« さよならルカ、ありがとうルカ | トップページ | 間もなくブラジル戦 »

2010/07/01

決勝トーナメント1回戦その他雑感

ヴァルデス(ドルトムント)って案外エエ奴やないかい(;_;)

100629_valdes2

shizukaさんが教えてくださったコチラのニュースより
敗退決まり泣きじゃくる…誰が駒野を慰めたか

5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪を抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。

ミドルネーム?が「アエド」だということを初めて知った次第。
エエ奴、というか熱いサッカープレーヤー魂を持ってるんだろーなー、と思いました。

いやぁぶっちゃけますと、試合自体はレベルがホニャララ、と思いましたが(^_^;)
パラグアイからは「南米の強豪」というオーラをあまり感じませんでしたし。
しかし!それでもひたむきに熱く、勝利への執念を燃やして挑戦し続けた日本代表にはやっぱり感動しちゃったんであるよ。
へたっぴながらも気持ちのこもったプレーの方が、小うまいサッカーより心を動かすことはままあることであります。

まあ、分析とか反省とか未来への展望とかは本気で日本代表を応援している方におまかせするのです。ワタシは超ニワカですので、ただただ「楽しませてくれてありがとー!盛り上げてくれてありがとー!」と言うのみです。

せっかくなのでイケメンフォトを貼る
100629_roque
「夏の夜話はどー?バックミラーに白い着物を着た見知らぬ女の姿が!」「…忙しーんだけど」(うそ)

ふざけてばかりではありません
100629_roque2
相手へのリスペクトも忘れません。途中退場してしまったのでPKには参加できなかったサンタクルス。思うところはあったでしょう。
……。今となっては「ウチの子」感覚もだいぶ薄れてしまいましたが、やっぱり画面に映るたびに「カッコいーなーheart」とつぶやいておりました。

さて、その他の試合をざっくりと

6月27日 2010W杯 決勝トーナメント1回戦 アルゼンチン 3-1 メキシコ

100627_tevez

得点:テヴェス(ARG)(26)、イグアイン(ARG)(33)、テヴェス(ARG)(52)、エルナンデス(MEX)(71)
MoM:テヴェス(ARG)

ドイツ対イングランドと同じ日に行われた試合で、ご存じの通り、こちらでも誤審が起きておりました。テヴェスがゴールを決めた際の明らかなオフサイドが見逃されたというもの。
ハーフタイムにメキシコの選手がアルゼンチンベンチになだれ込む騒動が起きてしまったようですが(汗)

しかしその後2得点を追加し、この疑惑のゴールが決勝点にならずに済んだようです。1得点だけで済まさないところがやっぱりさすがというところでしょうか・・・

録画するだけしてまだフルマッチは見ておらずハイライトだけですが、次に対戦するドイツが付け入る弱点があるのかどーか見るべきなのか・・・。それともアルゼンチンの強さにガクブルするだけなのでいっそ見ない方がいいのでしょうか…(汗)

6月28日 ブラジル 3-0 チリ

100628_brazil

得点:フアン(BRA)(35)、ルイス・ファビアーノ(BRA)(38)、ロビーニョ(BRA)(59)
MoM:ロビーニョ(BRA)

本領発揮したカナリア軍団!守備も攻撃もばっちりだ!カカもロビーニョもルイス・ファビアーノもバストスも絶好調!ルシオ親分もモリモリ守るよ!ドリブルもするよ!

死角ナシ!ガクガクブルブル(((゚д゚;)))

  
ど、ど、どうするんですかどーなるんですかアンタたち(涙目)。ドイツと対戦するアルゼンチンも恐いけど、こっちの方がさらに勝てる気がしないです~~~うわ~うわ~

こんなことやってるばーいじゃないんだよねぇ~
敗退のもと“お家芸”の内紛収拾へ オランダ緊急ミーティング
気性が激しいのは別にかまわんのですが、ロビンさんはちょっとお口にチャックでお願いします~(汗)とにかく個人名を出すのは禁止の方向でぇ~(汗)
【追記】
いちおうファンペルシーは「ゴメンにゃ」と謝罪したらしい。スナイデルは「気にしてないよ~ん。ロビンのことを疑ってはいない。僕らにはモノを言う権利があるからね」とかなんとか…(超ななめ読みにつきざっくばらん御容赦)

これだけでなく、ことあるごとに「チームは団結している」「守備力は良い」と火消しコメントにがむばるお義父様(←ヤメ)。
「現実路線」に転換?したのか地味な試合が続くものだから、批判されてるとかしないとかいう話も聞きますが、ブレることなく耐えて踏ん張って、信念を貫いて欲しいです。
かくいうワタシも、つい文句付けちゃうんだけど(^_^;)ゴメンナサイ でも勝ってくれればそれでいいんです。ほんとーに。
心配してたらファンマルヴァイク監督が夢に出て来てしもうた。何故か試合会場に向かう電車に乗り合わせて、車窓からキレイな虹が見えたので「幸先いいっスねー」などと語り合っていたのでした。どうでもいいか。

100628_kuyt2
「ご心配なく、ブラジルなんか軽々ですよ~、これこのように」

6月29日 スペイン 1-0 ポルトガル

Dsc07040

得点:ビジャ(ESP)(63)
MoM:シャヴィ(ESP)

100629_ronaldo

いやっははははは、まいったまいった(汗)
スコアこそ地味ですが、内容は大充実です!見どころ満載ステキプレー満載イケメン満載、かぐわしいパスサッカーの真髄ここにあり?!
にっくきライバル・スペインなのに「キタァアア!!ビジャうま!イニエスタうま!」と声を上げてしまったじゃないかこんにゃろめい。
強い。強すぎる。グループリーグは何だったんだ。世界一かも知んない。彼らが優勝しちゃうかも知んない。
迎え撃つポルトガルも必死に1失点で抑えましたが、終わってみればスペインの圧倒的な強さ上手さ美しさだけが印象に残ってしまいました。

【思い出したので追記】
そういえばこの試合でも、疑惑の一発退場が出てしまいました(-_-;)
顔面に肘打ちを食らわせた、というのでリカルド・コスタに。どう見てもカピデビラの演技だと思うのですが・・・

余談
100629_simao
「島尾三郎さん」なのか「子門三郎さん」なのか・・・

----------
というわけで!8強が出そろいまして、組み合わせはこうなりました。

100629_fifa_2
こうなってくると、W杯もいよいよ佳境だなぁ、という感じがします。寂しいのぅ・・・

|

« さよならルカ、ありがとうルカ | トップページ | 間もなくブラジル戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35594784

この記事へのトラックバック一覧です: 決勝トーナメント1回戦その他雑感:

« さよならルカ、ありがとうルカ | トップページ | 間もなくブラジル戦 »