« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010/07/31

kicker・夏のランキング09/10

大ニューース!

木曜日、オランダ代表・HSVのマタイセンに2人目のコドモが産まれました!男の子だそうで、名前はJulianくん!おめでとう~\(^∀^)/

じゃなくて(^皿^)
いや、もちろんマタイセン家にとっては大ニュースで、めでたい話ではありますけど。

かねてより噂のありました通り。
シュツットガルトのケディラ、レアル・マドリーへの移籍が決定です!

Khedira_3
「ゼニくれや~」←そんなキャラではない

いやいやいや、決まりましたね~。決まりそうでしたけど、やっぱり決まりましたねぇ。
近年レアルやスペインに移籍したブンデスの選手が成功している事例を見ていないので大変大変心配であります。メッツェルダーやファンデルファールトやヒルデブラントの二の舞になるんじゃないよー!(汗)(汗)しっかりやるんだよ!
まあ、そこはモウリーニョだから、レアルと言っても今までとは違って、適材適所を考えて、自分の考える戦術に合わせて選手をきちんと生かしてくれるものと信じたいですけど。
なんでも、移籍金は1400万ユーロ(Bild推定)で、年俸300万ユーロ(Bild推定)、契約は2015年まで、だそうです。
金額はあくまで推定で、メディアによって違いますし、高いのか安いのか、相場とかあまりわからないのですが、契約期間5年はなかなか長いっすねぇ(゚∀゚)
ん~むむむ。幸運を祈る!

焦るなよ、シュバ!!

----------

さてさて、半年に一度の、恒例(?)kickerのランキングですよー。
GKからFWまで出そろいましたので、一気にまとめてドンします。バイエルンの選手と、個人的に気になる選手だけね(^^ゞ
リンク貼りましたので、全員の分が気になる方は各自チェケラッチョで(←ものぐさ)

その前に
10_07_30_kicker
この夏は、近年稀にみる、「Weltklasse(ワールドクラス!)」が豊作の年でした、ということのようです(^ー^)ホクホク

(※余談等大幅追記しました)

続きを読む "kicker・夏のランキング09/10"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/30

ウクライナ戦に向けてのオランダ代表招集メンバー、とか

シーズンオフですよ。

とゆうことで地味~にスカパー!で放送中の「UEFAチャンピオンズリーグヒストリー The VINTAGE GAMES」とかいう企画であります。
そんなんやってるなんて全然知らんかったのですが、先日たまたま、ルシオがゴール決めたり若いファンハールが映ったりしていたので、何事かと思って、すかぱのHPにはさっぱり書いてない放送内容をメモってみました。
と言っても、EPG(電子番組表)レベルですので、詳しいことは殆どわからんのですが。バイエルン戦はないのよー

UEFAチャンピオンズリーグヒストリー The VINTAGE GAMES

#1 94/95 準々決勝 2nd leg PSG×バルセロナ
#2 98/99 準々決勝 2nd leg ユヴェントス×マンチェスターU
#3 99/00 準々決勝 2nd leg バルセロナ×チェルシー
#4 01/02 準々決勝 2nd leg レヴァークーゼン×リヴァプール
#5 02/03 準々決勝 2nd leg ミラン×アヤックス

なんで準々決勝2nd legばかりなのかがよくわかりません。
#3で、今より若いファンハールがピチピチのシャヴィやらイニエスタやらプジョルやらを起用して采配をふるってるシーンが見られるはずですが、別にアタシゃ特別ファンハールファン(ややこし)と言う程でもないし、戦術モエ~でもないし、さすがにW杯の傷痕生々しい今のこの状況では、バルセロナの試合はしんどいですゴメン・・・
#4にて、バラックやルシオ、ゼ・ロベルト、シュナイダーやラメロウなんかが見れるんじゃないでしょうか。こっちは見てもいいかな。

放送予定や試合経過、出場メンバーなどは各自で調べてくださいね~。

----------

半年に一回するかしないか(こらっ)のクペネタです。

マルセイユがPSGを破り今季最初のトロフィー(スポーツナビ)

フランスでプレシーズンマッチ的なものが行われたらしく、リーグ王者マルセイユがカップ王者PSGをPK戦の末破って優勝しました、ということらしいです。
まあ、試合内容そのものよりも、クペがちゃんと90分フル出場したということの方がワタシには大事だったりして(^_^;) 今シーズンも正GKだと思っててよいのかな?
年齢的にももしかしたら、今シーズンが最後かも知れませんし、やはり試合には出て欲しいのであります・・・。

100728_psg2
フフフ、相変わらずカッコええのぅ(^ー^)満足満足。

100728_psg3

フランス代表はようやくアホドメネクがクビになったところですが、もっと早く、少なくともEURO08に間に合うようにクビにしてくれれば、クペも最後のひと花を咲かせられたかも知れないものを、と思うと、はらわたが煮えくり返る思いですよ。
まいいや。今季はELに参加するんだから、本大会に出られるようにがむばれよ…

----------

ということで、8月11日の親善試合ウクライナ戦に向けてのオランダ代表メンバーです。
W杯の余韻もまだ残ってる中で、もう次のシーズンが始まるのですねぇ。少なくともあと2年は応援することが決まったので、思わず「オランダ代表」カテ作っちゃいましたよ。
でも多分ファンボメルネタに偏ると思いますし、情報提供等はあんまり期待せんでくださいね~(^∀^;)←誰もしてない

続きを読む "ウクライナ戦に向けてのオランダ代表招集メンバー、とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/29

しましまだよー

(※画像大幅追記あり)

100728_daniel
「まだかにゃ~・・・」

赤ちゃんの誕生をそわそわしながら待っているファンブイテンであります。バイエルン公式に記事が出ましたよ。バイエルン公式(「ファン・ボイテン、練習と分娩室」)←タイトルが…

「(出産に)立ち会いたい。自分の第一子、その場にいて、自分の妻を助けたい。」

妻!!!(゚∀゚)heart04

きゃわわ~、「妻」だなんてダニエルの口から出ると、なんかドキドキするぅー!heart
…ってカノジョじゃなかったの?いつから妻になったんだ?確かまだ籍は入れてないんじゃなかったかしらんウフフ♪

---------
ラウルが来たーぜ♪

100728_raul
「ヨロシク~」

ううむ、さすがにやっぱり違和感あるような、でも意外とすぐ見慣れてしまいそうな…。
まあ、レアルサポさんから見たら到底見慣れることはないような気はします…

100728_raul2
やはり7番であったか。ハオの番号だったらしいので、どうするのかなと思ってたら、譲ったみたいですね。そりゃまぁねー、ラウールが相手じゃ断れないわさ。

100728_raul3
さっそくお嬢さんたちに囲まれております。

う~む、しかし、実際どの程度の戦力になるのかとかはさておいて、これはビッグな移籍ですよー。うらやまし、いや、ウチとしては脅威だぁ…(゚д゚;;)

----------
新シーズンのアウェーユニが発表になりました。

ばばーん!
10_07_28_olic_2

・・・・・・・・。うーん?
 
そんなに、キャーひどい!というほどヘンでもないし、さりとて、うわーカッコいい!というほどでもないですな。従来の紺色ユニが出色のカッコよさだったので、アレと比べるとなんでもヘンに見えますわ。ホームユニが縦縞に対してアウェーは横縞なのね。ウワサの水色じゃなくてホッとしたけど。創立110周年のバイエルンはシマシマで行くことにしたのでしょうか。

速いよ
うまいよ
しましまだよ

10_07_28_bastian

10_07_28_daniel
モデルはイイのだが、やはり何かヘンな感じ…。なんだろな?パンツが黒でソックスが白いのがヤボったいのか?襟の形がヘンだから?どうも小学生の体操着っぽい感じが…

---------
8月11日は国際Aマッチデーのようですが、この日のアルゼンチン代表にミーチョが、ウクライナ代表にティモシュクが選出されたようです。ウクライナはオランダと試合だったのね。知らんかった…(呑気)

【追記】その一方でオランダは、W杯出場メンバーは全員基本非招集だそうです。やはり選手の疲労等を考慮してのもよう。ウクライナさんスミマセン、せっかくのお手合わせなのに(汗)
でもファンボメル対ティモシュクの仁義なきバトルを見ずに済んでホッとしちょります。
ドイツはどうするのかな~

----------
さらに追記のキャプチャ劇場

FCB.tvにもそわそわダニエルがアプされてましたよー
100728_fcbtv1
「毎日ドキドキですぅ~」(←知らんけど)

100728_fcbtv2
落ち着かなくてもぞもぞしちゃう

先日行われた「オールスターズ」の試合ハイライトもアプされてました。
100727_fcbtv1

100727_fcbtv5
サニョルはベンチだったみたい。なんか太?まぁ、トレーニングとかフィットネスとかもあまりままならないのかも知れないし(泣)しょうがないのかな…

100727_fcbtv4
マカーイは10番で出場♪バイエルンの練習場でトレーニングしたりサインしている姿はなつかすぃ、と言うより、なんだか当たり前な感じで溶け込んで見えましたよ。。。

100727_fcbtv3
ルンメニゲ社長の華麗なオーバーヘッド!☆ さ、さすが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/27

ええいあ~

昨日今日、バイエルンはオフだそうです。日曜日の話になってしまい恐縮ですが

100725_ribery
リベリが戻って来たよー

今後どうなるのかはわかりませんが、少なくとも8月の代表戦には呼ばれないらしいので、おかげでバイエルンにがっつり集中できますわねぇフフフ…

100725_fcbtv2
トレンティーノ合宿から帰って来た御一行様。雰囲気良さそう(^^)

100725_fcbtv1
「ご心配おかけしております」(←わかんないけど)
難産してるんじゃないだろうか。大丈夫かなぁ…sweat01

100725_michodaniel2
パパ先輩・ミーチョにマタニティブルーの対処法を教わる(うそ。多分)

100725_michodaniel
うひょひょー☆ナニゲに珍しい2ショット♪しかもマイボトル?
バイエルンのCBにはサッカー的観点からいろいろな意見が出ているのは承知しておりますが、ここは多少のザルっぷりは目をつぶって、欧州屈指の見目麗し系CBコンビを保存しようじゃないのさ!heart04…ダメ?

100725_michososa
というわけでリベリと共にデミチェリスも復帰。髪を少し切ったみたい。華麗なるアルゼンチンイケメンコンビに胸キュンheartせずしてなんとする。

----------
彼らの引き際

100725_guti グティ。

100726_raul

100726_raul2 ラウール。

いや。ワタシは断じてレアルのファンじゃなく、むしろレアルイヤンに近いのですが、それでもやっぱりラウールのことは尊敬に値すると思っているし、なんでしょう、これほどまでにひとすじに貢献した彼らでも出て行かざるを得ないということは、やはりやるせない感情があります。完全に部外者なのであまりあれこれ言いませんが。
しかし、それでも、サッカーを止めることなく続けることを選択した、二人のこれからに幸あれ。

それはそれとして、素朴な疑問なのですが、なんでラウール?なんでシャルケ?

まあ、まだシャルケに行く、と発表はしてないようですが…。
シャルケ側はリーダー的存在を欲していたようなので、それでなのかなぁ、と理解できなくもないのですが。(マガトの名言「Wir haben keinen Leader, keinen Mark van Bommel.」=「ウチにはリーダーがいない。マルク・ファンボメルがいないんだ」(^m^))
ラウール側の思惑がさつぱりです。

ジオさんは本当の本当にこれで最後でした
「ファン・ブロンクホルストがフェイエノールトで引退試合」(スポナビ)
100725_gio3_2 うっ(泣)

100725_gio6 うあー(泣)

あかーん!そんな半泣きしちゃsweat02もらい泣いちゃうじゃないか!
2年後のアイツの姿とかぶってしまって今から(T□T)

100725_giomakaay_2
マカーイだー♪
そういえばマカーイはこの前日、バイエルン・オールスターズの試合に出場、デビュー戦を飾ったとか、なんとか。フェイエノールトの仕事もしながらもバイエルンにも籍を置いてくれて、嬉しい限りですよ。。。ホロリ(;_;)
でそのオールスターズの試合の写真が見つからないんですがどうゆうわけ・・・。ちなみに試合はルンメニゲがハットトリックだったそうで…(バイエルン公式

余談:
ジオさん引退後のオランダ代表キャプテンはカイトなんかどー?というのがワタシの予想ですが、どうかなー?順番で行ったら現在副キャプテンのファンデルファールトでしょうが、スタメンで使われない今の状況ではちょっとわからん。そして、本人は固辞するでしょうが、お義父さんの説得に負けて魔さかのファンボメルなんてことになったらアタシゃ嬉し恥ずかしで大暴れしますよ・・・。
まあ、野次馬の勝手な戯言ですので流してください(^^ゞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/25

ばらばら雑記

100710_2

……。ワタシの描くらくがきもたいがい似てませんが、まだマシなんじゃねーかと思った次第(^_^;)
ようつべ巡りをしていて見つけたもので、TV放送かネット動画用なのか個人が作ったものなのかはわかりませんが、W杯中に公開された、オランダ代表をキャラクターにしたアニメのようでした。顔はあんまり似てませんが、あのガサガサした声は似てましたよ。
リンクぐらい貼っとけよ、ということですが、キャプチャだけしてすぐ見失ってしまったのですスミマセン(汗)

というわけで、暑いですねー。
ネットもダラダラ。ネタがないわけではないのですが、文章を書くアタマが働きませんので、ざっくばらんにデタラメにほりこみます。

100724_kahnsvenja_2

100724_kahnsvenja2

カイザーカップ」という、ベッケンバウアー主催かなんかのゴルフトーナメントがあったらしく、それに参加したカーンと、カノジョのスヴェンにゃです。
ゴルフをプレーしてる写真はまだ見つかってないのですが、プレーしてないはずはない。

スヴェンにゃと言えば
100602_svenja
スヴェンにゃ・フ~~~~~~~~ト(Svenja Huth)

も、参加しているU‐20女子W杯でゆうべ、ドイツが北朝鮮に勝って準決勝に進出したみたいです。
いちおうフジNEXTさんでひっそり放送されておりますが(これまでは日本戦だけでしたけど準決勝以降は全試合放送するみたい)、じぇんじぇんcheckしてませんゴメン(^^ゞ
ただSvenjaという名前に引っかかっただけ・・・(苦笑)。でもせっかくですのでドイツがんばれ!(←軽)

バイエルンの第2GKはどうやらクラフトが昇格するみたいな流れです。
tzのインタビューで抱負などを語っております。
そんなわけでアタマがボーとしてるので(言い訳OK)、自動翻訳でさえもようけ読まんのですが、オリバー・カーンについて「彼といっしょにトレーニングしたのはすごい出来事だったよ!うんと若いころから彼は僕のお手本だったんだ♪」とか「イェルクとオリーは全然タイプが違うけど、それぞれこういう感じで、でも彼(カーン)は完璧だよ!」と、とにかくカーン愛あふれるコメントにほっこりほこほこ、嬉しくなっちゃうのであります(*´∀`*)heart04
エエ子やクラフト!キミはきっと偉大なGKになるに違いない!

