・・・・・・・。

いや、改めて見直したら、ファンボメルは確かに頑張ってましたけど、そんなメランコリックに胸を焦がすほどではありませんでしたね(苦笑)
もはや疲労がピークなのではないでしょうか、ボールタッチは多いのですが、本人はあまり動いてませんでした。おかげで彼やシュバと、DFとの間がすかすかで(汗)

まいいや。
とにかくブットを除く全員、最悪でした。ひとりひとりにダメ出しすることに何の意味もないほどに。オリッチハミトは、出来がうんぬんより、怪我からコンディションが戻ってない気がする。

人材不足なのはわかるけど、監督の采配も最悪でした。こんな大事な試合にギャンブルはやめて欲しい。
試合後の「選手がヒドかった」「マインツは優勝するかも知らん」とかいうコメントにもがっかりしました。

スミマセン。なんだか、試合経過レポとか書く気になれません。語りたくない。
この敗戦はダメージが大きすぎました。どうにも気持ちの整理がつきません。

おわびにティモシュクのドッキリheart生着替えフォト
Dsc07200

Dsc07198
指示を聞く「ティモがCBに入るの?で?」

Dsc07199
「ダニエルが前線に?」

・・・・・・意外にチャンス作ってたし(^_^;)。ヴェトクロのスーパーセーブがなければなぁ…

【追記】
コンテント手術、4~6週間の離脱だそうです。もうどうにでもなれ。(やけくそヤメレ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/26

速報:バイエルン対マインツ

danger注※このすぐあとフジさんでディレイ放送がありますdanger

バイエルン 1-2 マインツ

・・・・・・・・・・・・・・・・。

なんだこれ。

守備がお粗末すぎる。頼むよダニエル(号泣)

監督の采配も今日ばかりは物申したい。今は感情的になってるのでやめとくけど。

100925_bommel

ファンボメルは頑張ってた。ゴリゴリ暴れて、削り削られ、悪の王道を行く、好き嫌いの分かれる頑張り方だった。
でも、今日は絶対に勝つんだ、という強い意志は痛いほど感じられた。

バイエルンの得点はオウンゴールでした。
でも、バッカじゃねぇーの、と笑われても、ワタシにとっては、ファンボメルの今シーズン初ゴールだった。
ひとりで♪タラランラン♪とチューリップの歌を歌ってしまった。(←やっぱバカ)
だからこそムダにして欲しくなかったのに・・・・・・。

ともあれ、首位マインツとの差を縮めるどころか、10ゲーム差まで広がってしまいました。

100925_gaman
イラチなんだけどな~ワタシ・・・・・・。ぶちまけたい、キレたい、誰かになすりつけたい、今シーズンはそんな自分との戦いでもあるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/25

マインツ戦が始まってます

らくがきしてたらぎりぎりになってしもうた(汗)

100921_miromiroj

きのうGAORAで第5節の放送を見たのです。

前半の感想はあまり変わりませんが、ホッフェンハイムは思ってたよりドン引きでしたね(^_^;)

後半は、結果を知っているせいか、前半に比べるとダイナミックで面白かったんではないかと思います。
でも本人が「トップ下はあんまり・・・sweat02」と言っているクローゼをなぜもう1回そこに置いたのかな?

さて、恐怖のマインツ戦がもう始まってます。
クローゼとオリッチの2トップ?コンテントは欠場のようで(ハミトも?)、左SBはプラニッチのようです。
正直、今のバイエルンにマインツの勢いを止められるのか甚だ自信がありませんが、ファンがそんなこと言っちゃいけませんね。信じないと。やるしかないんだから。

頼む~!

ではでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/24

5節雑感:あるいはダニエル

ボーとしている間にはや今晩は6節なのですが、5節の雑感。まだブンデスハイライトも見てないんだけどね・・・(^^ゞ

ジェコとジエゴheart
Dsc07177
ゴールを決めたジェコジエゴがチュッheartとしているように見えたのですが、見直したら単にオデコこつんこ☆しただけかも知れず…むむ。どっちにしてもモエ…

シャルケにやっと初日が出たようで、なんだかほっとしましたよ

100922_huntelaar
フンテラールの2試合連続ゴールはめでたい!やっと勝利につながるゴールになりましたね(^^)

バイエルンが奇跡の逆転劇をした裏で、ブレーメンが大変なことになっていたようで・・・(汗)
10_09_21_friwiese
「くすんsweat02」「泣くな!」(うそ)
いや、この日の写真ではないのですが、ちょっと面白かったのでつい。。。

ケルン戦でみごとドッペル、kickerのマンデスターゲスにも輝いた、絶賛大活躍中のマインツホルトビーであります。
100921_holtby2
ハダカにマフリャー。
U-21ドイツ代表のキャプテンのようですが、お父さんがイギリス人なので、イングランドのフル代表にいかが、と狙われてますぜ!ヨギさん気を付けろ!とBild

バイエルンの第5節のkickerの採点についてアプしようと思ったのですが、平々凡々やや悪し、ブットは良い、といういつものパターンでしたので、つまんないからやめときます。MoMはミュラーでもファンブイテンでもなく、リベリーでした。ベストイレブンもゲット(^^)v
己の身を犠牲にした(?)アシストだけでなく、きっと試合通して頑張ったんでしょう…

そんなリベリの怪我についてキャプテンファンボメル
「彼は毎週狙われているんだぜ!フランクみたいな選手はもっと守られなくちゃダメだ!」と、全治10日の捻挫で全世界が大騒ぎとなったメッシの例を挙げて怒っているようです(こちら)。

100923_psvnl
ただいまPSV公式サイトのトップバナーに絶賛出演中。(どうでもいいですね(^^ゞ)

SPOXのベストイレブン
100923_spox
うひひ。

ブンデスリーガ公式
100923_bundesligade
むふふ。

とはいうものの、ちょっと申し訳ない気もしますわねぇ…。失点シーンはカッコ悪かったしなぁ。ま、いいかheart

100921_2_2 

きっとニコニコとゴキゲンだったに違いない試合後のインタビューとか、翌日のプレカンの様子は、もちろん見れてませんが……(くそぅ)、その代わりに?AZに記事が出てました。
お父さんはTVで僕のことを見てくれてると思うよ、という公式にも出ていたコメントと共に、娘が産まれて来てくれてとってもハッピーだよ♪彼女は僕に力を与えてくれるんだ、と、またまた胸キュンなことをheart

さらにこんなことも言ってます
「チームは疲れています。ブレーメン戦がその例です。これ以上力がないことに僕は気付いていました。そして僕にはわかっていました、どの選手がベンチで燃えているかということを。僕も2年間そこにいましたから。それで僕は言いました:ここに来いよ、ミーチョ!

100911_danielmicho (再掲)

うっ…惚れてま(略)~!
それにしてもなんだってこんな複雑なことになっちゃったんだ。ファンボメルも先週のSportBildで「彼は戻って来るんだぜ!」と言ってるようですし、みんなミーチョがバイエルンにとっていらん子なんかじゃないってことはわかってるのに・・・

と、言ったそばから。競争が激烈なCBにまた一人名乗りを上げる、ブレーノがついにトレーニングに復帰、というニュース。
いやいや、復帰自体は明るい話です(^▽^)。ファンブイテンも、うかうかしてられない!ということで、プレーに磨きをかけて欲しいものでありますよ~。

おまけバイエルンネタ
10_09_23_tz
だいぶ前にちょこっと紹介した、革靴デザイナーのFloris van Bommelラームとのコラボシューズがようやくお披露目になったみたいです。
当時貼ったリンク先の記事にピンクと黄色がなんとやら、とあったので、ハデハデでエキセントリックなスニーカーみたいなのを想像していたのですが(革靴デザイナー言うとろうが)、こうゆうことだったのですね。ピンクも黄色も、履いたら見えないジャン。つまらん。
までも、シックでオシャレですよね。「PL」の文字は緑色のタグにでも書いてあるのかな?
この写真ぢゃー小さくてよくわかんないよぅ。ファンボメルさん(笑)のサイトにも見当たらないし。ファッション雑誌とかに出てるのかなー
tzに、ファンボメルさん(笑)とラームがビシッとキメてるオサレフォトもあるのですが・・・。これまた小さくて。
12月1日のエイズ撲滅キャンペーンデーに発売、売り上げは団体に寄付されるようです。

【追記】
100922_rolfes ロルフェス復帰おめ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/23

5節:ホッフェンハイム対バイエルン

日本の皆様、ゆうべは素晴らしい満月が出ましたね。

100922_ribery
まずは気になるリベリの診断結果から。バイエルン公式によれば。
足首の靱帯は損傷してしまったようですが手術の必要はなく、3週間でトレーニングに復帰できるだろう、ということです。プレーするのは10月末の見込み、と。

よかったよぅ~~~(ノ∀-。)

W杯後のそけい部の手術から復帰、やっと100%の状態に近付いて、本人も心機一転、バイエルンに忠誠を示し始めた(本心かどうかはさておく←こらっ)、ところだったのに、また手術→何カ月も離脱、なんてことになったら、チームにとっても苦しいですが、本人にとってもむごい、あんまりだ、と心配していたところでした。
1ヵ月離脱でもじゅうぶん厳しいですが、最悪の事態は免れたでしょう。まさに「不幸中の幸い」であります。

ということなので、元気出して行ってみよー。

9月21日 ブンデスリーガ第5節 ホッフェンハイム 1-2 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
100921hoffenheimfcbfj_2
交代:プラニッチ(4)(46コンテント)、オリッチ(3)(46クロース)、アルティントップ(3)(64リベリー)
サブ:クラフト、デミチェリス、ティモシュク、ゴメス

得点:イビシェヴィッチ(1ルディ)、ミュラー(62リベリ)、ファンブイテン(90+1オリッチ)
カード: ヴァイスアルティントップファンボメル

100921_bayern_3

行きますよ~、せーのー
バイエルンサポの皆さ~ん、

ブイブイしてますかー?\(^∀^)/

100921_danielbastianholger
「コラー!聞こえないぞー!」

続きを読む "5節:ホッフェンハイム対バイエルン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/22

速報

後半からはPCの電源切ってしまいましたので、けーたいから失礼します。

ご唱和ヨロシク!

ダニエーーーール!!

ファンブイテーーーーーン!!!!!

......。
ラヂオだったので映像全然見てないけど(^_^;)
どんな試合だったかとかどうでもいいねん、いやよくはないけど、とにかくダニエルがバイエルンを救った!!これ以上何がありましょうか!

後で映像確認するのが楽しみです!

続く!

【一夜明けて追記】
おはようございます。FCB.tvがバグってるので映像は見れてないのですが、朝起きたら、リベリ負傷、長期離脱の可能性有り、とのニュースが(号泣)そんな・・・。酷い・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

4節:バイエルン対ケルン&今夜は第5節

あぃやいや、申し訳ない。
特に反応はなかったのですが、少し前にぶっ壊れた、と報告したペンタブです。いろいろ調べた結果、どうやら壊れたのではなく、ドライバとPCに入っている他のソフトとの相性による不具合だと判明し、なんとか無事に使えるようにはなりましたのです。

しかし今回GAORAさんの放送がぎりぎりだったため、あんまり時間のかかるものはムリなのでかんたんならくがきを描いていたのですが、ハタと、同じようなのを前にも描いたことがあることに気付いた次第。やむなくボツとなりました。
ダメじゃんコリアンダー~~○| ̄|_
スランプのつもりはないのですが、マンネリに陥ってるかも知らん・・・。バイエルンの攻撃とおんなじかー?(爆)

というわけでさっくりと

9月18日 ブンデスリーガ第4節 バイエルン・ミュンヘン 0-0 1.FCケルン

トホホなkickerの採点も合わせてどぞ
100918fcbkoelnfj
交代:ゴメス(71クローゼ)
サブ:クラフト、デミチェリス、プラニッチ、ティモシュク、アルティントップ、オリッチ

カード: ブレチュコ
MoM:ブレチュコ

100918_oktoberfest10
飲まなきゃやってられないワ!どんどん持ってきてちょーだい!

バイエルンサポの皆さ~ん、ヌルヌルしてますか?(やけくそヤメレ)

100918_bastianpoldi

えーと、ねえ。
サッカーというスポーツはゴールが決まった瞬間にこそ、チームもファンも最大の快感を得るのである、その瞬間を求めて選手は必死にプレーし、ファンも熱く応援するのだ、などと至極当たり前のことを痛感した試合でした。

こうも決まらないとさあ~~

「創造性とリズムが欠けていた」というラームのコメント通りでした。
ゴール付近までボールを持っていけても、そこを突破して点につなげるには、いくら上手くても、当たり前のことを当たり前にやっていてはダメなのかも知れません…よねぇ。もはや。

100918_miromondra
まさに門ドラゴン!!(よくできたシャレですが、元ネタはなんとバイエルン公式
相手チームの固い固い守備に手こずりました、と書くのも飽きちゃったよ。

オリッチがベンチで、交代でも入らなかったのは謎でしたが、何やら試合前に膝が痛かったとかなんとか、けど痛み止めの注射をしたらだいじょぶになったとかなんとか、でも監督が俺を使わなかったのは単に出来が良くなかったからだと思うぜ、とかなんとか本人が言っていたようです。とかなんとか、ばかりでスミマセン。ちゃんと確認してないので意味違うかも(汗)詳しくはこちらを見てね(丸投げ)

点は決められない。
かと言って守備が良いわけでもない。向こうが消極的だから助かってるけど、いざという時にはブットの神セーブ頼み。
これでは負けはしなくても勝てないのもやむなし、なのであります。

でもファンハール&ファンボメルが言うように「去年よりは良い」というのもわからないでもない。
壊滅的にダメダメというわけでもなさそうです。もうあとほんのちょっとの一工夫が足りないだけなのか、という気もします。だからと言って点が入らないことには(振り出しに戻る)

バイエルン側には特に見るべきところも取り上げるトピックもない試合でしたが、ダメなりに、クロースはやっぱり中央トップ下よりもサイドの方がいいのかな、と感じました。右でも左でも。ミュラークローゼとの相性も一番ではないかと思います。
ここがもっと場数をこなして洗練されて行けば、なかなか面白いことになるんではないかと期待したいですが…
まぁー、そうなると、ロッベンやリベリーとの兼ね合いをどうするのか、という大問題が控えてるわけではありますが(汗)

ゴメスに関しては、ノーコメントで m(__)m

----------

や~、贅沢言える分際でないのはじゅうじゅう承知してますが、英国週間はやっぱりもちょっと放送を早くして欲しいなぁと思いますですGAORAさん(汗)
今日やっと4節の試合を見たのに、もう今晩に5節の試合ですよ。アタマの切り替えが…

対戦相手は現在2位のホッフェンハイム

公式日本語版にアプされていたラーム、バトシュトゥバー、ミュラーのコメントを見る限り、言葉は違えど、みんな「とにかく勝たなくちゃsweat02」という内容で、焦りや弱気を感じてしまうのは、ワタシがネガチブな気持ちで心配しているからなのか…。
今後の3節で、今現在の2位1位3位との直接対決になるのですから、ここはチャンスだと思って「俺らがヤツらを引きずりおろしてやるぜ!」ぐらいのこと言わんもんかねぇ。(そんなキャラじゃないか…(^_^;))
カラ元気でも出まかせでも、言葉が背中を押してくれることだってあるだろうに。

ホッフェンハイムのホームで、向こうが、これまでの対戦相手がしてきたようなドン引き大作戦で来るわけはない、仕掛けてくるはずだ、だからスペースができてよりサッカーらしいサッカーができる、そしたらこっちのもんだぜぃ、と皮算用しているようですが、そううまく行きますかねぇ。むしろ守備のもろさが露呈してあ~ららら(汗)、ということになったりして。
まあ、それでもウチが1点でも多く取って勝てばいいんですけど・・・ふ~

中2日、中2日、で、疲れてるよねぇ。知ってる。わかってる。でもやらなくちゃいけないのです。疲れたと愚痴るより先に、ボールを前に動かそう。あとはもうほんのちょっとの集中力でもって、素晴らしい瞬間を。

100918_marica
お下品ダンスも踊っちゃえ!勝てば許す!

そういえば、キースリンクはやっぱり8週間のアウトだそうです(泣)

とはいうものの・・・。起きてられるかなぁ。ムリをして、負けた時のあの虚無感がイヤだし…。でも結果を先に知ってからGAORAさんを待つのもちょっと…。むむ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/20

4節雑感

(※いろいろ追記アリ)

10_09_19_bild

34年ぶりにひどいシーズンスタート、だそうです。トホホ。
たしか去年だかおととしだかも何十年ぶりのなんとやら、とか言ってたような(忘れた)。
最後に帳尻が合えば報われるとは言え、どうにもここ3シーズン、楽しくない時間が多くて、応援するのもしんどいです。
健やかなる時も病める時も僕らはいつでもいっしょさ、なのですが、元気の出ない選手同様、こちらもblog書くのに元気が出ませんわ…。

100918_ard ヒゲheart

試合後のコメント「(得点の)可能性は沢山あった、だがチャンスは2回だけだった」
「幼稚園児を相手にプレーしてるんじゃないんだ」「だけど壁をバキッと壊すことに失敗した」
【追記:上のコラージュを載せていたBild記事より】
「パニックに陥ってはいけない。むしろ、昨シーズンの序盤よりいい試合をしている。最終的には賞が分配されるだろう。去年のスタート時には、俺たちは順位表で14位だったんだぜ」

そんなファンボメルtzの採点で「」をゲットしておりましたし、

100918_2 100918_bommelpoldi2

こーんな写真も見かけましたので、チームの調子が悪い証、さぞ暴れまくったんだろうな~トホホ、とBildの採点を見てみたら
 
100918_bild
採点がない!!(゚∀゚;;)
そ、そんな、点数を付けられないほどヒドかったってこと~~?!!ヒィー、と思っていたら

100919_bild_2

今朝になってちゃんと出てました。ほっ…。比較的普通の点数でホッとしましたよ。
それにしても、後から気付いたのですが(こらっ)、この試合はホームだったのですね。ホームで2戦続けてスコアレスって、確かにそりゃマズいわ~(>_<)

1勝1敗2分け。9位。首位との勝ち点差7。もうこんなに差をつけられてしまいました。

そんなバイエルンは、アマチュアの試合に出場していたアラバが怪我をして6週間の離脱という、ますます落ち込むニュースが…。
ドイツ語版の"INSIDE"コーナーで小さく扱われてるだけですが、いちおうプロ選手なのだから、日本語でもアプするべきではないのかい・・・。アマチュアではさらにイルマスセネも負傷離脱、とありまして、どうにもFCバイエルン方面は暗いニュースばかりで気が滅入る一方ですよぅ

せめて和みの一枚
10_09_19_fcbde
何故この写真で和むのか、わかる人にはわかる・・・

【追記】
kickerの採点が出ました。ファンボメル&ファンブイテンがそろって、バイエルンでは最低の4.5でした(T△T)うわ~ん、迷惑かけてみんなゴメンよぅ~(泣)GAORAの放送見るのがツラい・・・

----------
100918_mainz
マインツがクラブ史上初の首位に立ったそうです。喜んでるところはかわいいけど、バイエルン戦でコレをされたら屈辱のあまり憤死しそうだ。そしてそうなるのかも…(弱気)次々節で当たりますよ~アハアハ(T∀T)

シュツットガルトが何がどうしたのかいきなり7得点大勝、とか、ジエゴがカコいいオーバーヘッドでスーパーゴールを決めたかと思えば胸ぐらをキックされて退場(汗)、とか。
そしてゆうべは途中までザンクトパウリ対HSVをながら見していたのですが、途中でネットが切れてしまって、無理して見るほどじゃなし、と早々にあきらめたらパウリが先制、しかし試合終了間近の88分にペトリッチが、超スーパービューティーロングシュートを決めて追いついたとか、
レヴァークーゼンではキースリンクがタックルを受け負傷退場、靱帯が切れたかも知んないので長期離脱の可能性が、って何やそれー(T△T)とか

珍しく他のチームの様子もちょこちょこcheckしていたのですが、最大の話題はやはりルールダービーでしょう。
ブンデス一熱いルールダービーをTVでしかもLIVEで見れるなんて、これもひとえに香川やウッチーが来てくれたおかげですわねぇ~

シャルケ 1-3 ドルトムント

100919_kagawa

ご存知、香川祭り!なんとドッペルの大活躍でドルトムントが快勝!☆
同国人としてのヒイキ目を差し置いても、おそらく今現在、ブンデスで一番の超新星として注目されているに違いありません。
ちょこまかとよく走るし、上手いし、突破力も決定力もあり。
(こういう選手はファンブイテンがもっとも苦手とするタイプなのよね…とか、この決定力、バイエルンのストライカーより上なんじゃねぇーのか、とかつい思ってしまう…)
他の選手たちも若い力をイキイキと躍動させて、ドルトムントが気持ちよくダービーを制した、のですが。

シャルケがあまりにヒドすぎました。。。
さらに退場者も出してしまって、もう、どうにもこうにも。まさに泣きっ面になんとか、弱り目にたたり目。
一方的な展開に、香川祭りでわっしょいしょい♪という気持ちよりも、完全に瓦解しきっているシャルケが痛々しくて、なんともやるせない気持ちになりました。
シャルケサポも怒号を上げる気力がないのか押し黙ってしまい、どこか冷え冷えしたダービーになってしまいました。

100919_neuer
ノイアーが素晴らしいパフォーマンスで孤軍奮闘していただけに・・・。迷惑だろうがその背中をギューしてあげたい。

あと、ラウールの職人的な貢献も切なく泣かされました。
どこでもどんな状況でも、けしてくさらずあきらめず、ゴール目指して自分が今出来る仕事をこつこつこなすプロフェッショナルな姿勢には尊敬以外の感情は沸きません。だてに至宝と言われていたわけではないのだ…(T-T)

まあ、ぶっちゃけヒトのことをあまり心配してるばーいではないのですが、しかしライバルが元気ないと、倒しがいがないじゃないのさ…。とゆうより、他人事ではない、明日は我が身かも知れないと思うと、今のシャルケの状況を、どうにも笑えないのでした。

しんみりしちゃったので本文と関係ないおまけ
100919_2
レッツゴー!ライダーカップ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/19

速報:樽は開いたよ!ゴールは開かないよ!

100918_oktoberfest12

100918_oktoberfest

100918_oktoberfest8

O'zapft is ! 樽が開いたよ!オクトーバーフェスト2010の開幕でーぃ!

さて

10_09_17_gomez
ゴメス何やってんのとか

100917_tz
ロッベンの車はゴールドなんだぜぃ☆とか

100916_fcbtv1
この期に及んで「2012年までバイエルンとの契約の延長を希望しているのではないか?」と言われているファンボメルです。
せっかく会見に登場したのにFCB.tvがバグバグして全然見れなかったので、初めの方をキャプチャするので精一杯だったんだぜとか

100918_luis_2

いろいろとネタをためこんでいる間にケルン戦でしたよ~っと

バイエルン 0-0 ケルン

100918_danielpoldi

・・・・・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

ええと、なんですか、例によってネットがダメで、もう旧PCはムリですね(汗)、ともかく、試合はマトモに見れてないので、なんとも言いようが・・・・・・・・・。

でもマトモに見れたとしても、何か言葉が出たでしょうか。

100918_gomez

結局またGAORAの放送待ちということになりますが…。おそらくゲーム内容は推して知るべし、だった気配ですので、あまり食指が動きませんなぁ。でも見なければ…見れるかワタシ…

続く!たぶん…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/17

CL:バイエルン対ローマ

9月15日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE
バイエルン・ミュンヘン 2-0 ASローマ

kickerの採点も合わせてどぞ
100915fcbromafj_2
交代:ゴメス(68オリッチ)、クローゼ(68アルティントップ)、プラニッチ(82ミュラー)
サブ:クラフト、デミチェリス、ティモシュク、アラバ

得点:ミュラー(79ファンブイテン)、クローゼ(83バトシュトゥバー)
カード: ゴメス
MoM:ミュラー(kicker)/クローゼ(UEFA)

100915_danielmuellerbommel
幸せだ…。こんなステキな画が見れただけで、もうこの試合はワタシにとって最高の一戦だったと言っても過言ではありません(* ̄▽ ̄*)

というわけで、バイエルンサポの皆さ~ん、
初戦勝利おめでとうございまーす!(^∀^)ノシ☆ハイタッチ

ここはワタシ的にもUEFA的にもMoMであった「ミロミロしてますかー?」にしようかと思ったのですが、なんとゆうか、誰か一人をフィーチャーするのはちょっともったいないような気がしたのです。

100915_lahmtottij
ぶん投げられて尻もちつくラムたん(トホ)。イタリアの王子様があんまりなことになってますが、なにぶん初めて描いたのでご容赦ください~~(^^ゞ

続きを読む "CL:バイエルン対ローマ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/16

CL、開幕!

余談

100904_9
太っちゃイヤンと言いつつ、ころころしたカーンもカワイイかもheartバイエルンのマネージャーっぽいし!と思ってみたりする今日この頃…

さて

CLが開幕しましたよー!

