« 始動! | トップページ | グループG&H第2戦 »

2010/06/22

グループD~F 第2戦

書くと時間がかかりそうなアノ試合を差し置いて、順序が前後しますが、すっかりたまってしまったその他の試合結果を。
ちょっとアタマに来てるので、イヤミで「本日の退場者」も書き出すことにしました。

なにしろ、HDDの整理をサボっている間にどんどんたまってしまってまして、誇張ではなく容量がほとんど残ってないので、このW杯、ドイツ戦とオランダ戦以外は録画せず、夜中の試合で録画したものも見たらすぐ消しております。
よって記憶が超オボロですので選手やプレーとかもあまりちゃんと覚えられず、感想もかなりえーかげんになります。
4年前は、見てる試合こそ今より少なかった気もしますが、まめにイラストも描いたりしててblog書くにも気持ちに余裕があったのにこの差はなんだろう。
つらつら考えたら、前回はダンナがW杯期間中バックパック旅行に出かけて留守をしていたので、時間がたっぷりあったのでした。

と毎度の言い訳をしたところで。
サッカーレポとしてマトモなことはなにひとつ書いてありませんで、ほとんどワタシのくだらない雑感ばかりですのでたたみます。
 
100621_buttmanu 
青春の語らい「ブット先輩には、希望の星が見えますか」「信じていればいつでもあのへんにあるんだぜ」(うそ)

6月19日 2010W杯 南アフリカ大会 グループリーグD
ガーナ 1-1 オーストラリア

100619_gyan

得点:ホルマン(AUS)(11)、ギャン(GHA)(25PK)
MoM:ギャン(GHA)
本日の退場者:キューウェル(AUS)

100619_rosetti
この審判見たことある、超有名、CLとかにも出てる、誰だっけ、うーんうーん、と考えていたのですが、イタリアのロゼッティさんでした。

オランダ対日本戦をPVで見てから宿に帰って来たら前半は終わってて、すでにゴールも退場劇も終わってました。
キューウェルはPA内でのハンドをとられて一発レッドだったみたいですが、審判のジャッジについてあれこれ語りたいのがこの試合だけの話じゃなくなってしまったのが、なんとも不快であることよ。。。

部屋飲みしながらてけとー観戦していたのですが、何やらガーナのギャンがギャンギャンかっ飛ばしていた印象です。

Gyan
最初の立ち位置がどこなのかよくわかりませんが、右サイドを崩してることが多かった気がするので、次節このギャンを相手にするであろう我がドイツのへなちょこ左SBバトシュトゥバーが心配で心配で、あんまりかっ飛ばしてもらっちゃ困るんだぜ、と思い、TVに向かって「もう手を引けぇ~!お前はもう負けている!」(←若干セリフ違)とよくわからんヤジを飛ばしてしまいましたゴメン(^_^;)
しかし、あわてて食べたガーナチョコと卑怯な手しか使えないワタシのヤジのおかげで(←大間違)ガーナが追加点を奪うことなく、勝ち点1を上積みするにとどまりました。

やはりオーストラリアは1人少ないのが痛かったのでしょうか。まったく今大会の審判は・・・(以下略)そういえばケネディが出てましたが、モエ~言う余裕もなかったなぁ。あんまり活躍してなかったのでしょうか。個人的にはちょっとマテウス似の兄貴顔のニールが気になります(←誰も聞いてない)。

この結果、第2戦まで終えたガーナが勝ち点4でグループの首位にたちました。ドイツは次のこのガーナとの直接対決に是が非でも勝って、グループリーグ突破を決めたいところです。
引き分けなら他のチームの試合結果次第ということになりますが、不利なことには変わりなく。そんな細かい星勘定せずに、勝てばいいんです!勝たなきゃダメです!

----------
6月19日 グループリーグE カメルーン 1-2 デンマーク

100619_den

得点:エトオ(CMR)(10)、ベントナー(DEN)(33)、ロンメダール(DEN)(61)
MoM:アッガー(DEN)
本日の退場者:なし

「やっぱりエトオだぁー!」と地上波が盛り上がってるのを見て、カメルーンが意地を見せ始めたのか、と思いながら沈没してしまったのですが、起きて一報を見たら、なんとデンマークが逆転勝ちをしておりました。

100619_rommedahl

ロンメダールが良かったらしく、何やらあちこちでフィーチャーされてますね。
機会を逸してしまってハイライトすら見てませんので、なんとも言えないのですが、デンマークがいいサッカーをしたのかな?カメルーンが自滅しただけ?

ともかく、この結果、参加国中一番乗りで、カメルーンのグループリーグ敗退&オランダの決勝トーナメント進出が決まりました!\(^∀^)/

冴えない試合でもちゃっかり勝ち上がっちゃってるオランダのことがナニゲに心配です。勘違いしてないといいのですが。
でも、日本戦で勝利が決まった瞬間、ファンボメルが満足げにコブシを握って「よしっ」とやっていたのを見返すと、アンタにとって順調ならそれでいーか、信じよう、と思うファン心。

----------
6月20日 グループリーグF イタリア 1-1 ニュージーランド

得点:スメルツ(NZL)(7)、イアクィンタ(ITA)(29PK)
MoM:デ・ロッシ(ITA)
本日の退場者:なし

100620_clapham

やっっったぜオールホワイツ
あのイタリアに、前回大会の優勝国相手に見事なドロー!勝ち点1をもぎとった!!!
史上最高の、限りなく勝ちに近い引き分け、かも知れません。それだけ、この南太平洋の挑戦者たちには価値のあるものだったのではないでしょうか。
スロヴァキア戦での奇跡の同点弾といい、今大会最大のサプライズチームとして、世界に大いなるポジティブな驚きをもたらしたに違いありません。
さすがにもうダメかも知れないけど、パラグアイ戦もがむばれ!たぶん世界は君たちの味方だ!

100620_allwhites1

あまりちゃんと見ていなかったのですが、しかしそれでも、猛攻のイタリアという珍しい状況(←失礼な)と、それに対して、最後まで徹底した必死の守備でぎりぎりしのぎきるニュージーランド、に興奮しました。もっとしっかり見たかったかも。
感動的でもあり、トンデモでもあり、いろんな意味で面白い試合でした(^^)。

100620_marchetti
椎間板ヘルニアで欠場中のイタリアのGKブッフォンに代わって入ったマルチェッティ
スタイルは全然ですが、顔だけならちょっとファンブイテンに似てる・・・。と思ったのですが、髪形だけかも。

----------
6月20日 グループリーグF スロヴァキア 0-2 パラグアイ

得点:ベラ(PAR)(27)、リヴェロス(PAR)(86)
MoM:ベラ(PAR)
本日の退場者:なし

いろいろ忙しくしていたので完全なるよそ見ながら見。強いチームが正しく勝った、という印象です。

ついにイケメンサンタクルスがスタメンフル出場☆

100620_santacruz
せっかくサービスしてくれたのに(違)、あまり盛り上がりませんなー。でもタトゥー入れてないところは好感です♪

|

« 始動! | トップページ | グループG&H第2戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1205138/35402400

この記事へのトラックバック一覧です: グループD~F 第2戦:

« 始動! | トップページ | グループG&H第2戦 »