« 決勝戦のフォーメーション(オランダのみ)と各賞受賞者 | トップページ | 燃え尽き症候群なう »

2010/07/14

オランダ代表ファンマイル

どもどもども、お久しぶりです。管理人コリアンダーです。やっと浮上しました。
今日(13日)はまだずっと落ち込んでいて、ファンボメルやオランダ代表について、メランコリックで暗~い記事を書いていたのです。
でも、もうだいじょうぶ!ワタシもみんなと同じ、笑顔の一員です!(^▽^)(←某ニキビ肌用化粧品のCMヤメレ)
暗い記事は削除しますが、でもまだあの決勝戦について振り返ることはできません(苦笑)

あ~でも、アレだ、これだけは言っておかないと。

ウェッブ主審はもうこりごりです。

大事な決勝戦をこわしてはいけないから、なんて中途半端な温情ジャッジなんかしなくてよろし!あそこはデヨンクにビシッとレッドカードを出しておかなかればいけなかった。
それで10人になったオランダが崩れて大負けしてしまったとしても、それがアイツらの運命だったのだ。そこまでだったのだ。
中途半端な温情を見せるから、つけ上がったオランダが汚いサッカーを遠慮なく展開し、試合が荒れる要因になったのだ。
さもなくば、どうせ温情ジャッジを貫くなら、あの単細胞の荒くれどもをとことん甘やかして欲しかった。イコライズのつもりかなんだか知らんが、途中からスペイン寄りジャッジに切り替えやがって、プジョルはいいけどハイティンハはダメなんですかそーですか。誰が見ても明らかな、壁に当たったスナイデルのFKについてはどうなんだ。別にアレがオランダのCKになったからって特に勝敗に影響したとも思えないけど、なんであれが誤審だと言われないのか不愉快だ。

それと。
世界中から非難をごうごうに浴びるのを覚悟の上で、なりふりかまわないあのような汚い破壊的なサッカーをせざるを得なかったオランダ代表を、ワタシは、せめてワタシだけは、あえて勇気と呼びたいです。
誰だって好き好んであんなムチャムチャなサッカーしたいわけじゃない。へっぽこで力の劣る彼らには、それしか方法がなかったのです。そうまでしてでも勝ちたかったのです。わかってくれとは言いません。ただワタシは、ファンボメルがいる限りは、これからも応援するんだぜコノヤロー(ドイツの次に…)とだけ、言いたかったのです。

【追記】
↑この項、メランコリックな言葉を使ってしまったせいで誤解を生んでいる気がするので追記します。
決勝での、エグいファウルを多用したオランダ代表のパフォーマンスを素晴らしかった等と賞賛する意図はありません。
ただ、あんなサッカーしてたら批判浴びるのは明らかだし、すでにイエローばんばん出て不利になってるのにまだやめようとしない、バカなヤツらだけど勇気あるなあ、と思ったのです。
   
さらに。泣けるので削除しようと思ったのですが、せっかく訳したのでもったいないから
100711_10

他にも出てるかも知れませんが、とりあえずこちらよりファンボメルの試合後のコメント
内容に共感するとかしないとかはさておきます。
(自動翻訳でもままなりませんでした。想像で大幅に補っておりますので、誤訳の可能性もあります)

「(ウェブ主審について)なんでだよ?誰にだってわかるだろ?彼が決勝戦に影響を及ぼしたのは明らかだ」
ファンボメルはスペインの方が「基本的に」良いチームだったと認めたものの「だけどアリエン・ロッベンを通じて、俺たちにはゴールへのベストチャンスがあったんだ。いつもなら彼はああゆうシチュエーションでは必ず決めるんだけど。だがあの一瞬は、俺たちには運がなかった」
「2位なんてうれしくない。W杯のオランイェでほぼベストのパフォーマンスだったのに、何も手にできなかった。俺たちには何もないんだ。こんなに安定して成熟したチームは2位以上の価値があるはずだと俺は思う。このスペイン戦の敗北は、人生で俺を苦しめるものだ」

さっ。ぱんぱん(手拍子)