100724_kraft

そのクラフトがなんとCBでもプレーしたという、ゆうべのトレンティーノ選抜との練習試合であります。(ただのエキシビジョンマッチかな?)
いかんせん、結局ファンブイテンは合流せず、ハミトはフィジカルの問題で、アマチュアの選手もたぶん3部リーガの開幕に合わせて帰国してしまったので、どうにもこうにもメンツがそろわず、コーチまで駆り出されたとかいう試合で何か収穫はあったのでしょうか・・・(-_-)
まあでも、なんだかソサオリッチがモリモリ張り切っていたようですし、コンテントプラニッチが(ようわからん試合でも)実戦を積むのは悪くない。キャプテンはオリッチだったみたいですね。
試合はいちおう5-1でバイエルンの勝ち。

いや。FCB.tvでLIVE中継、というので、いちおうつないだのですよ。
なのにやっぱりサッパリで、5月のポカール優勝パレード中継の時とおんなじ、ブツ切れ紙芝居の上に3分おきぐらいに接続が切れたので、ウンザリして早々に切り上げてしまいました。

つまらん。と思いつつ、そーだせっかくかだらニュルンベルク対PSVでも見ようかしら、でも見れるかな、と調べたら、

終わってた○| ̄|_ アホーアホー

ハイライト動画を見直すほどでもないのですが(←こらっ)、いちおう結果だけ言いますと、試合は1-0PSVが勝利したようです。
CBも両方できます、とコメント欄で教えていただいたシモンスは、ボランチでスタメンフル出場。ちなみにウチの子エキチィもスタメンでした(75分で途中交代)。
PSV的には、HSVからレンタル移籍したベリが途中からデビュー出場した、というのが一つのトピックだったみたいです。

100724_berg
6番・・・。ベリがそのまま完全移籍するのかどーかわかりませんが、ファンボメルが復帰したら番号はどうなるんだろうか(←結局そっちか)。でも来季PSVがCLに出場できるよう、ベリベリ活躍して貢献しておくれ。そこでしかTVでファンボメルが見れなくなるんだから・・・(←やっぱりそっちか)。うわ~んでもやっぱそんなんヤダー、考え直しちゃくれないかいマルクよ(T△T)

そんなわけで、本日はこれまで、という気分ではあったのですが、ひっそり行われているU-19EUROにて、勝てばオランダが準決勝進出というので、なんとなくダラダラとtickerをのぞいてみる。相手はオーストリアだったのですが、アラバはラインナップされてませんでした。なんでだ?
【追記】すでにオーストリアの敗退も決まっていたことだし、ここはクラブチームを優先して帰国したものと思われます。翌日のバイエルン2部の試合に出場。
ちなみに前回覇者ドイツは今回出場していないようす。エリートラウンドとかいうところでスロヴァキアとオランダに負けて……(ちっ)。

と、
201007_berghuis
モ~~~エ~~~!!!!!!heart04 な、なんだこの小首のかしげ具合は!
Steven Berghuisくん18歳。MF。モエモエ系美青年として今後のためにも(??)覚えておきたいところですが、名前が読めないのですぐ忘れそう…

ついでに
201007_sneijder
似てるような似てないような?あのスナイデルの弟です。10代とは思えないオデコの具合がすでに兄に近付きつつ(略)

まあ、そんなに熱心に応援しているわけではないので、てきとうにがむばりや~と前半だけcheckして寝たのですが、その後後半にオランダに退場者が出て、最終的にはPKで失点して負けよったらしい。なーんだい。
どうでもいいとはいえ、準決勝でスペインに勝ってもらったら、多少なりとも溜飲を下げられたかも知んないのになー、とか、まあそうそうこっちの勝手な思惑通りに事は運ばないちゅうことだ(苦笑)。

おまけ
Danielhaas
ひとつ前のlogで「ハース」って名前はどこで聞いたことがあるんだったっけ、と言っていたら、ボブ様から「ホッフェンハイムのGKのことではないか?」というご指摘をいただきました。
それだ!flair おかげさまでスッキリ☆どもありがとうございました(^∀^)/(私信ご容赦)
それにしても、現在ホッフェンハイムはGKが4人も登録されているようなのですが(汗)。…その中にもちろんヒルデブラントの名前はナシ(T△T)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/24

夏のイケメンズ

NumberW杯特集号

Number PLUS 2010 August―Sports Graphic

本屋で立ち読みして、「オランダが躍進した7つの秘密」のうちの一つにファンボメルの存在を挙げていたので、うれしくて即買い(^^ゞそのわりにはファンボメルの写真が1枚もないのだが…。
スナイデルのインタビューは、たぶん、試合終了直後の悔しさMAXの状態で取ったものだと思うので、審判に対して不満たらたら等、いささか見苦しいのはご理解いただけたらなぁと思います。

そこは「Number」さんですし、少しクセもありますので強力にオススメはしないのですが、ワタシ的に、少なくともオランダ代表に関しては「そうそう、そーなのよ!それそれ!」と共感できる点が多く、そして、自分の中でうまく具体的な言葉に出来ずモヤモヤしていた疑問などが説明されていたのがありがたかったです。
(でもファンペルシファンは読まない方がいいかもsweat01

まあ、それで、決勝の試合がワタシにはやはり大きなショックで、あの敗戦をどう考えたらいいのかよくわからず、メディアに振り回されるままオランダ代表(&ファンマルヴァイク監督)に対して否定したり肯定したり、その場その場で大きくブレまくっていた自分の態度を少し反省したりしました。

自分の気持ちに正直でいたい、誰になんと言われても好きなものは好きなんだといつでも毅然としていたい、と思ってても、なかなかね…。

ドイツ代表に関しても、ワタシには今回初めて知ることがあり(大会中にエズィルの親族に不幸があったとか)、なるほどな~と思った次第です。

----------
それはさておき

1ヵ月ぶりのらくがきです(^^ゞ

100724_ikemensj
(修正入れました)

昨秋描いた「イケメンズ」の続編のつもりですが…。
夏なので全員爽やか白シャツで(^∀^)heart04
・・・・・・・・。
シュバとロッベン以外、「サブメンズ」になってしまったのは別にワタシのせいじゃありませんよ~(逃)
リベリは最初から描くつもりはありませんでした。ヤツには厳しく、王様気分は捨ててもらって今いちど新人のつもりで気合入れてやり直せ、と思ってますので。
いや~何、なんですか、クロースとバトシュトゥバーをスルーしてあえてオットルとソサにしたのは「お帰りスペシャル」のつもりだったのですが、モタモタしている間にこの二人とさらにティモシュクまで何やら不穏なことになろうとは(泣)

日本語にも出ちゃったよ
ファン・ハール、ティモシュクの移籍を認める

そして公式には明らかにその火消しと思われる、ティモシュクの「厳しいのはわかってるけどがんばるんだもんね」記事が・・・
(T-T)
嗚呼~ティモよ、本当に希望を捨てずに頑張って欲しいとは思うけど、アンタが頑張れば頑張るほど、ガマンすればガマンするほど、ファンボメルファン&シュバモエ~として心が痛んでしょうがないのだ・・・・・・。どうしたらいい?…多分ワタシは何もできない…ごめん…。どうしても譲れないものがそこにはあるの…。
あっでも、双子のコドモの様子がちょっとでも書いてあったのはありがたかったです。まだ入院してたのね…。なんとか退院できる見通しが立ったみたいで良かったです(;∀;)
ところでファンブイテンのコドモはどーなった(汗)

----------
ブットの背番号ネタを書いた都合で、公式の選手紹介ページを見てみたら、知らんコが2名ほど増えていたのでびっくらこいた次第です。
いや多分、「このコとプロ契約しましたよ~ん」という記事が出たのかも知れないのですが、W杯期間中で忙しかったので見逃したものと思われ。

レンジングの退団に伴い(泣)ブットがついに背番号に昇格したのですが、その空いた22番にザッテルマイアーとかいう選手が…。
アマチュアチームの選手と想像されますが、クラフト(22歳)より1つ年上のようす。
どうなるんでしょうか?第3GKだったクラフトがそのまま第2GKにスライド昇格する、と思ってていいのかな?ノイアーやステケレンブルフは要らん(とゆうかバイエルンに来てはいけない)けど、だいじょぶかな~。でもクラフトは確か憧れの選手はオリバー・カーンとか言ってたし、うむ、きっと大丈夫だ。

【追記】
Sattelmaier
ザッテルマイアーはこの夏にレゲンスブルクから移籍してきたみたいです。バイエルン公式を見ると、アマチュアチームの方にも登録あり。こちらでは1番なので正GKかも知らん。

そしてDFにマクシミリアン・ハースという…。
100722_haas 生意気そう(^_^;)

背番号は32番。ハース…どこかで聞いたことがあるようなないような…。はて…
DFということしかわからないのですが、どこのDFかね?右SBだったらラームのバックアッパーとして大変ありがたいのですが。

ファンデルヴィールの移籍交渉は本当にダメになったのか、バイエルンは左SBはコンテントにいよいよオマカセしちゃうとかしちゃわないとかいう記事を見かけます・・・。
え゛~~~大丈夫なの~??(汗)
シャルケとかがモリモリと補強報告をしてるのを見るにつけ、リアリティある景気いい話が聞こえてこない我がバイエルンが心配だよアタシゃ…。

おまけ
928732790makaay_9
マカーイとこのなつかし横縞ユニフォームが違和感アリアリなのですが、着る機会あったっけ??しかもキャプテンマーク巻いてるし!06/07シーズン最終節かなんか?でもあの時はたしかショルが出場してたから・・・。う~~ん??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/23

ブットがついにNr.1だ

ブレーメンサポの皆さん、油断するのはまだ早い!オレンジは健在ですよ~

100721_werderde
これが新しいアウェーユニだそうです。

それはさておき

blog更新のための情報収集をサボりまくっております(^^ゞ
だってー、このくそ暑いのにドイツ語読むのメンドくさいし、日本語で目につくニュースといったら「シュヴァインシュタイガーとファンデルファールトをトレード」とかいうあまりにウソくさい移籍情報ばっかりだし、

100721_sosa
「blogは毎日ちゃんと更新しろってコリアンダーに言っとけガミガミ!」「そんなん俺に言われてもしょぼぼん…sweat02」(うそ)
ソサがカントクに怒られちゃったとか(こちら

オットル、ソサ、ブラーフハイトのみならず、ティモシュクもファンハールの放出候補リストに上がったとかなんとか

100721_tymo

放出候補と言うか、「今シーズンも私はシュバを信頼しているし、ファンボメルはキャプテンであるからして、ティモシュクの出場機会は厳しいものになるであろう」というようなことを語った、ということのようなのですが。
どっちにしてもこのキャンプ中に、テンション下がる話ではあります。
そういえばファンデルヴィールの移籍交渉がご破算になったとかなんとかいうニュースも出ましたけど、それもホントかどうかわからんもんね。移籍情報なんてどれもこれも信用できないしぃ~。ただおやっさん的には、バトシュトゥバーとコンテントの可能性は信じてるぽい。

100720_2
野球盤のコマみたい…

ファンブイテンのコドモニュースはまだ出ないし、バイエルンネタはいまいち盛り上がらないのです。

100722_pran
「というわけで、コリアンダーが電気代をケチってエアコン点けずにがむばってるので夏バテ気味だそうですが、そのへんどー?」「興味ないっす」(うそ)
いやぁさすがに外気で39℃、室内でも37℃とかだと具合悪くなりますんで、無理はやめときます…(←だから興味ないって)

せっかくなのでアルバ島でバカンス中のファンボメルの様子でも(火曜日の話でネタが古いの恐縮)

100720_3
首相?かなんかに「W杯ご苦労さん」と表彰され、ナントカ大使だかなんだかに任命されたもよう。

100720_4
交流会的なものもあったみたい。
休み中はゆっくりして、その手の活動も控えてくれてかまわないのよ、と思いつつもこうして姿が見れるとやっぱり単純にウレシイ。
そういえば22日は、一緒に夏休みを過ごしているカイトの30歳の誕生日だったらしいのですが、ロッベンや(いつの間にかやって来ていた)オーイェルファミリーと共に、何かお祝いパーチーかなんか開いたのでしょうかね。想像するだけでほのぼのするなぁ~(*^ ^*)

まあ、ボメネタで盛り上がるのはワタシだけですし、バイエルンネタは基本いまいち気が乗らないのですが、そんな中でも比較的明るめのニュースが。

tzによると。
ついにブットがバイエルンで、背番号を付けることになったようです!(^∀^)
わ~い、と思っても、これってつまり、レンジングの退団あっての話なのだから、そう思うとあまり手放しでは喜べない面もあり…(汗)
結局控えのGKはどうするんだろな。

そしてなんと!ブレーノが、(サニョル以来の)番だそうです!33→15→2、と、着実にステップアップして、バイエルンの期待の大きさがうかがえます…ってことでイイのかな?

