« オランダ対スロヴァキア | トップページ | ドイツ対イングランド »

2010/06/30

パラグアイ対日本

(全然ドイツの話ができないまま試合が次々と・・・)

6月29日 2010W杯 決勝トーナメント1回戦 パラグアイ 0-0(PK5-3)日本

100629_kengo

PK:バレート(PAR)○、遠藤(JPN)○、バリオス(PAR)○、長谷部(JPN)○、リベロス(PAR)○、駒野(JPN)×、バルデス(PAR)○、本田(JPN)○、カルドーソ(PAR)○

MoM:本田(JPN)

注※さっき終わったばかりなので、いくらか感傷的になっております。

100629_kawashima

100629_komano
泣くな駒野~~~、これがサッカーだ。

ガッチリ守り合った激戦の末、互いに譲らずスコアレスのまま迎えた今大会初のPK戦はパラグアイが制し、ベスト8進出!日本、無念の敗退!!

惜しかった!もうすぐそこまで手が届いていた!

100629_honda

だけど。
なんら恥ずかしいことはないぞ!ステキな夢をありがとう!ワタシも含め誰も信じていなかった中、君たちはとても偉大なことをやってのけたのだ!日本中が両手を広げて待っているから、堂々と胸を張って帰って来い!

お疲れさま!!!

|

« オランダ対スロヴァキア | トップページ | ドイツ対イングランド »

コメント

 日本、残念でした。「PK戦は運だ」とか「いやそうじゃない、技術と精神力だ」とかいろいろ意見もありますが、失敗した選手が技術や精神力が足りなかったということではないと思います。
 今回失敗した選手だってその後イーブンになって二巡目が回ってくれば成功したかもしれないし、もし誰も失敗しなかったら永遠に続いてしまいますが、今まで決着しなかった試合はないということは必ず誰かが失敗しているわけで、その「誰か」がたまたま駒野だったにすぎないんですよね。
 つまり「運」というのは「成功するか失敗するか」ではなくて、「必ず誰かに当たる失敗のくじを引いてしまった」ロシアンルーレットのようなものだと思います。考えてみれば残酷です。

 長々とすみません。一番言いたかったのは実はこれです。
http://live.southafrica2010.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100630-00000513-san-socc
 ありがとう、アエドweep

投稿: shizuka | 2010/06/30 18:22

> shizukaさん
ステキなURL紹介ありがとうございます。いいエピソードですね…weepヴァルデスと言えばなんとなく、キレやすい悪童だと思ってましたけど、ちょっとイメージが変わりそうです。
PK戦はいつでも残酷なものですね。運なのか技術なのか精神力なのか…。ワタシ個人は、その全てが含まれると思っています。そしてその時の都合に合わせて、勝った時は「技術」や「精神力」を、負けた時は「運なのだ」と思うことにしていますsmile
…いやスミマセン、ふざけてる場合ではありませんね。
いやっもちろん、駒野には本当にまっっったく恥じる点はないと思います。サッカーを愛するファンなら、駒野個人を云々言う人はいないでしょう。
もっとも涙を流す本人の気持ちはよくわかりますけど。それに、PK戦は決めた方より外した選手の涙の方が長く人々に記憶されるんだぜ…ってそんなのなんの慰めにもなりませんわね。
ぶっちゃけ、日本代表に関してはワタシはただのニワカですのでcoldsweats01、ただただ、楽しませてくれてありがとう、がんばったね、という爽やかな気持ちです。

投稿: コリアンダー | 2010/06/30 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35580386

この記事へのトラックバック一覧です: パラグアイ対日本:

« オランダ対スロヴァキア | トップページ | ドイツ対イングランド »