« 今夜はバーゼル戦 | トップページ | CL:ドイツチームの結果 »

2010/09/30

CL:バーゼル対バイエルン

9月28日 UEFAチャンピオンズリーグ グループリーグE
バーゼル 1-2 バイエルン・ミュンヘン

Bildの採点も合わせてどぞ
100928baselfcbfj
交代:ゴメス(5)(46アルティントップ)、オリッチ(4)(57クロース)、ティモシュク(77クローゼ)
サブ:クラフト、デミチェリス、ブラーフハイト、オットル

得点:フライ(18シュトレラー)、シュヴァインシュタイガー(56PK)、シュヴァインシュタイガー(89バトシュトゥバー)
カード: シュトレラーバトシュトゥバークロースプラニッチバトシュトゥバー

MoM(UEFA):シャキリ(バーゼル)

100928_mund_und_nase
「ふー」「あ~疲れた」「ずぴっ」

苦笑い。 まぁ~よくぞ勝てたもんだ。

・・・・・・・・・・・。

いやぁ~何、ワタクシ、どっちが勝ってもいいような完全中立の立場の時はともかく、バイエルンや応援しているチームの試合に関しては、どんなにダメダメな内容でも「今後のためにも負けた方がいい」とか「こんなサッカーしているチームは勝つべきではない」とかいう考え方はしないタチなのですが、今回ばっかりはねぇ~~~~~。
勝ったからまぁいいか、じゃない、それ以下の、勝ったからってダメ!なゲームでした。

得たものは勝ち点3、と、バイエルンのダメっぷりは深刻だ、ということを再確認した後の失望、でした。

完全に負けゲーム。関係者がそろってコメントするように、確かに失点するまでの時間は、相も変わらずヨボヨボしたじじくさいサッカーながらも、なんとか優勢を保ち、「今日はイケるかも?」という可能性を感じられる試合をしていたのに。カウンター一発で失点してからはすっかり自信を失ってしまって、以後は試合終了までへなちょこ一直線(←よくわからない)。

なんだこりゃ?これが本当に昨シーズンのファイナリストの姿なのか?ミアザンミアとやらはどこへ行った?
わかっていながら、毎度毎度同じようなパターンで敵の作戦にまんまとはまってしまうヤツらを一体どうしたらいいのか。

シュートがことごとく枠に飛ばせないのはもう、落ち着いてね、集中してね、ヘタな鉄砲数打てばなんとやらだよ、としか言いようのない感じもします。

ならば。どーせゴールは決まらないんだから、せめて守備をしっかりしてくれい!カウンター対策をしっかりせい!と思うわけですよ。
ところがここも、・・・・・・。
両ボランチは疲れ切ってるからすっぽ抜くのは簡単だし、それより前の選手は守備意識が低くて戻り遅いし、両SBは上がりっぱなしでしょちゅう行方不明だし、ディフェンスリーダーは切り返しのスピードに全くついていけてないし(号泣)・・・・・・・・・・・・・・・

100928_bastian3

せっかくのシュヴァインシュタイガーのドッペルで、別にそれがPKと蹴りそこないのふしぎゴールであったとしても、それ自体は別に気にしないし、喜ばしいことではありますが、やっぱり。
その瞬間は、やったー!うれしー!と言うより先に、こんなアホアホサッカーしてるチームが逆転勝利することもあるのね、と、ひたすら苦笑いしてしまいましたゴメン。

次に何もつながらない、なんの希望ももたらさない勝利でした。
とはいえ、試合前に言った、結果こそが最重要、というスタンスに変わりはありません。
せっかく転がり込んだこのラッキーな勝ち点3、返上しようなどとはツユとも思いませんことよ。ありがたくちょうだいいたします。

まぐれ当たりでもなんでも、拾った運を最大限に生かして、これを復調のきっかけにして欲しい、そんなふてぶてしさと狡猾さがないと生き残れないよ、と願うものですが…。
今日のゲームを見る限り、たぶんダメだろうなぁ、という気がしたのでした。
PKによるゴールが少しばかりラッキーだったのに、全く生かせなかった彼らなので。

本日のファンボメルファンブイテン
100928_bommeldaniel
ファンブイテンを叱るファンボメル

ハーフタイムにロッカールームで、ファンボメルの、イェルクと俺が声を張り上げちまったぜよ、という発言はバイエルン公式はじめあちこちで出てますね。
もちろんその気持ちはじゅうぶん共感できますが、しかしあまり人のこと言える立場かどーか…アンタ自身も良くなかった、てゆーか、悪かったと思うよ。

ワタシはファンなので、ファンボメルが疲労のピークを超えてもなお必死に戦ってるのを見て痛々しく切なく思ったりもするのだけれど、でも、ピッチに立ってる以上は、心を鬼にして「がむばれ!」と、応援しなくてはいけないわけで。くう~っ(T-T)
ティモシュクがボランチに入ってからは、彼にオマカセして少し休んでる風なところに、ちょっとホッとしたりもして・・・。我ながら甘過ぎるなぁ。

ただ、シュートシーンでは相変わらずクレバークールで、なかなか良かったと思います。GKのナイスセーブに阻まれましたが、いいシュートもあったし。得点感覚は錆ついてないな~と、ちょっと嬉しく思いました。(決めなきゃ意味ないし。やっぱ甘甘(^^ゞ)

しかしその一方で、ファンブイテンが試合を重ねるたびにどんどん不調になってるのが心配でたまりません。W杯に出てないから疲労は言い訳に出来ない…。
このたびの失点にも責任あるし、Bildには「まーたファンブイテンかよ!」とか書かれてるし、他のメディアでも批判的な記事が続々…(泣)

|

« 今夜はバーゼル戦 | トップページ | CL:ドイツチームの結果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/36997223

この記事へのトラックバック一覧です: CL:バーゼル対バイエルン:

« 今夜はバーゼル戦 | トップページ | CL:ドイツチームの結果 »