湿っぽいのはここまでにして、いや、まだ、ファンボメルの最後のW杯があんな試合で良いわけがない…とか、ファンマルヴァイク監督にとってはあまりに課題が山積みで先が心配でしょうがない、とか、色々ありますが、ひとまずここまでにします。

ワタシが浮上できたそのわけは、先ほど、帰国したオランダ代表の凱旋パレード、ならぬ凱旋クルーズ・兼・ファン感謝イベントが行われたからなのです。

オランダのTV局であるNOSのサイトで、LIVEストリーム配信していたものが見れました。国外規制なし!しかもサクサク!ぐっじょぶ!NOSさん!!

とゆうことでモヤモヤ恐縮・キャプチャ画像レポです
100713_nos13

(以後、ずっと右端に「<」印が映りこんでますが気にしないでくらさい)

クルーズのルートはこんな感じ。アムステルダムの地形なんて気にしたことありませんでしたが、さすが国土の1/4(だっけ)が海抜0m以下の国です、運河だらけなのですね。
100712_telegraaf

イベントに先立って、どこぞに招かれてとっても偉そうな方からの(←調べろ)勲章授与式が行われたもよう。

100713_nos59

100713_nos57
(選手によっては)屈辱の銀メダルを首から下げて、複雑な心境だったとは思いますが・・・

100713_nos54
せっかくスーツでビシッと決めてるのに、ファンボメルがロクに見えん…。

その後数時間インターバルがあり、スポーツウェアに着替えてクルーズに出発。
(気付くのが遅れて途中から見たので、出航の様子はようわからん)

100713_nos4
沿道には沢山の、それはもう沢山のファンが温かい声援を送ってくれて、それに応えている間に選手にも元気が出てきたみたい。
河にドボンと飛び込むファンもかなりいましたが、よくあることなのか、特に驚きはなかったようです。

100713_nos5
飲みながら撮るマタイセン。船上ではビールがふるまわれたようです。見た感じハイネケンぽい。(ババリアじゃなかったか…)

100713_nos8
どこのアミーゴですか(ブーラルーズ)。

100713_nos14
上空から見るとこんな感じ
これではわかりにくいのですが、チームが乗ってるボートの後部に、花でかたどったハートマークがあるのです。モッサリした荒くれ野郎どもとのミスマッチが・・・

100713_nos17
インタビューに答えるファンペルシーと、後ろはモエモエアフェライ。アフェライと言えば、決勝戦で敗れた時、ピッチでぐずぐず泣いてるスナイデルをいっしょけんめい励ましてる姿に、エエ子やの~と思いました。

100713_nos19
ファンボメルもインタビューに。「元気出ちゃうなぁ」とかなんとか言ってるみたいです。おちゃらけた帽子とレイを下げて、わりと楽しそうジャン♪と思いつつ、本当にハジけた時の笑顔を知っている身としては、まだ痛々しい傷跡が垣間見えるような・・・

100713_nos21
それにしてもいつの間にゲットしたんだその帽子。気に入ったのか、ずっとかぶってましたよ。

キレイな写真が公式のついったーにアプされてました
100713_bommel heart04heart01
タイトルは「Van Bommel is the king of the world ! 」

100713_nos22
クルーズの終点では、家族が待っていましたよ。こちらはカイトファミリー。

100713_nos23
監督も奥さんと・・・。後ろで義理の息子が孫を抱っこしております。

各々、家族or恋人と共に、10万人が待つイベント会場へ移動。この時間は少々間延びしておりました。

100713_nos27
ファンデルファールトがかぶってる帽子は値札が付きっぱなしであったことをワタシは知っている(←細かい)

100713_nos28
婚約者(?)とスナイデル

100713_nos30
ファンタスティック・パパマルク~!抱っこしているのは末っ子のルーベン君heartレプリカユニに自分の名前が!モエ~!何故か番号は入っていない・・・
長男のトーマス君もいて、ファンボメルは自分がかぶってた帽子をかぶせてた感じなのですが、一瞬しか映りませんでした。プライバシーかな。

100713_museumplein
キャプチャじゃなくて普通の写真。おぉー!これはこれは!