いずれバイエルンの10番を背負わせたい、と首脳陣が期待しているクロースですが、10番はロッベンのモノなので、39番のまま据え置きみたいです。
まあ、今やワールドクラスになったシュヴァインシュタイガーやラームも、31とか21とかでっかい番号のままですが、なんとなくそれでなじんじゃってることだし、そのへんあまり気にしなくてイイですよね。キャプテンだって17番のままだし…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/21

訂正:ティミー・シモンスは

NHK-BS(hi)でオランダ対スロヴァキア戦再放送なう。
ファンボメルの露出がわりと多いので、ついつい見入ってしまうのさ…はわぁ~カッコいいな~(*´∀`*)キュンキュンheart(←進歩なし)
それはともかく。
ファンブイテンのコドモがなかなか産まれないまま、ミュンヘンに居残れる期限が来てしまったようです(汗)(こちら)セリーヌちゃんダイジョブかなぁ。心細くて大変だろうけどがむばれー

さて

100720_simons_2

パジャマと見紛うような私服で入団会見に臨んだらしいニュルンベルクのシモンスです。

このシモンスについてワタクシ、コメント欄で誤った事実を述べてしまいましたので、主に東風さん宛ての私信ですが、この場を借りて訂正させていただきます。

ずっとCBだと勘違いしておりましたがティミー・シモンスは守備的MFです。

知ったかぶって「CBだからオットルとはポジションかぶんないんジャ~ン?」などと申してしまいましたが、モロにまるかぶりですね。大変申し訳ありません。Bildにも「(バイエルンにレンタルバックした)オットルの代わりにやって来た」みたいな書き方されてますし(汗)
つまりオットルがバイエルンで居場所がなくなったとしても、万が一の逃げ場所はないのでありますよね。
いやっ、プロのアスリートたるもの、逃げ場を作って安心してはいけないのだ!退路を断って精進あるのみ!競争を恐れてはいけないのであります!(苦しい…)

100717_ottl 「ふゎ~い」

う~んそれにしても、ワタシが見た数少ないベルギー代表の試合ではシモンスはCBだったような気がしたのですが、勘違いだったのかな~。もう最近、記憶力が冗談じゃなく酷いので…(汗)
もしくはどっちもこなせるオールラウンダー型の選手とか?

まいいや。
ということで入団会見に臨んだらしいシモンスですが、どうも誰かから、同じPSVの守備的MFでキャプテンだった、ということで、ファンボメルと比較されたコメントだか質問をされたようで、その瞬間はちょっとムッとしちゃったみたいです。「俺は(タックルする時でも)いつでもボールに行ってるぜ」とかなんとか・・・
入れ替えで入団した、ということで、PSVでも何かと比べられたりしてたんだろうなぁというのは想像できます。
そりゃそーだ。比べるなんて失礼な話ですわね。ヤツはヤツ、俺は俺だ、ってことで、気にせず新天地でがむばってくれい。でもバイエルンと試合する時はお手柔らかにヨロシク。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だらだら

あ~~もう、あづい~。
あんまりあづいので何にもやる気が起こらず、ただでさえダメ人間なのにますますダメダメになってしまって、日中はひたすらダラダラしておりまして、blogの更新も滞りがちですわ。
いつまでも無味乾燥なバナーじゃつまんないと思ってトップ画像の準備をするものの、たいした大作でもないのにすぐ気が散ってしまってついNHK-BSの「スター・ウォーズ6作品毎日一挙放送」とかボーと見ちゃったり。

2010W杯男前イレブン企画とかもやろうと思ったのですが、やっぱり今はまだ、W杯を振り返ろうと思うとどうしても決勝戦のイメージが立ちはだかり、我ながら感情の処理がメンドくさいので、ヤメることにしました。(今の)バイエルンがCLとかで(今の)バルサに気持ちよく勝たない限り、乗り越えられそうもない感じ…とほほ。
てゆぅーか、そんなメランコリックな理由よりもただ単に、うまいことポジション別に男前が集まらず、気が付いたらオランダ代表&ドイツ代表ばかりになってしまって、著しく公正を欠いてしまうので、企画の意味がなくなってしまったというのが大きいかも(苦笑)

前置きもコテコテして暑苦しいので、せめてさわやかキャプチャ画像で涼んでください

100719_fcbtv1 わっsweat01

よくぞ入国審査に引っかからなかったものだ・・・(←こらっ)

100719_fcbtv2
・・・・・・・・・・・・・・・。
ハンサムスーツを着ろとは言わんが、その移動着はあまりに…。

と、ダラダラしているうちに、

ヴェスターマンがいつの間にかHSVに移籍しておったとか、

ニュース自体は知っておったのですが、言うタイミングを逃しておりました。
100714_ballack 
監督はどっちなんだぁー!目立ち過ぎだぞフェラーさん!
てかユプさんも…。まるで定年後のオッサンのような存在感はどう…トホホホ(ノ_-。)
とか、

ハンバーガーの広告なんか出てる裏で実はウリが、ブンデスリーガ連盟、じゃないわ、協会、なのかな、なんですか、とにかく組織のトップに立候補したとかしないとか、でも結局取り下げちゃいました、とか。(なんのこっちゃ)そんな余計なことせんでエエ。まだまだバイエルンのために働いてチョーダイよ・・・

ファンハールがkickerやら南ドイツ新聞やらのインタビューに登場したらしく、「オットルとソサとブラーフハイトが出場機会を求めて移籍するのはやぶさかではないとも言えないかも知れないこともない」とか、どっかの国の代表チームをやりたいとかなんとか、vdヴィールは要るのか要らないのか、ウチにはいい選手他にもいるもんとか、なんたらかんたらとか言ったらしいのですが、いかんせんドイツ語もオランダ語も、てゆーかファンボメルやファンブイテンならともかくファンハールのトークをそんな熱心に読み込むほどファンじゃない(ややこし)からようわからん
とか、

kickerで毎年恒例のブンデスリーガポジション別選手ランキングが発表され初めましたが、今年はあんまり気が乗らないので、後でまとめてドンしようと思います
とか、

上のキャプチャ画像はイタリア・トレンティーノに合宿に出かけた我がバイエルン御一行様ですが(除:W杯出場選手)、ファンブイテンはカノジョがいよいよ出産なので、それに立ち会うためにミュンヘンに残っておりますよ、
とか、
あれこれニュースがあったようで。

ダニエルがついにパパになるのかと思うと妙にうすら切ないものもあるのですが(←知らんわい)、でもコドモを抱っこしてデレデレしている姿は想像するだけで胸キュンモエツボ直撃必須!heart04それはそれで楽しみなので、「産まれたよ~んheart」というむひょむひょコラムや記事を首を長くして待っているのですが、まだ出ませんね。
むむー!がむばれセリーヌちゃん!(←カノジョの名前)
元気なコドモがポンっ☆と産まれますように!祈・安産!

バイエルンがトレンティーノに入ったのは昨日(月曜日)のことなのですが、写真少々

100719_fcbintrentino7 大歓迎会。

100719_fcbintrentino2 大歓迎クルーズ。

100719_fcbintrentino5
風光明媚な崖とお城を臨むトレーニングセンター

100719_fcbintrentino3
バンブーダンスの練習(うそ)。

100719_fcbintrentino6
慣れてきたらみんなで一斉に!しっかりと呼吸を合わせるのだ!リズムを乱すな!(うそ)

そのいっぽうで
100720_ribery
おパリの彼。アノ件について再聴取されたようです。なんでジェームス・ディーンやねん…。(違?アラン・ドロン?)

それはともかく
100720_loew_2
フタを開けて見れば、トップ全員(監督コーチマネージャ&GKコーチ)、2012EUROまで契約延長~♪めでたしめでたし☆っとな。

今回の契約延長について記者会見もあったようなのですが、つい「で、キャプテンは?」とか思っちゃった野次馬です(^^ゞエヘ その話は出なかったみたいですけど。
まあ、バラックが復調してからでないとフェアじゃないですよね~~代表に再招集するのかどうかも含めて。

(個人的にはオランダ代表の次のキャプテンがどうなるかの方が興味あるんだけど、まあ、このblogで話すことじゃないか。ちなみにファンボメルは「俺はやらんよ」と表明済)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/19

シモンスがニュルンベルクへ

スミマセン、独り言です(^^ゞ
ワタシにとってどうでもいいようなどうでもよくないようなニュース。
 
100716_heitinga

スナイデルの結婚式のニュースの影でひっそりと、イビザ島で結婚式を挙げたらしいハイティンハ。オランダ代表の同僚では、ファンデルファールトが出席したみたいですよ。
いや、実は全然どうでもいいのですが、写真がちょっとステキだったので思わず。
(追記:ファンデルファールトはスナイデルの結婚式にも出席していたようです。忙しいですね…)

違う。その話じゃないのです。

PSVのティミー・シモンスニュルンベルクに移籍決定。2年契約。

100717_simons
17日、PSVの選手として最後の親善試合に出場したみたいです。

で、何が関係あるような関係ないようなのかと言うと。

・ PSVはおそらく来年ファンボメルが復帰するであろうチームである
・ シモンスはキャプテンだったらしい
・ 5年在籍したらしい。つまり、ファンボメルの退団と入れ替えで入団したようだ。とはいえ、入っていきなりキャプテンになったとは思えないので、キャプテンまで引き継いだわけではないでしょうが

そして

・ シモンスはベルギー代表でも、長らくキャプテンを務めていた
・ 当時の副キャプテンはファンブイテン
・ だけどアドフォカート監督が就任して以降は代表に招集されず、彼の背番号だった番はファンブイテンに引き継がれた(ファンブイテンが付けていた番は新キャプテンのフェルメーレンのものに)
・ でも当blogの管理人コリアンダーはファンブイテンには3番じゃなくて5番がいいと思っている(←どうでもいい)
・ しかしアドフォカートは半年でベルギー代表監督の職を捨て、ロシア代表に乗り換えやがっ
・ 新しい代表監督(名前が覚えられない)は、シモンスを再招集するのか否か?

というわけで、全然関係ないと言えば関係ないのですが、どうにも気になってしまうニュースなのでした。

ちなみに、なんとこの、ニュルンベルク対PSVの親善試合が、この24日に組まれてるそうです。シモンスは早速ニュルンベルク側のスタメンで出るのではないか、と、ニュルンベルクのHPでは書いてあるようですが…いきなり?(゚∀゚;)

1007_fcn2

ちなみに(ちなんでばっかりだな)、ニュルンベルクの公式サイトのトップにて、元ウチの子・エキチィの姿が確認できますよ~
1007_fcn

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニュルンバーガーはいかがですか?

さてさて、バイエルンネタで何かないかな~と思いながらボヤーとさまよっていたら、10日ぐらい前の動画で、こんなの見つけてしまいました。
ドイツやオランダがW杯で準決勝を戦っていたちょうどその頃、我らの会長様がマックでアルバイト中だった!

100706_uli
「いらっさいませー♪」

いつものことながらエプロンが似合います(^_^;)ソーセージ焼くのが得意なウリ、自ら焼いたソーセージをスタジアムのお客さんにふるまったこともありましたが、また何かその手のキャンペーンなのでしょうか?

100706_uli6
どうやら独マクドナルドの新商品・「ニュルンバーガー」のキャンペーンらしいです

100706_uli5
ニュルンベルガーソーセージがなんと3本も入ってます!美味しそう☆でもちょっと小ぶりな感じ?…
てかエプロンがカワイイんですけど!

動画:ニュルンバーガーのプロモーションをするウリ

動画:ニュルンバーガーのプロモーションをするウリ(ロングバージョン)

100706_uli3
ロングバージョンではマジメにサッカーの話もしています。W杯決勝がドイツ対オランダになったら、なんて話もしているようですが、そのお姿だと(笑)

100706_uli2
また食ってるし。てゆーか、バイエルンはバーガーキングと契約してるんじゃなかったのかい?

どうもバイエルンではなく、ウリ単体での契約のようす。
なんと!CMにも出演していたようです。予告広告ぽいのですが、その1からその4までシリーズになってましたよ!知らんかった。
ウリがいろんな手を使ってこっそりと「ニュルンバーガー」をアピールして回っている、というストーリーのようです。ウリの役者っぷりと変装の数々がなかなか楽しいので、お時間ありましたらご覧あれ♪
そのまま貼り付けたいところなのですが、画面がデカくてblogの幅からはみ出てしまうのでリンクだけで(ようつべ)

Uli Hoeneß undercover vol.1
Uli Hoeneß undercover vol.2
Uli Hoeneß undercover vol.3
Uli Hoeneß undercover vol.4

vol.2では回転スシ店で、ウリがニュルンバーガーをこっそりベルトに乗せて流すのですが、店員さんが明らかに日本人じゃないですよね(^_^;)話してる言葉も日本語じゃないし・・・

どれどれ、と思ってドイツ・マクドナルドの公式サイトに行ってみたら

10_07_18mc

トップページにどどーんと登場してた!ヒゲがなかなか似合いますな。名探偵ポアロみたい。
それにしても、ローカルメニューなのかどうなのか、でもドイツマクドナルドのトップに出てるということはやっぱり全国展開?そのイメージキャラクターに使われるとは、もはやウリはドイツ全土における有名人ということなのかしらん(^m^) 商品のイメージダウンにならねばヨイが…(大きなお世話)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/18

失望を誇りに変えて

いや~ははは、梅雨明けですねー(^∀^)
と、勝手に思ってますけど、実際のところはどうなんでしょうか?
まいいや、何はともあれ、雨が上がってとても気分が爽やかです。

100716
ファンボメルは、カイト、ロッベンと共に、アルバ島でのバカンスに入りました。カリブ海にあるオランダ領の島で、リゾート観光地のようです。
島から招待を受けて、家族と共にここで夏休みを過ごすみたいですよ。

本文と関係ないラブラブ劇場
100714_lahmclaudia3
プロポーションはすでに立派な「お母ちゃん」の(←よせ)ラーム夫人・クラウディアちゃん

100714_lahmclaudia6
「ネックレスが曲がっちゃったみたいなの~ちょっと見て~」「どれどれ、これでダイジョブだよ」

100714_lahmclaudia
「しょうがないコだな~、チュッheart

100714_lahmclaudia8
ここに幸あり~♪

さて

やれやれ、あれから一週間、壁にぶら下げていた(応援時はもちろん着用)ドイツ代表のシュバユニと、オランダ代表のボメユニをようやく片付け、いつものバイエルンユニと取り換えて、やっとワタシのW杯も終わろうとしています。

ということで最後の、W杯・オランダ代表ネタです。

って、えーー終わってなかったのかよー!?しかもまたオランダかよ!
いや何、もうほぼ終わってたので、改めて書き加えることもないのですが(^∀^;)
デタラメな書き方をしたままほったらかしていたオランダ代表凱旋イベントのうちの、勲章授与セレモニーについてもう少し具体的に追記するのです。

まあ、日本語ニュースでも沢山出ましたのでとっくにご存じでしょうけど、自分用メモにね。

100713_7
女王陛下のファンボメル

続きを読む "失望を誇りに変えて"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/16

マースブラハトのファンボメル

100712_l1

クゥシィさんのblogで、ファンボメルがマースブラハトに里帰りして、名誉賞みたいなのをもらったらしい、というニュースを知りました。

マースブラハトでの凱旋イベント動画その1(NOS)
マースブラハトでの凱旋イベント動画その2(NOS)

100714_nos

どっちもほとんど同じですが・・・。このNOSさんの動画はファンボメルの挨拶シーン入り。
何をしゃべったのか気になるところなのですが、レポート記事をまだ探し出せてないのです。壇上にはお母様の姿も見えます。

"Limburger van Verdienste"とかいうものを授与された模様。
うまく訳せないのですが、リンブルフ州栄誉賞、的な・・・
火曜日の昼間に、ご存じ、アムステルダムでファン70万人とともに感謝イベントを行ったのですが、どうもその足で移動して、同じ日の夜に参加したっぽいです。

リンブルフ州のローカル局(たぶん)のL1のサイトにも動画が上がってましたよ!

動画:イベントの準備をするマースブラハトの人々

ファンボメルを歓迎する準備をしている町の人々です。なんともほのぼのします。ファンボメルは故郷の人々の自慢なんだろうな~と思うとほっこりしますよ。

いよいよメーンエベント!
動画:ファンボメル凱旋イベント

100714_l12

アムステルダムの70万人にはとてもとても及びませんが、沢山の人が来てくれてます!うわわ~~うれすぃ!感涙してもいいですか?(;∀;)
「You'll never walk alone」の大合唱の中、ファンボメルがルーベンくんを抱っこしてやって来ました。

100714_l14

右側の、いかにも売れてなさそうな地方限定の演歌歌手みたいなおっさん(←無礼千万)の、フェロモンムンムンのネットリとした歌い方とアレンジがなんともびみょうなのですが、今の状況ではどんなヘンテコなアレンジでも「君はけして一人じゃない」という歌が傷心に沁みるんだぜ・・・・・・・

100714_l13 チュッheart  

ヒーーイーーーheart04heart01 ファンタスティック・パパマルク~!!lovelyばたーん(倒)

嗚呼~そして、このフェロモン歌手がサビの部分でファンボメルにマイクを差し出したぁー!なんてことを!歌わせるのか!歌わせちゃうのかい!?
・・・・・・眉間にシワよせてノリノリだし・・・↓
100714_l11

「♪ボエ~~~~~~~~♪♪」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

アーーーーーーーーーーハハハハハハハh(ローリング大爆笑)(T∀T)
オンチだー!やっぱりアンタはオンチだよー!
左隅で固まってるレネーちゃんの表情もなんとも言えません。
あはははあはは、かっカワイイ!カワイイよマルク!大好きだー!

こんなにカワイイファンボメルのことを「見てるだけでムカムカする」だの「世界最低のフットボーラー」とか言って毛嫌いする人たちって、なんてかわいそうなんでしょう。

まあ、なんですか、それでもまだファンボメルの表情は、心の底からのガハハ笑いとは行きませんでしたけど、でもまあまあ楽しそうでしたし、少なくともわかってくれたはず。アンタはけして一人じゃない、「マルク、ありがとう!君は僕たちの誇りだよ!」と言ってくれる人たちがこんなに沢山いるんだってことを。

そしてついでに同じサイトで、こんな動画も見つけちゃいました
動画:パパについて語る長女・レネーちゃん

100709_l11

左は長男のトーマス君。ふたりが巻いてるマフリャーは明らかにバイエルングッズのようですが、ファンボメルグッズなんかあったか??入団したての頃は存在したのだろうか?
レネーちゃんがパパについて何をしゃべってるのかはわかりませんが、愛情たっぷりのコメントをしているに違いありませんよ。・・・キュン
だいじょうぶ、君たちのパパは世界最高のフットボーラーだからね、胸を張っていいんだよ…

と?
 
100709_l13

出―――――た―――――!!!!!

世紀末のチョビヒゲボメルぅ~~~~~!!!お会いしとうございました!
あ~ははははは、やっぱおもしろすぎるよアンタ!(T∀T)んもぅ~、大好きだぁーー!!

ちなみに(たぶん)翌日、お義父様も同じような賞をもらったみたい(こちら
100715_l12
なんだか表情がずっと固かったです。ここでもまたもや「ユルネバ」でしたが、さすがに監督に歌わせることはなかったようで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

燃え尽き症候群なう

なにはなくとも。

100714_lahm
おめでとう!ラーム!おしあわせに!\(^∀^)/heart04

 
100715_kicker
・・・・・・。高みの見物決め込んでもヨロシイですか?興味ないわけじゃないんですけど、ワタシは意見言わない方がいい気がする。
とりあえず、どっちもがんばれ、とだけ言っておきます。←そういう類の話ではない

というわけで、どもども、W杯燃え尽き症候群気味のコリアンダーですトホホ(^^ゞ

燃え尽き症候群と言えば、名古屋に帰ってきた闘莉王の記者会見のニュースを見ましたが、しょんぼりしてて痛々しかったです。病気のお父さんの具合が良くないのでしょうか。
「サッカー辞めるかも・・・」なんて発言して周囲をあわてさせ、その後撤回したようですが。
思えばトゥーリオは、まだ代表チームに対してバッシングがある中で日本を離れて以来、W杯期間中はずっと南アフリカにいて、敗退が決まってからは直接ブラジルの家族の元に向かってしまったのですから、日本での熱狂ぶりを実感できていないんですよねぇ。
いくら映像やニュースで見てても、じかにファンとふれあうのとはまったく違うと思いますし。
切り替えるきっかけがつかめてない感じで、なんだかかわいそう。
サッカーすることで少しでも気がまぎれるといいんだけど。名古屋のファンの皆さん、応援まかせましたよ~。←自分は?

まあ、そういうことで、ファンの応援はやっぱり選手やチームにとって何よりの力になるんだよなぁと思った次第で、そういう意味でドイツ代表の件は残念でした。

100712_mannschaft こそこそ・・・

祝ってほしくなかった…ドイツ“出迎え無視”を謝罪

「無視」かどうかはさておくとしても。
3位だからなんとか、じゃなくて。お祝いなんかしていらん、じゃなくて。
そこは「応援してくれてありがとう」と言う機会があっても良かったんでないの。別にそんな、大々的に歌って踊って、とかいうのはちょっと、というならせめて挨拶だけでも。
その「異例の謝罪文」はコチラ

100712_thank_you

そう考えると、機体に書かれたこの「ありがとう!」は誰が誰に宛てたメッセージなのかね、とか思っちゃったり。
いや、そもそも。こうゆうのは一方通行じゃなくて、ファンからは「楽しませてくれてありがとう!よくがんばったね!」チームからは「こっちこそ!応援してくれてありがとう!」と、感謝の気持ちを交換し合ってもバチは当たらないと思うがな。

それにひきかえオランダ代表
100715_bedankt
ファンの温かい応援を感謝する新聞広告を出したらしいですよ。PDFファイルがコチラからダウンロードできます。
火曜日のイベントで感激して「僕たちは世界一にはなれなかったけれど、僕たちのファンは世界一だ」と言ったのはロッベンでしたかね。

・・・・・・・・・。

100711_37

決勝戦が後味悪い試合だったために、レビューをしないままなんとなくモヤモヤとW杯ネタが終わってしまって申し訳ないです(^^ゞ
ファンボメルとオランダ代表の総括的な記事を書こうかなとも思ったのですが、やっぱり今はまだ、おかしなテンションになってしまうのでやめときます。

まあ、ちょっとだけお許しいただければ。
ワタシなりに、ファンボメルの最後のW杯を全力で堪能したつもりです。決勝戦のパフォーマンスについて厳しい批判が多いようですが、それはそれとして、ワタシはヤツのファンであることを恥ずかしいなどとはみじんも思っておりませんよ。(ビシッ)
だからファンボメルにはただ、最後までありがとう、幸せだったよ、と言うのです。
ただ、サッカー的な面では。
チームの心臓として、攻守にわたってリーダーシップを発揮しているファンボメルですが、今大会、彼のもうひとつの持ち味である、正確なクロスやキレイなスルーパス、広い視野を生かしての展開、時には自らシュートを放ったりなど、攻撃面での采配をふるう機会がほとんどなかったのが、とても残念でした。

燃え尽きてる割には雑談長々

続きを読む "燃え尽き症候群なう"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/14

オランダ代表ファンマイル

どもどもども、お久しぶりです。管理人コリアンダーです。やっと浮上しました。
今日(13日)はまだずっと落ち込んでいて、ファンボメルやオランダ代表について、メランコリックで暗~い記事を書いていたのです。
でも、もうだいじょうぶ!ワタシもみんなと同じ、笑顔の一員です!(^▽^)(←某ニキビ肌用化粧品のCMヤメレ)
暗い記事は削除しますが、でもまだあの決勝戦について振り返ることはできません(苦笑)

あ~でも、アレだ、これだけは言っておかないと。

ウェッブ主審はもうこりごりです。

大事な決勝戦をこわしてはいけないから、なんて中途半端な温情ジャッジなんかしなくてよろし!あそこはデヨンクにビシッとレッドカードを出しておかなかればいけなかった。
それで10人になったオランダが崩れて大負けしてしまったとしても、それがアイツらの運命だったのだ。そこまでだったのだ。
中途半端な温情を見せるから、つけ上がったオランダが汚いサッカーを遠慮なく展開し、試合が荒れる要因になったのだ。
さもなくば、どうせ温情ジャッジを貫くなら、あの単細胞の荒くれどもをとことん甘やかして欲しかった。イコライズのつもりかなんだか知らんが、途中からスペイン寄りジャッジに切り替えやがって、プジョルはいいけどハイティンハはダメなんですかそーですか。誰が見ても明らかな、壁に当たったスナイデルのFKについてはどうなんだ。別にアレがオランダのCKになったからって特に勝敗に影響したとも思えないけど、なんであれが誤審だと言われないのか不愉快だ。

それと。
世界中から非難をごうごうに浴びるのを覚悟の上で、なりふりかまわないあのような汚い破壊的なサッカーをせざるを得なかったオランダ代表を、ワタシは、せめてワタシだけは、あえて勇気と呼びたいです。
誰だって好き好んであんなムチャムチャなサッカーしたいわけじゃない。へっぽこで力の劣る彼らには、それしか方法がなかったのです。そうまでしてでも勝ちたかったのです。わかってくれとは言いません。ただワタシは、ファンボメルがいる限りは、これからも応援するんだぜコノヤロー(ドイツの次に…)とだけ、言いたかったのです。

【追記】
↑この項、メランコリックな言葉を使ってしまったせいで誤解を生んでいる気がするので追記します。
決勝での、エグいファウルを多用したオランダ代表のパフォーマンスを素晴らしかった等と賞賛する意図はありません。
ただ、あんなサッカーしてたら批判浴びるのは明らかだし、すでにイエローばんばん出て不利になってるのにまだやめようとしない、バカなヤツらだけど勇気あるなあ、と思ったのです。
   
さらに。泣けるので削除しようと思ったのですが、せっかく訳したのでもったいないから
100711_10

他にも出てるかも知れませんが、とりあえずこちらよりファンボメルの試合後のコメント
内容に共感するとかしないとかはさておきます。
(自動翻訳でもままなりませんでした。想像で大幅に補っておりますので、誤訳の可能性もあります)

「(ウェブ主審について)なんでだよ?誰にだってわかるだろ?彼が決勝戦に影響を及ぼしたのは明らかだ」
ファンボメルはスペインの方が「基本的に」良いチームだったと認めたものの「だけどアリエン・ロッベンを通じて、俺たちにはゴールへのベストチャンスがあったんだ。いつもなら彼はああゆうシチュエーションでは必ず決めるんだけど。だがあの一瞬は、俺たちには運がなかった」
「2位なんてうれしくない。W杯のオランイェでほぼベストのパフォーマンスだったのに、何も手にできなかった。俺たちには何もないんだ。こんなに安定して成熟したチームは2位以上の価値があるはずだと俺は思う。このスペイン戦の敗北は、人生で俺を苦しめるものだ」

さっ。ぱんぱん(手拍子)

湿っぽいのはここまでにして、いや、まだ、ファンボメルの最後のW杯があんな試合で良いわけがない…とか、ファンマルヴァイク監督にとってはあまりに課題が山積みで先が心配でしょうがない、とか、色々ありますが、ひとまずここまでにします。

ワタシが浮上できたそのわけは、先ほど、帰国したオランダ代表の凱旋パレード、ならぬ凱旋クルーズ・兼・ファン感謝イベントが行われたからなのです。

オランダのTV局であるNOSのサイトで、LIVEストリーム配信していたものが見れました。国外規制なし!しかもサクサク!ぐっじょぶ!NOSさん!!

とゆうことでモヤモヤ恐縮・キャプチャ画像レポです
100713_nos13

(以後、ずっと右端に「<」印が映りこんでますが気にしないでくらさい)

クルーズのルートはこんな感じ。アムステルダムの地形なんて気にしたことありませんでしたが、さすが国土の1/4(だっけ)が海抜0m以下の国です、運河だらけなのですね。
100712_telegraaf

続きを読む "オランダ代表ファンマイル"

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2010/07/12

決勝戦のフォーメーション(オランダのみ)と各賞受賞者

自分用メモに。

100711_oranje3

7月11日 2010W杯 決勝 オランダ 0-1 スペイン

100711nedespfj
交代:エリア(71カイト)、ファンデルファールト(99デヨンク)、ブラーフハイト(105ファンブロンクホルスト)
サブ:ボスフケル、フォルム、ブーラルーズ、オーイェル、アフェライ、スハールス、デゼーウ、バベル、フンテラール

得点:イニエスタ(116ファブレガス)
カード: ハイティンハ(109)  ファンペルシーファンボメルデヨンクファンブロンクホルストロッベンファンデルヴィールマタイセンプジョルセルヒオ・ラモスカプデビライニエスタシャヴィ

MoM:イニエスタ(ESP)

----------
各賞も決まりました

アディダス・ゴールデンボール賞(大会MVP)
ディエゴ・フォルラン(ウルグアイ)

アディダス・ゴールデンブーツ賞(得点王)
トーマス・ミュラー(ドイツ)

アディダス・ゴールデングローブ賞(大会最優秀GK)
イケル・カシージャス(スペイン)

FIFAフェアプレー賞
スペイン

ベスト・ヤングプレーヤー賞
トーマス・ミュラー(ドイツ)

| | トラックバック (0)

終わりました

オランダ 0-1 スペイン

100711_bommel

最後まで全力で戦う貴方を

乱暴者だと言う人もいる

汚いから嫌いだと言う人もいる

でも

泥臭くても不格好でも必死に勝利を追い求める貴方は私の誇りです。

ありがとう、マルク・ファンボメル。

 

…スミマセン、今は何も見たり書いたりする気になれませんので、少しそっとしておいてくださいね……。そんなに何日もかかりませんので。

|

ハーフタイムなう

オランダ 0-0 スペイン

↓下でなんかきれいごと言ってるヒトがいますけど。

やっぱり勝って欲しいようわーん(泣)

ボメよアレはサインプレーじゃなくて己の爆裂ミドルだよ~(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決戦へ

ファン・マルヴァイク監督、決勝へ向け「普段どおりの準備をしたい」

オランダ代表チームはこの日、練習前にヨハネスブルグ市内の動物園を訪問。

注※「この日」とは、昨日(10日)のことです。
なっ、なんですと!?ドイツ代表が行ったミニサファリみたいなところに行ったのでしょうか!?何故その写真をアップしないんだ!!!
ファンボメルがライオンちゃんをナデナデしたり抱っこしたりした写真が見たいよ~~~!!そんなボメラー瞬殺モエモエフォトをアップしないで何をアップするというんじゃ見せろ見せろコラー!

…失礼しました(^∀^;)

オランダ代表サポの皆さ~ん、・・・・・・は、あんまりいらっさいませんかね(^_^;)
いよいよ!

いよいよ!

決勝です!!!

本日の晩御飯

Img57945386_2スペイン産ガスパッチョ。

酒は飲んでません。
パエリャも作ってません(こないだ食べたけど効果なかったし(T-T))。
タコも食べてません。
ちなみに昨日も、特にウルグアイっぽいものも食べてません。
この期に及んで、敵を食うとか呑むとかいうゲンかつぎはヤメたのです。

ゲンかつぎや神頼みでどうにかするのではなく、これから起こることをあるがままに受け入れようと思ったのです。

とカッコいいことを言いつつガスパッチョだけは食ってみたり、ヒミツのゲンかつぎをしているところがなんとも中途半端なのですが(苦笑)それはともかく。

ファンボメルの最後のW杯が、もうすぐ終わろうとしています。

100706_61_2

準決勝後のファンボメルの様子です。「左足を痛めた」と言っていたようですが、ぐるぐる巻きになってるのは右足ですね。
この足でここまで戦って来たのです。体を張って、身を粉にする奮闘ぶりでした。

オランダが勝てる気がまるでしなくて、今、恐くて恐くてたまりません。
イニエスタやらシャヴィやらにひっかき回されてくるくる回転してドイツのように何も出来ず完敗し、試合後にアイツがユニを鼻まで引っ張り上げて涙を隠してしのび泣く姿を見ることになるんじゃないかとか想像してしまって、華やかな閉幕セレモニーを見ながら、もうすでに泣きそうです。

だけどそんな恐れや不安を感じるのも、アンタが代表選手でいてくれるから。決勝まで来てくれたから。
どんな結果になっても、心が切り裂かれそうになっても、全てを見届ける覚悟は出来ました。

最後の瞬間までけしてあきらめず、全力で、思い切り、悔いのないように走ってくれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そしてサッカーは続く

いやっははははは、まいったまいった(^∀^;)
結局、スペイン戦の敗北でコナゴナになったモチベーションがようけ修復し切らないままその時を迎えてしまいましたので(中2日は短すぎる!)、リアルタイムで見なくてもよかろう・・・と、すかぱの録画予約だけして寝てしまいました。
そして一夜明けて、話せば長いことながら、うっかりとスコアを先に知ってしまったので、「あ~そうなのね、3-2で勝ったのね、めでたしめでたし」と思いながら超呑気にお気楽極楽観戦だったものですから、最後のフォルランのアレにも、入らないことがわかってるのでハラハラドキドキ皆無!
まあそれでも、結果がわかってもじゅうぶんに楽しめる試合ではありましたが、リアルタイムで観戦なさった皆さまほどには熱く感動できず、温度差がなんとももどかしゅうございます(TwT)
最後までダメダメなコリアンダーでございました、だはは(苦笑)

Dsc07083

7月10日 2010W杯 3位決定戦 ウルグアイ 2-3 ドイツ

100710urugerfj
交代:キースリンク(73カカウ)、クロース(81ヤンゼン)、タスキ(90+1エズィル)
サブ:ノイアー、バトシュトゥバー、トゥロコフスキ、マリン、クローゼ、ゴメス、ポドルスキ

得点:ミュラー(19シュヴァインシュタイガー)、カヴァーニ(28スアレス)、フォルラン(51アレヴァロ・リオス)、ヤンゼン(56ボアテンク)、ケディラ(82)
カード: ペレスアオゴカカウフリードリッヒ

100710_mannschaft3
2010W杯・ドイツ代表の最後のスタメンはこうなりました。

ラーム、ポドルスキ、クローゼが欠場になったので、アオゴがW杯デビュー、ヤンゼンカカウが初スタメン、左SBで使われていたボアテンクが右SBに入りました。

続きを読む "そしてサッカーは続く"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

間もなく3位決定戦

100709_holger
いよいよこれが最後でしょうか(寂)

スタメン出ました

ブット-ボアテンク、アルネ、メルテザッカー、アオゴ-シュバ、ケディラ、ヤンゼン-ミュラー、エズィル-カカウ

100703_miro3

風邪を引いたらしいラーム、ポドルスキ、そしてフィジカルに問題があるクローゼはスタメンではないようです。
ラームとポルディの出番はなさそうですが、クローゼは途中から出るかも知れませんね。記録更新よりも、おそらく本人にとって最後となるW杯の舞台、悔いのないプレーで飾って欲しいです。でも、やっぱり、できればひとつでもいいからゴールを決めて欲しい・・・

そして最初で最後の、W杯のゴールマウスに立つのは

100707_butt  ブット(左)。

まあ、メンツがこんなですのであまり多くを期待しません。
心を込めて見守りたいと思いますので、キミたちもファンの気持ちに応えてくれたまえ。
でもミュラーには、新人賞にふさわしい活躍を希望します。

楽しんでね!でもできれば勝ってね!←最後の試合だというのに、なんだこのユルさは…(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/09

最後のタコ占い

3位決定戦
100709_paul2
ドイツ勝利!

決勝戦
100709_paul3 べろーん
スペイン勝利!

・・・・・・・・・。どうしたらイイんだワタシ…。
とりあえず土曜日までは生かしておいて、日曜日にタコ食うか・・・(よせ)

100706_heitinga
「気にするなー!タコ占いなんかひっくり返してやるぜ!これこのように」

100706_robben3

・・・・・・・。

えっ、とくに大意はありませんけど?誰がロッベンのアタマがタコっぽいなんて言ったんですか(^∀^)?

ごほん。そ、そういえば、今大会のゴールデンボール賞(MVP)のノミネート選手が発表になりました。以下の10人です

ディエゴ・フォルラン(URU)、アサモア・ギャン(GHA)、アンドレ・イニエスタ(ESP)、リオネル・メッシ(ARG)、メスート・エズィル(GER)、アリエン・ロッベン(NED)、バスティアン・シュヴァインシュタイガー(GER)、ウェズレイ・スナイデル(NED)、ダヴィド・ビジャ(ESP)、シャヴィ(ESP)

・・・・・・・・・どうでもいいですかね(投槍)
シュバがノミネートされてるのはとても嬉しいのですが、どうせドイツから受賞者は出ないでしょうし(投槍)最後にハットトリックでもしてくれればわかりませんけど。
まあ、スペイン優勝ならイニエスタか、得点次第ではビジャ、オランダ優勝ならスナイデルでしょうな~

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ドイツ対スペイン

100707_essenplan
ドイツにも「敵を食う」という発想があるのか・・・

しかし、今もっともドイツ人に食われてしまいそうなのは
100706_paul2
ドイツ敗戦的中の“ご神託タコ”脅迫?「サメの水槽に入れるべき」「サラダに」

7月7日 2010W杯 準決勝 ドイツ 0-1 スペイン

どうでもいいかも知れませんが、kickerの採点もどぞ
100707gerespfj

交代:ヤンゼン(4)(52ボアテンク)、クロース(62トゥロコフスキ)、ゴメス(81ケディラ)
サブ:ブット、ヴィーゼ、タスキ、アオゴ、バトシュトゥバー、マリン、カカウ、キースリンク

得点:プジョル(73シャヴィ)
カード:なし(!)

MoM :シャヴィ(ESP)(FIFA)、プジョル(ESP)(kicker)

100707_lahm

改めて試合後の様子を見てみたら(苦行であった・・・)シュヴァインシュタイガーはガックリ気落ちはしていたものの、涙を流したりはしていなかったようですね。彼が心底悔しがっていたのは事実なので、泣こうが泣くまいが、どっちでもいいことですが。一応ね。
試合後のスペイン代表の対応は今日も紳士的でした。コリアンダー的フェアプレー賞ですかね。それこそどうでもエエ・・・(捨鉢)

未だ心が彷徨っているコリアンダーです、ドイツ代表サポの皆さん、ごきげんいかがでしょうか。
前述したように、猛烈な眠気と戦いながらリアルタイム観戦していたのですが結局時々(殆ど?)負けてしまい、試合はほとんど頭に入っておりません。かと言ってフルマッチ映像はもちろんハイライトすらどうしても見ることができず、写真も集められない超チキンです。

こんな状態で何を書くのか、書くことないのですが、それでも無理やりこうして更新するのは、書いてるうちに自分の気持ちが少しは整理されるんではないかというささやかな試みと、どうせ二度と試合を見直すことは出来ないだろう→試合レポ的なものも書けないだろうと思ったので、今のうちにできる範囲のことを、と。

(酔っ払いがぐだぐだとクダ巻いてる内容になってしまいましたのでたたみます)

続きを読む "ドイツ対スペイン"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010/07/08

速報:ドイツ対スペイン

ドイツ 0-1 スペイン

(またも)完敗。

何も出来なかった。どうして、何故、いつもこうなるんだ・・・

悔しくて悔しくてたまりません。何がどれくらい悔しいのかとても一口では言い表せませんが、ドイツ代表ファンの皆さんならわかってくれると思ってます…。

100707_bastian

ゴメンよシュバ、また泣かせちゃったね。

さすがに2日続けての徹夜は厳しく、前半途中~後半途中まで30分程度沈没してしまいました。他の時間帯も意識がモーローとしてました。
ちゃんと見届けられなくてごめん。でもシラフの頭でもう1回見る気はしないよ…

嗚呼~ワシも泣きたいなぁ。泣いてスッキリしたい。でも都合よく涙が出てこないんだい。

延長戦までもつれこんだ4年前は「ここまで来てくれてありがとう!お疲れさま!」という気持ちになったけど、今回はダメだぁ。

気持ちの整理がつくまで心の旅に出ます・・・。リアルタイムで応援なさった皆さん、お疲れさまでした。せめて3位にはなりましょうね。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

間もなくスペイン戦

あらら、間もなく、どころか、放送始まっちゃってるし。

まあ、なんですか。ラームにはこんこんと説教したい気持ちもありますが、とりあえず脇に置いておく。時間ないし。
何よりも大切なのは、今、この試合に勝つことなのです。

いよいよスペインと、再び相まみえる時が来ましたね。
個人的に、10年も20年も経ってメンバーがすっかり変わってしまってから試合をしても、それはもはや因縁の対決と言えるのだろうか?という気持ちがあります。
だから、今のメンバーで、あのEUROからあまり間を置かずに再戦をする機会が、しかもW杯準決勝という素晴らしい舞台で与えられたことを喜びたいです。

勝ちたい。スペインに勝ちたいです。決勝に行きたいとか優勝したいとかいう以前に、スペインに勝ちたいのです。イングランドよりもアルゼンチンよりもブラジルよりも、彼らに勝ちたいと思ってました。

下馬評ではここに来て、ドイツ有利、の声が大きいことに驚き困惑しています。
そんなん全然嬉しくないし、逆に緊張します。
余計な雑音を入れずに、スペインの美しいパスサッカーを封じて、そして、しっかり確実に勝って欲しいです。オランダのことなんかフワフワ考えてはいけません。

ミュラーの代わりにはトゥロコフスキーが入るようです。ミュラーほどのフレッシュさはないかも知れませんが、そつなく仕事をしてくれると信じています。
ちょっと評価が下がっているメルテザッカーには今回特に気張って欲しいなぁ。引き続き、アルネにも。
中盤での攻防がポイントになるかも知れませんので、ケディラやシュバにもよりいっそうの集中力とハードワークを望みます。
と、つい守備の方に気持ちが行ってしまいますが、いよいよ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウルグアイ対オランダ

もう間もなくの世紀の大決戦に向けて今やドイツ応援モードに切り替わっておりますので、かなーーーりざっくり行きいます。雑なことでスミマセン m(__)m

7月6日 2010W杯 準決勝 ウルグアイ 2-3 オランダ

せっかくなのでkickerの採点も合わせてどぞ
100706urunedfj_2
交代:ファンデルファールト(3.5)(46デセーウ)、エリア(90ロッベン)
サブ:ボスフケル、フォルム、ブラーフハイト、オーイェル、アフェライ、スハールス、バベル、フンテラール

得点:ファンブロンクホルスト(18デセーウ)、フォルラン(41ガルガーノ)、スナイデル(70ファンペルシー)、ロッベン(73カイト)、ペレイラ(90+2ヴィクトリーノ)
カード: ペレイラカセレススナイデルブーラルーズファンボメル

MoM:スナイデル(FIFA)、カイト(kicker)

100706_gio
ジオのスーパーロングシュートはそれ単体でも鳥肌ものでしたが、本人にとってもずっと思い出に残ることでしょう。もちろん、ただの思い出だけじゃなく、チームにとっても大切な先制点でしたよ。

そしてファンペルシーのオフサイド疑惑込み(黙らっしゃい)のスナイデルのビューティーゴールと、

100706_robben2
ひょぇえあり得ん!準々決勝のスナイデルに続いて今度はロッベンが完璧なヘディング!

Dsc07077
ぺちぺち。かわいーなー(*´∀`*)

100706_robben
試合後、サポ席の前で勝利を報告したらしい。そしてこの後、スナイデルか誰かにパンツを下ろされ、お尻が丸出しに!("▽")イヤん

Dsc07075_2
「ちゅっheart01キャ―――――!またまた投げきっす出血大サービスぅ~!lovely ばたーん(倒)

試合後のファンボメルコメント「今日起こったことに、まだ実感が沸かないよ。俺たち(オランダ)が最後にW杯の決勝に出た時、俺はまだたった1歳だったんだ。勝てたことを嬉しく思う。自分たちのやり方がうまくいって、6勝したんだ。今日は素晴らしかったわけじゃないけど、でも俺たちは決勝に行く」
試合を通じて頑張ってましたけど、特に後半からはワンボランチとして、今大会最大級のものすごいハードワークで、体を張って大奮闘していました「全身を痛めたよ。左足、肩、指も」(指って?)
(参照リンクはここここ

Dsc07074
身内のエコヒイキと言われるのを気にしているのかいないのか、いつもはカメラの前ではあまり仲良くして見せない、義理の親子でもあるファンマルヴァイク監督とファンボメルですが、今回はやはり格別だったようですね。ギューッと熱くハグしているシーンにはちょっとグッときました。

ウルグアイの気持ちのこもった健闘と終盤のなりふりかまわない執念の猛攻が、見ている人たちを感動させた試合でした。オランダは、母国以外のサッカーファンにとっては憎らしい存在だったことでしょう。ファンを増やすどころかむしろ減らしたかも(^_^;)
ワタシとて、もしもファンボメルがチームにおらず、完全中立の立場であったなら、ウルグアイ頑張れ!と言ってましたよ多分。

100706_dezeew
ぎゃあ(゚□゚;)
出停のデヨンク兄貴に代わって本日スタメンにて、ファンボメルとコンビを組んだデセーウですが、まあ、ちょっと存在感がホニャララでしたけど、大きなミスで足を引っ張ることもなくまあまあでしたね。この勇気のディフェンスにはデヨンクの闘魂に負けないぐらい熱いものを感じました…
試合終了直後は、顎を骨折か?なんて話も出ていたようですが、検査の結果、大事なかったようです。ほっ

フォルランの素晴らしいミドルにより同点に追いつかれ苦しくなったオランダ、後半からそのデセーウを下げ、ファンデルファールトを入れることでついにビッグ4(ファンペルシー・ファンデルファールト・スナイデル・ロッベン)揃い踏み!(゚∀゚)
攻めるぞ!という明確なメッセージで選手たちを鼓舞する采配が当たって、ついにオランダの攻撃がうまく形になり3得点できたのだ、と、分析されているようです。
たしかにファンデルファールトが入ったことで攻撃面でリズムが出て流れが良くなったとは思いますが、とはいうものの、期待していたほどの爆発力ではなかったよーな…とか言ったらバチが当たるかしら(^_^;)
だから彼らは本当はこんなもんじゃないんだってぇー、と言いたいのですが、よくよく考えたらワタシとてオランダ応援歴はあまりに浅く、本当はスゴいというその本当ってなんなのか(苦笑)

しかし攻撃的な采配の裏には守備を1枚犠牲にするということで、ファンボメルがワンボランチになってしまうのですが、監督はファンボメルを信頼してこそ、思い切った策に出られたのだと思います。そしてその信頼にしっかり応えて見せたファンボメル…(;∀;)

100706_2
セクスィーヒーロー対決!(戯言)

しかし時間の使い方を誤った、というか審判の時計もどうかと思うような感じではありましたが、ともかく、ハラを蹴られた(?)ファンボメルが痛がってモタモタとピッチに出たところでFKを決められ、なんとロスタイムで1点差に詰め寄られてしまいました。それまでセットプレーではけっこうファンボメルがビシッとクリアしていたことが多かったと思うので、やっぱりアンタがいてくれないと困るんだよな、と思った矢先でしたトホホ。
それから約2分、オランダにとっては悪夢の時間に。
せっかく入ったエリアも守備に追われる羽目になって、ファンペルシーから誰から全員自陣に下がって必死に守る!!

・・・・・・どうなることかと・・・・・・

審判の笛もやけに遅くて、ロスタイム3分なのに4分過ぎても笛吹かない時はもう、ウルグアイに点が入るのを待ってるんじゃねーだろーな!と激しくイライラしたものでした。

まあでも、なんとかしのいで、ついに!32年ぶりの決勝に進んだオランダであります!おめでとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/07

誰がボールを盗んだか

めでたく決勝に進出することが決まったオランダ代表が、無事に安全なホテルに泊まれて、万全のコンディションで試合に臨めますよーに(こちら)。
このまま行けば、「FIFAバロンドール」なる賞はスナイデルが獲ってしまいそうですが、バイエルンファンとしてそれはちょっとイヤだな~と思ったりして・・・。

それはともかく
祝・オランダ代表決勝進出企画~!☆

Dsc07076

自分以外の誰からも需要がない、ファンボメルの試合後ウォッチングアホアホキャプチャ劇場です。

Dsc07064
試合後に軽いもめごとが発生したのですが、その続きなのかどうなのか、ウルグアイのカセレスが「おい待てよ!ちょっと顔貸せ!」としつこくからんでくるのを軽~くいなして

Dsc07065
歓喜の輪から離れとことことゴール隅に向かって行くその先には

Dsc07066 (←小さくてわかんねーよ)

Dsc07067
むむむ!またボールを回収していました。デンマーク戦、日本戦の後、ボールを盗んでいるところがオランダメディアに取り上げられておりましたが、コドモへのオミヤゲにするつもりだったようです。ついに3個目ゲットか?

とそこへ突然
Redsc07069
「マルク~~!やったね!マジうれしいよぅーー」と、ブラーフハイトが思い切り飛びついて来たのでボールが手から落っこちた
(余談ですが、このたびのW杯で、ブラーフハイトはファンボメルになついてるな~と思わせられるシーンが何回か見られてうれしーのです(^ー^))

「よしよし、良かったなー」と分かち合ってから改めてボールを探す
Redsc07070
「えーと、どこ行っちゃった?おっ、あったあった」

Dsc07071
何故か無意味にスライディングするところがカワエエ~heart04

その後ファンボメルは画面から消えていたのでボールがどうなったかわからないのですが

Dsc07072
あれあれ!いつの間にかフンテラールのモノに?!あんなに頑張ってキープしてたのに、一体何があったのか?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:ウルグアイ対オランダ

ウルグアイ 2-3 オランダ

ついに!

決勝だだだだだだ!!!!!!!!!!

おめでとう!ファンボメル!おめでとう!ロッベン!おめでとう!ファンマルヴァイク!おめでとう!オランイェ!\(T▽T)/

も~~なんだねキミたちはホントにも~、いつもいつだって危ういんだから~

このヘタクソども!でもよくやったぞー!ジオさんのゴールには感動した!ロッベンのヘディング完璧!

全力で戦う男は美しい
Dsc07059
ファンボメルの最後の時間の使い方は、まあよくあることではありますが、結局そのせいでセットプレーの時に一人足りなくなってしまって失点してしまって、最後の最後までどうなるかわからないハラハラドキドキを作ってしまったんだからも~~(泣)何年寿命を縮ませるんだー!
あのまま崩れてうっかり同点→延長戦→アワアワ、なんてことになったら悔やんでも悔やみきれないところでしたよぅ~~~ガクガク(T△T)←思い出し泣

Dsc07058
ファンボメルに出たイエローはなんだったのか未だにわからないんですがなんだったんですかね(汗)でも最後まで全力で戦う男は(略)スキ

ファンマルヴァイクと抱き合ったりカメラに投げきっす?したりしたのですがheart01NHKではそこまで放送してなかったので撮れませんでした残念・・・

さあ!!

明日は我がドイツがそこに行く番だ!!!待ってろよ!

続く!寝ます。も~へろへろ。ばたむ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間もなくウルグアイ戦

オランダ代表の話です。

100702_nonperoncho_2
全然本文と関係ないのですが、ぺろんちょしてないのが珍しいので貼ってみた

もはや準決勝ですので起きて見よう、と思ったのはイイですが…眠い。
途中で沈没したらスミマセン(汗)睡眠応援の勝率が響いたらスミマセン、でもそうなったとしてもワタシを責めないでね・・・

さて、ヨーロッパ&南アフリカ時間ではまだ7月6日ですが、日本では7月7日であります。
ブラジル戦の日(7/2)に、ダンナのご実家から赤福の「朔日(ついたち)餅」をいただいたのですが(注※消費期限は当日中です)、中に七夕用の短冊が入っておりましたので早速

Redsc07041 ←(もちろんボメフル出場)、と書きました

オランダ代表のプレビューはあんまり行ってないのであります。ファンボメル一点集中でして(^^ゞ
かわいい散髪ネタはクゥシィさんや他にも取り上げてる方がいらっさいますので、時間もないことだしスルーで。
でも何にもないのもアレですので、昨日発売のオランダサッカー誌の表紙でも
100706_nusport
ばばん。

うわ~~カッコいいですねぇheart04lovely
この苦虫をかみつぶした、じゃないわ、にくたらし、いや、意思の強そうな顔!
「俺に向かって来るヤツはみんなぶっ飛ばしてやる、いつでも来やがれ」って言ってるみたいに見えますよキュンキュンheart01

どうせ記事は読めないんだから表紙だけでも欲しいよ~~☆
(いちおう、本文より抜粋のごく一部ぽいですが、ネット版の記事はコチラ

というわけで、もう間もなく、キックオフです!行くぜ決勝!!行くしかない!

スタメン出ました。
ステケレンブルフ;ブーラルーズ、ハイティンハ、マタイセン、ファンブロンクホルスト;ファンボメル、デセーウ;ロッベン、スナイデル、カイト;ファンペルシー

ファンペルシーとマタイセンは間に合ったようですね。ほっ。ファンペルシが肘をぐるぐる巻きにしているのを見ましたが、申し訳ありませんがひどくしない程度にがむばれ(むずかしい…)。2ゴールぐらいガツンと決めてくらさい。
ブーラルーズとデセーウは予想通りですね。デヨンクとヴィールの欠場は怪我等の突発的なアクシデントではなく、あらかじめわかっていたことですから、しっかり準備できたことだろうと信じます。

勝つのだぞ!くれぐれも相手をみくびらないように!向こうはスアレスを決勝に、というので逆に燃えてるかも!でもリスペクトし過ぎて及び腰にならないように!自信を持って!ライオンの誇りを持って戦うのだ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タコvsセーター

な、なんてこった!!sweat01sweat01

100706_paul

なんの話かわからない方はコチラをどぞ。

明日はパエリャと共にタコのマリネでも食ってやろうか…(よせ)

イヤ~ん!ゲンが悪い~!と思った方にはコチラの話題を
ゲン担ぎ? レーヴ監督、セーター洗わずスペイン戦へ!

レーヴ監督がこの青いセーターを着ていたオーストラリア戦、イングランド戦、アルゼンチン戦はすべて4得点勝利という事実が判明。ゲンがいいので明日のスペイン戦でも着るつもりらしいです。
それは別によいのですが、「洗っちゃダメ」って…(汗)

100703_loew_3
消臭加工済でいつも爽やか!アウターにもインナーにも着回しOK!デオドラントサラサラセーター¥4,980by洋服の青○(うそ)

100703_loewlahm
「ラムたんギュ~♪」「(…洗って欲しい…)sweat02

100705_daniela
「洗濯しないセーターを着続けるなんて不潔ざます!アタクシが一言申し上げますワ!」と(?)、ついに奥さんが南アフリカに参上!

----------
あ~らら
「主将続けたい」とラーム=ドイツ代表で権力闘争?

…ラーム…
なんかすっかり「そういうキャラ」になりつつあるなぁ。とほほ。まあ、ワタシにはあんまり関係ない話でござんす。明日いい試合をして勝ってくれればそれでいいです。
(バイエルンのキャプテンもやらせろ、とか言い出したら黙っちゃいないけど)
 
それにしてもこうゆう時、のほほん副キャプテンはどーしてるんでしょうか

100706_bild
カノジョがカシージャスのカノジョとバトってた!?それじゃキャプテン争いどころじゃないかもね(^皿^)

わざわざアンケートを取るBildもどうよ
100706_bild2
ま、負けてるじゃねぇーか!(汗)がむばれSarahチャン!
で、投票してる自分もどうよ(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/06

ドイツ代表からの声明文

わはははー。えらいことやで(^皿^)
100706_bastian

それはそうと、

ドイツ代表からファンのみんなに、応援ヨロシクの共同声明文が発表されました

Briefnationalmannschaft_01_2

PDFファイルにてダウンロードできます。

「僕たちの道はまだ終わらない。パーティーは続くんだ。僕たちみんながチームだ。そして僕たちにはとても大きな目標がある。いっしょならできるさ!」

じ~ん(;∀;)
宛先が「ドイツにいるファンのみんな」なのがちょと寂しいですが、明日はこれをプリントアウトしたものを傍らに置いて応援します。

(バイエルンもCL決勝前に同じように声明文を発表して、そして負けちゃったねーとか言っちゃイヤンなんであります(^_^;))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

準々決勝・その他

(無敵艦隊スペインとかセクスィーフォルランを「その他」扱いする不届き者がここにcoldsweats01

唐突に「オランダはやっぱりロッベンがいい。他の選手とは違う。流れが変わる。で、どこの選手だっけ?」「パラグアイには有名なGKがいたよな(←チラベルのことらしい)」「スペインと言えばラウールか?」とのたまう、オッサンという名の夫に困惑する管理人コリアンダーです、こんにちわ。

さてさて、かなりかなり今さらですが、ドイツやオランダの試合の裏で行われた、残り2試合のかんたんレビューです。
どちらもドラマティックなエピソードがありましたね!

7月2日 2010W杯 準々決勝 ウルグアイ 1-1(PK4-2) ガーナ

100702_suarez

得点:ムンタリ(GHA)(45+2)、フォルラン(URU)(55)
MoM:フォルラン(URU)

まあ、もう、ね、ニュースもハイライトも出尽くしておりますので、自分用メモに。

白熱のゲームは両者同点のまま延長戦に突入!このままPK戦にもつれこむんじゃないかい、と思われた120分?120+何分か?に、それは起こった。

ガーナのセットプレー。ゴール前のゴチャゴチャの中から至近距離からガーナの誰だっけ、のシュートをゴール前に詰めていたウルグアイのスアレスがバレーボールもどきのハンドではじき出す
 ↓
この行為に対してスアレスにレッドカード、ガーナにPKが与えられる
 ↓
蹴るのはガーナのエース、ギャン
 ↓
なんと、ギャンはこれを外してしまった!クロスバー!
 ↓
クロスバーに熱く感謝するウルグアイのモエ~GKムスレラ…はともかく
 ↓
その直後にホイッスル、試合はついにPK戦に
 ↓
ギャンは気を取り直して落ち着いて決めるものの、その後ムスレラが2本ストップする活躍もあり、ウルグアイが勝利
 ↓
責任を感じて泣き崩れるギャン。それを無理やり引っ張り起こそうとするガーナのスタッフもどうよ…はともかく
 ↓
退場覚悟でハンドを犯し、ウルグアイを敗戦から救ったスアレスは一転英雄扱い

退場レベルの反則技を犯して守ったゴールがそのまま有効になってしまうというこの不条理。
いや。すべては、ルールに乗っ取って正当に行われました。退場もPKも。
だから何ひとつ文句を付ける筋合いはないですし、スアレスやウルグアイがけしからん!ガーナかわいそ!と言うつもりも毛頭ないのです。これもサッカーです。
ただ淡々と、なんか不条理だな~という感想を持っただけです。

残念なのは、ムンタリフォルランのゴールがとても素晴らしく美しかったことと、この試合の真のヒーローは、PKを2本ストップしたモエ~GKムスレラだと思うのに、おかげですっかりかすんでしまったことです。

100702_muslera 「ゲッチュー!☆」

さっきからモエ~モエ~言ってますが、GKとしてもなかなか良いと思っておりましたよ。(後から言うことなので、あまり説得力はない)

オランダが決勝に進むためには、明日(日付的には今日だ…あわわsweat01)このウルグアイに勝たねばなりませんが、スアレスが出停なのはいくらか守りやすいかも知れません。
とはいえ、フォルランは相変わらず脅威ですし、何しろこちらはファンデルヴィールデヨンクという、守りの要二人が同時に出停だけどね!(爆)
がむばれブーラルーズ!カメルーン戦でのパフォーマンスは悪くなかったぞー!ボランチはデセーウかスハールスか…。ボ、ボメ、頼む!(汗)(汗)

----------

7月3日 同じく、 パラグアイ 0-1 スペイン

得点:ビジャ(ESP)(83)
MoM:イニエスタ(ESP)

男前図鑑
Dsc07052
試合前の人種差別撤廃宣言をするパラグアイのキャプテン・ビジャル。セリフを朗読し始めてから、マイクのスイッチが入ってないことに気付き、スイッチを入れ直してニコッとほほ笑む。こうゆうのをサラリとやってのける男前にキュンとなるのです。

ついでなので。ビジャルと言えば、前回大会で、わずか数分の出場で怪我をしてしまい、無念の離脱を余儀なくされた時、号泣していたのを覚えています。偉大な先輩GKチラベルの後釜として挑んだ大会だっただけに無念さひとしお…だったような記憶が(オボロ)。
「次の大会も出られるように頑張れ」と口で言うのは簡単ですが、本当にそれを叶えられる選手はけして多くはない中、彼は戻ってきたのです。良かったなぁ~、偉いぞ、と密かに嬉しく思っておりました。(と言いつつグループリーグの試合はあんまり見てない←こらっ)

Dsc07053
PKをみごとにストップした世界の守護神・カシージャス!

Dsc07054
シャビ・アロンソ(1回目)

Dsc07056
ダメダメ、やり直しだぁ~

Dsc07055
シャビ・アロンソ(2回目)

というわけで、わずか2分で立て続けに両チームにPK2連発!しかもどっちもGKがセーブ!という珍エピソードにはなかなかシビれました。
まあまあ、これでお互いチャラってことになって良かったじゃないの。GK好きとしては、どっちもセーブしたのが素朴にウレシイ(^^)

試合はなんだか、やはりスペインはなかなか調子が出にくいのか、自慢のキレイパスサッカーもいまひとついまふたつ、むしろパラグアイの健闘の方が目立っておりました。
それでもやっぱりイニエスタとかシャヴィとか恐いなあ、と漫然と思っていたら、そのイニエスタのドリブルからキレイに崩してペドロがシュート、ポストに当たって跳ね返ったのをビジャ、またポストに当たるもボールの回転の方向が良かったのでそのままIN、という、ラッキーと言えばラッキーな、ビジャのポジション取りOKと言えばそうとも言える、ともかく、結果だけは順当ですが内容は冷汗ものの勝利でスペインが実に60年ぶりらしい、ベスト4に進出したのでした。

100703_say_no_to_racism

今大会にフェアプレー賞とかいうのがあるのかどうか、もしあったとしても主旨が違うかも知れませんが、ワタシ的にはパラグアイ代表にあげたいなぁ~。
使用言語が同じという親近感ももちろんあったでしょうが、この「人種差別反対」フォトにもキレイに両チーム混ざって収まってるし、試合後の様子もユニ交換とか、悔しがるパラグアイの選手(主にPKを失敗したカルドーソ)にスペインの選手が次々と励ましに行っている様子などもとても良く、好感でした。
だったらスペイン代表でもいんじゃね?とも思いますが、パラグアイは、日本戦の後も態度が良かったので、どうせなら。そういう意味でもいい試合だったなーと思いました。

せっかくなので参考資料
100702_say_no_to_racism2
ファンボメルとルシオが隣同士でちょっとホッとした。なんか会話のひとつも交わしたかね…

100703_neuer3
ぱっきり。仲悪そう…(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/05

アルゼンチン対ドイツ

お待たせしました。W杯が休みなので、ちょっとのんびりしちゃいましたよ。
「今さらかよ~、もう感動冷めちゃったんだぜ」とか言っちゃイヤン。思いがあふれすぎると手が止まってしまって、どこからどう書いたらいいのかわからんのですわ。(ブロガー失格(^^;))

では、いってみよー

7月3日 2010W杯 準々決勝 アルゼンチン 0-4 ドイツ

とってもステキなkickerの採点も合わせてどぞ
100703arggerfj
交代:ヤンゼン(72ボアテンク)、クロース(77ケディラ)、トゥロコフスキ(84ミュラー)
サブ:ブット、ヴィーゼ、バトシュトゥバー、アオゴ、タスキ、マリン、カカウ、キースリンク、ゴメス

得点:ミュラー(3シュヴァインシュタイガー)、クローゼ(67ポドルスキ)、フリードリッヒ(74シュヴァインシュタイガー)、クローゼ(88エズィル)
カード: オタメンディマスチェラーノミュラー

100703_messi

100703_germany

ドイツ代表サポのみなさ~~ん、おめでとうございます!

やりましたね!!
いや~~~~~~ははははは、痛快爽快!!
ちょっともうどうですかなんですか、あのアルゼンチンを!あのメッシを!みごとに完封!だけじゃない、なんとなんと4得点もの大・快勝~!\(^∀^)/ベスト4進出!

100704_miro
何回見てもニヤけちゃう、ゴールシーンを中心にさっそく行きましょう

(盛り込みすぎちゃった。長いよ!)

続きを読む "アルゼンチン対ドイツ"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010/07/04

短信:スナイデルのゴール

スナイダーの得点に変更

オランダ対ブラジル戦、オランダの1点目がフェリペ・メロのオウンゴールと記録されておりましたが、このたび正式にスナイデルのゴールに変更になったようです\(^o^)/祝!

これで今大会のスナイデルのゴールが4得点、スペインのビジャの5ゴールに続き、得点王争いに名乗りを上げることとなりました。
まあ、個人的なタイトルよりもまずはチームの勝利です!もっともオランダのゴールゲッターたちは、記録のためにスナイデルにゴールを譲るなんてアタマはないでしょうけどsmileそれでいいのですよ。
それに、得点王は我がドイツのクローゼがいただくことになってるし(^m^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報:アルゼンチン対ドイツ

なーーーんと!!!

アルゼンチン 0-4 ドイツ

100703_mueller
ミュラー!

100703_miro
クローゼ!

100703_arne3
アルネ!

100703_klose
クローゼ!サルト決まった!着地OK!

うっわ~~~~~、まさかまさか、こんなに点差をつけて勝てるとは!
嬉しいったらありゃしないです。クローゼのドペルにはホントうれしくて感涙5秒前でした!ゲルト・ミュラーのW杯通算記録に並んだのかな?(^∀^)
代表100試合目を見事に飾りました!おめでとう!!
アルネのゴールにもテンション上がりました!カッコいーなー、惚れそうですlovely
そういえばヴォルフスブルクへの移籍が決まったそうですね。長谷部とチームメイトだ。

MoMはシュヴァインシュタイガー!
100703_bastian
 
メッシ番お疲れさん!攻撃面でも大活躍!

ベスト4おめでとう!!!次も勝とうぜ!多分スペインだろうけど…そしてミュラーが出停だけど…(汗)(汗)でも!だからこそ!彼らには勝ちたいんじゃ~!EURO決勝のお返しを!!

続く!

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/07/03

オランダ対ブラジル!

(注※オランダ寄りです)

ウルグアイ対ガーナがすっかり長丁場だったもんで、今日一日それでツブれてしまいました。なのであんまり詳しく書いてる時間がないのです(^^ゞ
今日もこの後決戦があるしね!2日連続でこんなに緊張する試合が続くと…(汗)
(※その後ドイツが無事に勝ったので落ち着いて、本文をマイナーチェンジしました)

喜びのあまりついびっくりマークを付けてしまいましたがsmile

7月2日  2010W杯 準々決勝 オランダ 2-1 ブラジル

【注※後日、フェリペ・メロのゴールがスナイデルに変更になったので訂正しました】

 100702nedbrafj
交代:フンテラール(85ファンペルシー)
サブ:ボスフケル、フォルム、ブラーフハイト、ブーラルーズ、ファンデルファールト、アフェライ、スハールス、デセーウ、エリア、バベル

得点:ロビーニョ(10フェリペ・メロ)、フェリペ・メロスナイデル(53オウンゴール)、スナイデル(68カイト)
カード: フェリペ・メロ(73)  ハイティンハファンデルヴィールデヨンクオーイェルミシェル・バストス

MoM:スナイデル(NED)

100702_robinsneijder
全然しこりとかなさそうでよかったね、と安堵していたら、筍母さんのblogで、ファンペルシーが肘だか腕だかを損傷したというニュースが・・・・・・・・(汗)
イヤーんロビンちゃん!(汗)アナタがいないと困りますぅ~!次も出られますように!ギプスかなんか巻いて!(←ナニゲに鬼)

さてさて

100702_snejider3

スナイデルぅ~~~!!!

1点目はビューティーFKがフェリペ・メロの頭をかすったのでオウンゴールということになりましたが、実質スナイデルの2ゴールってことでいんじゃね?

100702_snejider2

2点目はばっちり自分の頭で決めたもんね!スナイデルと言えばスーパーFKとかスーパーミドルかと思ってましたけど、ヘディングでも決められるのですね(^^)

それはそうと。
いや~~~~~~ははははは(汗)(^□^;)、今思い出しても冷汗が出ますわ。このヘタヘタへなちょこオランイェがなんで勝ち上がれたのか、W杯ってほんと不思議で、そして、素晴らしい。

前半の試合内容があまりにヒドくて、もう本当に本気で、心から敗退を覚悟しました。
「最後まであきらめちゃダメだ!」ってドイツ代表になら言うけど、オランダには通じるのかしら・・・。
本領発揮したブラジルにおされまくり負けまくり圧倒されまくり、ひとつのミスも許されない試合だというのにミスしまくり、集中してないわけではないのだけれどどうにもちぐはぐで、体と心が、選手と選手の間が、何もかもつながってないというかなんというか。

試合開始早々から、先制されるのは時間の問題だわい、と思ってたら案の定ロビーニョにさっくり決められました。
レギュラーCBのマタイセンが直前練習でどこかを痛めたらしく、急きょスタメンになったオーイェルでしたが、やはり急造だったためか、周りのDFたちとうまく連携が出来ていないようだ、という解説が多く聞かれました。
おかげでロビーニョがほぼフリーで、なんでロッベンがこんな位置まで下がってケアしとんねんザルども何やってる!ですが、そのロビーニョに向かってすぽこーん、と気持ちいいほどまっすぐにフェリペ・メロにスルーパスを打たせたファンボメルも、アンタはデクノボーかいなと、悲しくて悔しくてたまりませんでした。
(ただ、その後のオーイェルは、失敗を取り返そうという気持ちもあったでしょう。ベテランならではの経験を生かしたプレーでチームをピンチから守っていたように見えました。カカとのマッチアップは勝率高かったんではないのかい)

100702_robben
ロベころりん

彼らは予選と、直前の強化試合で楽しく勝ちすぎた、と思いました。そしてグループリーグでも、貧しいパフォーマンスながらも勝ち進んでしまいました。
それが過信を生み、危機感をそぎ、格下相手へのリスペクトを欠き、謙虚に精進することを怠り、今日に至ったのであろう、と想像し、暗澹たる気分になりました。

しかーーし!

ハーフタイムに気を取り直し、できることを全てやろう、と言い合ったらしいオランダ代表。思い切って、より攻勢に出るようになります。
今大会ずっと、消極的(守備的)なさばきが多かったファンボメルも、攻撃的な方向へ指揮をふるい始めます。
あきらめずにこつこつとゴールを得ようとがむばる彼らの努力がついに報われ、スナイデル、じゃないわ、オウンゴールで同点に追いついた~~~!!

100702_16_2
「よっしゃーあ!これからガンガン行くぞー!」

がぜん猛然元気いっぱい勇気凛凛、俺たちは誇り高きオランイェレーウヴェン(←読めないのでてけとー)、自信を取り戻したオランダ代表。
そして!スナイデルが勝ち越しゴールを決め、なんとなんと!逆転成功~!

信じられん!!(゚∀゚)

いっぽうブラジルはプランが崩れてしまって激しく動揺、動きに統率がなくなり、焦りといらだちの感情にとらわれたところで、フェリペ・メロがあの退場劇を演じてしまいます。

西村主審のジャッジは正当なものでしょう。
足を引っかけてロッベンを転ばしたまではまだ見逃せるとしても、その後故意にむぎゅっと踏みつけてますからね。言い逃れはできません。
(まあ、メロ本人は後から文句言ってるらしいけど(-_-;))

ファンボメルは今回は最初からアグレッシブモードにシフトしておりましたね。コンディションの悪い時によく見せるような、むやみにバタバタ暴れるのではなく、おそらくキレやすいブラジルの選手たちの特性を知ってのことでしょう、ネチっこくファウルを仕掛けたりして、メンタルから揺さぶりをかけておりましたよ。策士だな~むはは(`▽´)

100702_robinho
「耳の穴くり抜いて奥歯ガタガタ言わしたろかコラァ!!!」「ふーん」

全力で戦う男は美しい
Dsc07044
「まだかよ!もう試合終わりだろ!」まだあと22秒もありますよボンメルさん(左上参照)。

ブラジルが焦ったり苛立ったりする一方で逆に落ち着きを取り戻すオランダ。
それでもそこはくさってもセレソン、なりふりかまわずの猛攻に肝を冷やす場面も多々ありましたが、少なくともメンタル面では完全に優位に立ち、2-1のスコアを守り切って、みごと、優勝大本命のブラジルに大金星!!!(あえて金星、と言っておこう)
 
4強進出!

その瞬間、控えの選手たちもピッチに飛び出してきて歓喜の声を上げました。
皆が同じ目的に向かって戦ったこの試合で、彼らはやっとひとつのチームになった、と思いました。勘違いじゃないといいけどな・・・

アンタたちはドイツなのか?!と言いたくなるような、あきらめない、気持ちのこもったひたむきなサッカーでオランダが勝ちました。うれしいです。今大会のオランダ代表の試合で初めて、心が熱くなりました。

おめでとう!\(^∀^)/
でもこれで優勝したかのように喜んじゃったらダメなんだぜ!それじゃいつもとおんなじだ。アンタたちの目標はそこじゃないよね?

おまけ劇場・うっかり西村さん
Dsc07046
カカがファウルを受けました「をいゴラ審判!ちゃんと見てんのかよ!」

Dsc07047
「はいはい~」えっレッド?!そんな悪質なものとは…(汗)

Dsc07048
「じゃなくてー」

Dsc07049
「こっちこっち、はいイエローね」「んも~、びっくりしたぁ~~(汗)」

Dsc07050
「へっへへへ、オマエおもしれーなー」「sweat02

---------

やれやれ、そんなこんなで、まもなくドイツ対アルゼンチン戦であります。プレビューする時間がなくなっちゃったけど、おかげで緊張するヒマもなくて、精神的には助かったかも知れない。
シュバやラームがなんか言ってるのは、チンピラが捨てゼリフわめいてるみたいでみっともない、と個人的には思っています。無意味に挑発したって何にもならんだろうが。

まあ、勝てば官軍ということで許してやるから。口だけじゃなくてサッカーで自分たちの力を見せてくれい!ガクガク…(←チキン)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

速報:オランダ対ブラジル

オランダ 2-1 ブラジル

100702_2

100702_bommel

100702_persie
「余計なこと言っちゃってゴメンにゃ♪」

100702_sneijder
アタマぺんぺんしてるとこかわいかったです(*^^*)

勝ったーーーーーーーーー!!!!!!

あのブラジルに!!!

信じられん!今でも膝がカクカクします。

ハーフタイム前、いや、同点ゴールが決まるまでは本気で敗退を覚悟しました。
それが華麗な、いや、骨太で泥臭い逆転勝利!!!!

失点にはファンボメルの責任も大きかったと思うので、あのまま負けるのはツラかったです。本人も挽回したそうな、必死な空気が感じられましたし。

よくやったぞ!よくがんばったぞ!みんな好きじゃー!ファンボメルは言うまでもないが(←はいはい)、ロッベンもステケレンもスナイデルもペルシもジオもヴィールもハイティンハもデヨンクもカイトも西村さんも(←?)みんなみんながんばった!
そしてオーイェル!突然スタメンに入って困惑したかも知れないけれど、なかなか活躍してましたね。偉いぞ!

ちょっと喜びすぎなのが引っかかりますが、まあ、今日一晩ぐらいはよかろう。でもポロネーゼはやっちゃダメよ(^^;) いつもそれで気抜いて敗退しちゃうんだから。
スナイデルがさっそく「俺らが優勝カップを持ち帰るかも知れないけどぉー」とか言ってるのが気になります(苦笑)

まーいいや。おめでとう!ボメル!おめでとう!オランイェ!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ハーフタイムなう

ブラジル 1ー0 オランダ

負けそうだ。勝てる気配はない。
負ける予想とか敗因を考える方がたやすい。

...どんな結果になっても最後まで見るぞ、マルク。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/02

間もなくブラジル戦

オランダ代表の話です。

余談
100701_toni_2
決まったの?

心臓がひっくり返りそうな思いをしておりますので、ほのぼのフォトでリラックス

100702_tro
わはは。最近は、どこのスペースに書くのかちょっと楽しみになってきております(^□^)

100701
アゴヒゲダニエル・・・。その顔でポロシャツとかのモデルをやったのかいな。
カッコいいから何やってもステキだけど、やっぱりヒゲナシの方がいいなぁ…

あかーーーん!!

何やっても緊張が取れない!

ワタシができるゲンかつぎはすべてやりました。酒はむずかしかったので、ブラジル産の豆がブレンドされているコーヒーも飲みましたし、ブラジル料理もどきっぽいのも食っちゃいました。
だけどもう何をどうやっても不安がぬぐいきれず、負ける予感ばっかりしてしょうがないです(汗)(汗)

でもできるなら、今日をファンボメル(&ファンブロンクホルスト)の最後のW杯にはして欲しくない・・・。
スナイデルがチームにいるのにヘンな話だけど、ジュリオ・セーザルやマイコンやルシオにもう1回負けたくなーい!勝ちたい~!すっごくつまんない試合でもって向こうの動きを殺してつまんなく勝って欲しいよ!ゴールはロッベンとファンペルシーで!

100624_20
試合が始まる直前の、この引き締まった表情が好きです。

試合が終わった後は、こんな楽しい姿が見れますように・・・
100701_bommelrobbenkuyt_2

悔いのない試合を。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/01

決勝トーナメント1回戦その他雑感

ヴァルデス(ドルトムント)って案外エエ奴やないかい(;_;)

100629_valdes2

shizukaさんが教えてくださったコチラのニュースより
敗退決まり泣きじゃくる…誰が駒野を慰めたか

5人目のキッカー、カルドソが決勝のゴールを決めると、歓喜の輪を抜けだし、1人のパラグアイ選手が駒野に駆け寄り、額をすりつけるようにして何かを語りかけた。自身4人目のキッカーとして落ち着いてゴール中央にPKを決めたアエドバルデスだった。おそらくスペイン語だったのだろう。駒野は何を言われているのか分からないはずだが、しきりにうなづいていた。気持ちは通じていたのだろう。

ミドルネーム?が「アエド」だということを初めて知った次第。
エエ奴、というか熱いサッカープレーヤー魂を持ってるんだろーなー、と思いました。

いやぁぶっちゃけますと、試合自体はレベルがホニャララ、と思いましたが(^_^;)
パラグアイからは「南米の強豪」というオーラをあまり感じませんでしたし。
しかし!それでもひたむきに熱く、勝利への執念を燃やして挑戦し続けた日本代表にはやっぱり感動しちゃったんであるよ。
へたっぴながらも気持ちのこもったプレーの方が、小うまいサッカーより心を動かすことはままあることであります。

まあ、分析とか反省とか未来への展望とかは本気で日本代表を応援している方におまかせするのです。ワタシは超ニワカですので、ただただ「楽しませてくれてありがとー!盛り上げてくれてありがとー!」と言うのみです。

せっかくなのでイケメンフォトを貼る
100629_roque
「夏の夜話はどー?バックミラーに白い着物を着た見知らぬ女の姿が!」「…忙しーんだけど」(うそ)

ふざけてばかりではありません
100629_roque2
相手へのリスペクトも忘れません。途中退場してしまったのでPKには参加できなかったサンタクルス。思うところはあったでしょう。
……。今となっては「ウチの子」感覚もだいぶ薄れてしまいましたが、やっぱり画面に映るたびに「カッコいーなーheart」とつぶやいておりました。

さて、その他の試合をざっくりと

続きを読む "決勝トーナメント1回戦その他雑感"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよならルカ、ありがとうルカ

(注※酒が入ってますので感傷的になっております←知らんよ)

W杯の試合結果なんぞをアプしようと思ってせっせと書いていた最中だったのですが。

ルカ・トーニが移籍手続きの為かなんか知らんが、ゼーベナー通りを訪問したらしいです。
バイエルン公式tz
…ってなんでINSIDE扱いやねん!→公式

100630_luca
手術後のリベリを見舞ったみたい。仲良かったものね。

「ミュンヘンで2年半、素晴らしい時を過ごしたよ。だからさよならを言う必要がある」

・・・・・。

そうでした。今日(6/30)でトーニ、だけでなく、レンジングやゲルリッツとも契約が切れ、彼らはもう「ウチの子」ではなくなるのでした。

でも、ミュンヘンに来てくれたのね。手続きは代理人に任せるとかなんとかで、もう二度と来ないと思ってたよ。(まあ、もしくは規約上の理由とかで、本人が来なくちゃダメなのかも知れないけど)

うあぁああ~~~~~~~(T△T) も、もう、何も言うべき言葉が見つかりません(泣)

さよならルカ。ありがとうルカ。ごめんよルカ。

何度でも言いますが、カーンの現役最後の年を素晴らしいものにしてくれてありがとう。ほんとにほんとにありがとう。「ヘタフェの奇跡」は感動的だったね。カーンが言うように、10年後にまた、あの試合について、みんなで語り合えたらいいね。

アナタとファンハールとの間をうまく取り持つことが出来なかったへなちょこカピテン・ファンボメルのことを許してやっておくれね。ヤツは自分からはその件についてちゃんと言わなそう(てかむしろ暴露モード…苦笑)だから、ワタシが代わりに謝っておく(←何様。しかも効力ゼロ)。

バイエルンで本当に素晴らしかったのは最初の1年だけで、あとはムダだったと、キャリアをツブしてしまったと感じていたとしても仕方がないと思ってる。
だけどミュンヘンのファンはアンタのことを愛していた。はずだ。それだけはわかっておくれ。

(まだ決まってないけど)ジェノアで幸せになっておくれ。自分の価値をもう一度示しておくれ。でも、どうせならELとかCLとかを狙えるチームに行って欲しいなぁ。
……。
イタリアに帰っちゃったら多分あんまり興味なくなると思うけど、ひっそり気にしているから、がむばれ。バイエルンやファンハールを後悔させせておくれ。

Ciao, Luca !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »