« 間もなく3位決定戦 | トップページ | 決戦へ »

2010/07/12

そしてサッカーは続く

いやっははははは、まいったまいった(^∀^;)
結局、スペイン戦の敗北でコナゴナになったモチベーションがようけ修復し切らないままその時を迎えてしまいましたので(中2日は短すぎる!)、リアルタイムで見なくてもよかろう・・・と、すかぱの録画予約だけして寝てしまいました。
そして一夜明けて、話せば長いことながら、うっかりとスコアを先に知ってしまったので、「あ~そうなのね、3-2で勝ったのね、めでたしめでたし」と思いながら超呑気にお気楽極楽観戦だったものですから、最後のフォルランのアレにも、入らないことがわかってるのでハラハラドキドキ皆無!
まあそれでも、結果がわかってもじゅうぶんに楽しめる試合ではありましたが、リアルタイムで観戦なさった皆さまほどには熱く感動できず、温度差がなんとももどかしゅうございます(TwT)
最後までダメダメなコリアンダーでございました、だはは(苦笑)

Dsc07083

7月10日 2010W杯 3位決定戦 ウルグアイ 2-3 ドイツ

100710urugerfj
交代:キースリンク(73カカウ)、クロース(81ヤンゼン)、タスキ(90+1エズィル)
サブ:ノイアー、バトシュトゥバー、トゥロコフスキ、マリン、クローゼ、ゴメス、ポドルスキ

得点:ミュラー(19シュヴァインシュタイガー)、カヴァーニ(28スアレス)、フォルラン(51アレヴァロ・リオス)、ヤンゼン(56ボアテンク)、ケディラ(82)
カード: ペレスアオゴカカウフリードリッヒ

100710_mannschaft3
2010W杯・ドイツ代表の最後のスタメンはこうなりました。

ラーム、ポドルスキ、クローゼが欠場になったので、アオゴがW杯デビュー、ヤンゼンカカウが初スタメン、左SBで使われていたボアテンクが右SBに入りました。

ワタシ的注目は、ついにブットがW杯デビュー!☆そしておそらくラストマッチ…
放送中誰もそこについて触れなかったのでワタシの勘違いかと思ってましたけど、それでイイんですよね?
バイエルンファン(&おっさんGK好き)として感慨深かったのはなんだかワタシだけだったみたいですけど、個人的にこういう人情采配は嫌いじゃないんですよ。勝敗が肝心なトーナメント戦中ならいざ知らず、気楽な3位決定戦ですし。第3GKとはいえノイアーに比べて大きく能力が落ちるとはツユとも思ってなかったから心配してなかったし、ごく単純に、W杯の舞台でプレーしてるところが見れて嬉しかったです。
もっとも、人情采配などではなく、本当は第2GKのヴィーゼに出場機会を与えるつもりだったらしいのですが、どこか痛めたのでブットの登場になったようですね。

100710_butt2

そしてそのブット、フレッシュ感ゼロのW杯デビューとなりましたが(笑)、さすがベテラン、終始落ち着いていて、バイエルンでのパフォーマンスそのものでした(^^)違和感もゼロよ~
スーパーセーブも連発!ブットが活躍するシーンをいっぱい作ってしまう最終ラインもどうかと思いますが、でも、スアレスとカヴァーニかな?立て続けのピンチを連続で防いだのはシビれました!(≧▽≦)
フォルランによるウルグアイの2点目に一歩も動けず!というのは見ないフリで。
今大会のすべての試合を見たわけではないので定かではありませんが、GKが一歩も動けなかったゴールシーンはあんまりなかったので、ちょっとカコ悪いかも(^_^;)

100710_butt3

てゆーか!フォルランがカッコ良すぎたんでしょ~~!
なんですかあのダイレクトハーフボレーは!!熱いわ上手いわカッコいいわイケメンだしダイナイトボデーだし。

100710_forlan 脱がなくてもすごいんです。

最後の最後、起死回生を狙った渾身のFKが惜しくもクロスバーに弾かれたところで試合終了。
なんだそのヒロイックでドラマティックな終わり方は~~!(^□^;)
やり切ったのか、試合後は比較的さばさばした表情で笑顔にインタビューに答えるフォルラン。
間違いなく今大会、もっとも女性ファンのハートをわしづかみにしたのは彼でしょう。ある意味MVP間違いなしです(?)。
8年前、ワタシがオリバー・カーンに心を持って行かれたように、今年はこのフォルランに持って行かれた人は多かったんじゃないでしょうか?そしてまた新しいサッカー層が生まれるのかも知れません。ステキなことじゃないですか…

はっ(゚∀゚)

ドイツファンです。
いやっ、つっこみどころは満載です。試合そのものは、お互い「負けなくてもいいサッカーをする必要がないので」by良平さん、カウンターの応酬が華やかなオープンな試合でゴール沢山入りましたし、逆転の連続で楽しかったのですが、ただ見方を変えれば大味な展開で、カウンター対策しっかりしなはれ、と思いましたけど。

3位なんて。決勝行かなくちゃ意味がないよ、とか、3位決定戦の是非とか、控え選手お試し人情登板試合でいいのか、とか。

でも、これでいいんです。さいわいウルグアイが真剣に勝ちに来てくれたおかげで、ぐだぐだした消化試合にならずに済みましたし。
ミュラーが1点決めて得点王レースに残りましたし、新人賞もほぼ確定にする活躍ぶりでした。(ケディラのゴールに悔しがってる野心家ぶりには苦笑しましたけど…)
ヤンゼンケディラがゴールゲットしたのも楽しかったです。
そういう楽しい見せ場が生まれるのも、プレッシャーの薄い3位決定戦ならではの醍醐味とも思います。

100710_mertekhedira2_2 モエ…

100710_jansen
気功の力で、相手選手に触れずに指一本で吹っ飛ばす!(うそ)

正直、スペイン戦で受けた傷はそう簡単に癒えるものではないと思います。
ワタシとて、考えると未だにヘコみます。
だけど、そんな手負いの状態でも、若い者が中心となって自分たちのやり方をもう一度取り戻してそして勝ちをつかんで、最後は笑顔で終われたところが、本当にドイツはステキで、ファンで良かった、としみじみ思うのです。

100710_bastian3

シュヴァインシュタイガー
今日はキャプテンでした。試合前、ブラッターFIFA会長に、キャプテンとして選手ひとりひとりを紹介している姿を見て、あのバスティ坊やがここまで立派になるとは、と、胸に迫るものがありました。
今日の働きぶりも良かったし。リーダーとして、ピッチをいっしょけんめい仕切ってましたね。ミュラーへのアシストになった魔球シュートは、まさにシュヴァインシュタイガー!という感じで鳥肌モノでした。
もっとも、1失点目はそのシュバのミスからで、失点した瞬間「うあー(汗)」とへたりこんじゃったところがまだまだだなぁと思いましたけど(^m^) ファンボメルならシレッとしてると思う。そういう図太さも必要なんだぜ。
でも、ボランチ・シュヴァインシュタイガーはまだまだ始まったばかり。これからもっと大物に成長して行く余地はたっぷりあります。今後も見つめて行く楽しみが出来ました。
この大会、ドイツ的には「ミュラーの大会」として記憶されるのかも知れないけれど、ワタシには「シュヴァインシュタイガーの大会」でした。もしドイツが優勝していたら、MVPにもじゅうぶん値したと思います。
なんだかんだ言って、W杯やEUROではいつも活躍していますが、今回の成長ぶりは、シュバのキャリアの中で特に重要だったと思っています。嬉しいな~(^^)。カーンも絶対、ちっこい目をさらに細めて喜んでいるはず。

100710_miro

クローゼ。どうしてベンチにいる時はいつもそんなに恐い顔なのだ~(汗)
結局出番はありませんで、得点王も、W杯通算ゴール記録更新もなりませんでした。記録はいいから、最後にもう一度輝く姿を見たかったのですが、仕方ないですね。
裏を取ったわけではありませんが、ミロの性格を考えて、コンディションが悪い中を無理して出場してはチームの足を引っ張るor悪化させてクラブに迷惑をかけられない、と判断して、おそらく自分から出場を辞退したのではないかと想像します。
いつでもプロフェッショナルでフォア・ザ・チームなクローゼ。若手は大いに彼を見習うべきだと思います。
3大会連続でエースの座を守り、堂々14得点。立派です。ドイツ代表に残した功績は図り知れません。ありがとう。お疲れさま。
・・・・・・母国で開かれる2012EUROを目指すかも、なんてゆう話もチラリと聞きましたが、是非狙って欲しいです。

100710_bronzemedaille
銅メダル。(思ってたほど銅色じゃないんですね…)

苦しい気持ちを抱えて逝ってしまったあの人に、彼が主力として出場するはずだったこの大会のワールドカップを獲得して、せめてもの慰めになればいいと強く願っておりました。
残念ながらその思いは叶いませんでしたが、銅メダルでも喜んでくれるかな。あなたの代わりに正GKになったノイアーは、とてもよくやってくれましたよ。

100710_mannschaft2

100710_mannschaft5

たくさんのドラマを生んだ、ドイツ代表の2010年W杯、最後は勝利で終わりました。

おまけ
Dsc07080
タイコ腹のスタッフに腹でどついて挨拶するノイアー。かわいい。

Dsc07084
タスキセンサー。今回ロスタイムに、時間稼ぎ交代で出場しましたので、これでヴィーゼをのぞいて全員が出場したことになるのではないのかな?

 
そして、今日出来た道は明日へ続く。9月にはもう、2012EUROの欧州予選が始まります。

100710_bacouple to be continued… ?

|

« 間もなく3位決定戦 | トップページ | 決戦へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35715817

この記事へのトラックバック一覧です: そしてサッカーは続く:

« 間もなく3位決定戦 | トップページ | 決戦へ »