100713_nos32
ドイツ代表のファンマイルを思い出しますねぇ…。順位なんか気にしないで、やったら良かったのに。

100713_nos33

100713_nos40
アリエンたんのスマイルゲット!ナイスキャプチャ!

100713_nos38
イベント自体は、なにせ32年ぶりのことなので慣れてないのかどうなのか、なんだかよくわかんなかったです(^_^;)ドイツ代表の盛りだくさんのと比べてしまうせいなのか。いまいち垢抜けなくて何をしたいのかようわからん感じで…。まあそれもご愛嬌。

100713_nos34
キャプテン・ファンブロンクホルストによる挨拶と選手紹介(ブラーフハイトやファンボメルに声援が心なしか小さかったように感じましたが、きっと気のせいね(^_^;))が行われた後、コーチングスタッフ紹介&ファンマルヴァイク監督の挨拶があり。

100713_nos41
何やら、やけにメロウな、ブルースじゃないわタンゴじゃないわなんだこれ、なんてゆうジャンルなのか、すぐに出てこないけど、びみょうなノリの歌が流れるのですが。有名な曲なのでしょうか、みんな歌ってるぅ~?オンチ疑惑のファンボメルも眉間にシワよせて歌ってますよ!

そしてその後はこれまたワケのわからん、テクノみたいなのが流れ出し・・・
100713_nos48
タテノリで踊り狂うオランイェたち。カワイイっちゃカワイイが、お客さんに背を向けてそれでいいのか!芸人だったら怒られてるぞ(^∀^;)←芸人じゃないから

100713_nos52
「(ついていけん…sweat02)」

100713_nos49
「ビールいかぁっすかー」と、皿を回してるDJ(ハイパーメディアクリエーターか?)にいそいそと給仕するスナイデル。かわいい。

100713_nos45
ファンボメルもノリノリで、楽しそうで良かったなぁ、とほっこりしていたら

100713_nos51
ふとした瞬間にこんな真顔に戻るので、アタシゃもうどうしたらいいのやら(汗)

まあ、ファンボメルにとっては準優勝おめでとう!なんて嬉しくないんだと思います。
負けずギライのアイツにとって、この傷はそう簡単には癒えるものではなく、一生背負うものかも知れませんが、でも、自分たちをサポートしてくれるこんなに沢山のファンの姿は、きっと何がしか、前を向くきっかけにはなるでしょう。
こんなびみょうな笑顔じゃなくて、あの心からのガハハ笑いがこの場で見れることを願って…、って、それってオランダにEURO2012で優勝しろってことか?そ、それはちょっと困るけど(汗)、まあ、そうなる可能性が出たらまた改めて考えるってことでひとつ(汗)
今はただ、この素晴らしい風景を心に刻んで、しばしの休息を・・・。

W杯お疲れさま!(^∀^) ファンボメル&オランイェたち!

|

« 決勝戦のフォーメーション(オランダのみ)と各賞受賞者 | トップページ | 燃え尽き症候群なう »

コメント

世間は朝から晩まで西国のファンマイルのことばかりでしたが、蘭国だってやっていたのですね・・・というか、やると思っていたので、コリアンダーさんが浮上するまで待とうと思っていたら、早速力強いレポートを!ありがとうございました。ファンマイルってお国柄が出るものですね。
オランダチームのことはコリアンダーさんのブログで勉強させてもらいました。ありがとうございました。また、EM12の時もよろしくお願いしますね!
さ、次はバイヤンですよー、バイヤン。

投稿: 東風 | 2010/07/14 05:22

いろんな見方があるものですね。
ヨハン・クライフは、前半で2人がレッドカードで退場になるべきだったと述べています。
もちろん、二人とはデヨングとファン・ボメル。
まあ、その方が90分で決着していたでしょうけど。

クライフ、母国オランダを痛烈に批判(goal.com)
「悲しく、遺憾ながら、彼らはとてもダーティーなプレーをした。すぐに2人が退場になるべきだったよ。彼らは2つの醜く、ハードなタックルをした。私ですらダメージを感じたほどだ」
http://www.goal.com/jp/news/125/ワールドカップ/2010/07/13/2022886/クライフ母国オランダを痛烈に批判

サッカー=準優勝のオランダ代表、地元紙が厳しい批判(REUTERS)
[アムステルダム 12日 ロイター] サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の決勝が行われた翌12日、0─1でスペインに敗れたオランダ代表チームに対し厳しい批判が地元紙面に載った。
 W杯では1970年代に2回決勝に進出しながらもタイトルが獲得できず「W杯で決して優勝できない最高のチーム」ともやゆされてきたオランダ。最大発行部数のテレグラフ紙は「1974年は最高だった。1978年はそこそこよかった。2010年は力不足だった」と厳しい評価を下した。
 決勝ではラフプレーもいとわずスペインのリズムを崩しにいったオランダだが、悲願は果たせなかった。フォルクスクラント紙は、オランダに攻撃的なプレーが不足していたこととファウルの多さを指摘し、「いまこそじっくり突きつめて考えるとき」と反省を促している。
http://jp.reuters.com/article/sportsNews/idJPJAPAN-16258920100713

投稿: | 2010/07/14 05:55

こんにちは。キャプチャ等レポありがとうございます。運河をパレードって本当にオランダは「水の多い国」なのだな、と感じました。
「にわか」でオランダの事を色々とサッカー以外からも調べましたが、日本との長い関係とか、なぜ「オレンジ」なのか、とか「へぇ~」(←古い)という事があり、私なりに楽しかったです。ただ、サッカーに関してはちょっとむずかしいなと思っています。ドイツも、スペインも、どこでもそうなのですが、サッカーは歴史であり、文化であり、習慣であり、考え方であり・・・という感じであまり深くは入り込めない気がしました。今回は、私にとっては楽しくもあり、ちょっとキツかったWMでした。何と言ってもドイツの三位決定戦が見られなかったのが、心残りです。もう有料TVがないとムリかなあと思ったりもして・・・て自分の事ばかりでスミマセン。
クゥシィさんのところにも書きましたが、ちょっとサッカーから離れて休もうと思っています。・・・いや単にパソコンが使えないところに行くという事ですが。コメントにもしばらく伺えないと思います。
長々スミマセン。あと一つ(コロンボさんみたい)
今回は誰のWMだったか?
タコのWMでした!
では又~。

投稿: 梢 | 2010/07/14 09:42

> 東風さん
スペインのファンマイルは普通のニュースなどでバリバリ放送してましたねぇ。その時間は薄目にして(--)ミエナーイ、 耳をふさいで(∩゚д゚)アーアーキコエナーイ、と、自分にロックかけておりましたので全然見てません。(苦笑)
ご心配おかけしました。ドイツとオランダが、同じ大会で同じ国に連続して負けたという事実は、ワタシにとって予想以上のダメージでしたトホホ。
船で運河をパレードする、というのがオランダぽくていいなぁ、と思いました。上空からアムステルダムの家の屋根なんかも見れて、キレイな街だなぁとほのぼのしましたよ。騒動があったかどうかわかりませんが、少なくとも画面には映らなかった(^^;)
いえいえ、ワタシとてオランダに関しては殆どシロートで、何も知識がないものでお恥ずかしい。まだまだ勉強ですわ。ファンボメルが代表にいる限りはこれからも応援しますので(もちろんドイツの次に)、2012もがんばります。
バイエルンは…選手の疲労があまりに厳しいと思うので、正直そんなに期待してません。ブンデス3位以内は死守して欲しいですが、CLはベスト8まで行けたら御の字だと思ってます。ポカールは…まあ、そのつどの対戦相手次第です(苦笑)。でも熱く応援しますよ!(^o^)/

投稿: コリアンダー | 2010/07/14 12:47

> 2010/07/14 05:55

コピペしていただいた記事は両方とも読んでましたよ。
戦前からスペイン(バルサ)寄りだったクライフさんが何を言おうと、まったく気にしません。
ただ、デヨンクは退場になるべきだったと思います。
試合内容は厳しく批判されて当然だと思います。ファンマルヴァイク監督には見直しをしっかりして欲しいと思いますし、本人の去就等も含めて、今後は茨の道だろうなと心配しています。いちおう契約は残ってますが、どうにでもなる話ですし。