リヨン 1-0 シャルケ

100914_hoewedes2
レッドカードもやや不運ではあったと思いますが。
(クリックして写真を大きくしてヘーヴェデスにモエ~と言ってはいけないのです(^_^;))

いっや~~~~~~、この試合はナイわ~~~~~~(-△-)

何がナイって、説明できませんけど…。…やっぱナイわー。
モリッツのアホアホバックパスから失点して、それがそのまま決勝点という…。
シャルケもリヨンも審判も皆さん大味…というか酷…、まあ、ねえ、えーと、…( ̄д ̄)Zzz
せっかくノイアー×ロリスモエー若手有能GK対決、だったのに、あんまり盛り上がりませんなー

関係者とサポーターの皆さまには、これはもうなかったことにして、次行ってみよー、ということでsweat01

ブレーメン 2-2 トッテナム

100914_rafi

あわわsweat01ファンデルファールトが意外になじんでる風なのは喜ばしいことではありましたが。
パサネンのオウン&そのラフィのキレイクロスからクラウチがらくらくヘッドでさっくりとトッテナムが2点先制した時は「こっちもかい…」と全身から力が抜けかけましたが、なんとかなんとか、アウメイダマリンちゃんのゴールで追いついたところはさすがでした(^∀^)

100914_marin

2点目はマリンが個人技から決めたものでしたが、そのマリンにナイスアシストしたり、何やら指示を出したり、シュートコースを開けてあげたり、まめまめしくお膳立てしていたアウメイダがワタシ的ツボでした。あんな顔だけど案外イイ奴じゃん、とか思ったり(^m^)(←どんなだと思っていたのか)

あと、ハントもまずまず良かったですね。途中出場のボロウスキも地味にがむばってた。
そう思うと、前半の2失点がムダだったなぁと悔やまれますが、まあ、そこがブレーメンらしいということなのかな(苦笑)。

もう~とにかく、ドイツ国内ではにっくきライバル同士だけど、ヨーロッパの舞台では仲間じゃないか、みんなでグループリーグを勝ち抜けようぜ~!sweat01

 
ということで、我がバイエルンは今晩、ローマと試合です!

10_09_13_kicker_2 ばーん!

明日発売の雑誌("stern")に暴露記事かなんかが出るらしく、UEFAとクラブがモメてるらしいのですが、どーせ日本語版には上がらないでしょうし、むずかしいドイツ語はわかんないし(汗)。もどかしいのですが、とりあえずサッカーに集中しましょう~

100915_sportbild_3 にょ~~~~~heart04heart01

昭和のアイドル雑誌のようなボメスマイルにモエ転がってるのはワタシぐらいのものでしょうが(^_^;)本日発売のSportBildファンボメルのインタビューが掲載されているようです。

こちらは安全な内容らしく(?)tzにダイジェスト記事が出てました。
キャプテンとしての役割とか、いつかバイエルンの監督をやってみたいねえとか語っているようですが、その中でも興味深かったのは、今回デミチェリスの件について、彼の家を訪ねて相談に乗っていたらしい、ということです。2008年に同様の問題が起こった時にもそうしたようですが、その時ファンボメルはキャプテンではなかったのでした。
キャプテンマークを巻いてるかどうかに関係なくやることは違わないよ、と言うファンボメルにまたまた惚れ直しちゃうのですlovely

更に、2012年EUROでの優勝を目指すんだぜ、「そのために俺が出来るのは高いレベルでプレーし続けることだけだ」と語ったようで、それってつまり、2011年で切れるバイエルンとの契約をあと1年延長する可能性あり?と捉えてるところもあるようです。
…ドキドキする!
でもファンボメル本人が、2011年までの契約を望んだのであるからして…。う~ん、どうなるんでしょう。

はっ(゚∀゚)

CL全然関係なかったですね(汗)。

100914_lahmbasti
会見にはラームシュヴァインシュタイガーのドイツ代表・兼・副主将コンビが登場。

・・・まあ、二人とも特に当たりさわりのない意気込みコメントをしたもよう。
頼むぞ!疲れてるのはわかってる、チームのコンディションは厳しいことになってると思いますが、やっぱり勝ちたい!勝たねばならぬ!心して気合入れ直してかかってください。

それはともかく
100914_luis_2 

「夜はそんなに長くないのだよ、ぐふふheart
(バイエルン監督ルイ・ファンハール、パパになりたてのダニエル・ファンブイテンについて語る)
「ベッドの中では沢山のことが起こるからねぇ~、むひひheart
(ファンハール、水曜日の最終トレーニングまで様子を見なくてはならないマルク・ファンボメルについて語る)

???

ファンボメルについてのコメントはtzの方にも上がってました。膝を打撲したらしいので、試合出れるかな、たぶんだいじょぶ、という話の中で言ったみたい?
「私はいつも試合の前日の夜まで選手たちを待たねばならない」 そして、ベッドの中では沢山の、と続くのですが。

…。つもりなんですか、おっさんの下ネタってこと?
笑いのツボがワタシにはさっぱりなのですが、ま、まあ、試合の前夜に選手たちがパートナーとナニをどういそしんでも、プレーに影響が出なければ、うふふイヤん("▽")テレ

100914_bommel 「アホか(苦笑)」

いかに愛妻家のファンボメルといえども、試合前夜はぐっすり寝てると思いますぜ、とtzさんはどでもいい下衆の勘ぐりをなさってるみたいですが、しかしこのテの枕ネタはドイツ的にどうなのかね、と思ったら↑上記のように、わざわざ公式の「本日のお言葉」に取り上げられている、と、こういうわけでして・・・(^_^;)

それにしても、冗談の内容はともかく、ファンブイテンについてわざわざ語った、というところが少し引っかかります。
つまりそれはファンブイテンはどうですか?と聞かれたからであって、試合に出るか出ないか、ということが話題になってるということなのかしら、怪我か何かでコンディションが良くないのか、それともパフォーマンス的に…?そんなぁ~(汗)とか、ちょっと心配になりますよ。
ファンボメルの膝もほんとに大丈夫なのかどうか…。もし出たら、今晩の試合でヨーロッパカップ戦100試合目だそうです。気持ちいい勝利で飾って欲しいよ!

スタメンがどうなるのか、リーグと入れ替える、みたいな話も出てますが。
確実なのはリベリが出停で出られないことです。せっかく彼だけは調子がいいのに…(汗)
ハミト!頑張れ!今こそアンタの力を証明する時だ!

----------
ちなみに、個人的思惑ですが、もうひとつ、レアル・マドリー対アヤックスも気になる…。
カシージャス対ステケレンブルフ!ワタシ的世界1位対3位のGK対決!
(と言っても2位は特に具体的イメージがあるわけではないのです。ジュリオ・セーザルでいんじゃね?←やけくそヤメレ)GKに関してはW杯決勝の再現なのであります!
あの決勝を振り返って、ファンマルヴァイク・オランダ代表監督は「PK戦まで行けると思っていた。そうしたらあの日は“ステケレンブルフの夜”になっていただろう」と語っていました。
う~。悔しい。シチュエーションが全然違いますが、ここはガツンと勝ってうさを晴らしたい。
それにアヤックスには先日、選手が命の危険に陥ったという出来事もあったようですし(スポナビ)、もろもろをふっ切るべく、いい試合をして、ポジティブな空気を運んで欲しいものです。

というわけでアヤックス応援させてもらいますよ~ゴメンなさい。エズィル、ケディラはリーガで活躍してくだされ(こらっ)。
…ってスアレスが出停でしたっけorz

----------
【追記】
実は先日、結婚記念日のお祝いにダンナと、やたらしゃれた店でイタリアンを食べたのです。まったく偶然なのですが、なんと、店名が「ホニャララ・ローマ」というのでした(゚∀゚)☆
というわけで、ゲンかつぎはいちおう済、ということで(^^)v
でもあの肉がイベリコ豚かどーか、言われてもわかんないよねぇ?(独り言…てかイベリコ豚って、イタリアじゃねぇーし)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/14

W杯はまだ俺の中に残っている

kickerの3節の採点が出ましたので、いちおう。

ブット(2) - ラーム(3)、ファンブイテン(4)、バトシュトゥバー(3)、コンテント(3.5) - ファンボメル(3.5)、シュヴァインシュタイガー(4) - ミュラー(4)、クローゼ(4.5)、リベリ(2) - オリッチ(4.5)
クロース(2.5)

平々凡々やや悪し、といったところでしょうか。MoMは大守護神様・ブレーメンのヴィーゼ☆
まあ、異論はありませんトホホ。
エルフデスターゲス今節のベストイレブンにもヴィーゼ、マリン、パサネンが選出されており、ブレーメンがいかに奮闘したかということですトホホ。
しかし、どーせ誰もいないだろうと思っていたバイエルンからもなんとリベリが初選出です。ささやかな光明…ですかねぇ(^_^;)

さて

100800_robben

土曜日に行われた「ロッベン会議」についての詳細がBild(写真付き。さすが)他、たくさんのメディアに上がってました。
詳しく読むのが面倒なのですが(こらっ)、ともあれ、この日は、おいくら万円お支払い、とかいう具体的な補償内容について決定事項はなかったようです。今後も話し合いをして詰めて行くみたい。

ワタシが楽しく妄想するような「FCバイエルン×KNVB夢のコラボ企画・僕たちのアリエンたん復活大プロジェクト!」は到底実現しそうもありませんが、バイエルンの言い分もオランダサッカー協会の言い分もそれぞれあるでしょうから、ビジネスの話はおまかせするとして。

143937

土曜日の試合後か日曜日か、ファンボメルがロッベンのことや何かについて少し語ったようです。

まずはロッベン問題について(複数のメディアに上がっているコメントから勝手作文)
「みんな金の話ばっかりだ。クラブの見解は理にかなっている。だけど、誰がアリエンのことを思っているんだ?一番大きな問題は彼自身のことなのに。誰かがアリエンのことを心配したり、どれくらい早く戻れるのか、と言ってるのを俺は聞いていない」
損得勘定で話を進められている、盟友の扱いに心を痛めているようです。

激しく同感です。でもロッベンが、また元気に楽しくサッカーが出来るように、きっとドクター・ミュルが全力を挙げて頑張ってくれているに違いない、とワタシは信じていますよ。

---------
さらに、W杯からあまり間が空かずにシーズンが始まったことや、代表戦との過密日程などについてぼやいたようで、ルンメニゲの「だからFIFAはもーっ(怒)」という発言と合わせて、またまたBildに「ルンメニゲとファンボメルがFIFAを非難!」とあおり気味の見出しと共に紹介されています(^_^;)

「W杯が終わってこんなに早くシーズンインしてしまうのは、クラブと選手双方にとって、よくないことだよ。そしてまたすぐ代表チームに戻るんだ。このことは検討する必要があるね」
「正直言って、W杯(の疲労)はまだ俺の体に残っている。だけどそのことを言い訳にするべきではない」

うっ…(涙)体だけじゃなくて心にも痛みを残してるはずに違いない・・・
もしW杯で優勝していたら、これも心地よい疲れになったかも知れないものを(泣)

【追記】勝手に「体」という抽象的な言葉に置き換えて作文してしまいましたが(^^ゞ「筋肉」と言っているようです。シーズン明けてからというもの、筋肉系の違和感を訴えることの多いファンボメルであります。

----------
他にも、CLに向けてkickerで語ったかんたん意気込みコメント等もあるのですが、眠いのでまたの機会にします m(__)m あまり大したこと言ってないし。(もう締めようと思ったら、こんな時間にココログが落ちるって…→独り言)

なお、今回拾ったファンボメルのコメント記事などはいくつもあるのですが、リンクを貼るのがめんどくさくなってしまいましたので割愛(こらっ)。
ついったーの方でアプしてますので、ご興味のある方はご参照ください。見るだけだったら、登録してなくてもできるはず・・・たぶん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/13

3節:バイエルン対ブレーメン

9月11日 ブンデスリーガ  第3節
バイエルン・ミュンヘン 0-0 ヴェルダー・ブレーメン

Bildの採点も合わせてどぞ
100911fcbwerderfj
交代:クロース(3)(46クローゼ)、デミチェリス(3)(73ファンブイテン)、ゴメス(78オリッチ)
サブ:クラフト、ティモシュク、アルティントップ、プラニッチ

カード:なし

100911_becken
♪はっぴば~すで~とぅーゆー♪と観客から英語で祝ってもらったベッケンバウアー閣下であります。
せっかくの誕生日に勝利をプレゼントしてあげたかったものですが…。

100911_badmicho
代わりに等身大マリンちゃんフィギュアをプレゼント「限定品だから壊れないように気をつけて運ぶんだぞ」「ふゎ~い」(うそ)

がむばって夜更かしLIVE観戦して、翌日の午前中を棒に振ったバイエルンサポの皆さ~ん、…

お疲れさまでした。

なんとも労が報われない試合でしたねぇトホホ。

例によってネット接続がよろしくなく、ロクに見れてません。それで感想書くのもどうかという感じですが、GAORAの放送を待ってたらCLとかぶってしまうので、断片的な印象からかんたんに。いつものように見当違いなことを言ってると思いますので、いつものように片目でながし見よろしく(略)

何はなくともブレーメンが。メルテザッカー不在ということで、そんな予感はしていたのですが、守備がっちがちに固めてましたね。
ドン引き大作戦、というほどではありませんで、攻める時はビシッと攻めて来て恐かったですが、とにかく、集中してよく守ってました。
雨降ってみごとに地固めちゃいましたよ彼らは。いざとなったらやれるんですよねぇ(苦笑)さらにヴィーゼ大守護神様にバージョンアップー!
みんなの力でゴールを死守!狙い通りの勝ち点1ゲットに成功です。いやぁまいったまいった、おみごとでした。ははははは…ハァ。

100911_wiese

新規加入のシルベストルウェズレイが出場していたようですが、映像がモヤモヤしてたので、どんなもんか全然わかりませんでした(^^ゞ

いっぽうのバイエルン

100911_bomeboroj
(オボロな記憶が頼りなので細かいところは自信ナシ↑)
仲良しのボロウスキでも容赦はしない。ファンボメル自身も、こんな風に後ろからファウルで止めるようなプレーはしたくなかったと思います。

観戦メモにはヨレヨレの字で、「ウチのかんとくはクリか?」と書いてあります。

ざっくばらんな印象ではありますが、とにかく、攻めても守ってもどこかバラバラ感があり、チームとしてうまく機能してない感じでした。
シュートは決まらず、クロスは合わず、向こうが攻めてくるシーンではゴール前スカスカ、ファンボメルが中盤でくるくる回転・・・・・・(泣)

あ~なんか、これってこの感じ、2年前に見た光景じゃないのかい、と思って、上のようなやけくそメモを取ったのです。悲しい。

無失点で終われたのは奇跡に近いですが、ひとえに、我らのブットが、ヴィーゼには負けられん!とばかりに、意地のファインセーブで救ってくれたおかげです。

↑フォーメーションはBild等を見て描いたのですが、クローゼは本当にこの位置だったのかな?ちょっと理解に苦しむ・・・。
本当はオリッチの1トップにしたかったところ、古巣相手なので気を使ってクローゼを出場させたような気もします。なんとなく。わかんないけど。
後半早々にクロースに替えられてましたけど、パフォーマンスが良くなかったので見切ったのか、最初からその予定だったのか…。

デミチェリスがついに出場したのはとても嬉しかったのですが、その代わりにファンブイテンが下がったので、思てたんとちぎゃーう(泣)、と悲しかったです。
まあ、ファンブイテンは明らかに疲れてましたし、これ以上使い続けていたらチームはもちろんですが、本人にとってもつらい結果に終わったかも知れなかったので、やむを得ないかなと思いました。

100911_1

その分ミーチョは張り切ってましたね。たまった怒りパワーを燃やしてる感じで、まずまずのプレーだったと思います。
まさかこれを期待しての、あの一連の出来事があったんだとしたら、すごい策士だと監督を見直すところですが、多分違うでしょう(苦笑)

まあ、アレですわ。ファンブイテンのみならず、全員が疲れてましたよね。
代表戦での疲労が抜け切ってなかったのかも知れません。試合がなかったブットリベリーは元気でしたし。そういえばコンテントはフル出場でしたけど、U-21を途中離脱することになった怪我はもう治った、ということなのでしょう。

ということで、つまりませんで大いに不満ではありますが、しょうがないのかな~という気持ちも少しあります。
だけどこの調子ですぐCLに突入するのは…不安だ(汗)
ボーッとしてるうちに首位と5ゲーム差だし!sweat01

100911_olic

公式の日本語版にはまったく出ないニュースなので、わたしの語学力では詳細を把握できないのですが、ロッベン問題に関するオランダサッカー協会との話し合いは予定通り行われたようです。荒れたのか、穏便に進んだのか、ちーともわかりませんな。あ~もどかしい。
これは「最初の話し合い」で、次がある、という風に読める表現を使っているところを見ると、やはり1回では折り合いが付かず、今後もまだまだモメるのかな…と心配です。ふぅ。
(余談:一発目で「折り合い」を「オリ愛」と変換した我がPC…ちょっと照(^^ゞ)

早いにこしたことはないけれど、とにもかくにも完治して、
必ず戻って来ーい!ロッベン!
元通りにサッカーできるようになれれば、いくら払っても何年かかってもいいよ!うわ~ん。゜゜(´□`。)°゜。

おまけ
100910_fcbtv3
ごくごく

100911_kagawa
ブンデス初ゴールおめでとう!(意外でした。2ゴール目ぐらいかと)

100911_mathijsen
2試合連続ゴールおめでとう!なんだこの決定力(笑)

100911_ballack_2
またまたバラックが6週間の離脱~~~~~(泣)
相手選手のタックルを受けて骨折したそうです。なんとも運がないというかなんというか、切なくなりますが、W杯前の傷が再発したというのではなくて少しホッとしました、と言ったら不謹慎でしょうか。骨折ならつながったら治りますし。
11月のバイエルン戦に間に合うかな。なんだかんだ言って、アンタが元気じゃないとつまんないんですー。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/09/11

イミフモノローグ

それにしてもシャルケはどうしたことでしょう(^∀^;)

代表ウィークが終了していよいよブンデスリーガも再開、今夜はブレーメンとの大一番であります!
なのにテンションが上がらず、ぐずぐずと落ち込んでいる管理人コリアンダーです、こんばんわ。

以下くだらないモノローグ・・・・・・

100907_daniel

ファンブイテンのことを考えていました。

というか、単に自分の気持ちの話なので、こんなところでキモいテンションで語るような内容ではないのですが。
かんたんに言うと、都合のいい時だけむひょ~だのモエ~だの言うばかりで、知らぬこととは言え、いざダニエルが苦しんでいる時に寄り添った気持ちになれず、まっすぐに応援できなかった自分のことがどうしても許せなくて、アタシはもうファンブイテンファン(ややこし)の看板を下ろした方がエエんちゃうか…と、くよくよ悩んでいたのです。

なのにアナタがまたそんな表情するから
100910_fcbtv5

けしてワタシに向けられたほほ笑みでないことはわかっているのですが、そしてダニエルはイケメンモデルでも韓流スターでもないんだとわかっているのですが、好きな気持ちはどーしようもないんだわよ。アタシゃどうしたらいいんでしょう(泣)

100910_fcbtv4_2
「知らんよ。勝手にすれば?」

・・・。ということなのでしばらく様子を見ます(何をだ)。その間、素直にモエモエむひょむひょ言えなくなるかも知れないけれど、心の底ではひっそりと、今まで通りにモエー!と叫んでおりますので…。

以上、実に実にどうでもいいイミフモノローグでした。とほほ。

----------

9月11日と言えば、ベッケンバウアー閣下の誕生日だそうで、65歳というのは節目なのでしょうか、ドイツメディアのあちこちでお祝い記事が出ているようですが。

全国的にはあまり知られておらず、ローカル的にも実感がない人が多いという、いわゆる「東海豪雨」から今年で10年なのだそうです。(Wikipedia

010

被害にあったのはごくごく限られた地域だったので、プライバシーの問題からこの話題をするのを避けて来たのですが、もう引っ越したことだし、節目だし、ということで。
ウチのベランダから見えた景色です。

006
これはいくらか水が引いてきた頃ですが、最高水位の時は車がすっぽり埋まってしまって殆ど見えませんでした。右から2番目がウチの車(泣)

014
自衛隊の船で避難する人々

まあ、我が家はマンションだったので、被害は車1台と電動アシスト付き自転車1台だけで済みました。無理して避難所に行く必要もなく、自分の家で寝ることもできたわけで、大したことはありません。一戸建てや、集合住宅でも1階に住んでいた方々はもっと深刻な被害を受けたわけで…。

ということで呑気な我が家にとって一番困ったのは、ライフラインが断たれたことでした。
今や電気が通らないと電話も出来ないのです。充電できないから携帯の使用も最小限に控えなければいけませんし。そしてその携帯もなかなかつながらず、つながるまで両親をとても心配させてしまいました。
(それに引き換え職場には「コリアンダーさん今日出勤だったっけー?」と軽く言われてしまう始末…どんだけ必要とされてないんだ自分…○| ̄|_)

一切なんの情報も入って来ないというのは想像以上の孤立感でした。「陸の孤島」とはこういうことかと痛切に実感しました。
ニュースも何もわからないので、こんなことになってるのは自分たちだけとはつゆ知らず、名古屋中が水に沈んだのかと思っておりました。(避難所では情報が得られたはずですが)
自衛隊を呼んで船に乗って避難している人たちもいましたが、そもそもあの船はどうやって呼ぶのだ?というのが疑問でした。それぐらい、本当に何もわからないのです。
夜になると真っ暗なので本も読めず、時間をつぶす術もなく。何をしていたのか覚えてません。夫は「寝るしかやることない、飲まなきゃやってられない」と言って、酒を飲んでは惰眠をむさぼってましたけど(苦笑)。
食料の備蓄もそんなにあったわけではありませんが、ワタシはこんな時に食欲なぞ出なかったのでなんともありませんでした(おかげで3kgやせた←本当!)。ただ、ダンナが「ハラへったハラへった」とさわぐのが少々わずらわしかったです(また苦笑)。

氾濫した河の水はまる2日ぐらいで引いて、地域的には水道が一番早く復旧したのですが、私たちの住んでいるマンションのポンプ室が半地下の部屋だったので、ここを修理しないことにはどむならん、ということで、我々だけがいつまでたっても水道が使えないのはほとほと困りました。
耐え切れなくなって、たしか3日目ぐらいでダンナの実家に風呂を求めて逃げてしまいました。

----------
話せば長くなるので、思い出話はここまで。

そういえば今日は、オランダサッカー協会のえらい人とバイエルンのえらい人たちが、ロッベンの補償問題について話し合う日でもあるのです。すでに最初の会合は行われたもようですが。なんとかうまくまとまればいいけど・・・

移籍市場が閉まっても、ゴメスやシュバやラームの噂が依然として続いているようですが、ここに来て急に、ファンボメルの「後継者」としてフィオレンティーナのモントリーヴォの名前が上がってます。
そもそものネタ元がどこなのか追求していないので、信憑性のほどは怪しいものですが、ファンボメルの後継者なんて、普通にシュヴァインシュタイガーでいんじゃね?と思いますがね。もちょっと声がデカい方がいいかも知れないけど。
てゆーかぁ、もうすっかり、ファンボメルが来年バイエルンを退団する、というのが既定事実になっていることそれ自体がワタシをおおいに落ち込ませるんだぜ…はぁあ~~(深い深いため息)

100907
汗びっしょり。

はっ(゚∀゚;)

だ、だから、なんだ、今夜はブレーメン戦なのであります。
相手のDFがヤバいからってなんの安心材料にもなりません。むしろこういう時こそ何をしでかすかわからないんだから…。それに攻撃力は向こうの方が(略)

それでもってワタシ的に最大の懸念は、今日はデミチェリスはどーなる?ということで…(汗)
ベンチには入るのか?それとも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
代表戦から戻って来てからの日数が少ないためコンディションが、という言い訳も立ちますがね…。戦うチャンスくれよ…

(ちなみに(?)、話が全然違いますが(^_^;)ファンデルファールトは、電話をかけてきたファンマルヴァイク監督にいちおう「ごめんなさいでしたー」と言って、監督も受け入れたそうです。ツライのぅ。とにかく今はトッテナムでがむばれ。)

あーんもう、とにかく!こんなくだらないどーでもいい極東のいちファンのボヤきなんかどーでもいい、相手がどこでも関係ない、勝つしかない勝つしかないんだぜー!頼むよホントにー!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/10

EURO予選:ドイツ対アゼルバイジャン

まずは余談から
100908_huntelaar_2
いらっさ~い。

100908kicker
ついて行けるかな?

さて

9月7日 EURO2012予選 グループA ドイツ 6-1 アゼルバイジャン

100907gerazerbaijanfj
交代:ヴェスターマン(11メルテザッカー)、マリン(62ミュラー)、カカウ(78シュヴァインシュタイガー)
サブ:アドラー、クロース、キースリンク、ゴメス

得点:ヴェスターマン(28クローゼ)、ポドルスキ(45+1エズィル)、クローゼ(45+2ポドルスキ)、ラシャド・F・サジコフ(53オウンゴール・ケディラ)、ジャワドフ(57)、バトシュトゥバー(86エズィル)、クローゼ(90+2カカウ)
カード:なし (えぇ~っ!(゚o゚))

ドイツ代表サポの皆さ~ん、

……と、その前に。
やはり心配なこのニュースから

100907_merte

顔面肘打ちを食らって眼を痛めたメルテザッカーですが、左の眼窩底骨折、全治4週間程度、とのことです。

眼窩底骨折。

3月にデミチェリスが怪我をした時もこの単語を使いました。(「窩」の字が読めなくて調べたので覚えているという、このノー知性派…(^_^;))
デミチェリスの場合は他にも顔面を複数箇所骨折しており、麻痺症状なども出たようなので、それに比べたらまだ軽いのかも知れません…が、心配なことには変わりありません。
週末のバイエルン戦や間もなく開幕するCLへの出場は無理、代表的にも来月のEURO予選トルコ戦に間に合うかどうか、ということらしいです。
ブレーメンではナウドも長期離脱中らしく、ただでさえザルな守備が一体どうなるのか、と懸念されているようですが…。
チームのことももちろん心配ですが、まずは本人が、ゆっくりでいいからしっかりきちんと確実に治して欲しいと切に願います。焦らずに。

しかしそのメルテザッカーの代わりに急きょ出場したヴェスターマンが先制点を上げ、華やかなゴールラッシュの幕開けのきっかけとなる活躍を見せたのだから、不幸中の幸いというか、ピンチがうまい方向に転んで良かったかなぁ、とも思います。

100907_heiko
♪ピッチの前後ろ~、ひーとっ飛び♪ただいま出動、ヴェスターマン♪

というわけで、改めまして。

ドイツ代表サポの皆さ~ん、ポッポしてますかー?(^∀^)

100908_poldi

えっなんで?という声も上がるかも知れませんけど。ワタシ的にはやっぱりポドルスキが良かったかな~と…(^^ゞ
なんでも、ベルギー戦でのパフォーマンスがとっても良くなかったらしく、監督が苦言を呈したとか、クロースが「ポルディ先輩からポジションを奪ってやるぜ!」と発言したらしいとか聞きましたが、それらに奮起したのかも知れません。
何より、ホーム・ケルンでの試合だから気合が入ります。前の試合の出来が悪くても格下相手でも温存せず、ここでポドルスキを先発起用したレーヴ監督もなかなか気が利くねぇ、と思いました。
ドイツ代表のFW(ポドルスキはMF登録ではありますが)が何人もいる中で、ワタシにとってやっぱりノッてる時のポドルスキの、ネットも破れよとばかりの、マンガのような爆裂シュートほど胸のすくゴールはありません。

と、ワタシはポドルスキなのですが、皆さまそれぞれ、頭の中に思い浮かべるMoMがあるかも知れませんね。
アホアホミスで失点してしまったノイアーを除いて(トホホ)、出場したすべての選手が見せ場を作り、持ち前の素晴らしいチームワークと連携の良さでもって、気持ちよく楽しく快勝したドイツ代表であります\(^∀^)/

100907_marin

バトシュトゥバーも見事なヘディングで代表初ゴールおめでとう!
ゴール決めた後のニコニコスマイルに思わず「モエ…」とつぶやいてしまいました。
今もって、ヴェスターマンを押しのけてレギュラー入りするほどいい選手かどうかよくわからんのですが(しつこいぞ)、でもこのEURO予選ではなかなかの仕事ぶりで、評価を上げたようですね。駒の手薄なCBを、今後のために経験を積ませたのは悪くないですね。
「やっぱCBはやりやすぃ~♪」と本人も手ごたえを感じたようですが、あんまり言い過ぎて、SBで使っているバイエルンを批判する方向に行かないように(←余計なお世話だ)。 ←寝ぼけたことを書いてしもうた。今シーズンはバイエルンでもCB起用であった(汗)

100907_miro2_2 「えへっ(^^ゞ」

ドッペルおめでとー!両方とも、ポドルスキに渡してもらったものと、カカウがトラップを失敗してこぼしたのを入れたもので、どちらもいただき系ではありますが、気にしない気にしない。そういうチャンスを逃さないのもストライカーの能力のうちよ。

そんなこんなで、勝ち点とゴール数、がっつり稼ぎまショー☆だったわけであります。
まあ、ね、6得点ぐらいで勝って当たり前の相手ではあります。でも、ダメな時は、その当たり前のことを当たり前にすることすら難しかったりするので、ここはやっぱり、しっかりきっちりミッションをコンプリートしたことによくやったぞ、お疲れさん、と言ってあげましょう。

ケチをつける余地のあまりない試合ではありますが、楽しく攻めまくっていた裏で、守備はどー?という懸念もないわけではなく。
俺も俺もと楽しく前がかりになっているおかげで、敵のカウンターへの対処が遅れがちだったり。
なんだかリーターの評価があまりよくないみたいですが。。。やっぱりベックの方がいいのかな?ボアテンクとヤンゼンの復帰待ち、ですかねぇ?

あと、アゼルバイジャンが健闘したとはいえ、1ゴール目を奪うまで時間がかかったこと、4ゴールして気が抜けたか失点してしまったこと(直接的な原因はノイアーのミスではありますが、そもそもCKのチャンスを与えるまで相手に攻めを許しちゃイカン)、バトシュトゥバーのゴールが決まるまでの時間も攻めあぐねてしまって、向こうに集中力を取り戻させてしまったのは反省点かも知れません。

バラック抜きでそつなく結果を出したことで、また不要論とか出てきちゃうんじゃないか、という心配もちょっとありますが、それはまた、その時の話であります(逃)
今バラックがやるべきことは、口じゃなくて、プレーで、自分が代表に必要な選手であると示すこと、それしかないのではないのかと思うのです。

まあ、なんにせよ、1勝1勝を積み上げることが大事なEURO予選、2連勝でよいスタートを切れたのは良かったんじゃないでしょーか?
この調子でどんどん行くぞ―!
次の試合はグループ最大の強敵・ヒディンクトルコですけど…アハハ…( ̄▽ ̄;)

----------
関係ないおまけ恐縮
100907_rafi 
「俺が代表で最後にフルタイム出場したのがいつだったか思い出せねぇーよ」と憤懣やるかたないラフィ。まあ、ワタシも替える必要ないかなー、とは思いましたけど。それにしてもまったくオランダ人は毎度毎度、自己主張がはつきりし過ぎててメンドいのう。
さっそく監督が電話したみたいですよ~。さすが、やること早い。仲直りできたかどうかは知らんけど(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/08

EURO予選:オランダ対フィンランド

先にこっちの話をまとめておかないと、楽しく勝ったドイツ戦と印象がゴッチャになってしまいそうなので・・・
ネット接続が良くなくてちゃんと見れなかった時間も多かった&半分寝ぼけていたので記憶がオボロ、的外れなことを言っていると思いますので、あまり参考になさらず、片目で流し見てくだされ(^^ゞ

9月7日 EURO予選 グループE オランダ 2-1 フィンランド

100907
交代:エリア(64ファンデルファールト)、レンス(74アフェライ)、ファンニステルローイ(82フンテラール)
サブ:フェルトハイゼン、マドゥーロ、ピーテルス、ヤンセン

得点:フンテラール(9)、フンテラール(16PK)、フォーセル(18)
カード: ヘイキネンエレメンコスパルブ

100907_bommel2

そんなわけでネットがなかなかうまくつながらず、つながったらすでに試合開始10分が経っておりまして、フンテラールの1点目を見逃してしまいました。
ファンブロンクホルストの引退セレモニーが予定されていたらしいのですが、それも見れてませんトホホ。新キャプテンから旧キャプテンへの感謝の花束贈呈とかあったのかとか…
まあ、そのへんは後で画像なり動画なりを探してみたいと思います。

【追記】ファンブロンクホルストのお別れセレモニーはどうやら、本人が欠席したため中止になったみたいです。

トレーニングの際にカイトが肩を負傷して離脱してしまい(詳しくはスポナビのこちらをどぞ)非常に心配でしたが、代わりに入ったファンデルファールトがしっかり仕事を果たし、悪くはなかったように思います。
左サイドは本日はアフェライです。前回はエリア、今回はアフェライと、虎視眈眈とレギュラーを狙う若者を交互に使うのはなかなか心にくい采配だと思いました(^ー^)ニヤリ
さっそく、アピールするべく張り切ってましたしね。

ファンデルファールトのCK→スナイデルフンテラールがみごとなヘッドで先制!ゴール前かなり密集していましたがうまくニュッと抜け出してましたね。

その後ファンボメルがPA内で相手選手に顔をパンチされ、PKゲット!
「大事なボメ様のお顔に何さらすんじゃー!」と怒号を上げかけましたが、スローで見たらさほど顔面にはヒットしてない感じでした。ただ、派手なアクションではたいたのは本当なので、そこはファンボメルが鮮やかに転んで一丁あがりですわむひひひ。

これをフンテラールがビシッと決めて2-0!よしよし。イイ感じ。

・・・。スナイデルがここのところ元気がないのは気がかりではありますが、攻撃面でのつながりはそう悪くないと思います。破壊力が少々足りない気もするけど。

がっ、守備が不安定なこと不安定なこと。4バックがかなりヤワい。ハイティンハは試合勘が戻ってないのかしら…(汗)

2点取って気を良くしていたらあっさり失点~~~~~(汗)

あがあが、な、何やってるんだぁー(-△-;)

---------

この後もうだうだ書いたのですが、突如IE8が落ちまして、全部消えてしまいましたトホホ(号泣)
脱力してもう1回書く気が起こらないので、ざっくりと、えーと、とにかく、

ステケレンブルフ神!

今現在、世界で三本の指に入るGKのひとりと言っても過言ではないでしょう。彼がいなかったらどうなっていたことか。
後半は守備もなんとか立ち直ってさらなる失点をせずに済んだのですが、フィンランドが疲れちゃっただけかも知れないですー。
オランダもまったりモード気味で、あまり盛り上がらず、これといったトピックがありませんでした。
アニタが時々モリモリ攻撃参加してて面白かったです。
ファンニステルローイは見せ場がありませんで、ざんねんでした。時間帯が良くなかったと思います。でもファンには根強い人気のようです。
ファンボメルが最後にイエローもらったように見えましたが、記録が残ってないので、ワタシの見間違いか夢だったのかもしれません。そんなファンボメルの出来は悪くなかったと思います。

というようなことを書きました。ざっくりさっぱり。てかワタシの試合レポなんて、そもそもこのぐらいでいいような気もしてきた・・・。ちょっと考えた方がいいかも知れないな…。

試合後のファンボメルのコメントは、やはり、前半は悪かった2-1になるまでは良かったのに。マールテン(ステケレンブルフ)のおかげ、お客さんにとっては残念な試合になってしまった、でも後半は落ち着いた、と、いうようなことを言ってます。
オランダ代表公式サイトではロッベン問題についてもちょこっと触れてますが、自分は介入する立場ではないのであくまで個人的見解、としながらも、オランダ側に過失はなかったと思う、と言っているようです。
         

さっ。ドイツドイツ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

速報:試合終了

ドイツ 6-1 アゼルバイジャン

100907_miro

そうこなくっちゃ!(^∀^)

ウキウキゴール祭りやら、バトシュトゥバーのゴールやら、メルテザッカーが目を怪我したとか(即時病院で検査…。心配)、ノイアーがミスをして失点とか、ドラマが沢山あったようですが、録画だけしておりまして、全く見ていないのです。のちほどじっくりと堪能します。

こっちを見てました。

オランダ 2-1 フィンランド

100907_bommel

ネットがつながらねぇー!と焦ってる間に時間がどんどん過ぎてしまって、結局ジオさんの引退セレモニーも、キャプテン・ボメルのコイントスも見れずじまい(泣)

フンテラールが2発です。2ゴール目はPKですが、ファンボメルが上手に転んでゲットしたものです。むひひ。

そして

トルコ 3-2 ベルギー

100907_daniel6
ファンブイテンがドイツ戦でかぶった汚名を自ら返上するみごとな2ゴール!素晴らしい!惚れ直した!heart04

100907_daniel7
フェライニもお祝いに・・・・・・。ほっ…

100907_daniel4
監督が信じてくれたおかげなのね~

100907_daniel5
みんなで大アピール

(ちなみに、ダニエルによる先制点をイコライズしたトルコの1点目を決めたのはハミトでした。)

なのに、

100907_32
なんでそーーなる?(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/07

それぞれの言い分

100904_4

100904_10

ゼップ・ヘルベルガー財団の大使をしているオリバー・カーンが、そのお仕事で、ムショ別対抗サッカー大会(たぶん)&講演活動のためにケルンの刑務所を訪問したようです。去年も参加してましたけど、毎年の行事だったのですね。
それにしても受刑者たちの顔を加工なしでモリモリ丸出し&コメント映像まで撮ったりして(さすがに名前は仮名っぽいですが)、ドイツメディアはおおらかだな~と思うのであります。
レポは財団公式あたりでどぞ。そのうちもう少し充実した(カーンの)写真集なんかもアプされるといいなー

動画は公式と、ここここから拾いました。それぞれカーンの表情が少しずつ違うのでカーンファンはよろしければcheckあれ。

W杯が終わってからこっち、鳴りをひそめていたカーンですが、9月に入ってからインタビューに答えたりこの活動に登場したりしてるので、やはり8月いっぱいはバカンスだったんでしょうかね。わかんないけど。カノジョとどこか、スペインとか地中海の島で存分に堪能したに違いないよ。
大きなお世話なのは承知していますが、家族サービスとかどうなってるのか少々気になる。ダビッド君あんなにかわゆかったのにん…

【追記】財団公式サイトにギャラリーがアプされました。
100904_kahn
広告フォトみたいにオシャレな感じになってるのがなんとも(^_^;)どでもいいけど、またちょっと太ったんちゃうか。休み中に食い過ぎたのかい。

----------
さて

もはや火曜日だというのに今さら金曜日の話もないだろうと思いつつ、今晩はもうトルコ戦で、みんなとっくに気持ちが切り替わっているはず、とも思いつつ、いや、だからこそ、話をまとめてからでないとワタシ的にスッキリしないので

100903_daniel3

ドイツ戦でのファンブイテンのあのミスに関する3人のコメントを超おおざっぱにまとめてみました。意味が正反対だし!とか、あまりにかけ離れてる箇所がありましたらご指摘ください。

ファンブイテンのコメント

「フェライニのあのパスには驚いたよ」
「ボールは僕とシュヴァインシュタイガーの間に落ちて、僕はすぐにプレッシャーを受けたんだ」「フェライニは沢山のドイツ選手がいるエリアでボールを持った。彼はただ単に、(前方に)蹴り出すべきだった。あの時彼は間違った選択をして、マズいパスをよこし、そして話をしようとしなかった」
「僕が罪悪感を感じているかどうかって?そんなことは重要じゃない。ただ、このことが、僕たちの良いゲームの価値を損ねてしまうのは残念なことだ」
「トルコでは少なくともドローでなければいけない」
「僕たちは悪いプレーはしていなかった、だけどほんのちょっとのことが、違ったことを作り出してしまったんだ」
その後具体的にドイツはこうだったとか、僕たちはまだ若い発展途上のチームだからね、とか語ってますが略。(雑なことでスミマセン。参照記事はこちら

レーケンス監督のコメント

「もっと全体を見なくてはいけない」
「最大のミスは、もっと早くにあったのだ。ボールは、私が縦方向にプレーするように要求している間に、横に動いてしまった。ダニエルはミスをした、彼は今や、イスラエルに向かって罪を背負っている*が、私は断じてそういうことはしない。私は彼を処刑したりはしない。私は100%選手たちの味方だ。ここでは非常に大げさに伝えられているが、私はそれには共感しないよ。みんな、W杯でのドイツのミロスラフ・クローゼの状況を忘れている。彼はバイエルンではベンチで、信頼を得ていなかった。それでもレーヴ監督は、断固としてクローゼを起用した。このことがW杯で何をもたらしたか、誰もが見ていたのだ」
「トルコ戦でのプランはまだ固まっていないが、ファンブイテンが確実にプレーするであろうことは言うことができる。私には、彼を控えに置く理由が見当たらない。彼は、チャンピオンズリーグのファイナリストであるバイエルン・ミュンヘンの選手なんだ。彼はミスをしたが、それは誰もがするものだ。ベルギーリーグで、私はあれよりもっとたくさんのミスを見ている。私たちは、インターナショナルなファンブイテンよりも良い選手がいるふりをするべきではない」

(*「イスラエルへの道すがらなんとやら」という言葉は他でも見かけましたので、何か聖書関連からの慣用句ではないか??と、勝手に思ってそのままにしました)

ひ~~~や~~~~~("▽")
あああああありがとうございまず監督ぅ~!!(T∀T)感謝感涙!!
そ、そ、そんなにファンブイテンのことを信じてくださって…
ダニエルは、こんな監督の信頼に応えなくてはいけませんよ。

監督はもう少しファンブイテンについて語っているようですが、もう満足しましたので略(どういうことだ)。参照記事はコチラです。

フェライニのコメント

「僕にとってドイツ戦はもう終わったことだ」
「今は僕たちはトルコ戦に集中しなくてはいけない」
「だけどコントロールミスをした選手は僕だけじゃないよ…」
以下、トルコ戦に対するサッカー的な意気込みを語ってますが略(参照記事はコチラです)

100903_fellaini2 より目

ファンブイテンからの苦情についてはスルーの構えのようです。偉い。スマンのぅ…

----------
ファンブイテンのミスが試合を決めるゴールになってしまったことよりも、それ以上に、それをシレッと他人のせいにしたのが更にショックでした(T_T)
一人で罪を背負ってションボリしなさい、とは言わないけれど。そんな必要はまったくないけれど。

ミスが起きるのは連携が悪いから。失点したのは、流れの中で生じたささやかなほころびを対戦相手が見逃さずにチャンスにつなげたから。
それに、失点した時点でも、ベルギーにはまだまだ挽回できる時間は残されていたので、逆転できなかったのはチーム全体の責任として受け止めなくてはいけないでしょう。

さんざん悪態をついておいて矛盾しているようですが、ワタシ個人は基本的に、敗戦を誰か一人のせいにするべきではないという考えです。
でもそれは、どちらかというと、ミスをした選手に周りが励ましの気持ちを込めて言ってあげるものであって、ミスをした張本人が開き直って言うことではない・・・・・(汗)

ワタシが心配なのは、これでファンブイテンとフェライニとの間に亀裂が入らないといいけど、ということです。
サラッと流し見ただけですぐに見失ってしまったので定かではありませんが、レーケンス監督が二人と話し合いをした、という記事も見た気がします。ワタシの勘違いかも知れませんが、そうであったらありがたいです。
今後ファンブイテンが問題児になるんではないか、なんて言う人もいるみたいですが(涙)、もしファンブイテンの言動のせいでチームの雰囲気が悪くなったり規律が乱れるようであれば、監督は甘やかさずにビシッと注意してやってくだされ。本人のためにも・・・

というわけでベルギーは今晩運命のトルコ戦なのですが…。どうなるかな…緊張。難しい相手です。
ドイツ戦は良い試合だったようなので、この流れを切らせてしまいたくはないところです。
ファンブイテンにはいやがおうでも注目が集まることでしょう。しっかりガッチリプレーして、自ら汚名を返上しなくてはなるまいよ!

100905_daniel_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/06

ザックりと:サンマリノ対オランダ

余談ですが
100904_kagawa_2
日本代表ユニの「胸元にレッドカード」もヘンですが、パラグアイ代表の「シリに線」もそれに負けないぐらいじゅうぶんヘンだよね?と思った次第。
香川のゴールは良かったですねー!(^▽^)ブンデスウォッチャーとして嬉しいですよ。

さて、

9月3日 EURO2012予選 グループE サンマリノ 0-5 オランダ

100903sanmarinonedfj
交代:ファンデルファールト(46デヨンク)、アフェライ(58エリア)、ファンニステルローイ(68カイト)
サブ:フェルトハウゼン、ブーラルーズ、ヤンセン、デゼーウ

得点:カイト(16PK)、フンテラール(38カイト)、フンテラール(48ファンデルファールト)、フンテラール(66カイト)、ファンニステルローイ(90ファンデルヴィール)
カード: シモンチーニDella Valleベレッチマドゥロ

(※アシストはハイライトを見てワタシが勝手に書いたもので、公式のものではありません)

100903_oranje

100903_mark
キャプテンがんばっちょるかねー?左腕のマークがまぶしいぜぃ!☆

キャプテン・ファンボメルのドキドキの初陣であります!そんなわけでコイントスは見ていないのですが(泣笑)、チームは取りこぼすことなく、無事に5得点の快勝!順調な出だしとなりました。ほっ・・・・・・

しかし試合後は監督・主将(ファンボメルのことねheart)ともに、手放しでわっしょいしょい♪とは喜んではいない様子。特に前半の出来に不満だったようです。
監督「100%満足とは言えない」ファンボメル「タフな夜だった」
よくはわかりませんが、攻撃をうまく形にできなかったような印象のコメントでした。
ただ、後半は良かったようですね。さすがリーダーたるもの、快勝した時こそ浮かれずに、厳しく見つめるのだ!(キリッ☆)

ちなみにファンボメルはキャプテンになった感想も軽くコメントをしたようです「俺にとっては新しいことじゃない。PSVとバイエルンでも経験がある。だけどオランダ代表チームのキャプテンであることをとても誇りに思うよ」

スタメンです。
ファンペルシーの代役にはフンテラールが入りました。そしてそのフンテラールがなんとハットトリックの大爆発!(^∀^)やったね!おめでとう!
ロッベンの代わりにはカイト、左サイドにはエリアです。
そして注目の左SBはピーテルス、マタイセンの相方のCBにはマドゥロが入りました。
ワタシにはお初ですので顔がわからん…。上の集合写真の3番がマドゥロ、5番がピーテルスのようですが、よくわかんないのでクラブチームのプロフィールページから拝借

Maduro Pieters
マドゥロ(左)とピーテルス(右)。
肝心のパフォーマンスの方はいかがでしたでしょうか?次もいけそうかな?

まあ、そんなわけで、試合全体のことは把握しておりませんで試合の話はあれこれしにくいので、備忘録的にゴールシーンだけザックりと。

100903_kuyt
「やったねクラース、俺達コンビネーションばっちりじゃ~んheart01」「近いよsweat01」(うそ)

1点目。
フンテラールがPA内でシモンチーニに倒されたとしてオランダにPK。カイトが落ち着いて決めた。

2点目。
スナイデル?からのオサレな後ろ向きパス→カイトが右サイドから中央のフンテラールへ→ボールはサンマリノDFを見事に越え、フンテラール、横向きで右足インサイドで流し込む!

100903_huntelaar

3点目。
マドゥロ?→ファンデルファールト→カイト?→ファンデルファールトがフンテラールへナイスパス!→ほぼフリーのフンテラール、自信を持ってしっかり振り抜いて決めた!

4点目。
ファンボメルの胸キュンスルーパス!(←どんなんだよ(^_^;))→ファンデルファールトが巧みなステップでDFをかわしつつ、背後をオーバーラップしてきたカイトにオサレヒール!→カイトがゴールライン際まで運んでから→飛び込んできたフンテラールにごく短い折り返し→走り込んで来た勢いに乗せて流し込んだ!

5点目。
右サイドのファンデルヴィールから中央のファンニステルローイにピンポイントクロス!ファンニステルローイ、なんと相手DFをお腹に抱えた状態から(???)ダイレクトで!(゚∀゚;)す、すごい。やっぱ怪物だ…

100903_ruud

ファンニステルローイは人気が高いですね。アウェーながら、入場の際は大きな歓声に迎えられたようです。

100903_bertruud
御義父様も満足のようす。今後も起用するかどうかは慎重な姿勢を崩さないようですが、トシに関係なく、パフォーマンスが良かったら呼んでもいいと思うがな。。。

ハイライト。代表公式サイトには入っていなかった、ファンボメルが無表情に転ぶシーンとか、フンテラールへのステキクロスシーン入り。

100903_kuyt3

決めるべき人が気持ちよく決めて、取れるところからきっちり取ったのは今後のためにも良かったです!格下相手に気抜くんじゃないかと思って、試合前は少し心配してました。
次の試合は7日、ロッテルダムでフィンランド戦です。W杯後初のホームでの試合になりますので、ファンにいいところ見せて欲しいものですよ!

100903_oranje2

何の脈絡もないおまけ:本日のバカ夫婦
妻「ザックジャパン…」
夫「ザクジャパン?弱そう~、すぐやられそうじゃん」
妻「ザクとは違うのだよ、ザクとは!ザック!」
夫「ゾック?」
妻「・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/05

トホホ目線で:ベルギー対ドイツ

あいゃ~。
ドイツ戦はARD、それでもってオランダ戦はSB6で放送、というので、もしかしたら以前やったようにフルマッチ配信があるんちゃうか♪とたかをくくって、後で両方とも見るつもりで、リアルタイムでは寝ちゃったんですよぅ~。
しょうがないじゃないの、こんなワシにも、それなりに生活ちゅうもんがありますもので。
うっ、でも、今日になって、どっちも配信してねぇー Σ( ̄□ ̄;)!ガーン ということに気付いた時、やっぱり見ればよかったのかぁ~と後悔しました…○| ̄|_
まあ、そうは言ってはみるものの結局深夜観戦は無理なんですけどね。。。でも、夢のベルギー対ドイツ…ダニエル…ファンボメルキャプテン初の試合…

というわけで、結局どっちもハイライト流し見状態でありますので、あまり役に立ちませんが、とりあえず行ってみよー

9月3日 EURO2012予選 グループA ベルギー 0-1 ドイツ

Bildの採点も合わせてどぞ
100903belgerfj
交代:ヴェスターマン(4)(46ヤンゼン)、クロース(4)(70ポドルスキ)、カカウ(88エズィル)
サブ:ヴィーゼ、マリン、トレッシュ、ゴメス

得点:クローゼ(51ミュラー)
カード: コンパニーシュヴァインシュタイガーカカウ

100903_miro まずは1勝!☆

100903_miro5 

ドイツ代表サポの皆さ~ん、ミロミロしてますかー?(^∀^)

いやあ~素晴らしい!まさに有言実行!!感動した!惚れる!←惚れっぽい
くるりと反転しながら、ここしかないというコースを見事に突いた、ミュラーからの素晴らしいパスに見事に反応して流し込んだものです。お互い理屈抜きで本能だけでわかり合ってる動きでした。華麗なるFCバイエルン・ラインで鮮やかな決勝点ー!やったぁ~!(≧▽≦)

(別に誤解されてるとは思いませんが念のため。先のlogに書いた文章について、ワタシはいつの時代もどの国も、世代交代は必要だと思ってますよん(^^ゞ能力ある若いもんが実力を発揮できないようなチームはイカンです。ただ、ベテラン選手にも、そんな若手と競争しても負けないぐらいの意気込みを持ってやってもらいたいという、そういう意味でした。あしからず m(__)m )

と、喜ぶクローゼですが、「オフサイドじゃないよね?」と確認しながら恐る恐るな感じだったのがかわいかったです(^m^)。試合を見てないのでわかりませんが、それまでにも惜しいシーンでオフサイドを取られたりしてたのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

トホホホホ―――――(T△T)

100903_daniel ダサいユニ…しかも3番…

だ~~に~~え~~る~~(泣)

後から「あれはフェライニのパスが悪かったのよっ!」って言い訳してるようですが(ここ)、男らしくないぞ!アレはアンタのミスじゃないかいー(T□T)

エズィルがドリブルで切れ込んで来たのを3人がかりで囲んでボール奪取、フェライニファンブイテンにパス→ボールさばきにモタついてる間にシュヴァインシュタイガーがプレッシャーをかける→たまらずボールを蹴り出したのをシュバがカットして(そう見えた)ミュラーへ→以下略

0-1のスコアでドイツ辛勝、なら、まあ、ワタシ的にはいい結果でした。
でもーー!ファンブイテンのミスで失点なんてヤーダー(号泣)
そんなんだからアンタはっっ、サッカーよりコドモのオムツ替える方が上手なんじゃね?って言われちゃうようー!アタシがダニエル嫌いなヒトだったら絶対そう言うよ!バカバカーheart03

100903_danielbasti
「ヒドい…heart03」「まあまあー、気にすんなって」

しかし、リアルタイムでごらんになった方の感想レポ等を読んでいたら、ベルギーはなかなか奮闘、守備もわりと頑張ってて、速攻も厳しく、ドイツは少々苦戦したようですね?
フェライニが、というコメントをいくつか見かけましたが、ハイライトには前半の、ルカクデンベレの鋭いシュートをノイアーがファインセーブしてるところが目立ってました。
シモンスはスタメンでしたね。CBはダニエルとフェルメーレンだったので、DHで出場したっぽい。はてさて。

はっ(゚∀゚)

なんとなくベルギー寄りになっている(汗)
ええとええと、ドイツは、Bildのものなのでアレですが、ケディラの採点が「5」て(汗)どんだけ…。疲れてるのでしょうか。

代表に呼ばれただけでも驚きだったのにバトシュトゥバーがスタメンだったことにびっくり仰天しました。(バイエルンファンのくせに我ながらひどい(^_^;))
なんでヴェスターマンじゃなかったの?(後半から出場)
レーヴ監督もバイエルンに倣って、若手積極起用育成スタンスで行くことにしたのでしょうか。解せぬ…。
まあ、でも、肝心なのはパフォーマンスですから。起用しただけのことはあったなら、何も言うことはありません。

100903_bad_2
「キャーーーこえー!あぶなーい!」

後日情報が出ていましたが。ヤンゼンがこの試合で負傷したのですか?膝を痛めて離脱、すでにハンブルクに帰っており、月曜日にMRI検査を受けることになったそうです。わあ~…(汗)

う~~ん、やっぱり見たかった。ダニエル…←結局そっちか
ドイツホームの試合だとフジさんで放送があるはずですが、その頃までにファンブイテンが代表選手でいられるかどうか、昨日のミスを見て自信なくなた○| ̄|_

100903_senaka

いや~なんだかスミマセン、ドイツが勝ったのは本当に嬉しく思っているのですが、やっぱりトホホな感じになってしまいました。。。諸事情お汲み取りのうえお許しを。

内容ないくせにムダに長くなっちゃいましたので、オランダ戦は別枠にします。こちらはさらに書くことないんですが(^^ゞ

余談。
ドイツメディアでこの頃見かける"K-Frage"(「K問題」)と言えば、バラックvsラームによる「キャプテン問題」のことだったのですが、このたび、バラックなしでもドイツがきっちり勝ったこと、しかもミュラーが活躍してるし、ということで、今度は「背番号13番を二人が争うことになるのか?」ということで、"N-Frage"なる言葉を見かけました。まあ、こっちは、さすがにミュラーが大先輩を立てて譲るとは思いますがね…。バラックも争う相手が沢山で大変ね・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/09/04

いよいよ、EURO予選

♪困っちゃ~うーな~♪

デエトに誘われたわけではありません(わかっとるわ!ボカボカ(殴))。

一部で話題沸騰中?のバイエルンカタログネタ

コリアンダー用ページ
Katalog1011_danielbommel
ゲッツ☆ダニエルにモエ転がりつつも、斜め下のなんともびみょうなおっさんの姿に複雑な気分になり・・・

見開きもあるのだが
Katalog1011_bommeldaniel
・・・・・・・。似合わないよボメ…。思い切りモデルってるダニエルは悪くないですが、いかんせんアゴヒゲが…

Katalogbommel
くまとおっさんheart商品の売り上げに響きませんよーに…

そんなこんなで、いよいよ、EURO予選です!国によっては昨日試合があったところもあるようですが、おおむね今日からです。現在試合中のところもありますね。

ワタシ個人的にとてもとても大事な初戦であります。何といってもドイツ対ベルギー、そして代表キャプテン・ファンボメルの初めての試合もあります…

ドイツ代表的に何が嬉しいって、クローゼの「2014W杯まで頑張っちゃうもんね宣言」でしょう(^∀^)
いいねー、頑張っちゃいなよ目指しちゃいなよ記録作っちゃいなよ!
もうね、ミロのそうゆう野心あふれるガツガツしたところ、大好き♪
世代交代って何ですか、伸びしろって意味分かりません、若いもんには負けんのじゃ!と、エースの座を死守する勢いでおっさんパワーを炸裂させて欲しいのだ。
でも、もちろん実力でね♪そこは厳しく。

と言いつつなんの脈絡もなく、イイ感じのポルディフォトを見つけたので筍母さんにプリーズ
100902_poldi

昨日の記者会見ではラームケディラが登場したようですが、ベルギー側からはファンブイテンが出たらしいのです。

100902_daniel heart01heart04

コメントちょっぴりパトラッシュ、僕たちはもう負けるのに疲れたんだ…」
あう~~~(T△T)
が、がむばって!と言いたいところだけど、ドイツには絶対勝ってもらわないとイカンし…(泣)引き分けでもマズいわなぁ…。
どーーすりゃいいんだ!?困ったぞー!

いっぽう

100903_goalcom
うひひ。
「誰がオランイェのキャプテンになるべきか?」
ゴルコムオランダ版が事前にユーザーアンケートかなんかとったみたいです。

そんなファンボメルがキャプテンに就任した感想コメントかなんか出してないのかと思いましたが、特にそのようなものは見当たりません。

100901_bommel
スタッフか報道陣に「ヒューヒュー♪」って冷やかされてる風な映像がありましたけど、ファンデルファールトもヒューヒュー言われてたので、キャプテン就任と関係あるのかどうかわからん(もどかしー)。

(そういえば、バタバタして書き忘れてました。
とっくにご存じでしょうが、ファンデルファールトは土壇場で思い切り値を下げられてトッテナムに買われたらしいですね。行き先が決まってよかったけど、レアル…。
そういえばついでに、ヒルデブラントもスポルティングに決まったようで。こっちの話の方が更にホッとしましたが、またイベリア方面ですな…。で、レンジングは・・・・・・・(泣)

オランダ情報はファンボメルピンポイントですので、実はあのあと怪我辞退者が出たかどうかとかちーとも知らんのですが、たぶんだいじょぶなのでしょう(てけとー)。
ファンボメルキャプテンの初陣にドキドキしてるのはワタシぐらいのもので、世間の注目はやっぱりファンニステルローイみたいですね。果たしてスタメンから出場なるか?
はたまた、シャルケに移籍が決まって心機一転を図るフンテラールか?
そしてファンブロンクホルスト後の左SBは誰か…。アニタが有力?

サンマリノ相手に不覚を取ってる場合ではないのですが、なんとなく1-0とか2-0とか2-1とか、不満の残る勝ち方をしそうな気がします。まあ、ワタシ的には、今日のところは勝てばいいです。
W杯決勝で敗れ、それぞれ心に痛みを負った選手たちの心とフィジカルの回復具合がどんなものか。そういえばハイティンハがいないのだった(くそっ)。CBも注目です。ヘタこくなよ~

オランダ代表と言えば、予選終了後の11日に、オランダサッカー協会のエラい人がロッベン問題について話し合うためにいよいよミュンヘンにやって来る、とな。
Bildのスクープですが、最近は正確なので(笑)
がっついバイエルンですが、相手がちゃんと礼を尽くせばケロリと大人の対応をすると思うので、円満に解決してくれるといいな・・・

そんなわけで

それぞれがそれぞれの思いを抱え、新しいステージに向かって出発です。
ドイツ、オランダ、ベルギーはもちろんですが、その他の国もベストを尽くして、悔いのないサッカーができますように。いい結果が導けますように。みんな頑張れ!みんな愛してるよ!

おまけ
100903_hamit
一足お先にやってますぜ。写真だけ見て、ハミトだってちゃんとわかったよーん♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/09/02

オランイェ・キャプテン、ファンボメル

100831_bommel カワエエ…heart04

W杯決勝の当日の試合前、オランダ代表公式サイトに掲載された記事の中で、ファンボメルはこんなことを言っていました。

「W杯の後の新しいキャプテンは、俺はやらないよ。2年間(代表から)離れていたからね。キャプテンマークについて問うことはしない。もっと(代表の)試合に出ている選手たちがいるよ。けれどそれはスタッフが決めることだ。俺のお義父さんが監督である事実とは関係ない」

当時はオランダ代表のキャプテンはご存知、ファンブロンクホルストだったのですが、ピッチ上で(もしかしたら外でも)、ゲームをさばきチームをまとめる、実質的なリーダーはファンボメルである、というのはオランダ代表ファンにとっては周知の事柄でした。

それは監督の親族だから、ではなく、ファンボメルが高い戦術理解力とそしてそれを実践する能力、そして根っからのリーダー体質の持ち主である、ということに依るものなのです。(信じてもらえそうもないなぁ…苦笑)

ドイツ誌のインタビュー等でも折に触れ「キャプテンであるかどうかにかかわらず、常にリーダー的な目線でチームを見ている」と語っています。
なのでファンブロンクホルストが引退した後はファンボメルがオランダ代表のキャプテンになるのは自然な流れであるように見えましたし、関係者や一般のファンからも支持は大きかったようです(多分)。

だけどそのことについて問われるとファンボメルは上のようなコメントで、代表のキャプテンになる可能性は否定してきたのでした。そもそも、任命されるなどとも思ってなかったでしょう。
関係ない、と言いつつもやはり監督が自分の義理の父親であるために、えこひいきだとか何だとか批判を浴びたり、いろいろと難しくなることを思ったのかも知れません。
あるいは、感情的な理由で2年もの間代表を離脱していた自分が、チームを代表する立場になることには道理が通らない、と思っていたのかも知れません。(ああ見えてマジメなのよ)

がっっ!

そんなファンボメルがオランダ代表のキャプテンに任命されたのです!

複数のオランダメディアにアプされていた、ファンボメルキャプテン指名のいきさつについてファンマルヴァイク監督のコメントを、勝手にアレンジしてわからんところはすっ飛ばして、いつものようにてけとーにまとめてみました

100901nos

「家族でやっていくことにしたのさ(笑)」←もちろん冗談です。
「テクニカルスタッフと短い話し合いをした。すぐに決まったよ。1分もかからなかった。我々は満場一致でファンボメルを選んだんだ」
「私にとっては必然的な選択だ。マルクはフィールド上のリーダーで、よく組織を保っているし、リーダー的気質も持っている。チームを率いるのに、年齢的にも立場的にもちょうどいい。それに彼には経験もある。PSVとバイエルン・ミュンヘンでキャプテンマークを巻いている」
「私がマルクにこのことを伝えたら、最初は驚いていたよ。だけどすぐに、名誉に思います、と言ったんだ」

(参照リンク:TelegraafVoetbalCentraalVoetbalPrimeur

いやはや。・・・嬉しいです。名誉以外の何物でもありません。
実際の実力はともかくとして(こらっ)、W杯のファイナリスト、FIFAランキング(一応)2位のオランダ、サッカー大国オランダのキャプテンにファンボメルが!
先に言ったようなリスクを知りながらあえて主将に指名してくれた監督やチームからの信頼を思うと、光栄に身が震えます。ワタシが。ぶるぶる。

ファンボメルがキャプテンを務めるオランダ代表が、ものすごく楽しみです。試合は全然見れないでしょうけど(くそっ)、今後は選手入場からコイントスの時間、格別の思いがこみ上げることでしょう。ドキドキ・・・。だからたまにはTVで放送してぇ~!スウェーデン戦とか!本大会まで待ち切れないーー

・・・・・・・。もちろん。期待の気持ちと同じくらい、心配や不安も沢山あります。
失敗したらどうしよう、万が一成績が悪くて監督が途中解任、なんてことになったら、ファンボメルとて無事では済まないかも知れない…とか。
うっかり予選敗退、なんて可能性だってあり得えない話じゃない、と思っています。そんなことになったら・・・・・・

それに。
このたび監督が語ったところによると、つまらないサッカーで(オランダ本国以外の)全世界から一気にファンを減らした、W杯での「現実路線」を続けることにしたらしいです。
それはもちろん、あの決勝でのケンカサッカーを続けるんだぜ、という意味ではありません。しかし、あの決勝で、デヨンクと並んでのケンカ番長・アンチフットボール(やな言葉だなぁ)の旗手として特に非難を浴びていたファンボメルをキャプテンに据えたことで、何というかその、イメージ的に、ダーティー路線も継続なわけね、と誤解されて、ますます批判されやすくなるのではないかと…。
 
でも!
御義父様、いや、監督がよく考えて決めたことなら!そしてファンボメルがそのチームの主将であるならば、信じた道を行くがよい!ワタシは応援するだけです。
成功だけを信じていますが、ダメダメな試合もあるかも知れません。そんな時も不安にオロオロと涙と冷汗を流しながら、健やかなる時も病める時も、僕らはいつでもいっしょさ、の気持ちで、あと2年、よりいっそうの想いを込めて見つめることができる幸せを感じています。
だからたまにはTV放送を(しつこいので略)

とうはいうものの、やっぱり笑顔だけを見ていたい。がむばれ、ファンボメル!がむばれ、オランイェ!チームの皆さん、ファンの皆さん、どうかどうか新しいキャプテンのことを、よろしくお願いします!

100706_8

(想いがあふれちゃってしょうがなく、文章書くのにひどく時間がかかってしまいました。どうにもとりとめなくて読みづらくて申し訳ありませぬ。ちなみにオランダでは、当然の結果だから大したエピソードでもないのか、キャプテンという地位にさほど重きを置いていないのか、マスコミの紹介記事などもわりとあっさりした感じです。)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/09/01

代表キャプテン決定!

100901_loew

そういえば記者会見のLIVE中継をやってるんじゃなかったか、と思ってDFB.tvにつないでみたら、ちょうど終わるところでした。あらあら。

すぐにDFBのサイトに記事が上がりました。レーヴ監督はこの席で「代表のキャプテンはバラック、正GKはノイアーで行く」と表明したそうです。(こちら

1006_lahmballack
一件落着!・・・・・・か?

Neuer_4
おめでとう!

GKはまあ、異論はありませんし、予選が始まる前に今後の方針を早く決めたのは良かったと思います。でもアドラーにもヴィーゼにも全然チャンスがなくなったわけじゃないんだからね…ニヤリ
キャプテン問題はモメましたねぇ。今回の試合に出ないにもかかわらず(しかもここ2試合のリーグ戦でのパフォーマンスがトホホな)バラックにしまふ、ってわざわざ宣言しなくちゃいけないのもタイヘンねえ、と思いました。(←高みの見物)

それにしてもバラックの調子が今後もあまり上がらないようだと、キャプテンどころか代表復帰すら問題になり兼ねないんだから、これであまり安心しないで、いっそう気を引き締めて精進してくれないと困ります。

100831_gomez
「僕みたいなのもいますから、バラックさんなんか余裕っしょ~」こらっ

ドイツ代表は今晩?明日かな、いよいよベルギーはブリュッセル入りするみたいですが。

100831_daniel2
「ドイツが相手なんだからモチベーションあがるワ!がんばらなくっちゃ!」

そんなファンブイテンのコメント記事がこれまたDFBに。
「ドイツのファン、ファンブイテン」(ややこし)って言われてますぜ。
「ドイツは本当に強いね、彼らに勝つのはむずかしいよ」と言ってます。南アフリカW杯は実家で観戦していたようですが、ドイツ人であるお母様はドイツ代表ユニを着て応援していたようですよ(^m^)

とかなんとかいうことをうだうだと書いていたら、オランダからニュースがぁーー!!

10_09_01 heart01heart04

マルク・ファンボメル、

オランダ代表の新キャプテンに決定!!!

ぎゃーーーーーうそ!マジか!マジなのか!?

どどどどどどどうしようえーーどうしよう、大変だ大変だ!バタバタバタ…
えっ、こ、これって「この2試合だけの暫定措置」じゃないよね?わ~、「向こう2年間」て書いてあるような気が…

我ながら、ドイツ代表とは大違いのえらい興奮ぶりですが、そこはもちろん、キャプテン個人に対する愛情の差です(キッパリ)。
興奮しちゃって自動翻訳文がようけ頭に入りませんので、とととりあえず風呂に入って深呼吸して、押しつこうと思います。

満場一致で決まったぽいです。よかったね、マルク。キャプテンになったことそれ自体よりも、それだけみんなに信頼されてるということが、アタシゃ涙が出ちゃうくらいうれしいよ。

続く!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第2節のスタメンとジェントルマンとイケメンスーツ

さて

ぎりぎりになってカモラネージがシュツットガルトに、フンテラールがシャルケに、欧州蹴球界随一のデカ顔シルベストルがブレーメンに、とか、動きはあったようですが、我がバイエルンはすっかりカヤの外ですわね。(ジエゴやカモさんがユーヴェを出て来たというのに、ブラッツォがウチに出戻り、という話はありませんね…。←いい加減あきらめろ)

すでに昨日の時点でBildが「バイエルンはもう誰も買わないんだってよー!マーケットしゅーりょー。つまんねー」と言いたげなノリの、超がっかりした雰囲気の記事をアプしておりましたけど。最近のBildはどうにも正確だな…(苦笑)。

結局のところ、大騒ぎしたのは周りだけで、バイエルン的にはずっと前から「誰も獲らん、むしろ出す」と言っていたわけで、それをそのまま貫徹しただけなんですよね。アテが外れてがっかりするのは野次馬の勝手、というわけです(^∀^;)

途中でミーチョ問題が起こって、そこでちょっと雲行きが変わって来てしまいましたが、いわゆる従来の移籍問題とは少し趣が違う話であるからして。
ミーチョもティモシュクも残ることになったわけですが、そうなった以上はしこりを残したままあと半年過ごすことのないように、選手も監督も、お互い余計なこと言ってややこしくしないように、ついでにキャプテンも「くさったリンゴの方程式」とか誤解を生む物言いしないように。
トーニの事例を繰り返さないように!頼みますよ、ホント。

100830_onsoranje3
ファンデルファールトの移籍の可能性とかロッベンについて聞かれてるっぽい、代表合宿先でのファンボメル。もちろんなんて答えてるのかはわかりません。

ともかく。これでメンバーは確定したわけです。
もちろん、皆さんそれぞれの好き嫌いはありましょうが、我々が愛する彼らは、同じ目標に向かっている、ひとつのチームなのです。
ファンも思いを一つにして、心を込めて、熱く楽しく応援して行こうではありませんか!

それはそうと。

レンジングはぁー!?ヒルデブラントはぁー!?(泣)

----------
ところで

火曜日朝放送された、GAORA様によるカイザースラウテルン対バイエルンの試合ですが、話せば長いことながら録画に失敗しまして。。。。。。。。。○| ̄|_
まだ見れてないのですトホホ。
再放送は金曜日。そこまで経ってしまうともう、いーかげん遅すぎますし、その頃には代表戦の話をしたい時分ですし、ここはいさぎよく!第2節の試合レポは省略します。どーせ負け試合だしいっかー?
ガーンΣ(゚□゚;) えーなんだよー!
ヒィ~申し訳ありません~、何の役にも立ちませんが、とりあえずスタメンだけアプしておきますんで~(汗)

8月27日 ブンデスリーガ 第2節
カイザースラウテルン 2-0 バイエルン・ミュンヘン

kickerの採点も合わせてどぞ
100827fckfcbfj
交代:プラニッチ(63コンテント)、クロース(63オリッチ)、ゴメス(75クローゼ)
サブ:クラフト、ティモシュク、アルティントップ、オットル

得点:イリチェヴィッチ(36ティファート)、ラキッチ(37イリチェヴィッチ)
カード: イリチェヴィッチ(90+2)  ミュラー
MoM:ティファート

100827_mueller

結局このミュラーがシュートを外したシーンと、バトシュトゥバーのミスからの失点シーンは「す○○と」で見ちゃいました。両方とも、そりゃナイわ~!というシーンでしたね。

クローゼのせっかくの古巣への凱旋がこんなことに…。と言いつつクローゼの写真があまり見当たりません。

----------
ところで。
kickerによるこの第2節のベストイレブンに、ドルトムント・香川が初選出です!(^∀^)おめでとー!すごいなー。

そしてその香川が活躍したシュツットガルト戦で、こんなエピソードがあったみたいです。ちょっと面白かったのでご紹介
100829sky4
選手たちの試合前アップ中に、ピッチサイドで実況をしていたskyレポーター・ジェシカさんの後頭部にブーラルーズの蹴ったボールがもろに命中!☆

100829_sky1
ブーラスーズが「ゴメンにゃ」と、お見舞いの花(?)と、何やらプレゼントを贈呈

100829_sky2
プレゼントは頭部保護ヘッドギア!(笑) さっそく着用するジェシカさんカワイイ。

「ブーラルーズったら紳士なのねん♪」とはジェシカさんのコメント。動画はこちら。ボール直撃の瞬間は何回見ても思わず「あいたぁ~!sweat01」と叫んでしまうことうけ合いですぜ。

----------
ルカトーニ受難。交通事故!なんと、車がガードレールに激突!(゚□゚;)
愛車アウディ・Q7大破!(?)
でも幸いにも本人は無傷と・・・・・・・。うわ~~~ん良かったよぅ~。゜゜(´□`。)°゜。心配かけんなやもーーー

----------
このたび、U-21ドイツ代表に初選出なったらしいコンテントですが、足の指が痛いとかなんとかで結局辞退。バイエルン公式(ドイツ語版)のトップ「我がバイエルンから代表戦に16人も!」という見出しが「15人!」にこっそり書き替えられていたのが可笑しかったです(^m^)

----------
せっかくなので28日に行われたらしい、バイエルン州からの名誉賞かなんかの授賞式映像より、ハンサムスーツ劇場
100828fcbtv1
リベリじゃなくて、後ろの人に用があるんだけどー!新しくなったFCB.tvではホントにキャプチャがむずかしくなった。

100828fcbtv2
フフフ…heart

100828fcbtv6
一時停止したらちょうどハミトのナイスショットだったので、せっかくだからキャプチャ

ついでに、こんなのもキャプってみました(ちなみに生中継)
100831_jfa
ザッケローニさん。温和なおじさん、という印象でしたね。「私は今日から日本人、次の記者会見では日本語で話します」って、社交辞令だとしても、案外エエ人やないかい♪と思っちゃったわよ。はてさて、監督としての手腕はいかに・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »