« 速報:ドイツ対スペイン | トップページ | 最後のタコ占い »

2010/07/09

ドイツ対スペイン

100707_essenplan
ドイツにも「敵を食う」という発想があるのか・・・

しかし、今もっともドイツ人に食われてしまいそうなのは
100706_paul2
ドイツ敗戦的中の“ご神託タコ”脅迫?「サメの水槽に入れるべき」「サラダに」

7月7日 2010W杯 準決勝 ドイツ 0-1 スペイン

どうでもいいかも知れませんが、kickerの採点もどぞ
100707gerespfj

交代:ヤンゼン(4)(52ボアテンク)、クロース(62トゥロコフスキ)、ゴメス(81ケディラ)
サブ:ブット、ヴィーゼ、タスキ、アオゴ、バトシュトゥバー、マリン、カカウ、キースリンク

得点:プジョル(73シャヴィ)
カード:なし(!)

MoM :シャヴィ(ESP)(FIFA)、プジョル(ESP)(kicker)

100707_lahm

改めて試合後の様子を見てみたら(苦行であった・・・)シュヴァインシュタイガーはガックリ気落ちはしていたものの、涙を流したりはしていなかったようですね。彼が心底悔しがっていたのは事実なので、泣こうが泣くまいが、どっちでもいいことですが。一応ね。
試合後のスペイン代表の対応は今日も紳士的でした。コリアンダー的フェアプレー賞ですかね。それこそどうでもエエ・・・(捨鉢)

未だ心が彷徨っているコリアンダーです、ドイツ代表サポの皆さん、ごきげんいかがでしょうか。
前述したように、猛烈な眠気と戦いながらリアルタイム観戦していたのですが結局時々(殆ど?)負けてしまい、試合はほとんど頭に入っておりません。かと言ってフルマッチ映像はもちろんハイライトすらどうしても見ることができず、写真も集められない超チキンです。

こんな状態で何を書くのか、書くことないのですが、それでも無理やりこうして更新するのは、書いてるうちに自分の気持ちが少しは整理されるんではないかというささやかな試みと、どうせ二度と試合を見直すことは出来ないだろう→試合レポ的なものも書けないだろうと思ったので、今のうちにできる範囲のことを、と。

(酔っ払いがぐだぐだとクダ巻いてる内容になってしまいましたのでたたみます)

ドイツは試合の入り方を間違えた、そしてそれがゲームの流れを決めてしまった、と、スカパーでスタジオでの実況解説の皆さんが言っていたように記憶しておます(オボロ)。
確かに、立ち上がりからずっと及び腰で、スペインにいいようにパスを回され、結局彼らに「自分たちは何者か」ということを思い出させてしまい、ドイツはスペインの攻勢に耐えるばかりで何ひとつ見せ場を作れず(惜しかったのは、クロースのシュートがカシージャスにファインセーブされたところぐらいですかねぇ)、ひたすら圧倒されたまま試合が終わってしまった、という印象です。

なんでだ??????

あんなに鮮やかに超攻撃的オサレサッカーで魅せていた彼らが何故・・・。
その点がフシギでならないのです。どうしてそうなったのかが知りたいです。知りたいなら試合を見ろ、なのでしょうけど、今は出来ないの…

①この試合は守備的に行くように、というレーヴの指示だった
②選手が勝手にビビってしまった
③そんなつもりじゃなくてもっと果敢に行くべくチャレンジはしたのだけれど、スペインの圧力がどうにも素晴らしすぎてどむならんかった

もし①の場合だったら、レーヴの大いなる戦術ミスだったのかなーとか思ってしまいます。
あのアルゼンチンを堂々4得点で撃破し、意気上がる若い彼らの勢いをそぐような指示を出すべきではなかったんだろうと思います。ここまで守備的な試合なんて殆どして来なかったのに。もっと思い切って、データにはない、若さとか思い切りのよさとか、そんなモノを信じて託して欲しかった。
②はやはり、EURO決勝で完璧にやられた記憶が、彼らにはまだまだ鮮やかで、ある種トラウマになってしまい、動きを硬直させてしまったのかも知れません。それを踏み越えるだけの勇気が出なかったのでしょう。

その両面で考えると、若くてイキがよくて、EUROのしがらみとか全く関係のないミュラーがいてくれたらだいぶ違ったのでしょうが、出停なのでしょうがない。
ならば代役はいっそクロースでも良かったんじゃないのかい、と思ったり(途中から出場)。
ワタシ個人は、敗因を欠場者のせいにはしたくない、という基本スタンスではありますが、しかし、ミュラーがいないことが思い切った攻撃策を打てなかった原因だとするならば、間接的に、やはりミュラー不在が響いたのか、と認めざるを得ません・・・

まあ、超ドシロートの勝手な想像です。あんまり気にしないでください(してないか…)。
実際は②と③の混合型なのかも知れませんし。たぶんそうなのでしょう。

100707_puyol
いや~~~~しかし、華麗なるパスサッカーが身上のスペインに、まさかセットプレーでやられるとは…(苦笑)

何が悔しいって、同じ相手に同じように完敗してしまったこと。どんだけ苦手でリスペクトしているのか知らんが、あまりに空しすぎる。
せっかく今大会、下馬評を覆す大成長をなし遂げ、「今大会のベストチームはドイツだ」と各方面に絶賛され、そのままだったらスペインにも勝てる(かも知れない)だけの力を付けたというのに(たとえ大会限定の一旦馬力であっても)、実にあっさりと、たったの90分で2年もの時間を巻き戻して、一切を無にしてしまったこと、であります。
失望しました。
ワタシの心の中で何かが粉々になりました。

いや、だからと言って、彼らが最後まで一生懸命頑張っていたのはわかっているし、こんだけ出来るんならなんでヤンゼン最初から使わないんだとかなんで最後の交代枠がゴメスなんだとかいうレーヴのトンデモ采配にはちょっとモノ申したいですが、まあ、差し置いてもよい。
だから彼らを責める気持ちは毛頭ないのです。ただがっかりしただけ。

何か学ぶべきところのある敗戦だったのか?何も残らないただのくだらない負け試合だったのか?正直、ワタシにはわかりません。

ただ、不幸中の幸いというか、ありがたいことに、まだもう1試合残っています。
まだワタシたちには、
「ここまで来てくれて、ステキな夢を見せてくれてありがとう。準決勝は残念だったけど、イングランドやアルゼンチン戦は本当に素晴らしかった。いい大会だった。これをしっかり継承して、次につなげてね」
と言うことが出来る機会が残されていることです。
本当に2年前に逆行してしまったのか、それとも準々決勝まで見せた素晴らしい成長は幻ではなかったのか、3位決定戦で見極めたいと思います。
勝ち負けではなく、内容のある試合でもう一度魅せて、未来への希望をつないで欲しいです。そうでなくてはならない。
 
だけど。うじゃらうじゃら言って来ましたが。
これだけは明らかなのは、どんなにダメダメでも、どんだけ絶望させられても、絶対にワタシはキミたちを見捨てたりはしない。コリアンダーはドイツ代表を愛しています。と、河原で仁王立ちになって宣言するのであった。(「タッ○」)

【追記】
恒例の(?)大会後のファン感謝イベントは行わないことにしたそうです。「ファンのみんなには心から感謝しています。だけど3位決定戦の後に祭りをするべきではない」byラーム主将。
ワタシ的には別に何位であっても、ファンの心に最後に感動を残すことができたなら、お礼を言う機会が欲しいと思うので、中止を決めるのは3位決定戦が終わってからでもえやないの、と思いますが、やっぱりEUROの際にシラけちゃったのがよくなかったかなぁ・・・(汗)その時と同じ相手に負けたわけだしねぇ…ネチネチ
ちなみに、その記者会見の席上でラームは「バラックとの権力闘争なんかありません」とコメントしたらしいですが、まあ、そりゃそう言うしかないわよねー

|

« 速報:ドイツ対スペイン | トップページ | 最後のタコ占い »

コメント

うわ~なんだか皆さん大層お怒りで実はビックリしています
私自身はとても残念だったけど、怒りとかはあまりないです、愛が薄いのかな?
むしろあの急造チームっぽいのがよくここまで来たなと
そしてここでこけちゃってとても残念
個人的にはミロが最後のW杯(もしかしたら代表公式試合も)だろうから、見ていて辛い思いはありましたけど
個々の経験云々ではなくてチームとして熟成されていなかっから、勢いよく走ってたのが転んじゃって上手く立ち上がれなかったって感じでしょうか
なんとか遣り繰りして創り上げたスタメンの一角が崩れれば(それがミューラーでなくても)そりゃ痛いだろうな、とも思っていましたし
でも今回割りと好調だった監督の指揮が最後に何時もの弱気になっちゃったかな?勝負師タイプじゃない人だからな~
でもそれもまた持ち味、勝ったチームも負けたチームも彼が監督するチームですから
多分私は彼らをもっと評価してもっと出来ると思うべきなんでしょうけれど、頑張ったね、というのは正直な感想です
でもどんな事態にもへこたれない様に、もっともっと層を厚くしなくちゃね
そして最後に、どうかミロが三決に出れる状態に心身ともになりますように

投稿: marian | 2010/07/09 08:20

> marianさん
コメントありがとうございます(;∀;)
いや、別に怒ってはいないんですよ。レーヴに関しても、この試合はう~ん(-_-)と思いましたが、彼の仕事そのものについては否定する気はありません(素朴に、なんで??と聞きたい点はありますけど)。
彼らは本当に本当によくやったと思うし、ベスト4でも上々の結果だと思います。
もっと心をこめてねぎらってあげるべきなんでしょうけど、それができないワタシこそ愛が足りないのかも知れません。

ただ、この試合は、どうしても受け入れがたい、あまりに悔しすぎる敗戦でした。同じ相手に同じように惨敗。肩を並べたとまでは言わないが、少しは近付いたかに見えたのに、勘違いだったのか、と思い、完璧に打ちのめされました。また2年かけてやり直しなのか?と思うと気が遠くなったり。(まあ、実際2年なんてすぐなんだけど)
負けるにしても、ウルグアイのように、勇敢に立ち向かって華々しく散ったなら、まだ「よく頑張った!ありがとう!」と言えたものを、あれでは無念の感情ばかりが先に立ってしまって…。

彼らをねぎらうのは3位決定戦を見届けてからにしたいと思います。今大会で彼らが示したものは嘘でも偶然でもなかったと、未来に確実につながる成長をしたのだと思わせられる試合を見て「ありがトゥーみんな大好きだよウワワンcrying」と感涙したいものです。
でもなんだかあんまりやる気なさそうですねぇ…。ラームなんか、出たくないとか言ってるぽいし。スペインのことはさっさと忘れて、最後は気持ちよく締めようぜ、と思いますが、やっぱり難しいのかなぁ。

層の薄さ←メンバーが足りない中をよくやりくりして乗り切ったと思いますが、ここに来て限界が来ちゃいましたね。DFは前から言われてましたが、ナニゲにFWも危ないことが明らかになってしまいました。…ゴメス…

ミロはおそらく代表最後の大会になりそうですし、marianさんにとっても万感胸に迫るものがあるでしょう…weep
ミロの今大会の活躍には感動しっぱなしです。ワタシも心を込めて見守っておりますよ~。3決に出るとか出ないとか言われてますね(汗)記録のためだけでなく、あの試合が最後だなんてあまりに悲しすぎますから、もう一度ひと花咲かせて欲しいですね。いえっ別に、再来年のEUROを目指してもらってもイイんですよ?smileてか、そうして欲しい…

スミマセン、長々と愚痴ばかりこぼしてしまい、大変失礼いたしました m(__)m

投稿: コリアンダー | 2010/07/09 16:20

 せめてノイアーには最後攻め上がってほしかったです。「ヘタフェの奇跡」もオリが攻め上がったところから始まった…

投稿: shizuka | 2010/07/09 18:23

> shizukaさん
そういえばありましたね!ヘタフェの奇跡。オリがセンターラインまで上がってきた時はびっくりしました。そしてナニゲにそのオリに向けて?FKを蹴ったのは…誰だったっけ。
ノイアーなら体格もいいですし、プジョルなんかぶっ飛ばしてくれたかも知れませんよね…。いやいや、あるいは。足元が上手くて攻撃の起点になることが判明しましたから、ゴールキックがそのまま超ロングシュートになって直接ゴールにIN!なんてのもアリかもsmile
…そんな妄想でもしてないとやってられません…crying

投稿: コリアンダー | 2010/07/09 23:04

 はい、今でも鮮明に覚えてます。オリがファン・ボメルにボールsoccerを預けて前線に攻め上りdash、ボメルは右サイドのラームにパス。ラームは何を血迷ったかcoldsweats02オリめがけてキック→オリが相手選手とヘディングで競ってボールを左サイドに落とす→拾ったソサがゴール前にクロスを上げる→トニ奇跡のゴ~~~~~ル!!!→オリがボメルの顔面をバシ~ンと叩くimpact→自陣ゴール前でへたりこむ…でした。

投稿: shizuka@現実逃避中 | 2010/07/09 23:35

少し落ち着かれましたか?短冊のお願いは2年後のEMに持ち越されたと言う事で…次こそは!!

本当に、どうしてああなってしまったんだろうって何度も思ってしまいます。絶対に2年前のスペインの背中は見えていたと思っていたのに…やはり、若さが出てしまったんでしょうか?スペインを押さえるための戦術を考えすぎてしまったのでしょうか?サッカーって本当に難しいものなんですね。
クラブでもバルサに悪夢を見せられ、代表でもバルサに泣かされ…本当に悔しいです。どうしたもんでしょうかねぇ?とりあえず今後バイヤンだけじゃなく、ブンデスの多くのクラブがCLで決勝トーナメントに残り、常時ガチンコを繰り広げる様な流れになって欲しいです。そうやって多くの選手が大舞台の真剣勝負を経験して4年後を迎えてくれたらなぁって思っています。

パウルくんスペインでしたね~!!決勝の日はマリネですかタコの?パエリアにしますか?

投稿: クゥシィ | 2010/07/10 02:22

> shizukaさん
うほほ、すごーい!そんなに細かく、よく覚えてますねー☆オリ愛ですねぇ…heart04
そーかFKじゃなかったか…。そしてラムたんが血迷って(爆)、と( ..)φメモメモ そうそう、オリがナニゲに役に立ったのが可笑しかったですねぇsmileそしてすぐにはゴールに戻らず少しその場にとどまっていたので、「まだなんかやる気なんか?!」と思ったものでした。

> クゥシィさん
あの短冊←晴れてドイツが決勝に進んだら、裏に「ドイツ優勝!(もちろんボメフル出場)」と書くつもりでした。しかし負けてしまったので、直後にやけくそ気分で、「せめてオランダ優勝!」と書いたのです。しかし、その時は部屋が薄暗かったので気付かなかったのですが、後でなんと弔辞用の薄墨で書いたことに気付き、縁起悪!と処分してしまいましたトホホ(T∀T)空しさ倍増・・・
ボメが代表でプレーし続けてくれる限り、2年後にチャンスはやってきますよね。今度こそ決勝で、そしてシュバとボメのユニ交換ですよ…。くれぐれも、あまり早い段階で当たることがないように、組み合わせ抽選が上手く行きますよーに(汗)←その前に予選通過だよ
…。本当に。ここまでのプレーとのあまりの落差に愕然としました。ミュラーの不在とか、経験不足とか、疲労とか、メンタルとか、単純にスペインが上手すぎたんだとか、いろいろ言われてますけど、どれも今ひとつぴんとこなくて、何がなんだかよくわかりません。2010W杯の最大の謎です。選手たちもわかってないのかも知れませんが、これを消化して克服しないことには次につながりませんよね…。
バルサに負けた←おっしゃる通り、その意味でも本当に悔しいです。彼らのあのスタイルあの強さは、数年スパンで築かれたものではないでしょうし、追いつき追い越すのは至難の業なんでしょうか…。バルサとスペインを倒せるのはモウリーニョの地味地味ガチガチ大作戦と超堅守のスイスだけなのか…
うわーん、モウリーニョでもヒッツさんでもないお義父様におんなじサッカーができるものか~明日の決勝お先真っ暗だあ~。゜゜(´□`。)°゜。あとはベナーリオをかっさらってきて、ステケレンに変装させるとかしないと!ボメがまた中盤でくるくる回転するんですかねぇ、いやデヨンクと二人でペアーでくるくる…イヤじゃあ~~(泣)
パウルくん←3位決定戦は当たって欲しいし、決勝は外れて欲しいし、タコ様をリスペクトするべきなのかどうか悩みます。パエリャはこないだ作ったけど効果がなかったし、ここはやっぱりマリネですかねぇ。でも食ったら逆に呪われそうな気も…

投稿: コリアンダー | 2010/07/10 09:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35685545

この記事へのトラックバック一覧です: ドイツ対スペイン:

« 速報:ドイツ対スペイン | トップページ | 最後のタコ占い »