まあ、ワタシはあの選手がカッコいいとかイケメンだからとか、私的感情だけでサッカーを見ているくだらないミーハーですので、真剣に議論するアタマは持ち合わせておりませんし、今はまだ試合についてきちんと振り返る気力もわきません。オランダをかばうなんて愚かしいことだと自覚もしていますが、負け犬にさらに石を投げつけるようなマネはファンとしてできません。お気に召さないとは思いますが、しょうもないヤツもいるもんだと、どうか生温く笑ってスルーしてやってください。

投稿: コリアンダー | 2010/07/14 13:02

> 梢さん
まさか見れるとは思ってなかったのですが、たまたまつないだらたまたま配信されているところにヒットしまして、狂喜乱舞しました。ボメの笑顔が見れてよかったです。まだ完全には立ち直ってないようでしたけどね…(;_;)
ちょっと垢抜けないところも含めて、なかなか雰囲気のあるパレードで、オランダぽいなー、と思いました。オレンジ一色に染まってましたが、何故かチューリップは見当たらず(どうでもいいか)。
ワタシとて超ニワカですよ~(^^;)何故オレンジなのかは、恥ずかしながら今回初めて知りました。オランダ代表が毎度内紛してるのかとかいうことも。とほほ。
サッカーに関しては、まあ…(汗)たくさん試合を見るのが一番ですが、過去に戻って見直すわけにもいきませんし、現時点できる範囲で見て感じて、楽しめればいいんじゃないでしょうか?肝心なのは愛ですよ!…ダメ?
3位決定戦への地上波の対応には呆れましたね。良平さんが「3位決定戦は負けることに対する不安がないので、両チーム思いきったプレーができて点が沢山入って楽しい試合になるケースが多い」と予告してましたが、みごとその通りになったというのに。
嗚呼~なんてことでしょう、クゥシィさんに続いて梢さんまで姿を消してしまわれては、ボメボメ言う張り合いがなくなるではないですか…。しょぼぼん。ワシもここらで、需要のないボメネタやオランダネタは封印するべきなのか…。なんてねbleahもうちょっとがんばりますわ。草場の陰で応援してくださいトホホ。
あれあれ、どこか海外にでも行かれるのでしょうか?大変名残惜しいですがcrying梢さんの新しい出発が成功しますようにお祈り申し上げます(←決めつけご容赦(^_^;))
タコ←ドイツの3位は良かったのですが、オランダの敗戦まで当てやがったので、ゆうべついに食っちまいました。
いや、本当に、「タコのW杯」として記憶されるだろうな~と思っています。いいのかそれで…。4年後までPaul君は寿命がもたないそうですが、たぶん「Paul2世」がちゃっかり出てくるだろうなと思っていますsmile

投稿: コリアンダー | 2010/07/14 14:13

わわわ・・。結構ハナシが大きくなってしまい、あわてて再登場しました。そんなに長く消えませんよ~sweat01
ただ、書き込みがムリな所へちょこっと行って来るだけです。でも、このところいわゆる"テンぱって"いる状態が続いて疲れてしまったので、行っている間はサッカーから離れよう、と思ったのです。休暇、です。すみません、大げさに書いちゃって・・・。
これまでも「もうあまり入れ込んで応援すると疲れるから・・・」と思いつつ、リーグが始まれば「どうなった?勝った?ボメ出てた?」という感じでやっていますから、又すぐ出て来ます。お騒がせしました。又ボメネタで盛り上がりましょうね。ではではnote

投稿: 梢@あわわ | 2010/07/14 16:13

ライブ放送なうでは本当にお世話になりました!!
わぁ~vアリエンたんかわゆすなぁ~~~vvボメもなんだこれ!?アメリカ横断ウルトラクイズの帽子っぽいぞ!!
私も、どうにもやる気が起こらない時間を過ごしていましたが、このオランダの盛り上がりと選手達の笑顔を見て一気に黄泉がえりましたよ。素晴らしい時間でした。
準優勝という結果に、私も終了直前は無の感覚がありました。でも、何も意味が無かった事はないですよ!!ここにいる70万人のファンが答えです。ボメ、まだ2位は意味が無いと言い張るか~???
2年後、私もボメのドワーハッハッハっていう笑顔が見れますように願ってます。…でもドイツ代表も大事だし、またコリアンダーさんは悩みどころですね?
今後のオランダ代表は世代交代や攻守のバランス調整等の問題はありますが、ミュラーみたいにドーンと出てくるかもしれない若手に期待して見ていこうと思います。アフェライの成長も鍵と見ていますので、お義父さんは若手に経験積ませて欲しいですね。

投稿: クゥシィ | 2010/07/14 20:43

すみません、「終了直前」じゃなくて、「終了直後」です…どんな間違いやねん!!
なんだかむしょうにタコ食べたくなってきた<八つ当たり

投稿: クゥシィ | 2010/07/14 20:47

> 梢さん
コロンボ警部お帰りなさい(笑)
なーんだもう、びっくりしましたよぅー(涙目)テンパっちゃったですか、ちょっとゆっくりして新シーズンに向けて鋭気を養って来てくださいね!
大きなお世話とは承知しておりますが、やっぱり見れない状態で応援するのはストレスたまるのでは?可能であれば、録画でもなんでも、動いてるボメを鑑賞、じゃないわ、観戦なさることをお勧めします…スミマセン、余計なことをsweat01
かくいうワタシも入魂しすぎて疲れましたεー(´△`)
できれば少し休みたい…なんつって、結局離れられないんですよー。惚れた弱みなんですかねぇ。(しょうもない)
梢さんやクゥシィさんが黙ってられずに思わず出て来てしまうようなステキなネタをボメが新シーズンも提供してくれますように。。。lovely

投稿: コリアンダー | 2010/07/14 23:00

> クゥシィさん
間に合ってよかったです!もしかしてとっくに鑑賞なう、かなと思いつつお知らせした甲斐がありましたhappy01
アメリカ横断ウルトラクイズ!!(ローリング爆笑)そうだそれだ!アムステルダムへ行きたいかー!♪ちゃっちゃっちゃっちゃら、ちゃらっちゃら~×2♪(←勝ち抜けた時の音楽…わかりにくい)
いや~最高ですねオランダサポ!前日帰国して空港に降り立った時、ジャーナリスト数十人だけの前でショボショボと挨拶しているのを見て心が痛んで、ファンはどこにいるんだぁー!とハートブレイクでしたけど、ちゃんとみんなこの日のために待機してたんですね(?)、心配して損しちゃったですhappy01
終了直前←全然気付かなかったですけどsmile
ガックリきましたねぇ~。これで、あんな形で、批判を受けながらも勝利を信じて、ドロドロに汚れながら必死に貫いてきたものが報われないまま、ボメのW杯が終わっちまったんですから、本人もアタシタチも全身の力が抜けてしまいますわ。。。
でもっ!
ここにいる70万人のファンが答え←うっ、エエこと言いますね(;∀;)「俺たちには何もない」というコメントが悲しすぎてどうしようかと思いましたけど、こんなに沢山のファンがついてるじゃないか~!
そうですよね、批判と反省は、マスコミと関係者がすればいいのです。思えば彼らは、あのブラジルを破って勝ち上がり、32年ぶりの決勝まで来たのです!最後まで楽しませてくれたことを喜んで、我々ファンは前向きにサポートしなければ!
ということで、オランダ代表にちょっとキツいことを書いてしまったのですが、思い直してこっそり削除したのはヒミツです(^m^)ゴメンネ
なんとなく、ボメ的にはそれはそれこれはこれ、と思ってそうですが(ガンコだから)、ルーベン君が「やっぱり銀色の方がキレイだよね☆」とか言ってくれないものか……(2回目は通用しない)
ミュラーみたいなのがドーンと←イイですね~、エリアやアフェライがHSVで才能を開花させて欲しいです。エリアはイイ線行くと思ったのに、本大会ではなかなか・・・。むむ~。守備陣にも強くて若いのが育って欲しいですね~。がむばれお義父さん!

投稿: コリアンダー | 2010/07/15 00:19

はじめましてこんにちは。
今大会のドイツに5秒で落ちた者です。
サッカーは今まで見てもよくわからなかったのですが、
何故か今大会のドイツを見て惚れぬきました。

ブログの内容が素晴らしくて私などが全然話できるレベルが違うと思いますが、
必死の思いでコメントをしようと思いました。

決勝戦についてマスコミが何といっていようとも、初心者なりに直観ではかなり残念に思いました。
(今大会のことを思いつめてとにかくブログに叩き込みました。記事はショボいですが)

あと、私はドイツリーグをこれから追うことを決意しました。
それで、放送受信の壁にぶち当たったのですが、衛星放送とはわかるのですが、
ドイツファンの方々はどうやってドイツリーグを観戦できているのでしょうか??

この、5秒でドイツに落ちた私をどうかお救い下さい。。。
もう見られないと思うとつらくて仕方ありません。。。

投稿: せいりゅう | 2010/07/15 12:56

> せいりゅうさん
こんにちわはじめまして。5秒でドイツ代表に恋に落ちましたか(゚∀゚)ステキでしたものねheart04
ワタシとてサッカーのことは何がなんだかわかってないえーえんの不心得者ではありますが(^^ゞお立ち寄りくださいましてありがとうございます。ドイツサッカーに興味を持ってくださってうれしく思います。
そうですよね、マスコミが何と言おうと…(;∀;)じ~ん。すぐにブレてしまうワタクシですが、自分も、いつまでもくよくよしてないでチームや選手への愛情を信じるんだぜ、と思いを新たにしました。

さてお尋ねの件ですが、ブンデスリーガはここで見れます
フジテレビONE,TWO,NEXT
http://wwwz.fujitv.co.jp/otn/b_hp/909200167.html
10/11シーズンも放送予定だそうです。ハイライト番組もあります。日本人選手のいるヴォルフスブルク、シャルケ、ドルトムント戦が中心になると思いますが。

バイエルン・ミュンヘンの試合はこちらで
GAORA
http://www.gaora.co.jp/soccer/bundesliga/index.html

バイエルン、シャルケ、ブレーメンが参加するチャンピオンズリーグと、ドルトムント、レヴァークーゼン、シュツットガルトが参加するヨーロッパリーグはスカパーで
http://soccer.skyperfectv.co.jp/

具体的な視聴方法等はご自分で調べてくださいネ(^^)
ともにドイツを熱く応援しましょう!

投稿: コリアンダー | 2010/07/15 18:03

ありがとうございます… … … !!!(泣)
゜・゜(ノ∀`)゜・゜ 

こんなにも丁寧に教えて下さって、
ドイツがまた見られると思うと幸せです。

コリアンダーさんの記事はとても面白くて、
ドイツ見ながら記事読ませていただきます。

本当にありがとうございました!!!
o(_ _)oペコッ

投稿: せいりゅう | 2010/07/16 13:43

> せいりゅうさん
そ、そんなに感激していただいて逆に恐縮です("▽")ポッ
お役に立ててよかったです。ワタシも8年前のW杯でオリバー・カーンに恋に落ちてから、「ドイツサッカーはどこで見れるんだ!見ないと死んでしまう!」と、必死に調べたのを思い出します…。初心忘るべからず、ですね。
全部見ようと思ったらタイヘンなお金がかかるのが問題ですが、是非ドイツサッカーを堪能してください。
いやははは、シーズンが始まったらたぶんバイエルンネタ一極集中になってしまうであろう視野狭小blogではありますが、お楽しみいただけたらさいわいです。また遊びにいらしてくださいねー(^^)/

投稿: コリアンダー | 2010/07/16 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35744112

この記事へのトラックバック一覧です: オランダ代表ファンマイル:

« 決勝戦のフォーメーション(オランダのみ)と各賞受賞者 | トップページ | 燃え尽き症候群なう »